[PR]

日別キーワード

第21位  Symbian - 2017年06月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



Symbian
『シンビアン』より : シンビアン (Symbian) は、イギリスのPDAメーカーPSION搭載のオペレーティングシステムEPOC32の開発部門を祖とするソフトウェア・ライセンス会社。 2009年2月に、フィンランドのノキアに買収され、ノキア100%出資の子会社となった。現在は、買収以前から継続しているライセンスの管理業務だけを行っている。本社はイギリス。日本、スウェーデン、イギリス、アメリカに支社があった。スマートフォン向けオペレーティングシステム (OS) としてSymbian OSの開発が特に有名であり、世界的に携帯電話やPDAなどの携帯端末に用いられている。2008年当時、Symbian OSの世界シェアはスマートフォンという携帯電話のハイエンドカテゴリの中で世界トップであった。 ノキア買収前のシンビアンの出資者の割合は、ノキア(フィンランド、47.9%)、エリクソン(スウェーデン、15.6%)、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(合弁会社、13.1%)、 パナソニック モバイルコミュニケーションズ(日本、10.5%)、サムスン電子(韓国、4.5%)、シーメンス(ドイツ、8.4%)だった。 (Wikipedia:Symbian)

Symbian OS
Symbian OS(シンビアンオーエス)はシンビアンによる携帯機器向けオペレーティングシステムであり、関連するライブラリ、ユーザインタフェースフレームワーク、一般的なツールの参照実装が含まれる。2008年にシンビアンはノキアに買収され、2011年末までにノキアから多国籍コンサルティング企業のアクセンチュアに事業が移管された。2010年時点では、スマートフォンのオペレーティングシステム (OS) ではシェア1位であり、フィーチャー・フォンでも広く使われていた。その後Android及びiOSによってシェアは激減し、2012年のシェアは僅か3.3%となった。ノキアは2013年夏、最後のSymbian OSベースのスマートフォンを出荷し、今後はWindows Phoneに完全に移行することを発表している。 英PSION(サイオン)がハンドヘルドPC向けとして開発したOS、EPOC32の名称を改めスマートフォン向けにリリースしたOSである。 (Wikipedia:Symbian OS)


Symbian - 関連ブログ

データが取得できませんでした

Symbian - アマゾン検索


「Symbian」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す