[PR]

日別キーワード

第28位  正岡子規 - 2017年09月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



正岡子規
正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日(慶応3年9月17日) - 1902年(明治35年)9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。 俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人であった。死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。 伊予国温泉郡藤原新町(現愛媛県松山市花園町)に松山藩士正岡常尚と八重の間に長男として生まれた。母は、藩の儒者大原観山の長女。 1872年(明治5年)、幼くして父が没したために家督を相続し、大原家と叔父の加藤恒忠(拓川)の後見を受けた。外祖父・観山の私塾に通って漢書の素読を習い、翌年には末広小学校に入学し、後に勝山学校に転校。少年時代は漢詩や戯作、軍談、書画などに親しみ、友人と回覧雑誌を作り、試作会を開いた。また自由民権運動の影響を受け、政談にも関心を熱中したという。 1880年(明治13年)、旧制松山中学(現・松山東高)に入学。 (Wikipedia:正岡子規)


正岡子規 - 関連ブログ

「娑婆っ気」という言葉: 極東ブログ

先日、若い人と話をしていて、ふと、「娑婆っ気」という言葉が口をついて、あれ?と思った。そんな言葉、今の若い人たちは知っているだろうか? きいてみた。案の定である。知らない。知らないからと責めるものではない。そもそも死語ではないかとも思った。 「娑婆っ気」という言葉は死語であろうか? Twitterを検索...

民俗学っぽいマンガとは何か ——民俗学者が出てくるマンガまとめ - 猫は太陽の夢を見るか:番外地

しかし、世間では「妖怪は民俗学が扱うものだ」と考えるのがどうも一般的な捉え方のようです。翻って、「民俗学は妖怪を研究する学問だ」と考えている人までいるようです。 これは、明らかな誤解というよりありません。 (京極夏彦『文庫版 妖怪の理 妖怪の檻』角川文庫、角川書店、2011年、32頁) 「独断と偏見で選ぶ...

あなたは不安とどう向き合いますか? 日本生まれの療法から見えてくる現代人の悩み - 毎日新聞 Sponsored Content

新型コロナウイルスの世界的感染拡大(パンデミック)が、人々を不安に陥れている。国内でも、事業の継続ができるのか、学校の休校で子どもの教育は大丈夫なのかなどといった理由から、精神的に不安定になる人が増えている。私たちはどう向き合えばいいのだろうか。人が不安に思うことはごく自然なことだと受け入れ、そ...

ふりかえり旅、愛媛編〜道後温泉、松山城、坂の上の雲 - 100kgオーバーのわしが美味しいものを食べながら痩せるまでのダイエット方法と記録

どうも!先日プロ野球が開幕しましたね!!カープは大瀬良くんの自援護もあり!開幕戦は勝利!2014年以来の開幕スタメンだった堂林くんにも頑張って欲しいと思ってたら2戦目は4安打でしたね🎏 こいほーです!ひろぎんのカープ支店で優勝したら金利上がる定期預金やろうかな(笑) 前は松山坊ちゃんスタジアムとかでやっ...

文豪は「悪口」もやっぱりすごかった!中原中也、太宰治に永井荷風、菊池寛の“文学的”ののしりあいとは? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

2015年に見つかった太宰治の手紙。「第二回の芥川賞は、私に下さいまするやう、伏して懇願申しあげます」などと記されていた (c)朝日新聞社 「実に大なる田舎者である」「創造力というものが無いんだね」「そんなキタナイ小説は嫌いだ」「馬鹿!」「オタンチン、パレオロガス」――。夏目漱石、尾崎紅葉、正岡子規、田...

月並みなわたしだけど - 三日月の夜に 愛に恋

君が来る 月の小道を 見てやらん 正岡子規 52歳で急逝した従姉は 本と正岡子規が好きで 死が近づいた病床でも 正岡子規を熱く語った 思えば今日が命日だ 毎月や月ごとなどを意味する「月並み」という言葉が 『陳腐、平凡』 という意味も含んだのは 正岡子規がありふれた俳句や短歌を ありきたりでつまらないという皮肉を...

正岡子規は1日1升白米を食べていた!? - 人生は80から

私の住む団地、3月にはウグイスが鳴き始める。 この土地に住み着いて、初めて知ったことだが、ウグイスは、梅が散ったころに美しい声で鳴き始める。 自然のなかでは、「梅にウグイス」ではなく「桜にウグイス」なのだ。 そして、梅雨明けまで鳴き続ける。 5月になると、時折ホトトギスが鳴き始める。 ホトトギスの声も...

短歌にとっての〈語り手〉 - Tom's Fragments

井上法子「「夜明け」について 第二回笹井宏之賞大賞受賞作を読んで」(現代詩手帖2020年5月号)面白かった。今度自分で書こうと思っていることの一部を先出しすることにもなりますが、あまり書き進められていないし、考察ついでに少し書いてみます。今度公開予定の文章に一部転用するかもしれません。 いま何を聞かれて...

過去の教授のひとりごと

モノローグNO.127. 日本も自粛緩和へ大胆にかじ取りをすべきではないだろうか(2020-5-12) 自粛解除あるいは緩和に際しては、そもそも慎重な見方と大胆な見方があると思います。医療関係者はどちらかというと慎重な見方が強いです。そして、日本人もどちらかというと慎重派と言えます。東京都や大阪府の1日当たりの新...

青い花。春のなごり - 野の書ギャラリー

こんにちは。 こちらは 晴れて暖かくなりました。 気づくと前回から10日以上経っていました。その間 娘に優しいコメントをたくさんいただきました。娘もたいへん感謝しております。 本当にありがとうございました。 クリスマスローズのそばに植えていたフロックスブルーパフュームが そろそろと咲き始めました。1年振り...


正岡子規 - アマゾン検索


「正岡子規」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す