[PR]

日別キーワード

第1位  わろてんか - 2017年10月03日


関連するイメージは見つかりませんでした




わろてんか - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  中秋の名月 - 2017年10月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



中秋の名月
『月見』より : 月見(つきみ)とは月、主に満月を眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも称する。 なお、鶏卵の黄身を満月に例えた料理もその形から月見という(後節参照)。 月見は、主に旧暦8月15日から16日の夜(八月十五夜)と、日本では旧暦9月13日から14日の夜(九月十三夜)にも行われる。そのため、月見に関する話題で単に「十五夜(じゅうごや)」「十三夜(じゅうさんや)」という場合、これらの夜を意味する。 中国や日本では、単に月を愛でる慣習であれば古くからあり、日本では縄文時代頃からあると言われる。ただ、『竹取物語』には、月を眺めるかぐや姫を嫗が注意する場面があり、月見を忌む思想も同時にあったと推察される。 名月の日に月を鑑賞する風習の始まりは、唐代の頃からということしか分かっていない。宋代の『東京夢華録』には身分に関わらず街を挙げて夜通し騒ぐ様子が記録されている。この風習が貞観年間(859-877)の頃、日本の貴族社会に入ってきた。平安時代の月見は徐々に規模が大きくなり延喜19年(919)には宇多法皇が日本独自の十三夜の月見を催した。 (Wikipedia:中秋の名月)


中秋の名月 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ニンテンドー3DS - 2017年10月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



ニンテンドー3DS
ニンテンドー3DS(ニンテンドースリーディーエス、Nintendo 3DS)は、任天堂が開発、発売した携帯型ゲーム機である。2011年2月26日に日本で発売されたのを皮切りに、世界各国で販売されている。 2004年から発売開始されたニンテンドーDSシリーズを後継する携帯ゲーム機である。コンセプトは「持ち歩く、響きあう、毎日が新しい。」。CMなどでは「メガネがいらない3DのDS」というキャッチコピーも用いられている。 ハードウェア 2画面で、下画面がタッチパネル(抵抗膜方式)、マイク、カメラ(DSi、DSi LL)という前世代機の特徴はそのまま引き継がれている。 裸眼3Dディスプレイ搭載 上画面に視差バリア方式ワイド3D液晶ディスプレイ(サイズは3DSでは3.53インチ、3DS LLでは4.88インチ)を採用しており、裸眼で立体的なゲーム映像を見ることができる。 (Wikipedia:ニンテンドー3DS)


ニンテンドー3DS - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  THE IDOLM@STER - 2017年10月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



THE IDOLM@STER
『THE IDOLM@STER』(アイドルマスター)は、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が2005年7月26日に稼動を開始したアーケード用シミュレーションゲーム(公式ジャンルは「アイドルプロデュース体験ゲーム」)。 個性豊かな9人(組)のアイドル候補生から1 - 3人を選び、いかに多くのファンに支持されるアイドルにプロデュースすることが出来るかを競う。プレイヤーは「新米プロデューサー」となり、ネットワークを使用して全国規模でランキングを競う。 2010年5月28日に、本作のネットワークサービスの運営終了が発表され、2010年9月1日1時59分(8月31日25時59分)をもって終了することが発表された。ネットワークサービス終了後は携帯電話サイト内にあるアーケード連動コーナーが閉鎖されるため、連動機能が使用できなくなるほか、全筐体がオフラインとなった(引き続きプレイは可能だが、一部の機能が使用できなくなる)。 (Wikipedia:THE IDOLM@STER)

THE IDOLM@STER RADIO
『THE IDOLM@STER RADIO』(アイドルマスターレディオ)は、ラジオ大阪V-STATION枠のラジオ番組。番組の愛称は「アイマスレディオ」(公式日本語表記は「アイドルマスターレイディオ」となっている)。全173回。後番組として『THE IDOLM@STER STATION!!!』が放送されていた(2013年3月まで)。 2006年(平成18年)4月9日から2007年(平成19年)4月1日の間、毎週日曜日23:30 - 24:00に放送。2007年4月8日から2009年(平成21年)4月5日の間は、毎週日曜日21:30 - 22:00に放送枠を移動。2009年(平成21年)4月12日からは22:00 - 22:30に枠を移動し放送されていた。また、第40回以降はインターネット配信も行われていた。 アーケードゲーム『THE IDOLM@STER』からの派生企画で、同作出演声優のたかはし智秋(三浦あずさ 役)と今井麻美(如月千早 役)がパーソナリティをつとめる。 (Wikipedia:THE IDOLM@STER RADIO)

THE IDOLM@STERの登場人物
THE IDOLM@STERの登場人物(アイドルマスターのとうじょうじんぶつ)では、バンダイナムコゲームスのゲーム『THE IDOLM@STER』、及びゲームに準拠した関連作品に登場する人物について記述する。 765(ナムコ)プロダクション所属アイドル アイドルの名前はゲーム内での本名であり、デビュー時にプレイヤーが別途ユニット名を決定し活動に関しては芸名を使うことになるが、レッスンやコミュニケーション時などメンバーとの会話では引き続き本名で呼ぶことになる。年齢と性格は特別オーディション「歌姫楽園」の参加条件に関係している。またイメージカラーも設定されており、ゲーム中では各キャラクターの私服やトレーニングウェア、Xbox 360版では一部のEXTEND衣装にも反映されているほか、オーディション参加者一覧のシルエットの背景色としても使用されている。アーケード版のセンターモニターでのランキング表示にも適用されている。各キャラクターの私服はアーケード版から存在する物(『SP』以外での私服)と『SP』で新登場した物が存在する。 (Wikipedia:THE IDOLM@STERの登場人物)

THE IDOLM@STER (アニメ)
『THE IDOLM@STER』(アイドルマスター)は、A-1 Pictures制作の日本のアニメ。バンダイナムコゲームス(現・バンダイナムコエンターテインメント)が発売した同名のコンピューターゲーム『THE IDOLM@STER』シリーズを原作としたアニメ化作品。テレビアニメが2011年7月より同年12月までTBSテレビほかで全25話が放送され、特別編1話が映像ソフト収録作品の先行放送としてBS-TBSで放送された。2014年1月25日には映画『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』が公開された。 芸能事務所のプロデューサーとなって女性アイドルを育成するゲーム『THE IDOLM@STER』シリーズのテレビアニメ化作品としては、2007年にサンライズが制作した『アイドルマスター XENOGLOSSIA』に次いでの第2作である。 (Wikipedia:THE IDOLM@STER (アニメ))


THE IDOLM@STER - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  パナソニック - 2017年10月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



パナソニック
『松下電器産業』より : パナソニック株式会社(Panasonic Corporation)は、大阪府に本社を置く大手総合電機メーカーである。パナソニックグループの事業持株会社として、三洋電機・パナホームなどを傘下に持つ。創業者は松下幸之助。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。国際オリンピック委員会と国際パラリンピック委員会の双方とワールドワイドパートナー契約を結んでいる。 旧社名は「松下電器産業株式会社(まつしたでんきさんぎょう、Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.)」。2008年10月1日に現社名へ変更された(詳細は社名変更を参照)。 大手電機メーカー8社(日立製作所、パナソニック、東芝、三菱電機、シャープ、ソニー、NEC、富士通)のうちの一社。 創業者は松下幸之助。登記上本店は大阪府門真市だが、本社事務所は門真市の隣の大阪府守口市(国道1号沿い)に所在する。 37の事業部からなる。社内カンパニー制を採用しており、アプライアンス社、エコソリューションズ社、AVCネットワークス社、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社の4カンパニーで構成されている。 (Wikipedia:パナソニック)

パナソニックショップ
パナソニックショップとは、パナソニック(旧松下電器産業)ほかパナソニックグループ(旧松下グループ)各社の製品を取次・販売する特約店(電器店)の通称である。1957年、日本最初の系列電器店(街の電器屋さん)ネットワークとして発足した。当初はパナソニック製品のみを扱う「ナショナルショップ」と他社製品も同時に扱う「ナショナル店会」とに二分されていた。以後、今日まで国内最大の地域電器店ネットワークである。地域電器店の業界団体「全国電機商業組合連合会」加盟店の7~8割を占める。
家電量販店 量販店が大量に安く売ることをセールスポイントとしているのに対し、パナソニックショップ(街のでんきやさん)は「アフターサービスの良さ・きめ細かさ」をセールスポイントにしているので、電球や蛍光灯の交換といった軽工事にも幅広く気軽に応じてくれる(「お役に立ち隊宣言」)。また「パナソニック修理技術認定店(旧・パナサービス工房 後述)」として他店購入製品やパナソニック以外の他社製品修理も取り扱う(有料)。この意味を込め、パナソニックショップは1998年から「あなたの街のでんきやさん」を全国共通キャッチフレーズとしている。さらに複数のパナソニック関連企業や優良業者との取引が活発な店は、各種リフォームの相談にも気軽に応じてくれる(多くの店舗はパナホーム取次店)。また地方の一部には、雑貨店や酒店を同じ敷地で経営している店舗も存在する。
(Wikipedia:パナソニックショップ)

パナソニック ドラマシアター
パナソニック ドラマシアター(Panasonic Drama Theater)は、TBSテレビ TBSJapan News Network 系列で毎週月曜日20:00~20:54に放送しているテレビドラマ ドラマテレビ番組 番組枠。TBS系列28局・系列外3局の全国31局ネット。旧称「ナショナルゴールデン・アワー」、「ナショナル劇場」。
「パナソニック ドラマシアター」としての放送は2008年10月13日の「水戸黄門 第39部」(初回は2時間スペシャル)からである。
「世の為人の為、老若男女問わない番組を。」というパナソニック(旧社名:松下電器産業)の創業者である松下幸之助の方針で、52年の長期に渡って放送を続けている。パナソニックグループ(パナソニック・パナソニック電工・パナホーム)の一社提供番組。
現在のタイトルに変更される前はオープニングとして「明るいナショナル」(作詞〜初代ヴァージョン〜・作曲:三木鶏郎)が流れていた。ラジオ番組「歌のない歌謡曲」と同様に、時代によって曲の節・アレンジ・歌詞が変化している。詳細は『#歴代オープニング 歴代オープニング』の章を参照。
(Wikipedia:パナソニック ドラマシアター)

パナソニックグループ
パナソニックグループとは、パナソニック(旧・松下電器産業)を中核とする日本の日本の企業グループ一覧 企業グループ(および組織)である。
2008年10月1日に社名変更するまでは、松下グループあるいは松下電器グループと呼称していたが、この両者の意味は異なっていた。松下電器グループは松下電器産業の企業内分社(カンパニー)や直轄の子会社のことを指し、連結子会社移行前の松下電工など比較的関係が薄く、独立した経営方針で運営されている企業は含まれなかった。
それ以降も社名に「松下」を冠する企業が若干残っているが、今後順次名称を変更する予定である。
◆=(社)鉄道貨物協会よりエコレールマーク認定。
●=パナソニックの社内ベンチャー制度「パナソニック・スピンアップ・ファンド」によって設立された会社
(Wikipedia:パナソニックグループ)

パナソニックガンバ大阪
『ガンバ大阪』より : ガンバ大阪(ガンバ おおさか、Gamba Osaka)は、日本の大阪府吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、池田市、摂津市、箕面市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1980年創部の松下電器産業サッカー部が前身であり、1993年のJリーグ開幕時より加盟している10クラブ(オリジナル10)のひとつ。2005年に初タイトルとなるJ1リーグ優勝を果たし、2008年にはAFCチャンピオンズリーグ制覇、2014年には1シーズンでの国内三冠(J1リーグ・天皇杯・ナビスコカップ)を達成するなど、Jリーグを代表する強豪クラブである。獲得タイトル数はJリーグ全加盟クラブ中2位、近畿地方以西のクラブでは最多である。 ホームスタジアムは市立吹田サッカースタジアム。Jリーグ加盟の1993年から2015年までは万博記念競技場をホームスタジアムとしていた。練習グラウンドは万博記念公園スポーツ広場内のガンバ大阪練習場である。当初は神戸ユニバー記念競技場や西京極競技場を準本拠地、淀川区(新大阪駅近く)にクラブ事務所と京田辺市に練習場と「近畿代表」・「オール関西」的な意味合いが強かった。 (Wikipedia:パナソニックガンバ大阪)

パナソニック電工
パナソニック電工株式会社(パナソニックでんこう、英: Panasonic Electric Works Co., Ltd.)は、かつて存在した日本の電気機器メーカーである。大阪府門真市に本社を構え、パナソニックグループの照明機器、電気設備、健康家電、住宅機器、建材、制御機器、電子材料、福祉機器などを取り扱う総合メーカーであった。 解散後は事業ごとに分割・再編されたものの、中核組織は『パナソニック株式会社 エコソリューションズ社』(社内カンパニー)となっており、旧電工本社組織を引き継いでいる。 1933年(昭和8年)に松下電気器具製作所(後の松下電器産業、現在のパナソニック)の創業時事業である配線機器事業・電熱機器事業・合成樹脂事業・照明機器事業などを担当する部門として設置された第三事業部(いわゆる社内カンパニー)がルーツ。 (Wikipedia:パナソニック電工)

パナソニック モバイルコミュニケーションズ
パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(Panasonic Mobile Communications Co., Ltd.)は、パナソニックグループの移動体通信端末のメーカーである。パナソニックグループ内や周辺地域ではPMCの略称で呼ばれている。 パナソニック本体の社内カンパニーである、AVCネットワーク社配下に置かれる子会社である。 沿革 1958年1月17日 - 大阪府北河内郡門真町(当時)に松下通信工業株式会社(Matsushita Communication Industrial Co., Ltd.)設立。(松下電器産業「現:パナソニック株式会社」より分離) 1960年 - 本社を横浜市港北区綱島町(当時)に移転。 1968年 - 当時の電電公社にポケットベル(ページャー)を納入開始。(移動体通信端末事業へ参入。事実上の創業) 1968年 東京、大阪証券取引所第二部へ上場。 1969年 - 東京、大阪証券取引所第一部へ指定。 1991年 - 教育用パソコン「PanaCAL ET」を発売。 (Wikipedia:パナソニック モバイルコミュニケーションズ)

パナソニックモバイルコミュニケーションズ
『パナソニック モバイルコミュニケーションズ』より : パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(Panasonic Mobile Communications Co., Ltd.)は、パナソニックグループの移動体通信端末のメーカーである。パナソニックグループ内や周辺地域ではPMCの略称で呼ばれている。 パナソニック本体の社内カンパニーである、AVCネットワーク社配下に置かれる子会社である。 沿革 1958年1月17日 - 大阪府北河内郡門真町(当時)に松下通信工業株式会社(Matsushita Communication Industrial Co., Ltd.)設立。(松下電器産業「現:パナソニック株式会社」より分離) 1960年 - 本社を横浜市港北区綱島町(当時)に移転。 1968年 - 当時の電電公社にポケットベル(ページャー)を納入開始。(移動体通信端末事業へ参入。事実上の創業) 1968年 東京、大阪証券取引所第二部へ上場。 1969年 - 東京、大阪証券取引所第一部へ指定。 1991年 - 教育用パソコン「PanaCAL ET」を発売。 (Wikipedia:パナソニックモバイルコミュニケーションズ)

パナソニックモバイル
『パナソニック モバイルコミュニケーションズ』より : パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(Panasonic Mobile Communications Co., Ltd.)は、パナソニックグループの移動体通信端末のメーカーである。パナソニックグループ内や周辺地域ではPMCの略称で呼ばれている。 パナソニック本体の社内カンパニーである、AVCネットワーク社配下に置かれる子会社である。 沿革 1958年1月17日 - 大阪府北河内郡門真町(当時)に松下通信工業株式会社(Matsushita Communication Industrial Co., Ltd.)設立。(松下電器産業「現:パナソニック株式会社」より分離) 1960年 - 本社を横浜市港北区綱島町(当時)に移転。 1968年 - 当時の電電公社にポケットベル(ページャー)を納入開始。(移動体通信端末事業へ参入。事実上の創業) 1968年 東京、大阪証券取引所第二部へ上場。 1969年 - 東京、大阪証券取引所第一部へ指定。 1991年 - 教育用パソコン「PanaCAL ET」を発売。 (Wikipedia:パナソニックモバイル)

パナソニックのVTRの歴史
パナソニック(旧・松下電器産業)のVTRの歴史(パナソニックのVTRのれきし)では、パナソニックやグループ会社におけるVHS・S-VHS(スーパーVHS)方式・他方式の家庭用ビデオテープレコーダ(VTR)について、その歴史や当時ヒットした代表機種を紹介する。
VX-100(VX方式第1号機、グループ内のパナソニック四国エレクトロニクス 松下寿電子工業(現・パナソニック四国エレクトロニクス)より発売、四国地区限定発売、198,000円)
VX-2000(VX方式最終機種、全国発売)
NV-8800(VHS方式マックロード第1号機)
NV-6600(初めて倍速・コマ送り再生、静止画機能を搭載)
NV-6000(業界初、3倍モード搭載機)
NV-10000(業界初、ビエゾヘッド搭載でノイズレスサーチ)
NV-5000(ポータブルマックロード第1号機)
(Wikipedia:パナソニックのVTRの歴史)

パナソニック・トヨタ・レーシング
『トヨタF1』より : トヨタF1 (TOYOTA F1) は、日本のトヨタ自動車が運営したF1コンストラクター。2002年(平成14年)から2009年(平成21年)までF1世界選手権に参戦した。レーシングチームの正式名称はパナソニック・トヨタ・レーシング (Panasonic TOYOTA Racing) 。 世界ラリー選手権 (WRC) においてトヨタのワークス・チーム的存在であったトヨタ・チーム・ヨーロッパ (Toyota Team Europe) をベースにして、2000年(平成12年)に発足した。TTE時代より、ドイツ・ケルンのトヨタ・モータースポーツ有限会社 (Toyota Motorsport GmbH) を本拠地としているが、F1チームの国籍登録は日本としていた。 自作のシャシーでF1に参戦する日本国籍のコンストラクターとしては、1960年代のホンダ、1970年代のマキ、コジマに続いて4チーム目となる。さらに、エンジンを含め、車体全部を自作するフルコンストラクターとしては、ホンダに続く2例目となる。 (Wikipedia:パナソニック・トヨタ・レーシング)

パナソニックトライアンズ
size=250
チーム名=パナソニックトライアンズ
原語表記=パナソニックトライアンズ
愛称=
チームカラー=青
創設年=1951年
代表者=
ヘッドコーチ=清水良規
本拠地=大阪府枚方市
アリーナ=パナソニックアリーナ
収容人数=
HP=http://panasonic.co.jp/sports/basketball/
正シャツ=青 正パンツ=青
副シャツ=白 副パンツ=白
pattern_b1=_thinwhitesides pattern_s1=
body1=235bc8 shorts1=235bc8
pattern_b2=_thinbluesides pattern_s2=
body2=fff shorts2=fff
(Wikipedia:パナソニックトライアンズ)

パナソニック エナジー社
社名 パナソニック株式会社 エナジー社
英文社名 Panasonic Corporation Energy Company
ロゴ 画像:Panasonic logo (Blue).svg 250px ロゴ
種類 株式会社(パナソニックの社内カンパニー)
市場情報
略称 EC
郵便番号 570-8511
本社所在地 大阪府守口市松下町1番1号
電話番号
設立 2008年(平成20年)10月1日
業種 3650
事業内容 一次電池、二次電池、充電器、電池応用機器・部材などの生産・販売
代表者
資本金
売上高
従業員数 約2,200名(別に国内・海外関係会社 約14,300名)
決算期
主要株主
(Wikipedia:パナソニック エナジー社)

パナソニック野球部
ページ名 パナソニック野球部
チーム名(通称) パナソニック
加盟区分 企業チーム
創部 1950年
チーム名の遍歴 松下電器野球部(1950年〜2008年)パナソニック野球部(2008年〜)
本拠地自治体 大阪府門真市
練習グラウンド パナソニックベースボールスタジアム(大阪府枚方市)
チームカラー 青色、黒色
監督 松井稔也
都市対抗出場回数 45回
都市対抗最近の出場 2009年
都市対抗最高成績 準優勝
日本選手権出場回数 31回
日本選手権最近の出場 2009年
日本選手権最高成績 優勝
クラブ選手権出場回数 ※出場資格なし
クラブ選手権最近の出場
クラブ選手権最高成績
(Wikipedia:パナソニック野球部)

パナソニック充電式ニッケル水素電池
パナソニック充電式ニッケル水素電池(パナソニックじゅうでんしきニッケルすいそでんち)はパナソニックのニッケル・水素蓄電池(二次電池)。
パナソニック充電式ニッケル水素電池は、パナソニックが発売しているニッケル・水素蓄電池の名称であり、開発された翌年の1990年から商品化されている。これはJIS C 8708において定義される密閉型ニッケル・水素蓄電池にあたる。各製品とも、dT/dt制御充電方式による急速充電に対応している。
また自然放電を抑えた#パナソニック充電式ニッケル水素電池ECO パナソニック充電式ニッケル水素電池ECOは同コンセプトの三洋電機の商品eneloop エネループに対しパナループとよばれたり、イメージカラーが緑であることから緑パナとも呼ばれることもあるが、これは俗称であり、正式な略称・商品名ではない。
(Wikipedia:パナソニック充電式ニッケル水素電池)

パナソニック電工インパルス
size=250
font-color=white
background-color navy
原語表記=パナソニック電工インパルス
愛称=インパルス
競技種目=アメリカンフットボール
創設年=1974年
本拠地=大阪府門真市
代表者
HP=http://www.go-go-impulse.net/
パナソニック電工インパルス(-でんこう-、英表記:Panasonic Electric Works IMPULSE)は日本社会人アメリカンフットボールリーグ(Xリーグ)西地区所属の実業団チームである。創部当初から常に関西の社会人アメリカンフットボールにおける中心的存在となってきた。
1974年:松下電工インパルスとして創部。「インパルス」の名は「フットボール界と社内に衝撃(インパルス)を与える」に由来。
1987年:松下電工のCIスポーツに指定。
1990年:初の社会人日本一を達成。
1991年:第44回ライスボウルに初出場。日本大学フェニックスに13-35で敗れる。
(Wikipedia:パナソニック電工インパルス)

パナソニック プラズマディスプレイ
社名 パナソニック プラズマディスプレイ株式会社
英文社名 Panasonic Plasma Display Co., Ltd.
ロゴ 画像:Panasonic logo (Blue).svg 250px ロゴ
種類 株式会社
市場情報
略称 PPD
郵便番号 567-0026
本社所在地 大阪府茨木市松下町1番1号
電話番号 072-624-8461
設立 2000年(平成12年)10月
業種 3650
事業内容 プラズマディスプレイ事業 他
代表者 代表取締役社長 長野寛之
資本金 356億円
売上高
主要株主 パナソニック (75%)東レ (25%)
特記事項
パナソニック プラズマディスプレイ株式会社(”Panasonic Plasma Display Co., Ltd.”、PPD)は、プラズマディスプレイやそのモジュール、薄型テレビ#プラズマテレビ プラズマテレビなどの製造を行う電気機器メーカーである。大阪府茨木市に本社を構える。
(Wikipedia:パナソニック プラズマディスプレイ)

パナソニック四国エレクトロニクス
パナソニック ヘルスケア株式会社(Panasonic Healthcare Co., Ltd.)は、パナソニックグループの健康・医療機器等を扱うメーカーである。略称はPHC。 2005年(平成17年)3月31日までは、松下寿電子工業株式会社(まつしたことぶきでんしこうぎょう、Matsushita-Kotobuki Electronics Co., Ltd.)、2005年4月1日から2010年9月までは、パナソニック四国エレクトロニクス株式会社(パナソニックしこくエレクトロニクス、Panasonic Shikoku Electronics Co., Ltd.)という社名であった。 松下幸之助に育てられ、松下グループ(現・パナソニックグループ)内で「四国の天皇」とも呼ばれた稲井隆義(赤外線電気コタツの考案者)が四国で創業した会社である。グループ内での稲井の発言力の強さもあり、独自指向が強い企業であったため、1975年には家庭用ビデオ規格VX方式の立ち上げに走ったほどであった。 (Wikipedia:パナソニック四国エレクトロニクス)

パナソニック四国エレクトロニクス株式会社
『パナソニック四国エレクトロニクス』より : パナソニック ヘルスケア株式会社(Panasonic Healthcare Co., Ltd.)は、パナソニックグループの健康・医療機器等を扱うメーカーである。略称はPHC。 2005年(平成17年)3月31日までは、松下寿電子工業株式会社(まつしたことぶきでんしこうぎょう、Matsushita-Kotobuki Electronics Co., Ltd.)、2005年4月1日から2010年9月までは、パナソニック四国エレクトロニクス株式会社(パナソニックしこくエレクトロニクス、Panasonic Shikoku Electronics Co., Ltd.)という社名であった。 松下幸之助に育てられ、松下グループ(現・パナソニックグループ)内で「四国の天皇」とも呼ばれた稲井隆義(赤外線電気コタツの考案者)が四国で創業した会社である。グループ内での稲井の発言力の強さもあり、独自指向が強い企業であったため、1975年には家庭用ビデオ規格VX方式の立ち上げに走ったほどであった。 (Wikipedia:パナソニック四国エレクトロニクス株式会社)

パナソニック コミュニケーションズ
パナソニック システムネットワークス株式会社(Panasonic System Networks Co., Ltd. 旧社名:パナソニックコミュニケーションズ株式会社、Panasonic Communications Co., Ltd.)は、パナソニックグループのドキュメント関連を含む固定通信関連機器、セキュリティ・放送関連機器、法人用通信端末の開発、製造、販売と、これらの機器を結ぶネットワークやシステム、ソリューション事業などのサービスを提供している会社である。 登記上の商号は「パナソニック」と「システムネットワークス」の間に空白が入らない。旧社名の「パナソニック コミュニケーションズ株式会社」では空白が入っていた。 2003年(平成15年)に松下グループ各社の事業再編に伴い、九州松下電器と松下電送システム、および松下通信工業(現・パナソニック モバイルコミュニケーションズ)のPBX・ホームテレホン・ビジネスホン事業、松下電器産業(現・パナソニック)のシステム営業本部の固定通信関連営業を統合し「パナソニック コミュニケーションズ株式会社」となったのち、2010年にパナソニック株式会社のシステム事業を統合し現在の社名になった。 (Wikipedia:パナソニック コミュニケーションズ)


パナソニック - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す