[PR]

日別キーワード

第74位  ニラ - 2017年09月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



ニラ
ニラ(韮、韭、Allium tuberosum)はネギ属に属する多年草。緑黄色野菜である。 『古事記』では加美良(かみら)、『万葉集』では久々美良(くくみら)、『正倉院文書』には彌良(みら)として記載がある。このように、古代においては「みら」と呼ばれていたが、院政期頃から不規則な転訛形「にら」が出現し、「みら」を駆逐して現在に至っている。近世の女房言葉に二文字(ふたもじ)がある。 方言では、ふたもじ(二文字。千葉県上総地方)、じゃま(新潟県中越地方)、にらねぎ(韮葱。静岡県、鳥取県などの一部)、こじきねぶか(乞食根深。愛知県、岐阜県の一部)、とち(奈良県山辺郡、磯城郡)、へんどねぶか(遍路根深。徳島県の一部)、きりびら(沖縄県島尻郡)、ちりびら(沖縄県那覇市)、きんぴら(沖縄県那覇市)、んーだー(沖縄県与那国島)などがある。 夏には葉の間から30 - 40cmほどの花茎を伸ばす。花期は8 - 10月頃。花は半球形の散形花序で白い小さな花を20 - 40個もつける。花弁は3枚だが、苞が3枚あり、花弁が6枚あるように見える。 (Wikipedia:ニラ)

ニライカナイ
ニライカナイは、沖縄県や鹿児島県奄美群島の各地に伝わる他界概念のひとつ。理想郷の伝承。 概念 遥か遠い東(辰巳の方角)の海の彼方、または海の底、地の底にあるとされる異界。 豊穣や生命の源であり、神界でもある。年初にはニライカナイから神がやってきて豊穣をもたらし、年末にまた帰るとされる。また、生者の魂もニライカナイより来て、死者の魂はニライカナイに去ると考えられている。琉球では死後7代して死者の魂は親族の守護神になるという考えが信仰されており、後生(ぐそー:あの世)であるニライカナイは、祖霊が守護神へと生まれ変わる場所、つまり祖霊神が生まれる場所でもあった。 上記のように、ニライカナイは複合的な観念を持った楽土であるが、この概念は本土の常世国の信仰と酷似しており、柳田國男は、ニライカナイを日本神話の根の国と同一のものとしている。 なお、琉球では他の他界概念として、権威を守護する神々の神界としてオボツカグラを想定していた。信仰上の他界概念を水平表象と垂直表象で論じた折口信夫は、ニライカナイを水平の、オボツカグラを垂直の他界と指摘している。 (Wikipedia:ニライカナイ)

ニラ・バラ
ニラ・バラは、ウッチャンナンチャンのウリナリ!!(日本テレビ)の番組で知られたインド人ダンサー2人組である。 南々見こと南原清隆率いるダンス音楽ユニット『ブランニュービスケッツ』、に参加、ダンスやコーラスで活躍した。 南々見(南原)主演の映画『ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説』では、ダンスマスター(メインの振り付け師)としてダンスの振り付けを行う他、自らダンサーとしても出演している。 ニラはその後、日本人女性と結婚、2005年から福岡市内にてインドダンス教室を始めた。 数々のイベントにも出演し、アコースティックユニットCICCAROLLのバックダンサーも行っている。 バラは単独でダンサーやダンス指導を継続。 2004年に南原清隆主演の舞台を鑑賞、楽屋へ応援に行き『久しぶりの兄貴との再会』をはたしている。 2006年に所属のオールテンポを離れてインドに帰国し、ダンスマスターとして活動している。 CD 『ブランニュービスケッツ』 Partner"s" 映画 『ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説(南々見組)』 DVD ウッチャンナンチャンのウリナリ!! ウリナリ祭り 等。 (Wikipedia:ニラ・バラ)


ニラ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ニラ - アマゾン検索


「ニラ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す