[PR]

日別キーワード

第55位  ローランド - 2017年06月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



ローランド
ローランド株式会社(英: Roland Corporation)は、日本の大手電子楽器メーカー。 自らが創業したエース電子工業を退社した梯郁太郎が、1972年(昭和47年)に大阪市で創業。 長らく、本社・広報機能を大阪に、製造・研究開発拠点を静岡県浜松市に置いていたが、2005年(平成17年)に、本社を浜松に移転した。 主に、シンセサイザー、電子ピアノ、電子オルガン、電子ドラム、ギターアンプや半導体の製品を開発、販売する。ヤマハやカワイとともに、日本を代表する楽器メーカーである。 初期には、電気楽器(エレキギター、エレキベース)の演奏時に音色を加工する機器「エフェクター」や演奏用スピーカーアンプ(ジャズ・コーラス JCシリーズ JC-120など)、音響ミキサーの製造を行っている。1973年(昭和48年)からはシンセサイザーや電子ピアノなどの製造も手がけるようになった。1970年代後半には、富士弦楽器(現・フジゲン)との合弁で「富士ローランド」を設立し、ギターシンセサイザーの製造を開始した。 (Wikipedia:ローランド)

ローランド・SCシリーズ
SCシリーズとはローランドのデスクトップミュージック DTM用音源モジュールの型番・商品名。総称はサウンド・キャンバス(”SoundCanvas” )。
なお、SCシリーズの音源部にキーボードを取り付け作業の利便性向上を図ったモデルである、SKシリーズについても本稿に掲載している。
ほぼ全ての機種がローランドGSフォーマット GS規格に対応しており、その中核を担っている機種である。コンピュータミュージックのMIDIデータを作成する場合、このSCシリーズのモデルを使って作成されることが多く、90年代半ばにDTMのデファクトスタンダードを確立した。SC-8850/8820から後は、SC-D70を経由し、エディロール・SDシリーズ SDシリーズにそのポジションは引き継がれた。現在では「世代遅れ」となったSCシリーズであるが、旧機種においてもWindows Vista用ドライバが用意されるなど、DTMにおける地位はいまだ失われていないと言える。
(Wikipedia:ローランド・SCシリーズ)

ローランド・TB-303
ファイル:TB303-midi-frontview.png thumb right TB-303
TB-303(ティービー303)は、かつてローランドが製造業 製造、販売したシンセサイザー。
1982年発売開始。ベース音色に特化し、またミュージックシーケンサー シーケンサーを内蔵していたことで短いループをプログラムし本体に記憶させることが出来た。本体の大きさはコンパクトで持ち運びが容易であった。同時期に発売されたリズムマシンTR-606とデザインが統一されており、二台を合わせて使う事でリズム隊を自動演奏できるというのが発売当時のふれこみであったが、当初はベース音色の再現が十分でないなどの理由で人気機種にはならなかった。当時のレコードで聴ける数少ない例に、ジャコ・パストリアスの「ワード・オブ・マウス」の冒頭曲「クライシス」、アレクサンダー・ロボトニク(Alexander Robotnick)の「Problems D”Amour」がある。
(Wikipedia:ローランド・TB-303)

ローランド・TR-909
TR-909(てぃーあーる - )とは、電子楽器専門メーカーであるローランドが80年代前半に発売したドラムマシン。1983~1984年にかけて製造され、製造台数は10000台。当時の価格は189000円だった。
それまでリリースされていたローランド・TR-808の後継機にあたり、全面的な音色リファインとMIDI規格への対応、シャッフル/フラムクォンタイズ機能の追加など、さまざまな新機能が盛り込まれた内容となっている。
発売当時は20万円弱と高価だった事と、後述する時勢的な理由なども重なり、ブレイクするところまでは至らなかったが、1980年代後半~1990年代以降にハウス (音楽) ハウスやテクノなどのダンスミュージックが打ち込みで作られるようになってから、独自の押しの強いサウンドが世界中で使われるようになる。
(Wikipedia:ローランド・TR-909)

ローランド・GR-300
GR-300(じーあーる)はローランド社が1980年初頭に発表したアナログ方式の床置型ポリフォニック・ギターシンセサイザー音源ユニット。
初の実用的6音ポリフォニック・ギターシンセサイザー。シンセサイザー本体は青色にペイントされたスティール製ブルーボックスで、富士弦楽器製造(現・フジゲン)製のエレキ・ギター型コントローラーとのコンビネーションで使用する。ギターとの接続はボックス型24ピン・コネクターのオリジナル・ケーブルで行う。非常にシンプルなシステム構成のためエフェクター感覚で使用できることから、ジャンルを超えた幅広いギタリストの支持を得た。コントローラーにはフェンダー・ストラトキャスター ストラトキャスター型のシェイプで固定ブリッジのG-202、ストラト・タイプでトレモロ・ブリッジのG-505、グレコオリジナル・シェイプのG-303、そのスルーネックタイプのG-808などがある。 アナログ故の優位点はレイテンシーの小さな高速動作が可能なことで、最新のデジタル・ギターシンセに無い操作感を堪能できる。ピッキング時の「ブシッ」というノイズはアナログならではのテイストで、デジタルシステムでの再現は難しい。当時は119,000円の希望小売価格で販売されていた。
(Wikipedia:ローランド・GR-300)

ローランド・TR-808
TR-808(てぃーあーるはちまるはち)はローランドが1980年に発売したドラムマシン リズムマシン。名機として高く評価されている。日本では俗に「やおや」とも呼ばれる。1980~1983年にかけて製造され、製造台数は12000台。当時の価格は15万円だった。
TR-808が出現するまで、ごく一部の機材を除いて自動演奏できる電子パーカッションは、その殆どがプリセットされたリズムパターンを選択するだけの物であり、演奏の自由度は限られていた。これは、エレクトーンの普及によってリズム隊の要望が多かったからで、プリセットという考え方は妥当だったといえる。しかし、シンセサイザーなどの電子楽器が自動演奏されることがイエロー・マジック・オーケストラ YMOの活躍によって一般に広く知られるようになると、リズムボックスの価値は急速に下がっていった。そこでローランド社がリズムそのものをプログラミングできる楽器を開発したのである。
(Wikipedia:ローランド・TR-808)

ローランド・ラッツェンバーガー
ローランド・ラッツェンバーガー(Roland Ratzenberger, 1960年7月4日 - 1994年4月30日)はオーストリア出身のレーシングドライバーである。日本では「ラッツェンさん」の愛称で親しまれていた。ドイツ語ではラッツェンベルガーと発音する。 F1以前 5歳のとき観戦したレースがきっかけで、レーシングドライバーになることを決意。その後、父の勧めで入った大学を中退してレース活動を開始した。 1981年から2年間ジム・ラッセルレーシングスクールでメカニックとして働いて活動資金を得て、1983年にドイツでフォーミュラ・フォードでレースデビュー(1986年まで)。1986年イギリスで行われたFF1600・フェスティバルで優勝。1987年からイギリスF3に進出。ツーリングカーレースでもBMWのワークスチームであるシュニッツァーのレギュラードライバーになる(いずれも1988年まで)。1989年、イギリスF3000参戦のかたわら、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)にトヨタのセミワークスのサードから参戦(1992年まで)。 (Wikipedia:ローランド・ラッツェンバーガー)

ローランド (ミサイル)
ローランド(Roland)とは、ドイツとフランスによって共同開発された野戦機動が可能な短射程の地対空ミサイル、およびミサイルシステムの名称である。
ローランドはフランスのエアロスパシアル社(現在のエアロスパシアル・マトラ社)とドイツのメッサーシュミット・ベルコー・ブローム社(MBB社、現在のダイムラー・クライスラー・エアロスペース社)が1964年から共同開発を始めた野戦機動が可能な対空ミサイルシステムで、両社の合弁会社であるユーロミサイル社の製品である。1977年には最初のシステムがフランス陸軍で運用を始めた。システムは砲塔を中心にコンパクトにまとめられており搭載する車両をある程度自由に選ぶことができる。全世界で650機を越える発射機が販売されている。
(Wikipedia:ローランド (ミサイル))

ローランドゴリラ
『ゴリラ』より : ゴリラは霊長目ヒト科ゴリラ属(Gorilla)に分類される種の総称。 分布 アンゴラ(カビンダ)、ウガンダ、ガボン、カメルーン南部、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国東部、赤道ギニア、中央アフリカ共和国南部、ナイジェリア東部、ルワンダ 形態 体長オス170 - 180センチメートル、メス150 - 160センチメートル。体重オス150 - 180キログラム、メス80 - 100キログラム。毛衣は黒や暗灰褐色。 出産直後の幼獣は体重1.8キログラム。オスは生後13年で背の体毛が鞍状に白くなり、シルバーバックと通称される。生後18年で後頭部が突出する。 ゴリラは、人間に適合していないABO式血液型をもっているが、すべて同じ血液型を持っておらず、ヒトの間で輸血は不可能である。 分類 本属の構成種の和名として大猩猩(おおしょうじょう、だいしょうじょう)が使用されたこともある。過去には本属をチンパンジー属に含める説もあった。 以前はゴリラ1種から構成され、1923年に頭骨の比較から西部個体群(基亜種ローランドゴリラG. g. gorilla)と東部個体群(亜種マウンテンゴリラG. g. beringei)の2亜種に分けられた。 (Wikipedia:ローランドゴリラ)

ローランド・Fantomシリーズ
Fantom(ファントム)は、ローランドが販売しているシンセサイザーの型番・商品名及びそれらのシリーズ名である。大きな液晶画面と、4つのノブ、D-Beamコントローラー(ディ・ビーム - )と呼ばれる独自のコントローラーなどが特徴である。Fantom-Xにはシンセサイザーとしてはじめてカラー液晶が搭載された。
それまでのローランドのミュージックワークステーションであったXPシリーズの後継機として発売されたモデル。QVGAの液晶をコルグ社のコルグ・TRINITYシリーズ TRINITYに次いで搭載し、独自のD-Beamコントローラーを搭載していた。また、XP-80に搭載されていたスライダーに代わり、ADSRやコントロールを割り当てることができる4つのノブが搭載された。
XP-80同様、エクスパンション・ボードにより波形・音色の拡張が出来るが、従来のSR-JV80シリーズとは互換性の無いSRXシリーズも新たに搭載できるようになっている。
(Wikipedia:ローランド・Fantomシリーズ)

ローランド・GR-100
GR-100は、ローランド社が1980年初頭に発表したアナログ方式の床置型ポリフォニックVCFユニット。
ローランド・GR-300 GR-300ギターシンセサイザーとの共用を想定して開発されたポリフォニックVCFユニット。ボディーは黄色にペイントされた鋼 スティール製の「イエローボックス」で、富士弦楽器製造(現・フジゲン)製エレキ・ギター型コントローラーとのコンビネーションで使用する。ギターとの接続はGR-300と同様にボックス型24ピン・コネクターのオリジナル・ケーブルで行う。アナログ・シンセサイザーの構成要素であるVCOは存在せず、専用の6弦独立ピックアップからのオーディオ信号をVCFで加工する。コーラス・エフェクトにより、広がりのある音色が得られる。
(Wikipedia:ローランド・GR-100)

ローランド・VKシリーズ
VKシリーズは、ローランドが販売しているコンボ・オルガンである。
1978年にアナログ方式の2段鍵盤オルガン・VK-9が登場。兄弟機種のVK-6、さらには1段鍵盤のVK-1が登場したが、1980年代初めに生産中止となる。
そして1997年、新方式のモデリング音源である「バーチャル・トーンホイール」を採用したVK-7が登場し、現在に至る。
以降ここでは主にバーチャル・トーンホイールを採用したVK-7以降の機種について述べる。
バーチャル・トーンホイールとは、ハモンドオルガンの心臓部であるトーンホイールの発音構成をパーツ単位で徹底分析してモデリングした音源。常に発音している状態なので鍵盤が押されたらすぐ発音し、同時発音数も91音となっている。また、音色の調整は9本もしくは2本のドローバー(VKシリーズではハーモニック・バーと呼ばれる)で行う。その他ローランド独自のエフェクト技術・COSMによるロータリーシミュレーターやアンプシミュレーターを搭載しており、オルガンサウンドに変化を与える。
(Wikipedia:ローランド・VKシリーズ)

ローランドVKシリーズ
『Roland VKシリーズ』より : VKシリーズは、ローランドが販売しているコンボ・オルガンである。 1978年にアナログ方式の2段鍵盤オルガン・VK-9が登場。兄弟機種のVK-6、さらには1段鍵盤のVK-1が登場したが、1980年代初めに生産中止となる。 そして1997年、新方式のモデリング音源である「バーチャル・トーンホイール」を採用したVK-7が登場し、現在に至る。 以降ここでは主にバーチャル・トーンホイールを採用したVK-7以降の機種について述べる。 バーチャル・トーンホイールとは、ハモンドオルガンの心臓部であるトーンホイールの発音構成をパーツ単位で徹底分析してモデリングした音源。常に発音している状態なので鍵盤が押されたらすぐ発音し、同時発音数も91音となっている。また、音色の調整は9本もしくは2本のドローバー(VKシリーズではハーモニック・バーと呼ばれる)で行う。その他ローランド独自のエフェクト技術・COSMによるロータリーシミュレーターやアンプシミュレーターを搭載しており、オルガンサウンドに変化を与える。 (Wikipedia:ローランドVKシリーズ)

ローランド・ヒル
ローランド・ヒル(Rowland Hill, KCB, 1795年12月3日 - 1879年8月27日)はイギリス郵便制度の改革者。ペニー郵便制(en)の創設者。イギリスの近代郵便制度の基本概念を生み出した。「近代郵便制度の父」と呼ばれる。ただし名誉革命以前に、ウィリアム・ドクラの手によるペニー飛脚ができている。これは、ヨーク公時代のジェームズ2世 (イングランド王) がロイヤルメールの独占権侵犯をしつこくプロパガンダして接収した。 ローランド・ヒルはローランド・ヒル将軍の甥としてウスターシャーのキッダーミンスター(Kidderminster)に生まれた。彼は1833年まで教師であり、その後「実用知識普及協会」(Society for the Diffusion of Useful Knowledge)の書記となった。1837年、彼が42歳のとき、政府調査に対して彼の着想を提案し、彼の最も有名な小冊子を出版した。この『郵便制度改革: その重要性と実用性』("Post Office Reform: its Importance and Practicability", 1837)では英国郵便制度の根本的な改革、とりわけ国内で0.5オンスの重さまでの手紙に対して1ペニーからなる均一の郵便料金率を要求し、大きなセンセーションを巻き起こした。 (Wikipedia:ローランド・ヒル)

ローランド・エメリッヒ
ローランド・エメリッヒ(Roland Emmerich, 1955年11月10日 - )は、アメリカで活動するドイツ人映画監督、映画プロデューサー、脚本家。SFやアクション等の娯楽色の強い作品を発表し続けている事で広く知られる監督である。妹のウテ・エメリッヒも映画プロデューサーとして活動しており、ローランドの作品の多くでプロデューサーとして関与している。 またゲイであることを公表しており、LGBT関連事業への寄付等も行っている。 旧西ドイツのシュトゥットガルトに生まれ、10代の頃から絵画と彫刻を学び、シュトゥットガルト芸術大学を卒業。 1977年、ミュンヘンの映画テレビ・アカデミーでプロダクション・デザインを学ぶ。 1983年、卒業作品として長編映画『スペースノア』を監督。この作品は1984年の第34回ベルリン国際映画祭のオープニング作品として上映され、また、世界20カ国以上で公開された。この成功で自身の製作会社セントロポリス・フィルム・プロダクションを設立。 1990年、『MOON44』が認められてハリウッドに招かれ、アメリカに移住。 (Wikipedia:ローランド・エメリッヒ)

ローランド・ディージー
『ローランド ディー. ジー.』より : ローランド ディー. ジー.株式会社(英: Roland DG Corporation)は、日本のコンピュータ周辺機器の製造販売会社であり、広告・看板用インクジェットプリンタでは世界屈指である。社名のDGはDigital Groupの略。 電子楽器メーカーローランドの関連会社として1981年大阪に設立したアムデック株式会社(AMDEK)を前身とする。1983年より現社名となる。コンピュータミュージック用機器などのコンピュータ周辺機器やギター用エフェクターの組立キット等を製造販売していたが、近年は大型プリンターなど、コンピューター周辺機器を開発し急成長。「デジタル屋台」という生産方式で、いくつかのメディアに取り上げられた。 沿革 1981年 - ローランドの関連会社として、アムデック株式会社を大阪に設立。 1982年 - パソコンに接続して作曲・自動演奏ができるコンピュータミュージック機CMU-800を発売。 1983年 - ローランド ディー.ジー.株式会社に社名変更。 1985年 - 本店を静岡県浜松市に移転。 (Wikipedia:ローランド・ディージー)

ローランド ディー. ジー.
ローランド ディー. ジー.株式会社(英: Roland DG Corporation)は、日本のコンピュータ周辺機器の製造販売会社であり、広告・看板用インクジェットプリンタでは世界屈指である。社名のDGはDigital Groupの略。 電子楽器メーカーローランドの関連会社として1981年大阪に設立したアムデック株式会社(AMDEK)を前身とする。1983年より現社名となる。コンピュータミュージック用機器などのコンピュータ周辺機器やギター用エフェクターの組立キット等を製造販売していたが、近年は大型プリンターなど、コンピューター周辺機器を開発し急成長。「デジタル屋台」という生産方式で、いくつかのメディアに取り上げられた。 沿革 1981年 - ローランドの関連会社として、アムデック株式会社を大阪に設立。 1982年 - パソコンに接続して作曲・自動演奏ができるコンピュータミュージック機CMU-800を発売。 1983年 - ローランド ディー.ジー.株式会社に社名変更。 1985年 - 本店を静岡県浜松市に移転。 (Wikipedia:ローランド ディー. ジー.)

ローランドDG
『ローランド ディー. ジー.』より : ローランド ディー. ジー.株式会社(英: Roland DG Corporation)は、日本のコンピュータ周辺機器の製造販売会社であり、広告・看板用インクジェットプリンタでは世界屈指である。社名のDGはDigital Groupの略。 電子楽器メーカーローランドの関連会社として1981年大阪に設立したアムデック株式会社(AMDEK)を前身とする。1983年より現社名となる。コンピュータミュージック用機器などのコンピュータ周辺機器やギター用エフェクターの組立キット等を製造販売していたが、近年は大型プリンターなど、コンピューター周辺機器を開発し急成長。「デジタル屋台」という生産方式で、いくつかのメディアに取り上げられた。 沿革 1981年 - ローランドの関連会社として、アムデック株式会社を大阪に設立。 1982年 - パソコンに接続して作曲・自動演奏ができるコンピュータミュージック機CMU-800を発売。 1983年 - ローランド ディー.ジー.株式会社に社名変更。 1985年 - 本店を静岡県浜松市に移転。 (Wikipedia:ローランドDG)

ローランド・JDシリーズ
JDシリーズは、ローランドが販売していたシンセサイザーの型番・商品名及びそれらのシリーズ名である。現在では生産完了である。PCMシンセサイザーながら、アナログ的な音作りができるということで定評があった。
:1991年発売。当時の価格は300,000円(税別)。パネルに並んだ多数のスライダーが印象的なシンセサイザー。アナログシンセサイザーと同じ感覚で音作りができるということで、人気を呼んだ。特にプリセットの53番のピアノの音が有名であり、小室哲哉が好んで用いた。
:鍵盤:61鍵(ベロシティ、チャンネル・アフタータッチ・おもり付き)音源方式:PCM方式(108種類のウエーブ) サンプリング周波数:44.1kHz 最大同時発音数:24音 パート数:6(シンセ=5、スペシャル=1)エフェクト:シングル・モード:3バンドEQ、ディストーション、フェイザー、スペクトラム、エンハンサー、コーラス、ディレイ、リバーブ、ミックス・アウト・フィルター マルチ・モード:3バンドEQ、リバーブ、コーラス+リバーブ、ディレイ+リバーブ、ミックス・アウト・フィルター
(Wikipedia:ローランド・JDシリーズ)

ローランド・パリス
ローランド・パリス(Roland Paris, 1967年-)は、カナダの国際政治学者。専門は、安全保障論、平和構築。
トロント大学卒業後、ケンブリッジ大学で修士号、イェール大学で博士号取得。ジョンズ・ホプキンス大学客員研究員、コロラド大学助教授を経て、現在、オタワ大学准教授。
”At War”s End: Building Peace after Civil Conflict”, (Cambridge University Press, 2004).
”The Dilemmas of Statebuilding: Confronting the Contradictions of Postwar Peace Operations”, co-edited with Timothy D. Sisk, (Routledge, 2009).
"Blue Helmet Blues: The End of the UN as a Security Organization?", ”Washington Quarterly”, vol. 20, no. 1 (1997).
"Peacebuilding and the Limits of Liberal Internationalism", ”International Security”, vol. 22, no. 2 (1997).
"Broadening the Study of Peace Operations", ”International Studies Review”, vol. 2, no. 3 (2000).
(Wikipedia:ローランド・パリス)


ローランド - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ローランド - アマゾン検索


「ローランド」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す