[PR]

日別キーワード

第1位  気象庁 - 2017年12月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



気象庁
気象庁(きしょうちょう、英語:Japan Meteorological Agency、略称:JMA)は、国土交通省の外局である。気象業務の健全な発達を図ることを任務とする(国土交通省設置法第46条)。 気象業務の健全な発達を図るため、国土交通省設置法第47条は同法第4条に列記された所掌事務のうち、気象庁が分掌する事務として計9号を規定している。具体的には以下に関することなどがある。 宇宙の開発に関する大規模な技術開発であって、気象業務に係るもの(第16号) 気象業務に関する基本的な計画の作成及び推進(第119号) 気象、地象(地震にあっては、発生した断層運動による地震動に限る。)及び水象の予報及び警報並びに気象通信(第120号) 気象、地象、地動、地球磁気、地球電気及び水象並びにこれらに関連する輻射に関する観測並びに気象、地象及び水象に関する情報(第121号) 気象測器その他の測器(第122号) 気象業務に関連する技術に関する研究及び開発並びにこれらの助成並びに気象業務に関連する技術に関する指導及び普及(第124号)気象庁の行う気象業務(上記所掌事務とほぼ一致)は、気象業務法のもとで行われており、同法で「気象」「地象」「水象」「観測」「予報」などの概念の意味内容が確定されている。 (Wikipedia:気象庁)

気象庁風力階級
『風力』より : ビューフォート風力階級(ビューフォートふうりょくかいきゅう、英: (the) Beaufort scale)は、風力(風の強さ)を、風速によりいくつかの階級に分けたスケールである。 イギリス海軍提督のフランシス・ボーフォートが1806年に提唱した。ボーフォートは風力を0から12までの13段階で表し、それに対応した海上の様相についての表を作成した。その後、より客観的な風速と風力階級も対応付けられた。 この風力階級表は1964年に世界気象機関の風力の標準的な表現法として採択され、現在ではビューフォート風力階級といえば通常はこの世界気象機関で採択された風力階級表を指す。日本の気象庁の採用している気象庁風力階級はこのビューフォート風力階級を翻訳したもので内容は同一のものである。 ビューフォート風力階級表 日本では風力は「風力5」のように数字で表し、「疾風」のような名称は公式には使用しない。また、風速には相当風速(開けた平らな土地で地上10mの高さでの10分間の平均風速)を用いる。 (Wikipedia:気象庁風力階級)

気象庁地磁気観測所
気象庁地磁気観測所(きしょうちょうちじきかんそくじょ)は茨城県石岡市柿岡にある気象庁に所属する施設等機関である。 地球磁気・地球電気に関する観測および調査を行う機関である。茨城県石岡市柿岡のほか、北海道網走郡大空町に女満別観測施設、鹿児島県鹿屋市に鹿屋観測施設、東京都小笠原村父島に無人の常時観測点を置く。柿岡以外は無人で観測を行っている。 1883年:前年からの第1回国際極年観測に協力するため、内務省地理局と工部省電信局により東京府東京市赤坂区今井町(現・東京都港区赤坂)に臨時観測所として開設。 1897年:麹町区(現・千代田区)代官町に開設された中央気象台(現・気象庁)構内に移転し本格的観測を開始。 1913年:茨城県柿岡町に移転。 1932年:第2回国際極年観測に参加。樺太豊原市(現・ユジノサハリンスク)に豊原地磁気観測所を開設。 1946年:豊原地磁気観測所を廃止し、北海道空知郡南富良野村(現・南富良野町)に幾寅地磁気観測所を開設。 (Wikipedia:気象庁地磁気観測所)

気象庁精密地震観測室
座標: 北緯36度32分38秒 東経138度12分22秒 / 北緯36.54389度 東経138.20611度 / 36.54389; 138.20611 気象庁松代地震観測所(きしょうちょう まつしろじしんかんそくじょ、正式名称:気象庁地震火山部地震津波監視課松代地震観測所)は、長野県長野市松代町にある気象庁の地震観測所。舞鶴山(標高 510m)の南山麓の松代大本営跡を利用した、日本最大級の地震観測施設である。 海岸からの距離が遠く波浪の影響を受けない、大都市から距離があり生活振動の影響を受けにくい、安定した岩盤(閃緑ひん岩と黒色頁岩)があるなど高感度地震計の設置に適する立地を生かし、1947年に中央気象台松代分室が設置され地震観測が始まった。主要な地震計は、舞鶴山山頂下100mの松代大本営跡の地下坑道内に設置され、1965年8月3日から始まった松代群発地震で貴重なデータを採取するなど、日本における地震観測研究の中心的組織であった。 (Wikipedia:気象庁精密地震観測室)

気象庁震度階級
気象庁震度階級(きしょうちょうしんどかいきゅう)は、日本で使用されている独自の震度階級。地震の揺れの大きさを階級制で表す指標である。単に震度ともいう。主に気象庁が中心となって定めたもので、2012年時点で、4,300地点で観測が行われている。過去に基準や段階が変更されたこともあるが、現在は震度0から7まで(5と6にはそれぞれ強弱の2段階がある)の10段階設定されている。地震の規模を示すマグニチュードとは異なる。 震度階級の創設と改訂 日本で地震計による地震観測が始まったのは1872年(明治5年)であるが、その8年後の1884年(明治13年)、当時の内務省地理局第四部 験震課長を務めていた関谷清景が全18条からなる『地震報告心得』をまとめ、全国約600か所の郡役所から地震の情報収集を開始した。 (Wikipedia:気象庁震度階級)

気象庁 (韓国)
気象庁(きしょうちょう、”Korea Meteorological Administration”) は韓国科学技術処の下にある政府機関。役割は日本の気象庁とだいたい同じ。1990年12月に中央気象台から気象庁へと昇格した。
韓国の行政 きしようちよう
ko:대한민국 기상청
(Wikipedia:気象庁 (韓国))


気象庁 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  フィンランド - 2017年12月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



フィンランド
フィンランド共和国 Suomen tasavalta(フィンランド語)Republiken Finland(スウェーデン語) 国の標語:なし 国歌:我等の地 フィンランドの位置 フィンランド共和国(フィンランドきょうわこく、フィンランド語: Suomen tasavalta、スウェーデン語: Republiken Finland)、通称フィンランドは、北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国のひとつであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置する。首都はヘルシンキ。 国名 正式名称は、フィンランド語では Suomen tasavalta(スオメン・タサヴァルタ)、通称 Suomi(スオミ)。形容詞はsuomalainen(スオマライネン)。スウェーデン語では Republiken Finland(レプブリケン・フィンランド)、通称 Finland(フィンランド)。 (Wikipedia:フィンランド)

フィンランド共和国
『フィンランド』より : フィンランド共和国 Suomen tasavalta(フィンランド語)Republiken Finland(スウェーデン語) 国の標語:なし 国歌:我等の地 フィンランドの位置 フィンランド共和国(フィンランドきょうわこく、フィンランド語: Suomen tasavalta、スウェーデン語: Republiken Finland)、通称フィンランドは、北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国のひとつであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置する。首都はヘルシンキ。 国名 正式名称は、フィンランド語では Suomen tasavalta(スオメン・タサヴァルタ)、通称 Suomi(スオミ)。形容詞はsuomalainen(スオマライネン)。スウェーデン語では Republiken Finland(レプブリケン・フィンランド)、通称 Finland(フィンランド)。 (Wikipedia:フィンランド共和国)

フィンランドの歴史
フィンランドの歴史(フィンランドのれきし)では、フィンランドの歴史について記述する。 先史時代 石器時代 現在の北欧の全域は1万3000年前までの間は氷床が広がっていたが、ヴュルム氷期が終わって気温が上昇すると、氷が解けて海面が上昇すると共に氷河の重さに抑えられていた陸が隆起した。約9000年前、後にバルト海になるアンキュルス湖の東側へ南方や東方から人々が移動するようになり、狩猟や漁業を行った。 紀元前3300年頃にヴォルガ川周辺の文化が持ち込まれ、櫛目文土器を使い始めた。ウラル語族のフィン人の祖先はフィンランド湾の南に広がり、サーミ人の祖先は北へ分かれた。この頃から北ゲルマン語群の文化と交流が始まり、言語や文化に影響を受けた。 紀元前1500年頃に青銅器時代が始まるまでに南部や西部では農業が始まったが東部や北部では狩猟と漁業が中心のままだった。青銅器が伝わった頃のフィンランドの遺跡は少なく、サーミ人はアスベスト土器を用いた。 民族移動時代 5世紀から6世紀のフィンランドを前期民族移動時代と呼び、8世紀末までを後期民族移動時代として区分する。 (Wikipedia:フィンランドの歴史)

フィンランド語
フィンランド語(フィンランドご、suomi, suomen kieli)は、ウラル語族フィン・ウゴル語派のフィン・ペルム諸語フィン・ラップ諸語に属すバルト・フィン諸語の一言語。主にフィン人が使用する。 原語名称からスオミ語(Suomi)、またフィン語ともいう。この言語は膠着語であり、15格を有する。また同じバルト・フィン諸語にはエストニア語、サーミ語、カレリア語などが挙げられる。 約600万人の人々が同言語を話し、その内の93%がフィンランド国内の人々である。フィンランドのうちオーランド諸島と一部の地域ではスウェーデン語を用いているか、もしくはフィンランド語とスウェーデン語を併用している。フィンランド国外の使用者は、冬戦争・継続戦争で失った現ロシア連邦カレリア共和国に多く話者はおよそ7万人とされる。表記にはラテン文字を採用している。 フィンランド語はウラル語族であるため、話者グループの居住地が地理的に近いスウェーデン語やデンマーク語など他の北ヨーロッパの言語や、英語・ドイツ語などのインド・ヨーロッパ語族とは大きく異なる。 (Wikipedia:フィンランド語)

フィンランド神話
フィンランド神話(フィンランドしんわ)はフィンランドの神話であり、18世紀まで口伝によって継承されてきた。 フィン族は精霊信仰をベースに、世俗化はしたものの原始宗教的な伝説を守ってきた。狩り(ペイヤイネン Peijainen)や収穫、種蒔きといった儀式は、社会的イベントとして開催されたが、根底にある宗教的部分は全く欠落しなかったのである。 周囲の文化の緩やかな影響によって、単一神教的な考え方から空神を主神格に上げたけれども、彼らにとっては空神も元来は他と同じ「自然界の存在の1つ」でしかなかった。 最も神聖視された動物の熊は、フィン族の祖先の化身と見なされていたため、具体的な名前を声に出して呼んだりせず、"mesikämmen"(草地の足), "otso"(広い額), "kontio"(陸に棲むもの)といった婉曲表現で呼んでいた。 フィンランドの古代の神々が「マイナーな異教神」になってしまっても、その精神は長年の伝統となって大多数のフィン族の生活に浸透しており、習慣としてその神々を大切にしている。 (Wikipedia:フィンランド神話)

フィンランド航空
フィンエアー(英語: Finnair、フィンランド語: Finnair Oyj フィンナイル・オーウーイィー)もしくはフィンランド航空は、フィンランドの航空会社である。 フィンランドのフラッグ・キャリアである。フィンランドのヘルシンキ・ヴァンター国際空港をハブ空港にしてフィンランド国内、ヨーロッパ、アジア・北アメリカ・中東方面などへ路線を展開している。航空連合のワンワールドに加盟しており、路線網は国内線約20都市、国際線約79都市の合計で約100都市にわたる。 航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 1923年〜 1923年11月1日 第一次世界大戦後、フィンランド航空の前身『アエロ・オイ(Aero O/Y)』が、民間航空会社として設立。創業者社長のブルーノ・オットー・ルキャンダーにより、水上フロートも付けられるドイツ製ユンカース F.13(第1号機・製造番号:700、機体記号:D-335/K-SALA)の導入を決定。 (Wikipedia:フィンランド航空)

フィンランド・フェスティヴァルズ
フィンランド・フェスティヴァルズは、フィンランド国内で行われる様々な文化的催しを支援するために、1968年首都ヘルシンキに設立された協力組織である。観光業の一環として、ロビー活動やマーケティング、パブリック・リレーションズ PR、フィンランドの文化に関する教育などを担っている。
組織には、2008年現在80ものイベントが登録されており、毎年多くの聴衆を獲得している。主に音楽の部門のフェスティヴァルが多いが、演劇や映画、視覚芸術など、その分野は多岐に渡る。
マルチアート・フェスティヴァル部門
フェイシズ・エトノフェスティヴァル(Faces EtnoFestival)
労働者音楽祭(Festival of Workers” Music)
ヘルシンキ・フェスティヴァル(Helsinki Festival)
ホーリーヒル音楽祭(Holy Hill Music Festival)
(Wikipedia:フィンランド・フェスティヴァルズ)

フィンランド内戦
フィンランド内戦(フィンランドないせん、フィンランド語: Suomen sisällissota)はフィンランドで1918年に発生した、右派白衛軍と左派赤衛軍による内戦。 背景 開戦前の情勢 第一次世界大戦の煽りを受けて1917年ロシア革命が起こると、フィンランド議会はこれを好機として1917年12月6日に独立を宣言した。ロシア革命により誕生したばかりのソビエト政府は民族自決の方針からフィンランドの独立を認めた。独立後のフィンランド情勢は不安定であった。内政的には食糧不足による飢饉、高い失業率、不況といった問題を抱えていた。 対立勢力 自作農や資産家階級の人々は自らの財産を守るべく白衛軍を組織した。小作農や労働者達は革命を目指して赤衛軍を組織した。両者の対立が高まる中、1917年10月に左派勢力は議会における絶対多数を失い、政府は赤軍の国外追放を決議。1917年11月にはゼネラル・ストライキが発生し、両派の対立は決定的なものとなった。白衛軍はドイツ帝国とスウェーデン義勇軍の支援を受けた。 (Wikipedia:フィンランド内戦)

フィンランドの銃規制
フィンランドの銃規制( - じゅうきせい)と銃政策(じゅうせいさく)について解説する。フィンランドには200万丁の銃火器が登録されており、(これは単位あたりでアメリカ合衆国 米国よりも多い)さらに25万丁の未登録銃器も存在しているといわれている。フィンランド内務省によると、フィンランド家庭の25%が銃火器を所有しており、その殆どがロングガンと呼ばれるライフル銃や散弾銃である。これはフィンランドの国民皆兵制度に基づいている。上記の銃火器には信号弾発射銃も含まれており、これはフィンランドでボートやヨットが人気スポーツであることに由来している。
フィンランドの銃規制の施策は銃による犯罪を減らし、またその一方で軍隊の予備役の兵隊に銃を所持させて射撃訓練をさせることを目的として制定されている。フィンランドでは徴兵制度があり、予備役の射撃技術の維持は施策の柱となっている。フィンランドでは銃火器の全長が長ければ長いほど免許の所持が容易である(これは長ければ長いほど犯罪に使用しにくいという理由に基づいている)。
(Wikipedia:フィンランドの銃規制)

フィンランド大公国
フィンランド大公国 Storfurstendömet Finland (瑞語)Suomen suuriruhtinaskunta (芬語)Великое княжество Финляндское (露語) フィンランド大公国の位置フィンランド大公国の位置 フィンランド大公国(フィンランドたいこうこく、フィンランド語: Suomen suuriruhtinaskunta、露: Великое княжество Финляндское)は、1809年から1917年まで現在のフィンランドにあった国家である。 (Wikipedia:フィンランド大公国)

フィンランドのユーロ硬貨
ユーロ (EUR, €) は、欧州連合に加盟しているフィンランドを含む多くの国で使われている通貨である。 ユーロ硬貨の片面はユーロ圏全域共通のデザイン、もう片面は各国の独自のデザインとなっている。各国共通の表面の詳細はユーロ硬貨を参照。2ユーロ硬貨以外の縁(へり)のデザインもまた、全域で共通である。独自デザインとされている裏面も、欧州連合を象徴する12個の星と発行年を西暦で表示することは共通である。 フィンランドのユーロ硬貨は、フィンランド銀行によって発行されている。 第一次 (2002 - 2006) 第一次フィンランドのユーロ硬貨は、デザインが3種類あり、その1つは、フィンランドの国章に描かれている剣をふるうライオンで、ユーロ導入以前の通貨であったマルッカ硬貨のデザインを引き継ぐ。 第二次 (2007 - 現在) 2007以降に鋳造された硬貨には、発行国の識別記号として、フィンランド(Finland)の頭文字である「FI」の文字が追加されている。 (Wikipedia:フィンランドのユーロ硬貨)

フィンランド人の一覧
フィンランド人の一覧(フィンランドじんのいちらん)は、フィンランド出身者、フィンランド国籍を持つ人物についての姓名を50音順に配列したものである。 あ行 アルヴァ・アールト - 建築家 ヴァイノ・アールトネン (Wäinö Aaltonen) - 画家、彫刻家 アクセル・アイロ - 軍人 アイノ・アクテ (Aino Ackté) - ソプラノ歌手 ミカエル・アグリコラ - 聖職者 マルッティ・アハティサーリ - 大統領、ノーベル平和賞受賞者(2008) カレヴィ・アホ - 作曲家 ユハニ・アホ (Juhani Aho) - ジャーナリスト、作家 オラヴィ・アホネン (Olavi Ahonen) - 俳優 ヤンネ・アホネン - スキージャンプ選手 カッレ・アホラ (Kalle Ahola) - 歌手、俳優、ギタリスト、作詞家、作曲家、編曲者 ペテル・アホラ (Peter Ahola) - アイスホッケー選手 ミカ・アホラ (Mika Ahola) - エンデューロライダー ヤルッコ・アホラ (Jarkko Ahola) - アーティスト、作曲家、歌手 ヨウコ・アホラ (Jouko Ahola) - 俳優 パトリック・アントニウス (Patrik Antonius) - ファッションモデル、ポーカー選手、テニスコーチ アドルフ・イーヴァル・アルヴィドソン - 詩人、歴史家。 (Wikipedia:フィンランド人の一覧)

フィンランド語版ウィキペディア
フィンランド語版ウィキペディア(”Suomenkielinen Wikipedia”)は、ウィキペディアのフィンランド語版である。
ウィキペディア全言語版中で13番目に記事数が多く、2008年4月現在、約16万項目の記事をもつ。フィンランド語版ウィキペディアは2002年に開始したが、しばらくはほとんど記事が執筆されていない状態であった。2003年初めには記事数は僅か6項目だけであったが、その1年間で3000項目を越すまでに急増した。また、同年11月にはウィキペディアのシステムがMediaWiki(当時の呼称は「Phase III」)に移行し、フィンランド国内においてメディアに取り上げられたり、記事の質が向上したことなどにより、さらに発展を遂げて今に至る。2007年2月11日、10万項目以上の記事をもつ13番目のウィキペディアとなった。
(Wikipedia:フィンランド語版ウィキペディア)

フィンランドの国歌
我等の地(われらのち、フィンランド語: Maamme、スウェーデン語: Vårt land)はフィンランドの国歌。楽曲がエストニアの国歌と同じである。 また、フィンランドにおいては第二の国歌としてジャン・シベリウス作曲のフィンランディアが知られている。 作曲はフレドリク・パーシウス。作詞はユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリの手によってスウェーデン語で書かれ、パーヴォ・カヤンデルがフィンランド語に訳した。 歌詞 後半四行は繰り返す。 外部リンク フィンランド国歌。 (Wikipedia:フィンランドの国歌)

フィンランド化
フィンランド化(フィンランドか、独: Finnlandisierung 英: Finlandization)とは、議会民主制と資本主義経済を維持しつつも共産主義国の勢力下におかれる状態を、フィンランドとソビエト連邦の関係になぞらえた語である。 旧西ドイツの保守勢力が、諸悪の根源とされる共産主義諸国との対話を重視した首相ブラントを批判する際に用いた造語に由来する。 沿革 1939年の独ソ不可侵条約によって、ソ連はフィンランドを勢力範囲とすることをドイツから認められる。スターリンはフィンランドの併合を目論んでフィンランドへの侵攻を開始したが(ソ芬戦争)、頑強な抵抗に遭いフィンランド国土の十分の一のソ連への割譲を条件に講和し(冬戦争)、1941年の独ソ戦開戦によりフィンランドも失地回復のため参戦した(継続戦争)。枢軸国の敗勢によりフィンランドはソ連と休戦し、国内駐留ドイツ軍と開戦した(ラップランド戦争)。 敗戦国の立場に立たされ地理的にも西側の支援の望めないフィンランドは、1948年にフィンランド・ソ連友好協力相互援助条約(Agreement of Friendship, Cooperation, and Mutual Assistance)を締結し、独立および議会民主制と資本主義の維持と引き換えに、有事の際にはソ連に協力して戦うことを明言し、国際的には事実上の東側の一員として行動することとなった。 (Wikipedia:フィンランド化)

フィンランド中央党
『中央党 (スオミ)』より : フィンランド中央党(フィンランドちゅうおうとう、フィンランド語: Suomen Keskusta; Kesk.、スウェーデン語: Centern i Finland; C)は、フィンランドの中道・リベラル政党。フィンランド社会民主党、国民連合党と並ぶフィンランド三大政党の一つである。この場合の「中央」とは中道の意味である。 自由主義インターナショナルに加盟している。 沿革 1906年、前身組織が形成され、1908年に農民党 (Maalaisliitto) として結成された。結成の中心となったのは、サンテリ・アルキオ (Santeri Alkio) である。それ以来、農村地帯と地方小都市が中央党の最大基盤となっている。一方では、南部の都市域への浸透も図っている。中央党への党名変更も、地方から中央への支持浸透を目的とした面もあった。 1956年から1982年まで大統領を務めたウルホ・ケッコネンという卓越した指導者を得て、フィンランド最大の政党として発展してきた。 (Wikipedia:フィンランド中央党)

フィンランド湾
フィンランド湾(露: Финский залив、芬: Suomenlahti、エストニア語: Soome laht、スウェーデン語: Finska viken, 英語: Gulf of Finland)は、バルト海東部の湾。フィンランド、ロシア、エストニアに囲まれた東西約400kmの細長い湾である。(右、[地図上] 参照) この湾に面する主要都市は、北岸にフィンランドの首都ヘルシンキ、南岸にエストニアの首都タリン、湾の東奥にロシアのサンクトペテルブルクがある。(右、[地図下] 参照) 西方向に開けた湾で、面積約3万平方km、平均水深40mほどで、冬には結氷する。ヴォルガ・バルト水路によりラドガ湖、ボルガ川などと結ばれている。コトリン島をはじめ、大小多くの島がある多島海である。 フィンランド湾は約4,000年前にリットリナ海の一部として、原型が形成されたとされている 。 近世には、ロシア帝国、スウェーデンの制海権の争奪戦が行われた。主な海戦は、ハンゲの海戦、スヴェンスクスンドの海戦などである。 脚注 外部リンク Kymenlaakso in a nutshell - Kymenlaakson liitto Southern coast of the Gulf of Finland, Baltic Sea | Ramsar。 (Wikipedia:フィンランド湾)

フィンランド国営放送
フィンランド国営放送/フィンランド放送協会(フィンランド語:Yleisradio 略称:YLE)は、フィンランド全域をカバーする公共放送 公共テレビ・ラジオ局。日本放送協会 NHKや英国放送協会 BBC同様、収入の大部分を受信料で賄えている。
YLEはフィンランド政府がその株式の99.98%を所有している公社であり、4つのテレビチャンネルと13のラジオチャンネル、25の地方局がある。1926年にヘルシンキで創業。フィンランドは公式的に2つの公用語を持つ国であり(スウェーデン語を母語とする人口は約5.5%)、スウェーデン語のテレビとラジオ放送を「Svenska YLE」と言う局名で実施していた。
欧州放送連合(EBU)の設立時からの加盟局である。
1926年 ヘルシンキにて設立。1928年には全国放送(ラジオ)開始。
(Wikipedia:フィンランド国営放送)

フィンランド民主共和国
フィンランド民主共和国 Suomen Kansanvaltainen Tasavalta フィンランド民主共和国(フィンランドみんしゅきょうわこく、フィンランド語: Suomen Kansanvaltainen Tasavalta、英語: Finnish Democratic Republic)は、フィンランドに1939年12月1日から1940年3月13日の冬戦争終戦まで存在したソビエト連邦による傀儡政権。カレリア地峡の町テリヨキ(現在のゼレノゴルスキ)が臨時の首都と定められ、ソ連はこの政府を唯一のフィンランド政府とみなした。 首班(議長)はソ連に亡命していた共産党員オットー・クーシネンであった。当初(11月12日)ではストックホルム在住の中央委員、アルボ・トゥオミネンが候補であったが、彼が力不足を理由に拒否したためクーシネンが就任することになったとされる。 経緯 1939年11月30日、モスクワはフィンランド共産党の放送を受信したとして同党の宣言を報道した。 (Wikipedia:フィンランド民主共和国)

フィンランド人民民主共和国
『フィンランド民主共和国』より : フィンランド民主共和国 Suomen Kansanvaltainen Tasavalta フィンランド民主共和国(フィンランドみんしゅきょうわこく、フィンランド語: Suomen Kansanvaltainen Tasavalta、英語: Finnish Democratic Republic)は、フィンランドに1939年12月1日から1940年3月13日の冬戦争終戦まで存在したソビエト連邦による傀儡政権。カレリア地峡の町テリヨキ(現在のゼレノゴルスキ)が臨時の首都と定められ、ソ連はこの政府を唯一のフィンランド政府とみなした。 首班(議長)はソ連に亡命していた共産党員オットー・クーシネンであった。当初(11月12日)ではストックホルム在住の中央委員、アルボ・トゥオミネンが候補であったが、彼が力不足を理由に拒否したためクーシネンが就任することになったとされる。 経緯 1939年11月30日、モスクワはフィンランド共産党の放送を受信したとして同党の宣言を報道した。 (Wikipedia:フィンランド人民民主共和国)


フィンランド - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ICAN - 2017年12月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



ICANN
ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers、アイキャン)は、 インターネットの名前空間に関するいくつかのデータベース(と識別子)の維持管理と方法論の調整、ひいてはネットワークの安定的かつセキュアな運用の確保に責任を負う非営利団体であり1998年に設立された。 わかり易いところでは、ICANNの大部分の作業は、インターネットの地球規模のDNS(Domain Name System)に関するものであり、DNSシステムの国際化についてのポリシー策定、 新しい一般的なTLD(top-level domains)の導入、ルートネームサーバの運用を含む。 ICANNが管理する採番設備には、IPv4 と IPv6用のインターネットプロトコルアドレス空間と、地域インターネットレジストラへのアドレスブロックの指定が含まれる。 ICANNは、インターネットプロトコル識別子のレジストリも維持管理している。 ICANNは、IANAとの役割分担契約に従って、中央インターネットアドレスプールと、DNS Root レジストリの実際の技術的な維持管理活動を行う。 (Wikipedia:ICANN)


ICAN - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  Kindle - 2017年12月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



Kindle
Amazon Kindle(アマゾン・キンドル)は、Amazon.comが製造・販売する電子ブックリーダー端末、同ソフトウェアおよび電子書籍関連サービスである。専用端末やパソコン、スマートフォン、タブレットなどで電子書籍を読める。2007年11月19日にアメリカ合衆国で第1世代が発売された。 2007年11月19日 - Kindle 1販売開始 2009年 2月23日 - Kindle 2販売開始 3月4日 - iPhone版のKindleアプリの提供開始 6月26日 - Kindle DX販売開始 11月10日 - Microsoft Windows版のKindleアプリの提供開始 2010年 1月21日 - Kindle Development Kit提供開始 2月18日 - BlackBerry版のKindleアプリの提供開始 3月18日 - Mac OS X版のKindleアプリの提供開始 5月28日 - iPad版のKindleアプリの提供開始 6月29日 - Android版のKindleアプリの提供開始 8月25日 - Kindle 3販売開始 10月 - Kindle版の書籍の売り上げがハードカバーの書籍を上回る 2011年 1月4日 - Windows Phone版のKindleアプリの提供開始 4月 - Kindle版の書籍の売り上げが紙の書籍を上回る 4月11日 - 広告付きのKindle 3販売開始 8月10日 - HTML5版のKindle Cloud ReaderをiPad、Safari、Google Chrome向けに提供開始。 (Wikipedia:Kindle)

Kindle Imagine Develop
『KID (ゲームブランド)』より : KID(キッド)は、かつて2007年2月から2012年までサイバーフロントにより運営されていたコンシューマーゲームのブランド。また、株式会社キッドは、2006年11月末までこれを運営していた企業である。同社の自己破産、倒産によりサイバーフロントへと継承されることとなった。KIDとは「Kindle Imagine Develop」の略。 シューティングゲームやアクションゲームを制作していた時期もあったが、1990年代後半以降のゲームの大半は恋愛アドベンチャーゲームをはじめとするギャルゲーや乙女ゲームで、アダルトゲームのコンシューマー機への移植にも積極的に取り組んでいた。また、『Memories Off』や『infinity』などの自社の人気シリーズをWindowsに移植し、旧キッドの手により自社通販などで販売していた。 旧キッドの本社所在地は東京都品川区東大井の京急本線の線路沿いにあり、音楽館のゲーム『Train Simulator Real THE 京浜急行』および『Train Simulator 京成・都営浅草・京急線』にも登場する。 (Wikipedia:Kindle Imagine Develop)


Kindle - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  カズオ・イシグロ - 2017年12月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



カズオ・イシグロ
カズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro OBE, 漢字表記:石黒 一雄、1954年11月8日 - )は、長崎県出身の日系イギリス人作家である。1989年に長編小説『日の名残り』でイギリス最高の文学賞ブッカー賞を受賞した。ロンドン在住。 生い立ち 長崎県長崎市で生まれる。1960年、5歳の時に海洋学者の父親が北海で油田調査をすることになり、一家でサリー州・ギルドフォードに移住、現地の小学校・グラマースクールに通う。卒業後にギャップ・イヤーを取り、北米を旅行したりデモテープを制作しレコード会社に送ったりしていた。 1978年にケント大学英文学科、1980年にはイースト・アングリア大学大学院創作学科を卒業する。当初はミュージシャンを目指すも、文学者に進路を転じた。 1982年、イギリスに帰化する。1986年にイギリス人ローナ・アン・マクドゥーガルと結婚する。 作家活動 1982年、英国に在住する長崎女性の回想を描いた処女作『女たちの遠い夏』(日本語版はのち『遠い山なみの光』と改題、原題:A Pale View of Hills) で王立文学協会賞を受賞し、9か国語に翻訳される。 (Wikipedia:カズオ・イシグロ)


カズオ・イシグロ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す