[PR]

日別キーワード

第1位  Apple Watch - 2017年09月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



Apple Watch
Apple Watch(アップル・ウォッチ)は、アップルから2015年4月24日に発売された腕時計型ウェアラブルコンピュータ(スマートウォッチ)。2014年9月10日2時(日本時間)に発表され、2015年3月10日2時(日本時間)にSpring Forwardにて発売日が発表された。スティーブ・ジョブズ亡き後、ティム・クックがCEO(最高経営責任者)に就任して初の新カテゴリー製品である。 Apple Watchは腕時計型端末市場に遅れての参入であり、当初米調査会社IDCは2015年の出荷台数は1300万台に達すると見込んでいたが、米調査会社Jupiter Researchによれば880万台に留まったとしている。 ハードウェア 入力装置には独自のデジタルクラウンとボタンを採用。タッチパネルは圧力感知も可能、軽いタップと深いプレスの違いを判別する。 マイク、スピーカー、光学式の心拍センサー、加速度センサーを搭載。GPSは内蔵しておらずもiPhone内蔵のGPSと連携する。内部にタプティックと呼ばれる振動アクチュエーターがある。 (Wikipedia:Apple Watch)


Apple Watch - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  有機EL - 2017年09月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



有機EL
『有機エレクトロルミネッセンス』より : 有機エレクトロルミネッセンス(ゆうきエレクトロルミネッセンス、OEL)、有機EL(ゆうきイーエル)とは発光を伴う物理現象であり、その現象を利用した有機発光ダイオード(ゆうきはっこうダイオード()、OLED)や発光ポリマー(はっこうポリマー、LEP)とも呼ばれる製品一般も指す。 これらの発光素子は発光層が有機化合物から成る発光ダイオード(LED)を構成しており、有機化合物中に注入された電子と正孔の再結合によって生じた励起子(エキシトン)によって発光する。日本では慣習的に「有機EL」と呼ばれることが多い。次世代ディスプレイのほか、LED照明と同様に次世代照明技術(後述参照)としても期待されている。 有機ELの発明 現在もっともよく用いられている有機EL積層機能分離型デバイス発光素子は1987年に米イーストマン・コダック社の鄧青雲、スティーヴン・ヴァン・スライク(Steven A. Van Slyke)らによって発明された 有機ELの発光原理 陰極および陽極に電圧をかけることにより各々から電子と正孔を注入する。 (Wikipedia:有機EL)


有機EL - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  iPhone - 2017年09月16日


関連するイメージは見つかりませんでした




iPhone - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  NEW GAME!! - 2017年09月16日


関連するイメージは見つかりませんでした




NEW GAME!! - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  GDP - 2017年09月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



GDP
国内総生産(こくないそうせいさん、英:Gross Domestic Product、GDP)は、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。 国内総生産は「ストック」に対する「フロー」をあらわす指標であり、経済を総合的に把握する統計である国民経済計算の中の一指標で、GDPの伸び率が経済成長率に値する(経済学用語のフロー、ストックはフローとストックを参照)。 原則として国内総生産には市場で取引された財やサービスの生産のみが計上される。市場で取引されない活動は、GDPには含まれない。このため、家事労働やボランティア活動などは国内総生産には計上されない。この点は、国民総生産でも同じである。こうした取り扱いの例外として、持ち家の家賃など帰属計算が行われるものがある(国民経済計算の帰属家賃の説明を参照)。また、今期新たに生産されたのでない財(例:古美術品)の取引、最終財の原材料となる中間財の取引は算入されない。地下経済なども計上されないことが一般的であったが、2014年以降、EU圏内では麻薬取引や売春サービスも計上し始めている。 (Wikipedia:GDP)

GDPデフレーター
『国内総生産』より : 経済学において、GDPデフレーター(GDP deflator)とは、ある国(または地域)の名目GDPから実質GDPを算出するために用いられる物価指数である。名目GDPと実質GDPはそれぞれ物価変動の影響を排除していないGDPと排除したGDPであるため、その比にあたるGDPデフレーターは、物価変動の程度を表す物価指数であると解釈される。従ってGDPデフレーターの増加率がプラスであればインフレーション、マイナスであればデフレーションとみなせる。 算出 国民経済計算における計測 ほとんどの国民経済計算の体系において、GDPデフレーターは名目(nominal)GDPと実質(real)GDPの比を計測する。次の計算式が用いられる。 \operatorname{GDP\ deflator} = \frac{\operatorname{Nominal\ GDP}}{\operatorname{Real\ GDP}}\times 100名目GDPをGDPデフレーターで割って100倍する(デフレートする)と実質GDPの価額になる。 (Wikipedia:GDPデフレーター)


GDP - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す