[PR]

日別キーワード

第19位  茨木市 - 2017年09月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



茨木市
茨木市(いばらきし)は、大阪府三島地域に位置する市。特例市に指定されている。大都市である大阪市及び京都市の中間にあり、大阪府のベッドタウンとしての性格を持つ。市内をJR・阪急・大阪モノレールが通る。しばしば“いばらぎ”と読まれることがあるが、正式な読み方は“いばらき”である。 江戸時代のキリスト教禁止の時期にも密かにキリスト教を信仰していた人が隠れていた隠れキリシタンの里が市の北部山間部地域にある。 地理 淀川北岸の大阪府北摂に位置しており、北は京都府亀岡市、東は高槻市、南は摂津市、西は吹田市・箕面市・豊能郡豊能町に接している。南北に細長い形で北部は山がちだが、南部には大阪平野の一部分をなす三島平野が広がっていて市街地もこちら側に集中している。大阪市内でも北部のキタ(梅田界隈)なら15分程度で移動できる。 北から南に安威川(あいがわ)・茨木川・勝尾寺川(かつおうじがわ)が流れる。安威川上流では大阪府による安威川ダムの工事が進行中。 なお、吹田市にある吹田ジャンクションには当市の飛地(大字小坪井)が重なっている。 (Wikipedia:茨木市)

茨木市駅
茨木市駅(いばらきしえき)は、大阪府茨木市永代町にある、阪急電鉄京都本線の駅。駅番号はHK-69。 休日に運行される快速特急『京とれいん』を除き、平日ダイヤの全営業列車が停車する。 1928年(昭和3年)1月16日 - 新京阪鉄道の淡路駅 - 高槻町駅(現在の高槻市駅)間延伸と同時に茨木町駅(いばらきまちえき)として開業。 1930年(昭和5年)9月15日 - 会社合併により、京阪電気鉄道新京阪線の駅となる。 1943年(昭和18年)10月1日 - 会社合併により、京阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)の駅となる。 1948年(昭和23年)1月1日 - 茨木町の市制施行を受け茨木市駅に改称。 1949年(昭和24年)12月1日 - 新京阪線が京都本線に改称され、当駅もその所属となる。 1991年(平成3年)10月5日 - ショッピングモール『ロサヴィア』が開業。 1992年(平成4年)3月31日 - 連続立体交差事業完了。 2001年(平成13年)3月24日 - 特急停車駅となる。 2010年(平成22年) 2月3日 - 3月14日実施予定のダイヤ改正に先立ち、フラップ式発車標の使用を停止し、LED式発車標の供用を開始。 (Wikipedia:茨木市駅)

茨木市立養精中学校
茨木市立養精中学校(いばらきしりつ ようせいちゅうがっこう)は、大阪府茨木市駅前四丁目にある公立中学校。通称は「養中」(ようちゅう)。茨木市の中心部に位置し、また茨木市で最初に設置された中学校でもある。 沿革 三島郡14ヶ村の学校組合で設置された高等科単独の小学校・旧制養精高等小学校(1893年設立)の敷地を転用し、1947年に茨木町外8ヶ村組合立養精中学校として設置された。 しかし進駐軍の軍政部が1948年、大阪府立茨木高等学校の校舎を吹田市および富田町(現・高槻市富田地区)の新制中学校校舎として転用し、茨木高校は大阪府立春日丘高等学校に同居させる方針を決定した。方針を受けて、新制中学校に移行して教育を受けることになる旧制茨木中学校2・3年生が養精中学校に転入している。 一方で茨木高校関係者は「事実上の廃校指令」と受け止めて廃校反対運動を起こした。進駐軍は当初は廃校反対運動を相手にしなかったが、高校関係者や地元住民の意向を無視できないと判断して方針転換し、「茨木高校の校舎転用方針は撤回し、茨木高校・春日丘高校にそれぞれ新制中学校を付設して6年制の『実験学校』とする」案を急遽出した。 (Wikipedia:茨木市立養精中学校)

茨木市立春日小学校
茨木市立春日小学校(いばらきしりつかすがしょうがっこう)は、大阪府茨木市にある公立の小学校。通称は春小(かっしょう)。 沿革 1874年10月 - 島下郡第8大区第2小区第2番小学校として発足。 1878年7月 - 島下郡郡小学校と改称 1887年4月 - 郡尋常小学校と改称 1893年4月 - 春日尋常小学校と改称 1908年3月 - 現在地に校舎新築移転 1919年6月 - 校歌制定 1920年10月 - 校旗制定 1941年4月 - 春日国民学校と改称 1947年4月 - 三島郡春日村立小学校と改称 1948年1月 - 茨木市立春日小学校と改称 1951年9月 - 茨木市立春日丘小学校を分離 1953年4月 - 茨木市立中条小学校開校に伴い、上中条の一部を吸収 1970年9月 - 体育館新築 1974年10月 - 創立100周年記念式典を挙行 1975年4月 - 茨木市立郡小学校を分離 1978年4月 - 茨木市立畑田小学校を分離 1980年7月 - プール竣工 1985年4月 - 普通教室より養護教室を新設 1987年8月 - 学校の森設置、「春日の森」と命名。 (Wikipedia:茨木市立春日小学校)

茨木市立春日丘小学校
茨木市立春日丘小学校(いばらきしりつかすがおかしょうがっこう)は、大阪府茨木市にある公立小学校。通称は丘小(おかしょう)。 沿革 1951年9月 - 茨木市立春日小学校より分離開校 1954年9月 - 校歌制定 1963年3月 - 体育館完成 1964年7月 - プール完成 1976年4月 - 茨木市立沢池小学校を分離 1981年4月 - 茨木市立穂積小学校を分離 通学区域 茨木市 西駅前町、中穂積1~3丁目(ただし2丁目のごく一部を除く)、下穂積3丁目、紫明園(一部を除く)、北春日丘1丁目のごく一部 卒業生は基本的に茨木市立西中学校と茨木市立西陵中学校へ分かれて進学する。 (Wikipedia:茨木市立春日丘小学校)

茨木市立西中学校
茨木市立西中学校(いばらきしりつ にしちゅうがっこう)は、大阪府茨木市見付山二丁目にある公立中学校。通称は「西中」(にしちゅう)。 茨木市立養精中学校から分離し、茨木市で2番目の中学校として1951年に開校した。 沿革 1951年4月 - 茨木市立西中学校として開校。 1959年 - 旧体育館完成。 1980年4月 - 茨木市立西陵中学校を分離。 2000年7月 - 新体育館完成。 通学区域 春日小学校、郡小学校、畑田小学校の校区全域。 春日丘小学校の校区の一部。 著名な出身者 杉原輝雄 - プロゴルファー 杉原敏一 - プロゴルファー 笘篠誠治 - プロ野球選手 笘篠賢治 - プロ野球選手 柳家一琴 - 落語家 山崎静代 - 漫才師(南海キャンディーズ) 交通 東海道本線(JR京都線) 茨木駅から徒歩約15分 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 茨木市立西中学校。 (Wikipedia:茨木市立西中学校)

茨木市立三島中学校
茨木市立三島中学校(いばらきしりつ みしまちゅうがっこう)は、大阪府茨木市西河原一丁目にある公立中学校。 沿革 1971年4月 - 開校 1972年1月 - PTA規約制定 1973年2月 - 校歌発表 1985年4月 - 茨木市立太田中学校が分離 2003年 - エレベーター完成 通学区域 茨木市立三島小学校、茨木市立庄栄小学校の校区全域。 茨木市立西河原小学校の校区の一部。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 茨木市立三島中学校。 (Wikipedia:茨木市立三島中学校)

茨木市立茨木小学校
茨木市立茨木小学校(いばらきしりついばらきしょうがっこう)は、大阪府茨木市にある公立小学校。通称は茨小(いばしょう)。茨木市では最も早く開校した小学校である。 学校は茨木城の跡に位置している。学校創立120周年記念として、1993年に茨木城櫓門を復元し、学校正門として使用している。 沿革 1873年3月 - 島下郡第2学区第1番小学校として開校。 1878年3月 - 茨木小学校に改称。 1887年4月 - 茨木尋常小学校に改称。 1907年4月 - 現在地に移転。 1941年4月 - 国民学校令により、三島郡茨木国民学校に改称。 1947年4月 - 学制改革により、茨木町立小学校に改称。 1948年4月 - 茨木町の市制施行により、茨木市立茨木小学校に改称。 1953年4月 - 茨木市立中条小学校を分離。 1960年2月 - 校歌が制定される。 1964年4月 - 茨木市立大池小学校を分離。 1969年4月 - 茨木市立中津小学校を分離。 1970年4月 - 茨木市立東小学校を分離。 1983年4月 - 言語障害児を対象とした「ことばの教室」(通級指導教室)を設置。 (Wikipedia:茨木市立茨木小学校)

茨木市立三島小学校
茨木市立三島小学校(いばらきしりつ みしましょうがっこう)は、大阪府茨木市にある公立小学校。 沿革 明治時代の学制発布に伴い、1875年に当時の島下郡太田村の安楽寺(町村制施行で三島村、現在の茨木市太田1丁目)に第八大区第二小区第四番小学校、また当時の島下郡西河原村(町村制施行で三島村)384番地の共有米蔵(現在の茨木市西河原北町7-33・西河原公民館)に第八大区第二小区第五番小学校が相次いで開校した。 2校は1883年2月20日に合併した。学校沿革史の上では、2校合併をもって学校創立としている。 1901年4月25日に三島郡三島村大字西河原小字馬場先175番地他数筆(現在地)を校地として新築移転している。 1954年には学校内に天文台が設置されている。天文台は現存しないが、設置当時は学習や学校行事などで活用された。小学校に天文台が設置されたのは当時でも珍しく、新聞や理科の参考書などでもたびたび紹介された。 地域の児童数の急増により、1970年代には茨木市立東小学校・茨木市立太田小学校・茨木市立庄栄小学校を相次いで分離している。 (Wikipedia:茨木市立三島小学校)

茨木市立中津小学校
茨木市立中津小学校(いばらきしりつなかつしょうがっこう)は、大阪府茨木市にある公立小学校。 1969年4月:茨木市立中津小学校として、1〜3年生のみで開校。2・3年生を茨木市立茨木小学校、茨木市立玉島小学校、茨木市立大池小学校から移籍。 1971年7月:プール完成。 1973年4月:体育館完成。 通学区域 茨木市 中津町、双葉町、末広町、中村町、寺田町、桑田町、五十鈴町卒業生は基本的に、茨木市立東中学校(中津町、双葉町、末広町、中村町、寺田町)、茨木市立平田中学校(桑田町、五十鈴町)の2校に分かれて進学する。 交通アクセス 阪急電鉄京都線茨木市駅下車 徒歩約10分 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 茨木市立中津小学校。 (Wikipedia:茨木市立中津小学校)

茨木市立東中学校
茨木市立東中学校(いばらきしりつ ひがしちゅうがっこう)は、大阪府茨木市末広町にある公立中学校。略称は「東中」(がっちゅう)。 沿革 学校組合立養精中学校(現在の茨木市立養精中学校)の生徒数が増加したため、養精中学校の校区を分離し、茨木市で3番目の公立中学校として1952年に開校した。 1970年代から1980年代にかけ、茨木市立三島中学校・茨木市立東雲中学校・茨木市立平田中学校の3校が分離している。 1952年4月 - 茨木市で3番目の中学校として開校。 1962年7月 - 体育館完成。 1962年8月 - プール完成。 1971年4月 - 茨木市立三島中学校が分離。 1974年4月 - 茨木市立東雲中学校が分離。 1981年4月 - 茨木市立平田中学校が分離。 通学区域 茨木市立中津小学校の校区の大半 茨木市立茨木小学校の校区の一部 茨木市立大池小学校の校区の一部 茨木市 末広町、東宮町、大住町、戸伏町、竹橋町、宮元町、永代町、本町、別院町、稲葉町、舟木町、双葉町、大池一丁目、大池二丁目、園田町、中津町、寺田町、中村町。 (Wikipedia:茨木市立東中学校)

茨木市立耳原小学校
茨木市立耳原小学校(いばらきしりつみのはらしょうがっこう)は、大阪府茨木市にある公立小学校。通称は耳小(みのしょう)。 沿革 1979年4月 - 開校 同年7月 - プール竣工 同年9月 - 校旗制定 1980年2月 - 校歌制定 1982年8月 - 飼育小屋を設置 通学区域 茨木市 耳原1~3丁目(3丁目の一部を除く)、南耳原1丁目(一部を除く)、南耳原2丁目(一部を除く)、南安威2丁目(一部を除く)、上野町 卒業後は基本的に茨木市立北中学校へ進学する。 出身者 植村祐介(北海道日本ハムファイターズ投手) 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 茨木市立耳原小学校。 (Wikipedia:茨木市立耳原小学校)

茨木市立中条小学校
茨木市立中条小学校(いばらきしりつ ちゅうじょう しょうがっこう)は、大阪府茨木市にある公立小学校。 沿革 1953年4月1日 - 茨木市立茨木第二小学校として設置 1953年4月17日 - 開校式挙行、校名を茨木市立中条小学校と改める 1973年4月1日 - 茨木市立天王小学校へ大字奈良が分離 1979年4月1日 - 養護学級設置 1982年4月4日 - 茨木市立東奈良小学校へ小川町、若草町、奈良町の一部が分離 1983年9月30日 - 交通安全優良校として大阪府警より受賞 2000年4月1日 - 文部省生徒指導総合連携推進事業指定 通学区域 茨木市 駅前1~4丁目、西中条町、下中条町、東中条町、岩倉町、新中条町、奈良町(一部を除く)卒業生は基本的に茨木市立養精中学校へ進学する。 (Wikipedia:茨木市立中条小学校)

茨木市立豊川中学校
茨木市立豊川中学校(いばらきしりつ とよかわちゅうがっこう)は、大阪府茨木市藤の里一丁目にある公立中学校。通称は「豊中」(とよちゅう)。茨木市北西部を校区とする。 沿革 1947年の学制改革の際、当時の三島郡豊川村に豊川村立中学校として開校した。その後豊川村は1956年に茨木市と箕面市に分村合併したことに伴い、引き続き旧豊川村を通学区域として茨木市と箕面市の学校組合立となった。 しかし学校組合立という変則的な条件から、指導体制や施設面での不便が表面化するようになった。合併から10年後の1966年には学校組合を解散し、茨木市立となっている。これに伴い従来の校区のうち箕面市域を箕面市立第二中学校の校区へ変更している。 2008年には茨木市立彩都西中学校の設立により、従来の校区から茨木市立彩都西小学校の校区区域が分離され、同地区からの生徒が彩都西中学校に転校している。 1947年4月1日 - 豊川村立中学校として開校。 1948年10月8日 - 豊川村清水31番地に移転。この日を創立記念日とする。 1956年12月1日 - 合併により、茨木市箕面市学校組合豊川中学校に改称。 (Wikipedia:茨木市立豊川中学校)

茨木市立玉島小学校
茨木市立玉島小学校(いばらきしりつ たましましょうがっこう)は、大阪府茨木市にある公立小学校。 沿革 明治時代初期に設置された島下郡第三小区第一番島小学校(のち三島郡宮島尋常小学校)と島下郡第四番目垣小学校(のち三島郡溝咋(みぞくい)尋常小学校)の2校を学校の起源としている。 学制発布に伴い、1873年12月に当時の島下郡島村(町村制実施で宮島村)に島下郡第三小区第一番島小学校が設置された。島小学校より分離する形で、1877年1月には当時の島下郡目垣村(町村制実施で溝咋村)に島下郡第三小区第四番目垣小学校が設置された。 島小学校は1889年5月9日に島下郡(1896年郡の合併で三島郡)宮島尋常小学校に改称した。また目垣小学校は1893年5月1日に島下郡(1896年郡の合併で三島郡)溝咋尋常小学校に改称している。 宮島村と溝咋村は1935年2月11日付で合併し、玉島村となった。村の合併と同時に、宮島・溝咋の両尋常小学校も合併して三島郡玉島小学校が発足している。 1960年代後半以降児童数が増加傾向となり、1969年から1974年にかけて茨木市立中津小学校・茨木市立東小学校・茨木市立葦原小学校の3小学校を相次いで分離している。 (Wikipedia:茨木市立玉島小学校)

茨木市立福井小学校
茨木市立福井小学校(いばらきしりつ ふくいしょうがっこう)は、大阪府茨木市にある公立小学校。 沿革 明治時代初期の学制発布により、1873年7月25日に島下郡25か村を校区とする島下郡第一小区第一番小学校が福井村真龍寺に開設された。 現在の茨木市立安威小学校・茨木市立忍頂寺小学校の前身にあたる学校を分離するなどの改編を経て、三島郡福井尋常小学校となった。 1873年7月25日 - 島下郡第一小区第一番小学校として創立 1874年 - 大岩小学校・下音羽小学校(いずれも茨木市立忍頂寺小学校の前身)を分離。 1878年 - 島下郡公立福井小学校に改称 1879年10月23日 - 安威尋常小学校(現在の茨木市立安威小学校)を分離。 1886年 - 島下郡福井尋常小学校に改称。 1896年4月1日 - 郡の合併により、三島郡福井尋常小学校と称する。 1941年4月1日 - 国民学校令により、三島郡福井国民学校に改称。 1947年4月1日 - 学制改革により、福井村立福井小学校に改称。 1955年4月3日 - 福井村が茨木市に編入されたことに伴い、茨木市立福井小学校に改称。 (Wikipedia:茨木市立福井小学校)

茨木市立玉櫛小学校
茨木市立玉櫛小学校(いばらきしりつたまくししょうがっこう)は、大阪府茨木市にある公立小学校。 1874年6月:島下郡第三区水尾小学校として開校 1895年:沢良宜小学校を統合して島下郡玉櫛尋常小学校と改称 1911年1月:玉櫛農業補習学校が併設される(1934年まで) 1941年4月:三島郡玉櫛国民学校に改称(国民学校令により) 1947年4月:玉櫛村立小学校に改称(学制改革により) 1948年1月:茨木市立玉櫛小学校に改称 1971年4月:茨木市立水尾小学校を分離 1973年4月:茨木市立天王小学校を分離 1974年4月:茨木市立葦原小学校を分離 1980年7月:プール竣工 1982年4月:茨木市立東奈良小学校を分離 2008年6月:プール建設 通学区域 茨木市 玉櫛1・2丁目、玉水町、水尾2丁目の一部、水尾3丁目の一部、真砂1丁目の一部、沢良宜東町卒業生は基本的に茨木市立南中学校と茨木市立天王中学校の2校に分かれて進学する。 (Wikipedia:茨木市立玉櫛小学校)

茨木市立豊川小学校
茨木市立豊川小学校(いばらきしりつとよかわしょうがっこう)は、大阪府茨木市にある公立小学校。通称は豊小(とよしょう)。 沿革 町村制施行前の島下郡粟生村・小野原村・宿久庄村・道祖本村(いずれも町村制で島下郡(のち三島郡)豊川村に合併)にそれぞれ設置されていた小学校を統合し、三島郡豊川尋常高等小学校として1899年に設置された。 豊川村は1956年12月に箕面市に編入されたが、編入直後に旧村東部が箕面市から茨木市に分離編入され、事実上の分村合併の形となった。分村編入の際に校区変更などはおこなわれなかったため、茨木市・箕面市の2市にまたがった旧豊川村を引き続き校区とし、学校組合立となった。 しかし学校組合立という変則的な条件から、指導体制や施設面での不便が表面化するようになった。合併から10年後の1966年には学校組合を解散し、茨木市立となっている。これに伴い旧校区の西部(箕面市域)を分離する形で、1968年に箕面市立東小学校が開校している。 年表 1899年4月 - 三島郡豊川尋常高等小学校として開校。 (Wikipedia:茨木市立豊川小学校)

茨木市立安威小学校
茨木市立安威小学校(いばらきしりつ あい しょうがっこう)は、大阪府茨木市にある公立小学校。 沿革 1879年10月:安威村尋常小学校として開校。 1901年12月:現在地に移転。 1941年4月:安威国民学校と改称。 1947年4月:安威村立小学校と改称。 1948年:PTA発足。 1954年2月:茨木市立安威小学校と改称。 1965年7月:プール完成。 1973年6月:体育館完成。 1979年10月:創立100周年記念式典を挙行。 1994年6月:新プール完成。 2000年4月:養護学級開設。愛称「あおぞら」教室。 通学区域 茨木市 南安威1丁目・3丁目、南安威2丁目の一部、西安威1・2丁目、十日市町(一部を除く)、西太田町の一部、耳原3丁目の一部、東安威1・2丁目、安威1~4丁目、大字安威、大字桑原、大字大門寺、大字生保 卒業生は基本的に茨木市立北中学校と茨木市立北陵中学校の2校に分かれて進学する。 (Wikipedia:茨木市立安威小学校)

茨木市立庄栄小学校
茨木市立庄栄小学校(いばらきしりつしょうえいしょうがっこう)は、大阪府茨木市にある公立の小学校。敷地内に茨木市立庄栄図書館があり、校舎と図書館の間は連絡通路が設けられている。 沿革 1975年4月 - 開校 同年8月 - プール完成 1976年2月 - 校歌制定 通学区域 茨木市 庄1丁目・2丁目、中総持寺町、総持寺駅前町(一部を除く)、橋の内2丁目の一部 卒業生は基本的に茨木市立三島中学校に進学する。 交通 阪急京都線総持寺駅下車 徒歩約3分 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 茨木市立庄栄小学校。 (Wikipedia:茨木市立庄栄小学校)


茨木市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

茨木市 - アマゾン検索


「茨木市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す