[PR]

日別キーワード

第50位  ナサニエル - 2017年06月18日




ナサニエル・グリーン (軍人)
氏名 ナサニエル・グリーン
各国語表記 Nathanael Greene
生年月日 1742年8月7日
没年月日 1786年6月19日
渾名
生誕地 ロードアイランド州 ロードアイランド ウォーウィック (ロードアイランド州) ウォーウィック
死没地 ジョージア州サバンナ_(ジョージア州) サバンナ
所属組織 大陸軍
軍歴 1775 - 1783
最終階級 少将
指揮
戦闘 アメリカ独立戦争
ナサニエル・グリーン(Nathanael Greene, 1742年8月7日 - 1786年6月19日)は、アメリカ独立戦争における大陸軍 (アメリカ) 大陸軍の少将である。独立戦争が始まった時、グリーンは民兵の兵卒だった。彼は戦争中にジョージ・ワシントンの最も才能あるまた頼りになる士官という評判が立ち頭角を現した。
グリーンは、クエーカー クエーカー教徒の農夫で鍛冶屋の息子として、1742年6月27日、ロードアイランド州 ロードアイランドウォーウィック (ロードアイランド州) ウォーウィックの郊外ポトウォムトで生まれた。父はナサニエル・グリーン・シニア、母は父の2番目の妻でメアリー・モットである。父親の教派は学問・教養を否定していたが、グリーンは独学で数学、戦術の歴史、そして法律を学んだ。後にイェール大学の学長となるエズラ・スタイルズ牧師が青年時代のグリーンに強い影響を与えた。
(Wikipedia:ナサニエル・グリーン (軍人))

ナサニエル・ホーソーン
ナサニエル・ホーソーン(ナザニエル・ホーソーン、Nathaniel Hawthorne 1804年7月4日 – 1864年5月19日)は、アメリカ合衆国の小説家。日本語では「ホーソン」と表記されることもある。 マサチューセッツ州のセイラムに生まれる。 父方の祖先である初代ウィリアム・ホーソーンはクエーカー教徒迫害に関与し、二代ジョン・ホーソーンはセイラム魔女裁判の判事を務めており、また、母方の祖先であるニコラス・マニングの姉達が近親相姦の嫌疑をかけられ迫害されると言う過去を持つため、善と悪や罪を扱った宗教的な内容の作品が多い。 彼が『緋文字』を発表し注目を集め始めていたころ、アメリカでは市場主義経済が発達し文学作品も「商品」としての色合いが強くなる。これにより文学の芸術的価値より大衆の評判が重要視され始めホーソーンはこのギャップに苦しむことになる。実際に彼の作品である『七破風の館』では登場人物にこの心境を投影してうわべの作品が大衆にはうける、といったことを訴えており、芸術家としての作家という考えを持っていた彼がその才能を存分に発揮できないジレンマや葛藤が認められる。 (Wikipedia:ナサニエル・ホーソーン)

ナサニエル・シモンズ
ナサニエル・シモンズ(Nathaniel Simonds, 1775年 - 1850年4月20日)は、アメリカ合衆国の政治家。第2代ミズーリ州財務官。 生涯 1775年、シモンズはバーモント州ウィンザーで誕生した。1801年、シモンズはミズーリ州セントチャールズに移住した。シモンズはセントチャールズで著名な市民となった。郡保安官となり、酒場、劇場、そしてセントチャールズとセントルイスを結ぶ郵便馬車を所有した。 1821年9月、シモンズはミズーリ州財務官ジョン・ピーター・ディディエの辞任に伴い、後任の財務官として州議会から指名を受けた。シモンズは4代の知事の下で財務官を務め、年730ドルの給料を4半期に分けて受領した。シモンズは1829年に州財務官を辞任し、ミズーリ州リンカーン郡へ移住した。そして1850年、シモンズは同州トロイで死去した。 外部リンク Missouri State Treasurer, Nathaniel Simonds - ミズーリ州財務官室の解説(英語)。 (Wikipedia:ナサニエル・シモンズ)

ナサニエル・ロード・ブリトン
ナサニエル・ロード・ブリトン(Nathaniel Lord Britton、1859年1月15日 - 1934年6月25日)は、アメリカ合衆国の植物学者、分類学者である。ニューヨーク植物園の設立者の1人である。 生涯 ニューヨークのステーテン島に生まれた。両親は宗教を学ぶことを望んだが、幼いころから自然に興味を持っていた。コロンビア大学で鉱物学を学び、卒業した後、コロンビア大学で地質学と植物学を教え始めた。トーリー植物クラブに入会し、苔類学の学者、エリザベス・ガートルード・ナイトと出会い1885年8月27日に結婚した。夫妻は一生を通じて共同で植物研究を行った。 1888年に、夫妻はイギリスのキュー植物園を訪れた後、エリザベスはトーリー植物クラブで、ニューヨークにも植物園をつくることを提案した。募金運動を行い、1891年にニューヨーク植物園が設立されると、コロンビア大学をやめ、初代の園長に就任し、1929までその職を務めた。アンドリュー・カーネギー、J.ピアポント・モーガン、コーネリアス・バンダービル2世とともに財団の理事となり、裕福な後援者の名を植物名に命名して、財政支援を生み出した。 (Wikipedia:ナサニエル・ロード・ブリトン)

ナサニエル・E・グリーン
ナサニエル・エベレット・グリーン(Nathaniel Everett Green、1823年8月21日 - 1899年11月10日)は イギリスの画家、美術教師であり、天文家でもある。風景画、人物画の画家であるが、天文観測を行い描いた惑星の図で有名となった。 1859年に自作の望遠鏡をつくったことから天文学に興味をもった。1877年に火星の鉛筆スケッチを描いて、よく知られるようになった。火星の「運河」が観測によって生じる幻想であることを主張した。アマチュア天文家の観測を支援する団体、英国天文協会(British Astronomical Association:BAA)の設立メンバーで、1897年から1898年の間会長をつとめた。 1880年にバルモラル城に招かれ、ビクトリア女王を含む皇族に絵画を教えた。月のクレータに命名されている。 外部リンク BAAの伝記 火星観測の歴史(1877年)。 (Wikipedia:ナサニエル・E・グリーン)

ナサニエル・グリーン
『ナサニエル・E・グリーン』より : ナサニエル・グリーン ナサニエル・E・グリーン - イギリスの画家・美術教師・天文家。 ナサニエル・グリーン (軍人) - アメリカ合衆国の軍人。 ナサニエル・グリーン (原子力潜水艦) - アメリカ海軍の原子力潜水艦。 (Wikipedia:ナサニエル・グリーン)

ナサニエル・エベレット・グリーン
『ナサニエル・E・グリーン』より : ナサニエル・エベレット・グリーン(Nathaniel Everett Green、1823年8月21日 - 1899年11月10日)は イギリスの画家、美術教師であり、天文家でもある。風景画、人物画の画家であるが、天文観測を行い描いた惑星の図で有名となった。 1859年に自作の望遠鏡をつくったことから天文学に興味をもった。1877年に火星の鉛筆スケッチを描いて、よく知られるようになった。火星の「運河」が観測によって生じる幻想であることを主張した。アマチュア天文家の観測を支援する団体、英国天文協会(British Astronomical Association:BAA)の設立メンバーで、1897年から1898年の間会長をつとめた。 1880年にバルモラル城に招かれ、ビクトリア女王を含む皇族に絵画を教えた。月のクレータに命名されている。 外部リンク BAAの伝記 火星観測の歴史(1877年)。 (Wikipedia:ナサニエル・エベレット・グリーン)

ナサニエル・バグショー・ウォード
ナサニエル・バグショー・ウォード(Nathaniel Bagshaw Ward、1791年 - 1868年)は、外科医師。発明家。園芸家。テラリウム(ウォードの箱、ウォーディアン・ケース)を1834年に発明した。
イギリスの発明家
1791年生
1868年没
Nathaniel Ward
Nathaniel Bagshaw Ward
(Wikipedia:ナサニエル・バグショー・ウォード)


ナサニエル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ナサニエル - アマゾン検索


アマゾンから探す