[PR]

日別キーワード

第76位  モトローラ - 2017年06月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



モトローラ
モトローラ(Motorola, Inc., NYSE:MOT)は、かつて存在したアメリカ合衆国の電子・通信機器メーカーである。 2011年1月4日をもって、二つの独立した公開会社であるモトローラ・モビリティ及びモトローラ・ソリューションズに分割された。本社所在地はシカゴ近郊のイリノイ州シャンバーグであり、分割以降はモトローラ・ソリューションズが引き継いでいる。 携帯電話端末、トランシーバー、マイクロプロセッサをはじめとする半導体チップ、などの製造が主要事業である。日本では一般業務向け携帯無線機で著名である。企業スローガンは、"HELLOMOTO"及び"intelligence everywhere"である。 携帯電話搭載のOSとしてSymbian OS / UIQや独自OS、Linux、Windows Mobileなど様々なOSを採用していたが、2008年のCEO交代後にプラットホーム選別を進め、オープンOSとしてGoogleAndroidとLinuxを採用している。 (Wikipedia:モトローラ)

モトローラ方式
『TACS』より : AMPS(Advanced Mobile Phone System)は、FDD-FDMA-FMのアナログ方式の第一世代携帯電話方式の一つである。 1983年にAT&T・モトローラが提案して北米標準となった、アナログ携帯電話の規格である。 特徴としては、次の点がある。 搬送波の周波数間隔を30kHz(15kHzインタリーブ)と広く取り干渉耐力を大きくしている。 60°指向性アンテナを使用しセルを6セクタに分割し、周波数帯域の繰り返し利用効率の向上と、空中線電力の有効利用を図っている。この他アナログ方式共通の特徴として、 電波がデジタル方式に比べて遠くまで届く。このため、田舎ではデジタルは使えないがAMPSの電波はある、ということがよくあった。 電池の持ちはデジタル方式に比べて劣る。 SAR(頭部への電磁波放出強度)の値は、AMPSは大きい。などの特徴がある。 周波数としては800MHzバンドが使用されていた。米国では、連邦通信委員会(FCC)が、セルラーバンド(800MHz)事業者にAMPSのサービスを維持することをバンドライセンスの条件の一つとしていたが、この条項は、2008年2月までに撤廃され、もはや多くの地域でAMPSは利用できない。 (Wikipedia:モトローラ方式)


モトローラ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

モトローラ - アマゾン検索


「モトローラ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す