[PR]

日別キーワード

第1位  13日の金曜日 - 2017年10月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



13日の金曜日
13日の金曜日(じゅうさんにちのきんようび、Friday the 13th)は、英語圏の多くとドイツ、フランスなどの迷信において不吉とされる日である。忌み数の13と関係がある。 なお、現在多くの国で用いられているグレゴリオ暦では、1年の間に必ず1回以上、最大で年3回、13日の金曜日が現れる(第1日が日曜日である月にある)。またグレゴリオ暦の置閏法は400年を周期とし、400年間の日数14万6097日はちょうど2万871週なので、400年で同じ曜日のパターンが繰り返される。そのパターンでは、13日の曜日の中で最も多いのは金曜日である。 起源 「イエス・キリストが磔刑につけられたのが13日の金曜日とされ、キリスト教徒は忌むべき日であると考えている」という俗説があるが、正しくない。なお、当時はローマの暦とユダヤの陰暦が併用されており、福音書の日付は陰暦である。 キリスト教の影響が強い国であっても、イタリアで不吉な日は17日の金曜日であり、スペイン語圏では13日の火曜日が不吉だとされている。 (Wikipedia:13日の金曜日)

13日の金曜日 (映画)
『13日の金曜日』(13にちのきんようび、FRIDAY THE 13TH )は、アメリカ合衆国のホラー映画、代表的なスプラッター映画である。1980年の公開以来、最も人気のあるホラー映画の一つとなり2001年までにシリーズ10作品が作られた。 シリーズにおけるストーリーの基本的な時系列は、「1」→「2」→「3」→「完結編(4作目)」→「6」→「7」→「8」である。「新(5作目)」は「完結編」の続編ではあるが、後の「6」とはストーリーが繋がっていない。また版権がパラマウント映画からニュー・ライン・シネマに移ってから製作された『ジェイソンの命日』と『ジェイソンX』はそれまでの作品とはストーリーの関連がなく独立した作品になっている。 シリーズ作品の多くは、殺人鬼「ジェイソン・ボーヒーズ(Jason Voorhees)」が主人公である。1作目から8作目までの日本語表記は「ジェイソン・ボリーズ」、版権がニュー・ライン・シネマに移った第9作以降から「ジェイソン・ボーヒーズ」に変わったとされているが、ただ単にメディアによって違っていただけであり、パラマウント時代だった8作目以前から「ボーヒーズ」表記のメディアも存在した 2003年には『エルム街の悪夢』シリーズとのクロスオーバー作品『フレディVSジェイソン』が公開された。 (Wikipedia:13日の金曜日 (映画))

13日の金曜日 (2009年の映画)
『13日の金曜日』(じゅうさんにちのきんようび、Friday the 13th)は、2009年のアメリカ合衆国の映画。『13日の金曜日』シリーズの設定を一から作り直した作品(リブート / リメイク)。 今作は『13日の金曜日』のリブート・リメイク作品で、ストーリーや設定はオリジナルの1-4作目を詰め込んだ内容である。主人公役にはジャレッド・パダレッキを起用して話題になった。ジェイソン役にはデレク・ミアーズ、パメラ役にはナナ・ヴィジターが起用された。監督は『悪魔のいけにえ』のリメイク、『テキサス・チェーンソー』を手がけたマーカス・ニスペル。制作は1作目の監督ショーン・S・カニンガムと『トランスフォーマー』の監督を務めたマイケル・ベイ。 アメリカでは初登場一位になるなど興行収入は好調だった。 続編は製作されていない。 ストーリー 1980年13日の金曜日。クリスタル・レイクにて発生した殺人事件の犯人パメラ・ボーヒーズが生存者の手で返り討ちにされる。時は経ち、行方不明の妹を探すためクリスタル・レイクにやって来たクレイと休日を過ごしにきた大学生ジェナの一行にパメラの息子で、母親の意思を継いだ殺人鬼ジェイソンの魔の手が迫る。 (Wikipedia:13日の金曜日 (2009年の映画))


13日の金曜日 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  EPA - 2017年10月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



EPA
EPA 経済連携協定(英: economic partnership agreement) EPA通信(英: European pressphoto agency) エイコサペンタエン酸(英: eicosapentaenoic acid) 有効最大加速度(英: effective peak acceleration) → 表面最大加速度 環境保護主管庁 アメリカ合衆国環境保護庁(英: environmental protection Agency) 台湾行政院環境保護署(英: environmental protection administration)。 (Wikipedia:EPA)

EPA発癌性評価
EPA発癌性評価(イーピーエーはつがんせいひょうか)とはアメリカ環境保護庁 (EPA=Environmental Protection Agency) が作成している個々の物質に対する発癌性を評価したものである。 AからEまでの6段階で評価され公的な有害物質規制の基準にもなっている。EやD評価の物質に関しては一般に流通しても問題ないと考えられているがAやBの物質には法規制がかけられることになる。 A : ヒト発癌性物質 B1: 発癌性物質1(疫学的研究からヒトへの発癌性がある物質) B2: 発癌性物質2(動物実験での十分な証拠があるが、疫学的研究からヒトの発癌性について不十分な証拠しかないか、または証拠がない物質) C : ヒトに発癌性がある可能性が高い物質 D : ヒトに発癌性に関して証拠が無く発癌物質に分類できない物質 E : ヒトに対して発癌性が無い証拠がある物質 その他の組織による類似の評価 複数の種類があり、国や調査機関により基準が異なる場合がある。 (Wikipedia:EPA発癌性評価)


EPA - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  Rogue - 2017年10月16日


関連するイメージは見つかりませんでした




Rogue - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  スティーヴン・キング - 2017年10月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



スティーヴン・キング
スティーヴン・エドウィン・キング(Stephen Edwin King, 1947年9月21日 - )は、アメリカのモダンホラー小説家。作品は世界各国で翻訳され読まれている。 1974年に長編『キャリー』でデビュー。ジャンルはホラーであるにもかかわらず、舞台は主にアメリカのごく平凡な町で、具体的な固有名詞をはじめとした詳細な日常描写を執拗に行うのが特徴。その作風から、従来の「非現実的な世界を舞台とした、怪奇小説としてのホラー」とは異なる「モダン・ホラー」の開拓者にして第一人者とされる。 ホラーばかりではなく、『ショーシャンクの空に(原作:『刑務所のリタ・ヘイワース』)』や『グリーンマイル』など、映画化された話題作でも有名である。日常の中に潜む「ちょっとした不思議」を題材にした作品も目立つ。 著作の多くが映画化またはTVドラマ化されている。世界幻想文学大賞(1982年、1995年、2004年)、ヒューゴー賞(1982年)、オー・ヘンリー賞(1996年)、ブラム・ストーカー賞(1988年、1996年、1997年、1999年、2007年、2009年)など、数々の文学賞を受賞している。 (Wikipedia:スティーヴン・キング)


スティーヴン・キング - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  自由契約 - 2017年10月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



自由契約
『引退』より : 自由契約(じゆうけいやく)とは、日本プロ野球・メジャーリーグベースボール・ナショナル・バスケットボール・リーグで、選手がどのチームとも選手契約を結べる状態を指す。 プロ野球 自由契約の状態では、選手は国内外やプロアマを問わずあらゆる球団と契約交渉できる。自由契約と対置されるのが任意引退であり、任意引退の場合、直前に所属していた球団が保有権を有するため、球団が交渉を許可するか、保有権を放棄しない限り、他球団との契約交渉ができない。 自由契約は、もともとフリーエージェントの訳語であるため、北米4大プロスポーツリーグのフリーエージェントは日本で自由契約と訳される場合もある。しかし、日本のプロ野球では、フリーエージェントはもっぱら選手が宣言した状態を指し、自由契約とは区別されている場合がほとんどである。 自由契約中はどこのチームにも所属していないため、戦力外状態の選手に対して用いられることもある。しかし、戦力外通告があっても、翌年にチームスタッフとして契約することが決まっている場合など、他球団と契約しないよう任意引退選手公示する場合があったり、自ら退団を申し出る場合でも自由契約公示される場合があるので、「クビ=自由契約、自らの意思=任意引退」というわけではない。 (Wikipedia:自由契約)

自由契約選手
『フリーエージェント』より : フリーエージェント(Free Agent)とは、所属チームとの契約を解消し、他チームと自由に契約を結ぶことができるスポーツ選手のことである。FAと略す。 広義には自由契約選手を指すが、近年は狭義として特別な自由移籍の権利を持つ選手を指す言葉として使われる。また、無制限フリーエージェント(Unrestricted Free Agents、略称UFA)と制限付きフリーエージェント(Restricted Free Agents、略称RFA)の2種類が存在し、リーグによってはUFAのみの場合と、両方が併存する場合がある。 北米プロスポーツにおいてフリーエージェント制度が誕生した背景には、19世紀から保留制度に基づく条項(en:Reserve clause)によって選手側の自由意志による移籍が厳しく制限されていた事実がある。これは、かつてシーズン中に選手の移籍が横行し、流出過多に伴う不均衡の発生によってファン離れが起こり、興行が成り立たなくなる状況に陥ったことを受け、オーナーたちの間で競業避止の協定が結ばれたことに由来する。 (Wikipedia:自由契約選手)


自由契約 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す