[PR]

日別キーワード

第82位  NBA - 2017年08月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



NBA
NBA(National Basketball Association)は、北米で展開する男子プロバスケットボールリーグであり、30チームの内29チームがアメリカ合衆国、1チームがカナダを本拠としている。また、国際バスケットボール連盟(FIBA)に加盟しているUSAバスケットボール (USAB) のアクティブ・メンバーの1つであり、北米4大プロスポーツリーグの一つである。 1946年6月6日、ニューヨークで設立。設立当初は、BAA (Basketball Association of America) という名称だった。ライバル関係にあったNBL (National Basketball League) から数チームを引き抜いたあと、1949年の秋に、NBAという名前に改称した。 NBAには各国に独立した事務所があるが、すべてニューヨーク5番街のオリンピック・タワー内にある本部の管理下にある。NBA EntertainmentとNBA TVスタジオは、ニュージャージー州セコーカスに本部がある。 (Wikipedia:NBA)

NBAデベロップメント・リーグ
種類=バスケットボール プロバスケットボール
開始年=2001
チーム=14
優勝=ダコタ・ウィザーズ
NBAデベロップメント・リーグ (NBA Development League) は北アメリカ 北米大陸のプロバスケットボールリーグ。将来のNBA選手を育成する目的で、NBA後援のもとに運営がなされている(NBA傘下である)。通称は「D-League(以下「Dリーグ」)」。また設立当初は「NBDL」という略称が使用されていたが、2005年の夏に「NBADL」に変更された。
2001年の秋、前述の目的でリーグが発足された。初年度の2001-02シーズンは8チームからのスタートだった。当時は、チームの所在地がアメリカ南東部に固まっていた。しかし後にチームが増えることによって、リーグが拡大。現NBAコミッショナーであるデビッド・スターンの意向もあり、「NBA傘下のマイナーリーグ」という構図を構築する計画を進めている。
(Wikipedia:NBAデベロップメント・リーグ)

NBAファイナル
NBAファイナル(英語: NBA Finals)とはNBAでそのシーズンのイースタン・カンファレンスとウェスタン・カンファレンスの王者が対決してチャンピオンを決定するシリーズの事。プレーオフの締めくくりであり、シーズン最後のイベントでもある。通常は毎年6月に行われる。1986年まではNBAワールドチャンピオンシップ・シリーズと呼ばれていた。 プレーオフの各シリーズと同様7試合制で、どちらかのチームが先に4勝した時点で終了する。レギュラーシーズンを通して勝ち数の多いチームがホームコートアドバンテージを持ち、相手チームよりも1試合多い最大4試合をホームでプレイすることができる。プレーオフではすべての試合で2-2-1-1-1フォーマット行う。かつては2-3-2フォーマットで行われていた。 優勝チームが決定すると、記者たちはシリーズで最も活躍したと考える選手に投票し、最多の票を獲得した選手はファイナルMVPに選出される(最多選出はマイケル・ジョーダンの6回)。 (Wikipedia:NBAファイナル)

NBA Finals
『NBAファイナル』より : NBAファイナル(NBA Finals)とは北米のバスケットボールリーグNBAでそのシーズンのNBA イースタン・カンファレスとNBA ウェスタン・カンファレンスの王者が対決してチャンピオンを決定するシリーズの事。プレーオフの締めくくりであり、シーズン最後のイベントでもある。通常は毎年6月に行われる。
プレーオフの各シリーズと同様7試合制で、どちらかのチームが先に4勝した時点で終了する。レギュラーシーズンを通して勝ち数の多いチームがホームコートアドバンテージを持ち、相手チームよりも1試合多い最大4試合をホームでプレイすることができる。すなわち、シリーズ最初の2試合をホームで行い、次の3試合をもう一方のチームのホームで、最後の2試合を再びホームコートアドバンテージを持つチームのホームで行う。この型式は 2-3-2 フォーマットと呼ばれる。プレーオフのファーストラウンドからカンファレンスファイナルまでは2-2-1-1-1 フォーマットであり、NBAファイナルのみが2-3-2 フォーマットで行われる。
(Wikipedia:NBA Finals)

NBAオールスターゲーム
NBAオールスターゲームは、北米のプロバスケットボールリーグNBAで毎年開催される東西カンファレンス対抗のエキシビションゲームで、イースタン・カンファレンスとウェスタン・カンファレンスからそれぞれファン投票により選ばれた、スター選手とヘッドコーチの推薦により選ばれた選手でゲームは行われる。ボストン・ガーデンで1951年3月2日に第1回大会が行われて以来、毎年(1999年はロックアウトのため中止)開催されている。それぞれのカンファレンスで最高勝率を残しているヘッドコーチが、カンファレンスヘッドコーチを務める。ただし2シーズン続けては務められない。次に成績のよいヘッドコーチが務める。1980年代にパット・ライリーが続いたため設けられたもので’’ライリールール’’と呼ばれる。 ファン投票で、それぞれのカンファレンスで、スターターは、ガード2名、フロントコートプレーヤー3名の5名が選ばれ、ヘッドコーチ推薦でリザーブのガード2名、フロントコートプレーヤー2名、ワイルドカード2名の 計7名が選ばれる。 (Wikipedia:NBAオールスターゲーム)

NBAサラリーキャップ
NBAサラリーキャップとは、アメリカ合衆国 アメリカ男子プロバスケットボールリーグのNBAにおけるサラリーキャップ規定。NBAチームが所属する全ての選手の年俸の総額を、毎年一定の上限金額を設けて規定する制度である。いくつかの事項に限ってサラリーキャップの上限を超えることが認められているソフトキャップを採用している。
選手を育成しても年俸の上昇によって制限額を超過してしまい、手放さざるをえなくなるという悪循環から逃れる為、ソフトキャップを採用している。特にNBAではチームの支配下選手が15人しか認められておらず、選手放出の悪循環を招きやすいからだと考えられる。制限金額は総額でリーグ全体の収益の57%以上と定められており、毎年その総額を各チームに分配することが定められている。NBAにおけるサラリーキャップの歴史は古く、現在と方式は異なるもののNBA発足後の1946年には存在していた。現行の方式になったのは1984年である。
(Wikipedia:NBAサラリーキャップ)

NBA最優秀コーチ賞
NBA最優秀コーチ賞(-さいゆうしゅうこーちしょう, NBA Coach of the Year Award)は北米プロバスケットボールリーグNBAにおいて、レギュラーシーズンの間に最も優秀だったヘッドコーチ(監督)に贈られる賞である。現在、受賞者にはレッド・アワーバックトロフィーが授与される。NBA発足から12年後の1962-63シーズンに制定された。初受賞者はハリー・ギャラティン。
アメリカ合衆国とカナダのスポーツ記者及び放送関係者の投票によって選出される。1人につき3人のコーチに投票することができ、1位票(5ポイント)、2位票(3ポイント)、3位票(1ポイント)がそれぞれ加算され、最も得票を稼いだコーチの受賞となる。
1962-63 ハリー・ギャラティン アトランタ・ホークス セントルイス・ホークス
(Wikipedia:NBA最優秀コーチ賞)

NBAオールスター・スラムダンクコンテスト
NBAオールスター・スラムダンクコンテストは、北米プロバスケットボールリーグNBAのNBAオールスターウィークエンド オールスターウィークエンドの土曜日に行われるスラムダンクコンテストである。出場者が独創性などを織り込みながらダンクシュートを競う。
スラムダンクコンテストが初めて開催されたのは1976年、アメリカン・バスケットボール・アソシエーション (1967-1976年) ABAオールスターゲームのことだった。初代チャンピオンはジュリアス・アービングだったが、翌年にはABAがNBAに吸収されたため、コンテストは短命に終わっている。その後、1984年にNBAにおいてスラムダンクコンテストが初めて開催された。1997年以降、目新しいパフォーマンスが少なくなったことから2年間開催されなかったが、2000年に復活。近年大物選手の出場は減っており、スターへの登竜門として若手選手の活躍の場となっている。
(Wikipedia:NBAオールスター・スラムダンクコンテスト)

NBA最優秀守備選手賞
NBA最優秀守備選手賞(-さいゆうしゅうしゅびせんしゅしょう, NBA Defensive Player of the Year Award)は、シーズンの間に、最もディフェンス(守備)面においてチームに貢献した選手に贈られる賞。
アメリカ合衆国とカナダのスポーツ記者や放送関係者らの投票によって、1番多くポイントを獲得した選手が受賞する。投票は1人につき選手2人までであり、1位票(5ポイント)と2位票(3ポイント)によってポイントが加算されていく。1982-83シーズンに制定され、初受賞者はシドニー・モンクリーフ。最多受賞者はディケンベ・ムトンボとベン・ウォレスの4回である。
1982-83 シドニー・モンクリーフ ミルウォーキー・バックス 1
1983-84 シドニー・モンクリーフ ミルウォーキー・バックス 2
(Wikipedia:NBA最優秀守備選手賞)

NBAシックスマン賞
NBAシックスマン賞(-しょう, NBA Sixth Man of the Year Award)は、北米プロバスケットボールリーグNBAにおいて、レギュラーシーズンの間、ベンチ(控え)から出場して好成績を残す「シックスマン」の最も活躍した選手に贈られる賞。アメリカ合衆国とカナダのスポーツ記者及び放送関係者らの投票によって選出される。
1982-83シーズンに制定された。初受賞者はボビー・ジョーンズ (バスケットボール) ボビー・ジョーンズ。複数回受賞したのはケビン・マクヘイル、デトレフ・シュレンプ、リッキー・ピアースの3人で、2回受賞した。マクヘイルとシュレンプは2年連続受賞である。
1982-83 ボビー・ジョーンズ (バスケットボール) ボビー・ジョーンズ フィラデルフィア・76ers
(Wikipedia:NBAシックスマン賞)

NBAドラフト
NBAドラフト (National Basketball Association Draft) は、北米プロバスケットボールリーグNBAの球団が、アマチュア選手との契約交渉権を獲得するために行う毎年恒例の行事である。レギュラーシーズン終了後の6月の第4木曜日に開催される。 現在は、前シーズンに成績の悪かったチームから順番に指名していく方式に加え、1巡目上位3位までは例外を設けNBAプレーオフに進出できなかった14チームによる抽選(ロッタリー)で指名順位は確定される。ロッタリーの方法としては、番号をたくさん用意しておき、その番号を成績の悪い順に多く分配し、当たり番号を持ったチームが1巡目の上位3位までは指名権を得ることができる。あとは通常のウェーバー方式順で2巡目まで行われる。指名権のトレードも頻繁に行われるため、同一チームが連続して指名することもある。 在米の選手は高校卒業から1年後、海外からエントリーする選手は19歳以上を対象とする。これは近年、高卒選手の指名が相次ぎリーグのレベルが低下しているとコミッショナーのデビッド・スターンが危惧したためだと一般的には言われている。 (Wikipedia:NBAドラフト)

NBA中継 (NHK)
NBA中継(エヌビーエーちゅうけい)は、日本放送協会 (NHK) がNBAの試合を中継して放送するテレビ番組(スポーツ中継)である。
NHKにおけるNBA中継は80年代後半から毎年行われている。現在はNHK衛星第1テレビジョン 衛星第1テレビ放送 (BS1)とNHKデジタル衛星ハイビジョン BSハイビジョン(BShi)でレギュラーシーズンからNBAファイナルまで週に2回の割合で放送される。開幕戦やNBAオールスターゲーム NBAオールスター、NBAファイナルは生放送される機会が多い。また、NHK総合テレビジョン NHK総合で月に1回「NBAマガジン」が放送されている。しかし、近年はメジャーリーグ中継 (NHK) メジャーリーグに放送枠を奪われ縮小傾向にある。
平年、毎年11月のレギュラーシーズン開始から翌年5月のカンファレンスファイナル(プレーオフ準決勝)までは主に日本時間の19時台・20時台と、深夜0時台・1時台(4月以後は1時台・2時台)に週2-3試合程度放送される。
(Wikipedia:NBA中継 (NHK))

NBA プレイ・バイ・プレイ
NBA プレイ・バイ・プレイ (NBA Play By Play) は、1998年12月21日にコナミから発売されたアーケードゲームで、NBAを題材とした3Dスポーツゲーム バスケットボールゲームである。
発売当時のNBA全29チームの中からチームを選択し、1勝で勝ち上がる方式のプレイオフを勝ち進みチャンピオンを目指す。
各試合は4Q(クォーター)からなり、各Q終了時に点数が上回っていれば継続、同点ないし下回っていれば新たにコインを投入する事により、次のQから引き続き試合を続行できる。4Q終了時に勝っていれば次の試合に進出。負けていた場合は、新たにコインを投入する事により同じ対戦相手と1Q目から再戦できる。4Q終了時に同点だった場合、新たにコインを投入すればオーバータイムに入り試合を続行できる。チャンピオン獲得後は再び1回戦から、コインを投入せずに続行できる。
(Wikipedia:NBA プレイ・バイ・プレイ)

NBA Conference Finals
MBA Conference Finals (NBAカンファレンスファイナル)は、NBAファイナルに出場するための東西最後のプレイオフである。
現在のプレイオフには東西8チームずつが出場できるため、カンファレンスファイナルに進出するためには、2回勝ちあがらないといけないが、過去には4チームずつしかプレイオフに出場できなかったため、Divion Finals と呼ばれていた。
イースタンカンファレンスとウエスタンカンファレンスでそれぞれ行われ、現在の制度では、ホームコートアドバンテージを持ったチームが第1戦、第2戦、第5戦、第7戦を地元で開催する。
NBA所属の30チーム中わずか4チームだけが戦うことができる。新興チーム、有望なスターが加入したチームがカンファレンスファイナルまで進出するのも容易ではなく、一人のスーパースターがいただけではなかなか進出できないのが実情である。
(Wikipedia:NBA Conference Finals)

NBAカンファレンスファイナル
『NBA Conference Finals』より : NBAカンファレンスファイナル (NBA Conference Finals)は、NBAの対戦シリーズの1つであり、NBAファイナルに出場するチームを決定するNBAプレーオフの1シリーズである。東西各カンファレンスの優勝チームを決定する。NBAファイナルを含むプレーオフを、全米チャンピオンを決するトーナメントとして見た場合には準決勝に相当する。NBAカンファレンス決勝と呼ばれることもある。 現在のプレーオフには東西8チームずつが出場できるため、カンファレンスファイナルに進出するためには、2回勝ち上がらないといけないが、過去には4チームずつしかプレーオフに出場できなかったため、Divion Finals と呼ばれていた。 東カンファレンスと西カンファレンスでそれぞれ行われ、現在の制度では、勝率が上のチームがホームコートアドバンテージを持ち、第1戦、第2戦、第5戦、第7戦を地元で開催する。 NBA所属の30チーム中わずか4チームだけが戦うことができる。新興チーム、有望なスターが加入したチームがカンファレンスファイナルまで進出するのも容易ではなく、一人のスーパースターがいただけではなかなか進出できない。 (Wikipedia:NBAカンファレンスファイナル)

NBAまにあ
NBAまにあは、1998年より2002年7月12日までTBSテレビで放送されたNBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)専門番組である。NBAシーズン限定で金曜深夜に放送された。
地上波では数少ないNBA番組であり、NBAファンにとって貴重であった。
山口智充(DonDokoDon)
松下萌子
NBAウィークリー(テレビ東京、1992年〜1996年)
NBA FAST BREAK(テレビ朝日、1996年〜1998年)
TBSのスポーツ番組
バスケットボール番組
NBA まにあ
(Wikipedia:NBAまにあ)

NBAの記録
チーム記録 個人記録 NBA歴代出場時間ランキング NBA歴代得点ランキング NBA歴代フィールド・ゴール・ランキング NBA歴代スリーポイントフィールドゴールランキング NBA歴代フリースロー得点ランキング NBA歴代リバウンドランキング NBA歴代アシストランキング NBA歴代スティールランキング NBA歴代ブロックショットランキング NBA3ポイントコンテスト NBAオールスターの前日に、リーグでその年にロングレンジショットで活躍した選手間で3ポイントショットを競うFOOT LOCKER THREE-POINT CONTESTが行われる。 (Wikipedia:NBAの記録)

NBA (曖昧さ回避)
NBA: 北米のプロバスケットボールリーグ。NBA。 日本バス協会の略称。 日本ビリヤード協会の略称。 日本バドミントン協会の略称。 日本バーテンダー協会の略称。 全米ボクシング協会(世界ボクシング協会の旧名)。 ニトロベンジルアルコールの略称。 関連項目 NBAで始まる記事の一覧。 (Wikipedia:NBA (曖昧さ回避))

NBAルーキー・オブ・ザ・イヤー
『』より : (Wikipedia:NBAルーキー・オブ・ザ・イヤー)

NBAデベロップメントリーグ
『』より : (Wikipedia:NBAデベロップメントリーグ)


NBA - 関連ブログ

データが取得できませんでした

NBA - アマゾン検索


「NBA」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す