[PR]

日別キーワード

第1位  ICBM - 2017年09月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



ICBM
『大陸間弾道ミサイル』より : 大陸間弾道ミサイル(たいりくかんだんどうミサイル、英語: intercontinental ballistic missile, ICBM)は、有効射程が超長距離で北アメリカ大陸とユーラシア大陸間など、大洋に隔てられた大陸間を飛翔できる弾道ミサイル。大陸間弾道弾(たいりくかんだんどうだん)とも称する。アメリカ合衆国やソビエト連邦間では、戦略兵器制限条約(SALT)により、有効射程が「アメリカ合衆国本土の北東国境とソ連本土の北西国境を結ぶ最短距離である5,500km以上」の弾道ミサイルと定義された。 原理・方式 陸上基地もしくは海中の潜水艦などから発射され、ロケット噴射の加速により数百kmの高度まで上昇し、その間に速度、飛行の角度などを調整して目標地点へのコースが決められる。燃焼を終えたロケットエンジンは随時切り離され、弾頭だけが慣性により無誘導のまま飛行する。即ち、大砲の砲弾を撃つ場合に、目標を狙うために発射時の砲の仰角や発射薬量を調整して、砲弾そのものは自力で進路や速度を変えることがないのと基本的には同じで、ICBMもロケット式の超巨大な大砲と考えることもでき、「大陸間弾道弾」の名称も多く用いられる。 (Wikipedia:ICBM)


ICBM - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  金正恩 - 2017年09月06日


関連するイメージは見つかりませんでした




金正恩 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  秋篠宮眞子内親王 - 2017年09月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



秋篠宮眞子内親王
『眞子内親王』より : 眞子内親王(まこないしんのう、1991年(平成3年)10月23日 - )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1女子。今上天皇の孫にあたる。身位は内親王。皇室典範における敬称は殿下。成年に伴い、宝冠大綬章受章(旧勲等では勲1等宝冠章に相当)。学位はレスター大学修士(学術)(博物館学)。お印は木香茨(もっこうばら)。妹に佳子内親王、弟に悠仁親王がいる。 1991年(平成3年)10月23日、宮内庁病院にて誕生。同日、賜剣の儀。この時に今上天皇から授けられた守り刀は、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された隅谷正峯の作。同年10月29日、命名の儀が執り行われ、父の秋篠宮文仁親王により、「眞子」と名付けられる。この名は、「天性のものを失わず自然に、飾ることなく、ありのままに人生を歩む」願いを込めて命名された。高校時代のあだ名は「まこしー」。 1998年(平成10年)4月、学習院初等科入学。その後学習院女子中・高等科に進学。この間、2005年(平成17年)頃からは、日本国内を中心として両親の公務、接見に同行・同座することが多くなり、最年長の内親王として国民の前に姿を現す機会も増えている。 (Wikipedia:秋篠宮眞子内親王)


秋篠宮眞子内親王 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  小倉2歳ステークス - 2017年09月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



小倉2歳ステークス
小倉2歳ステークス(こくらにさいステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が小倉競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 1981年に創設された、3歳(現2歳)馬による重賞競走。1984年より、グレード制施行によりGIIIに格付けされた。小倉競馬の2歳チャンピオン決定戦に位置付けられているほか、夏季小倉開催の最終週を飾る競走でもある。 1995年から外国産馬が、1996年から地方競馬所属馬がそれぞれ出走可能になったほか、2010年より外国馬も出走可能になった。 競走条件 出走条件:サラ系2歳 JRA所属馬 地方競馬所属馬(中京2歳ステークス・フェニックス賞の2着以内馬のみ) 外国調教馬(9頭まで、優先出走)負担重量:馬齢重量(54Kg) 賞金 2015年の1着賞金は3000万円で、以下2着1200万円、3着750万円、4着450万円、5着300万円。 (Wikipedia:小倉2歳ステークス)


小倉2歳ステークス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  新潟記念 - 2017年09月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



新潟記念
新潟記念(にいがたきねん)は、日本中央競馬会(JRA) が新潟競馬場の芝外回り2000メートルで施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。農林水産省が賞を提供しており、正式名称は「農林水産省賞典 新潟記念」と表記している。 正賞は農林水産大臣賞、新潟馬主協会会長賞。 新潟競馬場が現在地に移転し、日本中央競馬会主催の新潟競馬が再開された1965年に4歳(現3歳)以上の競走馬によるハンデキャップの重賞として創設された。新潟競馬場で行われる重賞競走では最も歴史が古く、秋の中長距離戦線へ向けた前哨戦にも位置付けられている。 1984年のグレード制導入に伴いGIIIに格付け。1995年より外国産馬が、1998年からは地方競馬所属馬がそれぞれ出走可能になった。さらに2006年からは外国馬も出走が可能になったほか、翌2007年より国際格付けを取得している。 施行距離は当初右回り芝2000m(内回り)だったが、1974年から1999年までは右回り芝2000m(外回り)で施行。 (Wikipedia:新潟記念)


新潟記念 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す