[PR]

日別キーワード

第92位  エド - 2017年09月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



エド
Ed エド (テレビドラマ) - アメリカ合衆国のテレビドラマ。 英語圏の男性の人名。また、エドワード、エドウィン、エドガー、エドモンド(エドマンド、エドムンド)など古英語のead(富、幸せ、豊かさ) 由来の人名の愛称でもある。 エド・ウォルシュ エド・ウッド エド・キャットムル エド・グラハム エド・ゲイン エド・コッチ エド・サリヴァン エド・シーフェリン エド・デラハンティ エド・ハリス エド・ヤーナル エド・ルシェ Edo ナイジェリアの地名。現ベニンシティ。 エド州 エド語 ヨーロッパの男性名。 エド・デ・ワールト - オランダの指揮者。 エド・マーイカ - 東欧のラッパー。 その他 エド・はるみ - 日本の女性タレント。 エド山口 - 日本の男性タレント。 エド・フェニックス - アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』に登場する架空の人物。 (Wikipedia:エド)

エドワード・エルリック
『鋼の錬金術師の登場人物一覧』より : エドワード・エルリックは、荒川弘の漫画『鋼の錬金術師』、及びそれを原作としたテレビアニメに登場する架空の人物。 TVアニメ版(2003年版、2009年版共通)、劇場版(2005年版、2011年版共通)共に声優は朴璐美。ドラマCD第一弾の声優は皆川純子。 本作の主人公で、通称「エド」。史上最年少で国家錬金術師の資格を得た錬金術師で、「鋼」の二つ名を持つ(なお、本作の題名にもなっているこの二つ名「鋼の錬金術師」は、エドの右手と左足が機械鎧であることに由来する)。 大陸暦1899年の冬生まれ。物語開始時は15歳で、単行本23巻時点では16歳。アメストリス国の東部の街・リゼンブール出身。 本来右利きであるが、機械鎧にした関係で細かい動作は左手を使う。 錬金術師である父の影響か、幼少時より弟アルフォンス・エルリック(アル)と共に錬金術の初歩を独学で修得、才能の片鱗を見せる。5歳の頃に母を亡くしたことから、弟と共に人体錬成によって母を生き返らせることを目標とし、9歳の頃2人の師、イズミ・カーティスの下で錬金術を学んだ後に帰郷し、11歳で人体錬成を行うが失敗。 (Wikipedia:エドワード・エルリック)

エドワード・ハレルソン
『機動戦士ガンダムSEED ASTRAYの登場人物』より : ガンダムSEED MSV(ガンダムシード エムエスブイ)とは、アニメ『機動戦士ガンダムSEED』に関連した企画の一つ。 アニメ『機動戦士ガンダム』放映後に企画された『MSV』に倣って、アニメ『機動戦士ガンダムSEED』に登場するモビルスーツ (MS) の派生機やパイロット等、映像には出ていないキャラクターの設定を創作する企画である。 大河原邦男によるMSの画稿と森田繁による機体解説、モデラーによる模型作例が掲載されるという形式で、雑誌『ホビージャパン』2003年1月号から2004年5月号に『SEED MSV』という名前で連載されたが、その後『機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ』との連動による拡大解釈に伴い、現代に至る。その後『ホビージャパン』2005年1月号から2005年12月号には『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』と連動して『SEED DESTINY MSV』が連載。また『ホビージャパン』では『SEED MSV』から派生したフォトストーリー『SEED MSV戦記』と『DESTINY MSV戦記』が掲載されている(後述)。 (Wikipedia:エドワード・ハレルソン)

エドモンド・バートン
人名=エドモンド・バートン
各国語表記 Edmund Barton
国名 オーストラリア
代数 初
職名 オーストラリアの首相 首相
就任日 1901年1月1日
退任日 1903年9月24日
副大統領
元首
国名2
代数2
職名2 オーストラリア最高裁判事の一覧 オーストラリア最高裁次席判事
就任日2 1903年10月5日
退任日2 1920年1月7日
出生日 1849年1月18日
生地 シドニー シドニー市グレーブ
死亡日 1920年1月7日
没地 ニュー・サウス・ウェールズ州メドロー・バス
(Wikipedia:エドモンド・バートン)

エドワード・D・ホック
エドワード・デンティンジャー・ホック(Edward Dentinger Hoch、1930年2月22日 - 2008年1月17日)はアメリカのミステリー作家。多作家で、数多くの短編推理小説を書いたことで知られる。長編は数冊のみ。ニューヨーク州ロチェスターの生まれ。 作品の特徴 ホックは古典的推理小説の名人で、サスペンスやアクションより謎と推理を重視する。『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン(以下:EQMM )』は、そのような彼のことを「古典的犯人当てミステリーの王様」 (The King of the Classical Whodunit) と呼ぶ。ホックの書く話は緻密に構築されたパズルのようで、物理的・心理的な手掛かりを注意深く公平に提示してみせる。特に“不可能犯罪もの”が好きで、ジョン・ディクスン・カー等によって広められた“密室もの”については、いくつものバリエーションを発明した(不可能犯罪ものとは、“どう見ても犯罪を成し遂げることが不可能に見える”という状況を扱う推理小説のこと。 (Wikipedia:エドワード・D・ホック)

エドワード・P・トムスン
エドワード・パルマー・トムスン(英語:Edward Palmer Thompson、1924年2月3日 - 1993年8月28日)は、イングランドの歴史家、社会主義者、および平和運動家。
18世紀末から19世紀初頭にかけての、英国のラディカルな社会運動をめぐる著作、『イングランド労働者階級の形成』(原著:1963年)として最も有名だが、彼はまた、ウィリアム・モリス (1955年) およびウィリアム・ブレイク (1993年、出版は彼の死後)という影響力のある2冊の伝記を出版しているほか、多産なジャーナリスト、エッセイストでもあり、さらには『シカオス文書』というSF小説や詩集を出版してもいる。イギリス共産党 共産党の知識人メンバーの一人であり、 1956年年のハンガリーへのハンガリー動乱 ソヴィエト軍の侵攻の対処をめぐって離党することにはなったが、1950年代末期の英国における第一次ニューレフトにおいて重要な役割を担った。彼は、1964-70年および1974-79年の労働党政府に対する、意気軒昂な左翼・社会主義の論客であり、1980年代には、ヨーロッパにおける反核運動を先導する知識人であった。
(Wikipedia:エドワード・P・トムスン)

エドモンソン券
『乗車券』より : エドモンソン式乗車券(エドモンソンしきじょうしゃけん)は、日本を含む世界各国の鉄道で使用されている乗車券の規格サイズである。 1836年、英国ニューカッスルカーライル鉄道(Newcastle and Carlisle Railway)の駅長だったトーマス・エドモンソンが考案した。 サイズ 長さ3cm、幅5.75cmの横長である。日本国有鉄道では「A型券」と称した。他にも、長さ2.5cm、幅5.75cmの「B型券」、長さ6cm、幅5.75cmの「C型券」、長さ3cm、幅8.5cmの「D型券」があった(ただし、エドモンソンが考案したのはA型券だけである)。現在の鉄道シーンでは、切符と言えばまずこの「A型券」と言える。東日本旅客鉄道の自動券売機では、基本的に1660円までの切符が「A型券」で発券されるようになっている。私鉄の回数券や海外の鉄道では、縦長に発券されるものも見られる。 使用法 自動券売機用のものは、幅5.75cmの長いロール状になったものがセットされ、切符購入の度に表面に額面を印字し、規定の長さに切断されて発券される。 (Wikipedia:エドモンソン券)

エドモントン・オイラーズ
エドモントン・オイラーズ(Edmonton Oilers)はカナダアルバータ州エドモントンを本拠としているナショナルホッケーリーグ(NHL)所属のプロアイスホッケーチームである。 1972年にアルバータ・オイラーズとしてWHA(ワールドホッケーアソシエイション)の創立メンバーとなる。創立時のオーナーはビル・ハンター(Bill Hunter) 。ハンターは従前はエドモントン・オイル・キングスのオーナーであり、後の西部ホッケー・リーグ (Western Hockey League) の創立者でもあるが、彼のエドモントンへのプロホッケーチーム誘致はNHLに頑として拒絶され続けた。アルバータ・オイラーズという名の元々の命名理由は、カルガリー・ブロンコス (Calgary Broncos) の解散後において、アルバータ州の2大都市であるエドモントン、カルガリー双方でのホームゲーム開催を企図していたこととされる。 (Wikipedia:エドモントン・オイラーズ)

エドマンド・スペンサー
name エドマンド・スペンサー
birth_date 1552年頃
death_date 1599年1月13日
occupation 詩人
notable_works 妖精の女王
エドマンド・スペンサー(Edmund Spenser, 1552年頃 – 1599年1月13日)はイングランドの詩人で、エリザベス1世 (イングランド女王) エリザベス1世の時代に活躍した。仕立て職人ジョン・スペンサーを父に生まれる。アイルランドに赴任していた時に反イングランド暴動に遭遇した。『妖精の女王』が最も有名な作品である。
1570年代、スペンサーはアイルランドに行くが、おそらく新しく赴任したアイルランド総督(:en:Lord Deputy of Ireland en:Lord Deputy of Ireland)アーサー・グレイ(:en:Arthur Grey, 14th Baron Grey de Wilton en:Arthur Grey)に仕えていたものと思われる。1579年から1580年に起こった二度目のデズモンドの反乱(:en:Second Desmond Rebellion en:Second Desmond Rebellion)では、スペンサーはイングランド軍に加わって戦った。反乱の制圧後、テューダー朝のアイルランド再征服(:en:Tudor re-conquest of Ireland en:Tudor re-conquest of Ireland)があり、スペンサーはマンスター植民(:en:Plantations of Ireland#The Munster Plantatio en:The Munster Plantatio)で没収されたコーク州の土地を与えられた。同じ地域にはウォルター・ローリーもいた。
(Wikipedia:エドマンド・スペンサー)

エドウィン・ハッブル
エドウィン・パウエル・ハッブル(Edwin Powell Hubble, 1889年11月20日 - 1953年9月28日)は、アメリカ合衆国の天文学者。我々の銀河系の外にも銀河が存在することや、それらの銀河からの光が宇宙膨張に伴って赤方偏移していることを発見した。近代を代表する天文学者の一人であり、現代の宇宙論の基礎を築いた人物である。 生涯 ハッブルはアメリカ・ミズーリ州マーシュフィールドで保険会社役員の家に生まれ、1898年にイリノイ州ウィートンに引っ越した。若い頃は学問的な才能よりもスポーツの才能の方で知られていた。1906年に行なわれた高校の大会の7種目で1位、1種目で3位を獲得した。この年には走り高跳びでイリノイ州の州記録も作っている。 ハッブルはシカゴ大学に入学し、有名な物理学者ロバート・ミリカンなどの影響を受けた。大学でもヘビーウエイト級のボクサーとして有名で、あるプロモーターは世界チャンピオンのジャック・ジョンソンと戦ったらどうかと勧めたほどであった。 (Wikipedia:エドウィン・ハッブル)

エドガー・アラン・ポー
エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe、1809年1月19日 - 1849年10月7日)は、アメリカ合衆国の小説家、詩人、雑誌編集者。マサチューセッツ州ボストンに生まれる。生まれた直後に両親を失って商人アラン家に引き取られ、幼少期の一時期をロンドンで過ごした。ヴァージニア大学に進むも放蕩から退学を余儀なくされ、その後陸軍入隊、士官学校を経て作家として活動を始める。以後さまざまな雑誌で編集者として勤めながら、ゴシック風の恐怖小説「アッシャー家の崩壊」「黒猫」、初の推理小説と言われる「モルグ街の殺人」、暗号小説の草分け「黄金虫」など多数の短編作品を発表、また1845年の詩「大鴉」でも評判を取った。1833年、当時まだ13歳だった従妹ヴァージニア・クレムと結婚するが、1847年に貧苦の中で結核によって彼女を失い、その2年後にポー自身も謎めいた死を遂げた。 ポーはアメリカにおいて文筆だけで身を立てようとした最初の著名な作家であったが、文名を得てからもその生活はほぼ常に貧窮の中にあった。 (Wikipedia:エドガー・アラン・ポー)

エドガー・アラン・ポオ
『エドガー・アラン・ポー』より : エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe、1809年1月19日 - 1849年10月7日)は、アメリカ合衆国の小説家、詩人、雑誌編集者。マサチューセッツ州ボストンに生まれる。生まれた直後に両親を失って商人アラン家に引き取られ、幼少期の一時期をロンドンで過ごした。ヴァージニア大学に進むも放蕩から退学を余儀なくされ、その後陸軍入隊、士官学校を経て作家として活動を始める。以後さまざまな雑誌で編集者として勤めながら、ゴシック風の恐怖小説「アッシャー家の崩壊」「黒猫」、初の推理小説と言われる「モルグ街の殺人」、暗号小説の草分け「黄金虫」など多数の短編作品を発表、また1845年の詩「大鴉」でも評判を取った。1833年、当時まだ13歳だった従妹ヴァージニア・クレムと結婚するが、1847年に貧苦の中で結核によって彼女を失い、その2年後にポー自身も謎めいた死を遂げた。 ポーはアメリカにおいて文筆だけで身を立てようとした最初の著名な作家であったが、文名を得てからもその生活はほぼ常に貧窮の中にあった。 (Wikipedia:エドガー・アラン・ポオ)

エドワード・マクダウェル
エドワード・アレグザンダー・マクダウェル (Edward Alexander MacDowell 1860年12月18日ニューヨーク - 1908年1月23日)は19世紀末のアメリカ合衆国を代表するロマン主義音楽の作曲家・ピアニスト・大学教授。たくさんのピアノ小品や2つのピアノ協奏曲で有名。スコットランド系移民の父親とアイルランド系移民の母親の間に生まれた。なお、MacDowellの読みは、日本ではマクダウェルで知られているが、実際の発音は-ow-が二重母音となり、マクダウルに近い([məkdáuəl])。 生涯 マクダウェル家はニューヨークで宿泊所を営んでおり、しばしば国外からの音楽家が長期滞在するのに利用していた。マクダウェル少年は、コロンビア出身のヴァイオリニスト、フアン・ブイトラーゴやベネズエラ出身のピアニスト、テレサ・カレーニョの二人にピアノと音楽の手ほどきを受け、楽才を認められた。1877年に母親に連れられてフランスに渡り、パリ音楽院より入学資格を得る。同級生にはドビュッシーがいた。しかしながら、フランスの言語や文化習慣になじめず、留学先をドイツに変更、フランクフルトのホーホ音楽学校に籍を置き、ピアノを学ぶ傍ら、校長ヨアヒム・ラフに作曲を師事、その愛弟子となる。 (Wikipedia:エドワード・マクダウェル)

エドガー・ダーヴィッツ
エドガー・スティーヴン・ダーヴィッツ(Edgar Steven Davids, 1973年3月13日 - )は元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF。元オランダ代表。 クラブでの実績 アムステルダムにあるオランダの名門サッカークラブ、アヤックスの下部組織、アヤックス・アカデミーを経た後、1991-92シーズンデビュー。 1994-95シーズンにはパトリック・クライファート、ヤリ・リトマネン(フィンランド代表)等と共に20歳の若さで、ACミランを下しUEFAチャンピオンズリーグを制覇する。その後トヨタカップにも来日、グレミオをPK戦の末下して世界一の称号も手にする。翌年のUEFAチャンピオンズリーグも決勝まで勝ち進んだが、ユベントスに敗れた。 その活躍が認められ1996年にはイタリア、セリエAのビッグクラブ、ACミランに移籍。入団一年目は15試合に出場。しかし、二年目は開幕直後にペルージャ戦でGKと交錯して骨折してしまう。その後、1997年にミラン首脳陣はシーズン半ばに彼との確執を理由に彼を放出、同セリエAのユヴェントスに移籍させる。 (Wikipedia:エドガー・ダーヴィッツ)

エドガー・ダービッツ
『エドガー・ダーヴィッツ』より : エドガー・スティーヴン・ダーヴィッツ(Edgar Steven Davids, 1973年3月13日 - )は元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF。元オランダ代表。 クラブでの実績 アムステルダムにあるオランダの名門サッカークラブ、アヤックスの下部組織、アヤックス・アカデミーを経た後、1991-92シーズンデビュー。 1994-95シーズンにはパトリック・クライファート、ヤリ・リトマネン(フィンランド代表)等と共に20歳の若さで、ACミランを下しUEFAチャンピオンズリーグを制覇する。その後トヨタカップにも来日、グレミオをPK戦の末下して世界一の称号も手にする。翌年のUEFAチャンピオンズリーグも決勝まで勝ち進んだが、ユベントスに敗れた。 その活躍が認められ1996年にはイタリア、セリエAのビッグクラブ、ACミランに移籍。入団一年目は15試合に出場。しかし、二年目は開幕直後にペルージャ戦でGKと交錯して骨折してしまう。その後、1997年にミラン首脳陣はシーズン半ばに彼との確執を理由に彼を放出、同セリエAのユヴェントスに移籍させる。 (Wikipedia:エドガー・ダービッツ)

エドワードリミテッド
社名 株式会社 エドワード・エンターテインメント・グループ
英文社名 EDWARD ENTERTAINMENT GROUP
種類 株式会社
市場情報 非上場
郵便番号 980-0014
本社所在地 宮城県仙台市  青葉区 (仙台市) 青葉区本町 (仙台市) 本町1-11-2 SK小田急ビル10階
電話番号 022-722-4511
業種 5250
統一金融機関コード
SWIFTコード
事業内容 アーティストマネージメントライブの企画制作インディーズ系レコードレーベルライブハウスの運営
代表者 金野誠
資本金
売上高
総資産
従業員数
決算期
主要株主
(Wikipedia:エドワードリミテッド)

エドムント・フッサール
エトムント・グスタフ・アルブレヒト・フッサール(Edmund Gustav Albrecht Husserl、IPA:[ˈhʊsɛrl]、1859年4月8日 - 1938年4月27日)は、オーストリアの哲学者、数学者である。古くはフッセル、フッセルルとの表記も。 ウィーン大学で約2年間フランツ・ブレンターノに師事し、ドイツのハレ大学、ゲッティンゲン大学、フライブルク大学で教鞭をとる。 初めは数学基礎論の研究者であったが、ブレンターノの影響を受け、哲学の側からの諸学問の基礎付けへと関心を移し、全く新しい対象へのアプローチの方法として「現象学」を提唱するに至る。 現象学は20世紀哲学の新たな流れとなり、マルティン・ハイデッガー、ジャン=ポール・サルトル、モーリス・メルロー=ポンティらの後継者を生み出して現象学運動となり、学問のみならず政治や芸術にまで影響を与えた。 生涯 1859年 オーストリア帝国(現チェコ共和国)のプロスニッツ(モラビア)にユダヤ系織物商の子として生まれる。 (Wikipedia:エドムント・フッサール)

エドワード・サイード
エドワード・W・サイード(إدوارد سعيد Edward Wadie Said, 1935年11月1日 - 2003年9月25日)は、パレスチナ系アメリカ人の文学研究者、文学批評家。主著の『オリエンタリズム』でオリエンタリズムの理論とともにポストコロニアル理論を確立した。彼はまたパレスチナ問題に関する率直な発言者でもあった。 生涯 キリスト教徒のパレスチナ人としてエルサレムに生まれる。父親はエジプトのカイロで事業を営んだが、サイードはエルサレムにあった叔母の家で幼年期の多くの時間を過ごしたほか、レバノンでも暮らした。アラビア語、英語、フランス語の入り混じる環境で育ったため、3つの言語に堪能となる。14歳になる頃にはヴィクトリア・カレッジに通った。この時期の生活については、自伝『遠い場所の記憶』に詳しい。 アメリカ合衆国へ移住後、学士号をプリンストン大学、修士号と博士号をハーバード大学にて取得した。英文学と比較文学の教授をコロンビア大学で40年間務めた(1963年~2003年)ほか、ハーバード大学、ジョンズ・ホプキンス大学、エール大学でも教鞭を執った。 (Wikipedia:エドワード・サイード)

エドワード・W・サイード
『エドワード・サイード』より : エドワード・W・サイード(إدوارد سعيد Edward Wadie Said, 1935年11月1日 - 2003年9月25日)は、パレスチナ系アメリカ人の文学研究者、文学批評家。主著の『オリエンタリズム』でオリエンタリズムの理論とともにポストコロニアル理論を確立した。彼はまたパレスチナ問題に関する率直な発言者でもあった。 生涯 キリスト教徒のパレスチナ人としてエルサレムに生まれる。父親はエジプトのカイロで事業を営んだが、サイードはエルサレムにあった叔母の家で幼年期の多くの時間を過ごしたほか、レバノンでも暮らした。アラビア語、英語、フランス語の入り混じる環境で育ったため、3つの言語に堪能となる。14歳になる頃にはヴィクトリア・カレッジに通った。この時期の生活については、自伝『遠い場所の記憶』に詳しい。 アメリカ合衆国へ移住後、学士号をプリンストン大学、修士号と博士号をハーバード大学にて取得した。英文学と比較文学の教授をコロンビア大学で40年間務めた(1963年~2003年)ほか、ハーバード大学、ジョンズ・ホプキンス大学、エール大学でも教鞭を執った。 (Wikipedia:エドワード・W・サイード)

エドワード・A・ディーズ
エドワード・アンドリュー・ディーズ(Edward Andrew Deeds) (1874年3月12日 – 1960年7月1日)は米国の技術者、発明家、事業家。
1874年にオハイオ州グランビル近くで生まれ、1897年にデニソン大学を卒業。卒業時にはバレディクトリアン(総代)だった。また電気工学をコーネル大学で学ぶ。オハイオ州デイトンのスレッシャー・カンパニー(Thresher Company)に電気エンジニア、製図者として職を得、電動モーターの設計と実装をおこなった。18ヶ月後、部長(superintendent)兼チーフエンジニアに抜擢された。
NCR (企業) ナショナル・キャッシュ・レジスター・カンパニー(NCR)がスレッシャー社と同じ建物に本社を置いていた。1899年、フレデリック・パターソンがチームを強化するためディードを「ザ・キャッシュ」に招き入れた。ディーズは、NCR工場の電化を担当し、NCR初の発電施設を建造した。
(Wikipedia:エドワード・A・ディーズ)

エドモントン
エドモントン(英: Edmonton)は、カナダアルバータ州にある都市。同州の州都であり、州内ではカルガリーに次ぐ第2の都市である(国内5位)。また、カナダの州都としてはトロントに次ぐ第2位の人口規模を持つ。肥沃な農業地帯が広がるプレーリーに位置し、ノースサスカチュワン川が周辺地域の中心を流れている。 2007年統計によれば市内人口はおよそ75万人、広域圏人口はおよそ108万人で、北米内の100万人都市としては最北端に位置する。州北部で盛んなオイルサンド産業と、ノースウエスト準州で運営されている大規模なダイヤモンド鉱への玄関口となっている。文化や行政、教育が盛んな地域でもある。「ザ・フェスティバル・シティ」と呼ばれるほど年間を通してイベント行事が開催され、市内には北米最大のショッピングモール「ウェスト・エドモントン・モール」と最大の歴史公園「フォート・エドモントン(Fort Edmonton)」がある。 (Wikipedia:エドモントン)


エド - 関連ブログ

データが取得できませんでした

エド - アマゾン検索


「エド」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す