[PR]

日別キーワード

第1位  Fate/Grand Order - 2017年07月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



Fate/Grand Order
『Fate/Grand Order』(フェイト/グランドオーダー)は、ゲームブランドTYPE-MOONによるゲーム作品『Fate/stay night』を元として製作されるスマートフォン専用ロールプレイングゲーム。略称は「Fate/GO」もしくは「FGO」。 原作は、2004年の発売以降これまでにゲーム・小説・漫画・アニメーションなど数多くのメディアミックスやスピンアウト展開を広げてきたゲーム作品『Fate/stay night』。「Fate Online Project REBOOT」という標語が掲げられている。『Fate/stay night』をはじめ、『Fate/Zero』・『Fate/EXTRA』・『Fate/Apocrypha』といったFateシリーズから多数のキャラクターが登場するほか、本作オリジナルのキャラクターも多数登場する。 (Wikipedia:Fate/Grand Order)


Fate/Grand Order - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて - 2017年08月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(ドラゴンクエスト イレブン すぎさりしときをもとめて)はスクウェア・エニックス開発・発売予定のコンピュータRPG。略称は『ドラクエXI』、『ドラクエ11』、『DQXI』など。 対応プラットフォームはPlayStation 4、ニンテンドー3DS。加えて任天堂が開発中のゲーム専用機プラットホームNXでの発売も予定されている 2015年7月28日の「ドラゴンクエスト新作発表会」にて正式発表されたドラゴンクエストシリーズのナンバリングタイトル第11作目。これまでのナンバリングタイトルは基本的に任天堂またはソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)用のシングルプラットフォームだったが、シリーズ初のSCE・任天堂の両ハードでのマルチプラットフォームの発売となる。作者の堀井雄二は「いろんな人に遊んで欲しいので、こういった決断になった」と語っている。 前作『ドラゴンクエストX オンライン』はネットワーク接続が必須のMMORPGだったが、本作は『I』から『IX』までと同様のスタンドアローンのRPGとなる。 (Wikipedia:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて)


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ひなろじ〜from Luck & Logic〜 - 2017年08月01日


関連するイメージは見つかりませんでした




ひなろじ〜from Luck & Logic〜 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  将国のアルタイル - 2017年08月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



将国のアルタイル
『将国のアルタイル』(しょうこくのアルタイル)はカトウコトノによる日本の漫画作品。『月刊少年シリウス』(講談社)にて2007年9月号より連載中。時代は文明水準としては中世風の世界で、戦略とアクションが織り成すストーリーとなっている。 2012年4月26日からは『シリウス』公式サイトにて二次創作4コマ漫画『将国の!』が連載されている。『シリウス』2012年6月号から2013年11月号までソガシイナによるスピンオフ作品『小国のアルタイルさん』が連載された。『シリウス』2016年3月号から日薙嶌国(くさなぎとうこく)を舞台とするスピンオフ作品『将国のアルタイル嵬伝 嶌国のスバル』(しょうこくのアルタイルがいでん とうこくのスバル)が連載。 あらすじ トルキエ暦75年/帝国暦451年、史上最年少でトルキエ将国の将軍になったマフムートは、バルトライン帝国のルイ大臣の策謀で反乱を起こした友人イブラヒムを助け出すが、国家よりも私情を優先する姿勢を咎められ千人隊長への降格を言い渡される。 (Wikipedia:将国のアルタイル)


将国のアルタイル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  THE IDOLM@STER - 2017年08月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



THE IDOLM@STER
『THE IDOLM@STER』(アイドルマスター)は、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が2005年7月26日に稼動を開始したアーケード用シミュレーションゲーム(公式ジャンルは「アイドルプロデュース体験ゲーム」)。 個性豊かな9人(組)のアイドル候補生から1 - 3人を選び、いかに多くのファンに支持されるアイドルにプロデュースすることが出来るかを競う。プレイヤーは「新米プロデューサー」となり、ネットワークを使用して全国規模でランキングを競う。 2010年5月28日に、本作のネットワークサービスの運営終了が発表され、2010年9月1日1時59分(8月31日25時59分)をもって終了することが発表された。ネットワークサービス終了後は携帯電話サイト内にあるアーケード連動コーナーが閉鎖されるため、連動機能が使用できなくなるほか、全筐体がオフラインとなった(引き続きプレイは可能だが、一部の機能が使用できなくなる)。 (Wikipedia:THE IDOLM@STER)

THE IDOLM@STER RADIO
『THE IDOLM@STER RADIO』(アイドルマスターレディオ)は、ラジオ大阪V-STATION枠のラジオ番組。番組の愛称は「アイマスレディオ」(公式日本語表記は「アイドルマスターレイディオ」となっている)。全173回。後番組として『THE IDOLM@STER STATION!!!』が放送されていた(2013年3月まで)。 2006年(平成18年)4月9日から2007年(平成19年)4月1日の間、毎週日曜日23:30 - 24:00に放送。2007年4月8日から2009年(平成21年)4月5日の間は、毎週日曜日21:30 - 22:00に放送枠を移動。2009年(平成21年)4月12日からは22:00 - 22:30に枠を移動し放送されていた。また、第40回以降はインターネット配信も行われていた。 アーケードゲーム『THE IDOLM@STER』からの派生企画で、同作出演声優のたかはし智秋(三浦あずさ 役)と今井麻美(如月千早 役)がパーソナリティをつとめる。 (Wikipedia:THE IDOLM@STER RADIO)

THE IDOLM@STERの登場人物
THE IDOLM@STERの登場人物(アイドルマスターのとうじょうじんぶつ)では、バンダイナムコゲームスのゲーム『THE IDOLM@STER』、及びゲームに準拠した関連作品に登場する人物について記述する。 765(ナムコ)プロダクション所属アイドル アイドルの名前はゲーム内での本名であり、デビュー時にプレイヤーが別途ユニット名を決定し活動に関しては芸名を使うことになるが、レッスンやコミュニケーション時などメンバーとの会話では引き続き本名で呼ぶことになる。年齢と性格は特別オーディション「歌姫楽園」の参加条件に関係している。またイメージカラーも設定されており、ゲーム中では各キャラクターの私服やトレーニングウェア、Xbox 360版では一部のEXTEND衣装にも反映されているほか、オーディション参加者一覧のシルエットの背景色としても使用されている。アーケード版のセンターモニターでのランキング表示にも適用されている。各キャラクターの私服はアーケード版から存在する物(『SP』以外での私服)と『SP』で新登場した物が存在する。 (Wikipedia:THE IDOLM@STERの登場人物)

THE IDOLM@STER (アニメ)
『THE IDOLM@STER』(アイドルマスター)は、A-1 Pictures制作の日本のアニメ。バンダイナムコゲームス(現・バンダイナムコエンターテインメント)が発売した同名のコンピューターゲーム『THE IDOLM@STER』シリーズを原作としたアニメ化作品。テレビアニメが2011年7月より同年12月までTBSテレビほかで全25話が放送され、特別編1話が映像ソフト収録作品の先行放送としてBS-TBSで放送された。2014年1月25日には映画『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』が公開された。 芸能事務所のプロデューサーとなって女性アイドルを育成するゲーム『THE IDOLM@STER』シリーズのテレビアニメ化作品としては、2007年にサンライズが制作した『アイドルマスター XENOGLOSSIA』に次いでの第2作である。 (Wikipedia:THE IDOLM@STER (アニメ))


THE IDOLM@STER - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す