[PR]

日別キーワード

第38位  ボスニア - 2017年08月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



ボスニア
ボスニア (Bosnia) は、 ヘルツェゴビナと対を成し、ボスニア・ヘルツェゴビナの北部を占める地域の歴史的名称。本項で記述。 「ボスニア・ヘルツェゴビナ」全体に対する略称・俗称。 ボスニアという名前は、この地を流れるボスナ川に由来する。セルビア語、ボスニア語、クロアチア語ではボスナ(Босна、Bosna)。 先史時代 Badanj Cave(紀元前16,000年 - 12,000年)やDanilo culture(紀元前4700年 – 3900年)が知られている。 古代 イリュリア人のイリュリアがあったが、共和政ローマによって滅ぼされ、当初はイリュリア属州(紀元前167年 - 10年)が置かれたが、皇帝属州ダルマチア(紀元前32年 - 6世紀)と皇帝属州パンノニアが分割された。 (Wikipedia:ボスニア)

ボスニア語
ボスニア語(ボスニアご、bosanski jezik)は、南スラブ諸語に属する言語の標準形の一つであり、セルビア・クロアチア諸語のシュト方言が基本となっている。 ボスニア・ヘルツェゴビナをはじめとする、旧ユーゴスラビア諸地域において、特にセルビア・クロアチア諸語を話すイスラム教徒の多くは自身をボシュニャク人と規定し、その母語をボスニア語と考えている。 ラテン文字による表記が標準的であるが、キリル文字の使用も可能である。「ボスニア語」という名前は、ボシュニャク人のボスニア語話者に共通に受け入れられており、また言語コードの規格ISO 639にもこの名前で掲載されている。 ボスニア語は、ラテン文字とキリル文字を使用する。ボシュニャク人はさらに他の文字も使用・作成したが、標準とはならなかった。例として、ボスニア・キリル文字Bosančica(「ボスニア独自の文字」という意味)、Begovica(貴族用)を作った。また、アラビア文字をアレビツァと呼んで使用した。 皮肉にも、ボスニア人のボスニア語話者は、口語レベルの語彙においては、歴史的経緯により、言語学的にはセルビア語とクロアチア語と同じである。 (Wikipedia:ボスニア語)

ボスニア・ヘルツェゴビナ
ボスニア・ヘルツェゴビナ Bosna i Hercegovina (ボスニア語、クロアチア語)Босна и Херцеговина (セルビア語) 国の標語:なし 国歌:インテルメツォ ボスニア・ヘルツェゴビナの位置 ボスニア・ヘルツェゴビナは、東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置する共和制国家。首都はサラエヴォ。ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国のふたつの構成体からなる連邦国家である。 ほぼ三角形の国土を持ち、国境のうち北側2辺をクロアチア、南側1辺をセルビア、モンテネグロと接する。ユーゴスラビアからの独立時、独立の可否や国のあり方をめぐってボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人がそれぞれ民族ごとに分かれてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で戦った。 国名 正式名称は、ボスニア語・クロアチア語で Bosna i Hercegovina(ボスナ・イ・ヘルツェゴヴィナ)、セルビア語で Босна и Херцеговина(ボスナ・イ・ヘルツェゴヴィナ)。 (Wikipedia:ボスニア・ヘルツェゴビナ)

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
『ボスニア・ヘルツェゴビナ』より : ボスニア・ヘルツェゴビナ Bosna i Hercegovina (ボスニア語、クロアチア語)Босна и Херцеговина (セルビア語) 国の標語:なし 国歌:インテルメツォ ボスニア・ヘルツェゴビナの位置 ボスニア・ヘルツェゴビナは、東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置する共和制国家。首都はサラエヴォ。ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国のふたつの構成体からなる連邦国家である。 ほぼ三角形の国土を持ち、国境のうち北側2辺をクロアチア、南側1辺をセルビア、モンテネグロと接する。ユーゴスラビアからの独立時、独立の可否や国のあり方をめぐってボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人がそれぞれ民族ごとに分かれてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で戦った。 国名 正式名称は、ボスニア語・クロアチア語で Bosna i Hercegovina(ボスナ・イ・ヘルツェゴヴィナ)、セルビア語で Босна и Херцеговина(ボスナ・イ・ヘルツェゴヴィナ)。 (Wikipedia:ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)

ボスニアヘルツェゴビナ
『ボスニア・ヘルツェゴビナ』より : ボスニア・ヘルツェゴビナ Bosna i Hercegovina (ボスニア語、クロアチア語)Босна и Херцеговина (セルビア語) 国の標語:なし 国歌:インテルメツォ ボスニア・ヘルツェゴビナの位置 ボスニア・ヘルツェゴビナは、東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置する共和制国家。首都はサラエヴォ。ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国のふたつの構成体からなる連邦国家である。 ほぼ三角形の国土を持ち、国境のうち北側2辺をクロアチア、南側1辺をセルビア、モンテネグロと接する。ユーゴスラビアからの独立時、独立の可否や国のあり方をめぐってボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人がそれぞれ民族ごとに分かれてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で戦った。 国名 正式名称は、ボスニア語・クロアチア語で Bosna i Hercegovina(ボスナ・イ・ヘルツェゴヴィナ)、セルビア語で Босна и Херцеговина(ボスナ・イ・ヘルツェゴヴィナ)。 (Wikipedia:ボスニアヘルツェゴビナ)

ボスニアヘルツェゴヴィナ
『ボスニア・ヘルツェゴビナ』より : ボスニア・ヘルツェゴビナ Bosna i Hercegovina (ボスニア語、クロアチア語)Босна и Херцеговина (セルビア語) 国の標語:なし 国歌:インテルメツォ ボスニア・ヘルツェゴビナの位置 ボスニア・ヘルツェゴビナは、東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置する共和制国家。首都はサラエヴォ。ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国のふたつの構成体からなる連邦国家である。 ほぼ三角形の国土を持ち、国境のうち北側2辺をクロアチア、南側1辺をセルビア、モンテネグロと接する。ユーゴスラビアからの独立時、独立の可否や国のあり方をめぐってボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人がそれぞれ民族ごとに分かれてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で戦った。 国名 正式名称は、ボスニア語・クロアチア語で Bosna i Hercegovina(ボスナ・イ・ヘルツェゴヴィナ)、セルビア語で Босна и Херцеговина(ボスナ・イ・ヘルツェゴヴィナ)。 (Wikipedia:ボスニアヘルツェゴヴィナ)

ボスニア・ヘルツゴビナ
『ボスニア・ヘルツェゴビナ』より : ボスニア・ヘルツェゴビナ Bosna i Hercegovina (ボスニア語、クロアチア語)Босна и Херцеговина (セルビア語) 国の標語:なし 国歌:インテルメツォ ボスニア・ヘルツェゴビナの位置 ボスニア・ヘルツェゴビナは、東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置する共和制国家。首都はサラエヴォ。ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国のふたつの構成体からなる連邦国家である。 ほぼ三角形の国土を持ち、国境のうち北側2辺をクロアチア、南側1辺をセルビア、モンテネグロと接する。ユーゴスラビアからの独立時、独立の可否や国のあり方をめぐってボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人がそれぞれ民族ごとに分かれてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で戦った。 国名 正式名称は、ボスニア語・クロアチア語で Bosna i Hercegovina(ボスナ・イ・ヘルツェゴヴィナ)、セルビア語で Босна и Херцеговина(ボスナ・イ・ヘルツェゴヴィナ)。 (Wikipedia:ボスニア・ヘルツゴビナ)

ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦
ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦 Federacija Bosne i HercegovineФедерација Босне и Херцеговине 地域の標語:なし 地域の歌:不明 ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の位置 ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦(ボスニア・ヘルツェゴビナれんぽう)は、連邦国家であるボスニア・ヘルツェゴビナの構成体の1つ。ボスニア・ヘルツェゴビナの主要3民族のうち、ボシュニャク人とクロアチア人を主体とする共和国で、独自の大統領、政府、立法府を持つ。ボスニア・ヘルツェゴビナの全面積の51%を占める。 国名 クロアチア語とボスニア語でFederacija Bosne i Hercegovine、セルビア語でФедерација Босне и Херцеговине。 また、英語ではThe Federation of Bosnia and Herzegovina。 地方行政区分 ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦には、行政府をもった10の県が設置されており、地域行政を担っている。 (Wikipedia:ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦)

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(ボスニア・ヘルツェゴビナふんそう、Bosnian War)は、ユーゴスラビアから独立したボスニア・ヘルツェゴビナで1992年から1995年まで続いた内戦。単にボスニア紛争とも呼ばれる。 背景 1991年に勃発したユーゴスラビア紛争にともなうユーゴ解体の動きの中で、1992年3月にボスニア・ヘルツェゴビナは独立を宣言。当時、同国には約430万人が住んでいたが、そのうち44%がボシュニャク人(ムスリム人)、33%がセルビア人、17%がクロアチア人と異なる民族が混在していた。ボシュニャク人とクロアチア人が独立を推進したのに対し、セルビア人はこれに反対し分離を目指したため、両者間の対立はしだいに深刻化。独立宣言の翌月には軍事衝突に発展した。 およそ3年半以上にわたり全土で戦闘が繰り広げられた結果、死者20万、難民・避難民200万が発生したほか、ボシュニャク人女性に対するレイプや強制出産などが行われ、第二次世界大戦後のヨーロッパで最悪の紛争となった。 (Wikipedia:ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争)

ボスニア紛争
『ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争』より : ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(ボスニア・ヘルツェゴビナふんそう、Bosnian War)は、ユーゴスラビアから独立したボスニア・ヘルツェゴビナで1992年から1995年まで続いた内戦。単にボスニア紛争とも呼ばれる。 背景 1991年に勃発したユーゴスラビア紛争にともなうユーゴ解体の動きの中で、1992年3月にボスニア・ヘルツェゴビナは独立を宣言。当時、同国には約430万人が住んでいたが、そのうち44%がボシュニャク人(ムスリム人)、33%がセルビア人、17%がクロアチア人と異なる民族が混在していた。ボシュニャク人とクロアチア人が独立を推進したのに対し、セルビア人はこれに反対し分離を目指したため、両者間の対立はしだいに深刻化。独立宣言の翌月には軍事衝突に発展した。 およそ3年半以上にわたり全土で戦闘が繰り広げられた結果、死者20万、難民・避難民200万が発生したほか、ボシュニャク人女性に対するレイプや強制出産などが行われ、第二次世界大戦後のヨーロッパで最悪の紛争となった。 (Wikipedia:ボスニア紛争)

ボスニア内戦
『ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争』より : ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(ボスニア・ヘルツェゴビナふんそう、Bosnian War)は、ユーゴスラビアから独立したボスニア・ヘルツェゴビナで1992年から1995年まで続いた内戦。単にボスニア紛争とも呼ばれる。 背景 1991年に勃発したユーゴスラビア紛争にともなうユーゴ解体の動きの中で、1992年3月にボスニア・ヘルツェゴビナは独立を宣言。当時、同国には約430万人が住んでいたが、そのうち44%がボシュニャク人(ムスリム人)、33%がセルビア人、17%がクロアチア人と異なる民族が混在していた。ボシュニャク人とクロアチア人が独立を推進したのに対し、セルビア人はこれに反対し分離を目指したため、両者間の対立はしだいに深刻化。独立宣言の翌月には軍事衝突に発展した。 およそ3年半以上にわたり全土で戦闘が繰り広げられた結果、死者20万、難民・避難民200万が発生したほか、ボシュニャク人女性に対するレイプや強制出産などが行われ、第二次世界大戦後のヨーロッパで最悪の紛争となった。 (Wikipedia:ボスニア内戦)

ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表
ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表(ボスニア・ヘルツェゴビナじょうきゅうだいひょう、英語:High Representative for Bosnia and Herzegovina)は、1995年12月のデイトン合意に基づき和平遂行を民生面で担当するため上級代表事務所(Office of the High Representative、OHR)に設置された。ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表とOHRは、国際連合を通して国際社会を代表する。また、上級代表は、欧州連合(EU)の特別代表でもある。
これまで、6人の上級代表が就任した。全員がEU加盟国の出身である。:
カール・ビルト (在任期間 1995年-1997年、スウェーデン)
カルロス・ウェステンドルプ(:en:Carlos Westendorp Carlos Westendorp、1997年-1999年、スペイン)
ヴォルフガング・ペトリシュ(:en:Wolfgang Petritsch Wolfgang Petritsch、1999年-2002年、オーストリア)
(Wikipedia:ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表)

ボスニア・ヘルツェゴビナの大統領評議会
ボスニア・ヘルツェゴビナ大統領評議会(ボスニア・ヘルツェゴビナだいとうりょうひょうぎかい、ボスニア語・クロアチア語: Predsjedništvo Bosne i Hercegovine、セルビア語: Предсједништво Босне и Херцеговине)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの国家機関。日本語では幹部会とも表現される。 ボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人の各民族から4年ごとに1名ずつの代表を出し、計3名で構成。3名は8か月ごとに輪番制で国家元首に相当する大統領評議会議長(国家元首)に就任する。ボスニア人代表・クロアチア人代表はボスニア・ヘルツェゴビナ連邦から、セルビア人代表はスルプスカ共和国から選出される。 設立 1995年の新憲法第5章で大統領評議会の設置が明記され、1996年に初の評議員選挙を実施。1998年からは議長の輪番就任制が導入された。1995年以前は、単独の「大統領」職が元首の役割を果たしていた。 現在のメンバー 歴代ボスニア・ヘルツェゴビナ大統領評議会議長の一覧 SDA - 民主行動党 HDZ BiH - クロアチア民主同盟 SDP BiH - ボスニア・ヘルツェゴビナ社会民主党 SBiH - ボスニア・ヘルツェゴビナ党(en) SP - 社会党(en) SDS - セルビア民主党 SNSD - 独立社会民主同盟 DF - 民主戦線(en) PDP - 民主進歩党(en) 関連項目 ボスニア・ヘルツェゴビナの閣僚評議会議長。 (Wikipedia:ボスニア・ヘルツェゴビナの大統領評議会)

ボスニア・ヘルツェゴビナの国旗
ボスニア・ヘルツェゴビナの国旗は、紺色の地に黄色の三角形、およびその斜辺に沿って8つの星を配置した国旗。配列された8個の星のうち1個は上下二つに分かれ、上下の端に配置されている。黄色の三角形は国土の形を図案化したものであり、三角形の3つの辺はこの国を構成する民族のムスリム、セルビア、クロアチアを表象しているとも言われている。 1998年の長野オリンピックに間に合わせる形で制定された。現在ヨーロッパの国で星を国旗の意匠に用いているのはボスニア・ヘルツェゴビナのほかにはコソボのみで、当初からEU旗を模してデザインされたためである。これはボスニア・ヘルツェゴビナのEU加盟の希望を表している。 歴史的な旗 オスマン帝国時代の旗 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 1992年にユーゴから独立した時は白い背景に国章が描かれたのみのデザインであり、1998年までの期限付きで採用されたものである。 (Wikipedia:ボスニア・ヘルツェゴビナの国旗)

ボスニア・ヘルツェゴヴィナの国旗
『ボスニア・ヘルツェゴビナの国旗』より : ボスニア・ヘルツェゴビナの国旗は、紺色の地に黄色の三角形、およびその斜辺に沿って8つの星を配置した国旗。配列された8個の星のうち1個は上下二つに分かれ、上下の端に配置されている。黄色の三角形は国土の形を図案化したものであり、三角形の3つの辺はこの国を構成する民族のムスリム、セルビア、クロアチアを表象しているとも言われている。 1998年の長野オリンピックに間に合わせる形で制定された。現在ヨーロッパの国で星を国旗の意匠に用いているのはボスニア・ヘルツェゴビナのほかにはコソボのみで、当初からEU旗を模してデザインされたためである。これはボスニア・ヘルツェゴビナのEU加盟の希望を表している。 歴史的な旗 オスマン帝国時代の旗 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 1992年にユーゴから独立した時は白い背景に国章が描かれたのみのデザインであり、1998年までの期限付きで採用されたものである。 (Wikipedia:ボスニア・ヘルツェゴヴィナの国旗)

ボスニア・ヘルツェゴビナの政党一覧
ボスニア・ヘルツェゴビナの政党一覧では、ボスニア・ヘルツェゴビナで活動する政党について述べる。 政党制 ボスニア・ヘルツェゴビナでは、複数政党制が機能しており、国民を構成するボシュニャク人、セルビア人、クロアチア人の主要3民族の代表、および多民族にまたがる政党の4勢力が存在している。1つの政党が単独政権を樹立することはあまりなく、連立政権が主流である。 政党一覧 ボシュニャク人政党 民主行動党 ボスニア・ヘルツェゴビナ愛国党 ボスニア・ヘルツェゴビナ党 民主人民共同体 セルビア人政党 セルビア民主党 独立社会民主同盟 民主進歩党 スルプスカ共和国民主党 民主人民同盟 スルプスカ共和国年金者党 スルプスカ共和国セルビア人民同盟 スルプスカ共和国セルビア急進党 スルプスカ共和国社会党 人民復興連盟 クロアチア人政党 クロアチア民主同盟 キリスト教民主党 クロアチア・キリスト教民主同盟 クロアチア権利党 クロアチア農民党 クロアチア権利ブロック 経済ブロック 新クロアチア・イニシアティブ 多民族政党 ボスニア・ヘルツェゴビナ社会民主党 ボスニア党 市民民主党 自由民主党 ボスニア・ヘルツェゴビナ年金者党。 (Wikipedia:ボスニア・ヘルツェゴビナの政党一覧)

ボスニア・マルカ
『兌換マルク』より : 兌換マルク(だかんマルク、Konvertibilna Marka)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの通貨。コンヴェルティビルナ・マルカとも呼ばれ、KM(ラテン文字)またはКМ(キリル文字)と省略される(ボスニア・ヘルツェゴビナの公用語にはラテン文字を使う言語とキリル文字を使う言語とがある)。ISO 4217の通貨コードはBAMである。補助通貨単位はペニーガ (Pfeniga)もしくはフェニング (Fening) で、1兌換マルクは100ペニーガである。 名前は、2002年までドイツマルクと1:1で交換可能であったことからついた。したがって、ユーロや他のユーロ導入予定国通貨とのレートも固定だった。現在もユーロとは固定でレートの変更もなく、かつてのドイツマルクとユーロのレートと同じ「1兌換マルク = 0.51129ユーロ」である。 兌換マルクには紙幣と硬貨があり、紙幣は50ペニーガ、1・5・10・20・50・100・200兌換マルクの8種類、硬貨は10・20・50ペニーガ、1・2兌換マルクの5種類ある。 (Wikipedia:ボスニア・マルカ)

ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の国旗
ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の国旗は、白地の左側に赤、右側に緑、中心部に国章を配置した国旗。左側の赤と国章右上の赤白のチェック(シャホヴニツァ)がクロアチア人、右側の緑と国章左上のユリの花(フルール・ド・リス)がボシュニャク人のシンボルである。 国内でセルビア人が少数派のため、この国旗・国章の意匠にはセルビア人のシンボルが存在しない。逆にセルビア人が多数を占めるスルプスカ共和国の国旗・国章には、セルビア人以外のシンボルは存在しない。 1996年に制定され、2007年まで用いられている。 関連項目 国旗の一覧。 (Wikipedia:ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の国旗)

ボスニア湾
ボスニア湾(ボスニアわん、スウェーデン語: Bottniska viken, フィンランド語: Pohjanlahti, 英語: Gulf of Bothnia)は、バルト海北部でスウェーデンとフィンランドの間にある湾である。 ほぼ北緯60度より北の部分をさす、10月頃から6月頃までは氷結する。ボスニアの語源は湾を意味するスウェーデン語である。 南北に約700km、水深は概ね200m以下と浅い。この湾の南部にはオーランド諸島があり、バルト海との境界となる。また、湾の沿岸には小島嶼が多くなっている。スウェーデン側にルレオ、ウメオ、スンツヴァル、イェヴレ、フィンランド側にトルニオ、オウル、ヴァーサ、ラウマなどの都市がある。ルレオは、スウェーデンのキルナ鉱山などの鉄鉱石の積出港であるが、一年の過半が氷結するため、スカンディナヴィア半島北岸のノルウェー・ナルヴィクの方が積出港となることが多い。 氷河の重みで地殻が沈み込んで出来たボスニア湾奥のルーレオ周辺では、氷河期が終わってから地殻が元に戻ろうとして上昇しているアイソスタシー現象のためにすでに250メートルほどの隆起を記録しており、スカンディナビア半島南端近くでは50メートルほどの隆起がある。 (Wikipedia:ボスニア湾)

ボスニア・ヘルツェゴビナ併合
ボスニア・ヘルツェゴビナ併合(ボスニア・ヘルツェゴビナへいごう)とは、1908年10月6日、青年トルコ人革命の混乱に乗じたオーストリアがボスニア・ヘルツェゴビナの併合を宣言した事件をいう。本項ではこれによって生じた「ボスニア危機」(「バルカン危機」とも)と称される外交危機についても述べる。 背景 オスマン帝国領であったボスニア州(1867–1908、ボスニア)・ヘルツェゴヴィナ州(1833–1851、ヘルツェゴビナ)の2州は、1878年のベルリン条約によりオーストリア=ハンガリー二重帝国が行政権を獲得し、皇帝直轄の(二重帝国)共通大蔵省の管理下の共同統治国ボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Condominium of Bosnia and Herzegovina、1878年 - 1918年)となっていた。 (Wikipedia:ボスニア・ヘルツェゴビナ併合)


ボスニア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ボスニア - アマゾン検索


「ボスニア」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す