[PR]

日別キーワード

第44位  Palm - 2017年06月17日




Palm
Palm(パーム)は、ジェフ・ホーキンスによって開発され1996年から販売されるようになったPDAの名。 同時に、それを製造・販売する会社Palm社(1992年設立)、そのPDAに搭載されるオペレーティングシステムであるPalm OSを指し、さらに同OS搭載のPDA全般を指してPalmと呼ぶこともある。 Palmの哲学 昔はNewtonと、今はWindows Mobileと良く比較される。 Palmの特徴は「Zen(禅) of Palm」といわれるフィロソフィー(哲学)で強調され、限られたリソースを効率的に使って、実践的なユーザインタフェースを提供している。 ハードウェア 標準的なPalmデバイスは、以下のような特徴を持つ。 本体前面の大部分を占める、感圧センサーを備えた液晶画面(タッチパネル) これは専用のスタイラスペンでも、指でも、キャップをしたままのボールペン等でも操作できる。 感圧センサー面の下部に配された、グラフィティ専用領域。左側が文字入力、右側が数字入力用に割り当てられている。最近は、ソフトウェア的に実現されている。 (Wikipedia:Palm)

PalmOne
パーム(Palm, Inc.)社は、携帯情報端末 (PDA) やスマートフォンのPalmなどを開発・製造・販売するアメリカ合衆国の企業。ヒューレット・パッカードの子会社。カリフォルニア州サニーヴェイルに本社を置く。 PalmデバイスおよびそのオペレーティングシステムPalm OSを開発していた palmOne, Inc. が、OS 開発をおこなうPalmSource(現: ACCESS Systems)との2社に分離後、社名の全権を取得し、Palm, Inc. になった。 2010年4月にヒューレット・パッカードによる買収合意が発表され、同年7月から同社の完全子会社となった。その後Palm OSを受け継いだwebOSの機器及びソフトウェアの開発を行なっていたが、2011年8月にwebOS事業の閉鎖を発表。その後は一転、webOSをオープンソース化し事業継続すべく社内部門として存在している。 経緯 PalmPilotの開発と訴訟 1992年、Palmは、デバイスの発明者であるジェフ・ホーキンスとドナ・ドゥビンスキーによって設立された。 (Wikipedia:PalmOne)

Palm OS
Garnet OS(ガーネットOS)は、ACCESS Systems(旧PalmSource)が開発・ライセンス提供するPDA用オペレーティングシステム (OS)。旧称Palm OS。 1996年にパームが開発し、Palm OSの名前で自社のPalm機の搭載用OSとして世に出した。 グラフィティと呼ばれる独特の手書き入力法を採用したほか、起動などの待ち時間が短い軽快な動作と使い勝手の良さからPalmデバイスは大ヒット。 その後、Handspringやソニーなど多くのメーカーがPalm OSを採用した互換機を発売した。 OSの開発はその後、Palm本社から分離独立したPalmSource(現ACCESS Systems)社が担当することとなり、2004年2月にはPalm OS CobaltとPalm OS Garnetに分化した。 Palm OS Cobalt(コバルト)はもともとPalm OS 6として開発されてきたバージョンで、ハイエンド向け。Palm OS Garnet(ガーネット)は従来のPalm OS 5の進化系で、エントリーモデルに窓を開きつつ機能の強化を図っている。 (Wikipedia:Palm OS)

PalmOS
『Palm OS』より : Garnet OS(ガーネットOS)は、ACCESS Systems(旧PalmSource)が開発・ライセンス提供するPDA用オペレーティングシステム (OS)。旧称Palm OS。 1996年にパームが開発し、Palm OSの名前で自社のPalm機の搭載用OSとして世に出した。 グラフィティと呼ばれる独特の手書き入力法を採用したほか、起動などの待ち時間が短い軽快な動作と使い勝手の良さからPalmデバイスは大ヒット。 その後、Handspringやソニーなど多くのメーカーがPalm OSを採用した互換機を発売した。 OSの開発はその後、Palm本社から分離独立したPalmSource(現ACCESS Systems)社が担当することとなり、2004年2月にはPalm OS CobaltとPalm OS Garnetに分化した。 Palm OS Cobalt(コバルト)はもともとPalm OS 6として開発されてきたバージョンで、ハイエンド向け。Palm OS Garnet(ガーネット)は従来のPalm OS 5の進化系で、エントリーモデルに窓を開きつつ機能の強化を図っている。 (Wikipedia:PalmOS)

Palm Top PC 110
Palm Top PC 110(パーム トップ ピーシー)は、1995年9月に日本IBMから発売された超小型パーソナルコンピュータ。CMキャラクターとしてウルトラマンを起用し、「ウルトラマンPC」の愛称がつけられた。 本機は、日本IBMの大和研究所で開発されたもので、小さいながらも完全なPC/AT互換機である。ジュラルミン製のボディは、A6ファイルサイズで、バッテリー込みの重量はわずか630gと、VGA表示可能なカラー液晶を搭載したPCとしては、当時世界最小・最軽量であった。いずれも当時の標準的なサブノートのほぼ半分、一般的なノートパソコンの四分の一である。このサイズは、背広の胸ポケットに入る大きさとして企画された。 本体にHDDを持たず、OSは内蔵フラッシュメモリドライブやPCカード、コンパクトフラッシュのいずれかから起動した。また、本機そのものが電話として使用できる通信機能(ただし、ワイヤレスではなく、電話ケーブルの接続が必要。)を備えていた。 なお、ソニーが1990年頃に発売していたPalmTopとはまったく関係はない。 (Wikipedia:Palm Top PC 110)

PalmSource
ACCESS Systems(アクセス・システムズ)は、PDA用のオペレーティングシステム (OS) であるGarnet OSを開発し、Palmおよび互換機のメーカーにそのOSのライセンスを供与している会社。正式な社名はACCESS Systems Americas, Inc.(アクセス・システムズ・アメリカ)。 かつてはPalmデバイスを最初に生み出したPalm Computing (Palm, Inc.) が一社でハードウェアとソフトウェアの両方を生産していたが、2003年にOS事業を分社化、PalmSourceとした。 その後、2005年に、日本のソフトウェア会社ACCESSに買収され、2006年10月12日に現在の社名に変更した。 現在は、スマートフォンおよびモバイル端末向けの新 Linux ベース プラットフォーム (ALP:Access Linux Platform) を開発する。 2001年に米Beから購入したBeOSを所有する。 沿革 2003年-Palm Computingの分社化によりOS事業会社としてPalmSource設立。 (Wikipedia:PalmSource)

Palm OS
Garnet OS(ガーネットOS)は、ACCESS Systems(旧PalmSource)が開発・ライセンス提供するPDA用オペレーティングシステム (OS)。旧称Palm OS。 1996年にパームが開発し、Palm OSの名前で自社のPalm機の搭載用OSとして世に出した。 グラフィティと呼ばれる独特の手書き入力法を採用したほか、起動などの待ち時間が短い軽快な動作と使い勝手の良さからPalmデバイスは大ヒット。 その後、Handspringやソニーなど多くのメーカーがPalm OSを採用した互換機を発売した。 OSの開発はその後、Palm本社から分離独立したPalmSource(現ACCESS Systems)社が担当することとなり、2004年2月にはPalm OS CobaltとPalm OS Garnetに分化した。 Palm OS Cobalt(コバルト)はもともとPalm OS 6として開発されてきたバージョンで、ハイエンド向け。Palm OS Garnet(ガーネット)は従来のPalm OS 5の進化系で、エントリーモデルに窓を開きつつ機能の強化を図っている。 (Wikipedia:Palm OS)

Palmsource
『』より : (Wikipedia:Palmsource)


Palm - 関連ブログ

データが取得できませんでした

Palm - アマゾン検索


アマゾンから探す