[PR]

日別キーワード

第1位  ゲーマーズ! - 2017年09月09日


関連するイメージは見つかりませんでした




ゲーマーズ! - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  豊田真由子 - 2017年09月11日


関連するイメージは見つかりませんでした




豊田真由子 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  太陽フレア - 2017年09月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



太陽フレア
太陽フレア(たいようフレア、Solar flare)は、太陽で発生している爆発現象のことである。別称は太陽面爆発。 太陽系で最大の爆発現象で、しばしば観測されている。多数の波長域の電磁波の増加によって観測される。特に大きな太陽フレアは白色光でも観測されることがあり、白色光フレアと呼ぶ。太陽の活動が活発なときに太陽黒点の付近で発生する事が多く、こうした領域を太陽活動領域と呼ぶ。太陽フレアの初めての観測は、1859年にイギリスの天文学者、リチャード・キャリントンによって行われた(1859年の太陽嵐)。 「フレア」とは火炎(燃え上がり)のことであるが、天文学領域では恒星に発生する巨大な爆発現象を指している。現在では太陽以外の様々な天体でも観測されているが、本稿に於いては人類の近傍にある唯一の恒星である太陽のフレアについて説明する。 NASAによると、2012年7月には巨大な太陽フレアが地球をかすめた 。次の10年間に同程度のフレアが実際に地球を襲う確率は12%であると推定される。 フレアの大きさは通常数万km程度であり、威力は水素爆弾10万~1億個と同等である。 (Wikipedia:太陽フレア)


太陽フレア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  GDP - 2017年09月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



GDP
国内総生産(こくないそうせいさん、英:Gross Domestic Product、GDP)は、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。 国内総生産は「ストック」に対する「フロー」をあらわす指標であり、経済を総合的に把握する統計である国民経済計算の中の一指標で、GDPの伸び率が経済成長率に値する(経済学用語のフロー、ストックはフローとストックを参照)。 原則として国内総生産には市場で取引された財やサービスの生産のみが計上される。市場で取引されない活動は、GDPには含まれない。このため、家事労働やボランティア活動などは国内総生産には計上されない。この点は、国民総生産でも同じである。こうした取り扱いの例外として、持ち家の家賃など帰属計算が行われるものがある(国民経済計算の帰属家賃の説明を参照)。また、今期新たに生産されたのでない財(例:古美術品)の取引、最終財の原材料となる中間財の取引は算入されない。地下経済なども計上されないことが一般的であったが、2014年以降、EU圏内では麻薬取引や売春サービスも計上し始めている。 (Wikipedia:GDP)

GDPデフレーター
『国内総生産』より : 経済学において、GDPデフレーター(GDP deflator)とは、ある国(または地域)の名目GDPから実質GDPを算出するために用いられる物価指数である。名目GDPと実質GDPはそれぞれ物価変動の影響を排除していないGDPと排除したGDPであるため、その比にあたるGDPデフレーターは、物価変動の程度を表す物価指数であると解釈される。従ってGDPデフレーターの増加率がプラスであればインフレーション、マイナスであればデフレーションとみなせる。 算出 国民経済計算における計測 ほとんどの国民経済計算の体系において、GDPデフレーターは名目(nominal)GDPと実質(real)GDPの比を計測する。次の計算式が用いられる。 \operatorname{GDP\ deflator} = \frac{\operatorname{Nominal\ GDP}}{\operatorname{Real\ GDP}}\times 100名目GDPをGDPデフレーターで割って100倍する(デフレートする)と実質GDPの価額になる。 (Wikipedia:GDPデフレーター)


GDP - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  マグニチュード - 2017年09月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



マグニチュード
地震のマグニチュード (magnitude) とは、地震が発するエネルギーの大きさを対数で表した指標値である。揺れの大きさを表す震度とは異なる。日本の地震学者和達清夫の最大震度と震央までの距離を書き込んだ地図に着想を得て、アメリカの地震学者チャールズ・リヒターが考案した。リヒターの名からリヒター・スケール(Richter scale、英語発音: [riktər skeil](リクター・スケール))ともいい、英語圏では「マグニチュード」よりも「リヒター・スケール」の名称が一般的である。マグニチュードは地震のエネルギーと対数関係にあり、マグニチュードが 1 増えると地震のエネルギーは約31.6倍になり、マグニチュードが 2 増えると地震のエネルギーは1000倍になる。 地震学ではモーメントマグニチュード (Mw) が広く使われる。日本では気象庁マグニチュード (Mj) が広く使われるが、長周期の波が観測できるような規模の地震(Mj5.0以上)ではモーメントマグニチュードも解析・公表されている。 (Wikipedia:マグニチュード)

マグニチュード岸和田
マグニチュード岸和田(マグニチュード きしわだ、本名:藤田 豊成、1971年5月9日 - )は、日本のプロレスラー(覆面レスラー)。大阪府岸和田市出身。 愛称は「岸和田兄さん」、「親分」、「大阪で一番強い男」など。 学生時代はウエイトリフティングの選手として活躍。1990年代前半ごろからプロレスラーとして活動しインディー団体を転々。新格闘プロレス所属時代には、修斗との対抗戦に出場という異色の経歴も。ミスター・ポーゴの子分としてFMWに参戦していたことがある。後に金村キンタローとのハードコアマッチで1歩も引かぬ活躍を見せたのは、この頃の経験があるからである(ちなみに、金村が「W★ING金村」と名乗っていた頃には行動を共にしたこともある。今では考えられないが、当時は金村にいじめられたり言動をツッコまれたりと「いじられキャラ」であった)。1999年に大阪プロレスに怪獣Ζ(ゼータ)マンドラとして登場、主にコミカル路線で活躍していたが2001年にGamma率いるヒールユニットFLUxxに加入、翌2002年に“ビッグボス”MA-G-MAに変身。 (Wikipedia:マグニチュード岸和田)


マグニチュード - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す