[PR]

日別キーワード

第1位  霜降 - 2017年10月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



霜降
霜降(そうこう)は、二十四節気の第18。九月中(通常旧暦9月内)。 現在広まっている定気法では太陽黄経が210度のときで10月23日・24日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から10/12年(約304.37日)後で10月22日ごろ。 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の立冬前日までである。 西洋占星術では、霜降を天蠍宮(さそり座)の始まりとする。 季節 露が冷気によって霜となって降り始めるころ。『暦便覧』では「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」と説明している。 楓や蔦が紅葉し始めるころ。この日から立冬までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼ぶ。 日付 定気法による霜降の瞬間(世界時)と、日本・中国での霜降日の日付は表のとおり。日本における時刻はこの表の9時間後となる。 グレゴリオ暦による17世紀から24世紀までの日本の霜降は表のとおり 。 2016年の霜降は10月23日。 365日からの超過分が毎年蓄積し、 4年に一度閏年でリセットされる様子が分かる(霜降は閏日の挿入される2月末日より後のため、 4で割り切れる年が先頭)。 (Wikipedia:霜降)

霜降山
霜降山(しもふりやま、霜降岳(しもふりだけ))は、山口県宇部市にある山である。
一般には霜降山と呼ばれ親しまれているが、正しくは霜降岳と呼ばれる。
霜降岳(本城)(250m)、前城(246m)、後城(236m)、中城(170m)などの山からなる。
付近に、男山、観音岳という山もあり、それら一帯も含めて市民から憩いの場として親しまれている。
治承3年(1179年)に厚東武光が霜降城を築いた。城といっても、土塁や空堀などを設けただけの山城である。後に大内弘世によって攻められ落城した。
男山山頂付近には駐車場があり、山口県道219号西岐波吉見線 県道219号から登山道に入り車で山頂付近まで登ることが出来る。
展望台があり、宇部市街を見渡すことが出来る。
山口県の山
(Wikipedia:霜降山)

霜降城
霜降城(しもふりじょう)は、山口県宇部市の中央に位置する霜降山にあった南北朝頃の日本の城(山城)。山口県の県指定文化財・史跡である。 後世の天守閣や石垣を備えた城とは異なり、山頂を空堀や土塁で囲った中世の山城である。 城の範囲は南北約660mに及び、霜降山の4つの峰のうち最も高い峰(標高約250m)を本城とし、前城(標高247m)、後城(240m、235m)が置かれている。 沿革 長門国厚狭郡の豪族であり最盛期には長門国守護を務めた厚東氏が、築城から廃城まで代々の城主であった。壇ノ浦の戦いで名を上げた厚東氏の7代、厚東武光によって治承3年(1179年)頃に築城されたと伝えられる。 のちに長門守護に任じられた厚東氏は周防守護の大内氏と対立するようになり、抗争を繰り返したが、南朝:正平13年 北朝:延文3年(1358年)に至り、厚東義武(厚東氏17代)は大内弘世の攻撃を支えきれず落城した。 (Wikipedia:霜降城)

霜降り
霜降り(しもふり) 霜が降ること。 牛肉の中で、脂肪が筋肉の間に細かく網の目のようになった肉を「霜降り肉」と呼ぶ。 ジーンズ#ケミカルウォッシュ - 上項目に関連した連想に基づく俗語「霜降りジーンズ」 布などに、霜が降りたような白い斑点のあるもの。「霜降り小倉」など。 「霜降り造り」の略。魚介類や鶏肉などを熱湯に通し、冷水でさらして、表面を白くしたもの。 シモフリマツ(霜降り松)のこと。ゴヨウマツ(五葉松)の近縁種。 関連項目 霜月(霜降り月ともいう) 霜降(シモフリではなく、音読みでソウコウと読む)。 (Wikipedia:霜降り)


霜降 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  日経平均株価 - 2017年10月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



日経平均株価
日経平均株価(にっけいへいきんかぶか、英: Nikkei Stock Average)は、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つ。単に日経平均や日経225(にっけいにひゃくにじゅうご、にっけいにーにーご)とも呼ばれる。英語圏の報道機関ではNikkei 225と表記される場合もある。1960年4月の株価の基準値を1000とした。 ダウ式平均株価であり、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を対象にしている。日本経済新聞社が知的財産権を保有、銘柄を制定、15秒毎(2010年以降)に算出し公表する。 日本の株価指標としては東証株価指数 (TOPIX) と並んで普及している。最も知名度の高い株式指標であるため、純粋に民間が作成している経済指標でありながら、日本国政府の経済統計としても使われている。 日経平均株価は、東証第一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い225銘柄を選定し、ダウ平均株価の株価平均型方式を基にした計算方法で修正平均を算出する。 (Wikipedia:日経平均株価)

日経平均株価先物
『日経225先物取引』より : 日経225先物取引(にっけい225さきものとりひき、Nikkei 225 Futures)とは、日経平均株価を原資産とする株価指数先物取引であり、大阪取引所等に上場されている。TOPIX先物取引、日経225オプション取引と並んで、日本を代表する株価指数を原資産とするデリバティブ取引である。日経平均先物取引(にっけいへいきんさきものとりひき)、もしくは単に日経225先物、日経平均先物ともいう。 あらかじめ定められた期日(満期日)に特定の資産(原資産。ここでは日経平均株価)を、あらかじめ決められた価格で売買する契約。 原資産が日経平均株価(株価指数)という実体のないものであるため、決済はすべて差金決済となる。 先物の「買い方」(=取引を買いで開始した人)は、満期日の原資産(厳密には「SQ値」、後述)が約定(やくじょう)価格を上回れば利益を得、下回れば損失となる。「売り方」(=取引を売りで開始した人)は、逆に、満期日の原資産が約定価格を下回れば利益を得、上回れば損失となる。 (Wikipedia:日経平均株価先物)


日経平均株価 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  amazon.co.jp - 2017年10月26日


関連するイメージは見つかりませんでした




amazon.co.jp - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ネトウヨ - 2017年10月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



ネトウヨ
ネット右翼(ネットうよく)とは、インターネット上で右翼・復古主義的な発言をする人物。略称はネトウヨ。 概念 意味 インターネットの電子掲示板上などで、右翼的、国粋主義的、国家主義的、復古主義的な主張をする人たちを意味する。ただし、後述するように、単に自尊自大で排外的な表現を用いる人たちを指したり、そのような集団心理的な傾向を指すこともある。略称はネトウヨだが、メディアによっては「ネット保守」という用語を使用するものもある。 近年になって形成された新しいスラング(俗語)であるため、後述するように論者によって意味内容が異なり、定義も曖昧である。概略的な意味としては、ネット上の右翼的、保守(≒復古主義)的、国粋主義的な性向を持つ人々を指すとされ、メディアによるレッテル貼りとして用いられているとの見方(濱野智史)もある。一方で、小林よしのりが、ネット右翼のことを「国家というものを持ち出しさえすれば自分自身の自意識を底上げできる、という人間」と批判し、櫻井よしこが「感情にまかせて単に半島に帰れなどと叫ぶとしたら、それは愛国でも保守でもありません。 (Wikipedia:ネトウヨ)


ネトウヨ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  温帯低気圧 - 2017年10月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



温帯低気圧
温帯低気圧(おんたいていきあつ、英語:extratropical cyclone、mid-latitude cyclone)は相対的に軽い暖気が上方へ、重い寒気が下方へと移動する際に解放される位置エネルギーによって発達する低気圧のことである。 赤道からの暖気と両極からの寒気が温帯気候の地域で接触し、この種の低気圧は主に温帯で発生するためこの名がある。英語ではextratropical cyclone(熱帯外低気圧)やmid-latitude cyclone(中緯度低気圧)という呼び方がされる。地球の熱収支的に見ると、熱の供給が過剰な赤道地方から熱の放散が過剰な極地方への熱の運搬を担っている存在である。 温帯低気圧は北半球では通常その中心の南東側に温暖前線を、南西側に寒冷前線を伴う。発達した低気圧では、寒冷前線と温暖前線が中心付近から結合し、中心もしくはその近くから閉塞前線を伴い、その先から温暖前線と寒冷前線の2つに分かれるという形態をとることもある。 (Wikipedia:温帯低気圧)


温帯低気圧 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す