[PR]

日別キーワード

第1位  サクラダリセット - 2017年09月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



サクラダリセット
『サクラダリセット』は、河野裕/著、椎名優/イラストによる日本のライトノベル。角川スニーカー文庫刊。吉原雅彦による漫画化作品が月刊少年エース2011年2月号から2011年11月号まで連載された(全2巻)。 ストーリー 能力者の存在する街、咲良田に住む浅井ケイは見聞きしたことを完全に思い出す「記憶保持」の能力を、春埼美空は世界を最大3日分擬似的に巻き戻す「リセット」の能力を持っている。ケイたちは、能力者を管理する公的な機関・管理局の「奉仕クラブ」に属し、依頼されて能力を使いながらも平穏な日々を送っていた。そんなある日、「マクガフィン」を巡る事件の発端となる依頼が舞い込んでくる。 登場人物 浅井ケイ(あさい ケイ) 芦原橋高校1年生の少年。管理局に監視されており、奉仕クラブに属している。一人暮らし。 能力は「記憶保持」で、見たこと聞いたことを完全に思い出すというだけのものだが、強度が高いため春埼の「リセット」によって巻き戻された分の記憶を思い出すことができる。 (Wikipedia:サクラダリセット)


サクラダリセット - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ファミリーマート - 2017年09月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



ファミリーマート
株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co., Ltd.)は、日本に本社を置くコンビニエンスストアフランチャイザーである。「ファミリーマート」の屋号を用い東アジア・東南アジアを中心にフランチャイズ展開している。略称は「ファミマ」で、コーポレートスローガンは「あなたと、コンビに、ファミリーマート」。 1973年、西友ストアー(現:西友)が、埼玉県狭山市内にCVSの実験店舗を開設。76年にはCVS事業をファミリーマートと命名しFCオーナーの募集を開始。78年には船橋市内にFC1号店が開業する。そして81年には、西友から独立し株式会社ファミリーマートが発足した。従業員約100名は、全員西友ストアー出身者であった。店舗僅少時から受発注システムの開発に力を入れ、80年には西武情報センター(現:セゾン情報システムズ)、富士通と共に構築にあたったオンラインシステムであるファミリーラインが稼働を開始している。 (Wikipedia:ファミリーマート)


ファミリーマート - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ニンテンドー3DS - 2017年09月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



ニンテンドー3DS
ニンテンドー3DS(ニンテンドースリーディーエス、Nintendo 3DS)は、任天堂が開発、発売した携帯型ゲーム機である。2011年2月26日に日本で発売されたのを皮切りに、世界各国で販売されている。 2004年から発売開始されたニンテンドーDSシリーズを後継する携帯ゲーム機である。コンセプトは「持ち歩く、響きあう、毎日が新しい。」。CMなどでは「メガネがいらない3DのDS」というキャッチコピーも用いられている。 ハードウェア 2画面で、下画面がタッチパネル(抵抗膜方式)、マイク、カメラ(DSi、DSi LL)という前世代機の特徴はそのまま引き継がれている。 裸眼3Dディスプレイ搭載 上画面に視差バリア方式ワイド3D液晶ディスプレイ(サイズは3DSでは3.53インチ、3DS LLでは4.88インチ)を採用しており、裸眼で立体的なゲーム映像を見ることができる。 (Wikipedia:ニンテンドー3DS)


ニンテンドー3DS - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  VS嵐 - 2017年09月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



VS嵐
『VS嵐』(ブイエスあらし、英称: VS ARASHI)は、フジテレビ系列で2008年(平成20年)4月12日から放送されているゲームバラエティ番組である。嵐の冠番組。 嵐がゲストとスタジオ内に設置されたアトラクションゲームで対決する。『なまあらし LIVESTORM』から続く土曜午後の嵐の冠番組では初めてハイビジョン制作及び、プライム・ゴールデンタイムでの特番が放送された。 放送開始から2009年9月19日までは毎週土曜12:59 - 13:30の『バニラ気分!』第2部にて(地域によってはスペシャルのみ、または単独番組として)放送されていた。同年7月26日の『FNS26時間テレビ』内での生放送スペシャルにて、ゴールデン進出を発表した。 2009年10月22日より毎週木曜19:00 - 19:57の放送となり、全国ネットに昇格。番組ロゴとスタジオセットをリニューアルした。 2010年5月以降、民放連から「青少年に見てもらいたい番組」に選定され続けている。 2013年9月5日より番組連動データ放送を開始した。 2015年5月7日より番組ロゴとスタジオセットをリニューアル。 (Wikipedia:VS嵐)


VS嵐 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  スーパーマリオ - 2017年09月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



スーパーマリオ
スーパーマリオ (Super Mario) スーパーマリオブラザーズ - 1985年に任天堂が発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト。 マリオ (ゲームキャラクター) - 上記作品の主人公。本来はマリオがアイテムとして登場するスーパーキノコをとって大きくなった状態を指す。 マリオシリーズ - 上記作品をはじめとする、マリオおよびその仲間が登場するシリーズ。 上記マリオシリーズを扱った漫画。 スーパーマリオくん - 沢田ユキオ作。 スーパーマリオくん (嵩瀬ひろし) - 嵩瀬ひろし作。 スーパーマリオ (本山一城) - 本山一城作。 スーパーマリオ 魔界帝国の女神 - 『スーパーマリオブラザーズ』を原作とした1993年のアメリカ映画。 スポーツ選手のニックネーム。名前がマリオであることが多い。 マリオ・ルミュー - カナダの元アイスホッケー選手。 マリオ・ゴメス - ドイツのサッカー選手。 マリオ・バスラー - ドイツの元サッカー選手。 マリオ・バルデス - メキシコの元プロ野球選手。 マリオ・バロテッリ - イタリアのサッカー選手。 (Wikipedia:スーパーマリオ)

スーパーマリオカート
『マリオカート』より : 『スーパーマリオカート』(Super Mario Kart)は、任天堂が発売したスーパーファミコン用ソフト。マリオカートシリーズの1作目であり、この作品で確立された各種基本フレームは最新作に至っても変わることなく受け継がれている。その完成度の高さから「カートレースゲーム」の原型的存在として現在も根強い人気を持つ。日本国内におけるスーパーファミコン用ソフトの最高売り上げを記録した。 2009年6月9日よりWiiのバーチャルコンソールにて配信が開始され(要800Wiiポイント)、2013年6月19日よりWii Uのバーチャルコンソールにて配信が開始された。 マリオシリーズのキャラクター達がカートでレース&バトルするゲームである。純粋なレースゲームに他のカートへの妨害要素を加え、しかもそれをユニークに表現している。 モードは4つに大別され、カップ毎に5つのコースでレースを行って上位4位が獲得できる「ドライバーズポイント」を稼いでカップ獲得を目指す「マリオカートGP」、敵カートからの妨害を受けることなく自らの限界タイムに挑む「タイムアタック」、そして対人要素として既存のコースをひとつ選びタイムを競う「VSマッチレース」、専用コースでお互いのカートにアイテム攻撃を仕掛けて先に相手カートに付けられた風船を3つ割ることを目的とする「バトルゲーム」が用意されている。 (Wikipedia:スーパーマリオカート)

スーパーマリオRPG
『スーパーマリオRPG』(スーパーマリオアールピージー、北米版タイトル : Super Mario RPG: Legend of the Seven Stars(サブタイトル訳=七つの星の伝説))は、任天堂から発売されたアクションRPGである。任天堂とスクウェア(現スクウェア・エニックス) が共同制作した。 スーパーファミコンのソフトとしては後期である1996年に発売されたこのソフトは、任天堂の作品としても、スクウェアの作品としても、アクションRPGとしても異色と言われている。 クォータービューによる3DCG風の2Dグラフィックを用いて、キャラクターたちのコミカルで活き活きとした動きを再現している。 マリオシリーズとしては初の本格的なストーリー性を持った作品であったということもあり、シリーズの主要登場人物であるクッパ・ピーチの性格はこの作品においてほぼ完成され、現在の作品にも受け継がれている。 (Wikipedia:スーパーマリオRPG)

スーパーマリオくん
『スーパーマリオくん』は、テレビゲームのマリオシリーズを題材にした沢田ユキオによる日本の漫画作品。同名の嵩瀬ひろし作の漫画もある。なお、『コロコロイチバン!』で連載中の『オレだよ!ワリオだよ!!』、この作品の前身にあたる『スーパーマリオブラザーズ2』などの派生作品についてもこの項で扱う。 1990年11月号から小学館の『月刊コロコロコミック』と『別冊コロコロコミック』、一部の学年誌で連載中。2015年現在、『月刊コロコロコミック』で連載されているのは「スーパーマリオ 3Dワールド編」である。当初はスーパーファミコン誕生記念特別企画の読み切り漫画の予定であったが、人気にこたえて連載化した。『月刊コロコロコミック』の中では最も連載期間が長い漫画で、2015年11月号で連載25周年を迎えた。単行本は2016年3月現在、51巻まで刊行されている。 主人公となるマリオたちがギャグをかましながら冒険していく物語で、一部には外伝的な要素(下記「その他」参照)も見られるが、ほとんどは最新の『スーパーマリオシリーズ』のゲーム内容を踏襲している。 (Wikipedia:スーパーマリオくん)

スーパーマリオブラザーズ3
『スーパーマリオブラザーズ3』(スーパーマリオブラザーズスリー、SUPER MARIO BROS. 3)は、1988年10月23日に任天堂が発売した、ファミリーコンピュータの横スクロールアクションゲームである。販売本数は国内で約384万本であり、この本数はファミコンソフトとしては『スーパーマリオブラザーズ』に次いで2番目である。全世界では約1728万本に達する。略称は「スーパーマリオ3」「スーマリ3」「マリオ3」。 CMでのキャッチコピーは、『僕らは、マリオと強くなる』。 本作は『スーパーマリオブラザーズ』の続編として制作され、登場キャラクターやアイテム・ルールなどの多くの要素は『スーパーマリオブラザーズ』を引き継いでいるが、同時に非常に多くの変更や追加が施されており『スーパーマリオブラザーズ』とは大幅に変わっている。 (Wikipedia:スーパーマリオブラザーズ3)

スーパーマリオ3
『スーパーマリオブラザーズ3』より : 『スーパーマリオブラザーズ3』(スーパーマリオブラザーズスリー、SUPER MARIO BROS. 3)は、1988年10月23日に任天堂が発売した、ファミリーコンピュータの横スクロールアクションゲームである。販売本数は国内で約384万本であり、この本数はファミコンソフトとしては『スーパーマリオブラザーズ』に次いで2番目である。全世界では約1728万本に達する。略称は「スーパーマリオ3」「スーマリ3」「マリオ3」。 CMでのキャッチコピーは、『僕らは、マリオと強くなる』。 本作は『スーパーマリオブラザーズ』の続編として制作され、登場キャラクターやアイテム・ルールなどの多くの要素は『スーパーマリオブラザーズ』を引き継いでいるが、同時に非常に多くの変更や追加が施されており『スーパーマリオブラザーズ』とは大幅に変わっている。 (Wikipedia:スーパーマリオ3)

スーパーマリオアドバンス4
『スーパーマリオブラザーズ3』より : 『スーパーマリオブラザーズ3』(スーパーマリオブラザーズスリー、SUPER MARIO BROS. 3)は、1988年10月23日に任天堂が発売した、ファミリーコンピュータの横スクロールアクションゲームである。販売本数は国内で約384万本であり、この本数はファミコンソフトとしては『スーパーマリオブラザーズ』に次いで2番目である。全世界では約1728万本に達する。略称は「スーパーマリオ3」「スーマリ3」「マリオ3」。 CMでのキャッチコピーは、『僕らは、マリオと強くなる』。 本作は『スーパーマリオブラザーズ』の続編として制作され、登場キャラクターやアイテム・ルールなどの多くの要素は『スーパーマリオブラザーズ』を引き継いでいるが、同時に非常に多くの変更や追加が施されており『スーパーマリオブラザーズ』とは大幅に変わっている。 (Wikipedia:スーパーマリオアドバンス4)

スーパーマリオブラザーズ
『スーパーマリオブラザーズ』(Super Mario Bros.)は、任天堂が発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト。日本での発売は1985年(昭和60年)9月13日。略称は「スーパーマリオ」「スーマリ」「マリオ」など。横スクロール型のアクションゲームで、プレイ人数は1 - 2名。 ゲーム&ウオッチでも同名のゲームが1988年に発売された。日本版は非売品として作られた)。 社会現象とも言える空前の大ブームを巻き起こし、ファミコンゲーム、ひいては家庭用ゲームの認知度を高めるのに最も貢献したソフトであると言われている。シリーズ化され数多くの続編が出ており、またシリーズ以外にも多くの追随するゲームを生んだ(マリオシリーズを参照)。また、2007年(平成19年)には米国IGNで「史上最も影響力があったゲーム100選」において1位に選出されている。 2015年には発売30周年を記念して、「スーパーマリオ30周年記念ライブ」が開催された。 ゲーム内容 システム プレイヤーの目的は、ステージの中で敵や障害物を避け、また穴に落ちないように気をつけながら、制限時間内にゴールの旗へたどりつくことである。 (Wikipedia:スーパーマリオブラザーズ)

スーパーマリオブラザーズ デラックス
『スーパーマリオブラザーズ』より : 『スーパーマリオブラザーズ』(Super Mario Bros.)は、任天堂が発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト。日本での発売は1985年(昭和60年)9月13日。略称は「スーパーマリオ」「スーマリ」「マリオ」など。横スクロール型のアクションゲームで、プレイ人数は1 - 2名。 ゲーム&ウオッチでも同名のゲームが1988年に発売された。日本版は非売品として作られた)。 社会現象とも言える空前の大ブームを巻き起こし、ファミコンゲーム、ひいては家庭用ゲームの認知度を高めるのに最も貢献したソフトであると言われている。シリーズ化され数多くの続編が出ており、またシリーズ以外にも多くの追随するゲームを生んだ(マリオシリーズを参照)。また、2007年(平成19年)には米国IGNで「史上最も影響力があったゲーム100選」において1位に選出されている。 2015年には発売30周年を記念して、「スーパーマリオ30周年記念ライブ」が開催された。 ゲーム内容 システム プレイヤーの目的は、ステージの中で敵や障害物を避け、また穴に落ちないように気をつけながら、制限時間内にゴールの旗へたどりつくことである。 (Wikipedia:スーパーマリオブラザーズ デラックス)

スーパーマリオブラザーズ3D
『スーパーマリオブラザーズ』より : Dev 任天堂
Pub 任天堂
Date [FC]1985年9月13日[FC-D]1986年2月21日[GBA]2004年2月14日
Sale 約681万本(FC・FC-D版合計)
Genre アクションゲーム
Play 1~2人用(2人交代プレイ)
Plat ファミリーコンピュータ(FC)ディスクシステム(FC-D)ゲームボーイアドバンス(GBA)
Media [FC]320Kbロムカセット カセット[FCD]ディスクシステム ディスクカード(片面)[GBA]ロムカセット カセット
『スーパーマリオブラザーズ』(”Super Mario Bros.”)は、任天堂が発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフトである。日本での発売日は1985年9月13日。略称『スーパーマリオ』『スーマリ』『マリオ1』『SMB』。
初代の販売本数は日本国内で681万本、日本国外では3342万本。全世界でのシリーズは累計1億本以上を販売した。「横スクロールジャンプアクション」を広く認知させた。
(Wikipedia:スーパーマリオブラザーズ3D)

スーパーマリオ ヨッシーアイランド
『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』は、任天堂から発売されたスーパーファミコン用のアクションゲームである。通称『ヨッシーアイランド』。 当時、プレイステーションやセガサターンなど次世代機による3D表示のゲームが注目を集めていた中、手描きタッチで描かれたメルヘンチックなグラフィックやオブジェクトの回転縮小などといった補助を行うスーパーFXチップの機能を活用したキャラクターのダイナミックな動きが話題を呼んだ。 『スーパーマリオワールド』の続編として位置づけられており、欧米版のタイトルは『Super Mario World 2: Yoshi's Island』(スーパーマリオワールド2〜ヨッシーズ アイランド〜)である。『スーパーマリオワールド』とゲーム内容こそ大幅に異なるものの、位置付け上はその関連作として製作された。 2002年9月20日にはゲームボーイアドバンス向けに移植を行い、『マリオブラザーズ』のリメイク版をカップリングした作品が『スーパーマリオアドバンス3』のタイトルで発売された。 (Wikipedia:スーパーマリオ ヨッシーアイランド)

スーパーマリオアドバンス3
『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』より : 『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』は、任天堂から発売されたスーパーファミコン用のアクションゲームである。通称『ヨッシーアイランド』。 当時、プレイステーションやセガサターンなど次世代機による3D表示のゲームが注目を集めていた中、手描きタッチで描かれたメルヘンチックなグラフィックやオブジェクトの回転縮小などといった補助を行うスーパーFXチップの機能を活用したキャラクターのダイナミックな動きが話題を呼んだ。 『スーパーマリオワールド』の続編として位置づけられており、欧米版のタイトルは『Super Mario World 2: Yoshi's Island』(スーパーマリオワールド2〜ヨッシーズ アイランド〜)である。『スーパーマリオワールド』とゲーム内容こそ大幅に異なるものの、位置付け上はその関連作として製作された。 2002年9月20日にはゲームボーイアドバンス向けに移植を行い、『マリオブラザーズ』のリメイク版をカップリングした作品が『スーパーマリオアドバンス3』のタイトルで発売された。 (Wikipedia:スーパーマリオアドバンス3)

スーパーマリオワールド
『スーパーマリオワールド』(Super Mario World)は、任天堂から1990年11月21日に発売されたスーパーファミコン用ゲームソフト。『F-ZERO』と並ぶ、スーパーファミコンのローンチタイトルの1つで、ジャンルはアクションゲーム。 1990年当時人気絶頂期にあった任天堂のゲームキャラクター「マリオ」が活躍するスーパーファミコン第1弾ローンチタイトルとして同機の普及を牽引するという役割を担った。ヨッシーなど新しいキャラクターの登場や、スーパーファミコンの表現能力を強調したカラフルなグラフィックでゲームファンを引き付け、ファミリーコンピュータからの移行を円滑に進めることに成功し、スーパーファミコン定番ソフトとしての地位を獲得した。日本国内におけるスーパーファミコン用ソフト販売本数で『スーパーマリオカート』(382万本)に次いで2番目に多い約355万本を記録(全世界累計約2061万本は歴代1位)し、発売されてから2 - 3年間はほとんど価格が下がらなかったことも本作品の人気の高さを象徴している。 (Wikipedia:スーパーマリオワールド)

スーパーマリオブラザーズ4
『スーパーマリオワールド』より : 『スーパーマリオワールド』(Super Mario World)は、任天堂から1990年11月21日に発売されたスーパーファミコン用ゲームソフト。『F-ZERO』と並ぶ、スーパーファミコンのローンチタイトルの1つで、ジャンルはアクションゲーム。 1990年当時人気絶頂期にあった任天堂のゲームキャラクター「マリオ」が活躍するスーパーファミコン第1弾ローンチタイトルとして同機の普及を牽引するという役割を担った。ヨッシーなど新しいキャラクターの登場や、スーパーファミコンの表現能力を強調したカラフルなグラフィックでゲームファンを引き付け、ファミリーコンピュータからの移行を円滑に進めることに成功し、スーパーファミコン定番ソフトとしての地位を獲得した。日本国内におけるスーパーファミコン用ソフト販売本数で『スーパーマリオカート』(382万本)に次いで2番目に多い約355万本を記録(全世界累計約2061万本は歴代1位)し、発売されてから2 - 3年間はほとんど価格が下がらなかったことも本作品の人気の高さを象徴している。 (Wikipedia:スーパーマリオブラザーズ4)

スーパーマリオ4
『スーパーマリオワールド』より : 『スーパーマリオワールド』(Super Mario World)は、任天堂から1990年11月21日に発売されたスーパーファミコン用ゲームソフト。『F-ZERO』と並ぶ、スーパーファミコンのローンチタイトルの1つで、ジャンルはアクションゲーム。 1990年当時人気絶頂期にあった任天堂のゲームキャラクター「マリオ」が活躍するスーパーファミコン第1弾ローンチタイトルとして同機の普及を牽引するという役割を担った。ヨッシーなど新しいキャラクターの登場や、スーパーファミコンの表現能力を強調したカラフルなグラフィックでゲームファンを引き付け、ファミリーコンピュータからの移行を円滑に進めることに成功し、スーパーファミコン定番ソフトとしての地位を獲得した。日本国内におけるスーパーファミコン用ソフト販売本数で『スーパーマリオカート』(382万本)に次いで2番目に多い約355万本を記録(全世界累計約2061万本は歴代1位)し、発売されてから2 - 3年間はほとんど価格が下がらなかったことも本作品の人気の高さを象徴している。 (Wikipedia:スーパーマリオ4)

スーパーマリオ64
『スーパーマリオ64』(スーパーマリオろくじゅうよん(ロクヨン)、SUPER MARIO 64)は、任天堂が1996年6月23日に発売したNINTENDO64用のアクションゲーム。また、翌年の1997年7月18日には、振動パック対応版が発売されている(日本国内のみ、詳細後述)。略称は「マリオ64」。 また、2004年12月2日にニンテンドーDS専用ソフト『スーパーマリオ64DS』が発売された。 さらに、2006年には振動パック対応版がWiiのバーチャルコンソールタイトルとして配信されたが、振動機能は無い。また、2015年にWii Uのバーチャルコンソールでも配信された。 この項目では「スーパーマリオ64」を64版、「スーパーマリオ64DS」をDS版と表記する。DS版の変更点に関してはスーパーマリオ64DSの項を参照。 スーパーマリオシリーズ初の3Dアクションゲーム。『パイロットウイングス64』・『最強羽生将棋』と共に、NINTENDO64本体と同時に発売されたローンチタイトルでもある。 (Wikipedia:スーパーマリオ64)

スーパーマリオ64 振動パック対応バージョン
『スーパーマリオ64』より : 『スーパーマリオ64』(スーパーマリオろくじゅうよん(ロクヨン)、SUPER MARIO 64)は、任天堂が1996年6月23日に発売したNINTENDO64用のアクションゲーム。また、翌年の1997年7月18日には、振動パック対応版が発売されている(日本国内のみ、詳細後述)。略称は「マリオ64」。 また、2004年12月2日にニンテンドーDS専用ソフト『スーパーマリオ64DS』が発売された。 さらに、2006年には振動パック対応版がWiiのバーチャルコンソールタイトルとして配信されたが、振動機能は無い。また、2015年にWii Uのバーチャルコンソールでも配信された。 この項目では「スーパーマリオ64」を64版、「スーパーマリオ64DS」をDS版と表記する。DS版の変更点に関してはスーパーマリオ64DSの項を参照。 スーパーマリオシリーズ初の3Dアクションゲーム。『パイロットウイングス64』・『最強羽生将棋』と共に、NINTENDO64本体と同時に発売されたローンチタイトルでもある。 (Wikipedia:スーパーマリオ64 振動パック対応バージョン)

スーパーマリオランド2 6つの金貨
『スーパーマリオランド2 6つの金貨』(スーパーマリオランドツー むっつのきんか)は、任天堂がゲームボーイで1992年10月21日に発売した横スクロールアクションゲームである。『スーパーマリオランド』の続編。売上本数約270万本。後にワリオシリーズの主役となるキャラクター「ワリオ」が初登場した作品である(本作では悪役として登場)。 このゲームは横スクロールアクションゲームである。前作とは違い、キャラクターが大きくなり、スクロールを戻せて、ゲームの途中経過もセーブできる。待ち受ける敵キャラクターを踏みつけなどで倒し(あるいは避け)、アイテムやコインを取りながらゴールを目指す。 今回は『スーパーマリオワールド』のようなマップ画面があり、最初のステージをクリアした後はマリオ城以外ならどこからでも攻略することができる。また、隠しステージもマリオゾーンを除く各ゾーンに用意されている。 その他、ゲーム中のマリオの外見やアイテム・敵キャラクター・ステージ内の施設構成なども『スーパーマリオワールド』のデザインと通じる点がいくらかある。 (Wikipedia:スーパーマリオランド2 6つの金貨)

スーパーマリオランド2
『スーパーマリオランド2 6つの金貨』より : 『スーパーマリオランド2 6つの金貨』(スーパーマリオランドツー むっつのきんか)は、任天堂がゲームボーイで1992年10月21日に発売した横スクロールアクションゲームである。『スーパーマリオランド』の続編。売上本数約270万本。後にワリオシリーズの主役となるキャラクター「ワリオ」が初登場した作品である(本作では悪役として登場)。 このゲームは横スクロールアクションゲームである。前作とは違い、キャラクターが大きくなり、スクロールを戻せて、ゲームの途中経過もセーブできる。待ち受ける敵キャラクターを踏みつけなどで倒し(あるいは避け)、アイテムやコインを取りながらゴールを目指す。 今回は『スーパーマリオワールド』のようなマップ画面があり、最初のステージをクリアした後はマリオ城以外ならどこからでも攻略することができる。また、隠しステージもマリオゾーンを除く各ゾーンに用意されている。 その他、ゲーム中のマリオの外見やアイテム・敵キャラクター・ステージ内の施設構成なども『スーパーマリオワールド』のデザインと通じる点がいくらかある。 (Wikipedia:スーパーマリオランド2)

スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!
『スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!』(スーパーマリオブラザーズ ピーチひめきゅうしゅつだいさくせん)は、テレビゲーム・マリオシリーズの『スーパーマリオブラザーズ2』のタイアップとして、1986年7月20日から松竹系で公開されたアニメーション映画 アニメ映画である。同時上映は『スーパーマリオブラザーズ2 完全攻略法』。
磁気テープ ビデオはバップから発売されている。ただし、同時上映の作品は収録されていない。
なお、本作はゲームでのマリオシリーズ 『マリオ』シリーズとは設定や名称が異なるため、本項では本作の設定や名称に沿って解説をする。
「w:Grocery_store GROCERY(日用品 日用雑貨店の意)」を営むマリオ兄弟。ある夜マリオはファミリーコンピュータ ファミコンに熱中していたが、突如画面が消えたかと思うと、テレビの中から突然、誰かに助けを求めるピーチ姫が飛び出して来た。姫に会ったマリオは一目惚れし、彼女を守ってあげる事を決意する。しかし、同じくテレビ画面から後を追ってやって来たカメ一族のクッパ大王にマリオは全く歯が立たず、ピーチ姫はあっけなくさらわれてしまう。この時、ピーチはマリオのもとに大事なブローチを落としていった。
(Wikipedia:スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!)

スーパーマリオサンシャイン
『スーパーマリオサンシャイン』(SUPER MARIO SUNSHINE)は、2002年7月19日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ専用ゲームソフト。 『スーパーマリオ64』の続編で、マリオが南国のリゾート地「ドルピック島」を舞台に様々な冒険を繰り広げていく。ゲームキューブの性能を生かした緻密な水の描写が特徴的で、背中に背負った「ポンプ」で水を放射するなどの水を駆使したアクションをゲームの中心に据えている。 前作同様、箱庭を探索するステージ構成となっており、ゴールは特に決められていない。 ストーリー 物語は『スーパーマリオ64』の後、マリオがピーチ姫たちと共にドルピック島という南国の島をバカンスで訪れる所から始まる。 マリオたちが乗る王族専用の飛行機がドルピック島の空港に着陸しようとしていた。しかし不思議な力を持つ絵の具の力で、落書きされた滑走路の中心部が陥没した為に、危うく着陸を失敗して事故を起こしかける。そして、その様な危険な落書きは空港だけでなく島のあちこちにされていて、それが原因で沢山の深刻な被害が発生。 (Wikipedia:スーパーマリオサンシャイン)


スーパーマリオ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す