[PR]

日別キーワード

第1位  エレファントカシマシ - 2017年11月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



エレファントカシマシ
エレファントカシマシ(THE ELEPHANT KASHIMASHI、ELEPHANT KASHIMASHI)は、日本のロックバンド。1981年結成。 音楽誌ロッキング・オン・ジャパンにて、破格の新人衝撃のデビューの見出しで大々的に紙面に取り上げられる。アマチュア時代の楽曲を含むセルフタイトルが冠せられたファーストアルバムは、ストレートかつオーソドックスなメロディーとサウンドではあったが、洋楽ロックからの借り物でありながら日本語であることを不自然に感じさせないという点で新鮮味があり、宮本浩次というアーティストの才気を充分に感じさせる作品であった。セカンドアルバム以降、政治への強い関心や、文学作品からの影響を受けた宮本の独裁的とも言える姿勢をより顕著にバンドの楽曲に反映させることになった。 2作目のアルバム「エレファントカシマシII」では、資本主義社会の中で追い詰められる人間の姿を真正面から取り上げ、社会の不条理をヘヴィーなサウンドと共に提示して見せた。 (Wikipedia:エレファントカシマシ)


エレファントカシマシ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  玉木雄一郎 - 2017年11月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



玉木雄一郎
玉木 雄一郎(たまき ゆういちろう、1969年5月1日 - )は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。民進党所属の衆議院議員(3期)、民主党香川県連代表・副幹事長・政策調査会副会長を歴任。 香川県大川郡寒川町神前(現さぬき市寒川町神前)生まれ。さぬき市立神前小学校、さぬき市立天王中学校、香川県立高松高等学校、東京大学法学部卒業。1993年、大蔵省に入省した。1997年、アメリカ合衆国のハーバード大学ケネディスクールを卒業。外務省への出向(中近東第一課)を経て、2001年より大阪国税局総務課長。2002年より内閣府へ出向。第1次小泉内閣で内閣府特命担当大臣(規制改革)を務めていた石原伸晃の下で内閣府特命担当大臣秘書専門官を務める。 2005年、財務省主計局主査を最後に財務省を退官。同年、第44回衆議院議員総選挙に民主党公認で香川2区から出馬したが、自由民主党前職の木村義雄に敗れ、落選した。 2009年、第45回衆議院議員総選挙に民主党公認で再び香川2区から出馬。前回敗れた木村を下し、初当選した。 2010年、民主党香川県連代表に就任。 (Wikipedia:玉木雄一郎)


玉木雄一郎 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  坂本龍馬 - 2017年11月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



坂本龍馬
坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日(新暦・1836年1月3日) - 慶応3年11月15日(新暦・1867年12月10日))は、江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。 諱は直陰(なおかげ)、のちに直柔(なおなり)。通称は龍馬。 他に才谷 梅太郎(さいたに うめたろう、さいだに うめたろう)などの変名がある (手紙と変名の項を参照)。 土佐郷士株を持つ裕福な商家に生まれ、脱藩した後は志士として活動し、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成した。薩長同盟の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に影響を与えるなど、重要な働きをした。大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺された。1891年(明治24年)4月8日、正四位を追贈される。 生涯 幼少年期 龍馬は天保6年11月15日(1836年1月3日)、土佐国土佐郡上街本町一丁目(現在の高知県高知市上町一丁目)の土佐藩郷士(下級武士)坂本家に父・八平、母・幸の間の二男として生まれた。 (Wikipedia:坂本龍馬)

坂本龍馬 (テレビドラマ)
『坂本龍馬』(さかもとりょうま)は、1989年3月31日にTBSで放映されたTBS大型時代劇スペシャルである。本作では、年初以外の放送はシリーズ初にして唯一である。 TBS大型時代劇スペシャルのシリーズの中で唯一年初以外の放送だが、主要キャストの多くは他の作品と共通している。真田広之、名取裕子、松方弘樹、十朱幸代、若山富三郎他、豪華キャストが集結。 端役でブレイク前の香川照之、財前直見、竹中直人らが出演。 前作の『織田信長』で監督だった中島貞夫が本作も続投。同作で主演の渡辺謙がナレーターを担当。 土佐郷士株を持つ裕福な商家に生まれ、脱藩後は志士として活動、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成し、薩長同盟の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に影響を与えながらも、大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺されるまでの、日本の夜明けのために尽力した坂本龍馬の33年間の短い生涯を青春群像的に描いていく。 (Wikipedia:坂本龍馬 (テレビドラマ))


坂本龍馬 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  アズールレーン - 2017年11月19日


関連するイメージは見つかりませんでした




アズールレーン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  核武装 - 2017年11月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



核武装
『核兵器』より : 核兵器(かくへいき、英: Nuclear weapon、口語では Nukes も使われる。)は、核分裂の連鎖反応、または核融合反応で放出される膨大なエネルギーを利用して、爆風、熱放射や放射線効果などの作用を破壊に用いる兵器の総称。原子爆弾、水素爆弾、中性子爆弾等の核爆弾(核弾頭)とそれを運搬する運搬兵器で構成されている。 核兵器は生物兵器、化学兵器と合わせてNBC兵器(又はABC兵器)と呼ばれる大量破壊兵器である。一部放射能兵器も含めて核兵器と称する場合があるが、厳密には放射能兵器を核兵器に分類するのは誤りである。 核兵器は、人類が開発した最も強力な兵器の一つであり、その爆発は一発で都市を壊滅させる事も可能である。そのような威力ゆえに、20世紀後半に配備数が増えるにつれ核戦争の脅威が想定されるようになり、単なる兵器としてだけではなく、国家の命運、人類の存亡にも影響するものとして、開発・配備への動きのみならず、規制・廃棄の動きなど様々な議論の対象となってきた。 (Wikipedia:核武装)

核武装論
日本の核武装論(にほんのかくぶそうろん)は、日本が核武装することの是非についての議論である。核武装論は、広義には核兵器を保有していない国家における安全保障政策上の核武装の是非や利得についての議論を指し、狭義には核武装賛成論を指す。核兵器保有国においては、既に保有する核兵器をどのように運用整備するかという核戦略が議論される。 日本の核武装を巡る検討と発言の経緯 1937年11月、雪博士として知られる物理学者の中谷宇吉郎が以下のように述べている。 — 中谷宇吉郎「弓と鉄砲」『東京朝日』1937年11月 日本において原爆が具体的に語られたのは1940年に仁科芳雄博士が安田武雄陸軍航空技術研究所長にウラン爆弾の研究を進言したのが始まりとの説もある。以後、陸軍は1941年に理化学研究所に原子爆弾の研究を委託(ニ号研究)、海軍は1942年に核物理応用研究委員会を設けて原爆の可能性を検討した。しかし、当時は人形峠(岡山県・鳥取県境)のウラン鉱脈の存在も知られておらず、ウラン鉱石の入手はもっぱらナチス・ドイツとの連絡潜水艦に頼る状況にあり、ウラン爆弾1個に必要な2トンのウラン鉱石を確保するのは絶望的であった。 (Wikipedia:核武装論)


核武装 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す