[PR]

日別キーワード

第1位  少女終末旅行 - 2017年10月28日


関連するイメージは見つかりませんでした




少女終末旅行 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  アベノミクス - 2017年10月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



アベノミクス
アベノミクス(英語: Abenomics)とは、自由民主党の政治家・安倍晋三が第2次安倍内閣において掲げた一連の経済政策に対して与えられた通称である。少数ながら表記揺れに「アベノミックス」「安倍ノミクス」がある。「安倍」と「エコノミクス/エコノミックス(英: economics)」を合わせた造語(混成語)。英語・フランス語・ドイツ語ではAbenomics、ロシア語ではАбэномика(アベノミカ)と表記される。なお、国際的にはAbeconomics(アベコノミクス)と呼ばれることも多い。 「近いうち解散」と呼ばれた2012年(平成24年)11月の衆議院解散頃から朝日新聞が使用したことをきっかけに多用され始めた言葉であるが、「アベノミクス」「三本の矢」という呼称自体は2006年(平成18年)時点で第1次安倍内閣自由民主党幹事長の中川秀直が使用した例が確認されている。 (Wikipedia:アベノミクス)


アベノミクス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  岩波文庫 - 2017年10月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



岩波文庫
岩波文庫(いわなみぶんこ)は、株式会社岩波書店が発行する文庫本レーベル。1927年(昭和2年)7月10日に、ドイツのレクラム文庫を模範とし、書物を安価に流通させ、より多くの人々が手軽に学術的な著作を読めるようになることを目的として創刊された日本初の文庫本のシリーズで、最初の刊行作品は『新訓万葉集』などであった。 岩波文庫は、国内外の古典的価値を持つ文学作品や学術書などを幅広く収めている。1991年(平成3年)に活字の大きいワイド版を創刊(B6判)した。概ね評価が定着した作品を収録し、それに達しない作品は岩波同時代ライブラリー(1990年(平成2年) - 1998年(平成10年))あるいは岩波現代文庫(2000年(平成12年) - )に収められている。 文庫の巻末に掲載されている「読書子に寄す―岩波文庫発刊に際して」は、当時の教養・啓蒙主義のもと、知識を一般民衆に普及させるために刊行したという旨とともに、ドイツのレクラム文庫を模範とした事などが書かれている。 (Wikipedia:岩波文庫)


岩波文庫 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  iPad - 2017年10月30日


関連するイメージは見つかりませんでした




iPad - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  キノの旅 - 2017年10月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



キノの旅
『キノの旅 -the Beautiful World-』(キノのたび ザ・ビューティフル・ワールド)は、電撃文庫から刊行されている時雨沢恵一のライトノベル、またこれを原作とするアニメ、ゲーム、ドラマCD作品。著者自身によるセルフパロディである『学園キノ』(がくえんキノ)についてもこのページで扱う。 原作のイラストは黒星紅白。 第6回電撃小説大賞に応募され、最終選考に残る。電撃小説大賞は長編と短編を一括募集する賞だが、本作は応募時点で連作短編の形を取っていた。受賞からは漏れたものの、2000年3月に『電撃hp』Vol.6に全編が掲載され、その後、文庫本化。シリーズ累計で770万部を超える電撃文庫の大ヒットシリーズのひとつである。 2001年12月にはラジオドラマ化、2003年4月よりテレビアニメとして全13話が放送され、後にDVD化。2005年には映画化もされた。本編には書かれていない別ストーリーを書いた絵本(ビジュアルノベル)も存在する。また、2003年からゲーム(PlayStation 2)も発売されており、2009年には電撃文庫のキャラクターが多数登場するニンテンドーDS用ゲーム『電撃学園RPG Cross of Venus』にも参加している。 (Wikipedia:キノの旅)


キノの旅 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す