[PR]

日別キーワード

第73位  UNIX - 2017年06月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



UNIX
UNIX (ユニックス、Unix、英語発音: [júːniks])は、コンピュータ用のマルチタスク・マルチユーザーのオペレーティングシステムの一種である。公式な商標は「UNIX」だが、商標以外の意味として「Unix」、またはスモールキャピタルを使用して「Unix」などとも書かれる。Unixは1969年、AT&Tのベル研究所にて、ケン・トンプソン、デニス・リッチー、ブライアン・カーニハン、ダグラス・マキルロイ、マイク・レスク、ジョー・オサンナらが開発を開始した。 当初アセンブリ言語のみで開発されたが、1973年にほぼ全体をC言語で書き直したことで、実行効率は低下したが、その後の開発が容易になり、異なるハードウェアへの移植性も向上した。現在では「Unix」という語は、Unix標準に準拠するあらゆるオペレーティングシステムの総称でもある。現在ではUnixシステムは多数の系統に分かれており、AT&Tの開発停止後も、多数の商用ベンダーや非営利組織などによって開発が続けられている。 (Wikipedia:UNIX)

UNIXマニュアル
manページ(マンページ)とは、UNIXおよびUnix系オペレーティングシステムの man システムのコンテンツであり、電子化されたドキュメントのこと。各ページは独立した文書として構成されている。ライブラリやシステムコールなどのコンピュータプログラム、標準や慣例、抽象的概念などに関するページがある。man コマンドを実行することでmanページを閲覧することができる。 使い方 マニュアル内のあるページを閲覧するには、以下のようなコマンドを使用する。 % man [] % man [-s ] シェルのプロンプトで、たとえば "man ftp" と入力する(章番号は通常省略可能)。見やすくするため、ページャとして一般にlessをman内部で用いている。 ページを文章内で指す場合 "ページ名(章番号)" という書き方をする(たとえば、ftp(1))。章番号は、同じ名前のページが複数の章に存在する場合、特定のページを指定するために使う。これはたとえば、システムコールの名前とコマンドの名前などが衝突する場合に必要となる。 (Wikipedia:UNIXマニュアル)

UNIX System V
System V(システムファイブ、SysV)は、初期の商用UNIXオペレーティングシステムの一種である。 本来はAT&Tが開発し1983年に最初にリリースした。4つの主要バージョンがリリースされている(Release 1, 2, 3, 4)。その中でもSystem V Release 4、通称SVR4は最も成功したバージョンであり、いくつかの一般的なUNIXの機能の起源でもある。例えばシステムの立ち上がりとシャットダウンを制御する「SysV init スクリプト」(/etc/init.d)などである。また、このシステムは System V Interface Definition (SVID) の元になっている。System V がどのように動作するかを定義したものである。 AT&Tも System V が動作するハードウェアを販売していたが、ほとんどの顧客は、再販業者がAT&Tのリファレンス実装に基づいて実装したものを使っていた。 (Wikipedia:UNIX System V)

UNIX戦争
UNIX戦争(ゆにっくすせんそう)とは、UNIX コンピュータ オペレーティングシステムのベンダー間で1980年代後半から1990年代前半にかけて発生した将来のUNIX標準規格を巡る争いである。 1980年代中盤、一般的なUNIXのバージョンとしてカリフォルニア大学バークレー校のBSDと、AT&TのSystem Vがある。どちらもVersion 7 Unixから派生したものであるが、大きくかけ離れてしまった(このふたつの衝突もUNIX戦争と言われることがある)。そこからさらに各社のUNIXが派生していき、多かれ少なかれ違いを生じていった。 1984年、X/Openという標準化グループがあるベンダーグループによって結成される。これは互換性のあるオペレーティングシステムを作ることが目的であり、そのベースとしてUNIXが選択された。 AT&T は X/Openに注意をひかれた。UNIXの均一性を高めるため、AT&T と BSD系UNIXベンダーのトップであったサン・マイクロシステムズは1987年から共通のシステムを作るための共同開発を開始した。 (Wikipedia:UNIX戦争)

UNIX板
2ちゃんねる掲示板=UNIX@2ch掲示板
愛称=UNIX板
カテゴリ名=PC等
サーバー名=pc12
フォルダ名=unix
書き込み数=
書き込み数の時点=
関連板名=Linux板
開設日=
開設理由=PCサロン板より分離
名無しの名前=名無しさん@お腹いっぱい。
ID制度=なし
UNIX板(ユニックスいた)とは、匿名掲示板2ちゃんねるにある電子掲示板 板の一つ。正式名称は「UNIX@2ch掲示板」である。UNIXに関する事を議論するための板。
UNIXにおける技術討論や意見交換を目的に作られた板であり、各商用ベンダのUNIXに対する初心者の質問に、上級者や住人が答えるようなスレッドが多い。さらに、UNIXによる各種業務最適化手法として、クラスタやスーパーコンピュータ(HPC)利用を前提とした情報交換を主体とするような特殊なスレッドも多数作られている。
(Wikipedia:UNIX板)

UNIX Systems Laboratories
UNIX Systems Laboratories(ユニックス・システムズ・ラボラトリーズ、USL)は、ベル研究所の下部組織として1989年に設立された。UNIXの開発とライセンス業務を目的とした組織である。その後、ベル研究所の親会社であるAT&Tの完全子会社となった。 1992年、ノベルは USL とそのUNIX資産(著作権、商標、ライセンスを含む)を買収した。USLはそれまでにSVR4を開発し、System V 系 UNIX の開発はノベル社に引き継がれた。さらに、その後SCOがUNIX資産を買い取って SVR5 を開発した。ただし、SCOは名前が示すとおりカリフォルニア州が本拠地であり、一方 USL はニュージャージー州が本拠地であったため、USL の物理的資産と研究員らはヒューレット・パッカード社が買い取っている。 1992年、USLはBSDに対して訴訟を起こした。この過程で USL は 4.3BSD Net/2 の公開停止を求めた。その後、USLの知的財産権について裁判所が疑念を提示し、1993年に示談が成立している。 (Wikipedia:UNIX Systems Laboratories)

UNIX/32V
UNIX/32Vは、UNIXオペレーティングシステム黎明期に開発されたバリエーションのひとつ。ベル研究所から1979年6月にリリースされた。 解説 32Vは、PDP-11用Version 7 Unixがディジタル・イクイップメント・コーポレーションのVAXアーキテクチャへと直接移植されたものである。 UNIX/32Vはページング方式による仮想記憶を使わず、Version 7 が元々備えていたスワッピング機能のみの状態でリリースされた。 仮想記憶システムが、Franz Lisp をサポートするために、カリフォルニア大学バークレー校のビル・ジョイらによって 実装された。このバージョンが 3BSD として1979年にリリースされた。 上述のものとは独立した仮想記憶の実装がAT&TのUNIXサポート部門でも行われ、1982年にUNIX System IIIとしてリリースされた。 これら2つのシステムの後継者(4BSDとUNIX System V)の人気のおかげで、UNIX/32Vはほとんど全てのUNIXシステムの先祖となった。 (Wikipedia:UNIX/32V)

UNIX時間
UNIX時間(ユニックスじかん)またはUNIX時刻(ユニックスじこく、UNIX time(ユニックスタイム)、POSIX time(ポジックスタイム))とはコンピューターシステム上での時刻表現の一種。UNIXエポック、すなわち協定世界時 (UTC) での1970年1月1日真夜中(午前0時0分0秒)の時刻からの形式的な経過秒数(すなわち、実質的な経過秒数から、その間に挿入された閏秒を引き、削除された閏秒を加えたもの)として表される。GPS時刻などとは異なり、大多数のシステムでは、本当の経過秒数を表すものではないので注意が必要である。 UNIX系のオペレーティングシステム(データ型はtime_t)だけでなく、他の多くのオペレーティングシステムにおいてもこの表現方法が用いられている。システム内部では32ビットまたは64ビットの符号付整数 (signed int) で扱われていることが普通であり、特に32ビットで扱われている場合においては符号付整数が取れる最大値 2,147,483,647 を超える時点で時刻を扱えなくなるという問題がある。 (Wikipedia:UNIX時間)

UNIX System III
System III(システムスリー)は、AT&Tの Unix Support Group(USG)がリリースしたUNIXオペレーティングシステムのバージョンである。 ベル研究所から最初にリリースされたのは1982年である。System III は、AT&T内部で使われていた様々なUNIX(PWB/UNIX、CB UNIX、UNIX/RT、UNIX/32V)の機能をつぎはぎしたものであった。System III はDEC PDP-11とVAXコンピュータ上で動作した。 System III と名づけられたのは、ベル研究所内部で使われていた UNIX/TS 3.0.1 および CB UNIX 3 の外部リリースに相当するためである。文書では UNIX Edition 3.0 とされていた。System I および System II という名称の UNIX は存在しない。また、UNIX/TS 4.0 が公式にリリースされることも無かったため(もし外部にリリースされていれば、System IV とされていただろう)、System III の後継は UNIX/TS 5.0 に基づいた System V となった。 (Wikipedia:UNIX System III)

UNIX Compress
UNIX Compressは、UNIXで一般的なデータ圧縮フォーマット。圧縮アルゴリズムとしてLZWを採用している。商用UNIXでは一般的に使われているが、現在ではGNU ZIP圧縮の方が圧縮率が高いことと、特許の問題があることから、フリーのUNIXでは使用されることは少なくなった。 コマンドとしてはcompressを用いて圧縮し、compress -d、uncompressまたはzcatで伸長する。 ファイルをtarコマンドによってアーカイブファイルにした後、更にcompress圧縮するという使い方も一般的である。GNU tarにはアーカイブをcompressにフィルタする-Zオプションが付いている。これによりアーカイブと圧縮を同時に、また抽出と解凍を同時に行うことができる。compress圧縮したtarアーカイブは拡張子 .tar.Z または .taz を付ける慣習がある。 拡張子 .Z : packの拡張子が.zであったので、拡張子の衝突を避けるためcompressでは大文字の.Zとなった。 (Wikipedia:UNIX Compress)


UNIX - 関連ブログ

データが取得できませんでした

UNIX - アマゾン検索


「UNIX」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す