[PR]

日別キーワード

第17位  J3 - 2017年06月17日




J3
J3 J3 (エンジン) - 日本ジェットエンジン(NJE)によって開発されたターボジェットエンジン。 スパイキャッチャーJ3 - 1965年から1966年にかけて放送された東映製作のテレビドラマ。 J3リーグ - 2014年に創設された日本プロサッカーリーグの3部リーグ。 (Wikipedia:J3)

J37 (戦闘機)
サーブ 37 ビゲン(SAAB 37 Viggen)はJ35 (戦闘機) サーブ 35 ドラケンの後継として、1970年から1990年にかけてスウェーデンのSAAB サーブによって生産され、スウェーデン空軍のみによって運用された戦闘機。対地攻撃任務主体型のAJ 37に始まり、偵察型のSF 37, SH 37や戦闘任務主体型のJA 37などへと派生した。なお、愛称のViggenは英語のbolt(雷 稲妻、電光)にあたり、スウェーデン語の発音に最も忠実な表記はヴィッゲンであるが、本項では慣用読みであるビゲンを用いて解説する。
ドラケンの後継機を開発することを目的とした研究は、1952年から1957年に行われた。試作機の製造は1964年からスタートし、1967年に初飛行を行った。ビゲン開発の目標は、主要な航空基地に対する核兵器 核攻撃が行われた際でも、高速道路のような即席の施設からの離陸を可能とする優れたSTOL性能を有する、頑丈な単発戦闘機を造りあげることにあった。STOL性能以外の性能面の主な要求としては、低空で超音速飛行が可能であること、高空でマッハ数 マッハ2を達成できること、即席滑走路が損傷しないよう小さな迎え角で短距離着陸できること、などであった。
(Wikipedia:J37 (戦闘機))

J37
『J37 (戦闘機)』より : サーブ 37 ビゲン(SAAB 37 Viggen)はサーブ 35 ドラケンの後継として、1970年から1990年にかけてスウェーデンのサーブによって生産され、スウェーデン空軍のみによって運用された戦闘機。 対地攻撃任務主体型のAJ 37に始まり、偵察型のSF 37, SH 37や戦闘任務主体型のJA 37などへと派生した。 なお、愛称のViggenは英語のbolt(稲妻、電光)にあたり、スウェーデン語の発音に最も忠実な表記はヴィッゲンであるが、本項では慣用読みであるビゲンを用いる。 開発 ドラケンの後継機の基礎研究は1952年から1957年にかけて行われた。前作のドラケンに続き、核攻撃を受けて主要な航空基地が能力を失っても、通常はシェルターに格納しておき、一旦有事には高速道路のような非正規の滑走路からでも迎撃可能な優れたSTOL性を有する、堅牢な単発戦闘機という開発目標が掲げられて、試作機は1964年に製造着手、1967年に初飛行した。 (Wikipedia:J37)

J35 (戦闘機)
J 35はスウェーデンのSAAB サーブ社がスウェーデン空軍のサーブ 29 (航空機) サーブ 29 トゥンナンの後継として開発した戦闘機。1955年原型機初飛行。愛称はドラケン (Draken スウェーデン語で竜)。サーブ 35 (Saab 35, SAAB 35) とも。
J35は世界で初めて翼平面形#ダブルデルタ ダブルデルタ形式の翼平面形を採用した航空機で、この形式は後に開発されたコンコルドやスペースシャトルにも影響を与えた。当初は純粋な迎撃機として開発されたが、改良により全天候迎撃機へ、また一部は多目的戦闘機(マルチロールファイター)へと変貌した。
第二次世界大戦後に軍用機のジェット機 ジェット化が始まると、スウェーデン空軍は高空を亜音速で飛行するジェット爆撃機に対応可能な迎撃戦闘機を必要とするようになった。1949年9月に、FMV(Försvarets materielverk, 防衛装備局(庁))はこのような機体の要求を発表し、同年開発が開始された。要求仕様には他に、有事の際一時的に滑走路として使用される公道からの離着陸や、10分以下での再給油/再武装といったものも含まれていた。
(Wikipedia:J35 (戦闘機))

J30
『日本株30』より : 日本株30(にっぽんかぶさんじゅう)は、毎日新聞社が計算・公表していた株価指数である。 愛称は「J30」(ジェイさんじゅう、またはジェイサーティー)。日本経済新聞社以外の全国紙が公表していた唯一の株価指数でもある。 J30は、東京証券取引所第一部上場銘柄のうち、「日本を代表する銘柄」として選定された以下に示す30銘柄を対象に、ダウ平均株価の算出方法を基にした計算方法で修正平均を算出する。 J30には先物取引は存在しない。J30のデータを利用して作られた人工市場としてU-Martがある。 なお、2005年1月22日を最後に、新聞紙上およびインターネット上などで一切公表がなされていない。 略史 1998年11月19日 毎日新聞社が計算・公表を開始 (1989年12月29日までさかのぼって算出) 参加企業(順不同) ※4桁の数字は証券コードを表す。 (Wikipedia:J30)

J35A
J型エンジン(Jがたエンジン)は、本田技研工業で製造されている大型車種用のV型6気筒ガソリンエンジンである。 機構 VTEC J25A,J30A,J32A,J35A,J37A従来のC型の後継エンジンにあたる、V型6気筒 SOHC 24バルブ クロスフロー エンジンである。回転方向は、当時の同社 他型式エンジンと異なり逆時計回りである。 吸・排気バルブはそれぞれ2個ずつで、タイミングベルトで駆動されるカムシャフトにより、ロッカーアームを介し開閉される。そのロッカーアームには可変バルブタイミング・リフト機構が装備され、さらに摺動部には動弁系のフリクションを低減するためにローラー機構を使用している。なお、低速域で吸気バルブのうち片方を休止させる「VTEC-E」に類似した仕様もある。点火プラグが燃焼室の天井中央部に取付けられており、カムシャフトを避けるために上側を排気バルブ側に傾けている。シリンダーブロックはアルミ製で、バンク角はC型の90度からV6エンジンとして一般的な60度へ改め、回転バランスを向上させた。 (Wikipedia:J35A)

J3リーグ
J3リーグ(J3 League)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)における3部リーグのことを指す名称である。略称はJ3(ジェイスリー)。 2013年2月26日に開催された理事会において新設が正式に決定され、2013年3月6日に概要が発表された。J1リーグやJ2リーグと比べてクラブの参加要件が緩和されている。 Jリーグの放映権を有するスカパー!では、J3リーグの中継の方針として、年間10試合程度を生中継するほか、それを含むJ3の全試合(2014年度198試合)のハイライト中継を実施する。 名称・ロゴ Jリーグは、2013年12月17日の理事会 で、3部の正式名称を「J3リーグ」とすること、ロゴマークもJ1・J2で使用する「J」のマークを黒い縁取りの白抜きに、3部リーグを示す3を組み合わせたもの を使用することを決めた。 (Wikipedia:J3リーグ)


J3 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

J3 - アマゾン検索


アマゾンから探す