[PR]

日別キーワード

第1位  バルセロナ - 2017年08月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



バルセロナ
バルセロナ(Barcelona、カタルーニャ語発音: [bəɾsəˈlonə] バルサローナ)は、スペイン・カタルーニャ州バルセロナ県のムニシピ(基礎自治体)。カタルーニャ州の州都であり、バルセロナ県の県都である。人口はマドリードに次いでスペインで第2位。 地中海沿岸に位置する港湾都市で、フランスとの国境であるピレネー山脈から160km南に位置する。カタルーニャ州及びバルセロナ県のいずれにおいても、人口の大半を占めるプライメイトシティ(一極集中型都市)である。行政市としては約160万人の人口である。2015年の都市圏人口は421万人であり、スペインではマドリードに次ぐ第2位、世界第83位である。 14世紀に建設された城塞を起源とする旧市街と、1859年の大拡張計画によって建設された碁盤の目のように正方形の街区が並ぶ新市街からなる。都心部では人口が減少し、周辺部や都市圏外に流出しており、ドーナツ化現象に脅かされている。 1992年にはバルセロナオリンピックが開催された。2014年にアメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第24位の都市と評価されており、スペインではマドリードに次ぐ第2位であった。 (Wikipedia:バルセロナ)

バルセロナオリンピック日本選手団
バルセロナオリンピック日本選手団は、1992年7月25日から1992年8月9日まで開催されたバルセロナオリンピックの日本代表選手団及び競技結果。選手所属及び選手名は1992年当時のもの。 人員:選手 263人、役員 114人 主将:古賀稔彦、旗手:中田久美 結団式・壮行会:7月18日(新高輪プリンスホテル) 解団式:8月12日(高輪プリンスホテル) メダル獲得者 金メダル 岩崎恭子(水泳女子200平泳ぎ) 古賀稔彦(柔道男子71キロ級) 吉田秀彦(柔道男子78キロ級) 銀メダル 小川直也(柔道男子95キロ級) 田村亮子(柔道女子48キロ級) 溝口紀子(柔道女子52キロ級) 田辺陽子(柔道女子72キロ級) 池谷幸雄(体操・床) 渡辺和三(射撃・クレーオープントラップ) 有森裕子(陸上競技・女子マラソン) 森下広一(陸上競技・男子マラソン)  銅メダル 奥野史子(シンクロナイズドスイミング・ソロ) 奥野史子・高山亜樹(シンクロナイズドスイミング・デュエット)  西川大輔・池谷幸雄・知念孝・畠田好章・松永政行・相原豊(体操・男子団体) 松永政行(体操・平行棒) 赤石光生(レスリング・フリースタイル68キロ級) 越野忠則(柔道・男子60キロ以下級) 岡田弘隆(柔道・86キロ以下級) 立野千代里(柔道・女子56キロ以下級) 坂上洋子(柔道・女子72キロ超級) 木場良平(射撃・50mフリーライフル) 日本代表(野球) 陸上競技 監督:大串啓二 コーチ:宮川千秋 コーチ:浜田安則 コーチ:宗茂 コーチ:小出義雄 コーチ:斉藤和夫 コーチ:安田矩明 コーチ:石山修盟 井上悟(日大) 男子100m:2次予選落ち(10秒50) 浦田春生(本田技研) 男子10000m:14位(28分37秒61) 園原健弘(アシックス) 男子50km競歩:22位(4時間13分22秒) 岩崎利彦(富士通) 男子110mハードル:2次予選落ち(13秒88) 吉田雅美(大京) 男子やり投げ:予選落ち(73.88) 高野進(東海大教) 男子400m:8位(45秒18) 今村文男(富士通) 男子50km競歩:18位(4時間07分45秒) 佐野浩之(ファースト) 男子棒高跳び:予選失格 斎藤嘉彦(法大) 男子400mハードル:予選で落選(49秒01) 山下訓史(日本電気) 男子三段跳び:予選で落選(15m97cm) 山崎一彦(順天大) 男子400mハードル:予選で落選(50秒30) 小坂忠広(デサント) 男子50km競歩:24位(4時間14分24秒) 森下広一(旭化成) 男子マラソン:銀メダル(2時間13分45秒) 森長正樹(日大) 男子走り幅跳び:予選で落選(7m79cm) 杉本龍勇(法大) 男子100m:1次予選で落選(10秒56) 青戸慎司(中京大勤務) 男子100m:2次予選で落選(10秒53) 大崎栄(旭化成) 男子10000m:予選で落選(29分20秒01) 谷口浩美(旭化成) 男子マラソン:8位(2時間14分42秒) 中山竹通(ダイエー) 男子マラソン:4位(2時間14分02秒) 渡辺高博(早大) 男子400m:1次予選で落選(46秒45) 簡優好(順天大)・斎藤嘉彦・高野進・渡邉高博 男子4×400mリレー:予選で落選(3分01秒35) 青戸慎司・井上悟・杉本龍勇・鈴木久嗣(中京大) 男子4×100mリレー:6位(38秒77) 伊東浩司(富士通) 出場せず 大森盛一(日大) 出場せず 五十嵐美紀(リクルート) 女子10000m:14位(32分09秒58) 佐藤恵(ミズノ) 女子走り高跳び:7位(1m91cm) 佐藤優子(資生堂) 女子10km競歩:24位(47分43秒00) 山下佐知子(京セラ) 女子マラソン:4位(2時間36分26秒) 小鴨由水(ダイハツ) 女子マラソン:29位(2時間58分18秒) 真木和(ワコール) 女子10000m:12位(31分55秒06) 板倉美紀(寺井高) 女子10km競歩:23位(47分11秒00) 有森裕子(リクルート) 女子マラソン:銀メダル(2時間32分49秒) 鈴木博美(リクルート) 女子10000m:16位(32分43秒39、予選で落選) 水泳 総監督:小林徳太郎 競泳 ヘッドコーチ:鈴木陽二 コーチ:野本敏明 コーチ:渡辺正己 コーチ:設楽義信 コーチ:佐久間耕三 ドクター:武藤芳照 衣笠竜也(法政二高) 男子200m個人メドレー:13位(2分04秒29) 加藤真志(近大) 男子400m自由形:予選落ち(4分00秒66) 男子1500m自由形:予選落ち(15分40秒94) 空岡京太(明大) 男子100m背泳ぎ:予選落ち(57秒64) 男子200m背泳ぎ:予選落ち(2分03秒10) 三好智弘(日大) 男子100mバタフライ:予選落ち(55秒98) 男子200mバタフライ:予選落ち(2分01秒27) 糸井統(早大) 男子100m背泳ぎ:12位(56秒64) 男子200m背泳ぎ:4位(1分59秒52) 緒方茂生(中京大) 男子100m自由形:予選落ち(52秒74) 男子200m自由形:予選落ち(1分53秒42) 男子400m自由形:予選落ち(3分57秒91) 川中恵一(同志社大) 男子100mバタフライ:予選落ち(55秒18) 男子200mバタフライ:5位(1分58秒97) 倉澤利彰(世田谷学園高) 男子50m自由形:予選落ち(24秒61) 男子200m自由形:予選落ち(1分53秒75) 男子400m個人メドレー:予選失格 中野勉(早大) 男子50m自由形:失格 男子100m自由形:予選落ち(51秒63) 渡辺健司(稲泳会) 男子100m平泳ぎ:予選落ち(1分03秒29) 男子200m平泳ぎ:7位(2分14秒70) 藤本隆宏(早大) 男子200m個人メドレー:15位(2分07秒74) 男子400m個人メドレー:8位(4分23秒86) 林享(大分鶴崎高) 男子100m平泳ぎ:4位(1分01秒86) 男子200m平泳ぎ:8位(2分15秒11) 糸井統・川中恵一・中野勉・林享 男子4×100mメドレーリレー:8位(3分43秒25) 中野亜弥子(青山学院大) 女子50m自由形:予選落ち(26秒74) 女子100m自由形:予選落ち(57秒71) 稲田法子(草加中) 女子100m背泳ぎ:12位(1分03秒42) 女子200m背泳ぎ:15位(2分17秒68) 漢人陽子(浜松商高) 女子100mバタフライ:11位(1分01秒32) 岩崎恭子(沼津市立第五中) 女子100m平泳ぎ:13位(1分11秒16) 女子200m平泳ぎ:金メダル(2分26秒65) 司東利恵(日大) 女子100mバタフライ:8位(1分01秒16) 女子200mバタフライ:5位(2分10秒24) 春名美佳(平岡中) 女子200mバタフライ:4位(2分09秒88) 松戸思奈(東北学院大) 女子50m自由形:予選落ち(27秒36) 千葉すず(近大付属高) 女子100m自由形:9位(55秒97) 女子200m自由形:6位(2分00秒64) 女子400m自由形:8位(4分15秒71) 鳥飼淳子(近大付属高) 女子200m背泳ぎ:11位(2分15秒20) 粕谷恭子(狭山ヶ丘高) 女子100m平泳ぎ:予選落ち(1分11秒60) 女子200m平泳ぎ:13位(2分32秒97) 肥川葉子(九州女大付属高) 女子100m背泳ぎ:8位(1分03秒23) 女子200m自由形:予選落ち(2分03秒32) 平中秀子(専大) 女子200m個人メドレー:9位(2分18秒47) 女子400m個人メドレー:5位(4分46秒24) 木村衣里(青山学院大) 女子200m個人メドレー:12位(2分18秒91) 女子400m個人メドレー:7位(4分47秒78) 岩崎恭子・漢人陽子・肥川葉子・千葉すず 女子4×100mメドレーリレー:7位(4分09秒92) 肥川葉子・千葉すず・中野亜弥子・松戸思奈 女子4×100m自由形リレー:予選落ち(3分49秒91) 飛込 コーチ:金戸俊介 金戸恵太(ミキハウス) 男子高飛込:8位(529.14) 男子飛板飛込:31位(295.74) 元渕幸(天理教教会本部) 女子高飛込:26位(239.01) 女子飛板飛込:11位(443.76) 山岸勲(日本テープ) 男子高飛込:18位(331.23) 男子飛板飛込:21位(344.40) シンクロナイズドスイミング ヘッドコーチ:金子正子 コーチ:井村雅代 奥野史子(同志社大) ソロ:銅メダル(187.056) 奥野史子・高山亜樹(大阪体大出) デュエット:銅メダル(186.868) 小谷実可子(JOC) 出場せず 体操 監督:監物永三 男子コーチ:梶山広司 女子コーチ:大八木千尋 トレーナー:室門孝次 新体操コーチ:五明みさ子 体操競技 松永政行(河合楽器) 男子平行棒:銅メダル(9.800) 西川大輔(日大) 男子鉄棒:5位(9.787) 男子平行棒:8位(9.575) 相原豊(日体大) 男子床運動:5位(9.737) 男子跳馬:8位(9.450) 知念孝(河合楽器) 男子個人総合:27位(56.675) 池谷幸雄(日体大) 男子つり輪:7位(9.762) 男子個人総合:23位(56.900) 男子床運動:銀メダル(9.787) 畠田好章(日体大) 男子あん馬:6位(9.775) 男子個人総合:13位(57.475) 男子鉄棒:5位(9.787) 相原豊・池谷幸雄・知念孝・西川大輔・畠田好章・松永政行 男子団体総合:銅メダル(578.250) 佐藤寿治(大和銀行) 出場せず 三浦華子(藤村女子高) 女子個人総合:66位(予選敗退) 瀬尾京子(日体大) 女子個人総合:60位(予選敗退) 小菅麻里(藤村女子高) 女子個人総合:17位(39.162) 新体操 山田海蜂(日女体大) 個人総合:18位(36.400) 川本ゆかり(東女体大) 個人総合:37位(35.050) 自転車 監督:藤原英興 コーチ:三妙敬治 メカニック:野口正義 江原政光(シマノ) 男子4000m個人追抜競走:15位(4分41秒287) 小嶋敬二(コジマスポーツ) 男子1000mタイム・トライアル:10位(1分05秒994) 男子スプリント:1/16決勝敗者復活決定戦敗退 大門宏(日本舗道) 男子50kmポイント・レース:11位(14点) 田中光輝(愛三工業) 男子194km個人ロード・レース:途中棄権 藤田晃三(ブリヂストンサイクル) 男子194km個人ロード・レース:84位(5時間02分11秒) 藤野智一(ノバ) 男子194km個人ロード・レース:21位(4時間35分56秒) 安藤康洋(宮田工業)・江原政光・橋佐古直清(日大)・班目真紀夫(日大) 男子4000m団体追抜競走:15位(4分32秒484、予選敗退) 岸原薫(シマノ) 出場せず 橋本聖子(富士急行) 女子3km個人追抜競走:11位(3分51秒674、予選敗退) 黒木美香(出来鉄工所) 女子スプリント:7位 鈴木裕美子(パルコ) 女子81km個人ロード・レース:50位(2時間29分22秒) 柔道 男子 監督:上村春樹 コーチ:藤猪省太 コーチ:南喜陽 コーチ:吉村和郎 トレーナー:米田實 トレーナー:金山浩康 越野忠則(東洋水産) 60kg以下級:銅メダル 丸山顕志(ダイコロ) 65kg以下級:7位 古賀稔彦(日体大勤務) 71kg以下級:金メダル 吉田秀彦(新日鉄) 78kg以下級:金メダル 岡田弘隆(マルナカ) 86kg以下級:銅メダル 甲斐康浩(新日鉄) 95kg以下級:7位 小川直也(日本中央競馬会) 95kg超級:銀メダル 女子 監督:中村良三 コーチ:柳澤久 コーチ:島谷順子 トレーナー:斎藤桂三 田村亮子(福岡工大付属高) 48kg以下級:銀メダル 溝口紀子(埼玉大) 52kg以下級:銀メダル 立野千代里(筑波大) 56kg以下級:銅メダル 小林貴子(ミキハウス) 61kg以下級:1回戦敗退 藤本涼子(金沢女大教) 66kg以下級:1回戦敗退 田辺陽子(ミキハウス) 72kg以下級:銀メダル 坂上洋子(山形県教委) 72kg超級:銅メダル レスリング 監督:平山紘一郎 コーチ:伊達治一郎 コーチ:富山英明 コーチ:高田裕司 コーチ:宮原厚次 コーチ:下田正二郎 安達巧(日体大勤務) フリースタイル62kg級:2回戦敗退 伊藤敦(京都府体協) フリースタイル82kg級:2回戦失格 太田章(早大教) フリースタイル90kg級:3回戦敗退 中西学(新日本プロレス) フリースタイル100kg級:2回戦敗退 本田多聞(自衛隊体育学校) フリースタイル130kg級:2回戦失格 奥山恵二(山形南高教) フリースタイル57kg級:3回戦敗退 原喜彦(新潟北高教) フリースタイル74kg級:失格 佐藤満(日本体育会職員) フリースタイル52kg級:6位 赤石光生(ユニマット) フリースタイル68kg級:銅メダル 花原大介(警視庁) グレコローマンスタイル57kg級:2回戦敗退 森巧(自衛隊体育学校) グレコローマンスタイル68kg級:2回戦敗退 森山泰年(自衛隊体育学校) グレコローマンスタイル90kg級:2回戦敗退 西口茂樹(日体大大学院) グレコローマンスタイル62kg級:3回戦敗退 大橋正教(ユニマット) グレコローマンスタイル48kg級:9位 野々村孝(香川県スポーツ振興) グレコローマンスタイル100kg級:2回戦敗退 鈴木賢一(読売千葉広告社) グレコローマンスタイル130kg級:2回戦敗退 ボクシング 監督:渡辺政史 コーチ:太見義寿 佐々木忠広(東農大) ライトフライ級:2回戦敗退 川上雅史(中大) ウエルター級:1回戦敗退 長島浩(ユニマット) ライトミドル級:1回戦敗退 土橋茂之(法大) ライト級:2回戦敗退 ウエイトリフティング 監督:桜井勝利 コーチ:三木功司 コーチ:細谷治朗 コーチ:佐藤薫 伊禮淳(香川県スポーツ振興) 52kg級:9位(222.5) 岩田洋介(水島工高教) 60kg級:11位(270.0) 佐久間勝彦(ゼビオ) 56kg級:5位(255.0) 佐藤和夫(宮城県体協) 60kg級:20位(260.0) 砂岡良治(ユニデン) 82.5kg級:失格 新田勝久(自衛隊体育学校) 56kg級:13位(245.0) 水野英郎(日大) 75kg級:21位(317.5) 西本宣充(布勢総合運動公園) 100kg級:8位(372.5) 渡辺博(富士急ハイランド) 52kg級:失格 堀越典昭(日体大) 67.5kg級:9位(295.0) フェンシング 安部欣哉(秋田市役所) 男子フルーレ個人:予選敗退 永野義秀(中大) 男子フルーレ個人:予選敗退 橋本寛(橋本商店) 男子サーブル個人:予選敗退 市ヶ谷廣輝(日体大) 男子フルーレ個人:予選敗退 田部仁一(島根県体協) 男子エペ個人:予選敗退 高柳裕子(香川県スポーツ振興) 女子フルーレ個人:予選敗退 テニス 監督:福井烈 コーチ:柳昌子 松岡修造(富士ゼロックス) 男子シングルス:1回戦敗退 伊達公子(ヨネックス) 女子シングルス:2回戦敗退 遠藤愛(筑波大) 女子シングルス:2回戦敗退 沢松奈生子(松蔭女子学院大) 女子シングルス:1回戦敗退 木戸脇真也(同和鉱業)・伊達公子 女子ダブルス:2回戦敗退 バドミントン 監督:池田信孝 コーチ:長谷川博幸 町田文彦(NTT) 男子シングルス:2回戦敗退 本山秀昭(トナミ運輸) 男子シングルス:2回戦敗退 松浦進二(フジチュー)・松野修二(NTT) 男子ダブルス:5位 町田文彦・宮康二(NTT) 男子ダブルス:1回戦敗退 鴻原春美(尚美学園法人本部) 女子シングルス:2回戦敗退 水井妃佐子(四条畷学園女子短大勤務) 女子シングルス:3回戦敗退 鴻原春美・水井妃佐子 女子ダブルス:2回戦敗退 陣内貴美子(ヨネックス)・森久子(ヨネックス) 女子ダブルス:2回戦敗退 捧匡子(ヨネックス)・松尾知美(NTT) 女子ダブルス:2回戦敗退 野球 監督:山中正竹 コーチ:野端啓夫 コーチ:荒井信久 伊藤智仁(三菱自動車京都)・大島公一(日本生命)・川畑伸一郎(住友金属)・小久保裕紀(青山学院大)・小島啓民(三菱重工長崎)・小桧山雅仁(日本石油)・坂口裕之(日本石油)・佐藤真一(北海道拓銀)・佐藤康弘(プリンスホテル)・杉浦正則(日本生命)・杉山賢人(東芝)・高見泰範(東芝)・十河章浩(日本生命)・徳永耕治(日本石油)・中本浩(松下電器)・西正文(大阪ガス)・西山一宇(NTT四国)・三輪隆(神戸製鋼)・若林重喜(日本石油)・渡部勝美(大昭和製紙北海道) 銅メダル バレーボール 男子 監督:大古誠司 コーチ:辻合真一郎 トレーナー:川崎勝巳 青山繁(富士フイルム)・泉川正幸(日体大)・植田辰哉(新日鉄)・大浦正文(サントリー)・大竹秀之(NEC)・荻野正二(サントリー)・河野克巳(サントリー)・栗生澤淳一(JT)・中垣内祐一(新日鉄)・成田貴志(富士フイルム)・松田明彦(日新製鋼)・南克幸(法大) 6位 女子 監督:米田一典 コーチ:達川実 トレーナー:岩﨑由純 アシスタントコーチ:中村智佳代 石掛美知代(イトーヨーカドー)・大林素子(日立)・佐藤伊知子(NEC)・高橋有紀子(小田急)・多治見麻子(日立)・苗村郁代(イトーヨーカドー)・中田久美(日立)・中西千枝子(ユニチカ)・中村和美(ユニチカ)・福田記代子(日立)・山内美加(ダイエー)・吉原知子(日立) 5位 卓球 男子監督:粂田芳孝 女子監督:森澤幸子 渋谷浩(川崎製鉄) 男子シングルス:予選リーグ敗退 松下浩二(協和発酵) 男子シングルス:予選リーグ敗退 渡辺武弘(協和発酵) 男子シングルス:予選リーグ敗退 渋谷浩・松下浩二 男子ダブルス:予選リーグ敗退 佐藤利香(武田薬品) 女子シングルス:予選敗退 山下富美代(松下電工) 女子シングルス:決勝トーナメント1回戦敗退(予選リーグ3勝0敗) 星野美香(さくら銀行) 女子シングルス:決勝トーナメント1回戦敗退(予選リーグ3勝0敗) 佐藤利香・松本雪乃(日産自動車) 女子ダブルス:予選リーグ敗退 星野美香・山下富美代 女子ダブルス:予選リーグ敗退 仲村錦治郎(明徳義塾高)・渡辺武弘 男子ダブルス:予選リーグ敗退 カヌー 監督:畑満秀 コーチ:西川暢芳 藤野強(青梅市役所) スラローム男子カヤック・シングルK1:28位(119.95ポイント) 内野経久(野母崎町教委)・當山克也(大正大勤務) レーシング男子カナディアン・ペア500mC2:準決勝敗退(1分47秒58) レーシング男子カナディアン・ペア1000mC2:準決勝敗退(3分57秒81) 小林弘子(羽村市役所) スラローム女子カヤック・シングルK1:23位(158.84ポイント) 小林美幸(造研)・武藤恵子(香川県スポーツ振興) レーシング女子カヤック・ペア500mK2:準決勝敗退(1分46秒38) ボート 監督:江田利児 コーチ:須藤武幸 阿部肇(インテック)・岩畔道徳(明治生命)・岩月孝敏(トヨタ)・坂田昌弘(インテック)・田邉保典(NTT)・松井裕好(NTT)・三留弘(NTT)・山児和久(早大)・林秀一(NTT、かじ) エイト:13位(5分51秒53) 太田信子(インテック)・山下美幸(インテック) 女子かじ無しペア:9位(7分26秒51) 木村満(日大)・三本和明(日大) 男子かじ無しペア:18位(7分17秒93) セーリング 監督:穂積八洲雄 コーチ:松山和興 大津真二(NTT)・広部元博(NTT) 男子470級:12位(106.00) 木下アリーシア(佐賀県ヨットハーバー)・重由美子(佐賀県ヨットハーバー) 女子470級:5位(53.70) 小松一憲(ヤマハ発動機)・高城秀光(日和工業)・藤原康治(エステール) 男子ソリング級:12位(80.00) 広沢孝治(本田技研) 出場せず 高田文子(青山学院大) 出場せず 脇永達也(本田技研) 出場せず 近代五種 監督:久保晃 宮ヶ原浩(自衛隊体育学校) 個人:48位(4859) アーチェリー 監督:飯塚十朗 コーチ:秦浩太郎 於久直人(近大) 男子個人総合:47位(1253点、予選敗退) 山本博(大宮開成高教) 男子個人総合:17位(106点、決勝ラウンド2回戦敗退) 西川清一(近大) 男子個人総合:61位(1225点、予選敗退) 於久直人・西川清一・山本博 男子団体:15位(225点、決勝ラウンド1回戦敗退) 池田裕紀子(甲南女大) 女子個人総合:49位(1223点、予選敗退) 中込恵子(日体大) 女子個人総合:47位(1229点、予選敗退) 藤田玲子(近大) 女子個人総合:48位(1228点、予選敗退) 池田裕紀子・中込恵子・藤田玲子 女子団体:15位(222点、決勝ラウンド1回戦敗退) 射撃 クレー射撃 監督:寺西寛 伊東総一郎(宮城県協会) 男子スキート:33位(144) 渡辺和三(神奈川県協会) トラップ:銀メダル(219) ライフル射撃 監督:霜禮次郎 コーチ:山本忠正 コーチ:松尾薫 稲垣守(愛知県警) 男子エア・ピストル:14位(577) 男子フリー・ピストル:37位(543) 勢見月文久(和歌山県警) 男子エア・ピストル:35位(570) 男子フリー・ピストル:20位(554) 木場良平(自衛隊体育学校) 男子50mフリーライフル:銅メダル 男子エア・ライフル:27位(584) 目良明裕(自衛隊体育学校) 男子スモール・ボア・ライフル3姿勢:40位(1137) 大西克昌(奈良県警) 男子ラピッド・ファイア・ピストル:22位(579) 柳田勝(自衛隊体育学校) 男子エア・ライフル:18位(587) 源洋子(日立情報システムズ) 女子エア・ライフル:39位(381) 女子スモール・ボア・ライフル3姿勢:34位(563) 香西式子(日立情報システムズ) 女子エア・ライフル:37位(382) 女子スモール・ボア・ライフル3姿勢:30位(567) 千種寿代(埼玉県警) 女子エア・ピストル:31位(374) 女子スポーツ・ピストル:36位(565) 馬術 監督:竹田恒和 コーチ:富士川満男 奥野竜三(シーダーバレー、馬名:ミルキーウェイ) 障害飛越個人:39位 岩谷一裕(乗馬クラブクレイン・クレインオリンピックパーク、馬名:ロードウォーターフォード) 総合馬術個人:37位 宮崎栄喜(日本中央競馬会、馬名:ミステリーカーゴ) 総合馬術個人:26位 戸村崇(ライディングクラブ・クレインベルギー、馬名:ドリーナ) 障害飛越個人:38位 後藤浩二朗(後藤鉄工所、馬名:ルタリック) 総合馬術個人:36位 桜井義長(ヤマハリゾート、馬名:マタドール) 馬場馬術個人:41位 東良弘一(村田機械、馬名:バルチモア) 障害飛越個人:33位 富澤宏介(ケイエイチティプランニング、馬名:ドンカルロス) 障害飛越個人:49位 木幡良彦(乗馬クラブクレイン・クレイン大阪、馬名:ヘルアトドーン) 総合馬術個人:25位 岩谷一裕・後藤浩二朗(馬名:ルタリック)・木幡良彦(馬名:ヘルアトドーン)・宮崎栄喜(馬名:ミステリーカーゴ) 総合馬術団体:7位 奥野竜三・富澤宏介(馬名:ドンカルロス)・戸村崇(馬名:ドリーナ)・東良弘一(馬名:バルチモア) 障害飛越団体:13位 本部 団長:古橋廣之進 副団長:松平康隆 本部役員:小掛照二 本部役員:神永昭夫 本部役員:河盛敬子 本部役員:土屋和平 本部役員:広瀬喜久男 アタッシェ:長沼始 本部員:春日良一 本部員:平眞 本部員:伊藤弘一 本部員:阿部幹雄 本部員:香川真由美 本部員:井西史緒 本部員:青木伸行 本部員:高橋秀隆 ドクター:川原貴 ドクター:河野一郎 ドクター:高尾良英 ドクター:酒井宏哉 理学療法士:川野哲英 理学療法士:小林寛和 理学療法士:野村亜樹 支援本部員:西村賢二 参考文献 日本オリンピック委員会監修 『近代オリンピック100年の歩み』 ベースボール・マガジン社、1994年 外部リンク バルセロナオリンピック日本選手団 - Olympics at Sports-Reference.com(英語) JOCオリンピック歴代日本代表選手全記録。 (Wikipedia:バルセロナオリンピック日本選手団)

バルセロナオリンピック
バルセロナオリンピックは、1992年7月25日から8月9日まで、スペインのカタルーニャ自治州バルセロナで開催された第25回夏季オリンピック競技大会。 国際オリンピック委員会(IOC)のフアン・アントニオ・サマランチ会長の出身地であるスペインカタルーニャ自治州バルセロナでのオリンピック開催実現に向けて、1986年のIOC総会で開催が決まった。冷戦終結後初の夏季オリンピックとなった。 これはかつて1936年の開催予定地にバルセロナが一度立候補しながらもベルリンに敗れ、その後にスペインがベルリンオリンピックをボイコットをする一方で、ベルリンオリンピックに対抗する形で同時期に人民オリンピックが計画されながらもスペイン内戦の前にそれさえも挫かれた経緯を踏まえての開催であり、当時のスタジアムをそのまま用いて開催された。 (Wikipedia:バルセロナオリンピック)

バルセロナ五輪
『バルセロナオリンピック』より : バルセロナオリンピックは、1992年7月25日から8月9日まで、スペインのカタルーニャ自治州バルセロナで開催された第25回夏季オリンピック競技大会。 国際オリンピック委員会(IOC)のフアン・アントニオ・サマランチ会長の出身地であるスペインカタルーニャ自治州バルセロナでのオリンピック開催実現に向けて、1986年のIOC総会で開催が決まった。冷戦終結後初の夏季オリンピックとなった。 これはかつて1936年の開催予定地にバルセロナが一度立候補しながらもベルリンに敗れ、その後にスペインがベルリンオリンピックをボイコットをする一方で、ベルリンオリンピックに対抗する形で同時期に人民オリンピックが計画されながらもスペイン内戦の前にそれさえも挫かれた経緯を踏まえての開催であり、当時のスタジアムをそのまま用いて開催された。 (Wikipedia:バルセロナ五輪)

バルセロナオリンピック (1992年)
『バルセロナオリンピック』より : Logo=1992summerolympicslogo.jpg
開催都市=スペイン・バルセロナ市
参加国・地域数=169
参加人数=9367(男子:6659、女子:2708)
競技種目数=25競技257種目
開会式=1992年7月25日
閉会式=1992年8月9日
開会宣言=フアン・カルロス1世 (スペイン王) フアン・カルロス1世
選手宣誓=Luis Doreste Blanco
審判宣誓=Eugeni Asensio
最終聖火ランナー=Antonio Rebollo
主競技場=エスタディオ・オリンピコ・デ・モンジュイック エスタディオ・オリンピコ}}
バルセロナオリンピック(Games of the XXV Olympiad、BARCELONA 1992 Olympic Games、BARCELONA 1992)(1992年7月25日 - 1992年8月9日)は、スペインのバルセロナで行われた夏季オリンピックである。
169カ国・地域、9,367人(男性:6,659、女性:2,708)が参加。
(Wikipedia:バルセロナオリンピック (1992年))

バルセロナ・オリンピック
『バルセロナオリンピック』より : バルセロナオリンピックは、1992年7月25日から8月9日まで、スペインのカタルーニャ自治州バルセロナで開催された第25回夏季オリンピック競技大会。 国際オリンピック委員会(IOC)のフアン・アントニオ・サマランチ会長の出身地であるスペインカタルーニャ自治州バルセロナでのオリンピック開催実現に向けて、1986年のIOC総会で開催が決まった。冷戦終結後初の夏季オリンピックとなった。 これはかつて1936年の開催予定地にバルセロナが一度立候補しながらもベルリンに敗れ、その後にスペインがベルリンオリンピックをボイコットをする一方で、ベルリンオリンピックに対抗する形で同時期に人民オリンピックが計画されながらもスペイン内戦の前にそれさえも挫かれた経緯を踏まえての開催であり、当時のスタジアムをそのまま用いて開催された。 (Wikipedia:バルセロナ・オリンピック)

バルセロナ市
バルセロナ(Barcelona、カタルーニャ語発音: [bəɾsəˈlonə] バルサローナ)は、スペイン・カタルーニャ州バルセロナ県のムニシピ(基礎自治体)。カタルーニャ州の州都であり、バルセロナ県の県都である。人口はマドリードに次いでスペインで第2位。 地中海沿岸に位置する港湾都市で、フランスとの国境であるピレネー山脈から160km南に位置する。カタルーニャ州及びバルセロナ県のいずれにおいても、人口の大半を占めるプライメイトシティ(一極集中型都市)である。行政市としては約160万人の人口である。2015年の都市圏人口は421万人であり、スペインではマドリードに次ぐ第2位、世界第83位である。 14世紀に建設された城塞を起源とする旧市街と、1859年の大拡張計画によって建設された碁盤の目のように正方形の街区が並ぶ新市街からなる。都心部では人口が減少し、周辺部や都市圏外に流出しており、ドーナツ化現象に脅かされている。 1992年にはバルセロナオリンピックが開催された。2014年にアメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第24位の都市と評価されており、スペインではマドリードに次ぐ第2位であった。 (Wikipedia:バルセロナ市)

バルセロナオリンピックにおけるテニス競技
バルセロナオリンピック 1992年バルセロナオリンピックにおけるテニス競技 (夏季オリンピック) テニス競技の成績結果。
出場選手は、男子・女子ともシングルス64名、ダブルス32組。シングルス優勝までには6試合、ダブルス優勝までには5試合を戦う。
男子はシングルス・ダブルスとも、すべて5セット・マッチ。ソウルオリンピックにおけるテニス競技 1988年ソウル五輪とこのバルセロナ五輪では、準決勝で敗退した選手2名 / 2組による銅メダル決定戦は行わず、両方に銅メダルを授与していた。(アトランタオリンピックにおけるテニス競技 1996年アトランタ五輪から、銅メダル決定戦が行われるようになった。)
女子はすべて3セット・マッチ。試合の流れは男子と同じ。
(Wikipedia:バルセロナオリンピックにおけるテニス競技)

バルセロナオリンピックにおけるバスケットボール競技
バルセロナオリンピックにおけるバスケットボール競技は、1992年に、スペインのバルセロナで開催されたバルセロナオリンピックにおける、バスケットボール競技の詳細である。
この大会では旧ソ連各国は独立国家共同体連合チームとして参加した。
この大会ではマイケル・ジョーダンを筆頭とするNBAのスター選手で構成されたバスケットボール男子アメリカ合衆国代表 ドリームチームと呼ばれる米国代表が金メダルを獲得し話題となった。
順位!!国・地域
順位!!国・地域
バルセロナオリンピックにおける各競技 はすけっとほーる
バスケットボール競技 (夏季オリンピック) 1992
スペインのバスケットボール はるせろなおりんひつく
1992年のバスケットボール はるせろなおりんひつく
(Wikipedia:バルセロナオリンピックにおけるバスケットボール競技)

バルセロナオリンピック野球日本代表
バルセロナオリンピック野球日本代表(バルセロナオリンピックやきゅうにっぽんだいひょう)は、1992年にバルセロナで開催されたバルセロナオリンピックの野球競技に出場する野球日本代表選手を編成したチームのことである。 代表選手20人のうち大学生選手は1人、社会人選手が19人の構成となっている。 出場国はキューバ、日本、チャイニーズタイペイ、アメリカ合衆国、プエルトリコ、ドミニカ共和国、イタリア、スペインの8か国(地域)。今大会から予選は8か国総当たりとなった。日本は予選リーグでキューバ、台湾に完敗し5勝2敗の2位で予選を通過。準決勝では台湾と再戦したが、郭李建夫の好投を許し敗戦。3位決定戦では3大会連続でアメリカと対戦し、8-3で勝利。3大会連続のメダルを確保した。 日本代表チームからは小久保裕紀、大島公一らの選手がプロ入りしたが、前大会の代表選手に比べてプロ入り選手は少ない結果となっている。 代表メンバー No.は背番号。所属や年齢は選出当時。備考の☆印は大会後にプロ入りした選手。 バルセロナオリンピックの戦績 関連項目 バルセロナオリンピック日本選手団 外部リンク 野球日本代表。 (Wikipedia:バルセロナオリンピック野球日本代表)

バルセロナオリンピックにおけるバレーボール競技
バルセロナオリンピックにおけるバレーボール競技は、1992年にスペインのバルセロナで行われたバルセロナオリンピックにおける、バレーボール競技の詳細である。
ブラジルがセッター (バレーボール) セッター、マウリシオを中心とする今までのバレーボールを変えるような多彩な攻撃(ゲリラバレーと称された)を繰り広げ優勝した。オランダも200cmを超える大型セッター、ブランジェやエースのズヴェルフェルを擁して銀メダルに輝いた。アメリカはロス、ソウルのメンバーであったティモンズ・ストブルトリックが復帰し金メダルを狙ったが惜しくも銅メダルとなった。また日本はこの大会以降、3大会出場を逃している。この大会のブラジルの躍進により、アメリカが採用し発展途上であったリードブロックが完成され、完全に世界の主流となっていった。
(Wikipedia:バルセロナオリンピックにおけるバレーボール競技)

バルセロナ・エル・プラット国際空港
バルセロナ=エル・プラット空港(スペイン語: Aeropuerto de Barcelona-El Prat、英語: Barcelona-El Prat Airport)とは、スペイン・カタルーニャ州バルセロナの近郊にある国際空港である。 バルセロナ中心部から12km南西にあり、自治体としてはアル・プラ・ダ・リュブラガート、ビラダカンス、サン・ボイ・ダ・リュブラガートにまたがっている。ヨーロッパ圏内路線が大半を占め、大陸間路線の発着は少ない。スペインではアドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港に次いで2番目に利用者が多い。ブエリング航空やライアンエアーなどの格安航空会社による積極的な乗り入れが行われており、エア・ヨーロッパのように、中南米の大半を占めるスペイン語圏諸国との間で大西洋縦断路線を運航する例も増えている為、近年利用者数は増加傾向にある。 (Wikipedia:バルセロナ・エル・プラット国際空港)

バルセロナ空港
『バルセロナ・エル・プラット国際空港』より : バルセロナ=エル・プラット空港(スペイン語: Aeropuerto de Barcelona-El Prat、英語: Barcelona-El Prat Airport)とは、スペイン・カタルーニャ州バルセロナの近郊にある国際空港である。 バルセロナ中心部から12km南西にあり、自治体としてはアル・プラ・ダ・リュブラガート、ビラダカンス、サン・ボイ・ダ・リュブラガートにまたがっている。ヨーロッパ圏内路線が大半を占め、大陸間路線の発着は少ない。スペインではアドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港に次いで2番目に利用者が多い。ブエリング航空やライアンエアーなどの格安航空会社による積極的な乗り入れが行われており、エア・ヨーロッパのように、中南米の大半を占めるスペイン語圏諸国との間で大西洋縦断路線を運航する例も増えている為、近年利用者数は増加傾向にある。 (Wikipedia:バルセロナ空港)

バルセロナオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧
バルセロナオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧では、1992年7月25日から8月9日まで開催されたバルセロナオリンピックでの国・地域別メダル受賞数をまとめた。 外部リンク IOCバルセロナオリンピック国別メダル獲得数一覧 (英語)。 (Wikipedia:バルセロナオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧)

バルセロナパラリンピック
バルセロナパラリンピックとは、1992年9月3日〜14日に行われた第9回夏季パラリンピックである。スペインのカタルーニャ州バルセロナで開催された。 各国のメダル獲得数順位 日本人メダリスト 11位 金メダル 南浩一 アーチェリー男子個人AR1 尾崎峰穂 陸上男子走り幅跳びB1 竹内治夫 陸上男子槍投げB3 神吉信博 柔道男子60 kg級 Gold JPN 斎藤正一  柔道男子95 kg超級 Gold JPN 高垣治 柔道男子95 kg級 Gold JPN 藤井博・鈴木健一組 卓球男子チーム8 南達也・佐伯修三組 卓球男子チーム9 22位 銀メダル 西井賢一 アーチェリー男子個人 岡田真紀 陸上女子400m C7-8 礎眞一  柔道男子65 kg級 宇和野康弘  柔道男子86 kg級 河合純一 競泳男子100m自由形B1 河合純一 競泳男子50 m自由形B1 鈴木健一 卓球男子シングルス8 33位 銅メダル 鈴木一二美 アーチェリー女子個人AR2 本橋昭人 陸上男子走り高跳びB2 岡田真紀 陸上女子100m C7-8 岡田真紀  陸上女子200m C7-8 尾崎峰穂 陸上男子槍投げB1 高田晃一 陸上男子走り幅跳びB2 宮内栄司 柔道男子71 kg級 牛窪多喜男 柔道男子78 kg級 片桐美智子 競泳女子100m平泳ぎSB3 河合純一 競泳100m背泳ぎB1 河合純一  競泳男200 m背泳ぎB1 河合純一  競泳男子200 m個人メドレーB1 藤井博 卓球男子シングルス8 塗木美千代 卓球女子6-10 塗木美千代 卓球女子シングルス9 関連項目 バルセロナオリンピック 外部リンク 国際パラリンピック委員会サイト。 (Wikipedia:バルセロナパラリンピック)

バルセロナのパルケ・グエル、パラシオ・グエル、カサ・ミラ
『アントニオ・ガウディの作品群』より : アントニ・ガウディの作品群はスペイン、バルセロナにあるアントニ・ガウディの建築作品のうち、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたものを言う。 アントニ・ガウディ(1852年 - 1926年)は古今東西の折衷様式を唱えたモデルニスモの代表的建築家として知られる。アントニ・ガウディは26歳の時、パリの博覧会に出品したのをきっかけに大富豪、エウゼビ・グエイ(スペイン語読みはエウゼビ・グエル)と出会う。これが元で世界遺産の題名の一部となったグエル公園(パルケ・グエル)、グエル邸(パラシオ・グエル)の設計・建築を依頼されこれらを建設した。この後、ガウディはバルセロナ中の富豪から設計の依頼が来るようになった。これらの一部も世界遺産に登録されている。 登録経緯 1984年におこなわれた世界遺産会議においてバルセロナのパルケ・グエル、パラシオ・グエル、カサ・ミラ(英語:Parque Güell, Palacio Güell and Casa Mila in Barcelona、仏語:Parc Güell, palais Güell, Casa Mila à Barcelone)の名称で登録を受けたが、2005年に追加登録をした際に現在の名前に改称した。 (Wikipedia:バルセロナのパルケ・グエル、パラシオ・グエル、カサ・ミラ)

バルセロナSC
バルセロナSC(Barcelona Sporting Club)はエクアドルのグアヤキルに本拠地を置くサッカークラブ。FCバルセロナとの混同を避けたい場合には Barcelona de Guayaquil(バルセロナ・デ・グアヤキル)という呼称が用いられることもある。 FCバルセロナとは直接的な関係は無いものの、エンブレムは非常によく似ており親善試合も行ったことがある。 1925年3月1日、クラブ名の由来であるスペイン・バルセロナ市からの移民エウティミオ・ペレスによって創設された。1960年から40年間はエクアドル一の強豪クラブとして南米にその名を轟かせた。1990年と1998年にはコパ・リベルタドーレスで決勝まで進むものの、それぞれオリンピア・アスンシオンとCRヴァスコ・ダ・ガマに敗れ、 日本行きはならなかった。 ここ最近はかつてのような強さは無くなったものの、未だにエクアドル随一の人気クラブであることには変わりない。 本拠地のエスタディオ・モヌメンタルは約9万人収容の大スタジアムであり、1993年のコパ・アメリカ決勝戦でも使用された。 (Wikipedia:バルセロナSC)

バルセロナ・グアヤキル
『バルセロナSC』より : バルセロナSC(Barcelona Sporting Club)はエクアドルのグアヤキルに本拠地を置くサッカークラブ。FCバルセロナとの混同を避けたい場合には Barcelona de Guayaquil(バルセロナ・デ・グアヤキル)という呼称が用いられることもある。 FCバルセロナとは直接的な関係は無いものの、エンブレムは非常によく似ており親善試合も行ったことがある。 1925年3月1日、クラブ名の由来であるスペイン・バルセロナ市からの移民エウティミオ・ペレスによって創設された。1960年から40年間はエクアドル一の強豪クラブとして南米にその名を轟かせた。1990年と1998年にはコパ・リベルタドーレスで決勝まで進むものの、それぞれオリンピア・アスンシオンとCRヴァスコ・ダ・ガマに敗れ、 日本行きはならなかった。 ここ最近はかつてのような強さは無くなったものの、未だにエクアドル随一の人気クラブであることには変わりない。 本拠地のエスタディオ・モヌメンタルは約9万人収容の大スタジアムであり、1993年のコパ・アメリカ決勝戦でも使用された。 (Wikipedia:バルセロナ・グアヤキル)

バルセロナ (曖昧さ回避)
バルセロナ(Barcelona)は、次のものを指す。
バルセロナ - スペインの都市。
バルセロナ県 - スペイン・カタルーニャ州の県。県都はバルセロナ。
バルセロナ (ベネズエラ) - ベネズエラの都市。
その他
FCバルセロナ - スペインのバルセロナを本拠地とするサッカークラブ。
バルセロナSC - エクアドルのサッカークラブ。
バルセロナオリンピック
スタジオバルセロナ - アニメ制作会社・ディオメディアの旧社名。
バルセロナ (アルバム) - フレディ・マーキュリーとモンセラート・カバリェの共演による曲、アルバム。:en:Barcelona (album)
嘉門達夫のCDアルバム。
AMDのマイクロプロセッサの名称。AMD K10参照。
バルセロナ (小惑星)
バルセロナ (バンド) - アメリカ合衆国のロックバンド。
(Wikipedia:バルセロナ (曖昧さ回避))

バルセロナオリンピックにおけるシンクロナイズドスイミング競技
バルセロナオリンピックにおけるシンクロナイズドスイミング競技(バルセロナオリンピックにおけるシンクロナイズドスイミングきょうぎ)は、1992年8月2日から8月7日の競技日程で実施された。 前回大会と同様にソロとデュエットの2種目が実施された。ソロでは当初、アメリカのクリステン・バブ=スプレーグが優勝、カナダのシルビー・フレシェットが2位とされたが、のちに審判員が採点装置の操作ミスをしていたことが判明。1993年にクリステン・バブ=スプレーグとともに双方金メダルとされた。 競技結果 ソロ 決勝8月6日 デュエット 決勝:8月7日 各国メダル数 外部リンク Olympic Medal Winners sports-reference.com 1992バルセロナ公式資料 (PDF)。 (Wikipedia:バルセロナオリンピックにおけるシンクロナイズドスイミング競技)

バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル
バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(Barcelona Open Banc Sabadell)は毎年4月にスペイン・バルセロナで開催されるATPツアートーナメントである。サーフェスは屋外クレーコート、大会の格はATPワールドツアー・500シリーズに属す。1953年から開催され2012年で60回目を迎えた伝統ある大会であり、スペインではマドリード・オープンに次ぐ重要な大会とされている。 大会歴代優勝者 シングルス ダブルス 記録 シングルス最多優勝 スペインの旗 ラファエル・ナダル: 9 (2005–2009, 2011–2013, 2016) ダブルス最多優勝 オーストラリアの旗 ロイ・エマーソン: 7 (1959-1960,1962-1966) 決勝での最少失ゲーム数優勝 日本の旗 錦織圭 6-2, 6-2 コロンビアの旗 サンティアゴ・ヒラルド (2014) 外部リンク 公式サイト バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル - ATPツアーによる大会紹介ページ (英語)(スペイン語)(中国語)。 (Wikipedia:バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル)


バルセロナ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  サマーウォーズ - 2017年08月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



サマーウォーズ
『サマーウォーズ』(SUMMER WARS)は、細田守による日本のアニメ映画。2009年8月1日に、新宿バルト9、池袋HUMAXシネマズ、丸の内ルーブルほか全国にて公開された。 キャッチコピーは、「これは新しい戦争だ。」(テイザーバージョン)「つながりこそが、ボクらの武器。」(本ポスターバージョン) 細田守の初の長編オリジナル作品で、脚本の奥寺佐渡子、キャラクターデザインの貞本義行など、『時をかける少女』のスタッフが製作した。 舞台は長野県上田市で、城下町の町並みや上田電鉄別所線などを描く。上田市には細田の妻の実家があり、訪れた際に抱いた「日本の原風景」のイメージを投影することを考えた。細田は「当時既に両親を亡くし自らも一人っ子だったため、妻の親類の家族の繋がりに深い感銘を受けた」と語っており、妻の親類が物語の中核をなす陣内家のモデルとなっている。作中の陣内家のモデルは真田氏である。舞台は、近未来的に高度に発達したインターネット、高度なネットワーク技術を持った人物が登場する世界である。 (Wikipedia:サマーウォーズ)


サマーウォーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  テレビ東京 - 2017年08月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



テレビ東京
株式会社テレビ東京(テレビとうきょう、TV TOKYO Corporation)は、関東広域圏を放送対象地域とするテレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。 略称は、テレ東、コールサイン「JOTX-DTV」(東京 23ch)からのTX、旧局名・かつて使われたアナログ放送のチャンネルからの12チャンネル、てれと、など様々。 アナログ放送で親局の周波数がVHFであった放送局は、テレビ東京が日本国内で最後であり、これ以後に開局した民放局の親局は全てUHFであった。 リモコンキーIDは「7」。 会社概要 本社・支社所在地 本社:東京都港区虎ノ門4丁目3番12号 〒105-8012 - 社屋の正式名称は「日経電波会館」。1985年(昭和60年)12月12日に東京都港区芝公園にあった旧本社(現在の東京タワーメディアセンター)から移転し、運用開始。 関西支社:大阪市北区堂島浜1丁目4番16号 アクア堂島NBFタワー西館 名古屋支社:名古屋市中区栄3丁目7番9号 新鏡栄ビル 海外支局:ニューヨーク・ワシントン・ロンドン・モスクワ・ソウル・北京・上海 略史 開局から商号変更まで(東京12チャンネル) 財団法人日本科学技術振興財団(以下、「財団」と略す。 (Wikipedia:テレビ東京)

テレビ東京番組一覧
テレビ東京番組一覧(テレビとうきょうばんぐみいちらん)は、テレビ東京の放送番組一覧である。 なお、一部番組ではBSデジタル放送のBSジャパンやCS放送日経CNBCでも放送(遅れネットも含む)が行われている。 記号 この項目では下記のような記号を使用する。 なお、基本的に15分未満の番組はテレビ東京ミニ番組一覧を参照。 ●印:BSジャパンでも放送 ☆印:関東ローカル ニュース・情報・広報 現在 ☆ものスタ(月 5:10 - 5:45、火 - 金 4:23 - 5:45) ものスタ サタデー(土 4:50 - 5:45) ものスタ サンデー(日 5:15 - 5:50) TXNニュース(かつてはBSジャパンでも土日夕方と祝日朝のみ放送されていた) ●ニュースモーニングサテライト(月 - 金 5:45 - 6:40) モーニングチャージ!(月 - 金 6:40 - 7:05) チャージ730! ●☆なないろ日和!(月 - 木 9:28 - 11:13) ☆7スタライブ(金 9:28 - 11:13) Mプラス 11(月 - 金 11:13 - 11:35) ☆Mプラス 9 Mプラス Express 昼めし旅 〜あなたのご飯見せてください!〜(月 - 金 11:50 - 12:55) L4 YOU!(月 - 金 15:55 - 16:54) L4 YOU!プラス(終了) レディス4(終了) NEWSアンサー(月 - 金 16:54 - 17:20) ●なるほどストリート(月 - 金 17:20 - 17:50) ●ワールドビジネスサテライト(月 - 金 23:00 - 23:58) ワールドビジネスサテライト土曜版(終了) アニメマシテ(月 27:20 - 27:50) A応Pのあにむす!(木 26:35-27:05) ☆ニュースブレイク(日 21:48 - 21:54) 過去 ドキュメンタリー・教養 現在 朝ダネ! (火・水 4:18 - 4:23) 合格モーニング! (月 - 金 7:30 - 7:35) ●日経スペシャル 未来世紀ジパング〜沸騰現場の経済学〜(月 22:00 - 22:54) ●日経スペシャル ガイアの夜明け(火 22:00 - 22:54) 日経スペシャル カンブリア宮殿(木 22:00 - 22:54) ●美の巨人たち(土 22:00 - 22:30) Crossroad(土 22:30 - 23:00) 話題の医学(日 5:00 - 5:15) サンデースペシャル 過去 くらしの健康 カラー秘録 太平洋戦史 われらの主役 決死の戦場 第2次世界大戦全史 金曜自然大特集 トコトンハテナ テクノ探偵団 とことんニホン語 ニッポン探検隊 データに挑戦! ナビゲーター 世の中ガブッと! タイムアイ 極上の休日 ソロモンの王宮 ソロモン流 住まいの極意 パソコンサンデー - テレビ大阪制作、シャープ提供 コンピュートないと なんでもコンピュート 町おこし・村おこし - テレビ大阪制作 通信制工業高校講座 私の昭和史 美の美 極める ミステリースペシャル 千昌夫の評判家族探訪 草野仁のTVアゲイン 追跡!テレビの主役 辰巳琢郎のリフォーム夢家族 辰巳琢郎の夢リフォーム 医食同源 - 明治製菓提供 ニュースを見に行く! クリエイターズエレメンツ この人この街 データで勝負 あかたのげん - エクセルヒューマン提供 北島ウインクハート - エクセルヒューマン提供 今週のクロストーク ハロー!ビジネスマン 進化のプリズム ジパング Design Channel 畑のうた ザ・ドキュメンタリー テレビ・私の履歴書→新・テレビ・私の履歴書 BB-WAVE.tv 〜勝利の方程式〜 〜空色グラフィティ〜君に会いたくて 経済ドキュメンタリードラマ ルビコンの決断 女神のキセキ 特集・なんでも追跡 科学スペシャル 動物ふしぎ世界 愛川欽也のロマン探訪 実録世界のミステリー 完全犯罪ミステリー 137億年の物語 ●池上彰の経済教室 EXO CHANNEL 旅行・紀行 現在 歴史の道 歩き旅(月 - 金 7:35 - 8:00) 厳選!いい宿(月 - 金 11:35 - 11:50) ●厳選!いい宿ナビ - BSジャパンは月2回の日曜日 15:00 - 17:20の間の時間帯で2〜3週分をまとめて連続放送。 (Wikipedia:テレビ東京番組一覧)

テレビ東京アニメ
『テレビ東京番組一覧』より : テレビ東京 > テレビ東京番組一覧
テレビ東京番組一覧(テレビとうきょうばんぐみいちらん)は、現在テレビ東京で放送している、または過去に放送されたテレビ番組の一覧である。
具体的な番組については次の通り。※HDはハイビジョン制作の番組である(終了の分も含む)。放送時間は日本標準時 JST。
TXNニュース●
モーニングサテライト(月曜~金曜5:45~6:40 ※HD)●
速ホゥ!(月曜~金曜16:55~17:25 ※HD)●
ワールドビジネスサテライト(月曜~金曜23:00~23:58 ※HD)●
レディス4(月曜~金曜16:00~16:55 ※HD)
朝は楽しく!スマイルサプリメント(月曜~金曜8:00~11:00 ※HD)
NEWS MARKET 11(月曜~金曜11:00~11:30 ※HD)●
(Wikipedia:テレビ東京アニメ)

テレビ東京系列
『TXN』より : TXNネットワーク(TXN Network、TXネットワーク、TX Network)は、テレビ東京をキー局とする日本の民間放送テレビのネットワークである。テレビ東京ネットワーク(TV Tokyo Network)、テレビ東京系列、TXN系列と呼ばれることもある。 テレビ東京のコールサインがJOTX-DTVであるため、「TXN」と命名している。 他のネットワークとは異なり、旧称(後述)時代からニュースネットワークと番組供給ネットワークとの区別がないネットワークである。ANNやJNNと同様、NNNとNNS、FNNとFNSのように、ニュースネットワークと番組供給ネットワークの区別がなされていない。また、TXN成立以前は他系列とのクロスネット局も存在したが、TXNが正式に成立した1989年4月1日以降、他系列とのクロスネット局は存在しない。 民放テレビの系列局が20局以上存在する他系列とは異なり、テレビ東京を含む地上波では6局しかなく、また大阪・名古屋の系列局は広域放送ではないため、カバーする範囲は狭い(視聴できるエリアについては後述)。 (Wikipedia:テレビ東京系列)

テレビ東京系
『TXN』より : TXNネットワーク(TXN Network、TXネットワーク、TX Network)は、テレビ東京をキー局とする日本の民間放送テレビのネットワークである。テレビ東京ネットワーク(TV Tokyo Network)、テレビ東京系列、TXN系列と呼ばれることもある。 テレビ東京のコールサインがJOTX-DTVであるため、「TXN」と命名している。 他のネットワークとは異なり、旧称(後述)時代からニュースネットワークと番組供給ネットワークとの区別がないネットワークである。ANNやJNNと同様、NNNとNNS、FNNとFNSのように、ニュースネットワークと番組供給ネットワークの区別がなされていない。また、TXN成立以前は他系列とのクロスネット局も存在したが、TXNが正式に成立した1989年4月1日以降、他系列とのクロスネット局は存在しない。 民放テレビの系列局が20局以上存在する他系列とは異なり、テレビ東京を含む地上波では6局しかなく、また大阪・名古屋の系列局は広域放送ではないため、カバーする範囲は狭い(視聴できるエリアについては後述)。 (Wikipedia:テレビ東京系)

テレビ東京金曜夜8時枠時代劇
テレビ東京金曜夜8時枠時代劇は、2006年10月20日から2008年9月26日まで、テレビ東京系列で毎週金曜20時から20時54分に設けられた連続時代劇の放送枠である。
同放送枠の後継として2008年10月20日から2009年3月16日まで月曜19時台に設けられていた「月曜時代劇」についても本稿で扱う。
テレビ東京以外の他局がバラエティや音楽番組などを放送している金曜20時からの枠に、「セガサミーシアター」と銘打ってセガサミーホールディングス セガサミーグループ単独提供により時代劇枠を設置したのが始まり。セガサミーグループは「逃亡者 おりん」1作品のみでスポンサーから撤退しており、以降は複数社提供で時代劇枠が維持されていた。
第1作目「逃亡者 おりん」は1クール(3ヶ月)ではなく、2クール(6ヶ月)の放送を実施したが、それ以降は1クールの放送に戻っていた。但し1クールと言いながらも、実際は1作品につき8週の放送を基本としていたため各作品の放送期間は正味2ヶ月のみで、その前後の期間は「ペット大集合!ポチたま」拡大版などの特番で対応していた。その代わり、各作品の初回は2時間枠で放送され、作品によっては最終回も同様の措置が取られていた(一部の時差ネット局では2時間枠の回を2週に分けて放送するため、1作品につき9~10週分の放送となる)。
(Wikipedia:テレビ東京金曜夜8時枠時代劇)

テレビ東京ミュージック
株式会社テレビ東京ミュージック(テレビとうきょうミュージック)は、テレビ東京の関連会社で、主に音楽関連の出版物制作および提供を行っている音楽出版会社兼制作プロダクションである。1969年8月25日に設立。旧社名は東京十二音楽出版。 モーニング娘。を中心としたハロー!プロジェクトの楽曲の著作権の管理も行なっている。 所在地 〒105-8012 東京都港区虎ノ門4丁目3番地13号 ヒューリック神谷町ビル2F 役員 現在 代表取締役社長 - 橋山厚志 常務取締役 - 多田暁 取締役 - 中澤嗣夫 非常勤取締役 - 大島信彦 非常勤監査役 - 近藤正人 過去 代表取締役社長 - 太田修平、金子明雄 常務取締役 - 丸山明慶 取締役 - 荒井充興、竹村斉 取締役相談役 - 沼部俊夫 非常勤取締役 - 島川哲雄、井澤昌平 非常勤監査役 - 箕輪新一、石井智 主な音楽協力番組 いずれもテレビ東京系の番組で五十音順に記載。 (Wikipedia:テレビ東京ミュージック)

テレビ東京制作スタッフ一覧
テレビ東京制作スタッフ一覧
テレビ東京のスタッフは編成局、制作局、コンテンツ事業局、報道局、スポーツ局の五箇所で活動している。 現在はプロデューサーが所属部署を越えて番組を制作および製作委員に参加するケースが多い。
(「」内は主な担当番組)
穴見礼(元番組宣伝部)
五十嵐智之
井澤昌平
石川博
大島信彦(「田舎に泊まろう!」、音楽番組担当)
太田哲夫(ドラマ担当、かつてはバラエティ番組担当)
小川治
川原愼
近藤正人(バラエティ番組担当)
武石英三
多田暁
戸張涼
(Wikipedia:テレビ東京制作スタッフ一覧)

テレビ東京メディアネット
社名=株式会社 テレビ東京メディアネット
英文社名=TV TOKYO MEDIANET, INC.
種類=株式会社
郵便番号=105-8012
本社所在地=東京都港区 (東京都) 港区虎ノ門4-3-12
住友新虎ノ門ビル2F
電話番号=03-3432-1288(代表)
設立=1978年4月1日
業種=情報・通信業
事業内容=テレビ番組の供給・調達・販売、アニメ番組の制作、マーチャンダイジング、宣伝・広告業務、オリジナルビデオの制作・販売
代表者=代表取締役社長:三澤啓二
資本金=2000万円
従業員数=65人(2008年6月18日現在)
主要株主=テレビ東京 100%
主要子会社=アニメシアターX 株式会社エー・ティー・エックス
特記事項=}}
テレビ東京メディアネット(テレビとうきょうメディアネット、略称:MEDIANET)は、テレビ東京の関連会社で、自社制作番組の外部販売を行っている会社である。
(Wikipedia:テレビ東京メディアネット)

テレビ東京アート
株式会社テレビ東京アート(英称:TV TOKYO Art & Lighting, Inc.、略称:ALTX)は、テレビ東京出資の直系子会社でテレビの舞台美術・照明技術を制作する会社である。旧「テレビ東京美術センター」・旧「テレビ東京照明(LiTX、前:照明技術)」の合併により発足。 所在地 本社 - 東京都港区虎ノ門4丁目3番12号(〒105-8012) 天王洲スタジオ分室 - 東京都品川区東品川1丁目3番3号(〒140-0012) 所属スタッフ 美術部 小越敏彦 薬王寺哲朗 宇野純一 本橋智子 金森明日香 岡野真由子 小野清菜 三重野基 小谷恵 岩本朝美 篠田幸実 野本和広 小堺健司 高橋昭三 齋藤宗志 仙田拓也 田汲喜義 照明部 瀬戸五郎 三浦弘 加藤昭比古 水野二夫 大郷智広 高柴圭一 栗林智之 長治憲明 塚生崇 宮田和 翁美希子 小林瑞雪 山崎康紀 井町成宏 宮尾淳一 古川雅士 和氣義幸 曽我秀樹 新谷初 藤谷直之 庄司鉄平 新井香澄 土谷彩加 池田龍司 高橋有貴 田中光雄 紅林寛二 吉本紀英 主な実績 美術 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 照明 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 関連項目 テクノマックス テレビ東京天王洲スタジオ 東京タワースタジオ(旧・東京タワー芝公園スタジオ) 横銭秀一(常務取締役) 外部リンク 公式HP。 (Wikipedia:テレビ東京アート)

テレビ東京美術センター
『テレビ東京アート』より : 株式会社テレビ東京アート(英称:TV TOKYO Art & Lighting, Inc.、略称:ALTX)は、テレビ東京出資の直系子会社でテレビの舞台美術・照明技術を制作する会社である。旧「テレビ東京美術センター」・旧「テレビ東京照明(LiTX、前:照明技術)」の合併により発足。 所在地 本社 - 東京都港区虎ノ門4丁目3番12号(〒105-8012) 天王洲スタジオ分室 - 東京都品川区東品川1丁目3番3号(〒140-0012) 所属スタッフ 美術部 小越敏彦 薬王寺哲朗 宇野純一 本橋智子 金森明日香 岡野真由子 小野清菜 三重野基 小谷恵 岩本朝美 篠田幸実 野本和広 小堺健司 高橋昭三 齋藤宗志 仙田拓也 田汲喜義 照明部 瀬戸五郎 三浦弘 加藤昭比古 水野二夫 大郷智広 高柴圭一 栗林智之 長治憲明 塚生崇 宮田和 翁美希子 小林瑞雪 山崎康紀 井町成宏 宮尾淳一 古川雅士 和氣義幸 曽我秀樹 新谷初 藤谷直之 庄司鉄平 新井香澄 土谷彩加 池田龍司 高橋有貴 田中光雄 紅林寛二 吉本紀英 主な実績 美術 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 照明 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 関連項目 テクノマックス テレビ東京天王洲スタジオ 東京タワースタジオ(旧・東京タワー芝公園スタジオ) 横銭秀一(常務取締役) 外部リンク 公式HP。 (Wikipedia:テレビ東京美術センター)

テレビ東京天王洲スタジオ
テレビ東京天王洲スタジオ(テレビとうきょうてんのうずスタジオ)は、東京都品川区東品川1-3-3にあるハイビジョン対応のテレビスタジオ。通称「天王洲スタジオ」。 概略 1999年(平成11年)12月12日に竣工した。 テレビ東京は、老朽化が進み、(ハイビジョン化への対応も含め)手狭となった旧本社(東京タワースタジオ、2012年9月30日閉鎖)に代わる新しいスタジオを求めて、この土地にスタジオ建設を計画した。 元々、同社としては現本社から至近地にある芝公園スタジオの建て替えを要望していたが、土地・建物の管理主体であった日本電波塔がなかなか計画を実行しなかったため、それならばと新スタジオ建設計画が始動したという説もある。天王洲スタジオ稼働後も芝公園スタジオ(東京タワースタジオ)は内部の改装や機材のハイビジョン対応改修などを施した上で業務を続けてきたが、建物の老朽化という問題から先述の通り2012年9月をもって閉鎖されている。 (Wikipedia:テレビ東京天王洲スタジオ)

テレビ東京のアナウンサー一覧
テレビ東京のアナウンサー一覧(テレビとうきょうのアナウンサーいちらん)は、テレビ東京編成局アナウンス部に所属するアナウンサーを一覧にしたものである。 日本の民放キー局・準キー局では(開局初期を除き)殆どのアナウンサーが新卒採用であるが、テレビ東京は開局当初から2013年現在まで他局からの移籍者が比較的多い。ただし女性アナウンサーは2000年代までに全員が新卒採用の"生え抜き"に切り替わっている。 また、1980年代からテレビ東京社内の一般職からもアナウンサーを登用していた。1989年に従来の「アナウンス部」が廃止され、新たに「パーソナリティ室」を設置。他局のように枠を分けての採用を行わず、局内・外から多様な人材を募って配属した。この時期に入社したアナウンサーも一般職としての採用である。パーソナリティ室は1995年に「アナウンス室」に改組され、その後もこうした登用は続いたが1999年度から新卒アナウンサーの採用を再開。2004年には「編成局アナウンス部」へ改組された。 現職アナウンサー 入社年順に表記。 (Wikipedia:テレビ東京のアナウンサー一覧)

テレビ東京日曜9時連続ドラマ
テレビ東京系列日曜夜9時連続ドラマ(てれびとうきょうけいれつにちようよるくじれんぞくどらま)は、テレビ東京系列で1989年10月~1992年9月まで毎週日曜日の21:00~21:54に放送されていたテレビドラマおよび時代劇の枠である。 テレビ北海道が開局した1989年10月、それまで放送されていた『日曜ビッグスペシャル』が19時台に繰り上がったことに伴い、このドラマ枠が立ち上げられた。枠設立から1年間は「ウッチャンナンチャンのコンビニエンス物語」に代表されるような若者向けの作品が多かったが、「月影兵庫あばれ旅」以降は時代劇枠となり、「海風をつかまえて」からは再び一般向け作品が続いた。 1992年10月よりバラエティ番組『浅草橋ヤング洋品店』がこの時間帯に移動したことに伴い廃枠。テレビ東京のプライムタイムにおける連続ドラマは1995年10月開始の『クリスマスキス〜イブに逢いましょう』まで3年間のブランクが生じた。 枠の名称 1989年10月~1990年5月の「-コンビニエンス物語」までは「ドラマ青春シリーズ」、さらに1990年4月開始の「-コンビニエンス物語」から1990年9月および1992年4月からは「ドラマ21」という枠称で放送されていた(TVガイド1992年3月27日号87頁参照)。 (Wikipedia:テレビ東京日曜9時連続ドラマ)

テレビ東京水曜8時枠の連続ドラマ
テレビ東京水曜8時枠の連続ドラマ(てれびとうきょうすいようはちじわくのれんぞくどらま)は、テレビ東京系列で1983年4月 - 8月、1985年4月 - 7月、1990年10月 - 1991年3月、1998年1月 - 2000年9月まで毎週水曜日の20:00 - 20:54に放送されていたテレビドラマの枠である。 枠の歴史 5年3ヶ月続いた三波伸介司会の『三波伸介の凸凹大学校』が、三波の急逝で打ち切られた後、1時間単発特別番組枠『水曜大特バン』を3ヶ月放送し、1983年4月10日より天知茂主演の公開ドラマ『AカップCカップ』でスタート。だが半年も持たずに中断、1年7ヶ月後の1985年4月10日より、鳥越マリらが主演の学園コメディ『花の女子校 聖カトレア学園』で再開したが、わずか3ヶ月で水曜19:00し(同時に『花のカトレア学園』に改題)、この枠のドラマも5年3ヶ月中断、この時期はコメディが主流だった。 (Wikipedia:テレビ東京水曜8時枠の連続ドラマ)

テレビ東京日曜朝8時30分枠のアニメ
『』より : (Wikipedia:テレビ東京日曜朝8時30分枠のアニメ)

テレビ東京ソフトウェア
『』より : (Wikipedia:テレビ東京ソフトウェア)


テレビ東京 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  フィンランド - 2017年08月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



フィンランド
フィンランド共和国 Suomen tasavalta(フィンランド語)Republiken Finland(スウェーデン語) 国の標語:なし 国歌:我等の地 フィンランドの位置 フィンランド共和国(フィンランドきょうわこく、フィンランド語: Suomen tasavalta、スウェーデン語: Republiken Finland)、通称フィンランドは、北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国のひとつであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置する。首都はヘルシンキ。 国名 正式名称は、フィンランド語では Suomen tasavalta(スオメン・タサヴァルタ)、通称 Suomi(スオミ)。形容詞はsuomalainen(スオマライネン)。スウェーデン語では Republiken Finland(レプブリケン・フィンランド)、通称 Finland(フィンランド)。 (Wikipedia:フィンランド)

フィンランド共和国
『フィンランド』より : フィンランド共和国 Suomen tasavalta(フィンランド語)Republiken Finland(スウェーデン語) 国の標語:なし 国歌:我等の地 フィンランドの位置 フィンランド共和国(フィンランドきょうわこく、フィンランド語: Suomen tasavalta、スウェーデン語: Republiken Finland)、通称フィンランドは、北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国のひとつであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置する。首都はヘルシンキ。 国名 正式名称は、フィンランド語では Suomen tasavalta(スオメン・タサヴァルタ)、通称 Suomi(スオミ)。形容詞はsuomalainen(スオマライネン)。スウェーデン語では Republiken Finland(レプブリケン・フィンランド)、通称 Finland(フィンランド)。 (Wikipedia:フィンランド共和国)

フィンランドの歴史
フィンランドの歴史(フィンランドのれきし)では、フィンランドの歴史について記述する。 先史時代 石器時代 現在の北欧の全域は1万3000年前までの間は氷床が広がっていたが、ヴュルム氷期が終わって気温が上昇すると、氷が解けて海面が上昇すると共に氷河の重さに抑えられていた陸が隆起した。約9000年前、後にバルト海になるアンキュルス湖の東側へ南方や東方から人々が移動するようになり、狩猟や漁業を行った。 紀元前3300年頃にヴォルガ川周辺の文化が持ち込まれ、櫛目文土器を使い始めた。ウラル語族のフィン人の祖先はフィンランド湾の南に広がり、サーミ人の祖先は北へ分かれた。この頃から北ゲルマン語群の文化と交流が始まり、言語や文化に影響を受けた。 紀元前1500年頃に青銅器時代が始まるまでに南部や西部では農業が始まったが東部や北部では狩猟と漁業が中心のままだった。青銅器が伝わった頃のフィンランドの遺跡は少なく、サーミ人はアスベスト土器を用いた。 民族移動時代 5世紀から6世紀のフィンランドを前期民族移動時代と呼び、8世紀末までを後期民族移動時代として区分する。 (Wikipedia:フィンランドの歴史)

フィンランド語
フィンランド語(フィンランドご、suomi, suomen kieli)は、ウラル語族フィン・ウゴル語派のフィン・ペルム諸語フィン・ラップ諸語に属すバルト・フィン諸語の一言語。主にフィン人が使用する。 原語名称からスオミ語(Suomi)、またフィン語ともいう。この言語は膠着語であり、15格を有する。また同じバルト・フィン諸語にはエストニア語、サーミ語、カレリア語などが挙げられる。 約600万人の人々が同言語を話し、その内の93%がフィンランド国内の人々である。フィンランドのうちオーランド諸島と一部の地域ではスウェーデン語を用いているか、もしくはフィンランド語とスウェーデン語を併用している。フィンランド国外の使用者は、冬戦争・継続戦争で失った現ロシア連邦カレリア共和国に多く話者はおよそ7万人とされる。表記にはラテン文字を採用している。 フィンランド語はウラル語族であるため、話者グループの居住地が地理的に近いスウェーデン語やデンマーク語など他の北ヨーロッパの言語や、英語・ドイツ語などのインド・ヨーロッパ語族とは大きく異なる。 (Wikipedia:フィンランド語)

フィンランド神話
フィンランド神話(フィンランドしんわ)はフィンランドの神話であり、18世紀まで口伝によって継承されてきた。 フィン族は精霊信仰をベースに、世俗化はしたものの原始宗教的な伝説を守ってきた。狩り(ペイヤイネン Peijainen)や収穫、種蒔きといった儀式は、社会的イベントとして開催されたが、根底にある宗教的部分は全く欠落しなかったのである。 周囲の文化の緩やかな影響によって、単一神教的な考え方から空神を主神格に上げたけれども、彼らにとっては空神も元来は他と同じ「自然界の存在の1つ」でしかなかった。 最も神聖視された動物の熊は、フィン族の祖先の化身と見なされていたため、具体的な名前を声に出して呼んだりせず、"mesikämmen"(草地の足), "otso"(広い額), "kontio"(陸に棲むもの)といった婉曲表現で呼んでいた。 フィンランドの古代の神々が「マイナーな異教神」になってしまっても、その精神は長年の伝統となって大多数のフィン族の生活に浸透しており、習慣としてその神々を大切にしている。 (Wikipedia:フィンランド神話)

フィンランド航空
フィンエアー(英語: Finnair、フィンランド語: Finnair Oyj フィンナイル・オーウーイィー)もしくはフィンランド航空は、フィンランドの航空会社である。 フィンランドのフラッグ・キャリアである。フィンランドのヘルシンキ・ヴァンター国際空港をハブ空港にしてフィンランド国内、ヨーロッパ、アジア・北アメリカ・中東方面などへ路線を展開している。航空連合のワンワールドに加盟しており、路線網は国内線約20都市、国際線約79都市の合計で約100都市にわたる。 航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 1923年〜 1923年11月1日 第一次世界大戦後、フィンランド航空の前身『アエロ・オイ(Aero O/Y)』が、民間航空会社として設立。創業者社長のブルーノ・オットー・ルキャンダーにより、水上フロートも付けられるドイツ製ユンカース F.13(第1号機・製造番号:700、機体記号:D-335/K-SALA)の導入を決定。 (Wikipedia:フィンランド航空)

フィンランド・フェスティヴァルズ
フィンランド・フェスティヴァルズは、フィンランド国内で行われる様々な文化的催しを支援するために、1968年首都ヘルシンキに設立された協力組織である。観光業の一環として、ロビー活動やマーケティング、パブリック・リレーションズ PR、フィンランドの文化に関する教育などを担っている。
組織には、2008年現在80ものイベントが登録されており、毎年多くの聴衆を獲得している。主に音楽の部門のフェスティヴァルが多いが、演劇や映画、視覚芸術など、その分野は多岐に渡る。
マルチアート・フェスティヴァル部門
フェイシズ・エトノフェスティヴァル(Faces EtnoFestival)
労働者音楽祭(Festival of Workers” Music)
ヘルシンキ・フェスティヴァル(Helsinki Festival)
ホーリーヒル音楽祭(Holy Hill Music Festival)
(Wikipedia:フィンランド・フェスティヴァルズ)

フィンランド内戦
フィンランド内戦(フィンランドないせん、フィンランド語: Suomen sisällissota)はフィンランドで1918年に発生した、右派白衛軍と左派赤衛軍による内戦。 背景 開戦前の情勢 第一次世界大戦の煽りを受けて1917年ロシア革命が起こると、フィンランド議会はこれを好機として1917年12月6日に独立を宣言した。ロシア革命により誕生したばかりのソビエト政府は民族自決の方針からフィンランドの独立を認めた。独立後のフィンランド情勢は不安定であった。内政的には食糧不足による飢饉、高い失業率、不況といった問題を抱えていた。 対立勢力 自作農や資産家階級の人々は自らの財産を守るべく白衛軍を組織した。小作農や労働者達は革命を目指して赤衛軍を組織した。両者の対立が高まる中、1917年10月に左派勢力は議会における絶対多数を失い、政府は赤軍の国外追放を決議。1917年11月にはゼネラル・ストライキが発生し、両派の対立は決定的なものとなった。白衛軍はドイツ帝国とスウェーデン義勇軍の支援を受けた。 (Wikipedia:フィンランド内戦)

フィンランドの銃規制
フィンランドの銃規制( - じゅうきせい)と銃政策(じゅうせいさく)について解説する。フィンランドには200万丁の銃火器が登録されており、(これは単位あたりでアメリカ合衆国 米国よりも多い)さらに25万丁の未登録銃器も存在しているといわれている。フィンランド内務省によると、フィンランド家庭の25%が銃火器を所有しており、その殆どがロングガンと呼ばれるライフル銃や散弾銃である。これはフィンランドの国民皆兵制度に基づいている。上記の銃火器には信号弾発射銃も含まれており、これはフィンランドでボートやヨットが人気スポーツであることに由来している。
フィンランドの銃規制の施策は銃による犯罪を減らし、またその一方で軍隊の予備役の兵隊に銃を所持させて射撃訓練をさせることを目的として制定されている。フィンランドでは徴兵制度があり、予備役の射撃技術の維持は施策の柱となっている。フィンランドでは銃火器の全長が長ければ長いほど免許の所持が容易である(これは長ければ長いほど犯罪に使用しにくいという理由に基づいている)。
(Wikipedia:フィンランドの銃規制)

フィンランド大公国
フィンランド大公国 Storfurstendömet Finland (瑞語)Suomen suuriruhtinaskunta (芬語)Великое княжество Финляндское (露語) フィンランド大公国の位置フィンランド大公国の位置 フィンランド大公国(フィンランドたいこうこく、フィンランド語: Suomen suuriruhtinaskunta、露: Великое княжество Финляндское)は、1809年から1917年まで現在のフィンランドにあった国家である。 (Wikipedia:フィンランド大公国)

フィンランドのユーロ硬貨
ユーロ (EUR, €) は、欧州連合に加盟しているフィンランドを含む多くの国で使われている通貨である。 ユーロ硬貨の片面はユーロ圏全域共通のデザイン、もう片面は各国の独自のデザインとなっている。各国共通の表面の詳細はユーロ硬貨を参照。2ユーロ硬貨以外の縁(へり)のデザインもまた、全域で共通である。独自デザインとされている裏面も、欧州連合を象徴する12個の星と発行年を西暦で表示することは共通である。 フィンランドのユーロ硬貨は、フィンランド銀行によって発行されている。 第一次 (2002 - 2006) 第一次フィンランドのユーロ硬貨は、デザインが3種類あり、その1つは、フィンランドの国章に描かれている剣をふるうライオンで、ユーロ導入以前の通貨であったマルッカ硬貨のデザインを引き継ぐ。 第二次 (2007 - 現在) 2007以降に鋳造された硬貨には、発行国の識別記号として、フィンランド(Finland)の頭文字である「FI」の文字が追加されている。 (Wikipedia:フィンランドのユーロ硬貨)

フィンランド人の一覧
フィンランド人の一覧(フィンランドじんのいちらん)は、フィンランド出身者、フィンランド国籍を持つ人物についての姓名を50音順に配列したものである。 あ行 アルヴァ・アールト - 建築家 ヴァイノ・アールトネン (Wäinö Aaltonen) - 画家、彫刻家 アクセル・アイロ - 軍人 アイノ・アクテ (Aino Ackté) - ソプラノ歌手 ミカエル・アグリコラ - 聖職者 マルッティ・アハティサーリ - 大統領、ノーベル平和賞受賞者(2008) カレヴィ・アホ - 作曲家 ユハニ・アホ (Juhani Aho) - ジャーナリスト、作家 オラヴィ・アホネン (Olavi Ahonen) - 俳優 ヤンネ・アホネン - スキージャンプ選手 カッレ・アホラ (Kalle Ahola) - 歌手、俳優、ギタリスト、作詞家、作曲家、編曲者 ペテル・アホラ (Peter Ahola) - アイスホッケー選手 ミカ・アホラ (Mika Ahola) - エンデューロライダー ヤルッコ・アホラ (Jarkko Ahola) - アーティスト、作曲家、歌手 ヨウコ・アホラ (Jouko Ahola) - 俳優 パトリック・アントニウス (Patrik Antonius) - ファッションモデル、ポーカー選手、テニスコーチ アドルフ・イーヴァル・アルヴィドソン - 詩人、歴史家。 (Wikipedia:フィンランド人の一覧)

フィンランド語版ウィキペディア
フィンランド語版ウィキペディア(”Suomenkielinen Wikipedia”)は、ウィキペディアのフィンランド語版である。
ウィキペディア全言語版中で13番目に記事数が多く、2008年4月現在、約16万項目の記事をもつ。フィンランド語版ウィキペディアは2002年に開始したが、しばらくはほとんど記事が執筆されていない状態であった。2003年初めには記事数は僅か6項目だけであったが、その1年間で3000項目を越すまでに急増した。また、同年11月にはウィキペディアのシステムがMediaWiki(当時の呼称は「Phase III」)に移行し、フィンランド国内においてメディアに取り上げられたり、記事の質が向上したことなどにより、さらに発展を遂げて今に至る。2007年2月11日、10万項目以上の記事をもつ13番目のウィキペディアとなった。
(Wikipedia:フィンランド語版ウィキペディア)

フィンランドの国歌
我等の地(われらのち、フィンランド語: Maamme、スウェーデン語: Vårt land)はフィンランドの国歌。楽曲がエストニアの国歌と同じである。 また、フィンランドにおいては第二の国歌としてジャン・シベリウス作曲のフィンランディアが知られている。 作曲はフレドリク・パーシウス。作詞はユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリの手によってスウェーデン語で書かれ、パーヴォ・カヤンデルがフィンランド語に訳した。 歌詞 後半四行は繰り返す。 外部リンク フィンランド国歌。 (Wikipedia:フィンランドの国歌)

フィンランド化
フィンランド化(フィンランドか、独: Finnlandisierung 英: Finlandization)とは、議会民主制と資本主義経済を維持しつつも共産主義国の勢力下におかれる状態を、フィンランドとソビエト連邦の関係になぞらえた語である。 旧西ドイツの保守勢力が、諸悪の根源とされる共産主義諸国との対話を重視した首相ブラントを批判する際に用いた造語に由来する。 沿革 1939年の独ソ不可侵条約によって、ソ連はフィンランドを勢力範囲とすることをドイツから認められる。スターリンはフィンランドの併合を目論んでフィンランドへの侵攻を開始したが(ソ芬戦争)、頑強な抵抗に遭いフィンランド国土の十分の一のソ連への割譲を条件に講和し(冬戦争)、1941年の独ソ戦開戦によりフィンランドも失地回復のため参戦した(継続戦争)。枢軸国の敗勢によりフィンランドはソ連と休戦し、国内駐留ドイツ軍と開戦した(ラップランド戦争)。 敗戦国の立場に立たされ地理的にも西側の支援の望めないフィンランドは、1948年にフィンランド・ソ連友好協力相互援助条約(Agreement of Friendship, Cooperation, and Mutual Assistance)を締結し、独立および議会民主制と資本主義の維持と引き換えに、有事の際にはソ連に協力して戦うことを明言し、国際的には事実上の東側の一員として行動することとなった。 (Wikipedia:フィンランド化)

フィンランド中央党
『中央党 (スオミ)』より : フィンランド中央党(フィンランドちゅうおうとう、フィンランド語: Suomen Keskusta; Kesk.、スウェーデン語: Centern i Finland; C)は、フィンランドの中道・リベラル政党。フィンランド社会民主党、国民連合党と並ぶフィンランド三大政党の一つである。この場合の「中央」とは中道の意味である。 自由主義インターナショナルに加盟している。 沿革 1906年、前身組織が形成され、1908年に農民党 (Maalaisliitto) として結成された。結成の中心となったのは、サンテリ・アルキオ (Santeri Alkio) である。それ以来、農村地帯と地方小都市が中央党の最大基盤となっている。一方では、南部の都市域への浸透も図っている。中央党への党名変更も、地方から中央への支持浸透を目的とした面もあった。 1956年から1982年まで大統領を務めたウルホ・ケッコネンという卓越した指導者を得て、フィンランド最大の政党として発展してきた。 (Wikipedia:フィンランド中央党)

フィンランド湾
フィンランド湾(露: Финский залив、芬: Suomenlahti、エストニア語: Soome laht、スウェーデン語: Finska viken, 英語: Gulf of Finland)は、バルト海東部の湾。フィンランド、ロシア、エストニアに囲まれた東西約400kmの細長い湾である。(右、[地図上] 参照) この湾に面する主要都市は、北岸にフィンランドの首都ヘルシンキ、南岸にエストニアの首都タリン、湾の東奥にロシアのサンクトペテルブルクがある。(右、[地図下] 参照) 西方向に開けた湾で、面積約3万平方km、平均水深40mほどで、冬には結氷する。ヴォルガ・バルト水路によりラドガ湖、ボルガ川などと結ばれている。コトリン島をはじめ、大小多くの島がある多島海である。 フィンランド湾は約4,000年前にリットリナ海の一部として、原型が形成されたとされている 。 近世には、ロシア帝国、スウェーデンの制海権の争奪戦が行われた。主な海戦は、ハンゲの海戦、スヴェンスクスンドの海戦などである。 脚注 外部リンク Kymenlaakso in a nutshell - Kymenlaakson liitto Southern coast of the Gulf of Finland, Baltic Sea | Ramsar。 (Wikipedia:フィンランド湾)

フィンランド国営放送
フィンランド国営放送/フィンランド放送協会(フィンランド語:Yleisradio 略称:YLE)は、フィンランド全域をカバーする公共放送 公共テレビ・ラジオ局。日本放送協会 NHKや英国放送協会 BBC同様、収入の大部分を受信料で賄えている。
YLEはフィンランド政府がその株式の99.98%を所有している公社であり、4つのテレビチャンネルと13のラジオチャンネル、25の地方局がある。1926年にヘルシンキで創業。フィンランドは公式的に2つの公用語を持つ国であり(スウェーデン語を母語とする人口は約5.5%)、スウェーデン語のテレビとラジオ放送を「Svenska YLE」と言う局名で実施していた。
欧州放送連合(EBU)の設立時からの加盟局である。
1926年 ヘルシンキにて設立。1928年には全国放送(ラジオ)開始。
(Wikipedia:フィンランド国営放送)

フィンランド民主共和国
フィンランド民主共和国 Suomen Kansanvaltainen Tasavalta フィンランド民主共和国(フィンランドみんしゅきょうわこく、フィンランド語: Suomen Kansanvaltainen Tasavalta、英語: Finnish Democratic Republic)は、フィンランドに1939年12月1日から1940年3月13日の冬戦争終戦まで存在したソビエト連邦による傀儡政権。カレリア地峡の町テリヨキ(現在のゼレノゴルスキ)が臨時の首都と定められ、ソ連はこの政府を唯一のフィンランド政府とみなした。 首班(議長)はソ連に亡命していた共産党員オットー・クーシネンであった。当初(11月12日)ではストックホルム在住の中央委員、アルボ・トゥオミネンが候補であったが、彼が力不足を理由に拒否したためクーシネンが就任することになったとされる。 経緯 1939年11月30日、モスクワはフィンランド共産党の放送を受信したとして同党の宣言を報道した。 (Wikipedia:フィンランド民主共和国)

フィンランド人民民主共和国
『フィンランド民主共和国』より : フィンランド民主共和国 Suomen Kansanvaltainen Tasavalta フィンランド民主共和国(フィンランドみんしゅきょうわこく、フィンランド語: Suomen Kansanvaltainen Tasavalta、英語: Finnish Democratic Republic)は、フィンランドに1939年12月1日から1940年3月13日の冬戦争終戦まで存在したソビエト連邦による傀儡政権。カレリア地峡の町テリヨキ(現在のゼレノゴルスキ)が臨時の首都と定められ、ソ連はこの政府を唯一のフィンランド政府とみなした。 首班(議長)はソ連に亡命していた共産党員オットー・クーシネンであった。当初(11月12日)ではストックホルム在住の中央委員、アルボ・トゥオミネンが候補であったが、彼が力不足を理由に拒否したためクーシネンが就任することになったとされる。 経緯 1939年11月30日、モスクワはフィンランド共産党の放送を受信したとして同党の宣言を報道した。 (Wikipedia:フィンランド人民民主共和国)


フィンランド - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  メイドインアビス - 2017年08月21日


関連するイメージは見つかりませんでした




メイドインアビス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す