[PR]

日別キーワード

第1位  歓喜 - 2017年11月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



歓喜会
『盂蘭盆』より : 盂蘭盆会(うらぼんえ)とは、7月15日を中心に7月13日から16日の4日間に行われる仏教行事のこと。日本における日付については、元々旧暦7月15日を中心に行われていたが、改暦にともない新暦(グレゴリオ暦)の日付に合わせて行ったり、一月遅れの新暦8月15日や旧暦のまま行っている場合に分かれている。父母や祖霊を供養したり、亡き人を偲び仏法に遇う縁とする行事のこと。『盂蘭盆経』(西晋、竺法護訳)、『報恩奉盆経』(東晋、失訳)などに説かれる目連尊者の餓鬼道に堕ちた亡母への供養の伝説に由来する。盂蘭盆(うらぼん)、お盆とも。なお、旧暦7月15日は、仏教では安居が開ける日である「解夏」にあたり、道教では三元の中元にあたる。 語義 盂蘭盆は、サンスクリット語の「ウランバナ」(ullambana、उल्लम्बन)の音写語で、古くは「烏藍婆拏」(『玄応音義』)、「烏藍婆那」と音写された。「ウランバナ」は「ウド、ランブ」(ud-lamb)の意味があると言われ、これは倒懸(さかさにかかる、逆さ吊り)という意味である。 (Wikipedia:歓喜会)

歓喜の歌
『歓喜の歌』(かんきのうた、喜びの歌、歓びの歌とも。独: An die Freude / アン・ディー・フロイデ、英: Ode to Joy)は、ベートーヴェンの交響曲第9番の第4楽章で歌われ、演奏される第一主題のこと。 歌詞 歌詞は、シラーの詩作品「自由賛歌」(独: Ode An die Freiheit、仏: Hymne à la liberté 1785年)がフランス革命の直後ラ・マルセイエーズのメロディーでドイツの学生に歌われていた。そこで詩を書き直した「歓喜に寄せて」(An die Freude 1785年初稿、1803年一部改稿)にしたところ、これをベートーヴェンが歌詞として1822年 - 1824年に引用書き直したもの。ベートーヴェンは1792年にこの詩の初稿に出会い、感動して曲を付けようとしているが、実際に第9交響曲として1824年に完成した時には、1803年改稿版の詩を用いている。 1785年のシラーの「自由」(Freiheit / フライハイト)の詩はフリーメイソンの理念を詩にしたものであり、ドレスデンのフリーメイソンの儀式のために書かれた。 (Wikipedia:歓喜の歌)

歓喜大王
『ラーマ5世』より : ラーマ5世(タイ語: รัชกาลที่ ๕)は、チャクリー王朝の第5代のシャム国王。チュラチョームクラオ、ピヤマハーラートや、幼名であるチュラーロンコーン(ไทย: จุฬาลงกรณ์, ラテン文字転写: Chulalongkorn)の名でも呼ばれる。 かつて発行されていた10バーツ紙幣の裏面に騎馬像が、また100バーツ紙幣の裏面ではラーマ6世と共に肖像が使用されていた。 生涯 内政 即位するとすぐに欧米に視察旅行をしてタイの立ち後れを実感し、チャクリー改革と呼ばれる数々の改革を行った。タイ三大王のうちの一人で今でも国民から人気が高く、肖像画が首飾りやポスターになったり、像が仏壇に置かれたりしている。1999年にはアメリカの『タイム』誌で、「今世紀もっとも影響力のあったアジアの20人」の1人にタイ人から唯一選ばれた。チャクリー改革の主たる内容は以下のようなものである。 公然と行われていた奴隷売買を長年かけて廃止した。このためダムロン王子から、歓喜大王(พระปิยมหาราชเจ้า)と献名された。 (Wikipedia:歓喜大王)

歓喜天
歓喜天(かんぎてん、Skt:Vināyaka、Gaṇapati、またはナンディケーシュヴァラ Nandikeśvara 歓喜自在天)は、仏教の守護神である天部の一つ。 また、聖天(しょうでん、しょうてん)、大聖歓喜天、大聖歓喜大自在天、大聖歓喜双身天王、象鼻天(ぞうびてん)、天尊(てんそん)。あるいはVināyaka、Gaṇapatiを音写して、毘那夜迦(びなやか)、誐那缽底(がなぱてい)ともいう。 象頭人身の単身像と立像で抱擁している象頭人身の双身像の2つの姿の形像が多いが、稀に人頭人身の形像も見られる。 多くは厨子などに安置され、秘仏として扱われており一般に公開されることは少ない。ガネーシャ(गणेश)も参照のこと。 由来 ヒンドゥー教のガネーシャ(Gaṇeśa、群集の長)に起源を持つ。ガネーシャはヴィナーヤカ(Vināyaka、無上)、ヴィグネーシュヴァラ(Vighneśvara、障碍除去)、ガナパティ(Gaṇapati、群集の主)、またはナンディケーシュヴァラ(Nandikeśvara)とも呼ばれる。 (Wikipedia:歓喜天)


歓喜 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  厚生労働省 - 2017年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



厚生労働省
厚生労働省(こうせいろうどうしょう、英語: Ministry of Health, Labour and Welfare, MHLW)は、日本の行政機関の一つ。略称は厚労省(こうろうしょう)。医療、公衆衛生、福祉、年金や、労働・雇用を所管する。 2001年(平成13年)1月の中央省庁再編により、厚生省と労働省を廃止・統合して誕生した。およそ定員内として3万1700人の職員が任用されている。 国民生活の保障及び向上を図り、並びに経済の発展に寄与するため、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ることを任務とする(厚生労働省設置法第3条第1項)。および「引揚援護、戦傷病者、戦没者遺族、未帰還者留守家族等の援護及び旧陸海軍の残務の整理を行うこと」(3条2項)を定めている。 厚労省が執筆・編集する白書など年次報告書には、「厚生労働白書」、「労働経済白書」、「海外情勢報告」、「働く女性の実情」、「母子家庭の母の就業の支援に関する年次報告」、「ものづくり基盤技術の振興施策」(ものづくり白書)がある。 (Wikipedia:厚生労働省)

厚生労働省 (日本)
『厚生労働省』より : 厚生労働省(こうせいろうどうしょう、英語: Ministry of Health, Labour and Welfare, MHLW)は、日本の行政機関の一つ。略称は厚労省(こうろうしょう)。医療、公衆衛生、福祉、年金や、労働・雇用を所管する。 2001年(平成13年)1月の中央省庁再編により、厚生省と労働省を廃止・統合して誕生した。およそ定員内として3万1700人の職員が任用されている。 国民生活の保障及び向上を図り、並びに経済の発展に寄与するため、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ることを任務とする(厚生労働省設置法第3条第1項)。および「引揚援護、戦傷病者、戦没者遺族、未帰還者留守家族等の援護及び旧陸海軍の残務の整理を行うこと」(3条2項)を定めている。 厚労省が執筆・編集する白書など年次報告書には、「厚生労働白書」、「労働経済白書」、「海外情勢報告」、「働く女性の実情」、「母子家庭の母の就業の支援に関する年次報告」、「ものづくり基盤技術の振興施策」(ものづくり白書)がある。 (Wikipedia:厚生労働省 (日本))

厚生労働省設置法
厚生労働省設置法(こうせいろうどうしょうせっちほう)は、厚生労働省の設置並びに任務及びこれを達成するため必要となる明確な範囲の所掌事務を定めるとともに、その所掌する行政事務を能率的に遂行するため必要な組織を定めることを目的として制定された法律である。 構成 第一章 総則(第1条) 第二章 厚生労働省の設置並びに任務及び所掌事務 第一節 厚生労働省の設置(第2条) 第二節 厚生労働省の任務及び所掌事務(第3条・第4条) 第三章 本省に置かれる職及び機関 第一節 特別な職(第5条) 第二節 審議会等(第6条―第15条) 第三節 施設等機関(第16条) 第四節 地方支分部局(第17条―第24条) 第四章 外局 第一節 設置(第25条) 第二節 社会保険庁 第一款 任務及び所掌事務(第26条―第28条) 第二款 地方支分部局(第29条・第30条) 第三節 中央労働委員会(第31条) 附則 関連項目 厚生労働省 社会保険庁 社会保険事務所 中央労働委員会。 (Wikipedia:厚生労働省設置法)


厚生労働省 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  工藤遥 - 2017年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



工藤遥
工藤 遥(くどう はるか、1999年10月27日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループ、およびボーカル&ダンスグループであるモーニング娘。の第10期メンバーである。元ハロプロエッグメンバーであり、モーニング娘。の10期メンバーの中では唯一のハロプロエッグ出身者である。 幼稚園の年少組に所属していた頃、発表会で「モーニング娘。のひょっこりひょうたん島」を披露した。そのことがきっかけとなり、モーニング娘。の曲を聴くようになった。 2010年1月ごろ、ハロプロエッグに加入した。 2010年3月27日、『2010 ハロー!プロジェクト新人公演 3月 〜横浜GOLD!〜』にて、ハロプロエッグの新メンバーとして紹介された。ハロプロエッグを志望した理由は、アイドルに憧れてテレビに出たいと思っており、また、モーニング娘。が好きだったからである。 2010年5月1日、『ハロー!プロジェクト プレゼンツ〜ハロ☆フェス in お台場グルメPARK〜』にて、ステージ上でパフォーマンスを初披露。 (Wikipedia:工藤遥)

工藤遥加
工藤 遥加(くどう はるか、1992年11月18日 - )は日本のプロゴルファー。 経歴・人物 1992年、埼玉県出身。父親はプロ野球・福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康、兄は俳優の工藤阿須加。野球選手としてプレーしていて自宅に不在がちな父との会話を増やすきっかけになればと考え、12歳でゴルフを始めた。中学2年生だった2006年冬にはアリゾナ州で自主トレを行なった父に同行し、一緒にゴルフコースを回った。この時に飛距離で上回りながらも完敗した事がきっかけでゴルフに打ち込むようになったという。 その後ゴルフの強豪である東北高校に進学したが、より多くラウンドをこなすため通信制の日出高校に転校。佐倉市で祖母と2人暮らしをしながら、電車やバスを乗り継いで練習場や試合会場へ向かう生活を送った。2010年の千葉国体ではゴルフ女子の千葉県代表に選出され、団体戦で4位となっている。2011年7月にJLPGAのプロテストを受験し、2日目まで48位だったものの最終日に66とスコアを伸ばして通算9オーバーの9位で合格した。 (Wikipedia:工藤遥加)


工藤遥 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  京阪杯 - 2017年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



京阪杯
京阪杯(けいはんはい)は、日本中央競馬会 (JRA) が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 寄贈賞を提供する京阪電気鉄道は、大阪市に本社を置く鉄道会社。 正賞は京阪電気鉄道株式会社賞。 1956年に「京都特別(きょうととくべつ)」の名称で創設された、4歳(現3歳)以上の馬による重賞競走。1961年より現名称となった。 創設時は芝2200mのハンデキャップ競走で行われ、その後距離や施行時期・競走条件等は幾度か変更されたものの、概ね中距離の重賞として定着していたが、2006年に短距離重賞路線の整備が図られ、本競走は芝1200mに変更された。 外国産馬は1989年から、地方競馬所属馬は1998年から出走が可能になったほか、2005年から国際競走に指定され、外国馬も出走可能になった。 競走条件 以下の内容は、2015年現在のもの。 出走資格:サラ系3歳以上 JRA所属馬 地方競馬所属馬(認定馬のみ、2頭まで) 外国調教馬(9頭まで、優先出走)負担重量:別定 3歳55kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減 日本馬:収得賞金3000万円超過馬は超過額2000万円毎に1kg増 外国馬:GI競走1着馬は5kg増、GII競走1着馬は3kg増、GIII競走1着馬は1kg増(2歳時の成績は除く) 賞金 2015年の1着賞金は3800万円で、以下2着1500万円、3着950万円、4着570万円、5着380万円。 (Wikipedia:京阪杯)


京阪杯 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  Fate/Apocrypha - 2017年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



Fate/Apocrypha
『Fate/Apocrypha』(フェイト/アポクリファ)は、TYPE-MOON作のビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』のスピンアウト小説。著者は東出祐一郎、イラストは近衛乙嗣 元々は『Fate/EXTRA』と同時期に進行していたオンラインゲームの企画。諸般の事情で頓挫してしまったものを小説作品としてリメイクしたものである。オンラインゲーム時の一部のキャラクター設定やインタビュー記事などが『Fate/complete material IV Extra material』に収録されており、東出、近衛、真田はいずれもその時からキャラクター設定を寄稿している。「アポクリファ」の名の通り、外典という形容詞がしばしば用いられている。 TYPE-MOONエース VOL.7にて、新作シリーズとして第1話(ACT1)が発表された。この短編は結局シリーズ化はせず、本編とは一部設定が異なる。 2012年12月31日、『Fate/Zero』などを発刊してきたオリジナルレーベル「TYPE-MOON BOOKS」から単行本第1巻が発刊。 (Wikipedia:Fate/Apocrypha)


Fate/Apocrypha - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す