[PR]

日別キーワード

第2位  カント - 2017年06月18日




カント
『イマヌエル・カント』より : イマヌエル・カント(Immanuel Kant、1724年4月22日 - 1804年2月12日)は、ドイツの哲学者、思想家。プロイセン王国出身の大学教授である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。フィヒテ、シェリング、そしてヘーゲルへと続くドイツ古典主義哲学(ドイツ観念論哲学)の祖とされる。後の西洋哲学全体に強い影響を及ぼし、その影響は西田幾多郎など日本の哲学者にも強く見られる。 生涯 イマヌエル・カントは1724年、東プロイセンの首都ケーニヒスベルク(現ロシア領カリーニングラード)で馬具職人の四男として生まれた。生涯のほとんどをその地で過ごしそこで没した。両親はルター派の敬虔主義を奉じていたため、カントはその濃厚な影響のもとに育った。 1732年、ラテン語学校であるフリードリヒ校に進んだ。1740年にはケーニヒスベルク大学に入学する。当初、神学をこころざしたが、ニュートンの活躍などで発展を遂げつつあった自然学に関心が向かい、哲学教授クヌッツェンの影響のもと、ライプニッツやニュートンの自然学を研究した。 (Wikipedia:カント)

カントリーベア・シアター
『東京ディズニーランドのアトラクション』より : カントリーベア・ジャンボリー(Country Bear Jamboree)とは、世界のディズニーパークにあるアトラクションである。 このアトラクションが存在するパーク マジック・キングダム(ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート) 東京ディズニーランド(東京ディズニーリゾート) このアトラクションが存在したパーク ディズニーランド(ディズニーランド・リゾート) 1971年10月1日にウォルト・ディズニー・ワールドが開園した時にオープンしたアトラクションで主要なパークアトラクションがディズニーランド以外の場所でオープンしたのは初めての事で、オーディオ・アニマトロニクスを搭載した18頭の熊達がカントリー・ミュージックの楽団「カントリーベア・バンド」が演奏会を披露する。 (Wikipedia:カントリーベア・シアター)

カントリー・ハウス
イギリスのカントリー・ハウス (English country house) とはブリテン島の農村において貴族およびジェントリの住居として建設された邸宅をさす。多くのカントリー・ハウスは16世紀から1914年までの期間に建設されており、二度の世界大戦による荒廃の危機を乗り越えた邸宅が現在1500から2000棟あまり残存し一般に公開されている。「カントリー・シート (country seat)」、「グレイト・ハウス (great house)」「ステイトリー・ホーム」(後述)などとも呼称される。 カントリー・ハウスの成立 チューダー王朝二代目であるヘンリー8世は、カトリック信徒の離婚権を巡ってバチカンと対立の末、1534年に国王至上法を制定し、カトリック教会から独立させたイングランド国教会を新たに立てた。これに続いてイングランドにおける修道院財産の没収に乗り出し、1536年の小修道院解散法と1539年の大修道院解散法によって数百の修道院建物を接収、破却または家臣に下賜した。 (Wikipedia:カントリー・ハウス)

カントリー
『カントリー・ミュージック』より : カントリー (country) 国 国土 田舎、田舎風 地理 イギリスのカントリー(Countries of the United Kingdom) - イギリスを構成するイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4ヶ国。 音楽 カントリー・ミュージック - 1920年代にアメリカ合衆国南部ジョージア州アトランタで発祥した音楽のジャンル COUNTRY - J-WALKのアルバム。 アマチュア無線 エンティティの古い呼び名。 (Wikipedia:カントリー)

カントリー・ミュージック
カントリー・ミュージック(英語: Country Music)は、1920年代にアメリカ合衆国南部ジョージア州アトランタで発祥した音楽のジャンル。 現在「カントリー・ミュージック」という言葉は多くのスタイルやサブ・ジャンルを含めた総称となっている。 カントリー・ミュージックの起源は、様々な伝統的音楽をブレンドした労働者階級の白人のフォーク・ミュージックである。 シンプルなハーモニーを形成し、バラードからダンス音楽まで幅広い音楽性を持つ。 当初よりブルース・モードが広く用いられている。 「アパラチアン・ミュージック」、「マウンテン・ミュージック」、「ヒルビリー」、「カントリー&ウエスタン」などと呼ばれた時期を経て、現在の名称となった。 ヨーロッパの伝統的な民謡やケルト音楽などが、スピリチュアルやゴスペルなど霊歌・賛美歌の影響を受けて1930年代に成立した。 これまで「ヒルビリー・ミュージック」と呼ばれていた音楽が、20世紀半ばに発展した類似したルーツを持つウエスタン・ミュージックを包括し、1940年代、「カントリー・ミュージック」という言葉で定着してきた。 (Wikipedia:カントリー・ミュージック)

カントリーミュージック
『カントリー・ミュージック』より : カントリー・ミュージック(英語: Country Music)は、1920年代にアメリカ合衆国南部ジョージア州アトランタで発祥した音楽のジャンル。 現在「カントリー・ミュージック」という言葉は多くのスタイルやサブ・ジャンルを含めた総称となっている。 カントリー・ミュージックの起源は、様々な伝統的音楽をブレンドした労働者階級の白人のフォーク・ミュージックである。 シンプルなハーモニーを形成し、バラードからダンス音楽まで幅広い音楽性を持つ。 当初よりブルース・モードが広く用いられている。 「アパラチアン・ミュージック」、「マウンテン・ミュージック」、「ヒルビリー」、「カントリー&ウエスタン」などと呼ばれた時期を経て、現在の名称となった。 ヨーロッパの伝統的な民謡やケルト音楽などが、スピリチュアルやゴスペルなど霊歌・賛美歌の影響を受けて1930年代に成立した。 これまで「ヒルビリー・ミュージック」と呼ばれていた音楽が、20世紀半ばに発展した類似したルーツを持つウエスタン・ミュージックを包括し、1940年代、「カントリー・ミュージック」という言葉で定着してきた。 (Wikipedia:カントリーミュージック)

カントリー・アンド・ウェスタン
『カントリー・ミュージック』より : カントリー・ミュージック(英語: Country Music)は、1920年代にアメリカ合衆国南部ジョージア州アトランタで発祥した音楽のジャンル。 現在「カントリー・ミュージック」という言葉は多くのスタイルやサブ・ジャンルを含めた総称となっている。 カントリー・ミュージックの起源は、様々な伝統的音楽をブレンドした労働者階級の白人のフォーク・ミュージックである。 シンプルなハーモニーを形成し、バラードからダンス音楽まで幅広い音楽性を持つ。 当初よりブルース・モードが広く用いられている。 「アパラチアン・ミュージック」、「マウンテン・ミュージック」、「ヒルビリー」、「カントリー&ウエスタン」などと呼ばれた時期を経て、現在の名称となった。 ヨーロッパの伝統的な民謡やケルト音楽などが、スピリチュアルやゴスペルなど霊歌・賛美歌の影響を受けて1930年代に成立した。 これまで「ヒルビリー・ミュージック」と呼ばれていた音楽が、20世紀半ばに発展した類似したルーツを持つウエスタン・ミュージックを包括し、1940年代、「カントリー・ミュージック」という言葉で定着してきた。 (Wikipedia:カントリー・アンド・ウェスタン)

カントリー&ウェスタン
『カントリー・ミュージック』より : カントリー・ミュージック(英語: Country Music)は、1920年代にアメリカ合衆国南部ジョージア州アトランタで発祥した音楽のジャンル。 現在「カントリー・ミュージック」という言葉は多くのスタイルやサブ・ジャンルを含めた総称となっている。 カントリー・ミュージックの起源は、様々な伝統的音楽をブレンドした労働者階級の白人のフォーク・ミュージックである。 シンプルなハーモニーを形成し、バラードからダンス音楽まで幅広い音楽性を持つ。 当初よりブルース・モードが広く用いられている。 「アパラチアン・ミュージック」、「マウンテン・ミュージック」、「ヒルビリー」、「カントリー&ウエスタン」などと呼ばれた時期を経て、現在の名称となった。 ヨーロッパの伝統的な民謡やケルト音楽などが、スピリチュアルやゴスペルなど霊歌・賛美歌の影響を受けて1930年代に成立した。 これまで「ヒルビリー・ミュージック」と呼ばれていた音楽が、20世紀半ばに発展した類似したルーツを持つウエスタン・ミュージックを包括し、1940年代、「カントリー・ミュージック」という言葉で定着してきた。 (Wikipedia:カントリー&ウェスタン)

カントリーコード
『国名コード』より : ISO 3166-1などによって規定された、国または地域に付けられる国名コード。 自然公園などを訪問する者が守るべきルールやマナーを明文化したもの。本項で説明。カントリーコード(The Country Code)とは、もともとは、イギリスにおいて1930年代頃から制定され始めた、田園地帯を訪問する人間が守るべきルール・マナーをまとめたものを指す。 さまざまな団体によって種々のものが作成されている。 その中でも最も良く知られているのは、イギリスのカントリーサイドコミッション(en:Countryside Commission)が1981年に発表した12か条である。 カントリーサイドを楽しみ、住んでいる人の生活と仕事に敬意を払う。 どんな小さな火の元にも注意する。 牧場の門(ゲート)は開けたら必ず閉める。 連れて来た犬はきちんと管理する。 農地を通る時は農道を歩く。 牧場の柵、生け垣、壁を乗り越えたりせず、ゲートや踏み越し段(en:stile)を通る。 家畜、作物、農具に手を触れない。 ごみは持ち帰る。 水を汚さずきれいに。 野生動物、植物、木を守る。 田舎道は気をつけて歩く。 (Wikipedia:カントリーコード)

カント哲学
『イマヌエル・カント』より : イマヌエル・カント(Immanuel Kant、1724年4月22日 - 1804年2月12日)は、ドイツの哲学者、思想家。プロイセン王国出身の大学教授である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。フィヒテ、シェリング、そしてヘーゲルへと続くドイツ古典主義哲学(ドイツ観念論哲学)の祖とされる。後の西洋哲学全体に強い影響を及ぼし、その影響は西田幾多郎など日本の哲学者にも強く見られる。 生涯 イマヌエル・カントは1724年、東プロイセンの首都ケーニヒスベルク(現ロシア領カリーニングラード)で馬具職人の四男として生まれた。生涯のほとんどをその地で過ごしそこで没した。両親はルター派の敬虔主義を奉じていたため、カントはその濃厚な影響のもとに育った。 1732年、ラテン語学校であるフリードリヒ校に進んだ。1740年にはケーニヒスベルク大学に入学する。当初、神学をこころざしたが、ニュートンの活躍などで発展を遂げつつあった自然学に関心が向かい、哲学教授クヌッツェンの影響のもと、ライプニッツやニュートンの自然学を研究した。 (Wikipedia:カント哲学)

カントリー娘。
カントリー娘。(カントリーむすめ)は、ハロー!プロジェクトに所属していた女性歌手グループ、女性アイドルグループ。通称:カン娘、かんむす。 2014年11月5日に、ユニット名が「カントリー・ガールズ」(Country Girls)に改められた(後述)。 カントリー娘。は、当時プロデュース担当の田中義剛が経営する酪農を中心とした農場の花畑牧場で働きながら芸能活動をする半農半芸をコンセプトとして1999年に結成された。2003年に芸能活動を中心にする為に拠点を東京へ移したことに伴いプロデュースが田中義剛からつんく♂へ移る。以降も年に一度は花畑牧場にてイベントが実施されていたが、2006年は恒例の花畑牧場ではなく軽井沢でイベントが実施される等、牧場との関係は希薄になった。 2007年にあさみとみうなが卒業し、メンバーが里田まいの一人だけとなり、ユニット活動は休止状態であったがカントリー娘。自体は存続した。 2014年、里田がスーパーバイザーに就任するとともに、翌年に無期限活動停止となるBerryz工房の嗣永桃子がプレイングマネージャーとして参加、更にハロプロ研修生から選出された2名、同年に実施された「モーニング娘。 (Wikipedia:カントリー娘。)

カントリー娘
『カントリー娘。』より : カントリー娘。(カントリーむすめ)は、ハロー!プロジェクトに所属していた女性歌手グループ、女性アイドルグループ。通称:カン娘、かんむす。 2014年11月5日に、ユニット名が「カントリー・ガールズ」(Country Girls)に改められた(後述)。 カントリー娘。は、当時プロデュース担当の田中義剛が経営する酪農を中心とした農場の花畑牧場で働きながら芸能活動をする半農半芸をコンセプトとして1999年に結成された。2003年に芸能活動を中心にする為に拠点を東京へ移したことに伴いプロデュースが田中義剛からつんく♂へ移る。以降も年に一度は花畑牧場にてイベントが実施されていたが、2006年は恒例の花畑牧場ではなく軽井沢でイベントが実施される等、牧場との関係は希薄になった。 2007年にあさみとみうなが卒業し、メンバーが里田まいの一人だけとなり、ユニット活動は休止状態であったがカントリー娘。自体は存続した。 2014年、里田がスーパーバイザーに就任するとともに、翌年に無期限活動停止となるBerryz工房の嗣永桃子がプレイングマネージャーとして参加、更にハロプロ研修生から選出された2名、同年に実施された「モーニング娘。 (Wikipedia:カントリー娘)

カントナ
『エリック・カントナ』より : エリック・ダニエル・ピエール・カントナ(Éric Daniel Pierre Cantona、1966年5月24日 -)は、フランス代表の元サッカー選手、俳優。マンチェスター・ユナイテッドでプロのサッカー選手としてのキャリアを終えた。マンチェスター・ユナイテッドでは、FAカップとの2度のダブル(2冠)を含め、4度のリーグ優勝を経験した。 カントナは低迷していたマンチェスター・ユナイテッドの復活に貢献した中心選手であると考えられており、自身もクラブとイングランドのサッカーの看板選手たる地位に立っていることを楽しんでいた。2001年には、マンチェスター・ユナイテッドの20世紀最高のサッカー選手(Manchester United's player of the century)に選ばれ、「キング・エリック」のニックネームで親しまれている。 練習にも精魂を傾けるフットボールへの真摯な取り組みはチームメイトに多大な影響を与えた。しかし唯我独尊の態度で孤高の存在であったカントナは、他人の意見や規範による柵を徹底して嫌い、厳格な態度で規律を重んじるアレックス・ファーガソンの流儀に括られることもなかった。 (Wikipedia:カントナ)

カントンクサガメ
省略=爬虫綱
名称 カントンクサガメ
status EN2.3
status_text * 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約 ワシントン条約付属書III類(中華人民共和国)
目 カメ カメ目 w:Turtle Testudines
亜目 潜頸亜目 w:Cryptodira Cryptodira
上科 リクガメ上科 w:Testudinoidea Testudinoidea
科 イシガメ科 w:Geoemydidae Geoemydidae
属 クサガメ属 w:Chinemys ”Chinemys”
種 カントンクサガメ ”C. nigricans”
学名 ”Chinemys nigricans”(ジョン・エドワード・グレイ Gray, 1834年 1834)
シノニム ”Emys nigricans”Gray, 1834
”Geoclemys kwangtungensis”Pope, 1934年 1934
和名 カントンクサガメ
英名 :en:Red-necked_Pond_Turtle Red-necked pond turtle
カントンクサガメ(広東臭亀、”Chinemys nigricans”)は、動物 動物界脊索動物 脊索動物門爬虫類 爬虫綱カメ カメ目イシガメ科クサガメ属に分類されるカメ。
(Wikipedia:カントンクサガメ)

カントリーガール
『カントリーガール』(COUNTRY GIRL)は谷山浩子作詞作曲の歌曲であり、8作目のシングル。また、2作目のオリジナルベストアルバムにして17作目のアルバムでもある。シングル盤については当時のレコード EP盤の収録時間の制約により3番までしか収録できなかった。
表題曲は小森まなみによるカバーもされており、2006年にシングルがリリースされている。
Name カントリーガール
Type シングル
Artist 谷山浩子
Released 1980年3月21日
Recorded
Genre
Length
Label ポニーキャニオン キャニオン・レコード
Producer
Chart position
Last album 風を追いかけて (1979年)
This album カントリーガール (1980年)
Next album 夕暮れの街角で (1980年)}}
「カントリーガール」は前述のとおり3番までの収録となっている。「カントリーガール」には3番までのバージョンと4番があるバージョンが存在するが、3番までのバージョンはこのシングルを元音源とするもののみである。
(Wikipedia:カントリーガール)

カントールの対角線論法
カントールの対角線論法(カントールのたいかくせんろんぽう)は、数学における証明テクニック(背理法)の一つ。1891年にゲオルク・カントールによって非可算濃度を持つ集合の存在を示した論文の中で用いられたのが最初だとされている。 その後対角線論法は、数学基礎論や計算機科学において写像やアルゴリズム等が存在しない事を示す為の代表的な手法の一つとなり、例えばゲーデルの不完全性定理、停止性問題の決定不能性、時間階層定理といった重要な定理の証明で使われている。 対角線論法 集合による表現 対角線論法とは、陰に陽に以下の補題を使って定理を証明する背理法の事である。 Xを集合とし、2XをXのべき集合とする。さらにψをXから2Xへの写像とする。Xの部分集合YをY=\{x\in X: x\notin\psi(x)\}により定義すると、ψ(x)=Yとなるx∈Xは存在しない。上の補題は以下のように示せる。ψ(x)=Yとなるx∈Xが存在すると仮定したうえでxがYの元であるか否かを考える。 (Wikipedia:カントールの対角線論法)

カントールの定理
『カントールの対角線論法』より : 初等的な集合論において、カントールの定理 (Cantor's theorem) は次のように述べている。任意の集合 A に対して、A のすべての部分集合の集合(A の冪集合)は A 自身よりも真に大きい濃度を持つ。有限集合に対して、カントールの定理は下に与えられる証明よりもはるかにシンプルな証明によって正しいと確かめることができる。n 個の要素からなる集合に対して、空部分集合、ただ 1 つの要素を持つ A の部分集合、etc. を数えて、2n 個の部分集合があり、部分集合の集合の濃度は明らかに大きい。n < 2n。しかし定理は無限集合にも正しい。特に、可算無限集合の冪集合は非可算無限である。定理はドイツ人数学者ゲオルク・カントール (Georg Cantor) にちなんで名づけられている。彼が最初にそれを述べ証明した。 証明 2 つの集合が等濃である(同じ濃度を持つ)こととそれらの間に一対一対応が存在することは同値である。カントールの定理を証明するには任意の与えられた集合 A に対して、A から A の冪集合へのどんな関数 f も全射になりえないことを示せば十分である。 (Wikipedia:カントールの定理)

カント (路線)
カント(Cant)とは、軌道 (鉄道) 軌道や道路の曲線部において、外側の軌条 レールまたは路面を内側よりも高くすること、またはその高低差のことである。道路の場合には横断勾配(おうだんこうばい)とも呼ばれる。
カントを設けることにより、通過車両に作用する重力と遠心力の合力が軌道面に対してより垂直に近い角度で作用するようになる。これにより曲線を安定して通過できるようになり、また乗り心地が向上する。カントの量は曲線の半径と通過する車両の速度によって決められ、半径が小さいほど、また速度が大きいほど大きなカント量が必要となる。
カント量は連続的に変化させなければならないので、直線区間と曲線区間の境界や曲線半径が変化する場所では線形 (路線)#緩和曲線 緩和曲線区間で徐々にカントを大きくする。S字カーブなど、緩和曲線を十分にとれない場合はカントの不足や超過が発生し、走行安定性や乗り心地が損なわれる。
(Wikipedia:カント (路線))

カントリーリスク
カントリーリスク (英語: country risk) とは、海外投融資や貿易を行う際、対象国の政治・経済・社会環境の変化のために、個別事業相手が持つ商業リスクとは無関係に収益を損なう危険の度合い。 GDP、国際収支、外貨準備高、対外債務、司法制度などの他、当該国の政情や経済政策などといった定性要素を加味して判断される。多くは民間の格付会社によって公表される。 特に開発途上国においてはカントリーリスクが高く考えられることが多い。 第一次石油危機の際、多くの開発途上国において対外債務が累積し、これまでの商業リスク概念を超えた考え方が必要であるとしてカントリーリスク概念が注目されるようになった。 要因 収益を損なう原因のうち何をカントリーリスクとして考えるかはさまざまな意見があるが、以下にあげるのは主なものである。 経済情勢の変化 デフォルト 1980年代の東ヨーロッパ諸国と中南米諸国、1994年のメキシコ インフレーション 政治情勢の変化 内乱や革命、その他政情不安 三井グループがイランと協力して設立したイランジャパン石油化学は1979年のイラン革命、1980年に勃発したイラン・イラク戦争の影響を受ける。 (Wikipedia:カントリーリスク)

カントリーサイン
カントリーサインは、主に道路沿いなどに設置されている標識の一種である。都道府県市町村の境界となる道路上に設置され、行政地域の名称と共に、県章および市章や各々の町の名物などシンボルを掲げているのが特徴である。 カントリーサインの設置は自治体ごとに異なり、地域によっては都道府県ではなく各市区町村に任せられている事例も多く、終始一貫通じて統一されていない地域もある。 北海道のカントリーサイン 特に有名なのが北海道で、北方領土を除く179市町村すべてに対してイラストが描かれている標識が作られていて国道、道道、市町村道脇に掲出されているほか、島嶼の町(奥尻町など)でもカントリーサインが港に設置されている。旧女満別町と東藻琴村が合併した大空町は合併直後は制定されていなかったが、新たなデザインが2007年4月に町のHPにて発表された。また、全国の高速道路でも北海道風のカントリーサインが設置されている。 東北地方のカントリーサイン 青森県・・・市町村章入り秋田県・・・イラスト入り(横長) 山形県・・・イラスト 福島県・・・イラスト 関東地方のカントリーサイン 市町村章入りが主流だが、群馬県や埼玉県の一部ではイラスト入りのものが見られる。 (Wikipedia:カントリーサイン)


カント - 関連ブログ

データが取得できませんでした

カント - アマゾン検索


アマゾンから探す