[PR]

日別キーワード

第77位  Intel - 2017年06月17日




Intel
『』より : インテル(英:Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 「Intel」という名称はIntegrated Electronics(集積されたエレクトロニクス)が由来である。米国でのスローガンは、"Sponsors of Tomorrow"、日本でのスローガンは、"その好奇心で、未来をつくろう"である。 主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリ等を製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPUがあり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。 (Wikipedia:Intel)

Intel Mac
『Macintosh』より : Intel Mac(インテルマック)はアップルが開発および販売を行っているMacintoshにインテルのCPUを採用した製品群の総称である。PowerPCを搭載したMacの後継にあたる。 2015年現在、全てのMac製品にIntel製プロセッサが採用されていることから、この表現は滅多に使われなくなっている。 2005年のWorldwide Developers Conferenceにて、アップルが将来的にインテルのCPUを採用した製品を提供するという発表がなされ、翌年の2006年1月10日にIntel Coreを搭載したMacBook Pro(PowerBookが改称)とiMacを発表した。 Mac OS X v10.4 TigerからIntel Macに対応し、v10.6 Snow LeopardからはIntel Mac専用となった。 インテル製のCPUが搭載された経緯については、MacintoshのIntel Mac時代を参照。 新機能 Boot Camp Boot Campとは、Intel Macで他のオペレーティングシステム (OS) を動作させることのできる新たな機能である。 (Wikipedia:Intel Mac)

Intel Core 2
Intel Core 2(インテル コア ツー)はインテルが2006年7月27日に発表した、x86命令セットを持つCPU用のマイクロプロセッサ。 元々はモバイル向けとして開発され、そこからデスクトップ、ワークステーション、サーバ向けの製品が派生的に開発されている。そのため、Coreマイクロアーキテクチャ内での世代を表す開発コードネームは、モバイル向けの標準ダイのものが用いられる。しかしそれぞれの用途向けであっても内容的にはほぼ同じであり、先行して開発が進んでいたモバイル向けにそれぞれの用途向けの機能が追加されていったり、組み込まれた機能を無効化することでそれぞれの用途向けに作り分けられている。 2008年の第4四半期より出荷が始まったCore i7をはじめとする、Nehalemマイクロアーキテクチャの各CPUに順次置き換えられた。 製品ラインナップ デスクトップ向けラインナップ 個々の製品は概ね、コアの数、キャッシュの容量、FSBの速度、そして消費電力で差別化が行われている。 (Wikipedia:Intel Core 2)

Intel Core 2 Duo
『Intel Core 2』より : Intel Core 2(インテル コア ツー)はインテルが2006年7月27日に発表した、x86命令セットを持つCPU用のマイクロプロセッサ。 元々はモバイル向けとして開発され、そこからデスクトップ、ワークステーション、サーバ向けの製品が派生的に開発されている。そのため、Coreマイクロアーキテクチャ内での世代を表す開発コードネームは、モバイル向けの標準ダイのものが用いられる。しかしそれぞれの用途向けであっても内容的にはほぼ同じであり、先行して開発が進んでいたモバイル向けにそれぞれの用途向けの機能が追加されていったり、組み込まれた機能を無効化することでそれぞれの用途向けに作り分けられている。 2008年の第4四半期より出荷が始まったCore i7をはじめとする、Nehalemマイクロアーキテクチャの各CPUに順次置き換えられた。 製品ラインナップ デスクトップ向けラインナップ 個々の製品は概ね、コアの数、キャッシュの容量、FSBの速度、そして消費電力で差別化が行われている。 (Wikipedia:Intel Core 2 Duo)

Intel Core2
『Intel Core 2』より : Intel Core 2(インテル コア ツー)はインテルが2006年7月27日に発表した、x86命令セットを持つCPU用のマイクロプロセッサ。 元々はモバイル向けとして開発され、そこからデスクトップ、ワークステーション、サーバ向けの製品が派生的に開発されている。そのため、Coreマイクロアーキテクチャ内での世代を表す開発コードネームは、モバイル向けの標準ダイのものが用いられる。しかしそれぞれの用途向けであっても内容的にはほぼ同じであり、先行して開発が進んでいたモバイル向けにそれぞれの用途向けの機能が追加されていったり、組み込まれた機能を無効化することでそれぞれの用途向けに作り分けられている。 2008年の第4四半期より出荷が始まったCore i7をはじめとする、Nehalemマイクロアーキテクチャの各CPUに順次置き換えられた。 製品ラインナップ デスクトップ向けラインナップ 個々の製品は概ね、コアの数、キャッシュの容量、FSBの速度、そして消費電力で差別化が行われている。 (Wikipedia:Intel Core2)

Intel iAPX 432
Intel iAPX 432はインテルが設計した32ビットマイクロプロセッサである。極めて複雑な設計のため、性能が非常に悪く商業的には惨敗した。 インテルにとって初めての32ビットマイクロプロセッサだが、実際は3つの集積回路がセットとなり1つのCPUとして機能する構成となっていた。1981年に発表された。 iAPX 432は1980年代に向けた重要な設計と位置づけられていた。数々の先進的なマルチタスク機能とメモリ管理機能をハードウェアでサポートし、インテルはこのデザインをマイクロメインフレームと宣伝し、組み込み用チップを起源とする従来のx86アーキテクチャを置き換える事を目論んでいた。 当初のクロック周波数は最高10MHzを予定していたが、実際に完成した際のクロック周波数は 4MHz、5MHz、7MHz、8MHz だった。 プロセッサがデータ構造をサポートすることにより、進んだオペレーティングシステムを少ないプログラムコードで実装できる。 つまり、432は多くの仕事をハードウェア内部で行おうとした。オブジェクト指向とガベージコレクションもチップが直接サポートし、ハードウェア(特にマイクロコード部分)がさらに複雑化した。 (Wikipedia:Intel iAPX 432)

Intel 8080
Intel 8080(インテル 8080、i8080)は、インテルによって開発された8ビットマイクロプロセッサであり、1974年4月に発表された。同社の8008の後継に当たるが命令の互換性はない。8080の命令は、後に拡張され、ザイログのZ80や日立製作所の64180に継承された。初期のパーソナルコンピュータの多くに採用され、モトローラの6800やモステクノロジーの6502(アップル、コモドール、ファミコン、他)と覇を競った。 i8080のロジック設計の中心となったのはビジコン退社後、リコーを経てインテルに入社した嶋正利だった。開発者の特権として彼はフォトマスク余白に嶋家の家紋である引両紋(丸に三つ引)を刻んだ。 レジスタセット 8080は、アキュムレータ1つを含め、7つの汎用レジスタ(8ビット)を持つ。これはたとえば6800と比べて本数としては多い。 (注)命令中ではHLレジスタペアをポインタとして扱うメモリ参照は「M」と表現される: 例 ADD M フラグレジスタのビット位置 b7:S 符号 b6:Z ゼロ b5:未使用 (0に固定) b4:H AUXキャリー(パックBCD演算用) b3:未使用 (0に固定) b2:P パリティ b1:未使用 (0に固定) b0:C キャリー (このフラグ位置は8086を経てIA-32に至るまで代々引き継がれている。 (Wikipedia:Intel 8080)

Intel 80386
Intel 80386(またはi386)はインテルの32ビットマイクロプロセッサ(CPU)である。1985年10月に発表され、x86アーキテクチャを32ビットに拡張し、レジスタを強化した。インテルが現在使用している名称はIntel386™プロセッサ (Intel386™ Processor) である。互換CPUにも386の型番が付くものがある。 アーキテクチャとしてのi386については、x86およびIA-32の項目も参照のこと。 1985年の発表当初の名称はIntel 80386であった。80386専用の数値演算コプロセッサには80387がある。仕様上は80287も使用できるようになっている(単純な差し替えはできず、そのように設計されている必要がある)。 1988年に80386SX(SXはSingle-word eXternal、つまり16ビット外部バスを意味する) が80386シリーズに加わった際に、従来の32ビット外部バスのプロセッサには区別するためにDXをつけてIntel 80386DX(DXはDouble-word eXternal、つまり32ビット外部バスを意味する)と改名した。 (Wikipedia:Intel 80386)

Intel 80386SX
『Intel 80386』より : Intel 80386(またはi386)はインテルの32ビットマイクロプロセッサ(CPU)である。1985年10月に発表され、x86アーキテクチャを32ビットに拡張し、レジスタを強化した。インテルが現在使用している名称はIntel386™プロセッサ (Intel386™ Processor) である。互換CPUにも386の型番が付くものがある。 アーキテクチャとしてのi386については、x86およびIA-32の項目も参照のこと。 1985年の発表当初の名称はIntel 80386であった。80386専用の数値演算コプロセッサには80387がある。仕様上は80287も使用できるようになっている(単純な差し替えはできず、そのように設計されている必要がある)。 1988年に80386SX(SXはSingle-word eXternal、つまり16ビット外部バスを意味する) が80386シリーズに加わった際に、従来の32ビット外部バスのプロセッサには区別するためにDXをつけてIntel 80386DX(DXはDouble-word eXternal、つまり32ビット外部バスを意味する)と改名した。 (Wikipedia:Intel 80386SX)

Intel 80386DX
『Intel 80386』より : Intel 80386(またはi386)はインテルの32ビットマイクロプロセッサ(CPU)である。1985年10月に発表され、x86アーキテクチャを32ビットに拡張し、レジスタを強化した。インテルが現在使用している名称はIntel386™プロセッサ (Intel386™ Processor) である。互換CPUにも386の型番が付くものがある。 アーキテクチャとしてのi386については、x86およびIA-32の項目も参照のこと。 1985年の発表当初の名称はIntel 80386であった。80386専用の数値演算コプロセッサには80387がある。仕様上は80287も使用できるようになっている(単純な差し替えはできず、そのように設計されている必要がある)。 1988年に80386SX(SXはSingle-word eXternal、つまり16ビット外部バスを意味する) が80386シリーズに加わった際に、従来の32ビット外部バスのプロセッサには区別するためにDXをつけてIntel 80386DX(DXはDouble-word eXternal、つまり32ビット外部バスを意味する)と改名した。 (Wikipedia:Intel 80386DX)

Intel 8259
Intel 8259はProgrammable Interrupt Controller(PIC)の一種であり、Intel 8080やIntel 8085、Intel 8086のような8bitや16bitのマイクロプロセッサの周辺LSIとして、同社により設計・開発された。元々、このPICの仲間は、8259、8259A、8259Bからなり、今日では多くのメーカーから幅広く互換チップが提供されている。8259はマルチプレクサ、つまり一つのデバイスに割り込みをかけるため、複数の割り込み入力を一つの割り込み出力に束ねるように振舞う。
この仲間のチップ同士の間の差はほとんど知られていない。NECが8259A、8259Bを開発し、8259BはPC/ATに採用された2代目の8259A以上の何者でもないと信じられていたりする。
8259は1980年に初代PCに採用され、1983年に開発されたPC/XTでも引き続き採用された。2番目の8259はPC/ATの開発の際に追加された。8259は対称型マルチプロセッサPCでも採用されたので、Intel APICアーキテクチャと共存している。ただ、最近のPCは8259系の採用を完全にやめて、代わりにIntel APICアーキテクチャの採用を進めている。
(Wikipedia:Intel 8259)

Intel 8086
Intel 8086(インテル8086)はインテルが開発した16ビット マイクロプロセッサ(CPU)。x86(80x86)アーキテクチャの最初のマイクロプロセッサで、1978年に発表された。 日本電気のPC-9801などパーソナルコンピュータに広く採用された。対応するオペレーティングシステムに、MS-DOS、PC-DOS、CP/M-86があった。 シリーズには、外部データバスを8ビットにした低価格版の8088があり、初代のIBM PCにも採用された。協調して働くように準備されていた数値演算コプロセッサに8087があった。また、使われる機会は少なかったが、8089というI/Oプロセッサも存在した。 当時ライバルとされた製品には、モトローラの68000系プロセッサがある。 アーキテクチャ 8086は8080のアーキテクチャを16ビットに拡張し、乗除算などの命令を強化したCPUである。アドレスバスは20ビットに、データバスは16ビットに拡張された(姉妹品に外部データバスを8ビットに留めた8088もある)。 (Wikipedia:Intel 8086)

Intel Core
Intel Coreは、インテルによるx86マイクロプロセッサのブランド名、及びそのブランドで展開されたマイクロプロセッサ製品群である。これはPentium 4などに採用されたNetBurstマイクロアーキテクチャベースではなく、それらより一世代前のPentium Proに始まるP6マイクロアーキテクチャをベースとしたPentium Mに改良を加え、マルチプロセッサー版を含めたもので、高効率と低電力をめざしたものである。 Coreシリーズはマルチプロセッサを含む製品群として販売された。同様に、全く同じ、またはより高性能なCoreプロセッサは、Xeonプロセッサの名称でサーバやワークステーション向け市場に販売された。 Coreプロセッサのラインナップには、最新のIntel Core i7、Core i5、Core i3プロセッサ(しばしばCore i シリーズ、Coreプロセッサ・ファミリなどと称される)と、その前世代のIntel Core 2 Solo、Core 2 Duo、Core 2 Quad、Core 2 Extreme(Intel Core2の項目を参照)が含まれる。 (Wikipedia:Intel Core)

Intel Core Solo
『Intel Core』より : Intel Coreは、インテルによるx86マイクロプロセッサのブランド名、及びそのブランドで展開されたマイクロプロセッサ製品群である。これはPentium 4などに採用されたNetBurstマイクロアーキテクチャベースではなく、それらより一世代前のPentium Proに始まるP6マイクロアーキテクチャをベースとしたPentium Mに改良を加え、マルチプロセッサー版を含めたもので、高効率と低電力をめざしたものである。 Coreシリーズはマルチプロセッサを含む製品群として販売された。同様に、全く同じ、またはより高性能なCoreプロセッサは、Xeonプロセッサの名称でサーバやワークステーション向け市場に販売された。 Coreプロセッサのラインナップには、最新のIntel Core i7、Core i5、Core i3プロセッサ(しばしばCore i シリーズ、Coreプロセッサ・ファミリなどと称される)と、その前世代のIntel Core 2 Solo、Core 2 Duo、Core 2 Quad、Core 2 Extreme(Intel Core2の項目を参照)が含まれる。 (Wikipedia:Intel Core Solo)

Intel Core Duo
『Intel Core』より : Intel Coreは、インテルによるx86マイクロプロセッサのブランド名、及びそのブランドで展開されたマイクロプロセッサ製品群である。これはPentium 4などに採用されたNetBurstマイクロアーキテクチャベースではなく、それらより一世代前のPentium Proに始まるP6マイクロアーキテクチャをベースとしたPentium Mに改良を加え、マルチプロセッサー版を含めたもので、高効率と低電力をめざしたものである。 Coreシリーズはマルチプロセッサを含む製品群として販売された。同様に、全く同じ、またはより高性能なCoreプロセッサは、Xeonプロセッサの名称でサーバやワークステーション向け市場に販売された。 Coreプロセッサのラインナップには、最新のIntel Core i7、Core i5、Core i3プロセッサ(しばしばCore i シリーズ、Coreプロセッサ・ファミリなどと称される)と、その前世代のIntel Core 2 Solo、Core 2 Duo、Core 2 Quad、Core 2 Extreme(Intel Core2の項目を参照)が含まれる。 (Wikipedia:Intel Core Duo)

Intel Core-Duo
『Intel Core』より : Intel Coreは、インテルによるx86マイクロプロセッサのブランド名、及びそのブランドで展開されたマイクロプロセッサ製品群である。これはPentium 4などに採用されたNetBurstマイクロアーキテクチャベースではなく、それらより一世代前のPentium Proに始まるP6マイクロアーキテクチャをベースとしたPentium Mに改良を加え、マルチプロセッサー版を含めたもので、高効率と低電力をめざしたものである。 Coreシリーズはマルチプロセッサを含む製品群として販売された。同様に、全く同じ、またはより高性能なCoreプロセッサは、Xeonプロセッサの名称でサーバやワークステーション向け市場に販売された。 Coreプロセッサのラインナップには、最新のIntel Core i7、Core i5、Core i3プロセッサ(しばしばCore i シリーズ、Coreプロセッサ・ファミリなどと称される)と、その前世代のIntel Core 2 Solo、Core 2 Duo、Core 2 Quad、Core 2 Extreme(Intel Core2の項目を参照)が含まれる。 (Wikipedia:Intel Core-Duo)

Intel Core-Solo
『Intel Core』より : Intel Coreは、インテルによるx86マイクロプロセッサのブランド名、及びそのブランドで展開されたマイクロプロセッサ製品群である。これはPentium 4などに採用されたNetBurstマイクロアーキテクチャベースではなく、それらより一世代前のPentium Proに始まるP6マイクロアーキテクチャをベースとしたPentium Mに改良を加え、マルチプロセッサー版を含めたもので、高効率と低電力をめざしたものである。 Coreシリーズはマルチプロセッサを含む製品群として販売された。同様に、全く同じ、またはより高性能なCoreプロセッサは、Xeonプロセッサの名称でサーバやワークステーション向け市場に販売された。 Coreプロセッサのラインナップには、最新のIntel Core i7、Core i5、Core i3プロセッサ(しばしばCore i シリーズ、Coreプロセッサ・ファミリなどと称される)と、その前世代のIntel Core 2 Solo、Core 2 Duo、Core 2 Quad、Core 2 Extreme(Intel Core2の項目を参照)が含まれる。 (Wikipedia:Intel Core-Solo)

Intel 80286
Intel 80286(いんてる はちまるにいはちろく)はインテルの16ビットマイクロプロセッサ (CPU)。IBMのPC/ATおよびその互換機によって広く普及した、DOS時代の代表的なパーソナルコンピュータ (PC) 用プロセッサであった。 1982年2月1日に発表、1984年から6MHz版と8MHz版が出荷された。134,000個のトランジスタを集積した1.5μmのNMOSプロセス(インテルの呼称だとHMOS-III)で製造され、性能を大幅に増加させるパイプラインを構成する4つの独立したユニット(アドレスユニット、バスユニット、命令ユニットと実行ユニット)を持っていた。クロック周波数は6、8、10、12MHz があった。パッケージには68ピンPLCC、LCC、PGAがあった。 8086とソフトウェアの上位互換性を持ち、より高速に命令実行可能(同クロック8086比で約2.5倍)。また、物理メモリ空間が16MBに拡張され、1GBの仮想記憶やマルチタスク処理に対応している。 また、インテルはこのモデルまではセカンドソース推進戦略を採用したため、AMD、富士通、シーメンス、ハリスからもセカンドソース品が供給された。 (Wikipedia:Intel 80286)

Intel 8008
8008(はちまるまるはち、と読まれることが多い)は、インテルによって開発製造された初期のマイクロプロセッサであり、1972年4月に発表された。14ビット外部アドレスバスを持つ8ビットCPUで、16KBまでのアドレス空間を扱える。本来は Computer Terminal Corporation (CTC) からの委託で、同社のプログラム可能な端末 Datapoint 2200 向けに設計した命令セットをコードネーム 1201 というチップに実装する予定だった。しかし、チップの提供が遅れたことと性能がCTCの目標に達しなかったため、2200には使われなかった(因みにDP2200は結局TTL素子で製作された)。インテルとCTCの契約により、インテルはそのチップを他の顧客(例えば電卓市場参入を表明していたセイコー)に販売する許可を得ていた。 CTCは1968年、NASAの技術者だったオースティン・O・ロシュとフィル・レイがサン・アントニオで創業。 (Wikipedia:Intel 8008)

Intel Inside
『インテル (企業)』より : インテル(英:Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 「Intel」という名称はIntegrated Electronics(集積されたエレクトロニクス)が由来である。米国でのスローガンは、"Sponsors of Tomorrow"、日本でのスローガンは、"その好奇心で、未来をつくろう"である。 主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリ等を製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPUがあり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。 (Wikipedia:Intel Inside)

Intel i860
Intel i860(または80860)はインテルのRISCマイクロプロセッサであり、1989年にリリースされた。i860(とi960)は、インテルにとって1980年代のi432以来の完全に新しいハイエンドISAについての試みであった。i860は鳴り物入りで登場し、多くの人が設計が優れていると考えていたi960のリリースを覆い隠したほどだったが、i960が組み込みシステムに活路を見出したのに対して、i860は商業的には全く成功せずプロジェクトは1990年代中ごろに終結させられた。 アンドルー・グローヴはi860の市場での失敗の原因はインテルにあるとして、次のように述べている。 技術的特性 i860は当時ではユニークだったいくつかの特徴を備えている。特にVLIWアーキテクチャと高速浮動小数点数演算が挙げられる。ひとつの32ビットALUとひとつの64ビットFPUを備えており、FPUは3つの部分(加算器、乗算器、グラフィックスプロセッサ)から成っている。 (Wikipedia:Intel i860)


Intel - 関連ブログ

データが取得できませんでした

Intel - アマゾン検索


アマゾンから探す