[PR]

日別キーワード

第17位  DIY - 2017年06月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



DIY
DIY(ディー・アイ・ワイ)とは、専門業者ではない人が自身で何かを作ったり、修繕したりすること。英語のDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、「自身でやろう」の意。「D.I.Y.」とも。 DIYとは、お金を払ってひと(業者)にやらせるのではなく、自身で(つまり自分の身体を使って)何かを作ったり、修理したり、装飾したりする活動のことである。 DIYは、ともかく「自分でできることは自分でやろう」という理念のもとに行う諸活動である。 DIYという言葉・概念は、「(ひとまかせにせず)自身でやる」という考え方を、広く生活の基本態度にしようとする精神を指していることもある。これは「DIY ethic(DIY倫理)」「DIY精神」とも言う。営利企業の活動には頼らず、人々(人・グループ)が自身で自主的に行う活動を推奨する言葉・概念である。こうした精神・態度は、多様な領域において提唱・実行されており、「自主イベント」や「草の根政治運動」「草の根社会運動」、自主制作誌(ミニコミ、Zine)、インディーズ音楽 等々等々に影響を与えている。 (Wikipedia:DIY)

DIYショップ
『ホームセンター』より : ホームセンター(Home Center, HC)とは、主として日用雑貨や住宅設備に関する商品を販売する小売店の業態である。 和製英語であり、日本国外ではあまり通用しない。英語では Hardware store, DIY store, Home improvement retailer などと表記される。 主な取り扱い分野 DIY (Do It Yourself): 家庭の設備機器などの小修理や改造などを使用者自身が行うこと。 BIY (Buy It Yourself): 家庭の設備機器などを使用者が購入し、専門業者に取り付けを頼むこと。 SIY (Supervise It Yourself): 家庭の設備機器の選び方・専門業者の選定方法などの助言を得ること。 さらに、近年では家のリフォームの窓口としての機能が注目されている。具体的に販売されている商品として、下記のようなものがある。大型店では、本職の大工や配管工事などの業務(プロ)用の要求にも、ある程度までは対応できる品揃えを持つ場合もある。 (Wikipedia:DIYショップ)

DIYアドバイザー
DIYアドバイザー(ディーアイワイ-)は、DIYの知識と技能を認定する公的資格。1983年に制定され、経済産業省所管の公益法人である社団法人日本DIY協会が試験の実施と資格の認定を行っている。 多くのホームセンターが従業員の資格取得を推進しているため、ホームセンターへの就職には有利であるといわれる。 DIYアドバイザーの役割 DIYアドバイザーの役割は、DIYを行う者 (DIYer) に対し、その手法や道具、手順などの選択を手助けし、作業による事故の発生などの危険を未然に防ぐことである。また、電気・ガス工事のように有資格者以外の作業を禁じられている分野もあるため、法律の遵守を啓発する役割も負っている。 出題範囲 日本DIY協会では、出題範囲を以下のように定めている。 一次試験(学科試験) 住宅及び住宅設備機器に関する基礎知識 DIY用品に関する知識 DIYの方法に関する知識 DIYの関連法規に関する知識 その他、DIYに関する基礎知識 二次試験(実技試験、面接) DIYに関する実技の能力 DIYを行う者 (DIYer) の相談内容を正しく理解し、これに基づいて的確に指導助言を行う能力 おもな施設 職業訓練施設(職業能力開発校、職業能力開発促進センター、地域職業訓練センター)の住宅サービス科などでDIYアドバイザーの基礎知識を学ぶことができる。 (Wikipedia:DIYアドバイザー)


DIY - 関連ブログ

データが取得できませんでした

DIY - アマゾン検索


「DIY」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す