[PR]

日別キーワード

第10位  シムシティ - 2017年06月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



シムシティ
シムシティ (SimCity) とは、シムシティシリーズ(シムシリーズ)の第1作目のシミュレーションゲームである。 発売された機種 PC版 Macintoshで発売されたシリーズ最初の作品であり、のちにAmiga、IBM PC(MS-DOSおよびOS/2)、FM TOWNS、X68000、PC-9800シリーズ、Windows 3.1でも発売された。後代と比較するとかなりシンプルな作りになっている。当時はそのゲーム自体の容量がフロッピー1枚分であった。ゲーム画面は街を真上から見たトップビューで、陸地と水域の違いを除いて標高の概念は存在しない。 後のシリーズ同様、住宅・商業・工業地区には低密度・高密度などの区別があり、サイズは3×3マスの固定である。インフラは電力・交通関連に限られ、教育・医療・水道・ゴミなどの概念は登場しない。教会(スーパーファミコン版では学校)と病院は登場するが、この作品では都市に特にメリットはない。 後期の作品と比べて、地価が重要視されている傾向が見受けられ、地価が低過ぎると住宅・商業地区がほとんど発展しないこともある。 (Wikipedia:シムシティ)

シムシティー
『シムシティ』より : シムシティ (SimCity) とは、シムシティシリーズ(シムシリーズ)の第1作目のシミュレーションゲームである。 発売された機種 PC版 Macintoshで発売されたシリーズ最初の作品であり、のちにAmiga、IBM PC(MS-DOSおよびOS/2)、FM TOWNS、X68000、PC-9800シリーズ、Windows 3.1でも発売された。後代と比較するとかなりシンプルな作りになっている。当時はそのゲーム自体の容量がフロッピー1枚分であった。ゲーム画面は街を真上から見たトップビューで、陸地と水域の違いを除いて標高の概念は存在しない。 後のシリーズ同様、住宅・商業・工業地区には低密度・高密度などの区別があり、サイズは3×3マスの固定である。インフラは電力・交通関連に限られ、教育・医療・水道・ゴミなどの概念は登場しない。教会(スーパーファミコン版では学校)と病院は登場するが、この作品では都市に特にメリットはない。 後期の作品と比べて、地価が重要視されている傾向が見受けられ、地価が低過ぎると住宅・商業地区がほとんど発展しないこともある。 (Wikipedia:シムシティー)

シムシティ2000
『シムシティ』より : シムシティ2000(SimCity 2000)とはシムシティシリーズの第2作で米国では1994年に発売された、シムシティの続編である。 前作との違い 前作のゲーム画面は真上からの見下ろし視点であったが、本作では街を斜め上から見た視点となり、立体的となった。新たにゲームに取り入れた概念として水道、教育、健康、条例などがある。設置できる施設が大幅に増加(例えば発電所が2種類から9種類)し標高の概念が取り入れられたことにより、起伏のある都市開発ができるようになった。アルコロジーと呼ばれる、数万人が居住できる未来的な居住施設などが登場するのが特徴。パーソナルコンピュータ向け以外の家庭用ゲーム機移植版ではハードウェアの事情などにより各バージョンにオリジナルの建物があるなど、一部仕様が追加・改変されている。 登場する建物 (訳語はWindows版のもの) 電力 送電線 発電所 石炭発電所、水力発電所、石油発電所、風力発電所、ガス発電所、原子力発電所、ソーラー発電所、マイクロ波発電所、核融合発電所 水道システム 水道管、ポンプ、貯水槽、水処理施設、脱塩施設 道路 道路、高速道路、トンネル、ランプ、バス停留所 鉄道 線路、地下鉄、駅、地下鉄駅、地下鉄↔鉄道 地区 住宅地区、商業地区、工業地区(それぞれ低・高密度がある) 商業地と工業地は見た目は変わらないが、繊維産業や電機産業など11種類に分類されており、各産業分野の税率を調整して工業のバランスが変更できるようになっている。 (Wikipedia:シムシティ2000)

シムシティ3000
『シムシティ』より : シムシティ3000(SimCity 3000)は、シムシティシリーズの第3作目である。 前作シムシティ2000からグラフィックが大きく向上したことに加え、多くの都市サービスが追加されている。前作の都市データは引継ぎが可能で、前作も初代シムシティの都市データを読み込めるため、前作を経由すれば初代シムシティのデータをプレイすることもできる。ただし、仕様の差異によって、都市が正常に機能しない可能性もある。 最初に発売されたバージョンにはサウンドトラックCDが付属している。作曲はジェリー・マーティンらが担当し、ジャズ風の15曲が搭載されている。 のちにWindows XPに正式対応した『シムシティ3000 XP』、その廉価版である『EA Best Selections シムシティ3000 XP』も発売された。 『2000』との変更点 ゴミ処理の概念が追加されている。ゴミは埋立地や焼却炉、リサイクルセンター、エネルギー焼却炉に運搬され処理される。 農業地区が登場し、低密度工業地区に汚染がほとんどない場合にのみ発展する。 (Wikipedia:シムシティ3000)

シムシティ4
『シムシティ』より : シムシティ4 (SimCity 4) とは、シムシティシリーズの第4作目である。 前作『シムシティ3000』のシステムを踏襲しているため、攻略法は似ているが、財政の細分化などにより難易度は高くなっている。より建築物などのディテールが綿密になっている。シム(『シム』シリーズでは人間のことをシムと呼ぶ)の生活や勤労の様子も描写されるようになった。 本作はパソコンゲームであり、コンシューマーゲームとしての発売予定はない。発売当初は、高性能PCのスペックをもってしても快適に遊ぶことができなかったことが話題となったが、公式サイトで配布されたパッチの導入により多少改善された。 『シムシティ3000』からの主な変更点 地域単位での都市の開発が可能になったため、近隣都市との貿易のみならず、シムの都市間移動(通勤)や需要の変動が隣接する都市に反映されるようになった。 (Wikipedia:シムシティ4)

シムシティシリーズ
シムシティシリーズ (SimCity series) は、マクシス MAXIS社のリアルタイム都市経営シミュレーションゲームのシリーズ。MAXIS社がエレクトロニック・アーツに吸収された現在は同社から発売されている。
『バンゲリングベイ』の作者ウィル・ライトによる作品。初代『シムシティー』は、米国では1989年発売、日本では1990年に発売された。プレイヤーは市長となって、「シム」と呼ばれる市民が住む街を繁栄させていく。なお、「シム」の由来は、シミュレーション(Simulation)の頭3文字「Sim」からである。
未開地に住宅・商業・工業地区を指定、交通機関や電力などの各種インフラストラクチャー インフラを整備することで街を発展させる一方、犯罪や公害、交通渋滞など都市が抱える諸問題や火災や地震等の災害への対応など、プレイヤーの仕事は多種多様である。新作になるほど現実性の追求から仕事はさらに複雑化する傾向にある。ほかにも予算設定、条例指定(第1作にはなし)、情報収集などの要素がある。
(Wikipedia:シムシティシリーズ)

シムシティ5
『』より : (Wikipedia:シムシティ5)


シムシティ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

シムシティ - アマゾン検索


「シムシティ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す