[PR]

日別キーワード

第46位  リバプール - 2017年12月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



リバプール
リヴァプール (Liverpool) は、イギリス、イングランド北西部マージーサイド州の中心都市である。市域面積は111.84平方キロメートル、2005年の人口は447,500人。2008年の欧州文化首都の一つ。世界的ロック・バンドであるザ・ビートルズ誕生の地として名高い。 地勢 アイリッシュ海に面し、マージー川の河口に位置する。18世紀より貿易港として発展した。近隣の都市としては、約50キロ東に位置するマンチェスター、約25km南に位置するチェスターなどが挙げられる。マンチェスターとは市域面積及び市域人口がほぼ同じ。 最初に記録に現れるのは1195年、"Liuerpol"または"dirty pool"としてである。それから12年後、1207年にジョン王が都市建設に勅許を出し、まだ村だったリヴァプールに自由都市の特権をあたえた。とはいえ、しばらくは小さな港で、16世紀中ごろの人口は600人程度であった。しかし17世紀末に近郊のチェスター港が泥の堆積によって衰退、チェスターに代わってイングランド北西部商業都市の代表格にのし上がり、郊外では製造業が成長、アメリカおよび西インド諸島との貿易が増大するにしたがい町は繁栄した。 (Wikipedia:リバプール)

リバプールFC
『リヴァプールFC』より : リヴァプールFC(Liverpool Football Club)は、イングランド・リヴァプールをホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。愛称はレッズ(Reds)。 イングランド・マージーサイド州リヴァプール市、アンフィールドをホームとするクラブ。ホームスタジアムであるアンフィールドとライバルクラブのエヴァートンの関係から1892年に創設された。プレミアリーグ(当時はFAプレミアリーグ)発足に参加した22クラブのひとつ。 1960年代半ばから1980年代にかけて、3連覇(1981-82・1982-83・1983-84)達成を含むリーグ優勝13回、4回のUEFAチャンピオンズカップなど、40以上のタイトルを獲得したイングランドの古豪。特に、イングランドだけでなく欧州の舞台でも活躍した、1970年代以降の約20年については『黄金期』と称される一方、『ヘイゼルの悲劇』、『ヒルズボロの悲劇』という2つの悲劇を経験した、暗い過去を持つ(後述)。 (Wikipedia:リバプールFC)

リバプールサウンド
リバプールサウンドとは、1960年代前半にイギリスで勃興したロックンロールのムーブメントおよびそこから確立したジャンルを差す音楽用語。日本独自の呼称であり、現地ではマージー・ビート(Merseybeat)、ビート・ミュージック(Beat Music)、ブリティッシュ・ビート(British Beat)などと呼称された。ロックンロール、ドゥー・ワップ、スキッフル、R&B、ソウル・ミュージックなど様々な既成の音楽が融合され、1960年代中盤まで進化・分化していった。1964年以降、このムーブメントから生まれたバンドが次々とアメリカのポップ・ミュージック界に進出してヒットチャートを賑わせ、第1次ブリティッシュ・インヴェイジョンのリーダー役となった。 1950年代後半から、リヴァプール、マンチェスター、バーミンガム、ロンドンといった大都市圏で、廃れつつあったスキッフルに代わる新感覚の音楽を切望する土壌が生まれていた。 (Wikipedia:リバプールサウンド)

リバプール・サウンド
『リバプールサウンド』より : リバプールサウンドとは、1960年代前半にイギリスで勃興したロックンロールのムーブメントおよびそこから確立したジャンルを差す音楽用語。日本独自の呼称であり、現地ではマージー・ビート(Merseybeat)、ビート・ミュージック(Beat Music)、ブリティッシュ・ビート(British Beat)などと呼称された。ロックンロール、ドゥー・ワップ、スキッフル、R&B、ソウル・ミュージックなど様々な既成の音楽が融合され、1960年代中盤まで進化・分化していった。1964年以降、このムーブメントから生まれたバンドが次々とアメリカのポップ・ミュージック界に進出してヒットチャートを賑わせ、第1次ブリティッシュ・インヴェイジョンのリーダー役となった。 1950年代後半から、リヴァプール、マンチェスター、バーミンガム、ロンドンといった大都市圏で、廃れつつあったスキッフルに代わる新感覚の音楽を切望する土壌が生まれていた。 (Wikipedia:リバプール・サウンド)

リバプール・ストリート駅
リバプール・ストリート駅 (Liverpool Street station、または London Liverpool Street) は、イギリス都心部、金融街で有名なシティ・オブ・ロンドン(シティ)の北東に位置するターミナル駅である。 ビショップスゲート (Bishopsgate) 及びリバプールストリートの入口にある。この駅の西側にある小規模なショッピング・モールはブロードゲートサークル (Broadgate Circle) に繋がっている。ここはネットワークレール (Network Rail) によって運営されている17の鉄道駅のうちの1つである。この駅の運賃区分はトラベルカード (Travelcard) ゾーン1に含まれる。 この駅はグレート・イースタン鉄道 (Great Eastern Railway) によって1874年に開業した。ここは同社の主任技士エドワード・ウィルソン (Edward Wilson)によって設計され、元々王立ベスレム病院が建っていた場所に建設された。 (Wikipedia:リバプール・ストリート駅)

リバプール・ジョン・レノン空港
リバプール・ジョン・レノン空港 (Liverpool John Lennon Airport) は、イギリスのリバプールにある空港である。 かつては「スピーク空港(Speke Airport) 」という名称であったが、リバプール出身のアーティストジョン・レノンを称えて、2002年「リバプール・ジョン・レノン空港」という名称に変わった。空港内にはジョン・レノンの銅像が建つ。また空港のロゴには、彼の曲である「イマジン」の歌詞の一節“above us only sky”が使われており、この歌詞は空港の屋根にも書かれている。 ヨーロッパの空港の中でも格安航空会社の乗り入れによって発展している空港の一つであり、1998年から2007年の間に乗客数は約7倍になっている。 就航路線 脚注 外部リンク Liverpool John Lennon Airport(英語版) History of Speke Airport(英語版) Liverpool John Lennon Airport Consultative Committee(英語版)。 (Wikipedia:リバプール・ジョン・レノン空港)

リバプール大学
『』より : (Wikipedia:リバプール大学)


リバプール - 関連ブログ

データが取得できませんでした

リバプール - アマゾン検索


「リバプール」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す