[PR]

日別キーワード

第21位  夏目漱石 - 2017年09月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



夏目漱石
夏目 漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者。本名、夏目 金之助(なつめ きんのすけ)。江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。俳号は愚陀仏。 大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めた後、イギリスへ留学。帰国後、東京帝国大学講師として英文学を講じながら、「吾輩は猫である」を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり「坊っちゃん」「倫敦塔」などを書く。 その後朝日新聞社に入社し、「虞美人草」「三四郎」などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、「明暗」が絶筆となった。 幼少期 1867年2月9日(慶応3年1月5日)、江戸の牛込馬場下に名主・夏目小兵衛直克、千枝の末子(五男)として出生。 (Wikipedia:夏目漱石)


夏目漱石 - 関連ブログ

都甲幸治による文学評論と街歩きエッセイが融合した一冊 - mojiru【もじをもじる】

「街小説」読みくらべ 『「街小説」読みくらべ』CONTENTS 『「街小説」読みくらべ』Amazonでの購入はこちら 『「街小説」読みくらべ』楽天市場での購入はこちら 「街小説」読みくらべ インプレスグループで文芸・料理関連の出版事業を展開する立東舎は、翻訳家・都甲幸治氏による、文学評論と街歩きエッセイが融合した新...

日本橋の名店!たいめいけん〜たんぽぽオムライス、コールスロー〜 - 100kgオーバーのわしが美味しいものを食べながら痩せるまでのダイエット方法と記録

どうも!昨日8/6は原爆の日でしたね…自分も父方の実家は広島なので…もう少し早くじいちゃんが広島市内に出動することになっていたら自分は存在しなかったと思うと辛いです。 今は変わってるかもしれないですが、前に平和記念資料館の最後にその秋『75年間は草木も生えない』といわれた広島で新しい芽が息吹ました。焼け...

【放送大学おすすめ科目】論じる見本として『日本文学の名作を読む』を学ぶ - しろっこブログ

Image by KotaroBlog from Pixabay 目次 履修科目は決まりましたか? なんとしても単位を取りたい学生さんへ 日本文学の名作が解説つきで読める 論じるための見本として学ぶ まとめ おまけ 履修科目は決まりましたか? 自宅での単位認定試験が終わりました。 問題はネットで提示、回答は郵送する。「自力で解かないのは...

満島真之介 - garadanikki

昨日、徳冨蘆花「寄生木」の主人公の話をしましたが、 寄生木の主人公-篠原良平はどんなキャラクターだったのか、 そんなことを考えていて、これはと思う人が浮かびました。 満島真之介さんです 彼の姉は満島ひかりさん。 姉弟してハーフっぽいのは、父上がフランス系アメリカ人とのハーフ、つまり2人はクオーターだから...

中高生に読んでほしい!青春に寄り添うおすすめ本(小説)10冊! - 東京中野書房

おはようございます!今回は中学生や高校生の皆さんに読んでほしい小説を紹介したいと思います。 中高生向け、と書いてますが、もちろんどの年代の人が読んでも面白い傑作を揃えました。しかし、やはり特に多感な時期の学生さんに読んでほしいなと。今でないと感じ取れない事がたくさんあると思います。 自分も学生時代...

李登輝の人生は台湾史の縮図だった、「親日かどうか」は論点ではない  WEDGE Infinity(ウェッジ)

1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)、『ふ...

「普通の人でいいのに!」感想B面  田中さんは「客観的にみれば」善良で幸福な人ではあるという話 - 頭の上にミカンをのせる

www.tyoshiki.com の続き。前の記事をA面として、この記事はB面と表記します。 「普通の人でいいのに!」という作品について、A面では「ワナビ―の失意話」「自己評価を他者に依存しすぎるのは危険だよという話」としてまとめました。 B面では田中さん(33歳。物語開始時点では独身)が仕事・彼氏・趣味という三つの...

『自転車日記』 ~付着せる漱石 - 晴天の霹靂

kindle unlimitedで年代順に全部読めてしまううえにどれも面白いので、近頃は夏目漱石ばかり色々読んでいる。 子どもがお気に入りの絵本を持つように、決まった場所でアハハハと笑いたくてついつい繰り返して読むのが随筆『自転車日記』である。 英国留学時代、夏目発狂の噂まで出るような鬱状態で引きこもっているのを...

「普通の人でいいのに!」 あがけばあがくほど少しずつ沈んでいく自意識のアリ地獄を描いた作品 - 頭の上にミカンをのせる

普通じゃない、と断じられたチエミに教えたかった。どの普通にも、どの娘にも、正解はない。(ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ) 普通の人でいいのに! - 冬野梅子 / 【読み切り】普通の人でいいのに! | コミックDAYS 読みました。 togetter.com 自分の感想は置いといて、要約としてこのコメントが素晴らしいなと思った。 「一見...

『食は広州に在り』と『吉本隆明「食」を語る』;芋づる読書・その2. - クルルのおじさん 料理を楽しむ

新型コロナ感染者が再度、急増しています。30日の朝刊では「全国で29日に確認された新規感染者は1237人、一日あたりの過去最多を更新した」。東京だけでなく首都圏外でも感染が急増。愛知県も例外でなく、同29日には過去最多の167人。大阪、福岡などでも過去最多を更新、今まで感染者がゼロであった岩手県でも2人の感染...


夏目漱石 - アマゾン検索


「夏目漱石」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す