[PR]

日別キーワード

第6位  DEATH NOTE - 2017年06月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



DEATH NOTE
タイトル=DEATH NOTE
ジャンル=サスペンス、少年漫画
作者=大場つぐみ
作画=小畑健
出版社=集英社
掲載誌=週刊少年ジャンプ
開始=2003年12月
終了=2006年5月
冊数=全12巻+ガイドブック1巻
その他=完結後の特別篇1話が存在
ウィキプロジェクト Wikipedia:ウィキプロジェクト 漫画 漫画
ウィキポータル Portal:漫画 漫画
『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健のダークファンタジーミステリー漫画。及び、これを原作とする実写映画・小説・アニメ・コンピュータゲーム ゲーム作品。また、作中に登場する架空のノートの事を指す場合もある。
2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 - 2006年24号)に連載。2008年2月に完結から3年後を描いた短編が掲載された。略称は「デスノ」。話数カウントは「Page-」。
(Wikipedia:DEATH NOTE)

DEATH NOTE
『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 - 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。 連載版の以前に同誌2003年36号に掲載された読切版が掲載される。2008年2月には最終回から3年後を描いた読切の特別編が同誌に掲載された。話数カウントは「Page-」。 12巻までの世界累計発行部数は3000万部を突破。宝島社「このマンガがすごい!」オトコ版では、2006年と2007年に2位を獲得した。映画、アニメ、小説、ミュージカル、ドラマなど幅広いメディア展開を見せた。 ストーリー 第一部 page.1(第1話) - page.59(第59話) 単行本 1巻 - 7巻 高校生の夜神月(やがみ ライト)は、ある日、通っている高校の敷地内で奇妙な黒いノートを拾う。 (Wikipedia:DEATH NOTE)

DEATH NOTEの登場人物
原作 - 大場つぐみ、漫画 - 小畑健の作品『DEATH NOTE』の登場人物について述べる。 第一部・第二部で、両方に登場する人物、それぞれのみに登場する人物を分けて記載する。 夜神月・L・弥海砂・死神については詳細はそれぞれの記事を参照。 第一部・第二部 共通 ここでは第一部、第二部の両方に登場した人物を記す。声は特に記載のないものはアニメ版の声優。演は映画版/舞台版/ドラマ版の俳優。 キラ 夜神月(やがみ ライト、Light Yagami) 声 - 宮野真守 演 - 藤原竜也(実写映画版)/ 浦井健治・柿澤勇人(舞台版)/ 窪田正孝(ドラマ版) 1986年(アニメ版では1989年、ドラマ版では1995年)2月28日生 本作の主人公。 第一部 17–18歳 身長179cm 体重54kg 私立大国学園高等学校の高校生のち東応大学の大学生。 死神・リュークが落としたデスノートを拾ったことでキラとして暗躍し、次々と犯罪者を葬る。 第二部 警察庁情報通信局情報管理課技官。 Lの死後は2代目としてキラ事件を追う反面、キラとしての活動を続ける。 (Wikipedia:DEATH NOTEの登場人物)

DEATH NOTE (映画)
『デスノート (映画)』より : 『デスノート』は、漫画『DEATH NOTE』を原作とした2006年に公開された日本映画。丸の内ピカデリー3他全国松竹系にて公開された。全体的なストーリーは原作の第一部と第二部の結末をベースに脚色したものとなっている。公開は邦画史上として初の前・後編の連続公開として企画され、目標興行収入はそれぞれ50億円、2作合計で100億円と発表された。 2008年2月9日にはスピンオフ作品『L change the WorLd』(エル チェンジ ザ ワールド)が公開された。本項では同作品についても記述する。 2016年秋に、続編『デスノート Light up the NEW world』が公開予定。 『デスノート』 公開時はタイトルは『デスノート』のみであったが、後のテレビ放送時などは『デスノート 前編』とされる場合もある。 ストーリー 夜神 月(やがみ ライト)はある日、奇妙な黒いノートを拾う。それは死神・リュークが落とした、ノートに名前を書かれた人間が死ぬ「デスノート」だった。 (Wikipedia:DEATH NOTE (映画))

DEATH NOTE -デスノート- (映画)
『デスノート (映画)』より : 『デスノート』は、漫画『DEATH NOTE』を原作とした2006年に公開された日本映画。丸の内ピカデリー3他全国松竹系にて公開された。全体的なストーリーは原作の第一部と第二部の結末をベースに脚色したものとなっている。公開は邦画史上として初の前・後編の連続公開として企画され、目標興行収入はそれぞれ50億円、2作合計で100億円と発表された。 2008年2月9日にはスピンオフ作品『L change the WorLd』(エル チェンジ ザ ワールド)が公開された。本項では同作品についても記述する。 2016年秋に、続編『デスノート Light up the NEW world』が公開予定。 『デスノート』 公開時はタイトルは『デスノート』のみであったが、後のテレビ放送時などは『デスノート 前編』とされる場合もある。 ストーリー 夜神 月(やがみ ライト)はある日、奇妙な黒いノートを拾う。それは死神・リュークが落とした、ノートに名前を書かれた人間が死ぬ「デスノート」だった。 (Wikipedia:DEATH NOTE -デスノート- (映画))

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件
『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』(デスノート アナザーノート ロサンゼルスビービーれんぞくさつじんじけん)は、2006年8月1日に集英社から発売された西尾維新の小説(ノベライズ作品)。同じく西尾維新によるノベライズ作品『xxxHOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル』(原作はCLAMPの漫画『xxxHOLiC』〈講談社〉)と同時に刊行された。 本作は、漫画『DEATH NOTE』(以下・原作)のスピンオフ小説である。物語は原作に登場した名探偵L、及びFBI捜査官の南空ナオミを主人公として構成されており、主に南空ナオミの一人称で進んでいく。語り手は、Lの後継者候補であるメロ(太字の人物についてはDEATH NOTEの登場人物を参照)。舞台はキラ事件発生以前のロサンゼルスであり、原作で名前の挙がった事件「ロサンゼルスBB連続殺人事件」について語られる。 ストーリー 後にロサンゼルスBB連続殺人事件として知られるその事件は、原作第一部開始の2年前に当たる2002年7月31日、ハリウッドに住む男性、ビリーヴ・ブライズメイドが「絞殺」されることから始まる。 (Wikipedia:DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件)

DEATH NOTE (小説)
『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』より : 『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』(デスノート アナザーノート ロサンゼルスビービーれんぞくさつじんじけん)は、2006年8月1日に集英社から発売された西尾維新の小説(ノベライズ作品)。同じく西尾維新によるノベライズ作品『xxxHOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル』(原作はCLAMPの漫画『xxxHOLiC』〈講談社〉)と同時に刊行された。 本作は、漫画『DEATH NOTE』(以下・原作)のスピンオフ小説である。物語は原作に登場した名探偵L、及びFBI捜査官の南空ナオミを主人公として構成されており、主に南空ナオミの一人称で進んでいく。語り手は、Lの後継者候補であるメロ(太字の人物についてはDEATH NOTEの登場人物を参照)。舞台はキラ事件発生以前のロサンゼルスであり、原作で名前の挙がった事件「ロサンゼルスBB連続殺人事件」について語られる。 ストーリー 後にロサンゼルスBB連続殺人事件として知られるその事件は、原作第一部開始の2年前に当たる2002年7月31日、ハリウッドに住む男性、ビリーヴ・ブライズメイドが「絞殺」されることから始まる。 (Wikipedia:DEATH NOTE (小説))

DEATH NOTE (アニメ)
『DEATH NOTE』(デスノート)は、漫画『DEATH NOTE』を原作とした深夜アニメ作品である。 日本テレビで週刊少年ジャンプ原作のアニメ作品が放送されるのは、『金曜特別ロードショー』で単発放送された『シティーハンタースペシャル』を除くと1994年の『D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』以来となる。当初は『NANA』の終了後に同じ放送枠で全国ネットの放送が予定されていたが、『NANA』の放送期間延長によってローカルセールス枠である『桜蘭高校ホスト部』の枠での放送となった。 シナリオ面でアレンジが多かった実写映画版と異なり、ほぼ原作に忠実なストーリーになっているが、第二部に相当する第28話以降からは原作のシーンやセリフのカット・編集が多くなされており、特に最終回では原作最終巻の半分以上を一話に収めている。また、放送時期に合わせるため、舞台設定は原作(2003年 - 2004年、2009年 - 2010年)の3年後(2006年 - 2007年、2012年 - 2013年)となっている。 (Wikipedia:DEATH NOTE (アニメ))

DEATH NOTE TRIBUTE
『DEATH NOTE TRIBUTE』(デスノート トリビュート)は、2006年6月21日に発売されたDEATH NOTEのトリビュート・アルバム。 漫画「DEATH NOTE」を原作とした映画「デスノート」の公開とテレビアニメ化の決定に合わせて製作された。様々な分野から全15組が参加。ジャケットは原作の作画・小畑健による描きおろし。 収録曲 秘密結社(スガシカオ) 37.0℃(矢井田瞳) アルバム『IT'S A NEW DAY』収録 Hands(m-flo) 7thシングル REAL DAYS(MCU) STRAIGHT TO HELL(Char) DIABOLO ~Lucifer~(BUCK-TICK) アルバム『十三階は月光』収録 アヴァンギャルド(COIL feat.杏子) 暗闇のナビゲイラ(KREVA) アルバム『愛・自分博』収録 VENDETTA CODE(AGGRESSIVE DOGS / DEATH NOTE ALLSTARS "D-Crew") Pursuit(AGGRESSIVE DOGS / DEATH NOTE ALLSTARS "N-Crew") GARDEN(キリト) アルバム『Negative』収録 L⇔R(デーモン小暮閣下) 我ら五人の侍なり ~We are five samurai~(PE'Z) アルバム『起きて寝る-FUNNY DAY & HARD NIGHT-』収録 オヤスミナサイ(キンモクセイ) 私のすごい方法(松浦亜弥) アルバム『First Kiss』収録 外部リンク DEATH NOTE TRIBUTE。 (Wikipedia:DEATH NOTE TRIBUTE)

DEATH NOTEの登場人物
原作 - 大場つぐみ、漫画 - 小畑健の作品『DEATH NOTE』の登場人物について述べる。 第一部・第二部で、両方に登場する人物、それぞれのみに登場する人物を分けて記載する。 夜神月・L・弥海砂・死神については詳細はそれぞれの記事を参照。 第一部・第二部 共通 ここでは第一部、第二部の両方に登場した人物を記す。声は特に記載のないものはアニメ版の声優。演は映画版/舞台版/ドラマ版の俳優。 キラ 夜神月(やがみ ライト、Light Yagami) 声 - 宮野真守 演 - 藤原竜也(実写映画版)/ 浦井健治・柿澤勇人(舞台版)/ 窪田正孝(ドラマ版) 1986年(アニメ版では1989年、ドラマ版では1995年)2月28日生 本作の主人公。 第一部 17–18歳 身長179cm 体重54kg 私立大国学園高等学校の高校生のち東応大学の大学生。 死神・リュークが落としたデスノートを拾ったことでキラとして暗躍し、次々と犯罪者を葬る。 第二部 警察庁情報通信局情報管理課技官。 Lの死後は2代目としてキラ事件を追う反面、キラとしての活動を続ける。 (Wikipedia:DEATH NOTEの登場人物)

DEATH NOTE (アニメ)
『DEATH NOTE』(デスノート)は、漫画『DEATH NOTE』を原作とした深夜アニメ作品である。 日本テレビで週刊少年ジャンプ原作のアニメ作品が放送されるのは、『金曜特別ロードショー』で単発放送された『シティーハンタースペシャル』を除くと1994年の『D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』以来となる。当初は『NANA』の終了後に同じ放送枠で全国ネットの放送が予定されていたが、『NANA』の放送期間延長によってローカルセールス枠である『桜蘭高校ホスト部』の枠での放送となった。 シナリオ面でアレンジが多かった実写映画版と異なり、ほぼ原作に忠実なストーリーになっているが、第二部に相当する第28話以降からは原作のシーンやセリフのカット・編集が多くなされており、特に最終回では原作最終巻の半分以上を一話に収めている。また、放送時期に合わせるため、舞台設定は原作(2003年 - 2004年、2009年 - 2010年)の3年後(2006年 - 2007年、2012年 - 2013年)となっている。 (Wikipedia:DEATH NOTE (アニメ))

DEATH NOTE (映画)
『デスノート』は、漫画『DEATH NOTE』を原作とした2006年に公開された日本映画。丸の内ピカデリー3他全国松竹系にて公開された。全体的なストーリーは原作の第一部と第二部の結末をベースに脚色したものとなっている。公開は邦画史上として初の前・後編の連続公開として企画され、目標興行収入はそれぞれ50億円、2作合計で100億円と発表された。 2008年2月9日にはスピンオフ作品『L change the WorLd』(エル チェンジ ザ ワールド)が公開された。本項では同作品についても記述する。 2016年秋に、続編『デスノート Light up the NEW world』が公開予定。 『デスノート』 公開時はタイトルは『デスノート』のみであったが、後のテレビ放送時などは『デスノート 前編』とされる場合もある。 ストーリー 夜神 月(やがみ ライト)はある日、奇妙な黒いノートを拾う。それは死神・リュークが落とした、ノートに名前を書かれた人間が死ぬ「デスノート」だった。 (Wikipedia:DEATH NOTE (映画))

DEATH NOTE (ゲーム)
『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 - 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。 連載版の以前に同誌2003年36号に掲載された読切版が掲載される。2008年2月には最終回から3年後を描いた読切の特別編が同誌に掲載された。話数カウントは「Page-」。 12巻までの世界累計発行部数は3000万部を突破。宝島社「このマンガがすごい!」オトコ版では、2006年と2007年に2位を獲得した。映画、アニメ、小説、ミュージカル、ドラマなど幅広いメディア展開を見せた。 ストーリー 第一部 page.1(第1話) - page.59(第59話) 単行本 1巻 - 7巻 高校生の夜神月(やがみ ライト)は、ある日、通っている高校の敷地内で奇妙な黒いノートを拾う。 (Wikipedia:DEATH NOTE (ゲーム))


DEATH NOTE - 関連ブログ

データが取得できませんでした

DEATH NOTE - アマゾン検索


「DEATH NOTE」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す