[PR]

日別キーワード

第33位  東京都知事 - 2017年09月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



東京都知事
東京都知事(とうきょうとちじ)は、日本の東京都の首長であり特別職の地方公務員。略して都知事(とちじ)とも言う。 個別的・具体的な人物については、東京都知事一覧を参照のこと。 東京都知事は、東京都の首長である。東京都の執行機関の長としての役割を担っており、総計16万5千人もの職員からなる組織を指揮している。 東京都知事選挙によって、候補者の中から、東京都民が投票で選ぶ。→#選挙、東京都知事選挙 任期と権能東京都知事の任期は地方自治法に規定されており、4年である。 東京都知事は、通常、自身の補佐役となる東京都副知事を選び任命する(定員4名)。 東京都は第二次世界大戦中の1943年に行政の効率化を図るために東京府と東京市の統合によって設置され、現在も広域行政と市町村の事務の一部を管掌している。 権能については「都道府県知事」の記事の「地位と職務」の節も参照。 その治めるエリア東京府は大阪府・京都府と同格であったが、東京都はカナダの旧自治領であるトロント・ドミニオン(Toronto Dominion)に倣って制定され、地方自治法上は他の県と同格でありつつも制度の運用面において特別な扱いを講じた自治体である。 (Wikipedia:東京都知事)

東京都知事一覧
東京都知事一覧(とうきょうとちじいちらん)は、歴代の東京都知事の一覧である。ただしその前身および間接的な前身となる、江戸府・東京府・東京市・東京都の東京都知事以前の歴代首長を含む。 江戸府 - 1868年7月1日(慶応4年5月12日)に設置。東京府の前身。 東京府 - 1868年10月2日(慶応4年8月17日)、江戸を東京に改称した際に設置。 東京市 - 1889年(明治22年)5月1日に設置。 東京都 - 1943年(昭和18年)7月1日、東京府・東京市を廃止し設置。 1947年(昭和22年)5月3日の地方自治法施行以前は東京都長官、施行以降は東京都知事。 1945年(昭和20年)6月10日の地方総監府設置にともない東京都長官は関東信越地方総監を兼任(10月31日まで)。 首長の選出 東京府知事は官選であった。 東京市長は、1889年5月1日-1898年10月1日の間は市制特例により置かれず、その職務は東京府知事が行った。 1898年の市制特例廃止による一般市移行以降、府知事と別に東京市長が置かれ、当初官選であったが、1926年以降は市会の互選とされた。 (Wikipedia:東京都知事一覧)

東京都知事本局
局名 東京都知事本局Headquarters of the Governor of Tokyo
組織形態 知事部局
局長 吉川和夫
本局所在地 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号 東京都庁舎第1本庁舎内
職員数 133名(平成18年度現在)
東京都知事本局(とうきょうとちじほんきょく、英語 英称 Headquarters of the Governor of Tokyo)は、東京都組織条例により東京都に置かれる知事部局の一つ。東京都総務局 総務局や東京都財務局 財務局と並ぶ官房系の局で、筆頭局でもある。
都の行財政の基本的な計画及び総合調整に関すること。
知事の特命に係る重要な施策の企画及び立案に関すること。
都市外交、報道及び青少年に関すること。
儀典長
秘書部
*秘書課、外務課、副参事(知事秘書担当)、副参事(副知事秘書担当)、副参事(特別秘書担当)
(Wikipedia:東京都知事本局)

東京都知事選挙
東京都知事選挙(とうきょうとちじせんきょ)は、東京都知事を選出する選挙。 東京都の首長である東京都知事を決めるための選挙である。都民(東京都に住所をおく人)の投票によって決める。 都道府県の首長の任期については地方自治法において規定されており、東京都知事の任期は4年とされている。よって知事が任期を満了する場合は、4年ごとに都知事選挙は行われることになる。ただし、都知事が何らかの理由で任期途中で辞職する場合などはそうした周期でない時に行われることになる。2011年以前の東京都知事選挙は全て統一地方選挙に併せて行われていた。 東京都選挙管理委員会が管理をしており、様々な統計調査およびその公表も東京都選挙管理委員会が行っている。 投票率に着目してみると、昭和46年4月11日の都知事選は72.36%と高い投票率を記録した。昭和62年4月12日の都知事選は43.19%と低い投票率であった。近年では、平成23年4月10日の都知事選が 57.8%、平成24年12月16日 62%、平成26年2月9日 46.14%となっていた。 (Wikipedia:東京都知事選挙)

東京都知事選
東京都知事選挙(とうきょうとちじせんきょ)は、東京都知事を選出する選挙。 東京都の首長である東京都知事を決めるための選挙である。都民(東京都に住所をおく人)の投票によって決める。 都道府県の首長の任期については地方自治法において規定されており、東京都知事の任期は4年とされている。よって知事が任期を満了する場合は、4年ごとに都知事選挙は行われることになる。ただし、都知事が何らかの理由で任期途中で辞職する場合などはそうした周期でない時に行われることになる。2011年以前の東京都知事選挙は全て統一地方選挙に併せて行われていた。 東京都選挙管理委員会が管理をしており、様々な統計調査およびその公表も東京都選挙管理委員会が行っている。 投票率に着目してみると、昭和46年4月11日の都知事選は72.36%と高い投票率を記録した。昭和62年4月12日の都知事選は43.19%と低い投票率であった。近年では、平成23年4月10日の都知事選が 57.8%、平成24年12月16日 62%、平成26年2月9日 46.14%となっていた。 (Wikipedia:東京都知事選)


東京都知事 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

東京都知事 - アマゾン検索


「東京都知事」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す