[PR]

日別キーワード

第1位  浦和レッドダイヤモンズ - 2017年11月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



浦和レッドダイヤモンズ
浦和レッドダイヤモンズ(うらわレッドダイヤモンズ、Urawa Red Diamonds)は、日本の埼玉県さいたま市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。呼称は浦和レッズ(うらわレッズ)である。 三菱重工業サッカー部(1950年創部)が前身であり、1991年にJリーグ加盟した10チームの一つ(オリジナル10)。ホームタウンはサッカー王国・静岡県と並び立つサッカーどころである埼玉県さいたま市(旧浦和市)。ホームスタジアムは埼玉スタジアム2002、練習グラウンドはさいたま市大原サッカー場である。チーム名は「ダイヤモンド」の最高の輝き、固い結束力に由来し、クラブカラーである「レッド」 と組合わせたものである。なお、三菱グループのマークのスリーダイヤモンド・三菱自動車のイメージカラーである赤もモチーフとなっている。 国内3大タイトル(J1リーグ、天皇杯、ナビスコカップ)の全てを獲得しているクラブの一つ。獲得タイトル数(日本国内外)はJリーグ全加盟クラブ中6位である。 (Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズ)

浦和レッドダイヤモンズの選手一覧
浦和レッドダイヤモンズの選手一覧は、浦和レッドダイヤモンズに所属している選手・監督・コーチの一覧。 在籍選手・スタッフ 監督・コーチ ゴールキーパー(GK) ディフェンダー(DF) ミッドフィールダー(MF) フォワード(FW) 他チームに期限付き移籍中の選手 背番号の遍歴 1997年 - 2005年 2006年 - 外国籍選手 過去に在籍した選手・スタッフ 監督 コーチ 監督・選手として在籍経験のあるコーチは除く ゴールキーパー(GK) ディフェンダー(DF) ミッドフィールダー(MF) フォワード(FW) 下部組織出身者 Yはユース、JYはジュニアユースの略。 (Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズの選手一覧)

浦和レッドダイヤモンズ・レディース
浦和レッドダイヤモンズレディース (うらわレッドダイヤモンズレディース)は、埼玉県さいたま市(旧・浦和市)を本拠とする女子サッカーチームである。 さいたまレイナス時代 1998年、かつてLリーグにも所属したことのある「浦和レディースFC」から一部のメンバーが脱退し「浦和レイナスFC」を設立。企業の支援を取り付けず、市民参加を全面的に打ち出したチーム運営を目指しての創部であった。 翌1999年にはLリーグに加盟。当初は下位に甘んじたが、2001年からは、かつてJリーグの浦和レッドダイヤモンズでDFとして活躍し、のちに浦和市議会議員、埼玉県議会議員を歴任した田口禎則を監督に起用して着実なレベルアップに成功。2002年からチーム名を「さいたまレイナスFC」に変更し、2003年には日本女子代表の正守護神に成長したGK山郷のぞみを中心に勝利を積み上げ、優勝争いに加わるまでになった。この年は結局、決勝(上位)リーグ4位に終わったが、この躍進により翌2004年からレベル別のリーグ戦方式により1部(L1)所属となったレイナスは、日本女子代表にも選ばれたMF安藤梢らの活躍により参戦6年目で悲願のリーグ初優勝を果たす。 (Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズ・レディース)

浦和レッドダイヤモンズレディース
『浦和レッドダイヤモンズ・レディース』より : 浦和レッドダイヤモンズレディース (うらわレッドダイヤモンズレディース)は、埼玉県さいたま市(旧・浦和市)を本拠とする女子サッカーチームである。 さいたまレイナス時代 1998年、かつてLリーグにも所属したことのある「浦和レディースFC」から一部のメンバーが脱退し「浦和レイナスFC」を設立。企業の支援を取り付けず、市民参加を全面的に打ち出したチーム運営を目指しての創部であった。 翌1999年にはLリーグに加盟。当初は下位に甘んじたが、2001年からは、かつてJリーグの浦和レッドダイヤモンズでDFとして活躍し、のちに浦和市議会議員、埼玉県議会議員を歴任した田口禎則を監督に起用して着実なレベルアップに成功。2002年からチーム名を「さいたまレイナスFC」に変更し、2003年には日本女子代表の正守護神に成長したGK山郷のぞみを中心に勝利を積み上げ、優勝争いに加わるまでになった。この年は結局、決勝(上位)リーグ4位に終わったが、この躍進により翌2004年からレベル別のリーグ戦方式により1部(L1)所属となったレイナスは、日本女子代表にも選ばれたMF安藤梢らの活躍により参戦6年目で悲願のリーグ初優勝を果たす。 (Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズレディース)

浦和レッドダイヤモンズ・オフィシャル・マッチデー・プログラム
浦和レッドダイヤモンズ・オフィシャル・マッチデー・プログラム(うらわれっどだいやもんず・おふぃしゃる・まっちでー・ぷろぐらむ)はプロサッカー日本プロサッカーリーグ Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズのホームゲーム時に発行されるマッチデープログラム。
1992年9月5日、Jリーグ最初の公式戦となったJリーグカップ ナビスコカップの初戦ジェフユナイテッド市原・千葉 ジェフユナイテッド市原戦で第1号が発行された。当時はまだ、試合会場で有料の試合プログラムを買うと言う概念がなかったのか全くと言っていいほど売れず、5,000部発行して200部も売れなかったと言う。リーグ戦が開幕した1993年も1試合に1000部程度売り上げであったが年を追うごとに売り上げは次第に増えていき、現在では1試合10,000部以上売れる事もある。2004年度は年間合計で30万部以上発行されている。ビッグマッチの場合には完売してしまうこともあり、確実に購入するには出来るだけ早めに購入するか、通信販売(ただし送料が別途かかる+試合当日には到着しない)での購入が望ましい。
(Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズ・オフィシャル・マッチデー・プログラム)

浦和レッドダイヤモンズ・アマチュア
font-color FFFFFF
background-color EE1B3C
原語表記 浦和レッドダイヤモンズ・アマチュア
愛称 浦和レッズアマ
カラー 赤
創設 1997
リーグ 埼玉県社会人リーグ
ディビジョン 1部
ホームタウン 埼玉県さいたま市
スタジアム
キャパ
法人名
代表 中村修三
監督 永井良明
浦和レッドダイヤモンズ・アマチュアは、日本プロサッカーリーグ Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズのアマチュアチームである。埼玉県社会人リーグ1部に所属し、2008年シーズンの成績は8勝3敗3分勝点27の2位であり、関東社会人サッカー大会に出場したものの、1回戦で日立ビルシステムに敗れた。
浦和レッドダイヤモンズ あまちゆあ
関東地方のサッカークラブ
さいたま市のスポーツチーム
(Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズ・アマチュア)


浦和レッドダイヤモンズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  宝石の国 - 2017年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした




宝石の国 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  キタサンブラック - 2017年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



キタサンブラック
キタサンブラックは、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2015年菊花賞2016年天皇賞。馬主は歌手の北島三郎が代表を務める有限会社大野商事である。 = デビュー前 = 2012年3月10日、北海道日高町・ヤナガワ牧場にて誕生。ヤナガワ牧場とは約半世紀つきあいがあるという北島三郎自身が、「顔が二枚目。僕とよく似ている」「目も顔も男前で惚れた」という理由で購買したが、幼駒時代は馬体が細めであった。栗東トレーニングセンター所属の清水久詞厩舎に入厩。細身の馬体重も、デビューのころには510キロに成長していた。 = 3歳 = 2015年1月31日、第1回東京競馬初日第5競走のメイクデビュー東京・3歳新馬戦(芝1800m)にて後藤浩輝騎乗でデビューし、1着となる。その後2月22日の第1回東京競馬8日目の3歳500万下(芝2000m)から北村宏司が騎乗、このレースを勝って、3月22日の第1回中山競馬8日目の皐月賞トライアル・スプリングステークスで重賞に初挑戦、前年の朝日杯フューチュリティステークス優勝のダノンプラチナらを退けて3連勝を飾り、皐月賞への優先出走権を得た。 (Wikipedia:キタサンブラック)


キタサンブラック - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ドナルド・トランプ - 2017年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



ドナルド・トランプ
ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump、1946年6月14日 - )は、アメリカの著名な実業家、2016年アメリカ合衆国大統領選挙候補者。 不動産会社トランプ・オーガナイゼーションの会長兼社長で、カジノ・ホテル運営会社トランプ・エンターテイメント・リゾーツの設立者である。アメリカのビジネスシーンでの有名人であり、メディアへの露出機会も際立って多い。その経歴、ブランディングの努力、私生活、豊かな財産、歯に衣着せぬコメントによって、セレブリティとして知られる。 生粋のニューヨーカーであり、父のフレッド・トランプもニューヨーク市の不動産開発業者。 父フレッドは不動産開発事業に対するトランプの関心を育て、トランプはペンシルベニア大学ウォートン・スクール在学中から父の会社を手伝い、1968年に入社した。1971年には経営権を与えられ、社名を「エリザベス・トランプ・アンド・サン」から「トランプ・オーガナイゼーション」に改めた。以来トランプは、ホテル、カジノ、ゴルフコースその他の不動産を建設し、その多くに自らの名前を冠している。 (Wikipedia:ドナルド・トランプ)


ドナルド・トランプ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ジャパンカップ - 2017年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



ジャパンカップ
ジャパンカップは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。英称の頭文字から、JCという略称も用いられることがある。 2014年からはスイスの時計メーカー「ロンジン」とパートナーシップを締結、「ジャパン・オータムインターナショナル ロンジン賞 ジャパンカップ」の名称で施行している。 正賞は外務大臣賞、農林水産大臣賞、アイルランド大使賞、ロンジン賞、日本馬主協会連合会会長賞、東京馬主協会賞。 1981年に創設された国際招待競走で、日本初の国際GIでもある。また、JRAの厩舎関係者表彰においては、最優秀騎手賞と最優秀調教師賞の資格を得るにあたり「1着をとらねばならない競走」のひとつに指定され、いわゆる「八大競走」と同格の扱いを受けていた。 国外から本競走に出走する競走馬の輸送費、滞在に要する厩舎や飼料の費用、馬主・調教師・騎手・厩務員(馬主・調教師・騎手の配偶者も含む)の交通費や宿泊費を全額JRAが負担する。 (Wikipedia:ジャパンカップ)

ジャパンカップサイクルロードレース
レース名 ジャパンカップサイクルロードレース
開催時期 10月下旬頃
英語名 Japan Cup Cycle Road Race
地域名
愛称 ジャパンカップ
分野 ロードレース (自転車競技) ロードレース
カテゴリー 国際自転車競技連合 UCIアジアツアー1.HC
形態 ワンデーレース
主催者 宇都宮市日本自転車競技連盟
責任者
初回開催年 1992年
開催回数 18回(2009年)
最終開催年
ジャパンカップサイクルロードレース(Japan Cup Cycle Road Race)とは毎年10月に栃木県宇都宮市森林公園周回コースで2日間にわたり開催される自転車ロードレース (自転車競技) ロードレース大会である。2008年から国際自転車競技連合 UCIアジアツアーでのレースグレードが「1.1」(ワンデーレース・1級カテゴリー)から「1.HC」(同・超級カテゴリー)に格上げされた。主催は宇都宮市・日本自転車競技連盟。
(Wikipedia:ジャパンカップサイクルロードレース)

ジャパンカップダート
チャンピオンズカップは、日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。創設から2013年までは「ジャパンカップダート」の名称で、主に東京競馬場(2007年まで)や阪神競馬場(2008年以降)で施行していた。 正賞は名古屋競馬株式会社賞、日本馬主協会連合会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞。 日本では1970年代後半より「世界に通用する強い馬作り」が提唱され、1981年に芝2400mの国際招待競走「ジャパンカップ」が創設された。その後1995年より中央競馬と地方競馬の交流が飛躍的に拡大されるようになると、中央と地方の所属を超えたダートの重賞競走が注目されるようになり、ダートグレード競走で活躍した日本馬はアラブ首長国連邦やアメリカ合衆国のダート競走にも挑戦するようになった。 (Wikipedia:ジャパンカップダート)

ジャパンカップウィーク
ジャパンカップウィーク(Japan Cup week)とは日本の中央競馬における国際競走のジャパンカップ・ジャパンカップダート(2014年からはチャンピオンズカップに名称変更)の開催週を示す国際競走デーである。通称「JCウィーク」。 日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の5回東京8日開催と阪神競馬場の5回阪神2日開催のメイン競走であるジャパンカップ・ジャパンカップダートを盛り上げるため、全国の競馬場やウインズ・Gate J.などでジャパンカップウィークイベントと題して様々なイベントが催しされた。 2008年よりジャパンカップダートが開催地を阪神競馬場に移し1週遅れとなり、この2競走に加えてエリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップ、及びワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)を含めたジャパン・オータムインターナショナルとして開催されている。 (Wikipedia:ジャパンカップウィーク)

ジャパンカップ (ボウリング)
ボウリングジャパンカップは、日本のプロボウリングの国際大会である。ダイドードリンコが協賛。
1985年 日本プロボウリング協会(JPBA)が、全米プロボウリング協会(PBA)の協力の下、第1回大会を開催。
第19回大会(2003年)まで大塚製薬の協賛の下、東京ポートボウルで開催された。
第20回大会(2004年)よりダイドードリンコが協賛となり、開催センターもプリンスホテル 新横浜プリンスホテルボウリングセンターになった。
第21回大会(2005年)より、TV決勝は東京体育館特設レーンにおけるアリーナ決勝として開催。
1985年 : 谷口健
1986年 : ピート・ウェーバー
1987年 : アムレト・モナチェリ
1988年 : 酒井武雄
(Wikipedia:ジャパンカップ (ボウリング))

ジャパンカップ (曖昧さ回避)
ジャパンカップ (Japan Cup) - 日本の優勝カップのこと。また、日本で行われるスポーツなどの国際大会または、日本の国内大会など。 球技以外 ジャパンカップ - 日本中央競馬会が東京競馬場の芝2400メートルで行う競馬の競走。 ジャパンカップダート - 日本中央競馬会が阪神競馬場のダート1800メートルで行う競馬の競走。2014年から「チャンピオンズカップ」に名称変更。 ジャパンカップサイクルロードレース - 自転車ロードレース競技大会で、UCIアジアツアーに組み込まれている。 トライアスロンジャパンカップ 体操JAPAN CUP JAPAN CUP チアリーディング日本選手権大会 - 日本チアリーディング協会が主催するチアリーディングの全国大会。 文部科学大臣杯スズキジャパンカップ 全日本エアロビック選手権大会 - 日本エアロビック連盟が主催するエアロビクスダンス競技の全国大会。 ジャパンカップ 全日本外洋ヨット選手権大会 - 日本セーリング連盟が主催するヨットレース。 (Wikipedia:ジャパンカップ (曖昧さ回避))


ジャパンカップ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す