[PR]

日別キーワード

第91位  X-MEN - 2017年06月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



X-MEN
『X-メン』より : 『X-メン』(エックスメン、X-Men)は、マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックに登場するヒーローチーム。また、コミック・アニメ・映画。 1963年に原作スタン・リー、作画ジャック・カービーによる『X-Men #1』で初登場した。当初は人気が出なかったが、1975年にチームを再編成してからはマーベルコミックの中でも人気のあるシリーズのひとつとなり、多くの派生作品を生み出した。 X-メンのコミックは2012年時点で5億部以上が出版され、1991年の原作クリス・クレアモント、作画ジム・リーによる『X-MEN #1』は850万冊以上が出版され、1冊の売上が世界一のコミックとなる。 主人公が後天的に能力を授かるそれまでのヒーローとは逆転する発想で生み出された。X-MENの語源はEXTRA-MEN、生まれながらの超能力者を意味する。 設定 X-メンは、突然変異によって超人的能力を持って生まれたミュータントの集団である。ミュータントはその特異な能力から「将来取って代わられるのではないか」と人間からは危惧されている。 (Wikipedia:X-MEN)

X-MEN3
『X-メン』より : 『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(エックスメン ファイナルディシジョン、原題: X-Men: The Last Stand)は、2006年に公開されたアメリカ映画。 「マーベル・コミック」のアメリカン・コミック『X-メン』の実写映画化第3作品目。公開当時、同シリーズの最終作となる「完結編」として制作された(後年、新シリーズが制作されている)。 前2作を監督したブライアン・シンガーが『スーパーマン リターンズ』の監督に専念する為に製作途中で降板したため、新たにブレット・ラトナーが監督に起用された。 アメリカでは2006年5月26日に公開され、週末興行成績で初登場1位になった。日本では同年9月9日に日比谷スカラ座系列ほかで公開され、全国週末興行成績で初登場から2週連続で1位となった。 ストーリー 時は20年前。ジーン・グレイは、プロフェッサーXに底知れない能力を見出され、それを操るべく「恵まれし者の学園」に彼女の居場所を与えた。 (Wikipedia:X-MEN3)

X-MEN Children of The Atom
『エックス・メン チルドレン オブ ジ アトム』 (X-MEN CHILDREN OF THE ATOM)は、マーベル・コミックの人気アメリカン・コミックス『X-メン』を原作に、日本のゲーム制作会社カプコンが開発・発売をした2D対戦型格闘ゲーム。1994年12月にアーケードゲーム(基板はCPシステムII)として日本、アメリカ、ヨーロッパなどの地域で発売された。元がアメリカン・コミックスだけあり、日本以上にアメリカでヒットした。 家庭用移植版は日本、アメリカ、ヨーロッパでセガサターン版が、さらにアメリカ、ヨーロッパではパーソナルコンピュータ(DOS)版、プレイステーション版が発売された。 当時テレビ東京系で放送されていたテレビアニメ『X-MEN』の冠スポンサーであったカプコンが、タイアップの一環として発売した。 善悪入り乱れたミュータントのどれかを選び、それぞれの目的のために勝ち抜いていくストーリー。当時の格闘ゲームにしては珍しく、対CPU戦では同キャラクター対戦が発生しない(対人戦では可能)。 (Wikipedia:X-MEN Children of The Atom)

X-MEN:ファイナル ディシジョン
『X-MEN ファイナルディシジョン』より : 『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(エックスメン ファイナルディシジョン、原題: X-Men: The Last Stand)は、2006年に公開されたアメリカ映画。 「マーベル・コミック」のアメリカン・コミック『X-メン』の実写映画化第3作品目。公開当時、同シリーズの最終作となる「完結編」として制作された(後年、新シリーズが制作されている)。 前2作を監督したブライアン・シンガーが『スーパーマン リターンズ』の監督に専念する為に製作途中で降板したため、新たにブレット・ラトナーが監督に起用された。 アメリカでは2006年5月26日に公開され、週末興行成績で初登場1位になった。日本では同年9月9日に日比谷スカラ座系列ほかで公開され、全国週末興行成績で初登場から2週連続で1位となった。 ストーリー 時は20年前。ジーン・グレイは、プロフェッサーXに底知れない能力を見出され、それを操るべく「恵まれし者の学園」に彼女の居場所を与えた。 (Wikipedia:X-MEN:ファイナル ディシジョン)

X-MEN ファイナルディシジョン
『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(エックスメン ファイナルディシジョン、原題: X-Men: The Last Stand)は、2006年に公開されたアメリカ映画。 「マーベル・コミック」のアメリカン・コミック『X-メン』の実写映画化第3作品目。公開当時、同シリーズの最終作となる「完結編」として制作された(後年、新シリーズが制作されている)。 前2作を監督したブライアン・シンガーが『スーパーマン リターンズ』の監督に専念する為に製作途中で降板したため、新たにブレット・ラトナーが監督に起用された。 アメリカでは2006年5月26日に公開され、週末興行成績で初登場1位になった。日本では同年9月9日に日比谷スカラ座系列ほかで公開され、全国週末興行成績で初登場から2週連続で1位となった。 ストーリー 時は20年前。ジーン・グレイは、プロフェッサーXに底知れない能力を見出され、それを操るべく「恵まれし者の学園」に彼女の居場所を与えた。 (Wikipedia:X-MEN ファイナルディシジョン)

X-MEN ザラストスタンド
『X-MEN ファイナルディシジョン』より : 『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(エックスメン ファイナルディシジョン、原題: X-Men: The Last Stand)は、2006年に公開されたアメリカ映画。 「マーベル・コミック」のアメリカン・コミック『X-メン』の実写映画化第3作品目。公開当時、同シリーズの最終作となる「完結編」として制作された(後年、新シリーズが制作されている)。 前2作を監督したブライアン・シンガーが『スーパーマン リターンズ』の監督に専念する為に製作途中で降板したため、新たにブレット・ラトナーが監督に起用された。 アメリカでは2006年5月26日に公開され、週末興行成績で初登場1位になった。日本では同年9月9日に日比谷スカラ座系列ほかで公開され、全国週末興行成績で初登場から2週連続で1位となった。 ストーリー 時は20年前。ジーン・グレイは、プロフェッサーXに底知れない能力を見出され、それを操るべく「恵まれし者の学園」に彼女の居場所を与えた。 (Wikipedia:X-MEN ザラストスタンド)

X-MEN VS. STREET FIGHTER
『エックスメン VS. ストリートファイター』(-バーサス-)(X-MEN VS. STREET FIGHTER)はカプコンが1996年9月にアーケードゲーム(CPS-2基板)として稼動した2D対戦型格闘ゲーム。当記事ではその家庭用ゲーム機への移植版についても記述する。 マーベル・コミックの代表作『X-MEN』の登場キャラクターと、カプコンの代表作『ストリートファイター』(主に『ストリートファイターZERO』)シリーズのキャラクターが共闘した初の作品。 キャラクター選出はX-MEN側では、ガンビット、ローグ、セイバートゥースが初参戦している。この3キャラクターは『X-MEN CHILDREN OF THE ATOM』でも候補にこそ上がっていたものの、当時日本では知名度が低かったために実現せず、その後のアニメ放映と邦訳コミックの発売により、ようやくの参戦となった。 (Wikipedia:X-MEN VS. STREET FIGHTER)

X-MEN: ファースト・ジェネレーション
『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(X-Men: First Class)は、2011年公開のマシュー・ヴォーン監督、共同脚本によるアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。 「マーベル・コミック」のアメリカン・コミック『X-メン』の実写映画化作品。 映画「『X-メン』シリーズ」としては通算で第5作品目。「X-MEN」という組織の成り立ちを描く、作中の時系列では1番最初の作品である。初期3部作の前日譚に当たる。 本作の主人公はマグニートーとプロフェッサーXである。物語は1962年のキューバ危機を背景とし、後のプロフェッサーXとマグニートーが決別する過程が描かれる。 ストーリー 1944年。ナチス・ドイツ占領下のポーランドの強制収容所で科学者のシュミット博士は両親と引き離されたユダヤ人の少年、エリック・レーンシャーが鉄門を捻じ曲げるのを目撃する。シュミットはエリックの能力を引き出すために母親をわざと彼の目の前で殺害し、エリックは怒りと痛み、そして深い悲しみによってより強い能力に目覚めた。 (Wikipedia:X-MEN: ファースト・ジェネレーション)

X-MEN Children of The Atom
『エックス・メン チルドレン オブ ジ アトム』 (X-MEN CHILDREN OF THE ATOM)は、マーベル・コミックの人気アメリカン・コミックス『X-メン』を原作に、日本のゲーム制作会社カプコンが開発・発売をした2D対戦型格闘ゲーム。1994年12月にアーケードゲーム(基板はCPシステムII)として日本、アメリカ、ヨーロッパなどの地域で発売された。元がアメリカン・コミックスだけあり、日本以上にアメリカでヒットした。 家庭用移植版は日本、アメリカ、ヨーロッパでセガサターン版が、さらにアメリカ、ヨーロッパではパーソナルコンピュータ(DOS)版、プレイステーション版が発売された。 当時テレビ東京系で放送されていたテレビアニメ『X-MEN』の冠スポンサーであったカプコンが、タイアップの一環として発売した。 善悪入り乱れたミュータントのどれかを選び、それぞれの目的のために勝ち抜いていくストーリー。当時の格闘ゲームにしては珍しく、対CPU戦では同キャラクター対戦が発生しない(対人戦では可能)。 (Wikipedia:X-MEN Children of The Atom)

X-MEN (映画シリーズ)
映画『X-MEN』(X-Men)シリーズは、マーベル・コミックの同名のスーパーヒーローチームをベースとしたスーパーヒーロー映画である。 ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンを中心としたアンサンブル作品である。エグゼビア教授(演: パトリック・スチュワート及びジェームズ・マカヴォイ)とマグニートー (Magneto (comics)) (演: イアン・マッケラン及びマイケル・ファスベンダー)との争いに巻き込まれてゆく。エグゼビアはミュータントと人類が共存できると信じているが、マグニートーはミュータントが人類を支配すべきと主張している。一部の作品は、「ウェポンX」、「ダーク・フェニックス・サーガ」、「デイズ・オブ・フューチャー・パスト」といった原作コミックのストーリーが基となっている。 20世紀フォックスは1994年にキャラクターの映画化権を購入し、いくつもの草案を経てブライアン・シンガーを雇い、2000年に『X-メン』、2003年に『X-MEN2』が公開された。 (Wikipedia:X-MEN (映画シリーズ))

X-MEN:ファイナル ディシジョン
『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(エックスメン ファイナルディシジョン、原題: X-Men: The Last Stand)は、2006年に公開されたアメリカ映画。 「マーベル・コミック」のアメリカン・コミック『X-メン』の実写映画化第3作品目。公開当時、同シリーズの最終作となる「完結編」として制作された(後年、新シリーズが制作されている)。 前2作を監督したブライアン・シンガーが『スーパーマン リターンズ』の監督に専念する為に製作途中で降板したため、新たにブレット・ラトナーが監督に起用された。 アメリカでは2006年5月26日に公開され、週末興行成績で初登場1位になった。日本では同年9月9日に日比谷スカラ座系列ほかで公開され、全国週末興行成績で初登場から2週連続で1位となった。 ストーリー 時は20年前。ジーン・グレイは、プロフェッサーXに底知れない能力を見出され、それを操るべく「恵まれし者の学園」に彼女の居場所を与えた。 (Wikipedia:X-MEN:ファイナル ディシジョン)

X-MEN ファイナルディシジョン
『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(エックスメン ファイナルディシジョン、原題: X-Men: The Last Stand)は、2006年に公開されたアメリカ映画。 「マーベル・コミック」のアメリカン・コミック『X-メン』の実写映画化第3作品目。公開当時、同シリーズの最終作となる「完結編」として制作された(後年、新シリーズが制作されている)。 前2作を監督したブライアン・シンガーが『スーパーマン リターンズ』の監督に専念する為に製作途中で降板したため、新たにブレット・ラトナーが監督に起用された。 アメリカでは2006年5月26日に公開され、週末興行成績で初登場1位になった。日本では同年9月9日に日比谷スカラ座系列ほかで公開され、全国週末興行成績で初登場から2週連続で1位となった。 ストーリー 時は20年前。ジーン・グレイは、プロフェッサーXに底知れない能力を見出され、それを操るべく「恵まれし者の学園」に彼女の居場所を与えた。 (Wikipedia:X-MEN ファイナルディシジョン)

X-MEN: フューチャー&パスト
『X-MEN: フューチャー&パスト』(X-Men: Days of Future Past)は、2014年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。 「マーベル・コミック」のアメリカン・コミック『X-メン』の実写映画化作品。 映画『X-メン』シリーズとしては通算で第7作目。『X-MEN: ファイナル ディシジョン』と『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』両作品の続編となる内容となっている。先に制作された、ウルヴァリンなどを主軸に据えた『ファイナル ディシジョン』までの三部作と、それ以前の過去の時代を描く若い頃のプロフェッサーXやマグニートーを主軸に据えた『ファースト・ジェネレーション』の2つのシリーズをまとめ、両シリーズ全体の物語に一応の完結を迎えさせつつも、新たなシリーズとしての再始動を示唆する内容となっている。 (Wikipedia:X-MEN: フューチャー&パスト)

X-MEN2
『』より : 『X-MEN2』(エックスメン2、原題: X2)は、2003年のアメリカ合衆国の映画。 「マーベル・コミック」のアメリカン・コミック『X-メン』の実写映画化第2作目。監督は前作に続きブライアン・シンガー。 アメリカでは2003年5月2日に公開され、週末興行成績で初登場から2週連続で1位になった。日本では同年5月3日に日劇1系列ほかで公開され、週末興行成績(全国9大都市集計)では初登場2位となった。 本作は前作『X-メン』を超えるヒットとなった。 あらすじ 自由の女神像におけるX-MENとブラザーフッドの戦いから間もないころ、ホワイトハウスの室内観光に紛れ、瞬間移動能力を有したミュータント「ナイトクロウラー」がホワイトハウス内のガードマンをなぎ倒し、大統領を殺害しようとした事件が発生する。この事件を知ったX-MENのリーダー、チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)はメンバーのジーン・グレイとオロロ・マンロー(ストーム)を召集しナイトクロウラーの捜索を命じた。 (Wikipedia:X-MEN2)

X-MEN エボリューション
『』より : (Wikipedia:X-MEN エボリューション)


X-MEN - 関連ブログ

データが取得できませんでした

X-MEN - アマゾン検索


「X-MEN」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す