[PR]

日別キーワード

第63位  文部科学省 - 2017年06月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



文部科学省
文部科学省(もんぶかがくしょう、英語: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, 略称:MEXT、文科省)は、日本の行政機関の一つ。 教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務とする(文部科学省設置法3条)。 中央合同庁舎第7号館東館に所在している。2004年(平成16年)1月から2008年(平成20年)1月までの期間、新庁舎への建替えのため丸の内の旧三菱重工ビルを仮庁舎とした(現在はみずほフィナンシャルグループの本社として使用されている)。 上記の文部科学省設置法第3条に示された任務を達成するため、文部科学省は、教育、科学技術、学術、文化、および健常者スポーツ(障害者スポーツは厚生労働省の管轄)の振興に関する事項をつかさどる。 (Wikipedia:文部科学省)

文部科学省検定済教科書
『教科用図書』より : 文部科学省検定済教科書(もんぶかがくしょう けんていずみきょうかしょ)とは、学校教育のうち、初等教育の課程、中等教育の課程(高等専門学校の課程を除く)に用いられる、文部科学大臣の検定を経た図書のことである。 学校教育法(昭和22年法律第26号)においては、次のように定められている。 (小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校の小学部、特別支援学校の中学部、特別支援学校の高等部)においては、文部科学大臣の検定を経た教科用図書又は文部科学省が著作の名義を有する教科用図書を使用しなければならない。 前項の教科用図書以外の図書その他の教材で、有益適切なものは、これを使用することができる。 第1項の検定の申請に係る教科用図書に関し調査審議させるための審議会等(国家行政組織法(昭和23年法律第120号)第8条に規定する機関をいう。以下同じ。)については、政令で定める。(旧第21条・新34条、旧第40条・新49条、旧第51条・新62条、旧第51条の9・新70条、旧第76条・新82条) このうち、「文部科学大臣の検定を経た教科用図書」は、「文部科学省検定済教科書」と、学校教育法に基づく「教科用図書検定規則」(平成元年文部省令第20号)において記載し、「教科書の発行に関する臨時措置法」(昭和23年法律第132号)に基づく「教科書の発行に関する臨時措置法施行規則」(昭和23年文部省令第15号)において表示することとされている。 (Wikipedia:文部科学省検定済教科書)

文部科学省著作教科書
『教科用図書』より : 教科用図書(きょうかようとしょ)は、日本の学校教育法に基づいて、初等教育・中等教育において主たる教材として使用される図書のことである。「教科書」とも呼ばれるが、「教科書」には「教科書に準ずるもの」として「地図」が含まれること(この場合の「地図」は、「教科書」として法令上みなされている)、また、一部に「教科書以外の教科用図書」(この場合の図書は「教科書」とはされていない)が使用されていることに留意を要する。 教科用図書については、元々、学校で教科を教えるために用いられたことから、教科書とも呼ばれることが多い。 初等教育・中等教育の学校では、文部科学省(旧文部省)が公示する「教科用図書検定基準」に合致した教科用図書を使用しなければならない。なお、教科用図書検定基準においては、学習指導要領に準拠することが示唆されている。教科用図書には、文部科学省の教科用図書検定に合格した「文部科学省検定済教科書」(いわゆる検定済教科書)や「文部科学省著作教科書」、あるいはそのどちらにも属さない「教科書以外の教育用図書」(学校教育法第107条に基づく教科用図書)がある。 (Wikipedia:文部科学省著作教科書)

文部科学省スーパーサイエンスハイスクール
『スーパーサイエンスハイスクール』より : スーパーサイエンスハイスクールとは文部科学省が科学技術や理科・数学教育を重点的に行う高校を指定する制度のことである。SSHと略記される。2002年(平成14年)度に構造改革特別要求として約7億円の予算が配分され、開始された。 2007年(平成19年)度予算では約14億4443万円、2010年(平成22年)度予算では約20億6500万円、2011年(平成23年)度予算では約24億400万円が配分されており、増額傾向にある。 目的 目的は「高等学校及び中高一貫教育校における理科・数学に重点を置いたカリキュラムの開発、大学や研究機関等との効果的な連携方策についての研究を推進し、将来有為な科学技術系人材の育成に資する」とされている。 なお、第二次世界大戦末期にも同様の目的を持った「特別科学学級」という制度が存在した。 年度ごとの指定校数は以下の通り。 2002年(平成14年)度 - 26校 2003年(平成15年)度 - 26校 2004年(平成16年)度 - 20校 2005年(平成17年)度 - 22校(2002年(平成14年)度指定校の新規指定10校含む) 2006年(平成18年)度 - 31校(2003年(平成15年)度指定校の新規指定12校含む) 2007年(平成19年)度 - 31校(2002年(平成14年)度~2004年(平成16年)度指定校の新規指定18校含む) 2008年(平成20年)度 - 13校(2003年(平成15年)度~2004年(平成16年)度指定校の新規指定5校含む) 2009年(平成21年)度 - 9校(2006年(平成18年)度指定校の新規指定2校含む) 2010年(平成22年)度 - 36校 2011年(平成23年)度 - 38校(2006年(平成18年)度指定校の新規指定18校含む) 2012年(平成24年)度 - 73校(2007年(平成19年)度指定校の新規指定38校含む) 2013年(平成25年)度 - 43校 2014年(平成26年)度 - 9校 2015年(平成27年)度 - 25校2014年(平成26年)度現在204校が指定されている。 (Wikipedia:文部科学省スーパーサイエンスハイスクール)

文部科学省 (日本)
『文部科学省』より : 文部科学省(もんぶかがくしょう、英語: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, 略称:MEXT、文科省)は、日本の行政機関の一つ。 教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務とする(文部科学省設置法3条)。 中央合同庁舎第7号館東館に所在している。2004年(平成16年)1月から2008年(平成20年)1月までの期間、新庁舎への建替えのため丸の内の旧三菱重工ビルを仮庁舎とした(現在はみずほフィナンシャルグループの本社として使用されている)。 上記の文部科学省設置法第3条に示された任務を達成するため、文部科学省は、教育、科学技術、学術、文化、および健常者スポーツ(障害者スポーツは厚生労働省の管轄)の振興に関する事項をつかさどる。 (Wikipedia:文部科学省 (日本))

文部科学省設置法
文部科学省設置法(もんぶかがくしょうせっちほう)は、文部科学省の設置並びに任務及びこれを達成するため必要となる明確な範囲の所掌事務を定めるとともに、その所掌する行政事務を能率的に遂行するため必要な組織を定めることを目的として制定された法律である。 構成 第一章 総則(第1条) 第二章 文部科学省の設置並びに任務及び所掌事務 第一節 文部科学省の設置(第2条) 第二節 文部科学省の任務及び所掌事務(第3条・第4条) 第三章 本省に置かれる職及び機関 第一節 特別な職(第5条) 第二節 審議会等 第一款 設置(第6条) 第二款 科学技術・学術審議会(第7条) 第三款 国立大学法人評価委員会(第8条) 第三節 特別の機関(第9条―第12条) 第四章 外局 第一節 設置(第13条) 第二節 スポーツ庁(第14条―第16条) 第三節 文化庁 第一款 任務及び所掌事務(第17条―第19条) 第二款 審議会等(第20条―第22条) 第三款 特別の機関(第23条) 第五章 雑則(第24条) 附則 関連項目 文部科学省 スポーツ庁 文化庁。 (Wikipedia:文部科学省設置法)


文部科学省 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

文部科学省 - アマゾン検索


「文部科学省」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す