[PR]

日別キーワード

第1位  大阪桐蔭中学校・高等学校 - 2017年08月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



大阪桐蔭中学校・高等学校
大阪桐蔭中学校・高等学校(おおさかとういんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大阪府大東市にある男女共学の私立校。中学からの中高一貫コースと高校からのコースがある。設置者は学校法人大阪産業大学である。 高校生急増期の生徒受け入れを目的として、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属中学校・高等学校)の分校として1983年(昭和58年)に大阪産業大学高等学校大東校舎が設置されたことに始まる。 その後1988年(昭和63年)に大阪産業大学高等学校から独立した。 教育目標は、「鼎立成りて碩量を育む」。建学の精神は「偉大なる平凡人たれ」。進学指導、スポーツ教育に力を入れる一方、「挨拶の励行」など人格面の指導にも力点を置く。 環境 写真の建物は本館と呼ばれるもので、中学校からの入学者(一貫生)と高校からの入学者(高入生)の一部と3年生が使っている。1・2年の一部の高入生は東館と呼ばれる別の建物で学校生活を送ることになる。 2005年(平成17年)度からは、高校1・2年生の高入生のうち、上級成績のクラス(I類)の2年生は2学期半ばより本館に移り、上級より下のクラス(II類)は東館に残り、学習を進めている。 (Wikipedia:大阪桐蔭中学校・高等学校)


大阪桐蔭中学校・高等学校 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  Android - 2017年08月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



Android
Android(アンドロイド)は、Googleによってスマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームである。カスタマイズ版Linuxカーネル、ライブラリやフレームワークその他のミドルウェア、ART仮想マシン、主要なアプリケーションからなるソフトウェアスタック(集合)パッケージで構成されている。2015年現在、スマートフォン用のOSとしては、世界シェア1位である。 2003年にアンディ・ルービン、リッチ ・マイナー、ニック・シアーズ、クリス・ホワイトがアメリカカリフォルニア州パロアルトに携帯電話向けソフトウェアプラットフォームを開発するAndroid社を設立した。2005年にGoogleがAndroid社を買収し、一時はGoogleが「gPhone」という独自の携帯電話端末の開発を進めているという憶測が流れた。 2007年11月5日 携帯電話用ソフトウェアのプラットフォームであるAndroidを、Google、米クアルコム、独通信キャリアのT-モバイル (T-Mobile International) などが中心となり設立した規格団体 「Open Handset Alliance」(オープン・ハンドセット・アライアンス、OHA)が発表した。 (Wikipedia:Android)

Androidのバージョン履歴
この項目ではGoogleが開発した、スマートフォンやタブレットコンピュータに代表されるモバイル機器向けのオペレーティングシステムであるAndroidのバージョン履歴について扱う。 一部の例外を除き、Android Developers[1]やGoogleから発表されている標準のAndroidについて記述する。サードパーティ(メーカーまたはキャリア)が独自に追加・改変した機能は含まない。 歴代のコードネームのうち、1.5 Cupcakeからは頭文字がバージョンの発表順にCからのアルファベット順で始まる菓子の名前が付けられており、それぞれにマスコットのロボット(正式名称なし)がコードネームの菓子に扮している。 正式リリース前のバージョン(2007年から2008年) Android ベータ版 Androidのベータ版は、2007年11月5日よりリリースした。また同年11月12日より、ソフトウェア開発キット (SDK) をリリースした。11月5日はAndroidの誕生日として祝われた。 2007年11月16日:M3-rc22a 2007年12月14日:M3-rc37a 2008年2月13日:M5-RC14 2008年3月3日:M5-RC15 2008年8月18日:0.9 2008年9月23日:1.0-R1 Android 1.0 Androidの最初のバージョンは2008年9月23日に公開された。 (Wikipedia:Androidのバージョン履歴)

Android One
Android One(アンドロイド ワン)は、Googleが選定したハードウェアメーカーとの協力の上で発売している、Android搭載端末のOEMブランドである。ハイエンドモデルのGoogle Nexusと異なり、主に開発途上国市場での流通を目的とした、ミドルからローエンドの低価格帯スマートフォンである。 Android Oneはインドやフィリピン、インドネシアなどの開発途上国市場に提供される。これらの国では裕福層が少なく、高価な端末を購入できる人が少ない。逆に安い端末となると性能が低すぎる上にアップデートが提供されない問題が起きている。Googleはこれらの問題を解消するために、Android Oneを市場に展開した。 Android Oneの製造メーカーは、MicromaxやKarbonn、Spiceなど中東やアジアを中心とし、Nexusと同様に様々である。パートナー企業は前述の3つの加えて、エイサー、Alcatel Onetouch、ASUS、HTC、Intex、Lava、レノボ、パナソニック、Xolo、クアルコムも参加している。 (Wikipedia:Android One)


Android - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  対馬 - 2017年08月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



対馬
対馬(つしま)は、日本の九州の北方の玄界灘にある、長崎県に属する島である。面積は日本第10位である。島内人口は約4万人である。 対馬の大半を占める主島の対馬島(つしまじま、つしまとう)のほか、その周囲には100以上の属島がある。この対馬島と属島をまとめて「対馬列島」、「対馬諸島」とすることがある。古くは対馬国(つしまのくに)や対州(たいしゅう)、また『日本書紀』において対馬島(つしま。3文字合わせてこう読むのが書紀古訓での伝統)と記述されていた。旧字体では對馬。 地理的に朝鮮半島に近いため、古くからユーラシア大陸と日本列島の文物が往来し、日本にとっては大陸との文化的・経済的交流の窓口の役割を果たしてきた。現在は韓国から来る観光客が増加しており、島内の至る所にハングル文字が併記された標識や案内を見ることができる。日本の海釣りの名所として知られている。 地政学的にはチョークポイントにあたるところから古代より国防上重視され、明治時代から、陸軍は対馬警備隊・対馬要塞を置き、戦後は1956年より航空自衛隊の海栗島分屯基地が設けられ、1961年より陸上自衛隊の対馬駐屯地も置かれ、対馬警備隊へと発展している。 (Wikipedia:対馬)

対馬海戦
『日本海海戦』より : 日本海海戦(にほんかいかいせん、1905年5月27日 - 28日)は、日露戦争中に行われた海戦である。日本以外ではこれを主力決戦の場所に因み対馬沖海戦(つしまおきかいせん、英語:Battle of Tsushima、ロシア語: Цусимское сражение (Tsusimskoye srazheniye))と呼ぶ。 この海戦は日本海軍の連合艦隊と、ロシア海軍の第2・第3太平洋艦隊との間で戦われた。連合艦隊はロシア海軍両艦隊を撃滅し戦力のほとんどを失わせたが、連合艦隊の損失は軽微という海戦史上稀な一方的勝利となった。これにより両国間のポーツマス講和会議への道を開いた。なお日本では上記のロシア海軍両艦隊を指して「バルチック艦隊」と呼ぶことが定着しており本稿でもこの呼び名を用いる。 背景 日露戦争開戦時のロシア海軍は対日戦に備え、旅順およびウラジオストクを母港とする極東の太平洋艦隊を増強していたが、戦艦「オスリャービャ」などの移動が間に合わないなど十分と言えるものでは無かった。 (Wikipedia:対馬海戦)

対馬沖海戦
『日本海海戦』より : 日本海海戦(にほんかいかいせん、1905年5月27日 - 28日)は、日露戦争中に行われた海戦である。日本以外ではこれを主力決戦の場所に因み対馬沖海戦(つしまおきかいせん、英語:Battle of Tsushima、ロシア語: Цусимское сражение (Tsusimskoye srazheniye))と呼ぶ。 この海戦は日本海軍の連合艦隊と、ロシア海軍の第2・第3太平洋艦隊との間で戦われた。連合艦隊はロシア海軍両艦隊を撃滅し戦力のほとんどを失わせたが、連合艦隊の損失は軽微という海戦史上稀な一方的勝利となった。これにより両国間のポーツマス講和会議への道を開いた。なお日本では上記のロシア海軍両艦隊を指して「バルチック艦隊」と呼ぶことが定着しており本稿でもこの呼び名を用いる。 背景 日露戦争開戦時のロシア海軍は対日戦に備え、旅順およびウラジオストクを母港とする極東の太平洋艦隊を増強していたが、戦艦「オスリャービャ」などの移動が間に合わないなど十分と言えるものでは無かった。 (Wikipedia:対馬沖海戦)

対馬市
対馬市(つしまし)は、長崎県の対馬に位置する市である。対馬振興局の所在地。 本項では、地方自治体としての対馬市について記述する。島としての対馬に関する事柄は、対馬を参照のこと。 地理 全体に山がちでほとんど平地は無い。最大の市街地は南東部の厳原地区である。また、九州地方で最も人口密度の少ない市である。 ※この項では「けち」という地名に「鶏知」の字を当てているが、「け」の正しい字は旧字体の鶏の字の右側(鳥の部分)が隹である字「雞」を使う。 山:香ノ木山、白嶽、龍良山、御嶽、矢立山 湾:浅茅湾 対馬島の中央に位置する湾。複雑なリアス式海岸を呈する浅茅湾は対馬の重要な観光スポットであり、真珠の養殖やシーカヤックフィールドとしても有名である。湾の東には、大船越瀬戸(おおふなこしせと)と万関瀬戸(まんぜきせと)の2つの運河があり、浅茅湾と対馬海峡を接続している。大船越瀬戸は、1670年頃に開かれた。万関瀬戸は、1900年に、旧日本海軍がロシアとの戦争に備えて軍艦を往来させるために掘削した。 (Wikipedia:対馬市)

対馬島
『対馬』より : 対馬(つしま)は、日本の九州の北方の玄界灘にある、長崎県に属する島である。面積は日本第10位である。島内人口は約4万人である。 対馬の大半を占める主島の対馬島(つしまじま、つしまとう)のほか、その周囲には100以上の属島がある。この対馬島と属島をまとめて「対馬列島」、「対馬諸島」とすることがある。古くは対馬国(つしまのくに)や対州(たいしゅう)、また『日本書紀』において対馬島(つしま。3文字合わせてこう読むのが書紀古訓での伝統)と記述されていた。旧字体では對馬。 地理的に朝鮮半島に近いため、古くからユーラシア大陸と日本列島の文物が往来し、日本にとっては大陸との文化的・経済的交流の窓口の役割を果たしてきた。現在は韓国から来る観光客が増加しており、島内の至る所にハングル文字が併記された標識や案内を見ることができる。日本の海釣りの名所として知られている。 地政学的にはチョークポイントにあたるところから古代より国防上重視され、明治時代から、陸軍は対馬警備隊・対馬要塞を置き、戦後は1956年より航空自衛隊の海栗島分屯基地が設けられ、1961年より陸上自衛隊の対馬駐屯地も置かれ、対馬警備隊へと発展している。 (Wikipedia:対馬島)

対馬島の日
『対馬』より : 対馬島の日(つしまとうのひ)とは、大韓民国の慶尚南道 旧馬山市が2005年3月18日に制定した記念日で、毎年の6月19日である。通称として「対馬の日」とも呼ばれる。6月19日は、1419年の応永の外寇の際、李氏朝鮮軍の将軍李従茂が対馬征伐のために馬山浦を出発した日である。日本の島根県が制定した「竹島の日」に対抗して制定された記念日で、「対馬島の日」条例には「対馬島が韓国領土であることを内外に知らしめ、領有権確立を目的とする」と明記されている。2010年7月1日に馬山市は昌原市・鎮海市と合併し、新たに「昌原市」として発足し、現在は同市の条例になっている。 「対馬島の日」制定の背景 竹島に関して、韓国は一方的に警備隊を上陸させ施設の構築を行ったり、竹島海域での軍事演習を行うなど、実効支配を強化する方策をたびたび実行してきた。日本政府もそのたびに韓国政府への抗議を発表し、竹島の領有権を継続的に主張してきた。しかし、日本側がこのような領有権の主張を行うたびに、韓国ではキジ科の鳥(日本の国鳥はキジである)を惨殺したり、日の丸や時の首相の肖像を燃やしたりするなど、日本に対する抗議行動が巻き起こった。 (Wikipedia:対馬島の日)

対馬高校
『長崎県立対馬高等学校』より : 長崎県立対馬高等学校(ながさきけんりつ つしまこうとうがっこう, Nagasaki Prefectural Tsushima High School)は、長崎県対馬市厳原町東里にある県立高等学校。通称は「対高」(たいこう)。 歴史 1905年(明治38年)創立の「旧制・対馬中学校」(男子校)と1908年(明治41年)創立の「対馬高等女学校」を前身とする。対馬島内の高等学校では規模が最大であり、長崎県立高等学校の中では、5番目に開校した学校で、長い歴史を持っている。 2005年(平成17年)に創立100周年を迎えた。設置課程・学科全日制課程普通科普通コース2年次より「理系」・「文系」・「文理」(進学対応)・「総合」(一般就職・公務員対応)の4コースに分かれる。普通科国際交流コース韓国語、韓国の文化を専門に学習するコース。このコースに限り、離島留学制度で対馬島外・長崎県外からも出願可能。専門家による韓国に関する講義や、韓国から来た高校生との国際交流、韓国でのホームステイや語学研修を行う。 (Wikipedia:対馬高校)

対馬丸
対馬丸(つしままる)は、日本郵船のT型貨物船の一隻で、総トン数6,754トンの貨物船。日本郵船所有船としては初代にあたる。 太平洋戦争中の1944年(昭和19年)8月22日、政府命令による学童疎開輸送中にアメリカ海軍の潜水艦の攻撃を受け沈没し、犠牲者数1,476名を出した。 二代目は1979年(昭和54年)にパナマ船籍タンカー「ゴールデン・ウィスタリア」 (Golden Wistaria) を購入して改名したもので、総トン数87,516トン。1981年(昭和56年)からは藤栄海運との共有船になったが、1982年(昭和57年)以降はブルネイで係船された。 日本郵船が貨物船隊の改善のために、1912年(明治45年/大正元年)から整備を開始したT型貨物船のうち、欧州航路向けの第1期船6隻のうちの一隻として、グラスゴーのラッセル造船所で高田丸とともに建造される。 (Wikipedia:対馬丸)

対馬国
対馬国(つしまのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。西海道に属する。 対馬国の初見は、『三国志』魏志倭人伝の對馬國(対馬国)である(三国志のテキストの間でも版によって表記が異なり、現存する最古の版である紹煕〈しょうき〉本では對海國、よりポピュラーな版である紹興〈しょうこう〉本では對馬國となっている)。倭人伝の「今、使訳を通ずるところ三十国」のうちの一国。日本では津島とも書かれたが、7世紀に律令制の地域区分として対馬国が設けられると、「対馬」の表記に定まった。 『古事記』の建国神話には、最初に生まれた島々(「大八洲」)の1つとして「津島」と記されている。『日本書紀』の国産み神話のなかには「対馬洲」「対馬島」の表記で登場する。古くからユーラシア大陸との交流があり、歴史的には朝鮮半島と倭国・倭人・ヤマトをむすぶ交通の要衝であった。 対馬国は律令制下で対馬島とも呼ばれ、その国司は島司とも呼ばれた。701年(大宝元年)の大宝律令では「対馬島」と改称され、のちに再び「対馬国」に復している。 (Wikipedia:対馬国)

対馬府中藩
対馬府中藩(つしまふちゅうはん)は、江戸時代に対馬国(長崎県対馬市)全土と肥前国田代(佐賀県鳥栖市東部及び基山町)及び浜崎(佐賀県唐津市浜玉町浜崎)を治めていた藩で、別名厳原藩(いづはらはん)。一般には単に対馬藩(つしまはん)と呼称される事が多い。「府中」は当時厳原の城下町をこう称していたことに由来する。藩庁は当初金石城(対馬市厳原町西里)、のち桟原城(対馬市厳原町桟原)。藩主は宗氏で初代藩主義智以来、位階は従四位下を与えられ、官職は主に対馬守・侍従を称した。 対馬府中藩の在郷支配は近世諸藩のなかでも特殊な性格を有しており、兵農分離はあまり明確でなく、多くの地方給人があり、給人の下に名子・被官がいて、多くの点で中世的性格を保った。 対馬府中藩の成立 1587年(天正15年)豊臣秀吉の九州平定に際して、宗氏は事前に豊臣政権への臣従を決め、本領安堵された。1590年(天正18年)には、宗義智が従四位下侍従・対馬守に任ぜられ、以後、宗氏の当主にあたえられる官位の慣例となった。 (Wikipedia:対馬府中藩)

対馬藩
『対馬府中藩』より : 対馬府中藩(つしまふちゅうはん)は、江戸時代に対馬国(長崎県対馬市)全土と肥前国田代(佐賀県鳥栖市東部及び基山町)及び浜崎(佐賀県唐津市浜玉町浜崎)を治めていた藩で、別名厳原藩(いづはらはん)。一般には単に対馬藩(つしまはん)と呼称される事が多い。「府中」は当時厳原の城下町をこう称していたことに由来する。藩庁は当初金石城(対馬市厳原町西里)、のち桟原城(対馬市厳原町桟原)。藩主は宗氏で初代藩主義智以来、位階は従四位下を与えられ、官職は主に対馬守・侍従を称した。 対馬府中藩の在郷支配は近世諸藩のなかでも特殊な性格を有しており、兵農分離はあまり明確でなく、多くの地方給人があり、給人の下に名子・被官がいて、多くの点で中世的性格を保った。 対馬府中藩の成立 1587年(天正15年)豊臣秀吉の九州平定に際して、宗氏は事前に豊臣政権への臣従を決め、本領安堵された。1590年(天正18年)には、宗義智が従四位下侍従・対馬守に任ぜられ、以後、宗氏の当主にあたえられる官位の慣例となった。 (Wikipedia:対馬藩)

対馬警備隊 (陸上自衛隊)
対馬警備隊(つしまけいびたい、英: JGSDF Tsushima Area Security Force)は、長崎県対馬市の対馬駐屯地に駐屯する第4師団隷下の混成部隊である。 対馬は地政学的に朝鮮半島・中国大陸との境界線に位置し、歴史的には大陸と日本との交流の中継地として栄えた。一方では、日本の最前線としての歴史を刻んできた。奈良時代には新羅からの侵略を受け、平安時代の刀伊の入寇、鎌倉時代の文永の役(元寇)、室町時代の応永の外寇など外国との軍事的衝突の舞台ともなった。幕末にはロシア帝国海軍の強襲により対馬の一部が一時占領される事件(ポサドニック号事件)も起こり、明治に建軍された帝国陸軍では同名の対馬警備隊(対馬警備隊司令部、1920年に対馬要塞司令部に改編)が編成され、多数の海岸砲を擁する対馬要塞も設置されている。第二次世界大戦後の陸上自衛隊でも、対馬海峡の防衛に資するための警備部隊を派遣することとなる。 1980年(昭和55年)以前は別府市に連隊本部を置く第41普通科連隊から1個普通科中隊が派遣されてきていた。 (Wikipedia:対馬警備隊 (陸上自衛隊))

対馬空港
対馬空港(つしまくうこう、英: Tsushima Airport)は、長崎県対馬市(対馬)にある地方管理空港。愛称は対馬やまねこ空港。 標高97mの白連江山の山頂を切り開いて、滑走路は対馬中央部の上島と下島の間の地峡部を横断するように建設されている。長崎県内初の山岳空港である。 年間利用客数は、国内258,348人(2014年度)。 沿革 1975年 - 滑走路1,500mにて供用開始。全日本空輸が福岡空港線を開設。運航機材はYS-11。その後、日本近距離航空(NKA、現エアーニッポン(ANK))に移管。 1976年8月 - 週2往復で長崎線が開設される。 1977年10月 - 長崎線が毎日2往復の就航となる。 1983年 - 滑走路1,900mに延伸。4月1日、ジェット旅客機(ボーイング737-200)が就航。新ターミナルビル供用開始。 2003年8月31日 - エアーニッポンが長崎空港線から撤退。翌日からオリエンタルエアブリッジ(ORC)が長崎空港線に就航。 2003年9月16日 - 株式会社同仁化学研究所所属のプロペラ機ソカタTB21(JA74KU)が滑走路32手前の斜面に墜落し、乗員3名が死亡した。 (Wikipedia:対馬空港)

対馬音
『呉音』より : 呉音(ごおん)とは、日本漢字音(音読み)の一つ。奈良時代に遣隋使や留学僧が長安から漢音を学び持ち帰る以前にすでに日本に定着していた漢字音をいう。漢音同様、中国語の中古音の特徴を伝えている。 一般に、呉音は仏教用語をはじめ歴史の古い言葉に多く使われる。 慣用的に呉音ばかり使う字(未〔ミ〕、領〔リャウ〕等)、漢音ばかり使う字(健〔ケン〕、軽〔ケイ〕等)も少なくなく、両者は日常的に混用されているものである。 総説 呉音は雑多なものを含んでいると考えられ、漢音ほどの整った体系を備えていないが、以下のような特徴がある。 頭子音の清濁の対立構造を反映し、清音と濁音を区別している。 頭子音(声母)の鼻音 /n/, /m/ については、漢音がダ行、バ行で伝えられたものが多いのに対し、ナ行、マ行のまま伝えられている。 末子音(韻尾)、とくに /ŋ/ を表す規則が一定していない。呉音でも -ウ や -イ が添えられることが多いが、公(ク)のように省略されているものもある。 (Wikipedia:対馬音)

対馬交通
対馬交通株式会社(つしまこうつう)は、長崎県対馬島内で路線バス、貸切バスを運行するバス事業者である。 本社所在地は長崎県対馬市厳原町小浦144-7。 路線概説 対馬の中心地である島の南部の厳原地区(旧:厳原町)にある厳原バス停を中心として、対馬島内全域に路線を持つ。島の北端部の比田勝地区(旧:上対馬町)、中央部の仁位地区(旧:豊玉町)にも営業拠点を持っており、必ずしも厳原への一極集中型の路線網とはなっていない。また距離の長い路線が多いため、各路線の終点にも車庫を設け、営業所へ戻ることなく車庫で夜間滞泊している。バスの主な利用者の需要にあわせて、港、空港、主要病院、学校などを経由する路線が多い。 大部分で国道382号を通る厳原-対馬空港-仁位-三根-仁田-佐護-佐須奈-比田勝の路線(縦貫線)は全長が100km近くあり、2時間40分をかけて対馬を縦断する。 市街地などの一部を除き、自由乗降バスとして運行している。 2000年代中ごろから毎年夏休み期間に1000円の1日フリーパス券を発売している。 (Wikipedia:対馬交通)

対馬警備隊 (日本軍)
対馬警備隊(つしまけいびたい)は、対馬を防衛するために、大日本帝国陸軍に置かれていた部隊。 対馬は地理的に朝鮮半島、大陸との境界にあたる日本の最前線に位置し、歴史的には平安時代の刀伊の入寇、鎌倉時代の文永の役(元寇)、室町時代の応永の外寇など対外侵攻を受けてきた。幕末にはロシア海軍に一時占領される事件なども起こり、近代には対馬の防衛が意識され、明治に建軍された帝国陸軍や、戦後の陸上自衛隊は対馬に特別の警備隊を派遣することとなる。 大日本帝国陸軍では、1878年(明治11年)に熊本鎮台から対馬分遣隊を対馬に派遣していた。これを改編して、1886年(明治19年)12月3日に「対馬警備隊」が置かれることとなった(明治19年12月3日陸達第2号)。 当初は第6師団に属したが、後に対馬の防衛が第6師団から新設の第12師団に移管されたのに伴い、第12師団に属した。1899年11月14日、司令部が長崎県対馬国下県郡今屋敷町の町村会議事堂に移転した。1901年8月16日、司令部は下県郡鶏知村の新築庁舎に移転。 1903年(明治36年)4月14日には「対馬警備隊司令部条例」(明治36年4月14日勅令第80号)が制定された。 (Wikipedia:対馬警備隊 (日本軍))

対馬海峡
対馬海峡(つしまかいきょう)は、九州と朝鮮半島の間にあり、東シナ海と日本海を連絡する海峡。広義には玄界灘・壱岐水道などを含めた本州西岸・九州北岸と朝鮮半島との海域全体を指す。国際的には「朝鮮海峡」(Korea Strait)と呼ばれることが多く、「対馬海峡」(Tsushima Strait)は対馬と九州との間にあたる海峡の呼称として用いられる場合が多いが、海峡全体を「対馬海峡」と呼ぶこともある(詳細は#名称を参照)。 全体の幅は約200km、平均水深は約90~100m。海峡上には比較的大きな島として対馬と壱岐の2島がある。 対馬を境界にして大きく二つの水道に分けられる。日本では対馬と朝鮮半島の間を「朝鮮海峡」、海峡全体および対馬と壱岐の間を「対馬海峡」と呼ぶことが多いが、海上保安庁海洋情報部発行の海図では対馬と朝鮮半島との間の海峡を「対馬海峡西水道」、対馬と壱岐の間を「対馬海峡東水道」としている。 (Wikipedia:対馬海峡)

対馬盛浩
『U-turn』より : U-turn(ユーターン)は、太田プロダクションに所属していたお笑いコンビである。 メンバー 土田晃之(つちだ てるゆき 1972年9月1日 - )埼玉県大宮市(現さいたま市)出身。ボケ・ネタ作り担当。太田プロダクションに所属。 対馬盛浩(つしま もりひろ 1972年12月27日(43歳) - )東京都出身。ツッコミ担当。2001年に引退後一般企業に派遣社員として就職したが、その企業も辞めてしまったと土田が語っている。その後の消息は不明。 専門学校東京アナウンス学院のクラスメートとして知り合い、1992年コンビ結成。コントを中心とした活動で学生時代から賞レースで勝ち抜く。土田曰く、当時は天狗になっていて「ダウンタウンを2年で抜ける」と豪語していた。その後、太田プロに所属して『タモリのボキャブラ天国』等に出演する。1999年に1度だけ「爆笑オンエアバトル」に出演したが、342KBで7位オフエアだった。 2001年、対馬は土田に内緒で就職活動を行い、対馬は就職先が決まると芸能界から足を洗う形で、同年12月末に解散(同月25日に太田プロ公式サイトにて土田が正式に解散を発表)。 (Wikipedia:対馬盛浩)

対馬海流
対馬海流(つしまかいりゅう、Tsushima Current)とは九州西方沖に分布する黒潮系の水塊と、東シナ海の沿岸水が混ざり合った海水が対馬海峡を通って日本海に流入する暖流である。対馬暖流とも呼ばれる。 流路・性質 対馬海流は、いくつかの流路を通って東北地方西岸(山形・秋田沖)を通り、多くは津軽海峡から太平洋へと流出し(津軽暖流)、残りは北海道沿いに北上して宗谷海峡からオホーツク海へと抜け(宗谷暖流)、わずかながら西樺太沖へも流れている。 津軽暖流は噴火湾や襟裳岬沖で、宗谷暖流はオホーツク海を北海道沿岸に沿って流れることから、根室沖で確認されることもある。これらの流れは、東シナ海と太平洋との水位差に支配されている。対馬海流の厚さは200m、海域によっては300mあるとも言われ、流速は流軸付近で毎秒50cm程度である。 影響 日本列島の日本海側は、同じ日本国内でも、道東や東北地方の太平洋側(岩手県・宮城県・福島県)や、同緯度の対岸にある朝鮮半島やロシア、に比べて気温が高いが、これは対馬暖流の影響である。 (Wikipedia:対馬海流)

対馬暖流
『対馬海流』より : 対馬海流(つしまかいりゅう、Tsushima Current)とは九州西方沖に分布する黒潮系の水塊と、東シナ海の沿岸水が混ざり合った海水が対馬海峡を通って日本海に流入する暖流である。対馬暖流とも呼ばれる。 流路・性質 対馬海流は、いくつかの流路を通って東北地方西岸(山形・秋田沖)を通り、多くは津軽海峡から太平洋へと流出し(津軽暖流)、残りは北海道沿いに北上して宗谷海峡からオホーツク海へと抜け(宗谷暖流)、わずかながら西樺太沖へも流れている。 津軽暖流は噴火湾や襟裳岬沖で、宗谷暖流はオホーツク海を北海道沿岸に沿って流れることから、根室沖で確認されることもある。これらの流れは、東シナ海と太平洋との水位差に支配されている。対馬海流の厚さは200m、海域によっては300mあるとも言われ、流速は流軸付近で毎秒50cm程度である。 影響 日本列島の日本海側は、同じ日本国内でも、道東や東北地方の太平洋側(岩手県・宮城県・福島県)や、同緯度の対岸にある朝鮮半島やロシア、に比べて気温が高いが、これは対馬暖流の影響である。 (Wikipedia:対馬暖流)


対馬 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  内田樹 - 2017年08月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



内田樹
内田 樹(うちだ たつる、1950年9月30日 - )は、日本の哲学研究者、コラムニスト、思想家、倫理学者、武道家、翻訳家、神戸女学院大学名誉教授。京都精華大学人文学部客員教授。 東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。学位は修士(東京都立大学・1980年)。 専門はフランス現代思想だが、取り上げるテーマはユダヤ人問題から映画論、武道論まで幅広い。 東京都大田区下丸子に生まれ育つ(父親は19歳で家を出て満鉄に入社。戦時中は政府機関に所属した。戦後、サラリーマンを経て会社を経営し、日中友好協会に関わった)。1963年に大田区立東調布第三小学校を、1967年に大田区立矢口中学校を卒業。1966年、東京都立日比谷高等学校に進むが、高校2年で成績が学年最下位になり、のち品行不良を理由に退学処分を受け、ジャズ喫茶でアルバイトをする。しかし家賃も捻出できず、親に謝罪し家に戻った。 大学入学資格検定に合格。1969年、東京大学入試中止の年に京都大学法学部を受験するも不合格。1年間の浪人生活を経て、1970年4月、東京大学文科III類に入学。 (Wikipedia:内田樹)


内田樹 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  Facebook - 2017年08月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



Facebook
Facebook(フェイスブック)は、Facebook, Inc.が運営するインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。「FB」と略されることもある。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 2004年にマーク・ザッカーバーグと、ザッカーバーグのハーバード大学のルームメイトまたは同級生だったエドゥアルド・サベリンと創業、その後アンドリュー・マッコーラム、ダスティン・モスコヴィッツ、クリス・ヒューズなどが加わった。当初は、会員はハーバード大学のドメインのメイルアドレスを持つ学生に限定されていたが、ボストン地域の大学、アイビーリーグの大学、スタンフォード大学へと対象が拡大されていった。徐々に様々な大学の学生も対象に加わり、やがて高校生にも開放され、最終的には13歳以上のすべての人に開放された。現在のFacebookでは、ユーザー登録時に13歳以上であることを宣言すれば誰でも会員になれる。 (Wikipedia:Facebook)

Facebook.com
Facebook(フェイスブック)は、Facebook, Inc.が運営するインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。「FB」と略されることもある。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 2004年にマーク・ザッカーバーグと、ザッカーバーグのハーバード大学のルームメイトまたは同級生だったエドゥアルド・サベリンと創業、その後アンドリュー・マッコーラム、ダスティン・モスコヴィッツ、クリス・ヒューズなどが加わった。当初は、会員はハーバード大学のドメインのメイルアドレスを持つ学生に限定されていたが、ボストン地域の大学、アイビーリーグの大学、スタンフォード大学へと対象が拡大されていった。徐々に様々な大学の学生も対象に加わり、やがて高校生にも開放され、最終的には13歳以上のすべての人に開放された。現在のFacebookでは、ユーザー登録時に13歳以上であることを宣言すれば誰でも会員になれる。 (Wikipedia:Facebook.com)


Facebook - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す