[PR]

日別キーワード

第1位  共謀罪 - 2017年09月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



共謀罪
共謀罪(きょうぼうざい) 何らかの犯罪の共謀それ自体を構成要件(ある行為を犯罪と評価するための条件)とする犯罪の総称。米法のコンスピラシー(Conspiracy)がその例である。 日本の組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(通称:組織犯罪処罰法)6条の2が規定する組織的な犯罪の共謀罪の略称。これを新設する法案は、一度2005年8月の衆議院解散により廃案。同年の特別国会に再提出され、審議入りしたが、2009年7月21日衆院解散によりふたたび廃案となった(経緯の詳細は#審議の経過を参照)。本稿では、総論として諸国の共謀罪に関する議論を紹介し、次に日本の組織的な犯罪の共謀罪について説明する。 総論 コンスピラシー コンスピラシー(Conspiracy、陰謀)とは、何らかの目的(反社会的なものという含意を伴うというのが通常の理解である。)を達成するために秘密裏に行動することを決意することをいう。アメリカ合衆国対シャバニ事件(1994年)において、アメリカ合衆国最高裁判所は、「議会はコモン・ローのコンスピラシーの定義を採用することを意図した。 (Wikipedia:共謀罪)


共謀罪 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ラピュタ - 2017年10月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



ラピュタ
ラピュタまたはラピュータ La puta 売春婦(スペイン語)。 Laputa ラピュータ - ジョナサン・スウィフトの小説『ガリヴァー旅行記』に登場する空飛ぶ島。上述の「La puta」をもじったもの。 『天空の城ラピュタ』 - 日本の劇場用アニメ作品。1986年宮崎駿監督。劇中に登場する飛行する城ラピュタの名は、前記のラピュータから採られている。 マツダ・ラピュタ - マツダの軽自動車で、スズキ・KeiのOEM車。 ラピュタ (小惑星) - アーネスト・ジョンソンが1948年8月9日に発見した小惑星。 Laputa - 日本のヴィジュアル系ロックバンド。 ラピュータ号 - 相模鉄道(相鉄バス)がかつて運行していた高速バス。詳細は相鉄バス#高速バスを参照。 ラピュータ - 株式会社ラピュータ。東京都板橋区の図書出版会社。 ラピュタ阿佐ヶ谷 - 東京都杉並区阿佐谷北に所在する映画館。いわゆる名画座に属する小規模のホールである。 OMD Laputa - ドリフトシティに登場する車両。モデルはヒュンダイクーペ GK系初期型。 関連項目 ラピタ。 (Wikipedia:ラピュタ)

ラピュタパン
ラピュタパン(ラピュタトーストとも)は、アニメ映画作品『天空の城ラピュタ』に登場するパンを模して再現した料理を指す俗称。インターネット上の掲示板やブログなどで頻繁に取り上げられ、また宮崎駿アニメに登場する料理の話題では必ず言及されるほどの料理である。2015年5月に行われた日本生活協同組合連合会によるインターネット調査ではラピュタパンの認知率は4割を超えている。 焼いた食パン(トースト)の上に目玉焼きを乗せたものを指す。『天空の城ラピュタ』では卵1つの目玉焼きを乗せ、黄身の部分を半分にする形でトーストごとカットされたものが食されていた。 料理研究家のケンタロウによると、この食べ方は「ラピュタパン」と呼ばれ、毎朝の朝食にしている者もいるとのことである。 ベーコンを挟んだり、マヨネーズやケチャップをかけた状態のものまで含めて呼ぶこともあり、各個人の主観によって「それらしきもの」を指しているのが現状である。柳田理科雄はラピュタパンに用いられているパンをライ麦パンであると想像した。 クックパッドにも「ラピュタパン」のレシピが数多く登録されており、食パンにマヨネーズで「堤防」を作り、堤防内に生卵を割って落し、オーブントースターで焼き上げる……等の調理法が紹介されている。 (Wikipedia:ラピュタパン)


ラピュタ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  米朝 - 2017年10月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



米朝一門
米朝一門(べいちょういちもん)は、上方落語の復興に尽力してきた上方噺家・3代目桂米朝を師と仰ぐ落語家の一派。「桂米朝一門会」などの興行を打つ。また、主に一門の若手のための舞台として「桂米朝落語研究会」を催している。 上方落語の他の一門の多くは吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)あるいは松竹芸能に所属するのに対し、同一門の大半が独立した米朝事務所に所属しているのが特徴である。 ただし、一部は下記の通り米朝事務所以外の芸能事務所に所属したり、フリーとして活躍する落語家も多い。 可朝(元2代目小米朝)一門:「月亭」の亭号を名乗り吉本興業に所属。なお、可朝は吉本離脱後、ケーエープロダクション、スパンキープロダクションを経て、現在はフリーで活動している。 桂朝太郎:松竹芸能に所属。 桂雀々:米朝事務所を退社後は活動拠点を東京に移してフリーでの活動(浅井企画や西口プロレスと業務提携)を経て、現在はラルテに所属している。現在の一門の実質的な止め名は「米團治」である。当代の米團治は5代目(2008年に襲名)。米團治系統の名跡は「米歌子」「米之助」「米朝」「米團治」「文團治」「文治」の順に名前が大きくなる。 (Wikipedia:米朝一門)

米朝よもやま噺
米朝よもやま噺(べいちょう よもやまばなし)は、ABCラジオ(朝日放送)で2005年4月9日から2013年9月29日まで放送されていたトーク番組。「上方落語の大御所」として知られる人間国宝・桂米朝による冠番組で、生前最後のレギュラー番組でもあった。 番組開始から2009年3月までは、新光証券(現・みずほ証券)の1社提供番組であったことから、新光証券PRESENTS 米朝よもやま噺というタイトルを冠していた。2006年4月から2009年3月までは、ニッポン放送でもABCとは異なる曜日・時間帯で放送。新光証券がスポンサーから降りた同年4月から、番組タイトルを米朝よもやま噺に改めている。 米朝が肉声で上方芸能史を語ることや、一芸を極めて世間から「大物」と呼ばれたゲストの一部(小沢昭一、茂山千之丞、喜味こいしなど)が放送後に逝去したことなどから、「芸能・文学関連の音声アーカイブとしての価値が非常に高い番組」とされている。 (Wikipedia:米朝よもやま噺)

米朝のよもやま噺
『米朝よもやま噺』より : 米朝よもやま噺(べいちょう よもやまばなし)は、ABCラジオ(朝日放送)で2005年4月9日から2013年9月29日まで放送されていたトーク番組。「上方落語の大御所」として知られる人間国宝・桂米朝による冠番組で、生前最後のレギュラー番組でもあった。 番組開始から2009年3月までは、新光証券(現・みずほ証券)の1社提供番組であったことから、新光証券PRESENTS 米朝よもやま噺というタイトルを冠していた。2006年4月から2009年3月までは、ニッポン放送でもABCとは異なる曜日・時間帯で放送。新光証券がスポンサーから降りた同年4月から、番組タイトルを米朝よもやま噺に改めている。 米朝が肉声で上方芸能史を語ることや、一芸を極めて世間から「大物」と呼ばれたゲストの一部(小沢昭一、茂山千之丞、喜味こいしなど)が放送後に逝去したことなどから、「芸能・文学関連の音声アーカイブとしての価値が非常に高い番組」とされている。 (Wikipedia:米朝のよもやま噺)

米朝 よもやま噺
『米朝よもやま噺』より : 米朝よもやま噺(べいちょう よもやまばなし)は、ABCラジオ(朝日放送)で2005年4月9日から2013年9月29日まで放送されていたトーク番組。「上方落語の大御所」として知られる人間国宝・桂米朝による冠番組で、生前最後のレギュラー番組でもあった。 番組開始から2009年3月までは、新光証券(現・みずほ証券)の1社提供番組であったことから、新光証券PRESENTS 米朝よもやま噺というタイトルを冠していた。2006年4月から2009年3月までは、ニッポン放送でもABCとは異なる曜日・時間帯で放送。新光証券がスポンサーから降りた同年4月から、番組タイトルを米朝よもやま噺に改めている。 米朝が肉声で上方芸能史を語ることや、一芸を極めて世間から「大物」と呼ばれたゲストの一部(小沢昭一、茂山千之丞、喜味こいしなど)が放送後に逝去したことなどから、「芸能・文学関連の音声アーカイブとしての価値が非常に高い番組」とされている。 (Wikipedia:米朝 よもやま噺)

米朝修好通商条約
『朝米修好通商条約』より : 米朝修好通商条約(べいちょうしゅうこうつうしょうじょうやく、英語: US-Korea Amity and Trade Treaty)は1882年(明治15年)5月22日、アメリカ合衆国と李氏朝鮮の間で締結された条約である。 アメリカ合衆国と大清帝国の条約案文を朝鮮側が事後承諾する形で締結。大清帝国の馬建忠が立会人となり、アメリカ海軍提督シューフェルト、朝鮮正使・申木憲、副使・金弘集らの間で英文、漢文共に三通による十四ヶ条の条約に調印がなされた。 条約後 この条約の後、朝鮮は清国の強引な干渉により欧州諸国と条約を結ぶこととなり、朝鮮が西欧諸国と締結した一連の不平等条約の先駆となった。ただ、この条約は、不平等条約ではあったものの、欧米諸国とアジア諸国間で締結された一連の条約と比べると、不平等性は比較的弱かった。 この条約締結以降、朝鮮は第一条の「周旋条項」(「第三国が締約国の一方を抑圧的に扱う時、締約国の他方は、事態の通知を承けて、円満な解決のため周旋を行なう」という文言)に依拠し、日中露などの周辺国によって自国が脅かされる度にアメリカに自国の独立維持のための援助を求めた。 (Wikipedia:米朝修好通商条約)

米朝・メイコの面白日本
米朝・メイコの面白日本(べいちょう・めいこの おもしろにっぽん)は、1986年3月31日から11月28日まで、朝日放送を制作局として、テレビ朝日系列で、月曜日から金曜日の13:00 -13:15(JST)に放送されていた紀行番組・バラエティ番組である。 後に制作される『朝だ!生です旅サラダ』の帯番組版ともいえる内容であったが、取材対象は、主に国内旅行であった。 出演 桂米朝 中村メイコほか スタッフ 構成:堀江誠二、井上哲基 プロデューサー:山田義之・北村一明(朝日放送)、河本規行(エキスプレス) ディレクター:福田亘男(エキスプレス) カメラ:田中良三(エキスプレス) 制作:エキスプレス 制作著作:朝日放送 同時ネット局 ==。 (Wikipedia:米朝・メイコの面白日本)

米朝事務所
株式会社米朝事務所(べいちょうじむしょ)は、人間国宝の桂米朝や、桂ざこば、桂南光、桂米團治など米朝一門の大多数の落語家が所属する、落語芸能事務所。 会社概要 もともとは、米朝が千土地興行(のちの日本ドリーム観光)所属から独立して活動していた際、マネジメントを担当していた田中秀武を社長に、米朝の個人事務所として設立したのが始まりである。関西の芸能界では吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)と松竹芸能の二つの芸能事務所の影響力が大きいが、米朝事務所は米朝の個人事務所から始まった経緯もあり、両社から直接影響を受けることはない。なお、現社長の今井浩は、南光の現マネージャー。 主な役員 取締役会長: 田中秀武 代表取締役社長: 今井浩 専務取締役: 関口弘(2代目桂ざこば)米朝死去に伴い2015年就任 常務取締役: 森本良造(3代目桂南光) 所属タレント 基本的に米朝一門の落語家が中心であるが、後述のようにフリーアナウンサーの中井雅之が所属し、元タレントの上岡龍太郎のコメントの窓口を担当している。 (Wikipedia:米朝事務所)


米朝 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  amazon.co.jp - 2017年10月02日


関連するイメージは見つかりませんでした




amazon.co.jp - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  LGBT - 2017年10月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



LGBT
『性的少数者』より : LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)または GLBT(ジー・エル・ビー・ティー)とは、女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、性同一性障害を含む性別越境者など(トランスジェンダー、Transgender)の人々を意味する頭字語である。LGBという頭文語は1980年代中期頃から使われ始め、Tを加えたGLBT(LGBT)という言葉は日本では、1990年代頃から使われ始めた。 それ以降、この言葉は当事者の間で一般的となり、更にセクシュアルマジョリティー(性的多数者)の間でも欧米諸国や日本などで広く受け入れられている。LGBTという言葉は性の多様性と性のアイデンティティからなる文化を強調するものであり、性的少数者と同一視されることも多いが、LGBTの方がより限定的かつ肯定的な概念である。 構成用語の意味 LGBTは四つの用語の頭文字から作られた言葉であり、それぞれの用語は、特定の集団のメンバーや、サブカルチャー的共同体に所属している人々を指すのに使用される。 (Wikipedia:LGBT)

LGBTI
『性的少数者』より : 性的少数者(せいてきしょうすうしゃ)とは、何らかの意味で「性」(「性別」も参照)のあり方が非典型的な人のこと。英語のSexual Minority(セクシュアル(セクシャル)・マイノリティ)の日本語訳である。性的少数派、性的マイノリティ、ジェンダー・マイノリティとも言う。一般的に同性愛者、両性愛者、トランスジェンダー(性同一性障害の当事者含む)などが含まれる。 最近の英語圏では、総称として、GSM(「ジェンダーと性的少数」)、GSRM(「ジェンダー、セクシュアリティ、そしてロマンチックマイノリティ」)、およびGSD(「ジェンダーとセクシュアリティの多様性」)が提案されている。 この言葉は、1960年代にLaws Ullerstam(sv)の著書に影響を受けて、少数民族(ethnic minority) の類語として生まれたとされている。 同性愛、両性愛、トランスジェンダーは、現象としてはかなり異なったものであるが、幾つかの理由から総じて論じる必要もあることから、性的少数者という概念が用いられる。 (Wikipedia:LGBTI)


LGBT - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す