[PR]

日別キーワード

第56位  GUI - 2017年06月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



GUI
『グラフィカルユーザインターフェース』より : グラフィカルユーザインタフェース(Graphical User Interface、GUI)(グーウィー)は、コンピュータグラフィックスとポインティングデバイスを用いて、直感的な操作を提供するユーザインタフェース。キャラクタユーザインタフェース (CUI) やテキストユーザインタフェース (TUI) と対比して語られることが多い。 グラフィカルユーザインタフェースは、視認性、操作性に優れ、直感的な操作が可能なため、広く普及し、2013年現在では主流のインタフェースになっている。 世界初の実用となったGUIは1963年に完成したSAGEというアメリカ空軍の開発した防空管制システムである。これはCRTとライトガンを備えており、核爆弾を搭載した敵航空機を迎撃するために多数のレーダーからの情報を統合し、複数のオペレーターがライトガンで迎撃目標を指示するだけで全軍の適切な箇所に自動で指令が届き、その結果レーダー情報の膨大さを気にすることなく的確に敵機を迎撃できるというものであった。 (Wikipedia:GUI)

GUILTY GEARの登場人物
GUILTY GEARシリーズ(ギルティギアシリーズ)は、アークシステムワークスが製作する2D対戦型格闘ゲームシリーズである。略称は「ギルティ」「GG」など。 第1作は自社で販売し、ゼクス以降はサミーが販売元となっていたが、経営統合によりセガ(後のセガゲームス)に移管された。現在はアークシステムワークスの自社ブランドでの販売を行っている。 なお、作品によってはピックパック・エアリアルが開発に関わっている。 ※用語や詳細なゲームシステムについては、GUILTY GEARの用語集を参照。 キャラクターを前面に出したファンタジー系の世界観、派手なビジュアル、痛快なコンボシステム、ハードロック・メロディックスピードメタル風のサウンドなど、往年の格闘ゲームには見られなかった要素を含むことで多くのファンを獲得し、日本国外にまで進出するヒットシリーズとなる。 (Wikipedia:GUILTY GEARの登場人物)

GUILTY GEAR
『GUILTY GEAR』(ギルティギア)はアークシステムワークスから発売された2D対戦型格闘ゲーム。1998年5月14日にPlayStationで発売され、1999年9月22日には復刻版と称した廉価版もリリースされた。 2007年5月31日からゲームアーカイブスとしてPlayStation Portable・PlayStation 3・PlayStation Vita向けに税込600円でダウンロード販売されている。 チャージキャンセルを使った永久コンボや、一撃必殺システムでの荒削りな面があるが、操作性や連続技のスピード感、独特なキャラクターや世界観などはこの頃から健在であり、口コミで評判は徐々に広まっていった。CPU戦の難易度が高く難易度設定もできないため、初心者にはハードルが高い。 ストーリーは、続編であるアーケードローンチタイトル『GUILTY GEAR X』以降、正式に接点を持つ『GUILTY GEAR 2 OVERTURE』以外は外伝である。 (Wikipedia:GUILTY GEAR)

GUILTY GEARの用語集
GUILTY GEARの用語集は、『GUILTY GEARシリーズ』の用語を「作品用語」と「関連ゲーム用語」に分けて解説する。関連ゲーム用語は、格闘ゲームとしてリリースされたタイトルのみをピックアップしてあるので『GUILTY GEAR 2 OVERTURE』など従来の作品と大きく異なる操作性を持つ作品は個別記事を参照のこと。
また、説明上ボタン名の略称はP(パンチ)/K(キック)/S(スラッシュ)/HS(ハイスラッシュ)/D(ダスト)。
またその前につく数字は8(↑)/2(↓)/4(←)/6(→)と、テンキーの方向、つまり3ならば右下・7であれば左上のことをあらわす。
: 創設者はスレイヤー (GUILTY GEAR) スレイヤー。本来この組織は少数精鋭で法で裁けない罪人を抹殺する為(裏の目的としては吸血鬼であるスレイヤーが食料となる血液を手に入れる為)に結成されたのだが、時が経つにつれ、その方針や組織の在り方が大きく変わっていった。ザトー=ONEの死亡によって一度は瓦解しかけたが、現在はヴェノム (GUILTY GEAR) ヴェノムを頭首に据え組織力を取り戻しつつある。
(Wikipedia:GUILTY GEARの用語集)

GUITARFREAKS
GuitarFreaks(ギターフリークス)は1999年にBEMANIシリーズの第4弾としてコナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)より発売された音楽ゲーム。その名の通り、ギターを演奏するものである。通称はギタフリおよびGFで、2つで1つであるDrumManiaシリーズと一括してギタドラと呼ばれることもある。 慣例的に「ギターマニア」でなかったのは、コナミが1999年4月1日に発売した「ときめきメモリアルドラマシリーズVol.3 旅立ちの詩」の作中で「ギターマニア」という名称の架空のアーケードゲームが登場しているためとされている。ただし、弦を押さえて弾く点は同じであるものの、ゲーム性は全く異なる。プロデューサーとして小島秀夫が参加していた。 従来のシリーズは、2011年3月28日稼動の『GuitarFreaksV8』をもって終了したが、シリーズは並行して稼働を開始したXGシリーズ〜GITADORAに移行している。 (Wikipedia:GUITARFREAKS)

GUILTY GEAR XX
Title GUILTY GEAR XX The Midnight Carnival
Genre 対戦格闘ゲーム
Plat アーケードプレイステーション2(PS2)
Dev アークシステムワークス
Pub サミー
Play 1~2人
Media DVD-ROM
Date 2002年5月(アーケード稼動)2002年12月12日(PS2版)
Price 税抜き6800円(PS2版)
Rating
Device 1レバー+5ボタン
『GUILTY GEAR XX』(ギルティギア イグゼクス)は、2002年にアークシステムワークスが製作・サミーが販売したアーケードゲーム。ジャンルは対戦型格闘ゲーム。GUILTY GEARシリーズ3番目の作品である。正式タイトルは『GUILTY GEAR XX [”The Midnight Carnival”]』で、一般的な略称はGGXX。
前作『GUILTY GEAR X』から4人の新キャラクターや「サイクバースト」などの新しいシステムを追加した作品。前作を凌ぐスタイリッシュなデモの演出、凝りに凝ったスプライトアニメーションのオープニングなど、この作品で新たなGGファンを開拓した。またBGMが、生バンドによる演奏となりこの為に結成された、バンドのA.S.H.はイベントへの出演のほか単独ライブまで敢行しており、『月刊アルカディア』が主催する対戦格闘ゲーム大会の「闘劇」のテーマ曲も担当した。
(Wikipedia:GUILTY GEAR XX)

GUIDパーティションテーブル
GUIDパーティションテーブル(GUID Partition Table、GPT)は、ハードディスクドライブ上のパーティションテーブルの配置に関する標準規格である。これはインテルの提案しているEFI標準の一部であり、旧来のBIOSで使用されているマスターブートレコード (MBR) の置き換えを意図している。従来のMBRパーティションが、テーブルのパラメータから、1セクタ512Byteで定義した場合、最大2TiB迄の領域までしか管理できないのに対し、GPTでは、最大8ZiB迄の領域を定義、管理できる。 2013年現在、EFIが使われるようになり大容量のHDDが市場に出回るようになったことでGPT普及の体制が整った。 機能 MBRがマスターブートコード(ブートローダ:起動できるアクティブパーティションを探してプログラムをそこからロードして実行する機械語コードが入っている)で始まるのに対して、GPTはEFIが持つ拡張機能を使ってその処理を実現している。 (Wikipedia:GUIDパーティションテーブル)

GUIツールキット
『ウィジェット・ツールキット』より : ウィジェット・ツールキット (widget toolkit) あるいは GUIツールキット とは、グラフィカルユーザインタフェース (GUI) を構成する部品の集まりである。通常、ライブラリやアプリケーションフレームワークの形式で実装される。分野によって、ウィジェットはコントロール、コンポーネントとも呼ばれる。デスクトップアプリケーションの作成に用いられる。 個々の部品についてはウィジェット (GUI)を参照されたい。 高レベルなウィジェット・ツールキットは、GUIの生成と振る舞いを管理するAPIである。 GUIは、ウィジェットの木構造として生成されることが多く、その一部がユーザーとのやり取りが可能となっていて(ボタン、チェックボックスなど)、他はウィジェットをグループ化するコンテナである(ウィンドウ、パネルなど)。 ウィジェットの木構造の中身やウィジェットの属性は、実行時に変更可能であるものが多い(例えば、木構造からウィジェットを追加・削除できる)。 (Wikipedia:GUIツールキット)

GUITARHYTHM II
『GUITARHYTHM II』(ギタリズム・ツー)は、日本のミュージシャンである布袋寅泰の2枚目のアルバムである。 背景 COMPLEXの活動休止後のソロ復帰アルバム。 BOØWYやCOMPLEXの音楽性とは大きく異なり、重厚なサウンドで構築されている。『GUITARHYTHM』が海外進出を意識した作品だったのに対し、本作は日本のロック・ファンの為のアルバムとして制作されており、歌詞もカヴァー曲を除き日本語である。 本作の楽曲制作及びレコーディングをするに当たり、単身渡英。ロンドンで生活を始め、全楽曲を1ヶ月で完成させた。COMPLEXのラストライブ翌日には飛行機に乗っていたという。リリース後には、ソロキャリアでは初となる全国ツアーも行われた。 コンセプトは『時空を超えた魂の旅』。「BEAT EMOTIONによって解き放たれた魂が時空を自由に飛びまわり、綺麗なもの、哀しいものなどを見たりしながら傷つきながら彷徨い、最後に火星からきたスターマンに拾い上げられ天に昇っていく」といったシナリオとなっている。 (Wikipedia:GUITARHYTHM II)

GUITARHYTHM III
『GUITARHYTHM III』(ギタリズム・スリー)は、日本のミュージシャンである布袋寅泰の3枚目のアルバムである。 背景 「LOOKING FOR WILD」をテーマに「スピード」「スリル」「ワイルド」をコンセプトとした作品であり、『GUITARHYTHM』や『GUITARHYTHM II』よりもストレートなロックンロール色が強くなっている。 「ポップ・アート」もコンセプトとして挙げている。この時期の布袋はアンディ・ウォーホルやジャン・コクトー、アルチュール・ランボーに傾倒しており、彼らの作品から受けた影響が多分に反映されている。この時期の日記である書籍『よい夢を、おやすみ。』(1993年)にもこの三者の名前が頻繁に登場する。 本作について布袋は「自分の中には"ワイルド"な部分と"マイルド"な部分がある。前作はマイルドではないけどあれだけ大きな世界を創って、そういうツアーも演ったから、逆にヤンチャに戻れたのもあるかもしれない。もう欲求として湧き上がってきたテーマですね、ワイルドは」「BOØWY解散直後の『GUITARHYTHM』(1988年)にしろ、COMPLEX解散後のソロ復帰作『GUITARHYTHM II』(1991年)にしろ、「出したい作品」というよりは「出すべき作品」だった。 (Wikipedia:GUITARHYTHM III)

GUITARHYTHM
『GUITARHYTHM』(ギタリズム)は、日本のミュージシャンである布袋寅泰のファースト・アルバムである。 背景 BOØWY解散後、程なくして発売された布袋寅泰のファースト・ソロ・アルバム。 バンド時代の音楽性とは大きく異なり、コンピュータを大胆に取り入れたデジタル・ロックといった趣を見せている。本作に収録されなかった楽曲の中にはBOØWY風のものもあったとされるが、バンド時代とは違う新たなスタイルを志したこと、土屋昌巳や当時の妻である山下久美子やマネージャーから「自分をコピーするようになったらお終い」とアドバイスされたことなどから「そういった楽曲は容赦なく切り捨てた」という。先行シングルがなく全曲が新曲。また全曲英語詞であり、これは海外進出を意識して制作された為である。なおインタビューでは「決まったように、サビになると英語になるっていうのはとにかく嫌だった。初めは日本語で全部やろうかとも思った。全部英語か全部日本語かどっちかしかないと。サビだけ英語なんて日本の作品としても美しくないし、英語圏じゃ何だかわからないしね」と語っている。 (Wikipedia:GUITARHYTHM)

GUITARHYTHM active tour ’91-’92
Name GUITARHYTHM active tour ”91-”92
Type ライブ・アルバム
Artist 布袋寅泰
Released 1992年4月8日2000年12月13日(再発)
Recorded 1991年10月17日、10月18日(大阪城ホール)1991年11月17日(クラブチッタ川崎)1991年12月2日(THE TOWN & COUNTRY CLUB, LONDON)1992年1月14日、1月16日、1月17日(日本武道館)
Genre J-POP
Length 76分02秒
Label EMIミュージック・ジャパン 東芝EMI/イーストワールド
Producer 布袋寅泰
Chart position *2位 (オリコンチャート オリコン)
Certification
Last album GUITARHYTHM II (1991年)
This album GUITARHYTHM active tour ”91-”92 (1992年)
Next album GUITARHYTHM III(1992年)
『GUITARHYTHM active tour ”91-”92』(ギタリズム・アクティブ・ツアー・”91-”92)は日本のミュージシャン、布袋寅泰のライブ・アルバムである。
(Wikipedia:GUITARHYTHM active tour ’91-’92)

GUITARHYTHM active tour '91-'92
『GUITARHYTHM active tour '91-'92』(ギタリズム・アクティブ・ツアー・'91-'92)は、日本のミュージシャンである布袋寅泰のライブ・アルバムである。 1992年4月8日に東芝EMI/イーストワールドよりリリースされた。 その後、2000年12月13日にデジタルリマスタリングされ、アストロノーツスターより再リリースされた。 解説 布袋寅泰としての初のソロツアーであり、1991年9月30日から1992年1月17日まで行われた『GUITARHYTHM active tour』全33公演の中から収録された作品。また、ソロとして初のライブアルバムとなった。 日本以外にロンドンでの公演なども含まれている。 本人のアルバム『GUITARHYTHM』『GUITARHYTHM II』からの選曲に以外に、映画『ブレードランナー』(1982年)の曲や、BOØWY時代の曲のセルフカバーも含まれている。 (Wikipedia:GUITARHYTHM active tour '91-'92)

GUITARHYTHM IV
『GUITARHYTHM IV』(ギタリズム・フォー)は、日本のミュージシャンである布袋寅泰の4枚目のアルバムである。 背景 オリジナルのスタジオアルバムでは4作目。このアルバムをもって『GUITARHYTHM』名義のプロジェクトは一旦終了した。 1993年7月に「ロンドンに行ってくる。今回はレコーディングの予定はまったくない。曲が出来てもデモテープは作らない。曲が出来るまでは戻ってくる気はない」と宣言し単身渡英。ロンドンで生活する中、アコースティックギター1本で全楽曲のデモを完成させた。この時期に布袋はスペインやアムステルダム、ジャマイカをはじめ様々な土地への旅も経験しており、後のインタビューで「作ろうと思って作った曲は1曲もない。ロンドンでの生活や旅の経験がなければ出来なかったものばかりだから」と語っている。ある程度の方向性を決めてから楽曲作りを始めたこれまでの作品とは異なり、「ノーコンセプト」として始動したアルバムである。GUITARHYTHM本来のコンセプトである「ギターとコンピューターの融合」から離れ、アルバム全体がバンドサウンドを主体として構築されている。 (Wikipedia:GUITARHYTHM IV)

GUID
GUID (Globally Unique Identifier)またはグローバル一意識別子(ぐろーばるいちいしきべつし)は、ソフトウェアで使用される擬似乱数で、世界で一意な識別子として使用される128ビットの二進記数法 2進数値である。ただし、絶対に一意であることを保証するものではなく、生成される識別子の数が(2128 つまり 3.40282366×1038) と非常に大きいため、同じ識別子が生成される確率がきわめて小さいということである。GUIDは『グーイッド』と発音する
GUIDという用語は一般に、汎用一意識別子 UUID(Universally Unique IDentifier)のマイクロソフト社での実装を指して言うが、Oracle Database オラクル社のデータベースやノベル (企業) ノベルのNovell eDirectory eDirectory(ディレクトリ・サービス)をはじめとする多くのソフトウェアでこの用語が使用されている。
(Wikipedia:GUID)

GUITARHYTHM WILD
『GUITARHYTHM WILD』(ギタリズム・ワイルド)は、日本のミュージシャンである布袋寅泰のライブ・アルバム。 1993年4月28日に東芝EMI/イーストワールドよりリリースされた。その際、初回特典としてスペシャル・ウィンドウ・ステッカーが封入されていた。 その後、2000年12月13日にデジタルリマスタリングされ、アストロノーツスターより再リリースされた。 解説 ソロ時代のライブアルバムとしては2作目にあたる。 『GUITARHYTHM III』の楽曲を中心に構成されている。 1992年10月12日から1993年4月9日まで行われた『GUITARHYTHM WILD TOUR』全39公演の中から、2月27日、2月28日に行われた横浜アリーナ公演を収録している。 本来この横浜アリーナ公演は12月に予定されていたが、布袋本人が右手を骨折したため延期になり、復帰後に実施された公演であった。 ボーナストラックとして、『GUITARHYTHM III』のLP盤にのみ収録されていたルベッツの曲「SUGAR BABY LOVE」(1974年)のカバー、イギリスでリリースされた「DANCING WITH THE MOONLIGHT」(1988年)の7インチアナログ盤バージョンを収録。 (Wikipedia:GUITARHYTHM WILD)

GUILTY GEAR 2 OVERTURE
『GUILTY GEAR 2 OVERTURE』(ギルティギア ツー オーヴァチュア)はアークシステムワークスから発売された3Dアクションゲーム。2007年11月29日にXbox 360で発売され、2008年10月7日には北米版が発売、2010年3月9日にはゲームオンデマンドで配信された(日本版)。ジャンル名はメーレーアクション(Melee Action)、北米版はハイスピードアクション&ストラテジーとなっている。北米版は日本国内版+Title Update #3+α の内容となっており、音声は日本語と英語が選べるようになっているが、リージョンコードの問題で日本版の本体では動作しない。 GUILTY GEARシリーズ2作目を冠した、2014年現在におけるシリーズ唯一の正規続編タイトルであり、『GUILTY GEAR』以来9年ぶりとなる。物語は『GG』から6年後の世界に推移し、停滞気味だった以前のシリーズから大きな展開と進行を見せている。 グラフィックは3Dとなり、ジャンルも今までの対戦型格闘ゲームから独自のジャンルである「メーレーアクション」となった。 (Wikipedia:GUILTY GEAR 2 OVERTURE)

GUILTY GEARシリーズ
GUILTY GEARシリーズ(ギルティギアシリーズ)は、アークシステムワークスが製作する2D対戦型格闘ゲームシリーズである。略称は「ギルティ」「GG」など。 第1作は自社で販売し、ゼクス以降はサミーが販売元となっていたが、経営統合によりセガ(後のセガゲームス)に移管された。現在はアークシステムワークスの自社ブランドでの販売を行っている。 なお、作品によってはピックパック・エアリアルが開発に関わっている。 ※用語や詳細なゲームシステムについては、GUILTY GEARの用語集を参照。 キャラクターを前面に出したファンタジー系の世界観、派手なビジュアル、痛快なコンボシステム、ハードロック・メロディックスピードメタル風のサウンドなど、往年の格闘ゲームには見られなかった要素を含むことで多くのファンを獲得し、日本国外にまで進出するヒットシリーズとなる。 (Wikipedia:GUILTY GEARシリーズ)

GUILTY
ギルティ(Guilty)は、英語で有罪の意味。以下のタイトルなどで使われている。 楽曲 GUILTY (浜崎あゆみのアルバム) - 浜崎あゆみの9枚目のアルバム。同名曲を収録。 ギルティ(Guilty) - バーブラ・ストライサンドのアルバム。同名曲を収録。 ギルティ(Guilty) - ブルーのアルバム。同名曲を収録。 GUILTY (GLAYのアルバム) - GLAYのアルバム。 Guilty (鈴木雅之の曲) - 鈴木雅之のシングル。 GUILTY (V6の曲) - V6のシングル。 Guilty - EXILEの楽曲。アルバム『Styles Of Beyond』に収録。 GUILTY - くるりの楽曲。アルバム『THE WORLD IS MINE』に収録。 ギルティ - ハン・スンヨンの楽曲。アルバム『SOLOコレクション』及び『KARAコレクション』に収録。 guilty - B'zの楽曲。シングル『RING』に収録。 GUILTY - 布袋寅泰の楽曲。アルバム『GUITARHYTHM III』に収録。 (Wikipedia:GUILTY)

GUILTYGEAR
『』より : (Wikipedia:GUILTYGEAR)


GUI - 関連ブログ

データが取得できませんでした

GUI - アマゾン検索


「GUI」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す