[PR]

日別キーワード

第1位  Matt - 2017年10月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



Matthew’s Best Hit TV
番組名=Matthew”s Best Hit TV
ジャンル=バラエティ番組
制作局=テレビ朝日
プロデューサー=山本たかお(初代)西村裕明(2代目)藤井智久(3代目)
出演者=藤井隆 マシュー南
音声=ステレオ放送
番組名1=BEST HIT TV
放送時間1=毎週火曜 25:00 - 25:30
放送期間1=2001年4月3日 - 2002年3月26日
番組名2=Matthew”s Best Hit TV
放送時間2=毎週水曜 23:15 - 24:10
放送期間2=2002年4月17日 - 2005年9月22日
番組名3=Matthew”s Best Hit TV+
放送時間3=毎週水曜 23:15 - 24:10(深夜時代)毎週火曜19:00 - 19:54(ゴールデン移動後)
放送期間3=2005年4月6日 - 2006年3月14日
番組名4=Matthew”s Best Hit UV
放送時間4=毎週金曜 25:20 - 25:50
放送期間4=2006年4月7日 - 同年9月22日
(Wikipedia:Matthew’s Best Hit TV)

Matthew's Best Hit TV+
『Matthew's Best Hit TV』(マシューズ ベスト ヒット ティーヴィー)は、テレビ朝日系列で放送されていた、Matthew南(マシューみなみ)が司会を務める音楽バラエティ番組。略称は「マシューTV」「ベストヒット」。 また、この項目では前身番組の『BEST HIT TV』、後継番組である『Matthew's Best Hit TV+』『Matthew's Best Hit UV』についても扱う。 番組概要 毎回マシューがゲストとともに歌、ゲーム、トーク、その他さまざまな企画を行う。マシュー本人によると「世界28か国で放送されていて各国で高い支持を受けてきた超人気番組」「芸能人の“出たい番組ランキング1位”」だという。かつてはゲストの多くがミュージシャンだったこともあり、音楽番組にカテゴライズされた時代が多かったが、俳優やお笑い芸人などゲストは幅広かった。 沿革 2001年4月、毎週火曜日25時台(JST)で「BEST HIT TV」としてスタート(30分間)。 (Wikipedia:Matthew's Best Hit TV+)

Matthew's Best Hit TV
『Matthew's Best Hit TV+』より : 『Matthew's Best Hit TV』(マシューズ ベスト ヒット ティーヴィー)は、テレビ朝日系列で放送されていた、Matthew南(マシューみなみ)が司会を務める音楽バラエティ番組。略称は「マシューTV」「ベストヒット」。 また、この項目では前身番組の『BEST HIT TV』、後継番組である『Matthew's Best Hit TV+』『Matthew's Best Hit UV』についても扱う。 番組概要 毎回マシューがゲストとともに歌、ゲーム、トーク、その他さまざまな企画を行う。マシュー本人によると「世界28か国で放送されていて各国で高い支持を受けてきた超人気番組」「芸能人の“出たい番組ランキング1位”」だという。かつてはゲストの多くがミュージシャンだったこともあり、音楽番組にカテゴライズされた時代が多かったが、俳優やお笑い芸人などゲストは幅広かった。 沿革 2001年4月、毎週火曜日25時台(JST)で「BEST HIT TV」としてスタート(30分間)。 (Wikipedia:Matthew's Best Hit TV)

Matthew's Best Hit TV+
『Matthew's Best Hit TV+』より : 『Matthew's Best Hit TV』(マシューズ ベスト ヒット ティーヴィー)は、テレビ朝日系列で放送されていた、Matthew南(マシューみなみ)が司会を務める音楽バラエティ番組。略称は「マシューTV」「ベストヒット」。 また、この項目では前身番組の『BEST HIT TV』、後継番組である『Matthew's Best Hit TV+』『Matthew's Best Hit UV』についても扱う。 番組概要 毎回マシューがゲストとともに歌、ゲーム、トーク、その他さまざまな企画を行う。マシュー本人によると「世界28か国で放送されていて各国で高い支持を受けてきた超人気番組」「芸能人の“出たい番組ランキング1位”」だという。かつてはゲストの多くがミュージシャンだったこともあり、音楽番組にカテゴライズされた時代が多かったが、俳優やお笑い芸人などゲストは幅広かった。 沿革 2001年4月、毎週火曜日25時台(JST)で「BEST HIT TV」としてスタート(30分間)。 (Wikipedia:Matthew's Best Hit TV+)

Matthew's BestHit TV+
『Matthew's Best Hit TV+』より : 『Matthew's Best Hit TV』(マシューズ ベスト ヒット ティーヴィー)は、テレビ朝日系列で放送されていた、Matthew南(マシューみなみ)が司会を務める音楽バラエティ番組。略称は「マシューTV」「ベストヒット」。 また、この項目では前身番組の『BEST HIT TV』、後継番組である『Matthew's Best Hit TV+』『Matthew's Best Hit UV』についても扱う。 番組概要 毎回マシューがゲストとともに歌、ゲーム、トーク、その他さまざまな企画を行う。マシュー本人によると「世界28か国で放送されていて各国で高い支持を受けてきた超人気番組」「芸能人の“出たい番組ランキング1位”」だという。かつてはゲストの多くがミュージシャンだったこともあり、音楽番組にカテゴライズされた時代が多かったが、俳優やお笑い芸人などゲストは幅広かった。 沿革 2001年4月、毎週火曜日25時台(JST)で「BEST HIT TV」としてスタート(30分間)。 (Wikipedia:Matthew's BestHit TV+)

Matthew's Best Hit UV
『Matthew's Best Hit TV+』より : 『Matthew's Best Hit TV』(マシューズ ベスト ヒット ティーヴィー)は、テレビ朝日系列で放送されていた、Matthew南(マシューみなみ)が司会を務める音楽バラエティ番組。略称は「マシューTV」「ベストヒット」。 また、この項目では前身番組の『BEST HIT TV』、後継番組である『Matthew's Best Hit TV+』『Matthew's Best Hit UV』についても扱う。 番組概要 毎回マシューがゲストとともに歌、ゲーム、トーク、その他さまざまな企画を行う。マシュー本人によると「世界28か国で放送されていて各国で高い支持を受けてきた超人気番組」「芸能人の“出たい番組ランキング1位”」だという。かつてはゲストの多くがミュージシャンだったこともあり、音楽番組にカテゴライズされた時代が多かったが、俳優やお笑い芸人などゲストは幅広かった。 沿革 2001年4月、毎週火曜日25時台(JST)で「BEST HIT TV」としてスタート(30分間)。 (Wikipedia:Matthew's Best Hit UV)

Matthew Herbert
『マシュー・ハーバート』より : マシュー・ハーバート (Matthew Herbert, 男性, 1972年 - ) は、イギリスの電子音楽作曲家、DJである。BBCの録音技師だった父親のもとに生まれ、幼時からピアノとヴァイオリンを学ぶ。エクセター大学で演劇を専攻したのち、1995年にWishmountain名義で音楽活動を始める。以降、ハーバート(Herbert)、ドクター・ロキット(Doctor Rockit)、ラディオボーイ(Radioboy)、本名のマシュー・ハーバート(Matthew Herbert)など様々な名義を使い分けている。 その作風はミュジーク・コンクレートに大きな影響を受けている。アルバム"Around the House"では洗濯機やトースター、歯ブラシといった日常音を採集し、独自のディープハウスを展開した。また政治色の強いRadioboyでは、グローバリズムに抗議して、マクドナルドやGAPの商品を破壊した音をサンプリングし、即興的にビートを構築するといったパフォーマンスを行う。 (Wikipedia:Matthew Herbert)

Matthew’s Best Hit
『』より : (Wikipedia:Matthew’s Best Hit)

Matthew’s Best Hit UV
『』より : (Wikipedia:Matthew’s Best Hit UV)

Matthew’s BestHit TV+
『』より : (Wikipedia:Matthew’s BestHit TV+)

Matthew’s Best Hit TV+
『』より : (Wikipedia:Matthew’s Best Hit TV+)


Matt - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  Mona - 2017年10月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



Mona
Mona(モナ、MicroKernel OperatingSystem with Network Suite Architecture)は、2ちゃんねるのOS板内のスレッド「OSを作ろう」でひげぽん(ハンドルネーム)らが提唱し、開発を開始したオペレーティングシステムの一種である。 UNIXベースやWindows互換を目指すものではなく、過去のしがらみにとらわれない全く新しいOSとして開発が進められている。2005年3月17日にリリースされたver.0.3.0alpha4ではIA-32アーキテクチャのコンピュータでCD-ROMからの起動が可能となった。 ver.0.3.0alpha8ではAPMを用いた電源の切断や、VFSのサポートが追加された。又、このバージョンでfile_serverの書き直しが行われた。 OSのソースコードはマイクロカーネルとして実装されており、そのほとんどがC++で記述される。 なお、Mona OS制作を通じて、ひげぽんは、情報処理推進機構の未踏ソフトウェア創造事業で「天才プログラマー/スーパークリエータ」のうちの一人に選ばれている。 (Wikipedia:Mona)

Monazilla
『2ちゃんねるブラウザ』より : 2ちゃんねるブラウザは、サーバの負担を軽減しつつ匿名掲示板2ちゃんねる等の掲示板を快適に閲覧するために作られたソフトウェアの総称である。2ちゃんねるビューアとも呼ばれる。2ちゃんねるに限らず「したらばJBBS」「まちBBS」や2ちゃんねる互換スクリプトを採用している掲示板の閲覧も可能なものもある。なお、かつて「2ちゃんねるブラウザ」という固有の名称を持つソフトウェアが存在していたことがあるため(現在は改名)、現在でも「2ちゃんねる専用ブラウザ」や「2ちゃんねる閲覧ソフト」と言い換えられることもある。「2ちゃんねる専用ブラウザ」を略して「専ブラ」と呼ばれることも多い。 機能 人大杉回避 2ちゃんねるの掲示板システムは、通常のWebブラウザでアクセスされた場合、「read.cgi」というCGIプログラムがサーバ上に保存されているデータファイル(dat形式と呼ばれる、中身はテキストファイル)をそのつど読み込んで広告などを付与したHTMLを生成し、Webブラウザ上に表示する。 (Wikipedia:Monazilla)

Monascus purpureus
『ベニコウジカビ』より : ベニコウジカビ(紅麹黴、学名:Monascus purpureus)は糸状菌の一種である。この菌は古来から中国や台湾および沖縄において、紅酒や豆腐ようなどの発酵食品に利用されている。 また、近年では、この菌が生産するモナコリンK (Monacolin K) などが血清コレステロール降下や血圧降下といった作用を持つことが分かり、健康食品としても注目を集めている。さらに、この菌が生産する赤色色素(紅麹色素またはモナスカス色素と呼ばれる)も天然着色料として注目を集めており(主要成分はアンカフラビンおよびモナスコルブリン)、主にかまぼこなどの練り製品などに用いられている。 しかし、この菌と共に用いられる近縁種のM. ankaはシトリニンという動物に対し毒性を有する物質を生産しており、シトリニンが製品に極微量ではあるが混入していることを懸念する声もある。このため、シトリニンを生産しないこれらの菌の選抜が行われている。 医薬品のロバスタチンが近縁種のM. rubberから発見されている。 外部リンク ベニコウジ - 「健康食品」の安全性・有効性情報 (国立健康・栄養研究所) 紅麹色素 - 三栄源エフ・エフ・アイ 紅麹について - バイオファーム研究所。 (Wikipedia:Monascus purpureus)


Mona - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  箱根駅伝 - 2017年10月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



箱根駅伝
『東京箱根間往復大学駅伝競走』より : 東京箱根間往復大学駅伝競走(とうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)は、例年1月2日と翌3日の2日間にわたって行われる大学駅伝の競技会(地方大会)である。関東学生陸上競技連盟が主催し読売新聞社が共催する。一般には箱根駅伝(はこねえきでん)と呼ばれ、その実施については関東学生陸上競技連盟が定める「東京箱根間往復大学駅伝競走に関する内規」に定められている(以下、「東京箱根間往復大学駅伝に関する内規」は単に「内規」として説明する)。 現在開催されている駅伝の中で最長の距離を持ち、1987年から放送を開始したテレビ中継によって国内の学生スポーツ競技会の中でも極めて高い人気も誇る。 「箱根駅伝」は読売新聞東京本社の登録商標(第5565518号)である。 出場校は20校で、これとは別に出場校以外の競技者による関東学生連合チーム(オープン参加)が参加する(2015年の第91回東京箱根間往復大学駅伝競走以降の編成)。 (Wikipedia:箱根駅伝)

箱根駅伝の人物一覧
箱根駅伝の人物一覧は東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)出場者からオリンピック、世界陸上選手権、アジア大会などの国際大会に出場した選手や、主要マラソン優勝者、日本記録保持者などをまとめた人物一覧である(校名は当時のものを記載)。 区間記録樹立者一覧 箱根駅伝の各区間において記録更新を達成した者の一覧である。 1区 石井隆士(日本体育大学) - 第53回(1977年) 21.8km 1時間04分09秒 西弘美(日本大学) - 第54回(1978年) 21.8km 1時間03分42秒 佐藤和也(東洋大学) - 第59回(1983年) 21.3km 1時間03分30秒 武井隆次(早稲田大学) - 第67回(1991年) 21.3km 1時間03分26秒、第68回(1992年) 21.3km 1時間03分22秒 櫛部静二(早稲田大学) - 第69回(1993年) 21.3km 1時間02分09秒 渡辺康幸(早稲田大学) - 第70回(1994年) 21.3km 1時間01分13秒 佐藤悠基(東海大学) - 第83回(2007年) 21.4km 1時間01分06秒 2区 服部誠(東京農業大学) - 第51回(1975年) 25.2km 1時間13分21秒 瀬古利彦(早稲田大学) - 第55回(1979年) 24.4km 1時間12分18秒、第56回(1980年) 24.4km 1時間11分37秒 大塚正美(日本体育大学) - 第59回(1983年) 22.7km 1時間07分34秒 渡辺康幸 - 第71回(1995年) 23.0km 1時間06分48秒 三代直樹(順天堂大学) - 第75回(1999年) 23.0km 1時間06分46秒 メクボ・ジョブ・モグス(山梨学院大学) - 第84回(2008年) 23.2km 1時間06分23秒、第85回(2009年) 23.2km 1時間06分04秒 3区 森近繁則(日本大学) - 第54回(1978年) 22.2km 1時間03分45秒 小林正幹(早稲田大学) - 第71回(1995年) 21.3km 1時間02分49秒 佐藤悠基 - 第82回(2006年) 21.5km 1時間02分12秒 竹澤健介(早稲田大学) - 第85回(2009年) 21.5km 1時間01分40秒 オンディバ・コスマス(山梨学院大学) - 第88回(2012年) 21.5km 1時間01分38秒 4区 中島修三(順天堂大学) - 第59回(1983年) 21.0km 1時間02分40秒 山田和人(順天堂大学) - 第66回(1990年) 20.9km 1時間02分45秒 花田勝彦(早稲田大学) - 第69回(1993年) 20.9km 1時間02分07秒 小林雅幸(早稲田大学) - 第71回(1995年) 20.9km 1時間01分35秒 藤田敦史(駒澤大学) - 第75回(1999年) 20.9km 1時間00分56秒 三田裕介(早稲田大学) - 第85回(2009年) 18.5km 55分04秒 西村知修(帝京大学) - 第87回(2011年) 18.5km 54分34秒 田村和希(青山学院大学) - 第91回(2015年) 18.5km 54分28秒 5区 大久保初男(大東文化大学) - 第51回(1975年) 21.4km 1時間12分02秒、第53回(1977年) 21.4km 1時間11分48秒 岡俊博(日本体育大学) - 第59回(1983年) 20.5km 1時間11分44秒 木下哲彦(早稲田大学) - 第61回(1985年) 20.6km 1時間11分59秒 奈良修(大東文化大学) - 第68回(1992年) 20.7km 1時間11分13秒 小林雅幸 - 第72回(1996年) 20.7km 1時間10分27秒 中井祥太(東海大学) - 第79回(2003年) 20.7km 1時間11分29秒 今井正人(順天堂大学) - 第81回(2005年) 20.9km 1時間09分12秒、第83回(2007年) 23.4km 1時間18分05秒 柏原竜二(東洋大学) - 第85回(2009年) 23.4km 1時間17分18秒、第86回(2010年) 23.4km 1時間17分08秒、第88回(2012年) 23.4km 1時間16分39秒 6区 塩塚秀夫(日本体育大学) - 第52回(1976年) 21.4km 58分57秒、第53回(1977年) 21.4km 58分57秒 谷口浩美(日本体育大学) - 第58回(1982年) 20.5km 58分04秒、第59回(1983年) 20.5km 57分47秒 黒沢一道(中央大学) - 第63回(1987年) 20.6km 1時間00分31秒 仲村明(順天堂大学) - 第64回(1988年) 20.6km 59分26秒 島嵜貴之(大東文化大学) - 第66回(1990年) 20.6km 59分21秒 小栗一秀(専修大学) - 第73回(1997年) 20.7km 59分07秒 中澤晃(神奈川大学) - 第74回(1998年) 20.7km 58分44秒、第75回(1999年) 20.7km 58分06秒 金子宣隆(大東文化大学) - 第77回(2001年) 20.7km 58分21秒 千葉健太(駒澤大学) - 第87回(2011年) 20.7km 58分11秒 7区 野中三徳(日本大学) - 第50回(1974年) 21.9km 1時間04分39秒 松本卓也(専修大学) - 第63回(1987年) 21.2km 1時間05分00秒 大場康成(駒澤大学) - 第67回(1991年) 21.2km 1時間04分44秒 武井隆次 - 第69回(1993年) 21.2km 1時間02分53秒 佐藤悠基(東海大学) - 第84回(2008年) 21.3km 1時間02分35秒 設楽悠太(東洋大学) - 第88回(2012年) 21.3km 1時間02分32秒 8区 大塚正美(日本体育大学) - 第56回(1980年) 21.3km 1時間06分20秒 榎木和貴(中央大学) - 第71回(1995年) 21.3km 1時間06分03秒 川波貴臣(中央大学) - 第72回(1996年) 21.3km 1時間05分48秒 古田哲弘(山梨学院大学) - 第73回(1997年) 21.3km 1時間04分05秒 9区 浜野健(順天堂大学) - 第73回(1997年) 23.0km 1時間09分30秒 高橋謙介(順天堂大学) - 第75回(1999年) 23.0km 1時間09分17秒 西田隆維(駒澤大学) - 第76回(2000年) 23.0km 1時間09分00秒 塩川雄也(駒澤大学) - 第81回(2005年) 23.2km 1時間08分38秒 篠藤淳(中央学院大学) - 第84回(2008年) 23.2km 1時間08分01秒 10区 小山輝夫(順天堂大学) - 第57回(1981年) 21.3km 1時間05分51秒 遠藤司(早稲田大学) - 第60回(1984年) 21.3km 1時間04分05秒 高橋正仁(駒澤大学) - 第76回(2000年) 23.0km 1時間10分26秒 真名子圭(大東文化大学) 第77回(2001年) 23.0km 1時間10分19秒 櫻井勇樹(早稲田大学) 第78回(2002年) 23.0km 1時間10分18秒 北浦政史(駒澤大学) 第79回(2003年) 23.0km 1時間09分54秒 山田紘之(日本体育大学) 第81回(2005年) 23.1km 1時間09分05秒 松瀬元太(順天堂大学) - 第83回(2007年) 23.1km 1時間08分59秒 主要海外大会出場選手 なお、オリンピックと世界陸上選手権のメダリスト及び入賞者(8位まで、ただしモントリオール五輪以前は6位まで)、それ以外の主要海外大会のメダリスト、及び日本記録保持者欄で世界記録保持者は太字で示してある。 (Wikipedia:箱根駅伝の人物一覧)

箱根駅伝の記録一覧
箱根駅伝の記録一覧(はこねえきでん の きろくいちらん)とは箱根駅伝にまつわる様々な記録の一覧である。 基本的には各項目上位10傑を掲載(項目によっては「最大」「最小」の記録のみ)。タイムは各区間と往路・復路・総合のみにとどめている。各記録は第92回大会(2016年)までのものを記述してある。 歴代本戦出場校一覧 ※出場回数、初出場大会、優勝回数並びに最高順位の各項目の集計は第92回大会(2016年)でのもの 出場回数順で表記。同数の場合は初出場が古い順、総合成績の優勝回数順、最高位順で表記。 なお、上記大学以外に選抜チームの一員として、関東学生連合(関東学連選抜を含む)で国際武道大学、流通経済大学、麗澤大学、学習院大学、松蔭大学、東京工業大学、東京経済大学、駿河台大学の選手が、日本学連選抜で徳山大学、京都産業大学、岡山大学、北海道教育大学の選手が走っている。 (Wikipedia:箱根駅伝の記録一覧)


箱根駅伝 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  DeNA - 2017年10月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



DeNA
『ディー・エヌ・エー』より : 株式会社ディー・エヌ・エー(英語: DeNA Co., Ltd.)は、インターネットにおけるオークションならびにショッピングサイト、およびモバイル向けポータルサイトの企画・運営等を行う日本の企業である。 沿革 1999年 3月 - 東京都世田谷区に有限会社ディー・エヌ・エーを設立。創業者は南場智子。 8月 - 東京都渋谷区に移転。株式会社に組織変更。 11月 - ビッダーズ (インターネットオークション) のサービス開始。 2001年2月 - おいくら(リサイクル総合情報サイト)のサービスを開始。 2004年3月 - 株式会社インデックスと提携し、モバオク(携帯電話専用オークションサイト)のサービスを開始。 2005年 2月 - 東京証券取引所マザーズに上場。 4月25日 - 株式会社モバオクにモバオク及びauオークションの名称で営業しているオークション事業を継承させる新設分割を同日開催の取締役会で決議。 2006年 2月 - 子会社として、株式会社モバコレを設立。携帯電話専用ゲームサイト「モバゲータウン」(現・モバゲー)を開始。 (Wikipedia:DeNA)


DeNA - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  Dies irae - 2017年10月17日


関連するイメージは見つかりませんでした




Dies irae - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す