[PR]

日別キーワード

第1位  アミノ酸 - 2017年08月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



アミノ酸
アミノ酸(アミノさん、英: amino acid)とは、広義には(特に化学の分野では)、アミノ基とカルボキシル基の両方の官能基を持つ有機化合物の総称である。一方、狭義には(特に生化学の分野やその他より一般的な場合には)、生体のタンパク質の構成ユニットとなる「α-アミノ酸」を指す。分子生物学など、生体分子をあつかう生命科学分野においては、遺伝暗号表に含まれるプロリン(イミノ酸に分類される)を、便宜上アミノ酸に含めることが多い。 動物が体内で合成できないアミノ酸を、その種にとっての必須アミノ酸と呼ぶ。必須アミノ酸は動物種によって異なる。 構造 α-アミノ酸とは、カルボキシル基が結合している炭素(α炭素)にアミノ基も結合しているアミノ酸であり、RCH(NH2)COOH という構造を持つ。Rが水素 (H) であるグリシン以外のα-アミノ酸では、α炭素へのアミノ基やカルボキシル基などの結合様式が立体的に2通り可能で、それぞれ、D型、L型の光学異性体として区別される。 (Wikipedia:アミノ酸)


アミノ酸 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  サンライズ - 2017年08月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



サンライズ
サンライズ(Sunrise)は、英語で日の出を意味する。 音楽作品 サンライズ (BENNIE Kの曲) - BENNIE Kのシングル曲。 sunrise - The KIX・Sの音楽アルバム。 SUNRISE (アイドリング!!!のアルバム) - アイドリング!!!の音楽アルバム。 SUNRISE (PUFFYの曲) - パフィーのシングル曲。 Sunrise! - 長谷川明子のシングル曲。 Sunrise - The Whoの楽曲。3rdアルバム「The Who Sell Out」に収録。 SUNRISE - スペクトラムの楽曲。アルバム『OPTICAL SUNRISE』に収録。スタン・ハンセンが入場テーマ曲として使用。 SUNRISE - Mr.Childrenの楽曲。アルバム「HOME」に収録。 Sunrize - 玉置成実の楽曲。シングル「MY WAY/Sunrize」に収録。 その他の作品 サンライズ (映画) - 1927年のアメリカ映画。 (Wikipedia:サンライズ)

サンライズバッカス
名 サンライズバッカス
画 画像:Sunrise_Bacchus.jpg 240px
説 2008年12月7日 阪神競馬場
性 牡馬 牡
色 馬の毛色#黒鹿毛 黒鹿毛
種 サラブレッド
死 (現役競走馬)
父 ヘネシー (競走馬) ヘネシー
母 リアルサファイヤ
母父 リアルシャダイ
産 ヤナガワ牧場
主 松岡隆雄
調 音無秀孝(栗東トレーニングセンター 栗東)
績 33戦6勝27戦6勝(中央)6戦0勝(地方)
金 4億1147万6000円3億4547万6000円(中央)6600万円(地方)
サンライズバッカス(”Sunrise Bacchus”)は、日本の現役競走馬である。馬名は冠名「サンライズ」にギリシャ神話の酒の神「バッカス」。
2006年に入ってからは根岸ステークスで4着に入ったものの、その後2戦は惨敗が続いた。しかし、昨年勝利した武蔵野ステークスで2着に入ると、ジャパンカップダートでは新たに安藤勝己を鞍上に迎え、2年連続で5着となった。
(Wikipedia:サンライズバッカス)

サンライズ出雲
『出雲 (列車)』より : サンライズ出雲(サンライズいずも)は、東京駅 - 出雲市駅間を、東海道本線・山陽本線・伯備線・山陰本線を経由して運行している寝台特急列車である。 なお、「サンライズ出雲」の母体となった列車で、主に東京駅 - 出雲市駅・浜田駅間を東海道本線・山陰本線経由で運行していた寝台特急「出雲」(いずも)、および首都圏と山陰地方を結んでいた優等列車についてもここで記述する。 「サンライズ出雲」は、1998年7月にそれまで14系客車(いわゆるブルートレイン)によって運転されていた寝台特急「出雲」2・3号を、新たに製造した285系電車に置き換える形で運転を開始した。「出雲2・3号」時代は全区間単独運転であったが、東京駅 - 岡山駅間は同じく寝台特急「瀬戸」から置き換えられた「サンライズ瀬戸」とともに併結運転されるようになった。 「サンライズ瀬戸」運転開始後も2006年3月17日(始発駅発車日)までは、東日本旅客鉄道(JR東日本)の車両で運行する「出雲」(旧1・4号。 (Wikipedia:サンライズ出雲)

サンライズ (アニメ制作会社)
株式会社サンライズ(英: SUNRISE Inc.)は、バンダイナムコグループ傘下の日本のアニメ制作会社である。日本動画協会正会員。 創業 1972年、経営難に陥った旧虫プロダクション(虫プロ)から独立した営業・制作畑のスタッフが中心となって、有限会社サンライズスタジオという名で創業。 虫プロの制作・営業部門に所属していた岸本吉功、伊藤昌典、山浦栄二、渋江靖夫、岩崎正美、沼本清海の7名が設立メンバーである。手持ちの資金がなかったことから、同年、虫プロ作品で音響を担当していた東北新社に出資を仰ぎ、サンライズ創業者との共同出資により株式会社創映社を設立。創映社が企画と営業を行い、アニメの実制作はサンライズスタジオで行なう体制だった。そのため、当初の営業・制作スタッフはサンライズスタジオと創映社に同時に在籍する状態であったが、創映社自体は東北新社の子会社で下請けの存在だったため、当時制作した作品の著作権表示は全て「©東北新社」となっている。 (Wikipedia:サンライズ (アニメ制作会社))

サンライズスタジオ
『サンライズ (アニメ制作会社)』より : 株式会社サンライズ(英: SUNRISE Inc.)は、バンダイナムコグループ傘下の日本のアニメ制作会社である。日本動画協会正会員。 創業 1972年、経営難に陥った旧虫プロダクション(虫プロ)から独立した営業・制作畑のスタッフが中心となって、有限会社サンライズスタジオという名で創業。 虫プロの制作・営業部門に所属していた岸本吉功、伊藤昌典、山浦栄二、渋江靖夫、岩崎正美、沼本清海の7名が設立メンバーである。手持ちの資金がなかったことから、同年、虫プロ作品で音響を担当していた東北新社に出資を仰ぎ、サンライズ創業者との共同出資により株式会社創映社を設立。創映社が企画と営業を行い、アニメの実制作はサンライズスタジオで行なう体制だった。そのため、当初の営業・制作スタッフはサンライズスタジオと創映社に同時に在籍する状態であったが、創映社自体は東北新社の子会社で下請けの存在だったため、当時制作した作品の著作権表示は全て「©東北新社」となっている。 (Wikipedia:サンライズスタジオ)

サンライズ瀬戸
『瀬戸 (列車)』より : サンライズ瀬戸(サンライズせと)は、東京駅 - 高松駅間を東海道本線・山陽本線・宇野線・本四備讃線(瀬戸大橋線)・予讃線を経由して運行している寝台特急列車である。 本項では「サンライズ瀬戸」の前身である寝台特急「瀬戸」(せと)、および東京と四国を結んでいた優等列車の沿革についても記述する。 「サンライズ瀬戸」は、1998年(平成10年)7月10日に、それまで24系25形客車によって東京駅 - 高松駅間で一往復運転していた寝台特急「瀬戸」を、新たに製造した285系電車に置き換えて運転を開始した列車である。「瀬戸」では全区間単独運転であったが、東京駅 - 岡山駅間は同じく寝台特急「出雲」から置き換えられた「サンライズ出雲」とともに併結運転されるようになった。 2014年時点ではJR4社(東日本・東海・西日本・四国)の区間を跨いで運行する唯一の旅客列車である。 2016年3月21日(到着)をもって臨時寝台特急「カシオペア」が運行終了、翌22日(到着)をもって急行「はまなす」が最終運行となった為、3月23日以降「サンライズ出雲」と共にJR線を走行する唯一、定期運行を行う寝台特急列車でかつ、夜行列車となった。 (Wikipedia:サンライズ瀬戸)

サンライズエクスプレス
『JR西日本285系電車』より : 285系電車(285けいでんしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)および東海旅客鉄道(JR東海)の特急形直流寝台電車である。 旧来から、寝台列車に使用される車両は、機関車が牽引する客車タイプ(いわゆる「ブルートレイン」)が主流で、電車タイプの車両としては日本国有鉄道(国鉄)が1967年から1972年にかけて製造した581系・583系が唯一であった。この車両は高度経済成長に伴う輸送需要増加に合理的に対応する観点から、夜間は寝台車、昼間は座席車として昼夜を問わず運用できる車両として開発・導入されたが、寝台・座席の転換作業の煩雑さや、座席車としての居住性の悪さ、電車のため非電化区間へは入線できないことなどのデメリットも多く、スタンダードとはならなかった。 その後も寝台列車の車両は客車が主流となっていたが、運転性能が電車や気動車に劣るため所要時間の短縮が困難であるほか、1970年代以降は長距離利用客の多くが新幹線や航空機へ移行したため、観光客需要へ特化し個室寝台や食堂車などの付加価値を高めた「北斗星」「トワイライトエクスプレス」といった一部の列車以外は、利用は衰退の一途を辿っていた。 (Wikipedia:サンライズエクスプレス)

サンライズ (列車)
『JR西日本285系電車』より : 車両名=JR西日本285系電車
社色=#0000FF
(東海道本線 早川~根府川にて撮影)
起動加速度=2.1
営業最高速度=130
設計最高速度=
減速度(通常)=
減速度(非常)=
編成定員=158(A寝)+116(B寝)+28(普) 302人
全長=21670(21300)
全幅=2945
全高=4090
編成重量=305 t
軌間=1067
電気方式=直流1500V
(Wikipedia:サンライズ (列車))

サンライズ (鉄道車両)
『JR西日本285系電車』より : 車両名=JR西日本285系電車
社色=#0000FF
(東海道本線 早川~根府川にて撮影)
起動加速度=2.1
営業最高速度=130
設計最高速度=
減速度(通常)=
減速度(非常)=
編成定員=158(A寝)+116(B寝)+28(普) 302人
全長=21670(21300)
全幅=2945
全高=4090
編成重量=305 t
軌間=1067
電気方式=直流1500V
(Wikipedia:サンライズ (鉄道車両))

サンライズ旭川釧路号
サンライズ旭川釧路号(サンライズあさひかわくしろごう) 道北バスが運行しているサンライズ旭川・釧路号の概要は道北バス#サンライズ旭川・釧路号を参照。 阿寒バスが運行しているサンライズ旭川・釧路号の概要は阿寒バス#都市間バスを参照。 (Wikipedia:サンライズ旭川釧路号)

サンライズペガサス
サンライズペガサス(1998年4月15日 - )は、日本の競走馬である。 競走馬時代 出生からまもなく母を亡くし、乳母のもとで養育されている。 2001年、格上挑戦の神戸新聞杯で2着になりオープン入りをはたした。菊花賞では12着に敗れたものの、翌2002年には大阪城ステークスと大阪杯を連勝し、重賞初制覇を飾った。次走の天皇賞(春)ではマンハッタンカフェの5着、休養をはさんだ毎日王冠では4着、天皇賞(秋)ではシンボリクリスエス、ナリタトップロードに続く3着とGI戦線をにぎわせたが、屈腱炎を発症し戦線を離脱、復帰後も屈腱炎を再発するなど長期不調に陥った。 休養中は吉澤ステーブルで調整され、2005年に中京記念でメガスターダムの2着になり復調の気配をみせると、続く大阪杯でアドマイヤグルーヴ以下を破り2002年の同競走以来3年ぶりの勝利を挙げた。続く天皇賞(春)では14着と大敗し、7番人気となった次走の宝塚記念では、得意の阪神で中団から末脚に賭けたが、伸びきれず5着に終わった。 (Wikipedia:サンライズペガサス)

サンライズゆめ
サンライズゆめとは、西日本旅客鉄道(JR西日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・東日本旅客鉄道(JR東日本)が、東京駅 - 岡山駅・広島駅・下関駅間を東海道本線・山陽本線を経由で運転していた臨時寝台特急列車である。 運行概況 従来臨時急行列車「銀河」81号・82号として運行されていた列車の東京駅 - 大阪駅間のダイヤを利用して、1998年秋から運転を開始。当時は下りは広島行または下関行、上りは岡山発で運転されていた。同年冬からは広島駅発着に統一して停車駅を大きく減らして運転していた。2000年春は下りが広島行、上りは下関発としていた。2006年夏季から運行区間を上下ともに東京駅 - 広島駅間に統一していたが、2008年冬季を最後に本列車は設定されなくなった。 冬期および夏期の多客時や、ゴールデンウィークや秋期にも運行されたことがある。この列車は、予備編成1本の運用であることから、隔日の運行になることが多い。 停車駅 東京駅 - 横浜駅 - 沼津駅 - 京都駅 - 新大阪駅 - 大阪駅 - 三ノ宮駅 - 神戸駅 - 明石駅 - 姫路駅 - 岡山駅 - 倉敷駅 - 福山駅 - 尾道駅 - 三原駅 - 西条駅 - 広島駅 - 岩国駅 - 柳井駅 - 徳山駅 - 新山口駅 - 宇部駅 - 下関駅 運転時期により、停車しない駅があった。 (Wikipedia:サンライズゆめ)

サンライズゆめ (列車)
『サンライズゆめ』より : サンライズゆめとは、西日本旅客鉄道 JR西日本・東海旅客鉄道 JR東海が東京駅~広島駅・下関駅間を東海道本線・山陽本線を経由して運行する、臨時列車 臨時寝台列車 寝台特別急行列車 特急列車。
臨時列車であることから、多客時に運行される。しかし、1編成のみの運用であることから、隔日の運行になることが多い。
JR西日本285系電車 285系電車を参照のこと。なお、サンライズゆめには、JR東海の車両(3000番台)は使用されない。
:東京駅 - 横浜駅 - 熱海駅-<静岡駅> - 京都駅 - 新大阪駅 - 大阪駅 - 三ノ宮駅 - 神戸駅 (兵庫県) 神戸駅 - 明石駅 - 姫路駅 - 岡山駅 - 倉敷駅 - 福山駅 - 尾道駅 - 三原駅 - 西条駅 (広島県) 西条駅 - 広島駅
(Wikipedia:サンライズゆめ (列車))

サンライズ (ペットフード)
サンライズは、大阪府大阪市淀川区西中島 7-1-26 オリエンタル新大阪ビル12Fに本社を置く株式会社マルカン・サンライズ事業部の、ペットフード(主にドッグフード)のブランド名。 1959年創業。株式会社サンライズとしてブランド展開をしていたが、2010年2月28日付で、同じペット事業を展開する株式会社マルカンと合併し、株式会社マルカン・サンライズ事業部となった。同社には、同じく合併された観賞魚用器具「ニッソー」がニッソー事業部として存在する。 2014年1月本社移転。東大阪市から新大阪駅周辺の大阪府大阪市淀川区西中島 7-1-26 オリエンタル新大阪ビル12Fに本社を移転。 ブランドメッセージは、「一頭でも多くのワン&ニャンを幸せに」。 ゴン太のお気楽な一日 サンライズブランドといえば、ラブラドール・レトリーバーの『ゴン太』ブランドで知られている。当時、人気絶頂だったテレビ朝日系アニメ番組「クレヨンしんちゃん」のスポンサーを担当していた際にオンエアされていたCM、「ゴン太のお気楽な一日」といった主題の「ほねっこ」のCMが爆発的な人気を博し、業績を大幅に伸ばすと共に、同時にメーカーの知名度も広範囲に浸透した。 (Wikipedia:サンライズ (ペットフード))

サンライズインタラクティブ
株式会社サンライズインタラクティブ(SUNRISE INTERACTIVE)はかつて存在した日本のコンピュータゲーム製作会社である。 1998年にアニメーション制作会社サンライズの子会社として設立。代表取締役社長はサンライズのプロデューサーも兼任していた塚田廷式。 サンライズ製作のアニメ作品を原作としたコンピュータゲームの開発・発売を手がけていた(Windows用ソフトはメディアカイト販売)。 2008年8月31日解散。なお退社したスタッフの一部は有限会社さざなみに移行し、『スーパーロボット大戦シリーズ』などにデベロッパーとして参加している。 主な作品 サンライズ英雄譚シリーズ 機甲武装Gブレイカーシリーズ 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 新世紀GPXサイバーフォーミュラ ROAD TO THE INFINITYシリーズ 新世紀GPXサイバーフォーミュラ Road To The EVOLUTION 新世紀GPXサイバーフォーミュラ VS(2008年)- PSP G-SAVIOUR ハロボッツシリーズ ハロボッツ GBハロボッツ ハロボッツ ロボヒーローバトリング!! ハロボッツアクション!! 舞-HiME 舞-HiME 爆裂!風華学園激闘史?! 舞-HiME 鮮烈!真風華学園激闘史!! 舞-HiME PCファンディスク 舞-乙HiME 乙女舞闘史!! ケロロ軍曹 対決!劇走ケロンプリ大作戦であります!! アストロ球団 決戦!! ビクトリー球団編 機動戦士ガンダム バトルタイピングゲームシリーズ お絵かきパズルバトルシリーズ バトルオブサンライズ サンライズアニメ漬け ボクの常識 キミの非常識 -Vol.1-(2008年)- ニンテンドーDS 外部リンク サンライズインタラクティブ(Internet Archive)- 2009年12月現在、既にこのドメインは別の会社が使用している。 (Wikipedia:サンライズインタラクティブ)

サンライズ号 (高速バス)
サンライズ号(サンライズごう)は、京都府・大阪府・兵庫県と熊本県を結ぶ夜行高速バスである。 当初は大阪 - 熊本間の路線として開業したが、熊本 - 京都間を運行していた「京都号」、熊本 - 神戸間を運行していた「トワイライト号」を事実上統合して現在の形となった。本項では京都号についても解説する。なお、トワイライト号についてはトワイライト神戸号を参照のこと。 また、この項においては2012年8月1日より運行開始したサンライズ号の格安便とも言える熊本 - 大阪・京都線「あそ☆くま号」についても併記する。 運行会社 九州産交バス 担当営業所:本社・熊本営業部高速バス営業所(サンライズ号・あそ☆くま号運行) 近鉄バス 担当営業所:京都営業所(あそ☆くま号のみ運行) 沿革 1988年7月8日 近畿日本鉄道と九州産業交通の共同運行により「サンライズ号」開業(大阪 - 熊本)。 (Wikipedia:サンライズ号 (高速バス))

サンライズ (BENNIE K)
Name サンライズ
Type シングル
Artist BENNIE K
Released 2004年9月22日
Recorded
Genre J-POP
Length
Label フォーライフ・ミュージックエンタテインメント
Producer
Reviews
Chart position オリコンチャート オリコン最高位10位・登場回数 23回
Last album 手紙/なごり夏 手紙/なごり夏 (2003年)
This album サンライズ (BENNIE K) サンライズ (2004年)
Next album Dreamland (2005年)
『サンライズ』はBENNIE Kの8枚目のシングル。2004年9月22日発売。
BENNIE K初のオリコンチャート オリコンシングルチャートランクインにして初のトップ10入りを果たした曲。2004年11月4日に同曲を収録したアルバム『Synchronicity (BENNIE Kのアルバム) Synchronicity』をリリースし、こちらも自身初のオリコンアルバムチャートトップ10入りを果たしている。
(Wikipedia:サンライズ (BENNIE K))

サンライズカップ
サンライズカップは、ホッカイドウ競馬が施行している地方競馬の重賞競走である。東京スポーツ新聞社関西支社より優勝杯の提供を受けており、名称は2010年より「大阪スポーツ杯 サンライズカップ」と表記している。 正賞は株式会社東京スポーツ新聞社関西支社賞、一般社団法人JBC協会会長賞(1着馬主)、北海道知事賞。 2001年にサラブレッド系2歳馬による重賞競走として新設。ホッカイドウ競馬のグレードではH3に格付けされている。 第1回から第4回までは門別競馬場で、第5回から第8回までは旭川競馬場で施行。2009年より再び門別競馬場に戻された。 本競走はスタリオンシリーズ競走に指定されており、2014年はシンボリクリスエスの種付権が優勝馬の馬主に副賞として贈られた。また地方交流競走に指定され他地区所属馬も出走が可能なほか、2012年よりJRA認定競走(上級認定競走)としても施行され、優勝馬は認定馬となる。 競走条件・賞金 競走条件 出走資格:サラブレッド系2歳 負担重量:定量(牡馬55キロ、牝馬54キロ) 賞金(2014年度) 賞金総額は375万円。 (Wikipedia:サンライズカップ)

サンライズアート
株式会社サンライズアートは、テレビ番組の舞台照明技術を制作するプロダクションである。1974年設立。 所在地 東京都港区赤坂6-15-1 ミツワビル別館3F 株式会社サンライズアート 所属スタッフ 菱山勇(社長) 高山喜博 海老原靖人 田頭祐介 白石雄二 横路和幸 保坂裕之 石井美宏 窪田秀樹 恩田守正 堀川由美 増田裕樹 金子拓矢 堀越路博 横石勲 水島宏 荒川光代 矢尻昌也 北浦彩 諸岡亮 絹川真季子 榊原一憲 和田貴之 福田実江子 元所属スタッフ ティ・エル・シーに移籍されたスタッフ 鷲尾俊和 風間大介 横山修司 遠藤和俊 吉川行保 ラ・ルーチェに移籍されたスタッフ 板垣賢三 菊池護 的場謙一 原昇 金子清二 阿部慶治 青木義男 落合一夫 浅田和男 山下明弘 加藤美和子 太田亘 椙浦明規 川端虎 藤井隆康 庄田友里絵 その他の所属されたスタッフ 米田俊一(現:有限会社アンバーライト) 上島忠宣(現:株式会社Kカンパニー) 中嶋義晴(現:株式会社バル・エンタープライズ) 高瀬隆治(現:株式会社Kカンパニー) 担当作品 テレビドラマ = 設立後〜1979年 = 連続ドラマおふくろさん(日本テレビ、1975年4月 - 9月) 今はバラ色が好き(読売テレビ,松竹、1977年10月 - 1978年4月)単発・スペシャルドラマ熱い嵐(TBS、1979年2月) 結婚!結婚!また結婚!(関西テレビ,東阪企画、1979年10月 花王名人劇場) 裸の大将放浪記(4) = 1980年代 = 連続ドラマ天皇の料理番(TBS,テレパック、1980年10月 - 1981年3月 日曜20時) 玉ねぎむいたら…(TBS、1981年4月 - 11月 金曜21時) 俺はご先祖さま(日本テレビ,オフィス・ヘンミ、1981年12月 - 1982年3月) 鞍馬天狗(TBS,テレパック、1981年12月 - 1982年3月 日曜20時) 人間万事塞翁が丙午(TBS,カノックス、1982年4月 - 7月 日立テレビシティ) 淋しいのはお前だけじゃない(TBS、1982年6月 - 8月 金曜ドラマ) 無邪気な関係(TBS、1984年1月期 金曜ドラマ) 夢追い旅行(東海テレビ,東宝、1984年4月期 平日帯13時30分) 親にはナイショで…(TBS、1986年1月期 金曜21時) 花嫁人形は眠らない(TBS,カノックス、1986年4月 - 5月 土9) 女ふたり捜査官(ABC朝日放送,テレパック、1986年8月 - 1987年2月 金9) パパはニュースキャスター(TBS、1987年1月期 金曜21時) アナウンサーぷっつん物語(フジテレビ,共同テレビ、1987年4月 - 5月 月9) 時間ですよ ふたたび(TBS,カノックス、1987年6月 - 8月) 熱くなるまで待って!(フジテレビ、1987年7月期 木曜劇場) オレの妹急上昇(フジテレビ,共同テレビ、1987年10月 - 1988年3月) ギョーカイ君が行く!(フジテレビ,共同テレビ、1987年10月 - 11月) 赤ちゃんに乾杯!(TBS,ドリマックス・テレビジョン、1987年10月期) あぶない雑居カップル(テレビ朝日,東宝、1988年1月 - 2月) 窓を開けますか?(フジテレビ、1988年1月期 木曜劇場) 教師びんびん物語(フジテレビ,東宝、1988年4月期 月9) 熱っぽいの!(フジテレビ,共同テレビ、1988年4月期 木曜20時) パパは年中苦労する(TBS、1988年4月期 金曜21時) あそびにおいでョ!(フジテレビ,共同テレビ、1988年7月期 月9) 時間ですよ たびたび(TBS,カノックス、1988年7月 - 10月) 白鳥麗子でございます!(TBS,オフィス・トゥー・ワン、1988年8月 ドラマ23) ニューヨーク恋物語(フジテレビ、1988年10月期 木曜劇場) 追いかけたいの!(フジテレビ,共同テレビ、1988年10月期 水曜20時) 金太十番勝負!(フジテレビ,カノックス、1988年10月期 木曜20時) とんぼ(TBS、1988年10月 - 11月 金曜21時) キツイ奴ら(TBS,カノックス、1989年1月期 水曜21時) アイラブユーからはじめよう(TBS,カノックス、1989年4月期 金曜21時) オイシーのが好き!(TBS 1989年5月 - 7月、水曜ドラマ) 教師びんびん物語II(フジテレビ,東宝、1989年4月期 月9) いとしの婿どの(東海テレビ,東宝、1989年10月期 平日帯13時30分) 時間ですよ 平成元年(TBS,カノックス、1989年10月期) 過ぎし日のセレナーデ(フジテレビ、1989年10月 - 1990年3月 木曜劇場)単発・スペシャルドラマ露天風呂連続殺人「婚前奥伊豆旅行」(ABC朝日放送,テレパック、1982年10月 土曜ワイド劇場) あんみつ姫(1)(フジテレビ,テレパック、1983年5月 月曜ドラマランド) ぐうたらママ(フジテレビ,テレパック、1983年7月 月曜ドラマランド) あんみつ姫2(フジテレビ,テレパック、1983年10月 月曜ドラマランド) ぐうたらママ2(フジテレビ,テレパック、1983年11月 月曜ドラマランド) 混浴露天風呂連続殺人シリーズ2「混浴岩風呂連続殺人・にせ夫婦東北ツアー 運ばれた全裸死体」(ABC朝日放送,テレパック、1983年11月 土曜ワイド劇場) あんみつ姫(3)(フジテレビ,テレパック、1984年1月 月曜ドラマランド) ぐうたらママ3(フジテレビ,テレパック、1984年4月 月曜ドラマランド) 輝きたいの(TBS 1984年5月、日立テレビシティ) さよなら!ぐうたらママ(フジテレビ,テレパック、1984年6月 月曜ドラマランド) 混浴露天風呂連続殺人シリーズ3「北海道十勝岳連続殺人・未亡人開放ツアー」(ABC朝日放送,テレパック、1984年11月 土曜ワイド劇場) 向田邦子新春スペシャル 眠る盃(TBS,カノックス、1985年1月 恋はミステリー劇場) 向田邦子新春スペシャル 夜中の薔薇(TBS,カノックス、1985年1月 恋はミステリー劇場) 朝日放送創立35周年記念特別ドラマ 女の一生(ABC朝日放送,ジェイミック、1985年3月) 少年隊 ショー・アップ・ハイスクール(フジテレビ,テレパック、1985年3月 月曜ドラマランド) 危険なふたり2(TBS,カノックス、1985年4月 水曜ドラマスペシャル) 機動少女隊 ホールドアップ(フジテレビ、テレパック 1985年4月、月曜ドラマランド) いたずらスチュワーデス!(フジテレビ、テレパック 1985年5月、月曜ドラマランド) 混浴露天風呂連続殺人シリーズ(4)女子大生秘湯ツアー連続殺人!(ABC朝日放送,テレパック、1985年11月 土曜ワイド劇場) ママをたずねて三千里(フジテレビ,泉放送制作、1986年1月 月曜ドラマランド) 渡辺淳一の桜いろの桜子(TBS,テレパック、1986年1月 水曜ドラマスペシャル) 透明少女(フジテレビ,共同テレビ、1986年3月 月曜ドラマランド) 藤子不二雄の赤毛のアン子(フジテレビ,カノックス、1986年3月 月曜ドラマランド) 恋人たちのいた場所(TBS、1986年3月 水曜ドラマスペシャル) OL三人旅1「湯けむり殺人事件」(フジテレビ,共同テレビ、1986年5月 金曜ドラマシアター) ニッセイファミリースペシャル 二十歳の時(フジテレビ,共同テレビ、1986年6月) みゆき(フジテレビ,共同テレビ、1986年8月 月曜ドラマランド) 混浴露天風呂連続殺人シリーズ5「湯けむりに消えた女三人旅 田沢湖から乳頭温泉へ」(ABCアサヒ放送,テレパック、1986年9月 土曜ワイド劇場) ふたりはひとり(読売テレビ,共同テレビ、1986年9月 木曜ゴールデンドラマ) OL三人旅2「日本海湯けむり殺人」(フジテレビ,共同テレビ、1986年10月 金曜ドラマシアター) 探偵桃語(フジテレビ,共同テレビ、1986年10月 月曜ドラマランド) 有閑倶楽部(フジテレビ,カノックス、1986年11月 月曜ドラマランド) ホワッツマイケル(フジテレビ,泉放送制作、1986年11月 月曜ドラマランド) 一休さん(フジテレビ,共同テレビ、1986年11月 月曜ドラマランド) 3年B組金八先生スペシャル5「先生の暴力・生徒の暴力」(TBS、1986年12月) 向田邦子新春スペシャル 麗子の足(TBS,カノックス、1987年1月) パンツの穴(フジテレビ,共同テレビ、1987年1月 月曜ドラマランド) 森村誠一サスペンス 殺意の重奏(関西テレビ,東宝、1987年2月) 未亡人は17才(フジテレビ,共同テレビ、1987年2月 月曜ドラマランド) ないしょのハーフムーン(フジテレビ,共同テレビ、1987年2月 月曜ドラマランド) とっておき家族(フジテレビ,アズバーズ、1987年2月 月曜ドラマランド) セーラー服露天風呂卒業旅行(フジテレビ,共同テレビ、1987年4月 月曜ドラマランド) バケルくん(フジテレビ,共同テレビ、1987年5月 月曜ドラマランド) 宇宙少女モルモ10分の1(フジテレビ,共同テレビ、1987年5月 月曜ドラマランド) フローズン・ホラー・ショー(フジテレビ,SOLD OUT、1987年5月 月曜ドラマランド) 女監察医・室生亜季子2「潰された眼」(日本テレビ,東映、1987年5月 火曜サスペンス劇場) 混浴露天風呂連続殺人シリーズ6「鬼嫁VS姑プラス小姑 屋久島-霧島-えびの高原ツアー」(ABC朝日放送,テレパック、1987年4月 土曜ワイド劇場) 前略・ミルクハウス(フジテレビ,渡辺プロダクション、1987年8月 月曜ドラマランド) OL三人旅3「北海道露天風呂連続殺人」(フジテレビ,共同テレビ、1987年8月 金曜ドラマシアター) 艶歌・旅の終りに(フジテレビ,カノックス、1988年2月 ザ・ドラマチックナイト) SPびんびん物語(フジテレビ,東宝、1988年10月) OL三人旅4「台湾湯けむりツアー」(フジテレビ,共同テレビ、1988年10月 ザ・ドラマチックナイト) 混浴露天風呂連続殺人シリーズ7「OLいいたい放題ツアーと謎の美女 下北半島-八甲田温泉めぐり」(ABC朝日放送,テレパック、1988年11月 土曜ワイド劇場) 第二回フジテレビヤングシナリオ大賞「時には母のない子のように」(フジテレビ、1988年11月) OL三人旅5「ナイル湯けむり殺人」(フジテレビ,共同テレビ、1988年12月 ザ・ドラマチックナイト) ミスマッチ(テレビ朝日,クリエイティブ30,PDS、1988年12月 火曜スーパーワイド) 街(フジテレビ,共同テレビ、1989年4月 男と女のミステリー) 混浴露天風呂連続殺人シリーズ8「那須の殺生石に消えたヌードギャル 女子大生塩原温泉巡り」(ABC朝日放送,テレパック、1989年10月 土曜ワイド劇場) = 1990年代 = 連続ドラマいつも誰かに恋してるッ(フジテレビ,共同テレビ、1990年1月期 木曜20時) 世にも奇妙な物語(1)(フジテレビ,共同テレビ,テレパック、1990年4月 - 9月 木曜20時) 予備校ブギ(TBS、1990年4月期 金曜21時) パパ!かっこつかないゼ(フジテレビ・共同テレビ、1990年7月期 木曜劇場) 新金色夜叉 百年の恋(東海テレビ,東宝、1990年10月期 平日帯13時30分) ハイスクール大脱走(テレビ東京,東宝、1991年1月期 水曜20時) 世にも奇妙な物語(2)(フジテレビ,共同テレビ,テレパック、1991年1月 - 12月 木曜20時) ママってきれい!?(TBS、1991年1月期 金曜21時) 芸者小春の華麗な冒険(テレビ朝日,東宝、1991年4月期 木曜21時) パパとなっちゃん(TBS、1991年4月期 金曜21時) 華の誓い(東海テレビ,泉放送制作、1991年7月期 平日帯13時30分) ヴァンサンカン・結婚(フジテレビ,共同テレビ、1991年7月期 木曜劇場) なんだらまんだら(フジテレビ,カノックス、1991年10月期 水曜22時) ADブギ(TBS、1991年10月期 金曜21時) 東京エレベーターガール(TBS、1992年1月期 金曜21時) 本当にあった怖い話(テレビ朝日,ホリプロ、1992年4月 - 9月 月曜20時) 世にも奇妙な物語(3)(フジテレビ,共同テレビ,テレパック、1992年4月 - 9月 木曜20時) ジュニア・愛の関係(フジテレビ,共同テレビ、1992年4月期 木曜劇場) 約束の夏(東海テレビ,泉放送制作、1992年7月期 平日帯13時30分) わがままな女たち(フジテレビ,アズバーズ、1992年10月期 木曜劇場) 綺麗になりたい(読売テレビ,PDS、1992年10月期 土曜22時) さくらももこランド・谷口六三商店(TBS、1993年4月期 火曜21時) 天国からもういちど(TBS,東京映画新社、1993年4月 - 5月 愛の劇場) 湘南女子寮物語(テレビ朝日,ニュー・ウェーヴ、1993年7月期 月曜20時) 悪魔のKISS(フジテレビ,イースト、1993年7月期 水曜21時) 真夜中を駆けぬける(ABCテレビ、共同テレビ 1993年11月-12月、火曜ドラマリーグ) もしも願いが叶うなら(TBS、1994年1月期 金曜21時) 古畑任三郎(フジテレビ、1994年4月期 水曜21時) 長男の嫁(TBS、1994年4月期 木曜22時) アリよさらば(TBS、1994年4月期 金曜21時) 大家族ドラマ 嫁の出る幕(テレビ朝日・MMJ、1994年7月期 木曜21時) 男嫌い(TBS、1994年7月期 木曜22時) 東京大学物語(テレビ朝日,CUC、1994年10月期 月曜ドラマ・イン) 私の運命(TBS、1994年10月 - 1995年3月 火曜21時) 橋田壽賀子ドラマ・女の言い分(TBS、1994年10月期 木曜21時) 29歳のクリスマス(フジテレビ,共同テレビ、1994年10月期 木曜劇場) 指輪(東海テレビ,泉放送制作、1995年1月期 平日帯13時30分) 王様のレストラン(フジテレビ,共同テレビ、1995年4月期 水曜21時) セカンド・チャンス(TBS、1995年4月期 金曜21時) ひとりにしないで(フジテレビ・共同テレビ、1995年7月期 木曜劇場) 新婚なり!(TBS、1995年7月期 金曜21時) 人生は上々だ(TBS、1995年10月期 金曜21時) 未成年(TBS、1995年10月期 金曜ドラマ) 古畑任三郎(2)(フジテレビ,共同テレビ、1996年1月期 水曜21時) リスキー・ゲーム(TBS,イースト、1996年1月期 木曜22時) みにくいアヒルの子(フジテレビ、1996年4月期 火曜21時) 勝利の女神(関西テレビ,共同テレビ、1996年4月期 火曜22時) 竜馬におまかせ!(日本テレビ、1996年4月期 水曜ドラマ) 八月のラブソング(読売テレビ,共同テレビ、1996年7月期 月曜22時) ナースのお仕事(フジテレビ、1996年7月期 火曜21時) もう我慢できない!(関西テレビ,Gカンパニー、1996年7月期 火曜22時) コーチ(フジテレビ,共同テレビ、1996年7月期 木曜劇場) KIRARA(テレビ朝日,MMJ、1996年7月-8月 ウイークエンドドラマ) 協奏曲(TBS、1996年10月期 金曜ドラマ) 名探偵保健室のオバさん(テレビ朝日,THE WORKS、1997年1月期 月曜ドラマ・イン) 理想の結婚(TBS、1997年1月期 金曜21時) メロディ(TBS,カノックス、1997年1月期 日曜劇場) 総理と呼ばないで(フジテレビ,共同テレビ、1997年4月期 火曜21時) いいひと。 (Wikipedia:サンライズアート)

サンライズキャピタル証券
株式会社ライブスター証券(ライブスターしょうけん)は、ISホールディングスの子会社で、オンライン取引を専業とする証券会社である。手数料の安さが特徴。 取扱金融商品 国内株式取引 日経225先物取引 日経225オプション取引 投資信託 FX取引(店頭外国為替証拠金取引) 主要ネット証券の中でも手数料が安いのが一番の特徴。取引のツールはブラウザ版、ダウンロード版、iPhone版、Android版、携帯電話版がある。FXではスワップポイントを高く設定している。 主な略歴 1948年(昭和23) - 更栄証券株式会社設立。 1983年(昭和58) - 新潟大塚証券株式会社と合併。 1986年(昭和61) - 須々木証券株式会社と合併し、商号をセンチュリー証券株式会社に変更。 2004年(平成16) - アクセス証券株式会社と合併。 2006年(平成18) - 吸収分割し、事業の一部を日産証券株式会社に承継させ、商号をサンライズキャピタル証券株式会社に変更。 (Wikipedia:サンライズキャピタル証券)


サンライズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ネイマール - 2017年08月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



ネイマール
ネイマール(Neymar)ことネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Júnior [nejˈmaʁ dɐ ˈsiwvɐ ˈsɐ̃tus ˈʒũɲoʁ], 1992年2月5日 - )は、ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・バルセロナ所属。ブラジル代表。ポジションはフォワード(FW)。2016年にはリオ五輪にOA枠で出場し、金メダルを獲得した。 幼少期 ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオールは、ネイマール・ダ・シウバとナディーン・サントスとの間にサンパウロ州モジ・ダス・クルーゼスで一男一女の長子として出生、モデル業のrafaella beckranは4歳年下の実妹。 (Wikipedia:ネイマール)

ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール
ネイマール(Neymar)ことネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Júnior [nejˈmaʁ dɐ ˈsiwvɐ ˈsɐ̃tus ˈʒũɲoʁ], 1992年2月5日 - )は、ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。ブラジル代表。ポジションはフォワード(FW)。2016年にはリオ五輪にOA枠で出場し、金メダルを獲得した。 幼少期 ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオールは、ネイマール・ダ・シウバとナディーン・サントスとの間にサンパウロ州モジ・ダス・クルーゼスで一男一女の長子として出生、モデル業のrafaella beckranは4歳年下の実妹。 (Wikipedia:ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール)


ネイマール - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  神戸新聞 - 2017年08月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



神戸新聞
『神戸新聞社』より : 神戸新聞(こうべしんぶん)は、本社が兵庫県神戸市中央区に所在する神戸新聞社が発行する新聞である。 発行部数は朝刊556,062部、夕刊201,870部(2012年7-12月、ABC部数)であり、地方紙の中ではトップクラスである。1898年2月11日に創刊、翌12日から14日まで3日間休刊したが、それ以降は無休刊の伝統を保っている。1つの都道府県を広域的にカバーする新聞の中で、都道府県名ではなく県庁所在地を題名にするのは、(都道府県と県庁所在地の地名が同じものを除けば)名古屋タイムズ(2008年廃刊)の例もある。概ね県内の購読率が高いが、阪神地域では比較的低い。 毎月1日付朝刊の1面題字下に「神戸新聞社是」(「私たちは、新聞人として、地域社会の発展と福祉の向上につくす。」)を掲載する。 1898年(明治31年)2月11日 - 川崎正蔵によって神戸新聞が創刊(神戸新聞社発足は同年2月1日)。 1906年(明治39年)3月24日 - 最初の地方版「摂丹付録」を発行。 1925年(大正14年)11月25日 - 紙齢1万号。 (Wikipedia:神戸新聞)

神戸新聞社
株式会社神戸新聞社(こうべしんぶんしゃ)は、兵庫県神戸市中央区に所在する新聞社である。 神戸新聞(2006年度の発行部数は朝刊約56万部、夕刊約25万部)とデイリースポーツを発行している。会社設立の10日後1898年2月11日、神戸新聞が創刊された。 京都新聞社とは災害時の新聞発行協定を結んでいる。 1898年(明治31年)2月11日 - 川崎正蔵によって神戸新聞が創刊(神戸新聞社発足は同年2月1日)。 1899年(明治32年)2月11日 - 松方幸次郎(株式会社川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)社長)が神戸新聞社初代社長に就任、2代目社主に川崎芳太郎。 1918年(大正7年)8月12日 - 米騒動で鈴木商店と共に本社が焼き打ちに遭って全焼するが、翌8月13日付新聞を関連会社の「神戸社」で代行印刷し、無休刊発行を維持した。 1920年(大正9年)11月1日 - 神戸川崎財閥から脱退して株式会社化。 1931年(昭和6年)8月1日 - 神戸新聞、京都日日新聞、大阪時事新報が統合され、三都合同新聞社が発足。 (Wikipedia:神戸新聞社)

神戸新聞杯
神戸新聞杯(こうべしんぶんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 「神戸新聞」は、神戸新聞社が発行する日刊紙。同社より寄贈賞の提供を受けている。 正賞は神戸新聞社賞。 3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられるトライアル競走。2000年以降は京都新聞杯が5月施行となったため、関西地区で唯一の菊花賞トライアルとなった。 1953年に「神戸盃」の名称で創設された4歳(現3歳)馬による重賞競走。1972年より現名称となった。 創設時は阪神競馬場の芝2000mでハンデキャップ競走として行われ、その後距離や負担重量は幾度かの変遷を経て、負担重量は2003年から馬齢に、距離は阪神競馬場の馬場改修で外回りコースが新設された2007年から芝2400mに変更され、現在に至る。 地方競馬所属馬は1995年から、外国産馬は2001年からそれぞれ出走可能になったほか、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。 (Wikipedia:神戸新聞杯)

神戸新聞会館
ミント神戸(ミントこうべ)は、神戸市中央区三宮にある神戸新聞社所有のビルディング、正式名称は神戸新聞会館(こうべしんぶんかいかん)。阪神・淡路大震災で全壊した旧神戸新聞会館についても本項目で述べる。 神戸新聞会館 竣工から被災まで 1956年、それまで兵庫区新開地にあった神戸新聞、デイリースポーツの本社機能を中心に、日本国有鉄道(国鉄、現・西日本旅客鉄道(JR西日本))三ノ宮駅の目前の場所ということで、商業施設・映画館も兼ね備えた総合ビルディングとして建築され、地元の市民からも親しまれた。設計者は村野藤吾。北側の壁面には、富士山が描かれた山一證券の巨大広告があり、「神戸の富士」と言われ名物になっていたほか、三宮交差点からも見える西側の壁面には電光掲示板を備え、1行文字を流すことでニュースを伝えるという新聞社屋ならではのサービスもあった。 (Wikipedia:神戸新聞会館)

神戸新聞の7日間
『神戸新聞の7日間』(こうべしんぶんのなのかかん)は、2010年1月16日にフジテレビ系列の『土曜プレミアム』枠で放送されたドキュメンタリードラマ。 サブタイトルを含めた正式タイトルは『阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間 〜命と向き合った被災記者たちの闘い〜』(はんしん・あわじだいしんさいからじゅうごねん こうべしんぶんのなのかかん いのちとむきあったひさいきしゃたちのたたかい)である。視聴率は関西地区19.3%、関東地区15.3%(いずれもビデオリサーチ調べ)。 半年後の6月に東宝でDVD化された。 1995年1月17日午前5時46分に発生した阪神・淡路大震災で被災した神戸市、その只中にあった神戸新聞社本社も壊滅的な打撃を受けた。 新聞発行に最も必要なホストコンピュータを含めた編集・制作部門など、2本の電話回線以外全ての機能が失われた中で、新聞発行のために奔走し、また“惨状と悲劇を前に人間であるべきか、はたまた冷徹に記者そして記録者であるべきか”と悩み、ぶつかり合う記者たちの姿を描く再現ドラマ部分とともに、震災から15年を経た現在の記者たちの姿を追ったドキュメンタリーで構成される。 (Wikipedia:神戸新聞の7日間)

神戸新聞ジャーナル
『神戸新聞ジャーナル』(こうべしんぶんジャーナル)は、2007年3月25日までサンテレビが放送していたニュース解説番組(報道番組)である。同局が開局して以来の長寿番組である。 番組にはサンテレビとの資本関係が深い神戸新聞社の記者が出演し、最近の兵庫県内における社会や時事問題を1つ取り上げて解説していた。また、県内各地で活動する団体や運動家などを招くこともあった。以前は神戸新聞の記者が番組の進行役も兼任していたが、のちにサンテレビの女性ニュースキャスターに替わった。 関連項目 ニュースEyeランド SUN-TV日曜夕刊 ニュース・シグナル。 (Wikipedia:神戸新聞ジャーナル)


神戸新聞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  トランスフォーマー - 2017年08月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



トランスフォーマー
トランスフォーマー(英: TRANSFORMERS)とは、タカラトミー(旧株式会社タカラ)より発売されている変形ロボット玩具シリーズの総称。アメリカ合衆国の企業であるハズブロやマーベル・コミックとの連携により設定が作られ、世界的な商業展開が行われている。 元々は日本国内でタカラ(現タカラトミー)から販売されていた『ダイアクロン』、『ニューミクロマン』シリーズの内、後期に展開した変形ロボットをアメリカのハズブロ社が業務提携し、他社の変形ロボット玩具と共に『TRANSFORMERS』として販売したものが北米を中心に大ヒット、それを日本に逆輸入したものが『トランスフォーマー』シリーズである。北米ではタカトクトイス(『超時空要塞マクロス』、『特装機兵ドルバック』)やトイボックス、トイコーといった、タカラ以外の日本玩具メーカーから発売されたロボット玩具も『トランスフォーマー』として販売されており、それらの中には日本では権利の関係上未発売となった物も複数ある。 (Wikipedia:トランスフォーマー)

トランスフォーマー ギャラクシーフォース
『トランスフォーマー ギャラクシーフォース』は、トランスフォーマーシリーズのテレビアニメ作品。ロボットのみ3DCGで製作されている。2005年1月8日から同年12月31日まで、テレビ愛知製作・テレビ東京系列にて放送。米国では『TRANSFORMERS ENERGON(トランスフォーマー スーパーリンク)』の続編に当たり、2005年7月2日から2006年10月2日まで『TRANSFORMERS CYBERTRON』というタイトルでカートゥーン ネットワークで放送された。略称は「ギャラフォ」、もしくは「GF」。 これまでのトランスフォーマーシリーズが放送されていた毎週金曜日18時00分スタートの時間枠から、トランスフォーマーシリーズ初の朝放送となる毎週土曜日8時00分スタートへと時間枠を移動しての放送となる(ただし、一部地域では放送時間が異なる)。 (Wikipedia:トランスフォーマー ギャラクシーフォース)

トランスフォーマー (架空の生物)
トランスフォーマー(Transformer)とは、株式会社タカラ(現タカラトミー)より発売されている変形ロボット玩具シリーズ「トランスフォーマー(THE TRANSFORMERS)」及び、それを原作としたアニメ・漫画・ゲームに登場する架空の生物。
作品世界において、様々な姿に形態を変える「トランスフォーム」の機能を有し、機械の肉体と「スパーク」呼ばれる魂を持つ生物である「超ロボット生命体」に対して使われる呼称。
機械惑星セイバートロン原産の超ロボット生命体「セイバートロニアン」の進化した、セイバートロン原産のトランスフォーマーが最もよく知られているが、他の天体原産であっても、変身能力を持つ超ロボット生命体はトランスフォーマーと呼ぶことはできる。
(Wikipedia:トランスフォーマー (架空の生物))

トランスフォーマー2010
『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』より : 『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』(たたかえ!ちょうロボットせいめいたいトランスフォーマーにいぜろいちぜろ)は、トランスフォーマーシリーズのアニメ作品第2弾で、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の続編。 米国版『THE TRANSFORMERS』シーズン3に相当する。 1986年11月14日 - 1987年6月26日。全32話。日本テレビ系列などで放送。 前作は、地球のエネルギー資源を巡るサイバトロンとデストロンの戦いの物語だったが、本作では舞台が宇宙全体に拡大。全編を通して、トランスフォーマーや地球人も含めた様々な種族や生命体が登場した。 本作より登場するトランスフォーマーの主要キャラクター達は、舞台が前作の時代設定から20数年後ということもあってか、実在の車両や航空機ではなく近未来的なデザインのメカに変形する者が多くなった(21世紀の地球のメカをスキャンしているのか、セイバートロン星での変形スタイルをそのまま維持しているのかは不明。 (Wikipedia:トランスフォーマー2010)

トランスフォーマー スーパーリンク
『トランスフォーマー スーパーリンク』は、トランスフォーマーシリーズに属するアニメ作品。全52話(本編51話+特別編)。『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』の続編である。 2004年1月9日から同年12月24日までテレビ東京系列6局(テレビ北海道、テレビ東京、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送)をはじめとした日本の放送局にて放送された。TXNでの放送時間は金曜日の18:00 - 18:30。アメリカ合衆国では翌2004年1月31日から2005年1月31日まで『TRANSFORMERS ENERGON』というタイトルでカートゥーン ネットワークで放送された。BSジャパンでは2004年1月13日から2005年1月4日まで毎週火曜日午後6時55分台に時差ネットで放送されていた。トランスフォーマーシリーズ20周年の記念作品でもある。 いわゆる『マイクロン三部作』(『マイクロン伝説』、『スーパーリンク』、『トランスフォーマー ギャラクシーフォース』)の第2作である。 (Wikipedia:トランスフォーマー スーパーリンク)

トランスフォーマー マイクロン伝説
『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』より : 『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』(ちょうロボットせいめいたいトランスフォーマー マイクロンでんせつ)は、トランスフォーマーシリーズに属するテレビアニメ。全52話。略称は「マイ伝」。 2002年の途中で米国にて放送が決まり、前番組の『爆闘宣言ダイガンダー』の終了を速めて2003年1月10日から日本で放送開始された。日本では同年12月26日までにテレビ東京系列6局(テレビ北海道、テレビ東京、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送)をはじめとした日本の放送局にて放送された。TXNでの放送時間は金曜日の18:00 - 18:30。アメリカ合衆国では『TRANSFORMERS ARMADA』というタイトルで2002年8月23日から2003年12月12日までカートゥーン ネットワークで放送された。また、BSジャパンでは2003年4月8日から2004年3月30日まで毎週火曜日午後6時55分台に時差ネットで放送された。 それ以前のトランスフォーマーシリーズと全く世界観の繋がりを持たない、全くの0から作られた、新世代シリーズの幕開けとなった作品。 (Wikipedia:トランスフォーマー マイクロン伝説)

トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ
『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』(TRANSFORMERS HEADMASTERS)は、『トランスフォーマー』シリーズのアニメ作品第3弾で、前作『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』の日本版の続編。1987年(昭和62年)7月3日-1988年(昭和63年)3月25日まで日本テレビで放映。全38話。 (日本国内における)トランスフォーマーのアニメシリーズとしての第3作目。海外アニメの吹き替え版だった前作までの設定を引き継いで作られた、日本オリジナルの作品である。前作までと比べて、オープニング・エンディングを含めて、いわゆる日本製アニメのような作風に変わった。ストーリーは前作の直接の続編であり、続けて登場するキャラクターも多いが、声優が前作から大きく差し替えられている。また海外(特にアメリカ)では規制によりアニメなどに「死」を取り入れることができないという事情があったが、本作では制作が日本なこともあり、過去2作の海外アニメならではの軽快なテンポで進行するドラマとは裏腹に、死生観をテーマにしたウェットなドラマが展開された。 (Wikipedia:トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ)

トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ
『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』より : 『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』(TRANSFORMERS HEADMASTERS)は、『トランスフォーマー』シリーズのアニメ作品第3弾で、前作『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』の日本版の続編。1987年(昭和62年)7月3日-1988年(昭和63年)3月25日まで日本テレビで放映。全38話。 (日本国内における)トランスフォーマーのアニメシリーズとしての第3作目。海外アニメの吹き替え版だった前作までの設定を引き継いで作られた、日本オリジナルの作品である。前作までと比べて、オープニング・エンディングを含めて、いわゆる日本製アニメのような作風に変わった。ストーリーは前作の直接の続編であり、続けて登場するキャラクターも多いが、声優が前作から大きく差し替えられている。また海外(特にアメリカ)では規制によりアニメなどに「死」を取り入れることができないという事情があったが、本作では制作が日本なこともあり、過去2作の海外アニメならではの軽快なテンポで進行するドラマとは裏腹に、死生観をテーマにしたウェットなドラマが展開された。 (Wikipedia:トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ)

トランスフォーマー 超神マスターフォース
『トランスフォーマー 超神マスターフォース』(トランスフォーマー ちょうしんマスターフォース、Transformers:Super-God Masterforce)は、東映動画(現・東映アニメーション)制作の日本のアニメ作品。『トランスフォーマー』シリーズの日本においてのアニメ作品第4弾。1988年(昭和63年)4月12日 - 1989年(平成元年)3月7日まで日本テレビで放映。全47話。キャッチコピーは「マスターフォースで君もトランスフォーム!」。 作品概要 『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』に続く和製トランスフォーマーアニメの第2弾。トランスフォーマーの世界設定を受け継ぎつつも、前作とは大幅に書き換えられた新機軸の物語が展開する。しかし、劇中にて一度だけ前作におけるストーリーが「数年前の出来事」として語られ、あくまで本作は前作との同系列の時間軸上でのストーリーである事が確認出来る。 これまでの超ロボット生命体に取って代わって、トランスフォーマーの力を手に入れた人間がメインキャラクターであり、またトランスフォーマーも人間や魔物に擬態するなど、人間賛歌(人間参加)を主軸にしたストーリー展開が大きな特徴である。 (Wikipedia:トランスフォーマー 超神マスターフォース)

トランスフォーマー ザ・ムービー
『トランスフォーマー ザ・ムービー』(The Transformers: The Movie)は、1986年に公開された『トランスフォーマー』シリーズのアニメーション映画の一作。 解説 『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』と『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』を繋ぐストーリーとして製作された劇場用作品。アメリカでは1986年8月、イギリスでは同年12月に公開された。日本でも1987年夏に公開が予定されていたが、諸事情により劇場公開されず、1989年に東京と大阪で、チャリティー上映会が開催、ビデオ・LD版が販売された。 英語版ではオーソン・ウェルズ、レナード・ニモイ、ロバート・スタック、エリック・アイドルなどの名俳優達が出演しており、ユニクロンの声を担当したオーソン・ウェルズはこの作品が遺作となった。 日本側総指揮を担当した森下孝三は本作品のため約1年間アメリカに滞在した。また、キャラクターには何重もの影が重ねられており、森下によるとトランスフォーマー達のキャラクターを表現するために影で感情を表現する手法を取り入れたとのこと。 (Wikipedia:トランスフォーマー ザ・ムービー)

トランスフォーマー カーロボット
『トランスフォーマー カーロボット』は、トランスフォーマーシリーズのアニメ作品。2000年4月5日から12月27日までテレビ東京系列で放送。全39話。 本作は『ビーストウォーズ』から続く日本版第2期テレビシリーズの5作目にして最終作。前作『ビーストウォーズメタルス』までとは異なり、ビークルに変形するなど、原点回帰がなされている。日本国内でデジタルアニメとして制作され、後に海外でも放送された。 車モチーフになった理由に関しては玩具展開を参照(後述)。 ストーリー全体はコメディ色が強く、国内展開における玩具ナンバーがサイバトロン、一部のデストロンガーの各ビークルのナンバーに採用されている。 そして、従来のトランスフォーマーシリーズとは違い、互いの勢力が地球人からなるべく隠れて行動しておらず、堂々とTVに映ったりしている。 あらすじ 舞台は2000年の地球。パレードに沸くニューヨーク市民の眼前で高層ビルを打ち抜き現れたのはデストロンガー首領・ギガトロンと彼が率いる軍勢だった。 (Wikipedia:トランスフォーマー カーロボット)

トランスフォーマーV
『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマーV』より : 『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマーV』(たたかえ!ちょうロボットせいめいたい トランスフォーマービクトリー)は、トランスフォーマーシリーズのアニメ作品第5弾。東映動画(現・東映アニメーション)制作。1989年(平成元年)3月14日から同年12月19日まで日本テレビ系列で放映。全44話。日本テレビが制作に携わった最後のトランスフォーマーシリーズである。 本作はトランスフォーマーシリーズの第5作目にあたり、日本オリジナル展開のトランスフォーマーとしては3作目となる。シリーズでは平成に入って初めての作品、かつ日本テレビで放送された最後の作品である。 総司令官が主人公となり、場面転換シーン(エンブレムの交代)の復活や一話完結のエネルギー争奪戦という第1作目への原点回帰を目指しつつ、サブタイトル前にはその回のハイライトシーンを流すアバンタイトルが挿入され、アイキャッチやエンディングテーマにちびキャラ化したキャラクターを用いるなどの新要素が導入された。 (Wikipedia:トランスフォーマーV)

トランスフォーマー ユニバース
2004年~2005年海外展開。 TRANSFORMERS UNIVERSEはトランスフォーマーシリーズの欧米での玩具展開。現在は限定品などのブランドとなっている。日本における『ロボットマスターズ』に近い企画。玩具には設定(テックスペック)が無いものが多く、公式ファンクラブボットコン限定コミックなどでストーリーが補足されている。 『Beast Machines(日本語版の題名は「ビーストウォーズ・リターンズ」)』での不調後、欧米では、日本オリジナル作品として製作された『カーロボット/Robots in Disguise』を輸入し人気を回復した。そのため商品数を補うべく塗装変更品や『マシーンズ』、『G-2』期に販売された玩具の仕様変更品が数多く販売された。これが好評だったことから『マイクロン伝説/Armada』開始と共に本シリーズが立ち上げられた。世界観は『マシーンズ』後とされている。日本展開の『ギャラクシーフォース』に倣った対決セットや、『マイクロン伝説』に登場したトランスフォーマーとマイクロンの塗装変更品のセット販売等も行われている。 (Wikipedia:トランスフォーマー ユニバース)

トランスフォーマーZ
『トランスフォーマーZ』(トランスフォーマーゾーン)は、トランスフォーマーシリーズのアニメ作品第6弾。前のTVシリーズとは違い、OVA(オリジナルビデオアニメ)作品として1990年(平成2年)7月に発売された。タカラ・日本コロムビア制作。VHS版は玩具枠として発売され、ナンバーは「C-350」。東映動画が制作した最後のトランスフォーマーシリーズである。 あらすじ デストロン九大魔将軍に襲撃されたフェミニア星の救援に向かったビクトリーセイバーは、破壊される惑星の爆発に巻き込まれ行方不明となってしまう。 総司令官不在のサイバトロンは、地球に眠る超エネルギー・ゾディアックを狙うデストロン九大魔将軍に苦戦を強いられる。そこにパワードマスター・ダイアトラスが現れ、ゾディアックの力を得て九大魔将軍を撃退。 ビクトリーセイバーより総司令官の地位を譲り受けたダイアトラスは、新破壊大帝バイオレンジャイガーに立ち向かう。 ※OVAは30分1話のみが製作。ダイアトラスとソニックボンバーがゾディアックを手に入れて九大魔将軍のうち四体を倒すところで終了している。 (Wikipedia:トランスフォーマーZ)

トランスフォーマー ザ・リバース
『トランスフォーマー・ザ・リバース(TRANSFORMERS The Rebirth)』は、『トランスフォーマー』シリーズのアニメ作品の一つ。 アメリカでは1987年11月9日から11月11日にかけて放送された、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』の海外版での続編となる作品で、3話構成のミニシリーズ。番組としては、『The Transformers』の第4シーズンに当たり、「The Rebirth」というタイトルは、番組名を表すものでは無く、第1作の「More Than Meets The Eyes」等と同様のサブタイトルである。 『トランスフォーマー』のアメリカでのアニメシリーズはここで一旦終了し、その後はコミックやテレビCMなどでメディア展開を行っていくことになる。 同時期に日本で放送された『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』と共通しているのは玩具展開のみで、ストーリーは全く異なり、性格などの設定やデザインが大幅に異なるキャラクターも存在する。 (Wikipedia:トランスフォーマー ザ・リバース)

トランスフォーマー G-2
『トランスフォーマー G-2』(-ジーツー、英題:TRANSFORMERS GENERATION2)は、トランスフォーマーシリーズの玩具のみで進行していた企画。アメリカでは1992年から1995年に、日本では1995年に商品展開された。本作の登場後、これ以前のシリーズは「ジェネレーション1(G1)」と称されるようになる。 アメリカにおいて1990年の『アクションマスターシリーズ(日本未発売)』をもってシリーズ展開を一旦終了したトランスフォーマーシリーズが、1992年に旧シリーズやヨーロッパ版の再版・仕様変更版に新規商品を加えて再開した作品。新規商品には球体関節や発光ギミックなどの新技術が導入され、この時培われた技術は同時期の黄金勇者ゴルドランの将軍レオンや、後のビーストウォーズシリーズなどの基礎となった。 また、テレビアニメ『THE TRANSFORMERS』にCGエフェクト・効果音など追加し、『THE TRANSFORMERS GENERATION2』として放送された。 (Wikipedia:トランスフォーマー G-2)

トランスフォーマーG2
『トランスフォーマー G-2』より : 『トランスフォーマー G-2』(-ジーツー、英題:TRANSFORMERS GENERATION2)は、トランスフォーマーシリーズの玩具のみで進行していた企画。アメリカでは1992年から1995年に、日本では1995年に商品展開された。本作の登場後、これ以前のシリーズは「ジェネレーション1(G1)」と称されるようになる。 アメリカにおいて1990年の『アクションマスターシリーズ(日本未発売)』をもってシリーズ展開を一旦終了したトランスフォーマーシリーズが、1992年に旧シリーズやヨーロッパ版の再版・仕様変更版に新規商品を加えて再開した作品。新規商品には球体関節や発光ギミックなどの新技術が導入され、この時培われた技術は同時期の黄金勇者ゴルドランの将軍レオンや、後のビーストウォーズシリーズなどの基礎となった。 また、テレビアニメ『THE TRANSFORMERS』にCGエフェクト・効果音など追加し、『THE TRANSFORMERS GENERATION2』として放送された。 (Wikipedia:トランスフォーマーG2)

トランスフォーマー バイナルテック
トランスフォーマー バイナルテック (TRANSFORMERS BINALTECH) とは、日本の企業タカラ(現・タカラトミー)が出す変形ロボット玩具トランスフォーマーシリーズの内の1カテゴリ。玩具の販売のみで進行し、テレビアニメやラジオドラマなどのメディア化は無い。日本では2003年より、日本以外では2004年より TRANSFORMERS ALTERNATORS (トランスフォーマー オルタネイターズ)というシリーズ名で販売が開始された。 トランスフォーマーには飛行機や船、さらに乗り物以外(拳銃、顕微鏡、ステレオラジカセなど)の姿を持つものもあるが、本シリーズの玩具は全て実在の自動車の姿(ビークルモード)から人間型(ロボットモード)ないし動物型へ変形する。初めて実車メーカーから正式にライセンスを取得したシリーズであること、またメーカー監修下で制作されているビークルモードが変形機構を持たない一般的な市販模型自動車並みの精密さを持っていることが大きな特徴。 (Wikipedia:トランスフォーマー バイナルテック)

トランスフォーマー ロボットマスターズ
『ロボットマスターズ』は、トランスフォーマーシリーズの玩具およびCGアニメで進行していた企画。日本のみで2004年 - 2005年にかけて展開された。トランスフォーマーシリーズではあるがシリーズタイトルに「トランスフォーマー」は付けられていない。 ストーリー 2004年、総司令官コンボイ率いる正義のロボット戦士、サイバトロン軍団は、未知なるパワーを秘めた鉱石ソリタリュウムを用い、秘密基地スクランブルシティの建設を進めていた。 一方悪の軍団デストロンでは、統率者たるメガトロンが行方不明になり、常にリーダーの座を狙っていた野心家スタースクリームはこれを期に軍団を率い、サイバトロン殲滅の機会を伺っていた。 ところが突如として現れた次元の裂け目、ブラスティゾーンから凶暴な恐竜型トランスフォーマー、その名も同じメガトロンが圧倒的な力でデストロンを掌握してしまう。 同じく次元を超えて両軍の戦士たちが現れ、戦いが勃発する。 トランスフォーマー20周年を迎えた2004年には、当時のトランスフォーマーの主力シリーズである『スーパーリンク』や高年齢層向けシリーズの『バイナルテック』、『復刻版』シリーズなど、複数のシリーズが同時に展開される状態となった。 (Wikipedia:トランスフォーマー ロボットマスターズ)

トランスフォーマー マイクロマスター
『トランスフォーマー マイクロマスター』とは、トランスフォーマー(以下、TFと略)シリーズの玩具のみで進行していた企画。2002年から商品展開された。 解説 「マイクロマスター」とは本来、アメリカで考案された小型TFの総称であり、日本では仕様と設定を変更し「マイクロトランスフォーマー(以下、マイクロTFと略)」の名称で『トランスフォーマーV』『トランスフォーマーZ』に登場した。さらにその後、日本オリジナルのマイクロTFとして、『リターン・オブ・コンボイ』『合体大作戦』において、6体のロボットが合体して大型ロボットとなるシリーズが展開された。本項で述べるマイクロマスターは、それら6体合体のシリーズを仕様と設定を変更した上で再発売したものである。名称は従来シリーズと同一だが、同一人物かどうかは明言されていない。 また2003年には『トランスフォーマーV』に登場したマルチ戦隊が同シリーズのラインナップとして発売された。 但しマルチ戦隊は本来マイクロTFではなく、他商品とはサイズが異なることから「DXマイクロマスター」としてカテゴライズされている。 (Wikipedia:トランスフォーマー マイクロマスター)

トランスフォーマー アクションマスター
『トランスフォーマー アクションマスター』とは、トランスフォーマー(以下、TFと略)シリーズの玩具としてアメリカ合衆国・及びヨーロッパなどで展開していたシリーズ。 解説 トランスフォーマーと銘打ってはいるが、このアクションマスターではなんとロボット自体は変形しない。その名の通りアクションフィギュアとして発売されたトランスフォーマーで、本体が非変形である代わりに武器モードに変形するパートナーや装備が付属しており、変形玩具としての名目を守っている。だがやはり、トランスフォーマーでありながら変形しないというコンセプトには当時のファンから大きな戸惑いと批判が起こりセールスも不調に終わり、アメリカにおけるG1シリーズの展開は90年をもって一旦終了する事となる(91年はヨーロッパなどのみ)。不評に終わったために玩具の出回った数が非常に少なく、現在ではかなりのプレミアが付いている。 日本では、「スターコンボイ」の販売時の店頭キャンペーンや初代コンボイの復刻版「ニューイヤースペシャル」にアクションマスターコンボイが付属し、またそれが乗り込むトレーラーは「ミクロマンレッドパワーズ」においてミクロトレーラーとして仕様変更され発売された。 (Wikipedia:トランスフォーマー アクションマスター)


トランスフォーマー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す