[PR]

日別キーワード

第1位  首相官邸 - 2017年09月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



首相官邸
『総理大臣官邸』より : 総理大臣官邸(そうりだいじんかんてい)は、内閣総理大臣の執務の拠点。一般に総理官邸(そうりかんてい)、首相官邸(しゅしょうかんてい)、あるいは単に官邸(かんてい)ともいわれる。所在地は東京都千代田区永田町二丁目3番1号。 隣接して内閣総理大臣が居住する総理大臣公邸がある。官邸と公邸は庇でつながっている。 なお「官邸」は、総理大臣および内閣官房スタッフによる、内閣運営の核となるチームを指す俗語としても用いられるが、本項では本義である建物について記述する。 内閣総理大臣の公的事務所であり、また日本の行政府である内閣の閣議が開催される場所である。 日本において「官邸」という名がつく施設はこの「総理大臣官邸」だけである。 正式名称 官邸の名称については複数あるため、公文書にも表記ゆれがみられる。 内閣総理大臣官邸 国会議事堂、内閣総理大臣官邸その他の国の重要な施設等、外国公館等及び原子力事業所の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律2条1項ロの規定および内閣官房の告示のほか、国会議員の質問主意書に対する政府答弁書、外務省告示、他省の主催行事の場所表示などに用例がある。 (Wikipedia:首相官邸)

首相官邸デモ事件
首相官邸デモ事件(しゅしょうかんていでもじけん)とは、1946年(昭和21年)12月20日に東京都麹町 麹町区(現・千代田区)で発生した事件である。
1946年11月10日に、在日朝鮮人は在日朝鮮人生活権擁護委員会を結成し、朝鮮民族 朝鮮人に対する生活物資の優先配給を行政機関に要求していた。そして、同年12月20日に皇居外苑 皇居前広場で「朝鮮人生活権擁護全国大会」を開催した。
1946年12月20日の全国大会では、約1万人の朝鮮人が結集した。日本共産党の徳田球一も出席しており、徳田球一の演説の後、生活権擁護の決議文を採択し、午後1時頃に集会は一旦終了した。
そして午後1時30分より、「朝鮮人虐殺政策絶対反対」「第1次吉田内閣 吉田内閣は日本の敵だ」といったプラカードを掲げてデモ行進を開始した。
(Wikipedia:首相官邸デモ事件)

首相官邸ネズミ捕獲長
首相官邸ネズミ捕獲長(しゅしょうかんていネズミほかくちょう、英: Chief Mouser to the Cabinet Office)はダウニング街10番地(イギリス首相官邸)の公式な飼い猫に与えられる肩書。 ダウニング街では昔からネズミが多く住み着いていたため、その対策として猫をネズミ捕り兼ペットとして「雇う」という習慣が1500年代初期からあった。1924年からは「首相官邸ネズミ捕獲長(Chief Mouser to the Cabinet Office)」として正式に「雇用」されている。 ダウニング街で最も長く務めた猫はウィルバーフォースであり、彼はエドワード・ヒース、ハロルド・ウィルソン、ジェームズ・キャラハン、マーガレット・サッチャーの下で働いた。 身分 これらの猫は公務員とみなされるため、官邸に住む首相の私物ではなく、ネズミ捕獲長の「任期」が首相のそれと一致することはまず無い。 この肩書きは非公式な習慣であったが、ハンフリーには公式にこの肩書が与えられた。その他の猫は通常、イギリスのマスコミから愛称としてこの肩書きで呼ばれる。 (Wikipedia:首相官邸ネズミ捕獲長)

首相官邸乱入事件
首相官邸乱入事件(しゅしょうかんていらんにゅうじけん)とは、日本の総理大臣官邸 首相官邸に不法侵入した事件。
1936年(昭和11年)2月26日に大日本帝国陸軍 陸軍皇道派の反乱将兵が乱入した事件については、二・二六事件を参照のこと。
1946年(昭和21年)12月20日に在日コリアン 在日朝鮮人のデモ隊が乱入した事件については、首相官邸デモ事件を参照のこと。
1960年(昭和35年)5月20日と6月3日に日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 安保条約に反対するデモ隊が乱入した事件については、安保闘争を参照のこと。
(Wikipedia:首相官邸乱入事件)


首相官邸 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ゲーマーズ! - 2017年09月18日


関連するイメージは見つかりませんでした




ゲーマーズ! - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  メイドインアビス - 2017年09月18日


関連するイメージは見つかりませんでした




メイドインアビス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  共同通信社 - 2017年09月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



共同通信社
共同通信社(きょうどうつうしんしゃ)は、日本の通信社である。 一般社団法人と、その子会社である株式会社の2社が、同じ「共同通信社」という名称で存在している。このため、両者を区別する必要があるときにはそれぞれ、「社団共同」「KK共同」と呼ぶケースが多い。 KK共同には社団共同から出向する。 一般社団法人共同通信社 法人概要 一般社団法人共同通信社(きょうどうつうしんしゃ、Kyodo News)は、東京を拠点とする非営利の通信社である。日本国内外のニュースや写真、記事関連のデータを日本国内の新聞社、NHK、民間放送局などに提供・配信している。 新聞記事の冒頭に(共同)と書いてある記事は共同通信社から配信された記事であるが、それ以外にも加盟紙が(共同)のクレジットをつけずにそのまま掲載している記事もある。契約上、国内ニュースにも(共同)のクレジットを明記することになっているが、沖縄以外の加盟紙で明記する新聞社は少ない。(共同)クレジットを明記すれば、地元記事以外の全ての記事が共同通信配信記事と判断され体裁がつかないためとされている。 (Wikipedia:共同通信社)

共同通信社杯競輪
共同通信社杯競輪(きょうどうつうしんしゃはいけいりん)は、毎年9月に開催される競輪のGII競走である。 共同通信社杯競輪の母体は、日本の競輪発祥40周年を記念して1988年(昭和63年)10月18日に平塚競輪場において、一発勝負の競走として開催された「ルビーカップレース」がスタートとされる。 1989年(平成元年)10月22日に開催された第2回大会から共同通信社提供のトロフィーをかけて開催されるようになり、大会名も「共同通信社杯ルビーカップレース」と改められた。以来第6回大会まで毎年10月中旬に一発勝負の競走として開催された。 第6回大会までは、北海道・東北、北関東、南関東、中部、近畿、中国、四国、九州の8地区でそれぞれ競走得点最上位選手1人が地区代表として出場し、これにいわゆる「ワイルドカード」枠(選手選考委員会で選出。基本的には各地区の競走得点第2位選手8人のうち最も高い選手が選出された)による選手1人を加えた9人で争われた。 ちなみに、第1回大会の出場選手は、小磯伸一(北海道・東北)、山口健治(北関東)、滝澤正光(南関東)、竹内久人(中部)、松本整(近畿)、佐古雅俊(中国)、伊藤豊明(四国)、中野浩一(九州)、井上茂徳(九州)であった。 (Wikipedia:共同通信社杯競輪)

共同通信社杯
共同通信社杯(きょうどうつうしんしゃはい) 共同通信杯(旧共同通信杯4歳ステークス(トキノミノル記念)、中央競馬の重賞競走の一つ) 共同通信社杯競輪 共同通信社杯・ヤングダービー競走(競艇。下記・新鋭王座決定戦からの流れによる) 共同通信社杯新鋭王座決定戦競走(競艇。新鋭リーグ戦競走の最終戦) 共同通信社杯GIプレミアムカップオートレース 天皇杯全日本サッカー選手権大会の優勝チームに贈呈。 (Wikipedia:共同通信社杯)


共同通信社 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  浅田次郎 - 2017年09月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



浅田次郎
浅田 次郎(あさだ じろう、1951年(昭和26年)12月13日 - 、本名非公開)は、日本の小説家。血液型はA型。日本ペンクラブ会長。 陸上自衛隊に入隊、除隊後はアパレル業界など様々な職につきながら投稿生活を続け、1991年、『とられてたまるか!』でデビュー。悪漢小説作品を経て、『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、『鉄道員』で直木賞を受賞。時代小説の他に『蒼穹の昴』、『中原の虹』などの清朝末期の歴史小説も含め、映画化、テレビ化された作品も多い。 2011年日本ペンクラブ会長。2013年現在、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞選考委員。 9歳まで東京都中野区鍋屋横丁(旧・上町)で育ち、以後、都内を転々とすること18回。エッセイやメディアなどでは神田出身とも述べている。母の実家は奥多摩の御岳山(みたけさん)の宮司を務めていた。家業はカメラ屋だった。生家は神田で喫茶店を営んでいた(バブル期に閉店)。戦後のどさくさにまぎれて闇市で父が一旗上げて成金になり、父の見栄で杉並区の私立のミッションスクールに運転手付きの外車で通い(電車通学もした)、メイドがいる裕福な家庭で育った。 (Wikipedia:浅田次郎)


浅田次郎 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す