[PR]

日別キーワード

第1位  日馬富士 - 2017年11月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



日馬富士
日馬富士 公平(はるまふじ こうへい、1984年4月14日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身で伊勢ヶ濱部屋(入門時は安治川部屋)所属の現役大相撲力士、第70代横綱(2012年11月場所 - )。 本名はダワーニャミーン・ビャンバドルジ(モンゴル語キリル文字表記:Даваанямын Бямбадорж、ラテン文字転写:Davaanyamyn Byambadorj )、愛称はアマ。2008年11月場所までの四股名は安馬 公平(あま こうへい)。「公平」の名は、自身が「日本の父」と慕う後援会長の小巻公平にちなんだ。 実際に生まれ育ったところはウランバートル市内であるが、取組前の場内アナウンスでは実父レグジーブーギーン・ダワーニャムの出身地であるゴビ・アルタイ県を自身の出身地としている。身長185cm、体重135kg、血液型O型。得意手は突っ張り、右四つ、寄り、押し出し。インタビューの際の口癖は「お客さんを喜ばせる激しい相撲をとりたい」。好きな言葉は「全身全霊」「なんでやねん」。締め込みの色は、2015年現在は黒。 2014年4月より法政大学大学院政策創造研究科に入学し、史上初の大学院生横綱となった。 (Wikipedia:日馬富士)

日馬富士公平
日馬富士 公平(はるまふじ こうへい、1984年4月14日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身で伊勢ヶ濱部屋(入門時は安治川部屋)所属の現役大相撲力士、第70代横綱(2012年11月場所 - )。 本名はダワーニャミーン・ビャンバドルジ(モンゴル語キリル文字表記:Даваанямын Бямбадорж、ラテン文字転写:Davaanyamyn Byambadorj )、愛称はアマ。2008年11月場所までの四股名は安馬 公平(あま こうへい)。「公平」の名は、自身が「日本の父」と慕う後援会長の小巻公平にちなんだ。 実際に生まれ育ったところはウランバートル市内であるが、取組前の場内アナウンスでは実父レグジーブーギーン・ダワーニャムの出身地であるゴビ・アルタイ県を自身の出身地としている。身長185cm、体重135kg、血液型O型。得意手は突っ張り、右四つ、寄り、押し出し。インタビューの際の口癖は「お客さんを喜ばせる激しい相撲をとりたい」。好きな言葉は「全身全霊」「なんでやねん」。締め込みの色は、2015年現在は黒。 2014年4月より法政大学大学院政策創造研究科に入学し、史上初の大学院生横綱となった。 (Wikipedia:日馬富士公平)


日馬富士 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  AKB48 - 2017年11月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



AKB48
AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に誕生した。 東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりで、ほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通しての遠い存在であったアイドルではなく、身近に感じられる存在であり、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドルということである。 その一方で、2009年頃からテレビ番組出演の増加などにより、「マスメディアで見かけるアイドル」にもなって知名度も上がり、さらに発表するCDの売り上げが次々と1位を記録したことにより、マスメディアから「国民的アイドル」と呼ばれる存在になっている。 (Wikipedia:AKB48)

AKB48劇場
『秋葉原48劇場』より : AKB48劇場(エーケービーフォーティエイトシアター、英語: AKB48 Theater)は、東京都千代田区外神田(秋葉原電気街)のドン・キホーテ秋葉原店8階に所在するAKB48専用のライブハウスである。 「会いに行けるアイドル」というコンセプトを体現したAKB48の活動拠点である。2005年12月8日にデビュー公演が行われた。本劇場はAKB48の公演でのみ運用されているが、AKB48姉妹グループの出張公演が開催されることもある。2009年8月から2012年3月の間はSDN48と共用していた。本劇場の竣工は2005年であるが、劇場施設そのものはAKB48グループでは大阪市・難波のNMB48劇場(1999年竣工の旧baseよしもと、2011年改装開業)の方が古い。 劇場の立地 蔵前橋通りと中央通りが交わる外神田五丁目交差点から中央通りを南へ200m進んだところにあるビル8階に立地する。地下鉄末広町駅1番出口から南へ200m、JR・秋葉原駅電気街口からは320m程度である。 (Wikipedia:AKB48劇場)

AKB48 Theater
『秋葉原48劇場』より : AKB48劇場(エーケービーフォーティエイトシアター、英語: AKB48 Theater)は、東京都千代田区外神田(秋葉原電気街)のドン・キホーテ秋葉原店8階に所在するAKB48専用のライブハウスである。 「会いに行けるアイドル」というコンセプトを体現したAKB48の活動拠点である。2005年12月8日にデビュー公演が行われた。本劇場はAKB48の公演でのみ運用されているが、AKB48姉妹グループの出張公演が開催されることもある。2009年8月から2012年3月の間はSDN48と共用していた。本劇場の竣工は2005年であるが、劇場施設そのものはAKB48グループでは大阪市・難波のNMB48劇場(1999年竣工の旧baseよしもと、2011年改装開業)の方が古い。 劇場の立地 蔵前橋通りと中央通りが交わる外神田五丁目交差点から中央通りを南へ200m進んだところにあるビル8階に立地する。地下鉄末広町駅1番出口から南へ200m、JR・秋葉原駅電気街口からは320m程度である。 (Wikipedia:AKB48 Theater)

AKB48 45thシングル選抜総選挙
『AKB48 45thシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト フォーティフィフスシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の45枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーをファンによる投票で決定するイベントである。この選挙の上位16位までのメンバーが2016年に発売予定の45thシングル選抜メンバーとなる。 選挙の実施は、2016年3月21日に公式ブログ・AKB48オフィシャルサイトで発表された。 今回の総選挙では、前回同様に立候補制を採用している。 最終結果が発表される開票イベントは、2016年6月18日に 新潟県立鳥屋野潟公園野球場(HARD OFF ECOスタジアム新潟)で実施される予定である。 投票有資格者 以下のいずれにかに該当する者に投票権がある。 44thシングル「翼はいらない」初回限定盤・通常盤・劇場盤購入者 AKB48ファンクラブサイト「二本柱の会」会員 以下の各グループ公式携帯サイト会員 AKB48 Mobile SKE48 Mobile NMB48 Mobile HKT48 Mobile NGT48 Mobile 以下の各グループ公式メールサービス会員 AKB48 Mail SKE48 Mail NMB48 Mail HKT48 Mail NGT48 Mail AKB48公式スマートフォンアプリ会員 AKB48 OFFICIAL NET会員 DMM.comが提供する以下の月額見放題サービス会員 「AKB48 LIVE!! ON DEMAND」 「SKE48 LIVE!! ON DEMAND」 「NMB48 LIVE!! ON DEMAND」 「HKT48 LIVE!! ON DEMAND」 「NGT48 LIVE!! ON DEMAND」 「AKB48グループ REVIVAL!! ON DEMAND」 被選挙権者 以下の条件のいずれかを満たすメンバーが、所定の用紙に記入し、各劇場の選挙実行委員会に提出することで立候補したことになり、被選挙者となる。 (Wikipedia:AKB48 45thシングル選抜総選挙)

AKB48 37thシングル選抜総選挙
『AKB48 37thシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト サーティセブンスシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の37枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーをファンによる投票で決定するイベントである。この選挙の上位16位までのメンバーが、2014年8月27日発売の37thシングル「心のプラカード」選抜メンバーとなった。 選挙の実施は、2014年3月22日に公式ブログ・AKB48オフィシャルサイトで発表された。 今回の総選挙では、前回と同じ立候補制を採用することとなったが、海外移籍の場合を除いて卒業メンバーは対象外となった。 投票期間は、2014年5月20日10時00分00秒(JST)から同年6月6日14時59分59秒(JST)までであった。 最終結果が発表される開票イベントは、2014年6月7日に東京都調布市・味の素スタジアムで実施された。会場での司会進行は、徳光和夫と木佐彩子のふたりが担当した。 なお同年5月25日に岩手県滝沢市・岩手産業文化センターで開催された握手会イベントでの傷害事件を受け、総勢106人の手荷物検査員を配置し、計122台のハンディータイプの金属探知機を導入して厳重な検査が行われた結果、会場への入場開始時間を当初の予定よりも1時間前倒ししたが、観客の入場が遅れたことから、開票発表前のライブは、45分遅れの15時15分からスタートすることとなった。 (Wikipedia:AKB48 37thシングル選抜総選挙)

AKB48 41stシングル選抜総選挙
『AKB48 41stシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト フォーティファーストシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の41枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーをファンによる投票で決定するイベントである。この選挙の上位16位までのメンバーが2015年8月26日に発売の41stシングル「ハロウィン・ナイト」選抜メンバーとなる。 選挙の実施は、2015年3月18日に公式ブログ・AKB48オフィシャルサイトで発表された。 今回の総選挙では、前回同様に立候補制を採用しているが、前回とは異なり2015年3月20日時点で日本国内のAKB48グループに在籍していれば、卒業を発表していても立候補可能となっている。 投票期間は、2015年5月19日10時00分00秒(JST)から同年6月5日14時59分59秒(JST)までである。 最終結果が発表される開票イベントは、2015年6月6日に福岡 ヤフオク!ドームで実施された。会場は、前回のAKB48 37thシングル選抜総選挙開票イベント当日が荒天であったような天候の不安や夜間の騒音問題の懸念から屋内施設での実施を検討し、5万人収容可能な日本全国の大会場のスケジュールを確認し調整をした結果として選ばれた。 (Wikipedia:AKB48 41stシングル選抜総選挙)

AKB48のオーディション
AKB48のオーディション(エーケービー フォーティエイトのオーディション)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48のオーディションについて扱う。 オーディションでは、スタッフと話し合った上で最終的には総合プロデューサーの秋元康が合格者を決定する。メンバーを選ぶポイントとしては、正統派美少女ばかりを選ぶのではなく、ファンの好みの多様さに合わせて性格から容姿までなるべく幅広く選ぶことによって(学校の)一クラスのようなリアリティを生み出すようにしているという。特に初期段階は運営スタッフ側に芸能関係の経験が少なかったため、チケットの販売・抽選や整列の具体的な方法などについてファンからアドバイスを受けていた。 合格者・不合格者のうち太字となっているのは2014年4月24日現在、在籍しているメンバー(兼任メンバーを含む)。主な実施要項(多少異なることがある) 応募資格:AKB48メンバーとして芸能活動できる人。3期生までは10歳 - 22歳の範囲で設定されていたが、4期生以降は11歳 - 18歳くらいまでのプロダクションに所属していない女性、経験不問。 (Wikipedia:AKB48のオーディション)

AKB48握手会傷害事件
AKB48握手会傷害事件(エーケービーフォーティエイト あくしゅかいしょうがいじけん)は、2014年(平成26年)5月25日、日本の女性アイドルグループ・AKB48が岩手県滝沢市の岩手産業文化センター(アピオ)で開催していた握手会のイベントにおいて、のこぎりを持った男がグループのメンバー2人とスタッフ1人を切りつけ、負傷させた事件である。AKB48握手会襲撃事件とも呼ばれる。 事件が発生したのは、AKB48のCDに封入されている参加券があれば誰でも参加できる「全国握手会」とよばれるイベントである。グループのメンバーとファンが握手を行う区画(レーン)のひとつに男が入り、のこぎりを取り出してメンバーの川栄李奈と入山杏奈、および2人を守ろうとした男性スタッフを切りつけた。男は周囲にいたスタッフに取り押さえられ、警察に殺人未遂の容疑で現行犯逮捕された。切りつけられた3人は骨折や裂傷を負い、病院へ搬送されてただちに縫合手術を受けた。3人は事件翌日に退院した。 犯人は青森県十和田市に住む、発達障害の診断を受けたことがある当時24歳の男。 (Wikipedia:AKB48握手会傷害事件)

AKB48 22ndシングル選抜総選挙
『AKB48 22ndシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト トゥエンティセカンドシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の22枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーを、ファンによる投票で決定する選挙である。この選挙の上位21位までのメンバーが2011年8月24日発売の「フライングゲット」選抜メンバーとなった。 『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』は、2011年6月9日に東京都千代田区の日本武道館で開催された開票イベント名のこと。 選挙の実施は、2011年3月29日にキングレコード公式サイトおよびAKB48公式ブログで発表された。当初は2011年3月25日 - 27日に横浜アリーナで実施予定だったコンサート『たかみなについて行きます』で発表する予定だったが、東日本大震災の影響により中止となったため、このような形となった。 選挙の実施に先立ち、日刊スポーツ紙面上で、2011年4月18日から6月8日まで候補者紹介を行った。また、アピールコメントをAKB48劇場での公演終了後に上映、および「YouTube AKB48オフィシャルチャンネル」にて配信した。 (Wikipedia:AKB48 22ndシングル選抜総選挙)

AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」
『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』(エーケービーフォーティエイト セブンティーンスシングルせんばつそうせんきょ かあさんにちかって、ガチです)は、AKB48の17thシングルの選抜メンバー選挙である。この選挙の上位21位までのメンバーが、2010年8月18日発売の「ヘビーローテーション」選抜メンバーとなった。 選挙の実施は、2010年3月25日に横浜アリーナで開催されたコンサート『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』でAKB48劇場支配人の戸賀崎智信から発表された。前年度実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』と同様に、選挙ポスターが作成され、AKB48劇場のロビーや渡り廊下の壁などに掲示された。また、政見放送はDMM.comや劇場公演終了後、さらに「ポニーテールとシュシュ」劇場盤握手会会場の幕張メッセでも放映された。他には、日刊スポーツ芸能面において、4月13日付から6月8日付まで毎日、メンバー1人と研究生・SKE48の非選抜メンバー1人を取り上げる形式でマニフェストが連載された。 (Wikipedia:AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」)

AKB48の歴史
このページでは、日本の女性アイドルグループ・AKB48の歴史について解説する。 より簡略な解説は、AKB48ページの略史を参照。また、 メンバー構成の推移、センターポジションの推移、派生ユニットの略歴については「AKB48のグループ構成」の各節を参照。 2005年 8月、総合プロデューサーの秋元康の主導で「秋葉原48プロジェクト」第1期生メンバー募集を開始。 9月28日、『秋葉原48劇場』をドン・キホーテ秋葉原店8階に設けることを発表。 10月18日、ロゴデザイン決定。 10月30日、東京都港区の芝浦スタジオで最終審査を開催。全応募者7924人のうち、書類審査で絞られた45人の中から、最終的に24人の合格者(倍率約330倍)が発表される。このうち2015年3月現在、AKB48に在籍しているのは小嶋陽菜・高橋みなみ・峯岸みなみの3名。 11月3日、夏まゆみ指導による合格者のシアターレッスンが都内スタジオで開始され、約1か月間の集中特訓が行われる。その後、11月23日から工事中の秋葉原48劇場ステージに場所を移す。 (Wikipedia:AKB48の歴史)

AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」
『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』(エーケービーフォーティエイト サーティーンスシングルせんばつそうせんきょ かみさまにちかってガチです)は、AKB48の13thシングルの選抜メンバー選挙である。この選挙の上位21位までのメンバーが2009年8月26日発売の「言い訳Maybe」選抜メンバーとなった。 2009年4月26日にNHKホールで開催された『「神公演予定」* 諸般の事情により、神公演にならない場合もありますので、ご了承ください。』でAKB48劇場支配人・戸賀崎智信から選抜総選挙を実施することが発表された。公職選挙法に基づいて実施される選挙と同様に選挙ポスターが作成され、AKB48劇場のロビーや渡り廊下などに掲示された。また、政見放送も制作され、DMM.comや劇場公演終了後に放送された。 2009年6月23日から7月7日まで投票が実施され、同年7月8日に赤坂BLITZで開票イベントが開催された。 当選枠 前回同様、上位21人が選抜メンバーに選ばれ、13thシングルのA面を歌う権利を得る。 (Wikipedia:AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」)

AKB48シングル選抜じゃんけん大会
AKB48シングル選抜じゃんけん大会(エーケービーフォーティエイト シングルせんばつじゃんけんたいかい)は、AKB48のニューシングルに参加するメンバーを選抜するじゃんけん大会である。 2014年9月17日に第五回目となる「AKB48グループ・じゃんけん大会2014 〜拳で勝ち取れ!1/300ソロデビュー争奪戦〜」を開催した。この第五回はシングル選抜制ではない。 2010年から毎年9月に開催されており、2010年 - 2014年は日本武道館、2015年は横浜アリーナが大会会場として使用されている。また、選抜されたメンバーが歌うこととなる表題曲収録のシングルは12月に発売されている。 開催の背景として、運営サイドが関与せずに選抜メンバーが決まるものとして、選抜総選挙が前年より先んじて開催されており、こちらはAKB48の楽曲の選抜メンバーを「ファンが選ぶ」という名目ではあるが、投票形式のため、知名度の高い人気メンバーが有利になりがちであり「上位の顔ぶれがほとんど変わらない」との声もあった。 (Wikipedia:AKB48シングル選抜じゃんけん大会)

AKB48 27thシングル選抜総選挙
『AKB48 27thシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト トゥエンティセブンスシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の27枚目のCDシングルに参加するメンバーをファンによる投票で決定する一連のイベントの名称である。この選挙で上位16位までのメンバーが2012年8月29日に発売された「ギンガムチェック」選抜メンバーとなった。 また、最終結果が発表される開票イベント『AKB48 27thシングル選抜総選挙〜ファンが選ぶ64議席〜』(エーケービーフォーティエイト トゥエンティセブンスシングルせんばつそうせんきょ ファンがえらぶろくじゅうよんぎせき)は、2012年6月6日に日本武道館で実施された。 選挙の実施は、2012年3月25日に開催された『AKB48コンサート 業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』最終公演で発表された。 投票期間は2012年5月22日10時00分00秒(JST)から同年6月5日14時59分59秒(JST)まで。 (Wikipedia:AKB48 27thシングル選抜総選挙)

AKB48関連の楽曲一覧
AKB48関連の楽曲一覧(エーケービーフォーティエイトかんれんのがっきょくいちらん)は、AKB48およびノースリーブスなどの派生ユニットによる楽曲の一覧である。NGT48、OJS48の楽曲についても便宜上ここに含める。 秋元康プロデュース曲に限らず、AKB48関連グループに在籍中のメンバーが歌唱に参加した楽曲を含む。 重複する楽曲は、シングルカットされた劇場公演曲等を除き記載していない。 シングルカップリング曲の歌唱メンバーは、各シングル表題曲ページではなく、このページにのみ記載している。 特記無き場合は、秋元康による作詞である。 姉妹グループの楽曲については、下記の項目を参照のこと。 SKE48の楽曲一覧 NMB48の楽曲一覧 HKT48の楽曲一覧 SDN48の楽曲一覧 JKT48の楽曲一覧 SNH48の楽曲一覧 overture overture作詞:不明、作編曲:尾澤拓実、歌唱:DJ TAZ overture(NGT48 ver.) overture(Team Ogi ver.)「Team Ogi 祭」の際に使用。 (Wikipedia:AKB48関連の楽曲一覧)

AKB48総選挙
AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に誕生した。 東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりで、ほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通しての遠い存在であったアイドルではなく、身近に感じられる存在であり、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドルということである。 その一方で、2009年頃からテレビ番組出演の増加などにより、「マスメディアで見かけるアイドル」にもなって知名度も上がり、さらに発表するCDの売り上げが次々と1位を記録したことにより、マスメディアから「国民的アイドル」と呼ばれる存在になっている。 (Wikipedia:AKB48総選挙)

AKB48選抜総選挙
AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に誕生した。 東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりで、ほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通しての遠い存在であったアイドルではなく、身近に感じられる存在であり、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドルということである。 その一方で、2009年頃からテレビ番組出演の増加などにより、「マスメディアで見かけるアイドル」にもなって知名度も上がり、さらに発表するCDの売り上げが次々と1位を記録したことにより、マスメディアから「国民的アイドル」と呼ばれる存在になっている。 (Wikipedia:AKB48選抜総選挙)

AKB48 32ndシングル選抜総選挙
『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト サーティセカンドシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の32枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーをファンによる投票で決定するイベント。この選挙の上位16位までのメンバーが2013年8月21日発売の32ndシングル「恋するフォーチュンクッキー」選抜メンバーとなった。 また、最終結果が発表される開票イベント『AKB48 32ndシングル選抜総選挙 〜夢は一人じゃ見られない〜』(エーケービーフォーティエイト サーティセカンドシングルせんばつそうせんきょ ゆめはひとりじゃみられない)は、2013年6月8日に神奈川県横浜市・横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で開催される『AKB48 スーパーフェスティバル 〜日産スタジアム、小(ち)っちぇっ! 小(ち)っちゃくないし!!〜』内の第二部として実施された。 (Wikipedia:AKB48 32ndシングル選抜総選挙)

AKB48のグループ構成
このページでは、日本の女性アイドルグループ・AKB48のグループ構成に関する以下の事項を解説している。 AKB48のメンバー構成とチーム構成の推移、研究生からの昇格の一覧 ひまわり組公演および、ばら組・ゆり組構想について シングル表題曲の選抜制度およびカップリング曲のアンダーガールズ制度について(選抜総選挙とじゃんけん大会の解説も含む) シングル表題曲のセンターポジションについて AKB48グループの派生ユニットの解説とその所属メンバーの一覧 AKB48グループの「部活動」の解説とその所属メンバーの一覧 AKB48のグループ構成 AKB48を構成する基本的な単位はチームであり、正規メンバーは原則としてチームA、K、B、4、8のいずれかに在籍する。 (Wikipedia:AKB48のグループ構成)

AKB48 シングル選抜総選挙
AKB48 シングル選抜総選挙(エーケービーフォーティエイト シングルせんばつそうせんきょ)は、AKB48のシングルの選抜メンバー選挙である。これまでに複数回実施されてきており、詳細は選挙ごとで執筆されている各項目を参照。 第1回 AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」 第2回 AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」 第3回 AKB48 22ndシングル選抜総選挙 第4回 AKB48 27thシングル選抜総選挙 第5回 AKB48 32ndシングル選抜総選挙 第6回 AKB48 37thシングル選抜総選挙 第7回 AKB48 41stシングル選抜総選挙 第8回 AKB48 45thシングル選抜総選挙。 (Wikipedia:AKB48 シングル選抜総選挙)


AKB48 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  アルツハイマー - 2017年11月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



アルツハイマー
アルツハイマー病(アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。 日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。以前はアルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Dementia of Alzheimer's type、DAT、Alzheimer's dementia、AD)とも呼ばれていた。 症状は進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、視空間認知障害や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。重症度が増し、高度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり最終的には寝たきりになる。 階段状に進行する(すなわち、ある時点を境にはっきりと症状が悪化する)脳血管性認知症と異なり、徐々に進行する点が特徴的。症状経過の途中で、被害妄想や幻覚(とくに幻視)が出現する場合もある。暴言・暴力・徘徊・不潔行為などの問題行動(いわゆるBPSD)が見られることもあり、介護上大きな困難を伴うため、医療機関受診の最大の契機となる。 (Wikipedia:アルツハイマー)

アルツハイマー型老年性痴呆症
『アルツハイマー型痴呆』より : アルツハイマー病(アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。 日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。以前はアルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Dementia of Alzheimer's type、DAT、Alzheimer's dementia、AD)とも呼ばれていた。 症状は進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、視空間認知障害や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。重症度が増し、高度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり最終的には寝たきりになる。 階段状に進行する(すなわち、ある時点を境にはっきりと症状が悪化する)脳血管性認知症と異なり、徐々に進行する点が特徴的。症状経過の途中で、被害妄想や幻覚(とくに幻視)が出現する場合もある。暴言・暴力・徘徊・不潔行為などの問題行動(いわゆるBPSD)が見られることもあり、介護上大きな困難を伴うため、医療機関受診の最大の契機となる。 (Wikipedia:アルツハイマー型老年性痴呆症)

アルツハイマー型痴呆
アルツハイマー病(アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。 日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。以前はアルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Dementia of Alzheimer's type、DAT、Alzheimer's dementia、AD)とも呼ばれていた。 症状は進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、視空間認知障害や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。重症度が増し、高度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり最終的には寝たきりになる。 階段状に進行する(すなわち、ある時点を境にはっきりと症状が悪化する)脳血管性認知症と異なり、徐々に進行する点が特徴的。症状経過の途中で、被害妄想や幻覚(とくに幻視)が出現する場合もある。暴言・暴力・徘徊・不潔行為などの問題行動(いわゆるBPSD)が見られることもあり、介護上大きな困難を伴うため、医療機関受診の最大の契機となる。 (Wikipedia:アルツハイマー型痴呆)

アルツハイマー病
『アルツハイマー型痴呆』より : アルツハイマー病(アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。 日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。以前はアルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Dementia of Alzheimer's type、DAT、Alzheimer's dementia、AD)とも呼ばれていた。 症状は進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、視空間認知障害や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。重症度が増し、高度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり最終的には寝たきりになる。 階段状に進行する(すなわち、ある時点を境にはっきりと症状が悪化する)脳血管性認知症と異なり、徐々に進行する点が特徴的。症状経過の途中で、被害妄想や幻覚(とくに幻視)が出現する場合もある。暴言・暴力・徘徊・不潔行為などの問題行動(いわゆるBPSD)が見られることもあり、介護上大きな困難を伴うため、医療機関受診の最大の契機となる。 (Wikipedia:アルツハイマー病)

アルツハイマー症
『アルツハイマー型痴呆』より : アルツハイマー病(アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。 日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。以前はアルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Dementia of Alzheimer's type、DAT、Alzheimer's dementia、AD)とも呼ばれていた。 症状は進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、視空間認知障害や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。重症度が増し、高度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり最終的には寝たきりになる。 階段状に進行する(すなわち、ある時点を境にはっきりと症状が悪化する)脳血管性認知症と異なり、徐々に進行する点が特徴的。症状経過の途中で、被害妄想や幻覚(とくに幻視)が出現する場合もある。暴言・暴力・徘徊・不潔行為などの問題行動(いわゆるBPSD)が見られることもあり、介護上大きな困難を伴うため、医療機関受診の最大の契機となる。 (Wikipedia:アルツハイマー症)

アルツハイマー性痴呆
『アルツハイマー型痴呆』より : アルツハイマー病(アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。 日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。以前はアルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Dementia of Alzheimer's type、DAT、Alzheimer's dementia、AD)とも呼ばれていた。 症状は進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、視空間認知障害や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。重症度が増し、高度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり最終的には寝たきりになる。 階段状に進行する(すなわち、ある時点を境にはっきりと症状が悪化する)脳血管性認知症と異なり、徐々に進行する点が特徴的。症状経過の途中で、被害妄想や幻覚(とくに幻視)が出現する場合もある。暴言・暴力・徘徊・不潔行為などの問題行動(いわゆるBPSD)が見られることもあり、介護上大きな困難を伴うため、医療機関受診の最大の契機となる。 (Wikipedia:アルツハイマー性痴呆)

アルツハイマー性老人性痴呆症
『アルツハイマー型痴呆』より : アルツハイマー病(アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。 日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。以前はアルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Dementia of Alzheimer's type、DAT、Alzheimer's dementia、AD)とも呼ばれていた。 症状は進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、視空間認知障害や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。重症度が増し、高度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり最終的には寝たきりになる。 階段状に進行する(すなわち、ある時点を境にはっきりと症状が悪化する)脳血管性認知症と異なり、徐々に進行する点が特徴的。症状経過の途中で、被害妄想や幻覚(とくに幻視)が出現する場合もある。暴言・暴力・徘徊・不潔行為などの問題行動(いわゆるBPSD)が見られることもあり、介護上大きな困難を伴うため、医療機関受診の最大の契機となる。 (Wikipedia:アルツハイマー性老人性痴呆症)


アルツハイマー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  プレーオフ - 2017年11月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



プレーオフ
プレーオフ(英語:Playoff)とは、スポーツ競技における通常の順位決定方式の後に行われる試合のこと。「プレイオフ」ともいう。 プレーオフは、通常の試合による一連の順位決定戦が行われた後に行われる試合のことで、通常の順位決定戦の予備的な方法で優勝者を決める試合や、さらなる上位の試合への出場権を争うときに予備的に行われる試合を指す。プレーオフでは、通常の順位決定法とは異なる方式で優劣を決めるため、対戦方式や結果がしばしば問題になる。 プロスポーツでは、通常の順位決定戦(レギュラーシーズン)よりも、プレーオフの方が注目度も収益性も高いため、プレーオフを、予備ではなく予め行われることにしていることがある。この場合、レギュラーシーズンの消化試合を少なくするため、プレーオフ出場枠を増やす方法がとられることもある。また、興行的にプレーオフの試合が多くなると、「予備」の意味とはかけ離れてくるため、「ポスト・シーズン・ゲーム」と呼ぶこともある。 通常の順位決定戦において、成績1位の者(またはチーム)が複数出る可能性がある方式の場合、競技者同士が話し合って、より多くの競技者が優勝賞金を得られるよう意図的に横並びにする危険がある。 (Wikipedia:プレーオフ)

プレーオフ制度 (日本プロ野球)
日本プロ野球における、プレーオフ制度(プレーオフせいど)について解説する。 1リーグ時代 1リーグ時代は1年1ステージによる長期戦形式ではない時代があり、その年の優勝をかけたプレーオフが行われた。 1936年の場合、春季大会は東京巨人軍はアメリカ遠征のため不参加、また名古屋金鯱軍も結成記念リーグ大会を終えるとアメリカに遠征したため、公式戦でありつつ優勝チームを決めなかったが、夏季大会では東京、大阪、名古屋の3大都市でのトーナメント戦で優勝したチームによるプレーオフが予定されていた。しかし、会場の調達が出来なかったため、優勝預かりとなっている。 同年秋季リーグは3大都市での総当りリーグ5回、トーナメント2回の都合7大会それぞれ優勝したチームに勝ち点1(複数均等割り)を与え、その合計勝ち点の多いチームがリーグ優勝となる。だが、東京巨人軍と大阪タイガースが勝ち点2.5ずつを分け合ったため、3戦2勝制の同点決勝を行い、2勝1敗で制した東京巨人軍が最初のチャンピオンに輝いた。 (Wikipedia:プレーオフ制度 (日本プロ野球))

プレーオフ制度
『プレーオフ』より : プレーオフ(英語:Playoff)とは、スポーツ競技における通常の順位決定方式の後に行われる試合のこと。「プレイオフ」ともいう。 プレーオフは、通常の試合による一連の順位決定戦が行われた後に行われる試合のことで、通常の順位決定戦の予備的な方法で優勝者を決める試合や、さらなる上位の試合への出場権を争うときに予備的に行われる試合を指す。プレーオフでは、通常の順位決定法とは異なる方式で優劣を決めるため、対戦方式や結果がしばしば問題になる。 プロスポーツでは、通常の順位決定戦(レギュラーシーズン)よりも、プレーオフの方が注目度も収益性も高いため、プレーオフを、予備ではなく予め行われることにしていることがある。この場合、レギュラーシーズンの消化試合を少なくするため、プレーオフ出場枠を増やす方法がとられることもある。また、興行的にプレーオフの試合が多くなると、「予備」の意味とはかけ離れてくるため、「ポスト・シーズン・ゲーム」と呼ぶこともある。 通常の順位決定戦において、成績1位の者(またはチーム)が複数出る可能性がある方式の場合、競技者同士が話し合って、より多くの競技者が優勝賞金を得られるよう意図的に横並びにする危険がある。 (Wikipedia:プレーオフ制度)


プレーオフ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  朝青龍 - 2017年11月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



朝青龍
『朝青龍明徳』より : 朝青龍 明徳(あさしょうりゅう あきのり、1980年9月27日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身の元大相撲力士、第68代横綱。現在は実業家、タレント、コメンテーター、評論家、映画俳優、慈善家、モンゴル国レスリング協会会長として多方面に活躍している。本名はドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ(モンゴル語キリル文字表記:Долгорсүрэнгийн Дагвадорж、ラテン文字転写:Dolgorsürengiin Dagvadorj )。引退後は、「(元・横綱朝青龍の)ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏」と報道等で紹介されることも多い。 入門 15歳でモンゴル相撲を始め、ナーダムの相撲少年の部で優勝した。 1997年に日本の明徳義塾高校に相撲留学し、翌年には同い年で文徳高校のエース内田水と対戦も惨敗喫し翌々年若松親方(当時・現高砂親方。元大関・4代朝潮)によるスカウトにより、高校を中途退学して角界に入門した。(後にモンゴルで取得した単位が認められて2003年9月に卒業した。)入門した際には「目標は旭鷲山関と千代大海関です。 (Wikipedia:朝青龍)

朝青龍明徳
朝青龍 明徳(あさしょうりゅう あきのり、1980年9月27日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身の元大相撲力士、第68代横綱。現在は実業家、タレント、コメンテーター、評論家、映画俳優、慈善家、モンゴル国レスリング協会会長として多方面に活躍している。本名はドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ(モンゴル語キリル文字表記:Долгорсүрэнгийн Дагвадорж、ラテン文字転写:Dolgorsürengiin Dagvadorj )。引退後は、「(元・横綱朝青龍の)ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏」と報道等で紹介されることも多い。 入門 15歳でモンゴル相撲を始め、ナーダムの相撲少年の部で優勝した。 1997年に日本の明徳義塾高校に相撲留学し、翌年には同い年で文徳高校のエース内田水と対戦も惨敗喫し翌々年若松親方(当時・現高砂親方。元大関・4代朝潮)によるスカウトにより、高校を中途退学して角界に入門した。(後にモンゴルで取得した単位が認められて2003年9月に卒業した。)入門した際には「目標は旭鷲山関と千代大海関です。 (Wikipedia:朝青龍明徳)


朝青龍 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す