[PR]

日別キーワード

第1位  ベイスターズ - 2017年10月25日


関連するイメージは見つかりませんでした



ベイスターズ
『横浜ベイスターズ』より : 横浜DeNAベイスターズ(よこはまディー・エヌ・エー・ベイスターズ、英語: Yokohama DeNA BayStars)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。 神奈川県を保護地域とし、同県横浜市中区にある横浜スタジアムを専用球場(本拠地)としている。また、二軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地は同県横須賀市にある横須賀スタジアムである。更にその他には球団全体の練習場と合宿所が横浜DeNAベイスターズ総合練習場として同市に設けられている。 球団の歴史 林兼商店(後の大洋漁業、現・マルハニチロ)の実業団チームとして1929年5月に設立され、翌1930年の第4回全日本都市対抗野球大会では、初挑戦ながら全国大会出場を果たした(初戦敗退)。翌年は中国大会でベスト4に入るなどの成績を残したが、世界恐慌の影響などで1932年の第6回全日本都市対抗野球大会前に休止状態となり、軟式野球部だけが太平洋戦争開始前後まで存在していた。 (Wikipedia:ベイスターズ)

ベイスターズ総合練習場
『横浜ベイスターズ総合練習場』より : 横浜DeNAベイスターズ総合練習場(よこはまディー・エヌ・エーベイスターズそうごうれんしゅうじょう)は、神奈川県横須賀市にある野球場。プロ野球・横浜DeNAベイスターズの練習場で、同球団が運営管理している。通称「ベイスターズ球場」。 DeNAは前身の大洋ホエールズ時代に川崎市中原区の多摩川河川敷近くにあった大洋多摩川グランドを練習場兼二軍本拠地として使用していた。1980年、横浜市保土ケ谷区と戸塚区の区界に設けた保土ヶ谷大洋球場(現:横浜FC東戸塚フットボールパーク in 横浜スポーツマンクラブ)に移転し、イースタン・リーグ公式戦も行われたが、交通アクセスが不便な上に観客席がなく、試合観戦に適した環境とは言い難かった。また、敷地も手狭で屋内練習場などの施設も不充分であった。 このため、大洋は横須賀市にあった親会社の大洋漁業(現:マルハニチロ)の倉庫跡に総合練習施設を整備し、1987年に「横浜大洋ホエールズ総合練習場」として開設した。 (Wikipedia:ベイスターズ総合練習場)

ベイスターズ球場
『横浜ベイスターズ総合練習場』より : 横浜DeNAベイスターズ総合練習場(よこはまディー・エヌ・エーベイスターズそうごうれんしゅうじょう)は、神奈川県横須賀市にある野球場。プロ野球・横浜DeNAベイスターズの練習場で、同球団が運営管理している。通称「ベイスターズ球場」。 DeNAは前身の大洋ホエールズ時代に川崎市中原区の多摩川河川敷近くにあった大洋多摩川グランドを練習場兼二軍本拠地として使用していた。1980年、横浜市保土ケ谷区と戸塚区の区界に設けた保土ヶ谷大洋球場(現:横浜FC東戸塚フットボールパーク in 横浜スポーツマンクラブ)に移転し、イースタン・リーグ公式戦も行われたが、交通アクセスが不便な上に観客席がなく、試合観戦に適した環境とは言い難かった。また、敷地も手狭で屋内練習場などの施設も不充分であった。 このため、大洋は横須賀市にあった親会社の大洋漁業(現:マルハニチロ)の倉庫跡に総合練習施設を整備し、1987年に「横浜大洋ホエールズ総合練習場」として開設した。 (Wikipedia:ベイスターズ球場)


ベイスターズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  DeNA - 2017年10月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



DeNA
『ディー・エヌ・エー』より : 株式会社ディー・エヌ・エー(英語: DeNA Co., Ltd.)は、インターネットにおけるオークションならびにショッピングサイト、およびモバイル向けポータルサイトの企画・運営等を行う日本の企業である。 沿革 1999年 3月 - 東京都世田谷区に有限会社ディー・エヌ・エーを設立。創業者は南場智子。 8月 - 東京都渋谷区に移転。株式会社に組織変更。 11月 - ビッダーズ (インターネットオークション) のサービス開始。 2001年2月 - おいくら(リサイクル総合情報サイト)のサービスを開始。 2004年3月 - 株式会社インデックスと提携し、モバオク(携帯電話専用オークションサイト)のサービスを開始。 2005年 2月 - 東京証券取引所マザーズに上場。 4月25日 - 株式会社モバオクにモバオク及びauオークションの名称で営業しているオークション事業を継承させる新設分割を同日開催の取締役会で決議。 2006年 2月 - 子会社として、株式会社モバコレを設立。携帯電話専用ゲームサイト「モバゲータウン」(現・モバゲー)を開始。 (Wikipedia:DeNA)


DeNA - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  解散総選挙 - 2017年10月27日


関連するイメージは見つかりませんでした




解散総選挙 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  石原慎太郎 - 2017年10月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



石原慎太郎
石原 慎太郎(いしはら しんたろう、旧字体:石原 愼太郎、1932年 (昭和7年) 9月30日 - )は、日本の政治家、作家。 参議院議員(1期)、環境庁長官(第8代)、運輸大臣(第59代)、東京都知事(第14代・第15代・第16代・第17代)、衆議院議員(9期)、日本維新の会代表、共同代表、次世代の党最高顧問を歴任した。 実弟は俳優の石原裕次郎。長男は自由民主党衆議院議員の石原伸晃。次男は俳優・タレントの石原良純。三男は自由民主党衆議院議員の石原宏高。四男は画家の石原延啓。 来歴・人物 兵庫県神戸市生まれ。湘南高等学校、一橋大学法学部卒業。 一橋大学では社会心理学の南博ゼミに所属。大学在学中の1956年(昭和31年) に文壇デビュー作である『太陽の季節』が第34回芥川賞を受賞、「太陽族」が生まれる契機となる。また、同作品の映画化では弟・裕次郎をデビューさせた。作家としては他に芸術選奨文部大臣賞、平林たい子文学賞などを受賞。『「NO」と言える日本 -新日米関係の方策-』(盛田昭夫との共著)、裕次郎を題材にした『弟』はミリオンセラーとなった。 (Wikipedia:石原慎太郎)


石原慎太郎 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  両院議員総会 - 2017年10月27日


関連するイメージは見つかりませんでした




両院議員総会 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す