[PR]

日別キーワード

第1位  枝野幸男 - 2017年10月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



枝野幸男
枝野 幸男(えだの ゆきお、1964年5月31日 ‐ )は、日本の政治家、弁護士(登録番号:22259、司法修習43期、第二東京弁護士会)。民進党所属の衆議院議員(8期)。民進党幹事長(初代)。 民主党政策調査会長(第6代)、民主党幹事長(第10代・第15代)、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)、内閣官房長官(第79代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、経済産業大臣(第16代)、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構担当)などを歴任した。予算委員会等の答弁では、野田内閣の内閣法制局長官に代わって、憲法及び法律解釈も担当していた。 生い立ち 栃木県宇都宮市出身。 祖父が尾崎行雄のファンで、男の初孫である枝野には「ゆきお」という名前をつけろと父が祖父から言われていて、字は違うが"幸男"と名付けたというのが名前の由来である。自身の名前の由来を聞かされたことが影響し、物心がついた頃から政治家を志望していた。 学生時代 宇都宮市立峰小学校時は児童会長を、宇都宮市立陽東中学校時は生徒会長を務めた。 (Wikipedia:枝野幸男)


枝野幸男 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  Fate/Grand Order - 2017年10月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



Fate/Grand Order
『Fate/Grand Order』(フェイト/グランドオーダー)は、ゲームブランドTYPE-MOONによるゲーム作品『Fate/stay night』を元として製作されるスマートフォン専用ロールプレイングゲーム。略称は「Fate/GO」もしくは「FGO」。 原作は、2004年の発売以降これまでにゲーム・小説・漫画・アニメーションなど数多くのメディアミックスやスピンアウト展開を広げてきたゲーム作品『Fate/stay night』。「Fate Online Project REBOOT」という標語が掲げられている。『Fate/stay night』をはじめ、『Fate/Zero』・『Fate/EXTRA』・『Fate/Apocrypha』といったFateシリーズから多数のキャラクターが登場するほか、本作オリジナルのキャラクターも多数登場する。 (Wikipedia:Fate/Grand Order)


Fate/Grand Order - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  Matt - 2017年10月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



Matthew’s Best Hit TV
番組名=Matthew”s Best Hit TV
ジャンル=バラエティ番組
制作局=テレビ朝日
プロデューサー=山本たかお(初代)西村裕明(2代目)藤井智久(3代目)
出演者=藤井隆 マシュー南
音声=ステレオ放送
番組名1=BEST HIT TV
放送時間1=毎週火曜 25:00 - 25:30
放送期間1=2001年4月3日 - 2002年3月26日
番組名2=Matthew”s Best Hit TV
放送時間2=毎週水曜 23:15 - 24:10
放送期間2=2002年4月17日 - 2005年9月22日
番組名3=Matthew”s Best Hit TV+
放送時間3=毎週水曜 23:15 - 24:10(深夜時代)毎週火曜19:00 - 19:54(ゴールデン移動後)
放送期間3=2005年4月6日 - 2006年3月14日
番組名4=Matthew”s Best Hit UV
放送時間4=毎週金曜 25:20 - 25:50
放送期間4=2006年4月7日 - 同年9月22日
(Wikipedia:Matthew’s Best Hit TV)

Matthew's Best Hit TV+
『Matthew's Best Hit TV』(マシューズ ベスト ヒット ティーヴィー)は、テレビ朝日系列で放送されていた、Matthew南(マシューみなみ)が司会を務める音楽バラエティ番組。略称は「マシューTV」「ベストヒット」。 また、この項目では前身番組の『BEST HIT TV』、後継番組である『Matthew's Best Hit TV+』『Matthew's Best Hit UV』についても扱う。 番組概要 毎回マシューがゲストとともに歌、ゲーム、トーク、その他さまざまな企画を行う。マシュー本人によると「世界28か国で放送されていて各国で高い支持を受けてきた超人気番組」「芸能人の“出たい番組ランキング1位”」だという。かつてはゲストの多くがミュージシャンだったこともあり、音楽番組にカテゴライズされた時代が多かったが、俳優やお笑い芸人などゲストは幅広かった。 沿革 2001年4月、毎週火曜日25時台(JST)で「BEST HIT TV」としてスタート(30分間)。 (Wikipedia:Matthew's Best Hit TV+)

Matthew's Best Hit TV
『Matthew's Best Hit TV+』より : 『Matthew's Best Hit TV』(マシューズ ベスト ヒット ティーヴィー)は、テレビ朝日系列で放送されていた、Matthew南(マシューみなみ)が司会を務める音楽バラエティ番組。略称は「マシューTV」「ベストヒット」。 また、この項目では前身番組の『BEST HIT TV』、後継番組である『Matthew's Best Hit TV+』『Matthew's Best Hit UV』についても扱う。 番組概要 毎回マシューがゲストとともに歌、ゲーム、トーク、その他さまざまな企画を行う。マシュー本人によると「世界28か国で放送されていて各国で高い支持を受けてきた超人気番組」「芸能人の“出たい番組ランキング1位”」だという。かつてはゲストの多くがミュージシャンだったこともあり、音楽番組にカテゴライズされた時代が多かったが、俳優やお笑い芸人などゲストは幅広かった。 沿革 2001年4月、毎週火曜日25時台(JST)で「BEST HIT TV」としてスタート(30分間)。 (Wikipedia:Matthew's Best Hit TV)

Matthew's Best Hit TV+
『Matthew's Best Hit TV+』より : 『Matthew's Best Hit TV』(マシューズ ベスト ヒット ティーヴィー)は、テレビ朝日系列で放送されていた、Matthew南(マシューみなみ)が司会を務める音楽バラエティ番組。略称は「マシューTV」「ベストヒット」。 また、この項目では前身番組の『BEST HIT TV』、後継番組である『Matthew's Best Hit TV+』『Matthew's Best Hit UV』についても扱う。 番組概要 毎回マシューがゲストとともに歌、ゲーム、トーク、その他さまざまな企画を行う。マシュー本人によると「世界28か国で放送されていて各国で高い支持を受けてきた超人気番組」「芸能人の“出たい番組ランキング1位”」だという。かつてはゲストの多くがミュージシャンだったこともあり、音楽番組にカテゴライズされた時代が多かったが、俳優やお笑い芸人などゲストは幅広かった。 沿革 2001年4月、毎週火曜日25時台(JST)で「BEST HIT TV」としてスタート(30分間)。 (Wikipedia:Matthew's Best Hit TV+)

Matthew's BestHit TV+
『Matthew's Best Hit TV+』より : 『Matthew's Best Hit TV』(マシューズ ベスト ヒット ティーヴィー)は、テレビ朝日系列で放送されていた、Matthew南(マシューみなみ)が司会を務める音楽バラエティ番組。略称は「マシューTV」「ベストヒット」。 また、この項目では前身番組の『BEST HIT TV』、後継番組である『Matthew's Best Hit TV+』『Matthew's Best Hit UV』についても扱う。 番組概要 毎回マシューがゲストとともに歌、ゲーム、トーク、その他さまざまな企画を行う。マシュー本人によると「世界28か国で放送されていて各国で高い支持を受けてきた超人気番組」「芸能人の“出たい番組ランキング1位”」だという。かつてはゲストの多くがミュージシャンだったこともあり、音楽番組にカテゴライズされた時代が多かったが、俳優やお笑い芸人などゲストは幅広かった。 沿革 2001年4月、毎週火曜日25時台(JST)で「BEST HIT TV」としてスタート(30分間)。 (Wikipedia:Matthew's BestHit TV+)

Matthew's Best Hit UV
『Matthew's Best Hit TV+』より : 『Matthew's Best Hit TV』(マシューズ ベスト ヒット ティーヴィー)は、テレビ朝日系列で放送されていた、Matthew南(マシューみなみ)が司会を務める音楽バラエティ番組。略称は「マシューTV」「ベストヒット」。 また、この項目では前身番組の『BEST HIT TV』、後継番組である『Matthew's Best Hit TV+』『Matthew's Best Hit UV』についても扱う。 番組概要 毎回マシューがゲストとともに歌、ゲーム、トーク、その他さまざまな企画を行う。マシュー本人によると「世界28か国で放送されていて各国で高い支持を受けてきた超人気番組」「芸能人の“出たい番組ランキング1位”」だという。かつてはゲストの多くがミュージシャンだったこともあり、音楽番組にカテゴライズされた時代が多かったが、俳優やお笑い芸人などゲストは幅広かった。 沿革 2001年4月、毎週火曜日25時台(JST)で「BEST HIT TV」としてスタート(30分間)。 (Wikipedia:Matthew's Best Hit UV)

Matthew Herbert
『マシュー・ハーバート』より : マシュー・ハーバート (Matthew Herbert, 男性, 1972年 - ) は、イギリスの電子音楽作曲家、DJである。BBCの録音技師だった父親のもとに生まれ、幼時からピアノとヴァイオリンを学ぶ。エクセター大学で演劇を専攻したのち、1995年にWishmountain名義で音楽活動を始める。以降、ハーバート(Herbert)、ドクター・ロキット(Doctor Rockit)、ラディオボーイ(Radioboy)、本名のマシュー・ハーバート(Matthew Herbert)など様々な名義を使い分けている。 その作風はミュジーク・コンクレートに大きな影響を受けている。アルバム"Around the House"では洗濯機やトースター、歯ブラシといった日常音を採集し、独自のディープハウスを展開した。また政治色の強いRadioboyでは、グローバリズムに抗議して、マクドナルドやGAPの商品を破壊した音をサンプリングし、即興的にビートを構築するといったパフォーマンスを行う。 (Wikipedia:Matthew Herbert)

Matthew’s Best Hit
『』より : (Wikipedia:Matthew’s Best Hit)

Matthew’s Best Hit UV
『』より : (Wikipedia:Matthew’s Best Hit UV)

Matthew’s BestHit TV+
『』より : (Wikipedia:Matthew’s BestHit TV+)

Matthew’s Best Hit TV+
『』より : (Wikipedia:Matthew’s Best Hit TV+)


Matt - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  スター・ウォーズ - 2017年10月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



スター・ウォーズ
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(スター・ウォーズ エピソードフォー/あたらなるきぼう、原題:STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE)は、1977年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第1作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード4』に当たる。 公開当初、タイトルは主題の『スター・ウォーズ』のみで、副題の『エピソード4/新たなる希望』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 当初のタイトルは『スター・ウォーズ』のみだった。「新たなる希望」という副題は1976年の脚本の最終稿に見えていたが、公式に付けられたのは1980年の『帝国の逆襲』公開前のリバイバル上映からで、オープニング・クロールに加えられるようになったのはVHS版からであった。 (Wikipedia:スター・ウォーズ)

スター・ウォーズ クローン大戦
『クローン大戦』より : 『スター・ウォーズ クローン大戦』(スター・ウォーズ クローンたいせん、原題:STAR WARS: CLONE WARS )は、米国カートゥーンネットワークスタジオとルーカスフィルムが製作したアメリカの2Dテレビアニメ。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ(外伝)作品で、実写映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の間の出来事を描く。第56回及び第57回エミー賞アニメーション番組部門受賞。 『エピソード3/シスの復讐』の公開時期に併せて、本シリーズの製作総指揮を務めるジョージ・ルーカスの指揮下で、彼によるストーリー原案を元に脚本が書き上げられたこともあり、スピンオフ(外伝)作品ながらも『エピソード3/シスの復讐』本編に繋がる多くの伏線を描いた重要なエピソードがクローン大戦を中心に描かれる。 (Wikipedia:スター・ウォーズ クローン大戦)

スター・ウォーズのスピンオフ一覧
スター・ウォーズのスピンオフ一覧(スター・ウォーズのスピンオフいちらん)は、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ(外伝)作品として展開される映画、アニメ、小説、コミック、ゲーム等をまとめたものである。 『スター・ウォーズ』シリーズの時代は、大きく分けると「古代共和国」⇒「旧共和国」⇒「帝国」⇒「新共和国」⇒「ニュー・ジェダイ・オーダー」の5つの時代に分けられる。それぞれに象徴的なロゴが存在する。 分類 映画やアニメなどの映像作品以外でも、小説、コミック、ゲームなどの多種多様な媒介を通じて、『スター・ウォーズ』シリーズの数多くのスピンオフ(外伝)作品が発表されてきた。 スピンオフ作品群には、映画で描かれなかった空白期間を補完する、主要実写映画シリーズとの整合性の下で制作された作品も数多くあるものの、『スター・ウォーズ』シリーズの製作総指揮であったジョージ・ルーカス自身、他の作家によるスピンオフ作品の制作に寛容であったこともあり、中には主要実写映画シリーズ、及びスピンオフ作品間でも整合性が取られていない独創性の高い作品も多かった。 (Wikipedia:スター・ウォーズのスピンオフ一覧)

スター・ウォーズ バトルフロント
Dev パンデミックスタジオルーカスアーツ
Pub エレクトロニック・アーツ
Date 【北米】2004年9月21日【日本】2004年10月7日2005年10月13日(BEST版)
Genre アクション・シューティング
Play 1-2人(ネットワーク時最大16人)
Plat PS2、Xbox、Win
Media DVD-ROM
Rating コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO: 12歳以上対象
Device BBユニット対応、USBヘッドセット対応
『スター・ウォーズ バトルフロント』 (STAR WARS BATTLEFRONT)は北アメリカで制作されたコンピューターゲーム。「バトルフロント」つまり最前線で敵に立ち向かう勇敢な兵士たちをリアルに再現するという崇高な理念のもとで開発された。翻訳され日本でも販売されている。開発はパンデミックスタジオとルーカスアーツ、販売はエレクトロニック・アーツ。映画スター・ウォーズシリーズを題材にした3人称視点のアクション・シューティング(TPS/FPS、デフォルトは3人称視点だが、ゲーム・オプションで1人称視点への切り替えも可能)。
(Wikipedia:スター・ウォーズ バトルフロント)

スター・ウォーズ バトルフロントII
Title スター・ウォーズ バトルフロントII
Dev ルーカスアーツ
Pub エレクトロニック・アーツ
Genre アクション・シューティング
Play PS21~2人(ネットワーク時最大24人)PSP1~4人(アドホック)
Plat プレイステーション2 PS2、プレイステーション・ポータブル PSP
Media PS2DVD-ROMPSPUMD
Rating コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO: 12歳以上対象ESRB: Teen (T)PEGI: 12+
Device PS2版ネットワークアダプタまたはBBユニット対応、USBヘッドセット対応
『スター・ウォーズ バトルフロントII』 (”STAR WARS BATTLEFRONT II”)はアメリカで制作されたコンピューターゲームで日本でも販売されている。開発はルーカスアーツ、販売はエレクトロニック・アーツ。スター・ウォーズを題材にした3人称視点のアクション・シューティング(TPS)。スター・ウォーズ バトルフロントの続編。
(Wikipedia:スター・ウォーズ バトルフロントII)

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(スター・ウォーズ エピソードフォー/あたらなるきぼう、原題:STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE)は、1977年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第1作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード4』に当たる。 公開当初、タイトルは主題の『スター・ウォーズ』のみで、副題の『エピソード4/新たなる希望』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 当初のタイトルは『スター・ウォーズ』のみだった。「新たなる希望」という副題は1976年の脚本の最終稿に見えていたが、公式に付けられたのは1980年の『帝国の逆襲』公開前のリバイバル上映からで、オープニング・クロールに加えられるようになったのはVHS版からであった。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望)

スター・ウォーズ/新たなる希望
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』より : 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(スター・ウォーズ エピソードフォー/あたらなるきぼう、原題:STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE)は、1977年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第1作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード4』に当たる。 公開当初、タイトルは主題の『スター・ウォーズ』のみで、副題の『エピソード4/新たなる希望』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 当初のタイトルは『スター・ウォーズ』のみだった。「新たなる希望」という副題は1976年の脚本の最終稿に見えていたが、公式に付けられたのは1980年の『帝国の逆襲』公開前のリバイバル上映からで、オープニング・クロールに加えられるようになったのはVHS版からであった。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/新たなる希望)

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還)

スター・ウォーズ/ジェダイの帰還
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より : 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/ジェダイの帰還)

スター・ウォーズ ジェダイの復讐
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より : 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ ジェダイの復讐)

スター・ウォーズ/ジェダイの復讐
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より : 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/ジェダイの復讐)

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(スター・ウォーズ エピソードスリー/シスのふくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE III: REVENGE OF THE SITH)は、2005年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第6作品目。シリーズ主要9部作の中では、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード3』に当たる。 アナキンがダークサイドに堕ちてしまう悲劇を描き、ダース・ベイダーと銀河帝国の誕生が主要なテーマとなっている。またアナキン三部作(『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、『本作』)とルーク・スカイウォーカー三部作(『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』)を繋ぐ重要な物語でもある。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐)

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(スター・ウォーズ エピソードファイブ/ていこくのぎゃくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE V:THE EMPIRE STRIKES BACK)は、1980年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第2作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード5』に当たる。 公開当初、タイトルは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、『エピソード5』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開された。2012年現在発売されているDVDでは、さらに変更が加えられている。 1980年公開時の世界共通ポスターのイラストは、日本人の生頼範義が担当した。 ストーリー 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲)

スター・ウォーズ 帝国の逆襲
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』より : 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(スター・ウォーズ エピソードファイブ/ていこくのぎゃくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE V:THE EMPIRE STRIKES BACK)は、1980年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第2作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード5』に当たる。 公開当初、タイトルは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、『エピソード5』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開された。2012年現在発売されているDVDでは、さらに変更が加えられている。 1980年公開時の世界共通ポスターのイラストは、日本人の生頼範義が担当した。 ストーリー 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。 (Wikipedia:スター・ウォーズ 帝国の逆襲)

スター・ウォーズ/帝国の逆襲
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』より : 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(スター・ウォーズ エピソードファイブ/ていこくのぎゃくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE V:THE EMPIRE STRIKES BACK)は、1980年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第2作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード5』に当たる。 公開当初、タイトルは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、『エピソード5』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開された。2012年現在発売されているDVDでは、さらに変更が加えられている。 1980年公開時の世界共通ポスターのイラストは、日本人の生頼範義が担当した。 ストーリー 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/帝国の逆襲)

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(スター・ウォーズ エピソードワン/ファントム・メナス、原題:STAR WARS EPISODE I: THE PHANTOM MENACE)は、1999年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第4作品目。シリーズ主要9部作の中では、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード1』に当たる。 副題の『ファントム・メナス』は日本語に訳すると「見えざる脅威」を意味し、歴史の裏で暗躍するシスの暗黒卿ダース・シディアスのことを指している。 2012年にはデジタル3D版が公開された。 前作『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』から16年振りに製作された。 本シリーズの劇中の時系列では第1章であり、ルーク・スカイウォーカー3部作(『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、『エピソード6/ジェダイの帰還』)で主要な敵役となるダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーの少年時代を中心に描いた内容となっている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス)

スター・ウォーズ惑星一覧
スター・ウォーズ惑星一覧(スター・ウォーズわくせいいちらん)は、映画『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の惑星及び衛星の一覧である。 作品中、舞台になった天体 映画の舞台になった天体 ナブー(『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』『シスの復讐』『ジェダイの帰還(復讐)』) タトゥイーン(『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』『シスの復讐』『新たなる希望』『ジェダイの帰還(復讐)』『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』、小説『タトゥイーン・ゴースト』) デス・スター(宇宙ステーション・宇宙要塞) (『シスの復讐』『新たなる希望』) 第2デス・スター(宇宙ステーション・宇宙要塞)(『ジェダイの帰還(復讐)』) コルサント(Coruscant)(『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』『シスの復讐』『ジェダイの帰還(復讐)』『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』、小説『偽りの仮面』『闇の狩人』『陥落』『魔都潜入』『反逆者』) スター・ウォーズ世界の銀河系のほぼ中心に位置し、1000世代にわたって銀河の政治的中枢として栄えており、少なくともヤヴィンの戦いの10万年前には都市が築かれていたことが確認されている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ惑星一覧)

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(スター・ウォーズ エピソードツー/クローンのこうげき、原題:STAR WARS EPISODE II: ATTACK OF THE CLONES)は、2002年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第5作品目。シリーズ主要9部作の中では、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード2』に当たる。 アナキンの苦悩や、パドメ・アミダラとの禁じられた恋愛、そして『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でオビ=ワン・ケノービとルーク・スカイウォーカーの会話に登場した「クローン大戦」の開戦の発端が主要なテーマとなっている。 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と同じく、3部作の中間ということで、物語は途中のまま終了する。 この作品からヨーダも完全CGIで表現されるようになった。また長編映画では初めて、全編HD24Pによるデジタル撮影が行われた。このため、生身の人間が出演するシーンは全て、グリーンバック合成が行われた。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃)

スター・ウォーズ・キッド
スター・ウォーズ・キッド(Star Wars kid/Ghyslain Raza)は1988年生まれカナダ出身のある少年に付いたあだ名。2003年5月、少年の自分自身を録画したビデオクリップは予期せずオンラインに流出し、インターネット上の様々なコミュニティで「スター・ウォーズ・キッド」ないし「ジェダイ・キッド」として知られるようになった。この件で少年は不登校となったネットいじめの初期ケースである。少年に関するビデオはネット上で通算10億回以上再生されたという。 出来事 2002年11月4日、ゴルフボールの回収に用いる棒をあたかも映画『スター・ウォーズ』のキャラクターであるダース・モールのように振り回す自身の姿を、少年はビデオに撮影・録画した。彼にしてみれば、極めて私的な(おそらく、誰も気にしないだろうと考えての)悪戯だったのである。 ビデオは少年の通う高等学校の撮影室にて録画され、テープは数ヶ月間忘れ去られていた。2003年4月19日前後に、ビデオテープの元の持ち主が少年の録画した行為を発見し、数人の友人にそのことを話した。 (Wikipedia:スター・ウォーズ・キッド)

スター・ウォーズ計画
『戦略防衛構想』より : 戦略防衛構想(せんりゃくぼうえいこうそう、英語: Strategic Defense Initiative, SDI)とは、アメリカ合衆国がかつて構想した軍事計画。通称スターウォーズ計画。 衛星軌道上にミサイル衛星やレーザー衛星、早期警戒衛星などを配備、それらと地上の迎撃システムが連携して敵国の大陸間弾道弾を各飛翔段階で迎撃、撃墜し、アメリカ合衆国本土への被害を最小限に留めることを目的にした。通称は、これらの兵器を用いる事がスペースオペラ張りであるとして、映画『スター・ウォーズ』に擬えられたもの。 経緯 1980年代、核の均衡は相互確証破壊(MAD)に基づいていたが、アメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガンはこれをよしとしなかった。レーガンは、1983年3月23日夜の演説で、ソ連の脅威を強調すると共に、「アメリカや同盟国に届く前にミサイルを迎撃」し、「核兵器を時代遅れにする」手段の開発を呼びかけ、翌3月24日に開発を命じた。 (Wikipedia:スター・ウォーズ計画)


スター・ウォーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  イエス・キリスト - 2017年10月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



イエス・キリスト
イエス・キリスト(紀元前2年頃 - 紀元後33年頃、ギリシア語: Ίησοῦς Χριστός、ヘブライ語ラテン文字転記:Yhoshuah ha-Mashiah)は、ギリシア語で「キリストであるイエス」、または「イエスはキリストである」という意味である。すなわち、キリスト教においてはナザレのイエスをイエス・キリストと呼んでいるが、この呼称自体にイエスがキリストであるとの信仰内容が示されている。イエスの存在についてはフラウィウス・ヨセフス(1世紀)、タキトゥス(1世紀)、スエトニウス(1世紀)などの歴史家がその著作の中で言及している。 本項では、ナザレのイエスについてのキリスト教における観点とその他について述べる。 日本正教会では中世以降のギリシャ語と教会スラヴ語に由来する転写により「イイスス・ハリストス」と呼ばれる。かつてはカトリック教会ではイエスは「イエズス」と表記されていたが、現在ではあまり用いられない。戦国時代から江戸時代初期にかけてのキリシタンは、「ゼス(ゼスス)・キリシト」を用いていた。 キリスト教の多くの教派(正教会、東方諸教会、カトリック教会、聖公会、プロテスタント)において、三位一体(至聖三者)の教義の元に、神の子が受肉(藉身)して人となった、真の神であり真の人である救い主として(一部の教派では、単性論と通称される、神としての属性を強調する立場で)信仰の対象となっている。 (Wikipedia:イエス・キリスト)


イエス・キリスト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す