[PR]

日別キーワード

第26位  アムステルダム - 2017年08月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



アムステルダム
アムステルダム(オランダ語:Amsterdam [ˌʔɑmstərˈdɑm] (13px 聞く))は、オランダの北ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であり、オランダ最大の都市である。人口820,654人(2012年)、都市圏人口は2,289,762人にのぼる。商業および観光が盛んである。オランダ語での発音は片仮名で表記すると「アムスタダム」に近い。地名は「アムステル川のダム(堤防)」の意(「ダム広場」の項を参照)。 憲法に規定されたオランダの首都だが、国会、中央官庁、王宮、各国の大使館など首都機能のほとんどはデン・ハーグにある。 2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第26位の都市と評価されており、特にビジネス分野で高い評価を得た。 元々は小さな漁村だったが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれた。16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網の目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぶ無総督時代の豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの家などで広く知られる。 (Wikipedia:アムステルダム)

アムステルダム中央駅
社色 000066
文字色
駅名 アムステルダム中央駅
pxl 250px
よみがな
母国語表記 Station Amsterdam Centraal (NS)Station Centraal (GVB)
電報略号
所属事業者 オランダ鉄道 NS、アムステルダム市営交通会社 GVB
所在地 Centrum, Amsterdam, Netherlands
開業年月日 1889年
駅構造 高架駅(NS)地下駅(GVB Metro)地上停留所(GVB Tram)
ホーム 6面11線(NS)1面2線(GVB Metro)
廃止年月日=
乗車人員
乗降人員
統計年度
乗入路線数=
隣の駅 none
(Wikipedia:アムステルダム中央駅)

アムステルダム市
『アムステルダム』より : アムステルダム(オランダ語:Amsterdam [ˌʔɑmstərˈdɑm] (13px 聞く))は、オランダの北ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であり、オランダ最大の都市である。人口820,654人(2012年)、都市圏人口は2,289,762人にのぼる。商業および観光が盛んである。オランダ語での発音は片仮名で表記すると「アムスタダム」に近い。地名は「アムステル川のダム(堤防)」の意(「ダム広場」の項を参照)。 憲法に規定されたオランダの首都だが、国会、中央官庁、王宮、各国の大使館など首都機能のほとんどはデン・ハーグにある。 2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第26位の都市と評価されており、特にビジネス分野で高い評価を得た。 元々は小さな漁村だったが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれた。16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網の目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぶ無総督時代の豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの家などで広く知られる。 (Wikipedia:アムステルダム市)

アムステルダム空港
『スキポール空港』より : アムステルダム・スキポール空港(アムステルダム・スキポールくうこう、英: Amsterdam Airport Schiphol)は、オランダ最大の国際空港。アムステルダム南西の北ホラント州 ハーレマーメール基礎自治体に位置する。なお、「スキポール」は英語読みであり、オランダ語での発音は「スヒップホル」である。 スキポール空港は KLMオランダ航空、マーティンエアー、トランサヴィアなどオランダの航空会社や、KLM と提携するデルタ航空(旧ノースウエスト航空路線)のハブ空港となっている。オランダに馴染みのない人には、海面下に位置することも特記すべきことであろう。 現在スキポールがある位置にはレイク (Rijk) と呼ばれる村があり、スキポールの名は東スキポール (Schiphol-Oost)、スキポールレイク (Schiphol-Rijk) といった地名共々使われていた。 (Wikipedia:アムステルダム空港)

アムステルダム国際空港
『スキポール空港』より : アムステルダム・スキポール空港(アムステルダム・スキポールくうこう、英: Amsterdam Airport Schiphol)は、オランダ最大の国際空港。アムステルダム南西の北ホラント州 ハーレマーメール基礎自治体に位置する。なお、「スキポール」は英語読みであり、オランダ語での発音は「スヒップホル」である。 スキポール空港は KLMオランダ航空、マーティンエアー、トランサヴィアなどオランダの航空会社や、KLM と提携するデルタ航空(旧ノースウエスト航空路線)のハブ空港となっている。オランダに馴染みのない人には、海面下に位置することも特記すべきことであろう。 現在スキポールがある位置にはレイク (Rijk) と呼ばれる村があり、スキポールの名は東スキポール (Schiphol-Oost)、スキポールレイク (Schiphol-Rijk) といった地名共々使われていた。 (Wikipedia:アムステルダム国際空港)

アムステルダム大学
name アムステルダム大学
native_name Universiteit van Amsterdam
latin_name Athenaeum Illustre
established 1632年/1877年
president ディンフ・ファン・デン・ボーン教授
city アムステルダム
country オランダ
アムステルダム大学(オランダ語:Universiteit van Amsterdam)はオランダのアムステルダムにある総合大学。年間予算は4億870万ユーロ。UvAと略されることが多い。オランダの教育システム上、学部と大学院の区別はなく、人文科学、社会・行動科学、経済・経営学、法学、自然科学、医学、歯学の7つの学部で構成されている。近年では外国人学生の獲得にも力を入れ、2007年現在、85の修士レベルのプログラムが英語でオファーされている。外国人向けにすべて英語で講義を行う人文学専門附属スクールもある。学士レベルのプログラムは、ほとんどがオランダ語のみ。23,000名以上の学生が学んでいる。これまで総計9万人以上の卒業生を世に送り出した。アムステルダム自由大学との混同に注意。
(Wikipedia:アムステルダム大学)

アムステルダムオリンピックにおけるサッカー競技
アムステルダムオリンピックにおけるサッカー競技 (夏季オリンピック) サッカー競技は、1928年5月27日に開幕した。6月13日に決勝戦が行われ、金メダルを獲得したのはウルグアイであった。
サッカー競技が一旦オリンピックのスケジュールから外される直前の大会となった。優勝は引き分け再試合の結果、2大会連続でウルグアイが金メダルを持ち帰る事になった。このオリンピックでの2大会連続優勝は本国ウルグアイで行われた1930 FIFAワールドカップ 1930年のワールドカップへ向けて大きな原動力となった。
参加国は17カ国。ポルトガルとチリで予選を行い1回戦に参加するチームを16チームと言うトーナメントを行うのに適した数に整えられた。前回大会で行われなかった敗者復活戦が復活した。試合はアムステルダムの他、ロッテルダムで敗者復活戦2試合が行われた。
(Wikipedia:アムステルダムオリンピックにおけるサッカー競技)

アムステルダムオリンピック
アムステルダムオリンピックは、1928年7月28日から8月12日まで、オランダのアムステルダムで行われた夏季オリンピック。 ハイライト 長らくクーベルタンらの反対で見送られてきた女性の陸上競技への参加が初めて認められ、女性への門戸開放という点で大きく進歩した大会であった。 上記の女子陸上選手参加解禁を受け、日本からは人見絹枝が出場し、800mで銀メダルを獲得した(日本最初の女子メダリスト)。この女子800mではレース後に多くの参加選手が倒れ、その苛酷さを理由にして200mより長い女子陸上競技は1960年代まで実施が見送られた。 日本は織田幹雄と鶴田義行が悲願だった金メダルを獲得した。織田の優勝は大会関係者が想定できず、他国の旗より4倍の巨大な日章旗が表彰式の国旗掲揚で使用され、君が代の吹奏も運営上準備が整っておらず「千代に八千代に」と途中から行われた。この大会時にはまだ表彰台は用意されておらず国旗の掲揚による表彰のみで、表彰台が用意されるのは次のオリンピアードのロサンゼルス大会から。 (Wikipedia:アムステルダムオリンピック)

アムステルダムオリンピック (1928年)
『アムステルダムオリンピック』より : 参加国・地域
参加人数
実施種目
16競技119種目
開会式
1928年5月17日
閉会式
1928年8月12日
開会宣言
Prince Hendrik
選手宣誓
Harry Dénis
アムステルダムオリンピック(Games of the IX Olympiad、AMSTERDAM 1928 Olympic Games、AMSTERDAM 1928)は、1928年5月17日から8月12日まで、オランダのアムステルダムで行われた夏季オリンピックである。
長らくクーベルタンらの反対で見送られてきた女性の陸上競技への参加が初めて認められ、女性への門戸開放という点で大きく進歩した大会であった。日本からは人見絹枝が出場し、800m走で銀メダルを獲得した(日本最初の女子メダリスト)。
日本は織田幹雄と鶴田義行が悲願だった金メダルを獲得した。
(Wikipedia:アムステルダムオリンピック (1928年))

アムステルダム五輪
『アムステルダムオリンピック』より : アムステルダムオリンピックは、1928年7月28日から8月12日まで、オランダのアムステルダムで行われた夏季オリンピック。 ハイライト 長らくクーベルタンらの反対で見送られてきた女性の陸上競技への参加が初めて認められ、女性への門戸開放という点で大きく進歩した大会であった。 上記の女子陸上選手参加解禁を受け、日本からは人見絹枝が出場し、800mで銀メダルを獲得した(日本最初の女子メダリスト)。この女子800mではレース後に多くの参加選手が倒れ、その苛酷さを理由にして200mより長い女子陸上競技は1960年代まで実施が見送られた。 日本は織田幹雄と鶴田義行が悲願だった金メダルを獲得した。織田の優勝は大会関係者が想定できず、他国の旗より4倍の巨大な日章旗が表彰式の国旗掲揚で使用され、君が代の吹奏も運営上準備が整っておらず「千代に八千代に」と途中から行われた。この大会時にはまだ表彰台は用意されておらず国旗の掲揚による表彰のみで、表彰台が用意されるのは次のオリンピアードのロサンゼルス大会から。 (Wikipedia:アムステルダム五輪)

アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
『ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団』より : ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(ロイヤル・コンセルトヘボウかんげんがくだん、オランダ語: Koninklijk Concertgebouworkest 発音 [ˌkoːnɪŋklək kɔnˈsɛrtxəbʌu̯ɔrˌkɛst] コーニンクレイク・コンセルトヘバウ・オルケスト)は、オランダ・アムステルダムに本拠を置くオーケストラである。オランダ語における略称は KCO であるが、英語表記のRoyal Concertgebouw Orchestraの頭文字を取って RCO と表記される事もある。旧称アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団。 戦前まで コンセルトヘボウとはオランダ語で「コンサートホール」を意味する言葉で、アムステルダムにコンセルトヘボウがオープンした1888年にコンセルトヘボウの専属オーケストラとしてアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団は産声を上げた(ただし、このオーケストラとホールとは別法人として運営されている)。 (Wikipedia:アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団)

アムステルダムオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧
アムステルダムオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧 外部リンク 国際オリンピック委員会 - 1928アムステルダム。 (Wikipedia:アムステルダムオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧)

アムステルダム・アレナ
アムステルダム・アレナまたはアムステルダム・アリーナ(Amsterdam ArenA オランダ語発音: [ˌɑmstərˈdɑm aˈreːna])は、オランダのアムステルダムにある、開閉式屋根を備えたドーム型スタジアム。サッカーエールディヴィジのアヤックスのホームスタジアムである。 当初は世界陸上競技選手権大会の誘致を目指し陸上競技場を建設する計画を立てていたが、それに落選したため計画をサッカー用スタジアムに変更。太陽光電池パネルを使用した開閉式屋根を架設して、天気やイベントに応じて屋根を開閉したり、またサッカー以外ではSensationなどのコンサートや展示会にも使用できるように設計されている。また、格闘技ではヨーロッパ最大にして世界的にもK-1と双璧をなすキックボクシングイベントIT'S SHOWTIMEの年間最大の大会も毎年この会場で開催されている。 高速道路からそのまま入る事が出来る駐車場が1階。2階には食事などのできる場所があり、3階がグラウンドとなっている。 重要な試合 UEFA EURO 2000 交通アクセス アムステルダム・ベイルマー・アレーナ駅(オランダ鉄道、メトロ50,54系統)より、徒歩5分程度アムステルダム中央駅からメトロ54系統で、所要時間約15分(運賃1.84EUR/4ストリッペン, 2008年現在) 周辺施設 アムステルダム・ポート(アムステルダム市内で最大のショッピングモール) ハイネケン・ミュージックホール(コンサートホール) ジッゴ・ドーム(多目的アリーナ) Pathé ArenA(シネマコンプレックス) MediaMarkt(家電品店) ギャラリー 外部リンク Amsterdam ArenA - 公式サイト(英語、オランダ語)。 (Wikipedia:アムステルダム・アレナ)

アムステルダム国立美術館
アムステルダム国立美術館(アムステルダムこくりつびじゅつかん、蘭: Rijksmuseum Amsterdam)は、オランダの首都アムステルダムにある美術館である。「ライクス・ミュージアム」と呼ばれている。17世紀オランダ絵画が充実している。 1800年にオランダ総督ルブランがハーグで開いた展覧会が基礎となっている。当時はナショナル・アート・ギャラリーと呼ばれていたが、1808年にナポレオン1世の命によりアムステルダムに移転。1885年に現在の場所に移動した。 2004年より大規模な改修が行われ、本館が10年に亘って閉鎖されていたが、2013年4月にベアトリクス女王により開館された。 収蔵作品 『青年期の自画像』『夜警』 『イサクとリベカ、別名ユダヤの花嫁』『アムステルダムの布地ギルドの見本監察官たち』:レンブラント・ファン・レイン 『牛乳を注ぐ女』『手紙を読む青衣の女』『小路』『恋文』:ヨハネス・フェルメール 『陽気な家族』『身づくろいをする女』『聖ニコラスの祝日』:ヤン・ステーン 『銀の水差しのある静物』:ウィレム・カルフ 『威嚇する白鳥』:ヤン・アセリン 『スケートをする人々のいる冬景色』: ヘンドリック・アーフェルカンプ 『陽気な酒飲み』:フランス・ハルス 『ワイク・バイ・ドゥールステーデの風車』:ヤーコプ・ファン・ロイスダール 『家の裏庭にいる三人の女性と一人の男』『配膳室の女と子ども』:ピーテル・デ・ホーホ マグダラのマリア:カルロ・クリヴェッリ ギャラリー 所在地 アムステルダム中央駅からトラムで10分くらい。 (Wikipedia:アムステルダム国立美術館)

アムステルダム・オリンピスチシュタディオン
オリンピス・スタディオン(Olympisch Stadion)はオランダ・アムステルダムにあるスタジアム。1928年のアムステルダムオリンピック開催のために建設された。設計者はヤン・ヴィルス。 当時の収容人数は34000人だったが、1937年に完成したロッテルダムのフェイエノールト・スタディオンの競合で収容人数をさらに64000人に増員したが、オリンピック終了後は、陸上競技やサッカー、スピードウェイ、ホッケーや自転車競技などが行われている。1996年のアムステルダム・アレナが完成するまでFCアムステルダムの本拠地として使用された。 2016年に当地でヨーロッパ陸上競技選手権大会の開催が決定された。またアムステルダムマラソンの発着点とし使用されている。 脚注 外部リンク Olympisch stadium site (オランダ語)。 (Wikipedia:アムステルダム・オリンピスチシュタディオン)

アムステルダム島
アムステルダム島(フランス語:L'île Amsterdam)は、南インド洋の南緯37度50分・東経77度30分にあるフランス領の島。行政区分としてはフランス領南方・南極地域のサンポール・アムステルダム地区(District de Saint-Paul et Amsterdam)に属する。 1522年3月18日、スペイン人(バスク人)のフアン・セバスティアン・エルカーノにより発見されたが命名されないまま、1633年オランダ人がニューアムステルダム島と命名した。 地理 この島は火山島だが、現在は活動していない。 面積は55 km2。また海洋性気候で年間平均気温は約13度ほど。島には持続的に西風が吹いている。気象観測など科学者30名ほどが住んでいる。 85km南には同じくフランス領のサンポール島がある。 外部リンク アムステルダム島 - 写真座標: 南緯37度49分33秒 東経77度33分17秒 / 南緯37.82583度 東経77.55472度 / -37.82583; 77.55472。 (Wikipedia:アムステルダム島)

アムステルダム条約
アムステルダム条約(アムステルダムじょうやく)は、マーストリヒト条約やローマ条約などの欧州連合(EU)の基本条約に大幅な変更を加えた条約。1997年10月2日調印、1999年5月1日発効。 アムステルダム条約は市民権や個人の権利をより尊重する内容となっており、また欧州議会がEUの政策決定に関与することを強化することで民主的統制を増強し、雇用問題や共同体の自由、安全保障、司法政策についても触れ、さらに共通外交・安全保障政策(CFSP)の深化やEU拡大に備えた機構改革についてもうたわれている。 背景 アムステルダム条約についてはその交渉が1995年6月2日、シチリア島のメッシーナで始まり、ローマ条約調印から40周年となる1997年の6月17-18日に開かれたアムステルダム欧州理事会で妥結されるまでの4年間という時間をかけてまとめ上げられたものである。 (Wikipedia:アムステルダム条約)

アムステルダム・オリンピスチ・スタディオン
『』より : (Wikipedia:アムステルダム・オリンピスチ・スタディオン)

アムステルダム地下鉄
『』より : (Wikipedia:アムステルダム地下鉄)


アムステルダム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アムステルダム - アマゾン検索


「アムステルダム」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す