[PR]

日別キーワード

第87位  アンリ・ルソー - 2017年09月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



アンリ・ルソー
アンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソー(Henri Julien Félix Rousseau、1844年5月21日 - 1910年9月2日)は、19世紀~20世紀フランスの素朴派の画家。 20数年間、パリ市の税関の職員を務め、仕事の余暇に絵を描いていた「日曜画家」であったことから「ル・ドゥアニエ」(税関吏)の通称で知られる。ただし、ルソーの代表作の大部分はルソーが税関を退職した後の50歳代に描かれている。 生涯 ルソーは1844年、マイエンヌ県ラヴァルに生まれた。高校中退後、一時法律事務所に勤務する。1863年から1868年まで5年間の軍役を経て1871年、パリの入市税関の職員となる。現存するルソーの最初期の作品は1879年(35歳)頃のものである。1886年からアンデパンダン展に出品を始め、同展には終生出品を続けている。1888年、最初の妻クレマンスが亡くなった。生まれた子供も幼くして亡くなり、2番目の妻ジョゼフィーヌにも1903年に先立たれるなど、家庭生活の面では恵まれていなかった。 (Wikipedia:アンリ・ルソー)


アンリ・ルソー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アンリ・ルソー - アマゾン検索


「アンリ・ルソー」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す