[PR]

日別キーワード

第65位  東京メトロ - 2017年12月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



東京メトロ
『東京地下鉄』より : 東京地下鉄株式会社(とうきょうちかてつ、英称 : Tokyo Metro Co., Ltd.)は、東京都の特別区(東京23区)およびその付近 で地下鉄を経営する鉄道事業者である。愛称は東京メトロ。東京の地下鉄路線のうち、銀座線などの9路線を運営している。 1941年に設立された特殊法人(営団)である帝都高速度交通営団(交通営団)を国の行政改革の一環として民営化するにあたり、同営団の事業を承継する法人として、2004年(平成16年)4月1日に東京地下鉄株式会社法に基づいて設立された特殊会社である。9路線11系統・195.1km(営業キロ)の地下鉄路線を運営するほか、関連事業を営む。 設立の経緯もあり、設立時に発行された株式は営団時代の出資者がそのまま引き継いでおり、現在の株主は旧国鉄の出資金を承継した日本国政府(名義上は財務大臣)と、東京都となっている。2009年(平成21年)度までに株式を上場することを目標としていたが、2009年に2010年(平成22年)度以降へ延期されており、現在は公式サイト上で「できる限り早期の株式上場を目指します」と上場目標時期を明言していない状態となっている。 (Wikipedia:東京メトロ)

東京メトロ有楽町線
『東京地下鉄有楽町線』より : 有楽町線(ゆうらくちょうせん)は、埼玉県和光市の和光市駅から東京都江東区の新木場駅までを結ぶ、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線である。都市交通審議会における路線番号の区間は、小竹向原駅 - 新木場駅間が8号線、和光市駅 - 小竹向原駅間が13号線であるが、国土交通省監修『鉄道要覧』では和光市駅 - 新木場駅間が8号線有楽町線と記載されている。 路線名の由来は、銀座に隣接する有楽町駅に接続していることから。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「ゴールド」(金)、路線記号はY。有楽町線 1968年(昭和43年)の都市交通審議会答申第10号において、東京8号線は、「成増及び練馬の各方面より向原及び池袋の各方面を経由し、また、中村橋方面より目白方面を経由し、護国寺、飯田橋、市ヶ谷、永田町、有楽町及び銀座の各方面を経て明石町方面に至る路線」として初めて示された。 (Wikipedia:東京メトロ有楽町線)

東京メトロポリタンテレビジョン
東京メトロポリタンテレビジョン株式会社(とうきょうメトロポリタンテレビジョン、Tokyo Metropolitan Television Broadcasting Corp.)は、東京都を放送対象地域とするテレビジョン放送の特定地上基幹放送事業者。愛称はTOKYO MX(とうきょう エムエックス)。 株式会社エフエム東京(TOKYO FM)の関連会社である。 1993年(平成5年)4月30日、東京都で6番目の地上波民間放送テレビ局として設立。1995年(平成7年)11月1日、地上アナログテレビジョン放送を開始。2003年(平成15年)12月1日、地上デジタルテレビジョン放送を開始。 尚、全国独立放送協議会に加盟する独立放送局で、群馬テレビ・サンテレビ・KBS京都へ『5時に夢中!』が同時ネットされるなど、一部番組のネットワーク ・番組販売による他局との取引関係はあるが、東名阪ネット6・5いっしょ3ちゃんねるなどには参加していない。 (Wikipedia:東京メトロポリタンテレビジョン)

東京メトロ東西線
『東京地下鉄東西線』より : 東西線(とうざいせん)は、東京都中野区の中野駅と千葉県船橋市の西船橋駅を結ぶ、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線。鉄道要覧における名称は5号線東西線である。 路線名の由来は東京を東西に横断する意味から。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「スカイブルー」(水色)、路線記号はT。東西線 名称の通り、東京の東西に延びる路線である。路線はその西端の中野駅から東京都心部を横断し、さらに東方向へ進み、葛西 - 浦安間の旧江戸川以東は千葉県内となる。帝都高速度交通営団(現:東京地下鉄株式会社)では初めての東京23区以外への路線となった。後に有楽町線・副都心線も埼玉県内に路線が伸びたが、有楽町線・副都心線唯一の23区外の駅である和光市駅は東武鉄道の管理駅であるため、23区外に東京地下鉄管理駅を持つのは2013年現在においても東西線のみである。 西側で東日本旅客鉄道(JR東日本)の中央線(各駅停車)三鷹まで、東側ではJR東日本の総武線(各駅停車)津田沼まで、および東葉高速鉄道の東葉高速線とも直通運転を行う。 (Wikipedia:東京メトロ東西線)

東京メトロ千代田線
『東京地下鉄千代田線』より : 千代田線(ちよだせん)は、東京都足立区の綾瀬駅から渋谷区の代々木上原駅間を結ぶ本線と、綾瀬駅から北綾瀬駅間を結ぶ支線(通称:北綾瀬支線)から成る東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線。鉄道要覧における名称は9号線千代田線である。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「グリーン」(緑)、路線記号はC。千代田線 北千住 - 綾瀬間は、運賃計算上はJR常磐線(各駅停車)との二重戸籍区間で、運賃などの扱いが異なる(後述)。また、この区間は東京地下鉄の路線ではあるが、2013年3月23日の交通系ICカード相互利用開始以前からSuicaおよびSuicaと相互利用可能なICカードがすべて利用できた。 1962年(昭和37年)の都市交通審議会答申第6号において、東京8号線が「喜多見方面より原宿、永田町、日比谷、池ノ端および日暮里の各方面を経て松戸方面へ向かう路線」として示された。その後、1964年(昭和39年)の改訂で日暮里を経由し松戸方面に向かう経過地については、西日暮里、町屋、北千住を経て常磐線に接続し、綾瀬以遠は常磐線を線増することが示されたほか、喜多見方面から原宿までの経過地については喜多見 - 代々木上原間は小田急線を線増することが示された。 (Wikipedia:東京メトロ千代田線)

東京メトロ丸ノ内線
『東京地下鉄丸ノ内線』より : 丸ノ内線(まるのうちせん)は、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線。東京都豊島区の池袋駅 - 杉並区の荻窪駅間を結ぶ本線と、中野区の中野坂上駅 - 杉並区の方南町駅間を結ぶ分岐線(通称 方南町支線)から構成される。鉄道要覧における名称は4号線丸ノ内線および4号線丸ノ内線分岐線である。なお、新宿 - 荻窪間と中野坂上 - 方南町間は開業当時は荻窪線と呼ばれていた。 路線名の由来は、東京駅付近の地名である丸の内より。1970年の町名変更により千代田区の「丸ノ内」は「丸の内」と表記されるようになったが、地下鉄線の表記はそれ以降も「丸ノ内線」のまま変更されていない。 車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「レッド」(赤)である。方南町支線の車両には誤乗車防止のため帯に「ブラック」(黒)が付加されている。路線記号は本線がM 丸ノ内線、方南町支線がm 丸ノ内線方南町支線。 本線は池袋駅から東京駅を経て新宿駅まで山手線の内側をU字形に走行し、新宿からはそのまま直線的に荻窪駅まで走るルートをとる。 (Wikipedia:東京メトロ丸ノ内線)

東京メトロ丸の内線
『東京地下鉄丸ノ内線』より : 丸ノ内線(まるのうちせん)は、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線。東京都豊島区の池袋駅 - 杉並区の荻窪駅間を結ぶ本線と、中野区の中野坂上駅 - 杉並区の方南町駅間を結ぶ分岐線(通称 方南町支線)から構成される。鉄道要覧における名称は4号線丸ノ内線および4号線丸ノ内線分岐線である。なお、新宿 - 荻窪間と中野坂上 - 方南町間は開業当時は荻窪線と呼ばれていた。 路線名の由来は、東京駅付近の地名である丸の内より。1970年の町名変更により千代田区の「丸ノ内」は「丸の内」と表記されるようになったが、地下鉄線の表記はそれ以降も「丸ノ内線」のまま変更されていない。 車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「レッド」(赤)である。方南町支線の車両には誤乗車防止のため帯に「ブラック」(黒)が付加されている。路線記号は本線がM 丸ノ内線、方南町支線がm 丸ノ内線方南町支線。 本線は池袋駅から東京駅を経て新宿駅まで山手線の内側をU字形に走行し、新宿からはそのまま直線的に荻窪駅まで走るルートをとる。 (Wikipedia:東京メトロ丸の内線)

東京メトロ半蔵門線
『東京地下鉄半蔵門線』より : 半蔵門線(はんぞうもんせん)は、東京都渋谷区の渋谷駅から墨田区の押上駅までを結ぶ、東京地下鉄(東京メトロ)の鉄道路線。鉄道要覧における名称は11号線半蔵門線である。 路線名の由来は徳川家康の家臣・服部半蔵正成の屋敷の側にあったことから名が付いた江戸城の門の一つ、「半蔵門」から。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「パープル」(紫)、路線記号はZ。半蔵門線 1968年(昭和43年)の都市交通審議会答申第10号において、東京11号線は「二子玉川方面より三軒茶屋、渋谷、神宮前、永田町、九段下、神保町および大手町の各方面を経て蛎殻町に至る路線」として初めて示された。1972年(昭和47年)の同答申第15号では終点が深川扇橋へと延長され、その後1985年(昭和60年)の運輸政策審議会答申第7号において、錦糸町、押上経由で松戸へとさらに延長された。このうち渋谷 - 押上間が半蔵門線として1978年(昭和53年)から2003年(平成15年)にかけて順次開業しており、また二子玉川 - 渋谷間は東急新玉川線(現・東急田園都市線)として開業している。 (Wikipedia:東京メトロ半蔵門線)

東京メトロ銀座線
『東京地下鉄銀座線』より : 銀座線(ぎんざせん)は、東京都台東区の浅草駅から渋谷区の渋谷駅までを結ぶ、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線。鉄道要覧における名称は3号線銀座線である。 路線名の由来は繁華街の銀座から。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「オレンジ」(橙)、路線記号はG。銀座線 1927年(昭和2年)に浅草 - 上野間で営業を開始した日本で最初の地下鉄である。当時のポスターでは「東洋唯一の地下鉄道」というキャッチコピーが使われ、アジア・オセアニア地域では初めての地下鉄路線である。なお、1番切符を手にし、一番初めに乗った乗客は原鉄道模型博物館の館長、原信太郎であり、同館には当時の新聞記事等が展示されている。 東京地下鉄(東京メトロ)の路線では丸ノ内線とこの銀座線のみ標準軌である。また、第三軌条集電方式を採用しているため、駅進入部にデッドセクションが存在し、2両ユニット方式で MG を搭載した1500N系をのぞく01系以前の車両では駅到着直前に室内灯が消灯し代わりにバッテリー電源の非常灯が点灯していた。 (Wikipedia:東京メトロ銀座線)

東京メトロ日比谷線
『東京地下鉄日比谷線』より : 日比谷線(ひびやせん)は、東京都足立区の北千住駅から目黒区の中目黒駅間を結ぶ、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線。鉄道要覧における名称は2号線日比谷線である。 路線名の由来は日比谷公園のある日比谷から。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「シルバー」(銀) 、路線記号はH。日比谷線 1961年(昭和36年)に、南千住 - 仲御徒町間3.7kmで開業。当時は帝都高速度交通営団が運営していた。 1962年(昭和37年)の都市交通審議会答申第6号において、東京2号線は「中目黒方面より六本木、霞ケ関、築地、茅場町、上野及び三ノ輪の各方面を経て北千住方面に至る路線」として示された。1972年(昭和47年)の同答申第15号では終点が松原団地に改められ、北千住以北は東武伊勢崎線を複々線化することとされた。その後、1985年(昭和60年)の運輸政策審議会答申第7号では竹ノ塚 - 北越谷間の東武線複々線化が示されている。このうち、中目黒 - 北千住間は日比谷線として順次開業した。 都内の北東の北千住と西南の中目黒を、途中銀座を中心として上野・築地・霞ケ関・六本木など要所を経由する路線である。 (Wikipedia:東京メトロ日比谷線)

東京メトロ南北線
『東京地下鉄南北線』より : 南北線(なんぼくせん)は、東京都品川区の目黒駅から北区の赤羽岩淵駅を結ぶ東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線。鉄道要覧における名称は7号線南北線である。 路線名の由来は、東京を南北に貫くことから。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「エメラルドグリーン」、路線記号はN。南北線 1968年(昭和43年)の都市交通審議会答申第10号において、東京7号線は、「目黒方面より飯倉片町、永田町、市ケ谷、駒込及び王子の各方面を経て赤羽方面に至る路線」として示された。1972年(昭和47年)の答申第15号では、将来の検討対象とされていた埼玉方面への延伸区間が川口市中央部…浦和市東部間と改められた。その後1985年(昭和60年)の運輸政策審議会答申第7号では、目黒 - 清正公前(現:白金高輪駅)間を都営三田線と共用するものとされ、また埼玉県内は鳩ヶ谷市中央経由で東川口から浦和市東部へと変更された。 (Wikipedia:東京メトロ南北線)

東京メトロ13号線
『東京地下鉄13号線』より : 副都心線(ふくとしんせん)は、埼玉県和光市の和光市駅から東京都渋谷区の渋谷駅を結ぶ東京地下鉄(東京メトロ)の鉄道路線である。鉄道要覧における名称は13号線副都心線である。和光市駅 - 小竹向原駅間は有楽町線と線路・駅・施設を共用し、小竹向原駅 - 池袋駅間は同線との複々線区間として並走している。 路線名は、池袋・新宿・渋谷の三大副都心を縦断する路線の特色をイメージしている。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「ブラウン」(茶)、路線記号はF。副都心線 本路線を含めた鉄道5事業者(東武・西武・東京地下鉄・東急・横浜高速鉄道)による相互直通運転が行われており、埼玉県北西部の川越市・飯能市・所沢市の各方面から神奈川県横浜市までの広域鉄道網を形成している。 路線データ 距離・駅数は小竹向原駅 - 渋谷駅間のもの。 路線距離(営業キロ):11.9 km 和光市駅 - 小竹向原駅間 8.3 km は有楽町線の線路を使用する。 (Wikipedia:東京メトロ13号線)

東京メトロ有楽町線新線
『東京地下鉄有楽町線新線』より : 副都心線(ふくとしんせん)は、埼玉県和光市の和光市駅から東京都渋谷区の渋谷駅を結ぶ東京地下鉄(東京メトロ)の鉄道路線である。鉄道要覧における名称は13号線副都心線である。和光市駅 - 小竹向原駅間は有楽町線と線路・駅・施設を共用し、小竹向原駅 - 池袋駅間は同線との複々線区間として並走している。 路線名は、池袋・新宿・渋谷の三大副都心を縦断する路線の特色をイメージしている。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「ブラウン」(茶)、路線記号はF。副都心線 本路線を含めた鉄道5事業者(東武・西武・東京地下鉄・東急・横浜高速鉄道)による相互直通運転が行われており、埼玉県北西部の川越市・飯能市・所沢市の各方面から神奈川県横浜市までの広域鉄道網を形成している。 路線データ 距離・駅数は小竹向原駅 - 渋谷駅間のもの。 路線距離(営業キロ):11.9 km 和光市駅 - 小竹向原駅間 8.3 km は有楽町線の線路を使用する。 (Wikipedia:東京メトロ有楽町線新線)

東京メトロ有楽町新線
『東京地下鉄有楽町線新線』より : 副都心線(ふくとしんせん)は、埼玉県和光市の和光市駅から東京都渋谷区の渋谷駅を結ぶ東京地下鉄(東京メトロ)の鉄道路線である。鉄道要覧における名称は13号線副都心線である。和光市駅 - 小竹向原駅間は有楽町線と線路・駅・施設を共用し、小竹向原駅 - 池袋駅間は同線との複々線区間として並走している。 路線名は、池袋・新宿・渋谷の三大副都心を縦断する路線の特色をイメージしている。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「ブラウン」(茶)、路線記号はF。副都心線 本路線を含めた鉄道5事業者(東武・西武・東京地下鉄・東急・横浜高速鉄道)による相互直通運転が行われており、埼玉県北西部の川越市・飯能市・所沢市の各方面から神奈川県横浜市までの広域鉄道網を形成している。 路線データ 距離・駅数は小竹向原駅 - 渋谷駅間のもの。 路線距離(営業キロ):11.9 km 和光市駅 - 小竹向原駅間 8.3 km は有楽町線の線路を使用する。 (Wikipedia:東京メトロ有楽町新線)

東京メトロ10000系
『』より : (Wikipedia:東京メトロ10000系)

東京メトロ10000系電車
『』より : (Wikipedia:東京メトロ10000系電車)

東京メトロ副都心線
『』より : 副都心線(ふくとしんせん)は、埼玉県和光市の和光市駅から東京都渋谷区の渋谷駅を結ぶ東京地下鉄(東京メトロ)の鉄道路線である。鉄道要覧における名称は13号線副都心線である。和光市駅 - 小竹向原駅間は有楽町線と線路・駅・施設を共用し、小竹向原駅 - 池袋駅間は同線との複々線区間として並走している。 路線名は、池袋・新宿・渋谷の三大副都心を縦断する路線の特色をイメージしている。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「ブラウン」(茶)、路線記号はF。副都心線 本路線を含めた鉄道5事業者(東武・西武・東京地下鉄・東急・横浜高速鉄道)による相互直通運転が行われており、埼玉県北西部の川越市・飯能市・所沢市の各方面から神奈川県横浜市までの広域鉄道網を形成している。 路線データ 距離・駅数は小竹向原駅 - 渋谷駅間のもの。 路線距離(営業キロ):11.9 km 和光市駅 - 小竹向原駅間 8.3 km は有楽町線の線路を使用する。 (Wikipedia:東京メトロ副都心線)


東京メトロ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

東京メトロ - アマゾン検索


「東京メトロ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す