[PR]

日別キーワード

第1位  アンプルール - 2017年08月21日


関連するイメージは見つかりませんでした




アンプルール - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  北九州記念 - 2017年08月23日


関連するイメージは見つかりませんでした



北九州記念
北九州記念(きたきゅうしゅうきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が小倉競馬場の芝1200メートルで施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 テレビ西日本が寄贈賞を提供しており、正式名称は「テレビ西日本賞 北九州記念」と表記している。 正賞はテレビ西日本賞。 1966年に創設された、4歳(現3歳)以上の競走馬による重賞競走。 創設当初は小倉競馬場の芝2000mで施行されたが、1969年から芝1800mに短縮。2006年から芝1200mに短縮され、サマースプリントシリーズに指定されるとともに、スプリンターズステークスを目指す前哨戦のひとつとしても位置づけられた。2008年の優勝馬スリープレスナイトはその後スプリンターズステークスでも優勝し、同年のJRA賞最優秀短距離馬に輝いている。 サマースプリントシリーズに指定されてからは、この競走を制したリトルゲルダ(2014年)、ベルカント(2015年)がシリーズのチャンピオンとなった。 (Wikipedia:北九州記念)


北九州記念 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  Instagram - 2017年08月23日


関連するイメージは見つかりませんでした



Instagram
Instagram(インスタグラム)は、無料の画像共有アプリケーションソフトウェアである。デジタル画像を撮影し、画像編集(フィルター)をし、同サービスあるいは、Facebook、Twitter、foursquare、Tumblr、Flickr、ポスタラスといった他のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で共有する。 iPhone・iPod touch・iPadのうちiOS 3.1.2以降のシステムを搭載したデバイスには当初から適応していた。また、2012年4月にはAndroid 2.2以降とカメラを搭載したデバイスに対応した。 コダックのインスタマチック、ポラロイドのインスタントカメラの両方に敬意を払い、インスタグラムの投稿画像は正方形が基本となっている。 ケヴィン・シストロムとマイク・クリーガーが、ベースライン・ヴェンチャーズとアンドリーセン・ホロウィッツの2社から財政的支援を受けて、インスタグラムのグループは始動した。 (Wikipedia:Instagram)


Instagram - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  バルセロナ - 2017年08月23日


関連するイメージは見つかりませんでした



バルセロナ
バルセロナ(Barcelona、カタルーニャ語発音: [bəɾsəˈlonə] バルサローナ)は、スペイン・カタルーニャ州バルセロナ県のムニシピ(基礎自治体)。カタルーニャ州の州都であり、バルセロナ県の県都である。人口はマドリードに次いでスペインで第2位。 地中海沿岸に位置する港湾都市で、フランスとの国境であるピレネー山脈から160km南に位置する。カタルーニャ州及びバルセロナ県のいずれにおいても、人口の大半を占めるプライメイトシティ(一極集中型都市)である。行政市としては約160万人の人口である。2015年の都市圏人口は421万人であり、スペインではマドリードに次ぐ第2位、世界第83位である。 14世紀に建設された城塞を起源とする旧市街と、1859年の大拡張計画によって建設された碁盤の目のように正方形の街区が並ぶ新市街からなる。都心部では人口が減少し、周辺部や都市圏外に流出しており、ドーナツ化現象に脅かされている。 1992年にはバルセロナオリンピックが開催された。2014年にアメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第24位の都市と評価されており、スペインではマドリードに次ぐ第2位であった。 (Wikipedia:バルセロナ)

バルセロナオリンピック日本選手団
バルセロナオリンピック日本選手団は、1992年7月25日から1992年8月9日まで開催されたバルセロナオリンピックの日本代表選手団及び競技結果。選手所属及び選手名は1992年当時のもの。 人員:選手 263人、役員 114人 主将:古賀稔彦、旗手:中田久美 結団式・壮行会:7月18日(新高輪プリンスホテル) 解団式:8月12日(高輪プリンスホテル) メダル獲得者 金メダル 岩崎恭子(水泳女子200平泳ぎ) 古賀稔彦(柔道男子71キロ級) 吉田秀彦(柔道男子78キロ級) 銀メダル 小川直也(柔道男子95キロ級) 田村亮子(柔道女子48キロ級) 溝口紀子(柔道女子52キロ級) 田辺陽子(柔道女子72キロ級) 池谷幸雄(体操・床) 渡辺和三(射撃・クレーオープントラップ) 有森裕子(陸上競技・女子マラソン) 森下広一(陸上競技・男子マラソン)  銅メダル 奥野史子(シンクロナイズドスイミング・ソロ) 奥野史子・高山亜樹(シンクロナイズドスイミング・デュエット)  西川大輔・池谷幸雄・知念孝・畠田好章・松永政行・相原豊(体操・男子団体) 松永政行(体操・平行棒) 赤石光生(レスリング・フリースタイル68キロ級) 越野忠則(柔道・男子60キロ以下級) 岡田弘隆(柔道・86キロ以下級) 立野千代里(柔道・女子56キロ以下級) 坂上洋子(柔道・女子72キロ超級) 木場良平(射撃・50mフリーライフル) 日本代表(野球) 陸上競技 監督:大串啓二 コーチ:宮川千秋 コーチ:浜田安則 コーチ:宗茂 コーチ:小出義雄 コーチ:斉藤和夫 コーチ:安田矩明 コーチ:石山修盟 井上悟(日大) 男子100m:2次予選落ち(10秒50) 浦田春生(本田技研) 男子10000m:14位(28分37秒61) 園原健弘(アシックス) 男子50km競歩:22位(4時間13分22秒) 岩崎利彦(富士通) 男子110mハードル:2次予選落ち(13秒88) 吉田雅美(大京) 男子やり投げ:予選落ち(73.88) 高野進(東海大教) 男子400m:8位(45秒18) 今村文男(富士通) 男子50km競歩:18位(4時間07分45秒) 佐野浩之(ファースト) 男子棒高跳び:予選失格 斎藤嘉彦(法大) 男子400mハードル:予選で落選(49秒01) 山下訓史(日本電気) 男子三段跳び:予選で落選(15m97cm) 山崎一彦(順天大) 男子400mハードル:予選で落選(50秒30) 小坂忠広(デサント) 男子50km競歩:24位(4時間14分24秒) 森下広一(旭化成) 男子マラソン:銀メダル(2時間13分45秒) 森長正樹(日大) 男子走り幅跳び:予選で落選(7m79cm) 杉本龍勇(法大) 男子100m:1次予選で落選(10秒56) 青戸慎司(中京大勤務) 男子100m:2次予選で落選(10秒53) 大崎栄(旭化成) 男子10000m:予選で落選(29分20秒01) 谷口浩美(旭化成) 男子マラソン:8位(2時間14分42秒) 中山竹通(ダイエー) 男子マラソン:4位(2時間14分02秒) 渡辺高博(早大) 男子400m:1次予選で落選(46秒45) 簡優好(順天大)・斎藤嘉彦・高野進・渡邉高博 男子4×400mリレー:予選で落選(3分01秒35) 青戸慎司・井上悟・杉本龍勇・鈴木久嗣(中京大) 男子4×100mリレー:6位(38秒77) 伊東浩司(富士通) 出場せず 大森盛一(日大) 出場せず 五十嵐美紀(リクルート) 女子10000m:14位(32分09秒58) 佐藤恵(ミズノ) 女子走り高跳び:7位(1m91cm) 佐藤優子(資生堂) 女子10km競歩:24位(47分43秒00) 山下佐知子(京セラ) 女子マラソン:4位(2時間36分26秒) 小鴨由水(ダイハツ) 女子マラソン:29位(2時間58分18秒) 真木和(ワコール) 女子10000m:12位(31分55秒06) 板倉美紀(寺井高) 女子10km競歩:23位(47分11秒00) 有森裕子(リクルート) 女子マラソン:銀メダル(2時間32分49秒) 鈴木博美(リクルート) 女子10000m:16位(32分43秒39、予選で落選) 水泳 総監督:小林徳太郎 競泳 ヘッドコーチ:鈴木陽二 コーチ:野本敏明 コーチ:渡辺正己 コーチ:設楽義信 コーチ:佐久間耕三 ドクター:武藤芳照 衣笠竜也(法政二高) 男子200m個人メドレー:13位(2分04秒29) 加藤真志(近大) 男子400m自由形:予選落ち(4分00秒66) 男子1500m自由形:予選落ち(15分40秒94) 空岡京太(明大) 男子100m背泳ぎ:予選落ち(57秒64) 男子200m背泳ぎ:予選落ち(2分03秒10) 三好智弘(日大) 男子100mバタフライ:予選落ち(55秒98) 男子200mバタフライ:予選落ち(2分01秒27) 糸井統(早大) 男子100m背泳ぎ:12位(56秒64) 男子200m背泳ぎ:4位(1分59秒52) 緒方茂生(中京大) 男子100m自由形:予選落ち(52秒74) 男子200m自由形:予選落ち(1分53秒42) 男子400m自由形:予選落ち(3分57秒91) 川中恵一(同志社大) 男子100mバタフライ:予選落ち(55秒18) 男子200mバタフライ:5位(1分58秒97) 倉澤利彰(世田谷学園高) 男子50m自由形:予選落ち(24秒61) 男子200m自由形:予選落ち(1分53秒75) 男子400m個人メドレー:予選失格 中野勉(早大) 男子50m自由形:失格 男子100m自由形:予選落ち(51秒63) 渡辺健司(稲泳会) 男子100m平泳ぎ:予選落ち(1分03秒29) 男子200m平泳ぎ:7位(2分14秒70) 藤本隆宏(早大) 男子200m個人メドレー:15位(2分07秒74) 男子400m個人メドレー:8位(4分23秒86) 林享(大分鶴崎高) 男子100m平泳ぎ:4位(1分01秒86) 男子200m平泳ぎ:8位(2分15秒11) 糸井統・川中恵一・中野勉・林享 男子4×100mメドレーリレー:8位(3分43秒25) 中野亜弥子(青山学院大) 女子50m自由形:予選落ち(26秒74) 女子100m自由形:予選落ち(57秒71) 稲田法子(草加中) 女子100m背泳ぎ:12位(1分03秒42) 女子200m背泳ぎ:15位(2分17秒68) 漢人陽子(浜松商高) 女子100mバタフライ:11位(1分01秒32) 岩崎恭子(沼津市立第五中) 女子100m平泳ぎ:13位(1分11秒16) 女子200m平泳ぎ:金メダル(2分26秒65) 司東利恵(日大) 女子100mバタフライ:8位(1分01秒16) 女子200mバタフライ:5位(2分10秒24) 春名美佳(平岡中) 女子200mバタフライ:4位(2分09秒88) 松戸思奈(東北学院大) 女子50m自由形:予選落ち(27秒36) 千葉すず(近大付属高) 女子100m自由形:9位(55秒97) 女子200m自由形:6位(2分00秒64) 女子400m自由形:8位(4分15秒71) 鳥飼淳子(近大付属高) 女子200m背泳ぎ:11位(2分15秒20) 粕谷恭子(狭山ヶ丘高) 女子100m平泳ぎ:予選落ち(1分11秒60) 女子200m平泳ぎ:13位(2分32秒97) 肥川葉子(九州女大付属高) 女子100m背泳ぎ:8位(1分03秒23) 女子200m自由形:予選落ち(2分03秒32) 平中秀子(専大) 女子200m個人メドレー:9位(2分18秒47) 女子400m個人メドレー:5位(4分46秒24) 木村衣里(青山学院大) 女子200m個人メドレー:12位(2分18秒91) 女子400m個人メドレー:7位(4分47秒78) 岩崎恭子・漢人陽子・肥川葉子・千葉すず 女子4×100mメドレーリレー:7位(4分09秒92) 肥川葉子・千葉すず・中野亜弥子・松戸思奈 女子4×100m自由形リレー:予選落ち(3分49秒91) 飛込 コーチ:金戸俊介 金戸恵太(ミキハウス) 男子高飛込:8位(529.14) 男子飛板飛込:31位(295.74) 元渕幸(天理教教会本部) 女子高飛込:26位(239.01) 女子飛板飛込:11位(443.76) 山岸勲(日本テープ) 男子高飛込:18位(331.23) 男子飛板飛込:21位(344.40) シンクロナイズドスイミング ヘッドコーチ:金子正子 コーチ:井村雅代 奥野史子(同志社大) ソロ:銅メダル(187.056) 奥野史子・高山亜樹(大阪体大出) デュエット:銅メダル(186.868) 小谷実可子(JOC) 出場せず 体操 監督:監物永三 男子コーチ:梶山広司 女子コーチ:大八木千尋 トレーナー:室門孝次 新体操コーチ:五明みさ子 体操競技 松永政行(河合楽器) 男子平行棒:銅メダル(9.800) 西川大輔(日大) 男子鉄棒:5位(9.787) 男子平行棒:8位(9.575) 相原豊(日体大) 男子床運動:5位(9.737) 男子跳馬:8位(9.450) 知念孝(河合楽器) 男子個人総合:27位(56.675) 池谷幸雄(日体大) 男子つり輪:7位(9.762) 男子個人総合:23位(56.900) 男子床運動:銀メダル(9.787) 畠田好章(日体大) 男子あん馬:6位(9.775) 男子個人総合:13位(57.475) 男子鉄棒:5位(9.787) 相原豊・池谷幸雄・知念孝・西川大輔・畠田好章・松永政行 男子団体総合:銅メダル(578.250) 佐藤寿治(大和銀行) 出場せず 三浦華子(藤村女子高) 女子個人総合:66位(予選敗退) 瀬尾京子(日体大) 女子個人総合:60位(予選敗退) 小菅麻里(藤村女子高) 女子個人総合:17位(39.162) 新体操 山田海蜂(日女体大) 個人総合:18位(36.400) 川本ゆかり(東女体大) 個人総合:37位(35.050) 自転車 監督:藤原英興 コーチ:三妙敬治 メカニック:野口正義 江原政光(シマノ) 男子4000m個人追抜競走:15位(4分41秒287) 小嶋敬二(コジマスポーツ) 男子1000mタイム・トライアル:10位(1分05秒994) 男子スプリント:1/16決勝敗者復活決定戦敗退 大門宏(日本舗道) 男子50kmポイント・レース:11位(14点) 田中光輝(愛三工業) 男子194km個人ロード・レース:途中棄権 藤田晃三(ブリヂストンサイクル) 男子194km個人ロード・レース:84位(5時間02分11秒) 藤野智一(ノバ) 男子194km個人ロード・レース:21位(4時間35分56秒) 安藤康洋(宮田工業)・江原政光・橋佐古直清(日大)・班目真紀夫(日大) 男子4000m団体追抜競走:15位(4分32秒484、予選敗退) 岸原薫(シマノ) 出場せず 橋本聖子(富士急行) 女子3km個人追抜競走:11位(3分51秒674、予選敗退) 黒木美香(出来鉄工所) 女子スプリント:7位 鈴木裕美子(パルコ) 女子81km個人ロード・レース:50位(2時間29分22秒) 柔道 男子 監督:上村春樹 コーチ:藤猪省太 コーチ:南喜陽 コーチ:吉村和郎 トレーナー:米田實 トレーナー:金山浩康 越野忠則(東洋水産) 60kg以下級:銅メダル 丸山顕志(ダイコロ) 65kg以下級:7位 古賀稔彦(日体大勤務) 71kg以下級:金メダル 吉田秀彦(新日鉄) 78kg以下級:金メダル 岡田弘隆(マルナカ) 86kg以下級:銅メダル 甲斐康浩(新日鉄) 95kg以下級:7位 小川直也(日本中央競馬会) 95kg超級:銀メダル 女子 監督:中村良三 コーチ:柳澤久 コーチ:島谷順子 トレーナー:斎藤桂三 田村亮子(福岡工大付属高) 48kg以下級:銀メダル 溝口紀子(埼玉大) 52kg以下級:銀メダル 立野千代里(筑波大) 56kg以下級:銅メダル 小林貴子(ミキハウス) 61kg以下級:1回戦敗退 藤本涼子(金沢女大教) 66kg以下級:1回戦敗退 田辺陽子(ミキハウス) 72kg以下級:銀メダル 坂上洋子(山形県教委) 72kg超級:銅メダル レスリング 監督:平山紘一郎 コーチ:伊達治一郎 コーチ:富山英明 コーチ:高田裕司 コーチ:宮原厚次 コーチ:下田正二郎 安達巧(日体大勤務) フリースタイル62kg級:2回戦敗退 伊藤敦(京都府体協) フリースタイル82kg級:2回戦失格 太田章(早大教) フリースタイル90kg級:3回戦敗退 中西学(新日本プロレス) フリースタイル100kg級:2回戦敗退 本田多聞(自衛隊体育学校) フリースタイル130kg級:2回戦失格 奥山恵二(山形南高教) フリースタイル57kg級:3回戦敗退 原喜彦(新潟北高教) フリースタイル74kg級:失格 佐藤満(日本体育会職員) フリースタイル52kg級:6位 赤石光生(ユニマット) フリースタイル68kg級:銅メダル 花原大介(警視庁) グレコローマンスタイル57kg級:2回戦敗退 森巧(自衛隊体育学校) グレコローマンスタイル68kg級:2回戦敗退 森山泰年(自衛隊体育学校) グレコローマンスタイル90kg級:2回戦敗退 西口茂樹(日体大大学院) グレコローマンスタイル62kg級:3回戦敗退 大橋正教(ユニマット) グレコローマンスタイル48kg級:9位 野々村孝(香川県スポーツ振興) グレコローマンスタイル100kg級:2回戦敗退 鈴木賢一(読売千葉広告社) グレコローマンスタイル130kg級:2回戦敗退 ボクシング 監督:渡辺政史 コーチ:太見義寿 佐々木忠広(東農大) ライトフライ級:2回戦敗退 川上雅史(中大) ウエルター級:1回戦敗退 長島浩(ユニマット) ライトミドル級:1回戦敗退 土橋茂之(法大) ライト級:2回戦敗退 ウエイトリフティング 監督:桜井勝利 コーチ:三木功司 コーチ:細谷治朗 コーチ:佐藤薫 伊禮淳(香川県スポーツ振興) 52kg級:9位(222.5) 岩田洋介(水島工高教) 60kg級:11位(270.0) 佐久間勝彦(ゼビオ) 56kg級:5位(255.0) 佐藤和夫(宮城県体協) 60kg級:20位(260.0) 砂岡良治(ユニデン) 82.5kg級:失格 新田勝久(自衛隊体育学校) 56kg級:13位(245.0) 水野英郎(日大) 75kg級:21位(317.5) 西本宣充(布勢総合運動公園) 100kg級:8位(372.5) 渡辺博(富士急ハイランド) 52kg級:失格 堀越典昭(日体大) 67.5kg級:9位(295.0) フェンシング 安部欣哉(秋田市役所) 男子フルーレ個人:予選敗退 永野義秀(中大) 男子フルーレ個人:予選敗退 橋本寛(橋本商店) 男子サーブル個人:予選敗退 市ヶ谷廣輝(日体大) 男子フルーレ個人:予選敗退 田部仁一(島根県体協) 男子エペ個人:予選敗退 高柳裕子(香川県スポーツ振興) 女子フルーレ個人:予選敗退 テニス 監督:福井烈 コーチ:柳昌子 松岡修造(富士ゼロックス) 男子シングルス:1回戦敗退 伊達公子(ヨネックス) 女子シングルス:2回戦敗退 遠藤愛(筑波大) 女子シングルス:2回戦敗退 沢松奈生子(松蔭女子学院大) 女子シングルス:1回戦敗退 木戸脇真也(同和鉱業)・伊達公子 女子ダブルス:2回戦敗退 バドミントン 監督:池田信孝 コーチ:長谷川博幸 町田文彦(NTT) 男子シングルス:2回戦敗退 本山秀昭(トナミ運輸) 男子シングルス:2回戦敗退 松浦進二(フジチュー)・松野修二(NTT) 男子ダブルス:5位 町田文彦・宮康二(NTT) 男子ダブルス:1回戦敗退 鴻原春美(尚美学園法人本部) 女子シングルス:2回戦敗退 水井妃佐子(四条畷学園女子短大勤務) 女子シングルス:3回戦敗退 鴻原春美・水井妃佐子 女子ダブルス:2回戦敗退 陣内貴美子(ヨネックス)・森久子(ヨネックス) 女子ダブルス:2回戦敗退 捧匡子(ヨネックス)・松尾知美(NTT) 女子ダブルス:2回戦敗退 野球 監督:山中正竹 コーチ:野端啓夫 コーチ:荒井信久 伊藤智仁(三菱自動車京都)・大島公一(日本生命)・川畑伸一郎(住友金属)・小久保裕紀(青山学院大)・小島啓民(三菱重工長崎)・小桧山雅仁(日本石油)・坂口裕之(日本石油)・佐藤真一(北海道拓銀)・佐藤康弘(プリンスホテル)・杉浦正則(日本生命)・杉山賢人(東芝)・高見泰範(東芝)・十河章浩(日本生命)・徳永耕治(日本石油)・中本浩(松下電器)・西正文(大阪ガス)・西山一宇(NTT四国)・三輪隆(神戸製鋼)・若林重喜(日本石油)・渡部勝美(大昭和製紙北海道) 銅メダル バレーボール 男子 監督:大古誠司 コーチ:辻合真一郎 トレーナー:川崎勝巳 青山繁(富士フイルム)・泉川正幸(日体大)・植田辰哉(新日鉄)・大浦正文(サントリー)・大竹秀之(NEC)・荻野正二(サントリー)・河野克巳(サントリー)・栗生澤淳一(JT)・中垣内祐一(新日鉄)・成田貴志(富士フイルム)・松田明彦(日新製鋼)・南克幸(法大) 6位 女子 監督:米田一典 コーチ:達川実 トレーナー:岩﨑由純 アシスタントコーチ:中村智佳代 石掛美知代(イトーヨーカドー)・大林素子(日立)・佐藤伊知子(NEC)・高橋有紀子(小田急)・多治見麻子(日立)・苗村郁代(イトーヨーカドー)・中田久美(日立)・中西千枝子(ユニチカ)・中村和美(ユニチカ)・福田記代子(日立)・山内美加(ダイエー)・吉原知子(日立) 5位 卓球 男子監督:粂田芳孝 女子監督:森澤幸子 渋谷浩(川崎製鉄) 男子シングルス:予選リーグ敗退 松下浩二(協和発酵) 男子シングルス:予選リーグ敗退 渡辺武弘(協和発酵) 男子シングルス:予選リーグ敗退 渋谷浩・松下浩二 男子ダブルス:予選リーグ敗退 佐藤利香(武田薬品) 女子シングルス:予選敗退 山下富美代(松下電工) 女子シングルス:決勝トーナメント1回戦敗退(予選リーグ3勝0敗) 星野美香(さくら銀行) 女子シングルス:決勝トーナメント1回戦敗退(予選リーグ3勝0敗) 佐藤利香・松本雪乃(日産自動車) 女子ダブルス:予選リーグ敗退 星野美香・山下富美代 女子ダブルス:予選リーグ敗退 仲村錦治郎(明徳義塾高)・渡辺武弘 男子ダブルス:予選リーグ敗退 カヌー 監督:畑満秀 コーチ:西川暢芳 藤野強(青梅市役所) スラローム男子カヤック・シングルK1:28位(119.95ポイント) 内野経久(野母崎町教委)・當山克也(大正大勤務) レーシング男子カナディアン・ペア500mC2:準決勝敗退(1分47秒58) レーシング男子カナディアン・ペア1000mC2:準決勝敗退(3分57秒81) 小林弘子(羽村市役所) スラローム女子カヤック・シングルK1:23位(158.84ポイント) 小林美幸(造研)・武藤恵子(香川県スポーツ振興) レーシング女子カヤック・ペア500mK2:準決勝敗退(1分46秒38) ボート 監督:江田利児 コーチ:須藤武幸 阿部肇(インテック)・岩畔道徳(明治生命)・岩月孝敏(トヨタ)・坂田昌弘(インテック)・田邉保典(NTT)・松井裕好(NTT)・三留弘(NTT)・山児和久(早大)・林秀一(NTT、かじ) エイト:13位(5分51秒53) 太田信子(インテック)・山下美幸(インテック) 女子かじ無しペア:9位(7分26秒51) 木村満(日大)・三本和明(日大) 男子かじ無しペア:18位(7分17秒93) セーリング 監督:穂積八洲雄 コーチ:松山和興 大津真二(NTT)・広部元博(NTT) 男子470級:12位(106.00) 木下アリーシア(佐賀県ヨットハーバー)・重由美子(佐賀県ヨットハーバー) 女子470級:5位(53.70) 小松一憲(ヤマハ発動機)・高城秀光(日和工業)・藤原康治(エステール) 男子ソリング級:12位(80.00) 広沢孝治(本田技研) 出場せず 高田文子(青山学院大) 出場せず 脇永達也(本田技研) 出場せず 近代五種 監督:久保晃 宮ヶ原浩(自衛隊体育学校) 個人:48位(4859) アーチェリー 監督:飯塚十朗 コーチ:秦浩太郎 於久直人(近大) 男子個人総合:47位(1253点、予選敗退) 山本博(大宮開成高教) 男子個人総合:17位(106点、決勝ラウンド2回戦敗退) 西川清一(近大) 男子個人総合:61位(1225点、予選敗退) 於久直人・西川清一・山本博 男子団体:15位(225点、決勝ラウンド1回戦敗退) 池田裕紀子(甲南女大) 女子個人総合:49位(1223点、予選敗退) 中込恵子(日体大) 女子個人総合:47位(1229点、予選敗退) 藤田玲子(近大) 女子個人総合:48位(1228点、予選敗退) 池田裕紀子・中込恵子・藤田玲子 女子団体:15位(222点、決勝ラウンド1回戦敗退) 射撃 クレー射撃 監督:寺西寛 伊東総一郎(宮城県協会) 男子スキート:33位(144) 渡辺和三(神奈川県協会) トラップ:銀メダル(219) ライフル射撃 監督:霜禮次郎 コーチ:山本忠正 コーチ:松尾薫 稲垣守(愛知県警) 男子エア・ピストル:14位(577) 男子フリー・ピストル:37位(543) 勢見月文久(和歌山県警) 男子エア・ピストル:35位(570) 男子フリー・ピストル:20位(554) 木場良平(自衛隊体育学校) 男子50mフリーライフル:銅メダル 男子エア・ライフル:27位(584) 目良明裕(自衛隊体育学校) 男子スモール・ボア・ライフル3姿勢:40位(1137) 大西克昌(奈良県警) 男子ラピッド・ファイア・ピストル:22位(579) 柳田勝(自衛隊体育学校) 男子エア・ライフル:18位(587) 源洋子(日立情報システムズ) 女子エア・ライフル:39位(381) 女子スモール・ボア・ライフル3姿勢:34位(563) 香西式子(日立情報システムズ) 女子エア・ライフル:37位(382) 女子スモール・ボア・ライフル3姿勢:30位(567) 千種寿代(埼玉県警) 女子エア・ピストル:31位(374) 女子スポーツ・ピストル:36位(565) 馬術 監督:竹田恒和 コーチ:富士川満男 奥野竜三(シーダーバレー、馬名:ミルキーウェイ) 障害飛越個人:39位 岩谷一裕(乗馬クラブクレイン・クレインオリンピックパーク、馬名:ロードウォーターフォード) 総合馬術個人:37位 宮崎栄喜(日本中央競馬会、馬名:ミステリーカーゴ) 総合馬術個人:26位 戸村崇(ライディングクラブ・クレインベルギー、馬名:ドリーナ) 障害飛越個人:38位 後藤浩二朗(後藤鉄工所、馬名:ルタリック) 総合馬術個人:36位 桜井義長(ヤマハリゾート、馬名:マタドール) 馬場馬術個人:41位 東良弘一(村田機械、馬名:バルチモア) 障害飛越個人:33位 富澤宏介(ケイエイチティプランニング、馬名:ドンカルロス) 障害飛越個人:49位 木幡良彦(乗馬クラブクレイン・クレイン大阪、馬名:ヘルアトドーン) 総合馬術個人:25位 岩谷一裕・後藤浩二朗(馬名:ルタリック)・木幡良彦(馬名:ヘルアトドーン)・宮崎栄喜(馬名:ミステリーカーゴ) 総合馬術団体:7位 奥野竜三・富澤宏介(馬名:ドンカルロス)・戸村崇(馬名:ドリーナ)・東良弘一(馬名:バルチモア) 障害飛越団体:13位 本部 団長:古橋廣之進 副団長:松平康隆 本部役員:小掛照二 本部役員:神永昭夫 本部役員:河盛敬子 本部役員:土屋和平 本部役員:広瀬喜久男 アタッシェ:長沼始 本部員:春日良一 本部員:平眞 本部員:伊藤弘一 本部員:阿部幹雄 本部員:香川真由美 本部員:井西史緒 本部員:青木伸行 本部員:高橋秀隆 ドクター:川原貴 ドクター:河野一郎 ドクター:高尾良英 ドクター:酒井宏哉 理学療法士:川野哲英 理学療法士:小林寛和 理学療法士:野村亜樹 支援本部員:西村賢二 参考文献 日本オリンピック委員会監修 『近代オリンピック100年の歩み』 ベースボール・マガジン社、1994年 外部リンク バルセロナオリンピック日本選手団 - Olympics at Sports-Reference.com(英語) JOCオリンピック歴代日本代表選手全記録。 (Wikipedia:バルセロナオリンピック日本選手団)

バルセロナオリンピック
バルセロナオリンピックは、1992年7月25日から8月9日まで、スペインのカタルーニャ自治州バルセロナで開催された第25回夏季オリンピック競技大会。 国際オリンピック委員会(IOC)のフアン・アントニオ・サマランチ会長の出身地であるスペインカタルーニャ自治州バルセロナでのオリンピック開催実現に向けて、1986年のIOC総会で開催が決まった。冷戦終結後初の夏季オリンピックとなった。 これはかつて1936年の開催予定地にバルセロナが一度立候補しながらもベルリンに敗れ、その後にスペインがベルリンオリンピックをボイコットをする一方で、ベルリンオリンピックに対抗する形で同時期に人民オリンピックが計画されながらもスペイン内戦の前にそれさえも挫かれた経緯を踏まえての開催であり、当時のスタジアムをそのまま用いて開催された。 (Wikipedia:バルセロナオリンピック)

バルセロナ五輪
『バルセロナオリンピック』より : バルセロナオリンピックは、1992年7月25日から8月9日まで、スペインのカタルーニャ自治州バルセロナで開催された第25回夏季オリンピック競技大会。 国際オリンピック委員会(IOC)のフアン・アントニオ・サマランチ会長の出身地であるスペインカタルーニャ自治州バルセロナでのオリンピック開催実現に向けて、1986年のIOC総会で開催が決まった。冷戦終結後初の夏季オリンピックとなった。 これはかつて1936年の開催予定地にバルセロナが一度立候補しながらもベルリンに敗れ、その後にスペインがベルリンオリンピックをボイコットをする一方で、ベルリンオリンピックに対抗する形で同時期に人民オリンピックが計画されながらもスペイン内戦の前にそれさえも挫かれた経緯を踏まえての開催であり、当時のスタジアムをそのまま用いて開催された。 (Wikipedia:バルセロナ五輪)

バルセロナオリンピック (1992年)
『バルセロナオリンピック』より : Logo=1992summerolympicslogo.jpg
開催都市=スペイン・バルセロナ市
参加国・地域数=169
参加人数=9367(男子:6659、女子:2708)
競技種目数=25競技257種目
開会式=1992年7月25日
閉会式=1992年8月9日
開会宣言=フアン・カルロス1世 (スペイン王) フアン・カルロス1世
選手宣誓=Luis Doreste Blanco
審判宣誓=Eugeni Asensio
最終聖火ランナー=Antonio Rebollo
主競技場=エスタディオ・オリンピコ・デ・モンジュイック エスタディオ・オリンピコ}}
バルセロナオリンピック(Games of the XXV Olympiad、BARCELONA 1992 Olympic Games、BARCELONA 1992)(1992年7月25日 - 1992年8月9日)は、スペインのバルセロナで行われた夏季オリンピックである。
169カ国・地域、9,367人(男性:6,659、女性:2,708)が参加。
(Wikipedia:バルセロナオリンピック (1992年))

バルセロナ・オリンピック
『バルセロナオリンピック』より : バルセロナオリンピックは、1992年7月25日から8月9日まで、スペインのカタルーニャ自治州バルセロナで開催された第25回夏季オリンピック競技大会。 国際オリンピック委員会(IOC)のフアン・アントニオ・サマランチ会長の出身地であるスペインカタルーニャ自治州バルセロナでのオリンピック開催実現に向けて、1986年のIOC総会で開催が決まった。冷戦終結後初の夏季オリンピックとなった。 これはかつて1936年の開催予定地にバルセロナが一度立候補しながらもベルリンに敗れ、その後にスペインがベルリンオリンピックをボイコットをする一方で、ベルリンオリンピックに対抗する形で同時期に人民オリンピックが計画されながらもスペイン内戦の前にそれさえも挫かれた経緯を踏まえての開催であり、当時のスタジアムをそのまま用いて開催された。 (Wikipedia:バルセロナ・オリンピック)

バルセロナ市
バルセロナ(Barcelona、カタルーニャ語発音: [bəɾsəˈlonə] バルサローナ)は、スペイン・カタルーニャ州バルセロナ県のムニシピ(基礎自治体)。カタルーニャ州の州都であり、バルセロナ県の県都である。人口はマドリードに次いでスペインで第2位。 地中海沿岸に位置する港湾都市で、フランスとの国境であるピレネー山脈から160km南に位置する。カタルーニャ州及びバルセロナ県のいずれにおいても、人口の大半を占めるプライメイトシティ(一極集中型都市)である。行政市としては約160万人の人口である。2015年の都市圏人口は421万人であり、スペインではマドリードに次ぐ第2位、世界第83位である。 14世紀に建設された城塞を起源とする旧市街と、1859年の大拡張計画によって建設された碁盤の目のように正方形の街区が並ぶ新市街からなる。都心部では人口が減少し、周辺部や都市圏外に流出しており、ドーナツ化現象に脅かされている。 1992年にはバルセロナオリンピックが開催された。2014年にアメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第24位の都市と評価されており、スペインではマドリードに次ぐ第2位であった。 (Wikipedia:バルセロナ市)

バルセロナオリンピックにおけるテニス競技
バルセロナオリンピック 1992年バルセロナオリンピックにおけるテニス競技 (夏季オリンピック) テニス競技の成績結果。
出場選手は、男子・女子ともシングルス64名、ダブルス32組。シングルス優勝までには6試合、ダブルス優勝までには5試合を戦う。
男子はシングルス・ダブルスとも、すべて5セット・マッチ。ソウルオリンピックにおけるテニス競技 1988年ソウル五輪とこのバルセロナ五輪では、準決勝で敗退した選手2名 / 2組による銅メダル決定戦は行わず、両方に銅メダルを授与していた。(アトランタオリンピックにおけるテニス競技 1996年アトランタ五輪から、銅メダル決定戦が行われるようになった。)
女子はすべて3セット・マッチ。試合の流れは男子と同じ。
(Wikipedia:バルセロナオリンピックにおけるテニス競技)

バルセロナオリンピックにおけるバスケットボール競技
バルセロナオリンピックにおけるバスケットボール競技は、1992年に、スペインのバルセロナで開催されたバルセロナオリンピックにおける、バスケットボール競技の詳細である。
この大会では旧ソ連各国は独立国家共同体連合チームとして参加した。
この大会ではマイケル・ジョーダンを筆頭とするNBAのスター選手で構成されたバスケットボール男子アメリカ合衆国代表 ドリームチームと呼ばれる米国代表が金メダルを獲得し話題となった。
順位!!国・地域
順位!!国・地域
バルセロナオリンピックにおける各競技 はすけっとほーる
バスケットボール競技 (夏季オリンピック) 1992
スペインのバスケットボール はるせろなおりんひつく
1992年のバスケットボール はるせろなおりんひつく
(Wikipedia:バルセロナオリンピックにおけるバスケットボール競技)

バルセロナオリンピック野球日本代表
バルセロナオリンピック野球日本代表(バルセロナオリンピックやきゅうにっぽんだいひょう)は、1992年にバルセロナで開催されたバルセロナオリンピックの野球競技に出場する野球日本代表選手を編成したチームのことである。 代表選手20人のうち大学生選手は1人、社会人選手が19人の構成となっている。 出場国はキューバ、日本、チャイニーズタイペイ、アメリカ合衆国、プエルトリコ、ドミニカ共和国、イタリア、スペインの8か国(地域)。今大会から予選は8か国総当たりとなった。日本は予選リーグでキューバ、台湾に完敗し5勝2敗の2位で予選を通過。準決勝では台湾と再戦したが、郭李建夫の好投を許し敗戦。3位決定戦では3大会連続でアメリカと対戦し、8-3で勝利。3大会連続のメダルを確保した。 日本代表チームからは小久保裕紀、大島公一らの選手がプロ入りしたが、前大会の代表選手に比べてプロ入り選手は少ない結果となっている。 代表メンバー No.は背番号。所属や年齢は選出当時。備考の☆印は大会後にプロ入りした選手。 バルセロナオリンピックの戦績 関連項目 バルセロナオリンピック日本選手団 外部リンク 野球日本代表。 (Wikipedia:バルセロナオリンピック野球日本代表)

バルセロナオリンピックにおけるバレーボール競技
バルセロナオリンピックにおけるバレーボール競技は、1992年にスペインのバルセロナで行われたバルセロナオリンピックにおける、バレーボール競技の詳細である。
ブラジルがセッター (バレーボール) セッター、マウリシオを中心とする今までのバレーボールを変えるような多彩な攻撃(ゲリラバレーと称された)を繰り広げ優勝した。オランダも200cmを超える大型セッター、ブランジェやエースのズヴェルフェルを擁して銀メダルに輝いた。アメリカはロス、ソウルのメンバーであったティモンズ・ストブルトリックが復帰し金メダルを狙ったが惜しくも銅メダルとなった。また日本はこの大会以降、3大会出場を逃している。この大会のブラジルの躍進により、アメリカが採用し発展途上であったリードブロックが完成され、完全に世界の主流となっていった。
(Wikipedia:バルセロナオリンピックにおけるバレーボール競技)

バルセロナ・エル・プラット国際空港
バルセロナ=エル・プラット空港(スペイン語: Aeropuerto de Barcelona-El Prat、英語: Barcelona-El Prat Airport)とは、スペイン・カタルーニャ州バルセロナの近郊にある国際空港である。 バルセロナ中心部から12km南西にあり、自治体としてはアル・プラ・ダ・リュブラガート、ビラダカンス、サン・ボイ・ダ・リュブラガートにまたがっている。ヨーロッパ圏内路線が大半を占め、大陸間路線の発着は少ない。スペインではアドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港に次いで2番目に利用者が多い。ブエリング航空やライアンエアーなどの格安航空会社による積極的な乗り入れが行われており、エア・ヨーロッパのように、中南米の大半を占めるスペイン語圏諸国との間で大西洋縦断路線を運航する例も増えている為、近年利用者数は増加傾向にある。 (Wikipedia:バルセロナ・エル・プラット国際空港)

バルセロナ空港
『バルセロナ・エル・プラット国際空港』より : バルセロナ=エル・プラット空港(スペイン語: Aeropuerto de Barcelona-El Prat、英語: Barcelona-El Prat Airport)とは、スペイン・カタルーニャ州バルセロナの近郊にある国際空港である。 バルセロナ中心部から12km南西にあり、自治体としてはアル・プラ・ダ・リュブラガート、ビラダカンス、サン・ボイ・ダ・リュブラガートにまたがっている。ヨーロッパ圏内路線が大半を占め、大陸間路線の発着は少ない。スペインではアドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港に次いで2番目に利用者が多い。ブエリング航空やライアンエアーなどの格安航空会社による積極的な乗り入れが行われており、エア・ヨーロッパのように、中南米の大半を占めるスペイン語圏諸国との間で大西洋縦断路線を運航する例も増えている為、近年利用者数は増加傾向にある。 (Wikipedia:バルセロナ空港)

バルセロナオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧
バルセロナオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧では、1992年7月25日から8月9日まで開催されたバルセロナオリンピックでの国・地域別メダル受賞数をまとめた。 外部リンク IOCバルセロナオリンピック国別メダル獲得数一覧 (英語)。 (Wikipedia:バルセロナオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧)

バルセロナパラリンピック
バルセロナパラリンピックとは、1992年9月3日〜14日に行われた第9回夏季パラリンピックである。スペインのカタルーニャ州バルセロナで開催された。 各国のメダル獲得数順位 日本人メダリスト 11位 金メダル 南浩一 アーチェリー男子個人AR1 尾崎峰穂 陸上男子走り幅跳びB1 竹内治夫 陸上男子槍投げB3 神吉信博 柔道男子60 kg級 Gold JPN 斎藤正一  柔道男子95 kg超級 Gold JPN 高垣治 柔道男子95 kg級 Gold JPN 藤井博・鈴木健一組 卓球男子チーム8 南達也・佐伯修三組 卓球男子チーム9 22位 銀メダル 西井賢一 アーチェリー男子個人 岡田真紀 陸上女子400m C7-8 礎眞一  柔道男子65 kg級 宇和野康弘  柔道男子86 kg級 河合純一 競泳男子100m自由形B1 河合純一 競泳男子50 m自由形B1 鈴木健一 卓球男子シングルス8 33位 銅メダル 鈴木一二美 アーチェリー女子個人AR2 本橋昭人 陸上男子走り高跳びB2 岡田真紀 陸上女子100m C7-8 岡田真紀  陸上女子200m C7-8 尾崎峰穂 陸上男子槍投げB1 高田晃一 陸上男子走り幅跳びB2 宮内栄司 柔道男子71 kg級 牛窪多喜男 柔道男子78 kg級 片桐美智子 競泳女子100m平泳ぎSB3 河合純一 競泳100m背泳ぎB1 河合純一  競泳男200 m背泳ぎB1 河合純一  競泳男子200 m個人メドレーB1 藤井博 卓球男子シングルス8 塗木美千代 卓球女子6-10 塗木美千代 卓球女子シングルス9 関連項目 バルセロナオリンピック 外部リンク 国際パラリンピック委員会サイト。 (Wikipedia:バルセロナパラリンピック)

バルセロナのパルケ・グエル、パラシオ・グエル、カサ・ミラ
『アントニオ・ガウディの作品群』より : アントニ・ガウディの作品群はスペイン、バルセロナにあるアントニ・ガウディの建築作品のうち、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたものを言う。 アントニ・ガウディ(1852年 - 1926年)は古今東西の折衷様式を唱えたモデルニスモの代表的建築家として知られる。アントニ・ガウディは26歳の時、パリの博覧会に出品したのをきっかけに大富豪、エウゼビ・グエイ(スペイン語読みはエウゼビ・グエル)と出会う。これが元で世界遺産の題名の一部となったグエル公園(パルケ・グエル)、グエル邸(パラシオ・グエル)の設計・建築を依頼されこれらを建設した。この後、ガウディはバルセロナ中の富豪から設計の依頼が来るようになった。これらの一部も世界遺産に登録されている。 登録経緯 1984年におこなわれた世界遺産会議においてバルセロナのパルケ・グエル、パラシオ・グエル、カサ・ミラ(英語:Parque Güell, Palacio Güell and Casa Mila in Barcelona、仏語:Parc Güell, palais Güell, Casa Mila à Barcelone)の名称で登録を受けたが、2005年に追加登録をした際に現在の名前に改称した。 (Wikipedia:バルセロナのパルケ・グエル、パラシオ・グエル、カサ・ミラ)

バルセロナSC
バルセロナSC(Barcelona Sporting Club)はエクアドルのグアヤキルに本拠地を置くサッカークラブ。FCバルセロナとの混同を避けたい場合には Barcelona de Guayaquil(バルセロナ・デ・グアヤキル)という呼称が用いられることもある。 FCバルセロナとは直接的な関係は無いものの、エンブレムは非常によく似ており親善試合も行ったことがある。 1925年3月1日、クラブ名の由来であるスペイン・バルセロナ市からの移民エウティミオ・ペレスによって創設された。1960年から40年間はエクアドル一の強豪クラブとして南米にその名を轟かせた。1990年と1998年にはコパ・リベルタドーレスで決勝まで進むものの、それぞれオリンピア・アスンシオンとCRヴァスコ・ダ・ガマに敗れ、 日本行きはならなかった。 ここ最近はかつてのような強さは無くなったものの、未だにエクアドル随一の人気クラブであることには変わりない。 本拠地のエスタディオ・モヌメンタルは約9万人収容の大スタジアムであり、1993年のコパ・アメリカ決勝戦でも使用された。 (Wikipedia:バルセロナSC)

バルセロナ・グアヤキル
『バルセロナSC』より : バルセロナSC(Barcelona Sporting Club)はエクアドルのグアヤキルに本拠地を置くサッカークラブ。FCバルセロナとの混同を避けたい場合には Barcelona de Guayaquil(バルセロナ・デ・グアヤキル)という呼称が用いられることもある。 FCバルセロナとは直接的な関係は無いものの、エンブレムは非常によく似ており親善試合も行ったことがある。 1925年3月1日、クラブ名の由来であるスペイン・バルセロナ市からの移民エウティミオ・ペレスによって創設された。1960年から40年間はエクアドル一の強豪クラブとして南米にその名を轟かせた。1990年と1998年にはコパ・リベルタドーレスで決勝まで進むものの、それぞれオリンピア・アスンシオンとCRヴァスコ・ダ・ガマに敗れ、 日本行きはならなかった。 ここ最近はかつてのような強さは無くなったものの、未だにエクアドル随一の人気クラブであることには変わりない。 本拠地のエスタディオ・モヌメンタルは約9万人収容の大スタジアムであり、1993年のコパ・アメリカ決勝戦でも使用された。 (Wikipedia:バルセロナ・グアヤキル)

バルセロナ (曖昧さ回避)
バルセロナ(Barcelona)は、次のものを指す。
バルセロナ - スペインの都市。
バルセロナ県 - スペイン・カタルーニャ州の県。県都はバルセロナ。
バルセロナ (ベネズエラ) - ベネズエラの都市。
その他
FCバルセロナ - スペインのバルセロナを本拠地とするサッカークラブ。
バルセロナSC - エクアドルのサッカークラブ。
バルセロナオリンピック
スタジオバルセロナ - アニメ制作会社・ディオメディアの旧社名。
バルセロナ (アルバム) - フレディ・マーキュリーとモンセラート・カバリェの共演による曲、アルバム。:en:Barcelona (album)
嘉門達夫のCDアルバム。
AMDのマイクロプロセッサの名称。AMD K10参照。
バルセロナ (小惑星)
バルセロナ (バンド) - アメリカ合衆国のロックバンド。
(Wikipedia:バルセロナ (曖昧さ回避))

バルセロナオリンピックにおけるシンクロナイズドスイミング競技
バルセロナオリンピックにおけるシンクロナイズドスイミング競技(バルセロナオリンピックにおけるシンクロナイズドスイミングきょうぎ)は、1992年8月2日から8月7日の競技日程で実施された。 前回大会と同様にソロとデュエットの2種目が実施された。ソロでは当初、アメリカのクリステン・バブ=スプレーグが優勝、カナダのシルビー・フレシェットが2位とされたが、のちに審判員が採点装置の操作ミスをしていたことが判明。1993年にクリステン・バブ=スプレーグとともに双方金メダルとされた。 競技結果 ソロ 決勝8月6日 デュエット 決勝:8月7日 各国メダル数 外部リンク Olympic Medal Winners sports-reference.com 1992バルセロナ公式資料 (PDF)。 (Wikipedia:バルセロナオリンピックにおけるシンクロナイズドスイミング競技)

バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル
バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(Barcelona Open Banc Sabadell)は毎年4月にスペイン・バルセロナで開催されるATPツアートーナメントである。サーフェスは屋外クレーコート、大会の格はATPワールドツアー・500シリーズに属す。1953年から開催され2012年で60回目を迎えた伝統ある大会であり、スペインではマドリード・オープンに次ぐ重要な大会とされている。 大会歴代優勝者 シングルス ダブルス 記録 シングルス最多優勝 スペインの旗 ラファエル・ナダル: 9 (2005–2009, 2011–2013, 2016) ダブルス最多優勝 オーストラリアの旗 ロイ・エマーソン: 7 (1959-1960,1962-1966) 決勝での最少失ゲーム数優勝 日本の旗 錦織圭 6-2, 6-2 コロンビアの旗 サンティアゴ・ヒラルド (2014) 外部リンク 公式サイト バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル - ATPツアーによる大会紹介ページ (英語)(スペイン語)(中国語)。 (Wikipedia:バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル)


バルセロナ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  君の名は。 - 2017年08月23日


関連するイメージは見つかりませんでした



君の名は。
『君の名は。』(きみのなは、英題:your name.)は、新海誠監督の日本のアニメーション映画作品。2016年8月26日公開予定。 『言の葉の庭』に続く、新海の3年ぶりとなる第7作目の監督作品。 登場人物 立花 瀧(たちばな たき) 声 - 神木隆之介 宮水 三葉(みやみず みつは) 声 - 上白石萌音 スタッフ 監督・脚本 - 新海誠 作画監督 - 安藤雅司 キャラクターデザイン - 田中将賀 音楽 - RADWIMPS プロデューサー - 川村元気、川口典孝 配給 - 東宝 脚注 外部リンク 公式サイト 劇場長編アニメーション『君の名は。 (Wikipedia:君の名は。)


君の名は。 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す